【転職カレンダー】転職の平均期間からスケジュールの立て方、スケジュール管理アプリまで徹底解説!

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断です。そんな重要な選択に皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?今回はそんな転職にかける期間やスケジュールの立て方について、簡単にスケジュール管理ができるアプリについて紹介していきます。しっかりスケジュール管理をして最高の転職をしましょう。

 

転職におけるスケジュール管理

 

 

転職活動をしていく上でスケジュール管理というのはとても重要なものです。

書類はいつまでに出さなくてはいけないのか、面接はいつなのか、現職の会社との兼ね合いは等のスケジュール管理はもちろんいつまでに転職活動を終わらせたいのか等、明確な計画をもって動くようにしましょう。

ダラダラと転職活動を続けていると結局転職できなかった、良い転職ができなかった等後悔の残る転職になってしまいます。

 

転職活動の平均期間は?

 

 

転職活動の平均期間は3ヶ月だと言われています。

 

最初の1ヶ月は転職活動の下準備の期間です。

履歴書や職務経歴書の作成など自分を見つめなおして、自分の長所や短所など面接で聞かれるような事について考えていく作業と共にどんな転職先がいいのかなど自分の希望を固めていきます。

ある程度希望が固まってきたら企業検索も行っておきましょう。

自分が希望する仕事はどんな企業が求人を出しているのかを色んなサイトから探したり、エージェントを利用する場合は自分の希望を的確に伝えて履歴書や職務経歴書についてもしっかり作り方を相談しておきましょう。

 

2ヶ月目は応募をしていきます。

本命の企業だけではなく、自分の希望に当てはまる企業を複数応募していきましょう

また、最初は本命の企業には応募しないというのも手の一つです。

なぜなら、採用面接というのは独特な雰囲気を持っており人事の方は意外なところをチェックしていたりするので、営業などをされていて普段から企業の人と話すのが慣れている方でもうまく話せない事や何気ない行動がよくない印象を与えるなんてこともあります。

面接を重ねていくことで、どういう風に伝えたほうがいいかや質問に対する回答も固まってくるのでうまく話せるようになってきますので、何回か面接を受けた後に本命に応募するというのも一つの方法です。

しかし、その場合は本命の選考が終わっていないのに他の企業の内定に対して入社意思の返答をしなくてはいけないという事も起こりえるので注意が必要です。

 

3ヶ月目は実際企業に応募をしてみて変わった考え方などを改めて見直して、それをもとにさらに企業に応募していきます。

この3ヶ月にプラス1ヶ月、現職の会社の引継ぎなどの期間を設ける場合が多く転職活動を始めてから4カ月ぐらいで転職を完了させる方が多いです。

 

スケジュール管理の方法

 

応募・面接のスケジュール管理

 

 

先ほどから話している通り、スケジュール管理は転職活動を成功させるために非常に重要なことであり、特に現在も会社勤めをされている方は自由に使える時間がない分効率的に動かなくてはいけません。

効率的に動くには近い場所の企業は同日に面接を入れることが好ましいです。

なので、面接地が近い企業には同じくらいのタイミングで応募するのがいいでしょう。

 

また面接は平日に行われることが多いのですが、現在も会社勤めをされている方の中には有休などを使って時間を作るのが難しいという方も多いと思います。

そんな方は遅い時間や土曜日の面接などを提案してみましょう。

面接先の企業もあなたが忙しいという事は分かっているので、融通を利かしてくれるかもしれません。

仕事終わりに面接を入れる場合は、絶対に遅れないようにイレギュラーな残業などが起きにくい曜日を選択するように心がけましょう。

 

退職のスケジュール管理

 

 

転職先を探すスケジュールを管理するのと共に退職をするためのスケジュール管理も必要です。

転職活動を始めると会社に迷惑をかける可能性があるので、始めるときに会社もしくは上司に報告するというのが理想です。

しかし転職を応援してくれる企業や上司だけではなく、むしろ退職を早めるなど転職活動に焦りを生んでしまうようなことになってしまう可能性があります。

会社や上司が転職に対してどんな印象かを理解したうえで事前に報告するかどうかを決めましょう。

 

報告をしないのであれば、できるだけ転職活動をしていることを気取らせないように今まで通りに生活することを心がけて下さいね。

 

また、転職する際に周りに迷惑をかけるのはあまりいいとは言えないので今抱えているプロジェクトなどがある方は、できるだけ退職するまでに完遂できるように計画を立てましょう。

 

では、報告をしないで転職活動をしていた方はいつ報告するかといえば内定が出た後というのが一番多いパターンです。

内定が出ていれば退職を早められてもそこまで苦になることはないので安心です。

Geekly Media ライター