転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

どのような経験であったとしても、これからのあなたの人生において大切な財産となります。

あらゆることにチャレンジして、充実した日々を送りましょう。

 

転職するのは32歳が限界なの?

 

 

32歳はさまざまな経験をしてきたことで、自分の可能性を試してみたくなる時期です。

これまでよりもより大きな仕事や自由な裁量を求め始めます。

しかし、32歳は転職で苦しむような噂があるために、なかなか踏み出す勇気が起こりません。

 

どうして32歳だと転職が限界であるような噂がたったのでしょう。

そこで、この噂の原因と転職をする心構えについて解説してみます。

 

昔の日本の企業は32歳を敬遠していた?!

 

1つの企業に勤め続けていると、30歳を迎える頃には何かしらの役職につくケースが多いでしょう。

以前の日本の企業は、終身雇用と年功序列があたり前である風土がありました。

 

これら2つの文章を読んでみて、勘の良いあなたは既に気づいたかもしれません。

32歳で中途採用者を迎えてしまうと、上司が年下である可能性が高いことが噂の原因です。

 

「そんな子供みたいな理由が原因?」なんて感じますよね。

年上をたてなければいけないのに、部下となる人にどう接して良いのかわからなかったのです。

現在では年下が上司というケースは珍しくありません。

このため32歳が転職するのに限界という噂は、現在の日本では当てはまらない内容といえます。

 

あなたが誇れるスキルは何?

 

 

30歳を迎える頃から、次々と役付きの人達が増えていきます。

そんな状況を白紙にしてまで転職をしようと試みるのですから、企業に売り込むスキルを明確にしなければなりません。

 

たとえるなら20歳代を大衆食堂としたら、30歳代は少し気の利いたレストランのようなものです。

おすすめの品がなければ、お客様である企業がお金を出す価値があるとは感じません。

 

20歳代で得た経験を俯瞰してみて、あなたのオリジナルのスペシャルメニューを作る必要があります。

あなたの経歴を俯瞰してみるのが苦手であれば、人からのアドバイスも有効です。

 

転職するのに32歳は限界ではない!

 

時代は変わって32歳で転職するのは難しいという噂は当てはまらなくなっています。

 

ただし、20歳代よりも32歳で転職するのは、自己を表現する力というものがとても大切です。

企業で採用するのも人が行います。

あなたという商品を、どれだけ採用する人に使いたいとイメージさせるかが大きなポイントとなるでしょう。

 

これから働き盛りを迎える32歳。

あなたのアピール次第で転職できる可能性はいくらでもあります。自らを分析して、企業に売り込む作戦を入念に練りましょう。

 

転職するのは35歳が限界なの?

 

 

転職でよく耳にする噂の最後にあたる35歳についての解説です。

働き手を年齢だけで考えてみると、35歳からの10年間は心身共に最も充実している時期ではないでしょうか。

転職では年齢が上がるほどに企業選びも慎重にならざるを得ません。

これは転職するあなたもそうですが、受け入れる企業にも同じことがいえます。

 

それではここからは、35歳をキーワードとした「転職市場」と「人材像」、「チャンス」についての解説です。

Geekly Media ライター

SHIN