転職口コミサイトの信憑性を徹底解説!本当にオススメなサイトはどんなサイトなのか?

転職を検討している方のなかには、転職サイトの口コミから情報を集めながら、その信憑性に疑問を感じているという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々に向けて、転職口コミサイトの信憑性を徹底解説します。また、その特徴だけでなく、サイトの共通点や口コミの正しい活用テクニックも確認していきましょう。

 

希望する企業の規模を明確にした上でチェックする

 

希望する企業の規模を明確にしておくことも、信憑性の高い口コミサイトを有効活用するための重要なテクニックです。実は転職サイトに投稿される口コミには、質が高いものの部署が明確になっていないものも珍しくありません。

また、志望者が企業の規模を把握していない限り、どの情報を参考にすべきかが分からないという点にも注意が必要です。企業の規模を把握し、所属するであろう部署を把握するが、必要な情報を集める第一歩になります。

 

悪い口コミが目につきやすいことを忘れない

 

悪い口コミの投稿数のほうが多いという転職サイトの特性を忘れないことも非常に重要です。

企業に満足している社員に比べ、そうでない社員のほうが悪い点や気になる点を、口コミとして投稿するため、どうしても悪い口コミのほうが多くなってしまいます。

そして、仮に信憑性の高い転職口コミサイトでも、悪い口コミを真に受けてしまい、志望から外してしまうことは非常にリスクの高いことであることも意識しておきましょう。

志望動機を検討しながら、「このあたりが問題なのかな?」くらいの感覚で受け止めることをおすすめします。

 

【例文あり!】参考にすべき口コミに共通するポイントとは

 

 

ここからは参考にすべき口コミとそうでない口コミの例文と特徴を解説します。どんなに信憑性のある転職サイトからでも、参考にすべき口コミから情報を集めることができなければ、効率的にサイトを活用できているとは言えない点には注意が必要です。

 

参考にすべき口コミの特徴

 

参考にすべき口コミには、例えば次のような明確な数値が記載されたうえでの評価がなされています。

「基礎給与が業界内ではトップクラスに高いとされていました。特に非管理職であれば、残業代が加算されていたため、実績次第では年収1,000万円ほどの給与が支払わられていましたが、2017年の36協定によって、おおよそ2割ほどの金額がダウンしています。」(あくまでも例です)

 

参考にすべきでない口コミの特徴

 

参考にすべきでない口コミには、次のような基準を明確にしない文章が目立ちます。

「評価制度に明確な基準がなく、上司に好かれることが評価に結びつく風潮があります。そのため、顧客を大切にする同期や先輩よりも、上司に好意をもたれるために働く社員が増えてしまっているように感じる。」(あくまでも例です)

 

最後に〜信憑性の高い口コミサイトを最大限に活用するために〜

 

 

転職を検討している方の多くが口コミサイトを確認するという流れが一般化しています。ただし、サイトの特性や口コミを確認する際のポイントを押さえていなければ、転職を効率的に行えないという点には注意が必要です。

信憑性の高いサイトを見極め、そのなかから参考になる情報を集める力を身に着けておくことで、転職口コミサイトを有効活用することができるのです。

 

転職口コミサイトの信憑性を見抜く3つのポイント

 

【ポイント1】サイトの歴史と1つの企業に対する口コミ件数をチェックする

【ポイント2】サイトの信憑性だけなく、正しい口コミを見極める力を身につける

【ポイント3】悪い口コミが多くなるというサイトの特性があるため、参考にする程度に留めておく

Geekly Media ライター

PuG88