【転職カレンダー】転職の平均期間からスケジュールの立て方、スケジュール管理アプリまで徹底解説!

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断です。そんな重要な選択に皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?今回はそんな転職にかける期間やスケジュールの立て方について、簡単にスケジュール管理ができるアプリについて紹介していきます。しっかりスケジュール管理をして最高の転職をしましょう。

 

ここで一つ注意しなくてはいけないのが、次の会社での勤務開始日についてです。

日本の多くの会社では退職する場合、1ヶ月前に報告するというルールが定められています。

そのため、内定が出た後に報告する場合はすぐに退社はできないので勤務開始日の設定に余裕を持たせる必要があります。

 

スケジュール管理の注意点

 

詰め込み過ぎない

 

 

現職の仕事が忙しくあまり時間が取れない方は、空いている日に一気に予定を詰め込みたいという気持ちになると思います。

しかし、あまり予定を詰めすぎると焦りがミスにつながることもあるので注意が必要です。

面接はほとんどの場合1時間程度で終わりますが、1時間と告知されていても1時間半程度に伸びる可能性も大いにあります。

時間に余裕をもって行動できるスケジュールを立てましょう。

 

理想としては次に受ける会社について考える時間が30分~1時間程度直前に取れる状況が好ましいです。

前日にすべての企業についてしっかり調べていたとしても、受ける企業が複数あると情報が渋滞して間違ったことを面接で話してしまう可能性があるので直前の確認が欠かせません。

余裕をもって動いていたとしても時間に遅れそうになることはあります。

その際はしっかり連絡を入れましょう。

理由がしっかりとしていれば多少の時間変更や場合によっては日付変更をしてくれる場合もあります。

 

有休消化ができない

 

 

せっかく与えられた権利なので、退職する際に残っている有休はしっかりと消化してから退社したいですよね。

しかし、新しい会社の勤務開始日をぎりぎりに設定している場合有休を使うことができない場合があります。

「退職届を退職する1ヶ月前に出すからその期間に有休を消化できる」と考えている人も多いかもしれませんが、実際はそんなにうまくは行きません。

なぜなら退職するときは引き継ぎ作業というものが必ずといっていいほど発生するからです。

 

簡単な引継ぎしかない方は1ヶ月の間に消化できるかもしれませんが、営業などお客さんの予定等も関係してくる場合はなかなか引継ぎが終わりません。

引継ぎは最低でも1ヶ月はかかると考えた方が良いので、退職日を決めるときは1ヶ月引継ぎともう1ヶ月有休消化といった感じで考えるといいでしょう。

 

 

スケジュールの立て方

 

 

転職活動の平均期間は3ヶ月といってきましたが、あくまで平均であってこれより早く決まる方もいれば長い時間かかってしまう方もいます。

では実際スケジュールを立てるにはどうすればいいかを紹介します。

 

ゴールから逆算しよう

 

 

結論からいえばゴールから逆算して動けばいいのです。

転職活動というのは希望に満ち溢れている反面、不合格通知が来るなど精神的につかれる行動でもあるので期間を決めておかないと中途半端に終わってしまいます。

 

基本としては次の会社へ入社するまでの平均である4カ月前から行動を起こして、4カ月後にはしっかりと転職をするという強い決意を持ちましょう。

すぐにでも転職をしたいという方は4カ月後に定める必要はありません、焦りは禁物ですが転職は縁なので、最初に伺った企業が自分に合った企業である可能性もないわけではありません。

期間が短ければそれだけ集中して動くことができるといういい面もあるので、引継ぎなどの期間を考えたうえで最短のゴールを目指すというスケジュールの立て方もありです。

 

一つ言えるのはゴールを決めたらそれまでには絶対に転職するという強い決意を持つという事が非常に重要だという事です。

 

 

スケジュール管理におすすめのアプリ

 

 

一昔前まではスケジュール管理といえば、スケジュール帳を持ってそこに手書きで情報を書き込んでいくというのが当たり前でした。

しかし現在はスマートフォンのアプリを使うことでより便利で分かりやすくスケジュール管理ができるようになってきています。

スケジュール帳が悪いわけではありませんが、とても便利なものなので是非使ってみて下さい。

Geekly Media ライター