転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

Geekly Media ライター

SHIN