カテゴリから探す
Geekly
コラム
技術・
テクノロジー
職種・
ポジション
Web・
ゲーム
転職準備
転職活動
  1. HOME
  2. Geekly Media
  3. Web・ゲーム
  4. アフィリエイト広告を解説!仕組みやメリットを基礎知識から紹介
  • Web・ゲーム

アフィリエイト広告を解説!仕組みやメリットを基礎知識から紹介

ここ最近副業として人気の高いブログ運営。そのブログ運営の利益のほとんどはアフィリエイト広告によるものです。とはいえ、アフィリエイト広告の仕組みやメリットなどを知っている人は、意外にも少ないものです。今回はブログで成功するには必要不可欠なアフィリエイト広告の仕組みやメリットなどについて、じっくり解説していきます。

アフィリエイト広告とは

Webサイトなどに貼り付けられる広告

 

私達は普段Webサイトで様々なことを調べたり、情報を得ています。そんなWebサイトを見ていると、様々な広告が貼られていますよね。Web広告には多くの種類がありますが、そのうち成果報酬型の広告のことをアフィリエイト広告といいます。

ブログやメディアなどのWebサイトに、ある商品やサービスへのリンクが貼りつけられているのを見たことがあれば、それはアフィリエイト広告である可能性が高いです。

アフィリエイトと聞くと怪しい雰囲気があると感じる人も多いですが、これはれっきとした広告宣伝手法です。本記事では、アフェリエイト広告がどのように成り立っているかを中心に述べていきます。

 

アフィリエイト広告の仕組み

ASPって何?

企業が広告を出す際、基本的に広告代理店というものを利用します。それはアフィリエイト広告も同じです。基本的にWebサイトに出されている広告というのは、ASPを通して掲載されているものがほとんどです。ではそのASPとは一体何なのでしょうか。

ASPとはアフィリエイトサービスプロバイダーの略称であり、広告を出したい企業(広告主)と広告を貼り付けたいWebサイト運営者(アフィリエイター)の仲介が主な役割です。広告の提携申請報酬の支払いは、基本的にASPを介して行われます。個人のアフィリエイターと広告主が直接提携することも可能ですが、初めての広告出稿であれば、ASPに登録した方が効率が良いでしょう。

企業はASPに広告を出しますが、それだけで終わりではありません。ASPから、広告を貼り付けてくれるアフィリエイターを探さなければなりません。アフィリエイターが見つかったら提携申請をして、Webサイトに広告を貼り付け、その広告によって成果が得られたら、報酬がASPを通してアフィリエイターに支払われます。その際、ASPは企業から仲介手数料として報酬の一部を貰います。これが基本的な仕組みです。

 

アフィリエイト広告を出すメリットは?

merit

 

コストパフォーマンスがいい

広告主側のアフィリエイト広告出稿のメリットは、コストパフォーマンスが良いことです。

先述の通り、成果が出て初めて報酬を支払う成果報酬型のため、余計な費用がかからないと言われています。また、どんなWebサイトに出稿するかを決めることにより、ターゲットも絞りやすいため、広告を届けたい人に絞って、少ない費用で成果を出しやすいことが最大のメリットなのです。そうしたことからアフィリエイト広告を出す企業も増えてきています。実際にアフィリエイトの市場規模は2015年度から右肩上がりの成長を見せています。(参照:株式会社矢野経済研究所HP

 

より多くの人に広められる

今までの広告は新聞であったり、テレビに広告を出すのが主流でした。当然テレビや新聞となると、費用も莫大ですし掲載できるメディアの数にも限界が出てきてしまいます。

しかしアフィリエイト広告の場合、Webサイトが掲載先の対象となります。現在でもかなり多くのWebサイトが存在しており、その数は年々増加しています。掲載できるメディアの数だけでも圧倒的に多いため、掲載先リソースがなくなることは無いでしょう。それだけ多くのターゲットに広めることができ得るのです。

 

広告を貼り付けてみよう

まずは提携申請から

握手

 

自分が収入を得る側、アフィリエイターとして広告を貼り付けるにはどうすれば良いのでしょうか。こちらもまずはASPに登録することからはじまります。ASPにもそれぞれ特徴があり、扱っている案件が異なったりしています。自分が好きなジャンル広めたいジャンルに合わせたASPを選ぶのがおすすめです。

登録が終わったら、今度は載せたい広告の企業と提携申請しましょう。企業によってはすぐに提携できる企業もありますが、多くは提携申請後に審査があります。場合によっては審査の結果によって断られてしまうこともあります。またASPの中には、登録の時点から審査があるものもあるため、審査がある場合は気長に待ちましょう。その間に、自分の運営しているWebサイトが評価されやすくなるように、過去に書いた内容をリライトしたり、新たに更新をしたり、サイトの価値を向上させる努力をするといざ審査に通った時に成果を上げやすい状態にできるでしょう。

 

あとは自分のWebサイトに貼り付けるだけ

審査も完了して無事提携できたら、いよいよWebサイトに広告を貼りましょう。ASPのサイトには広告作成のページが用意されており、そこにはバナーと言われるものが用意されています。サイズなどもいくつか用意されているため、自分のWebサイトのレイアウトに合ったものを選びましょう。

あとは自分のWebサイトに貼り付けるだけで終了です。基本的に広告を貼る場所は指定されていませんが、より多くの人に見られる位置というのがいくつか存在します。例えばブログの場合、記事のタイトルの下中間部分記事の最後に配置することで、より多くの人に見てもらうことができます。

 

簡単に成果が出るわけではない

重要なのは広告を貼ってから

 

副業解禁によってブログなどを始める人が急激に増えました。そしてそのほとんどはアフィリエイト広告を使って収入を得ようとしています。しかし実際に長続きしている人というのは、かなり限られてしまいます

確かにアフィリエイトは始めるのが簡単です。しかしだからといって、簡単に稼げるわけではありません。重要なのは広告を貼ってからなのです。多くの人に見てもらうには高い頻度でWebサイトを更新しなければいけません。また、商品をより魅力的に見せるための文章力も必要です。本気でアフィリエイト広告で成功するには、広告を貼ってから成果が出るまで、自分でPDCAを回すことが大切なのです。

 

承認されなければ意味なし

 

広告主から報酬をもらうためには、成果を広告主に承認してもらわなくてはなりません。これはブログを始めた人はもちろん、すでにブログなどで成功している人でも悩むことです。

通常ASPで提携申請する際、成果として承認されるための条件も明記されています。広告を見て商品ページへのリンクがクリックされたら「成果」として認められるということもあれば、リンク先のページから商品が購入された初めて「成果」として認められることもあります。必ずしも広告を多くの人に見てもらえたからと言って、報酬に繋がるとは限らないのです。

事前にきちんと成果として承認される条件を確認し、どうやったらその条件を満たす成果を生み出すことができるかをしっかり考えて広告を置かなければ、意味がないことになってしまいます。

 

アフィリエイト広告はもはや常識に

まとめ

まだインターネットが普及していない時代、人々はテレビや新聞から情報を仕入れるのが一般的でした。しかし時代とともにインターネットが普及し、さらには消費者の好みも細かく分かれるようになると、人々が情報を仕入れる場所はインターネットへと移って行きました。

インターネットであれば自分がほしい情報をすぐに調べることができ、さらには自分の理想にかなり近い商品などを見つけやすいです。そうした細かいニーズに対応できるのは、アフィリエイト広告なのです。アフィリエイト広告は、これからの広告の新常識と言えるものといえるでしょう。

どーばー

Geekly Media
ライター

この記事が気に入ったら
シェアしよう!

  • twitter
  • facebook
0

関連記事

求人数×IT業界での紹介実績数で、納得の転職をサポート。IT業界専門だからこそできる提案力を実感してみてください。