【ポータグルメ】リクルートが提案する、新しい『中食』のカタチを徹底解説!

ホットペッパーグルメなどの大手ライフスタイル企業のリクルートが、2019年の新たな食事のトレンドになるとしているのがポータグルメです。この記事では、新しい中食と定義されるポータグルメの定義や特徴、実用例などを紹介します。ポータグルメの利点を理解し、プライベートはもちろんビジネスにも活用されることをおすすめします。

 

リクルートが提案するポータグルメの定義とは?

 

 

リクルートが2019年のトレンドして提案しているポータグルメは、利便性を表すポータブルと美味しさを表すグルメを組み合わせた造語です。

一昔前までの常識であったレストランなどの店舗での食事から、時代はお弁当やデリバリーなどの持ち運びのできる中食にシフトし、今年はさらに質の高さが求められるとリクルートは定義しています。

また、価格に対するサービスや味の満足度を表すコスパも、2019年からは時間に対する満足度を表すタイパ(タイムパフォーマンス)へとタイムシフトすると考えられています。

 

ポータグルメとは?リクルートが提案する新しい中食の特徴を解説

 

 

新しい中食であるポータグルメではなによりもタイパが重視され、ユーザーはかけたお金ではなく時間に対する食事の満足度を期待します。

そして、今後の中食市場は、便利であること・本格的であること・新しい技術を採用していることの3つが大きな特徴となり、これまでよりも早いスピードで新たなサービスが提案されていきます。

 

【ポータグルメの特徴1】便利であること

 

 

ポータグルメにおいて、もっとも重視される点が便利であることです。コスパよりもタイパに重きを置くユーザーが増加し、都合に合わせられる食事が求められています。

いつでも、どこでも同じクオリティを楽しめる便利さを満たしていることが、リクルートが提案するポータグルメの1つ目の特徴です。

 

【ポータグルメの特徴2】本格的であること

 

料理のクオリティが本格的であることもポータグルメの大きな特徴です。

ユーザーの都合に合わせられるだけでなく、その味とのバランスが顧客の満足度となり、この条件を満たしているサービスが新たなトレンドとなると考えられています。

 

【ポータグルメの特徴3】新しい技術を採用していること

 

中食市場でありながら、新たな技術を取り入れているかどうかもポータグルメと呼ばれるかどうかの大きな分岐点となります。

現在提供しているサービスや味のクオリティを維持しながら、さらなる価値を提供する必要があるため新しい技術を採用していることもポータグルメの特徴と言えるのです。

 

リクルートがポータグルメを提案する時代的背景

 

 

リクルートが提案する新しい中食を意味するポータグルメには、個人の役割増加による多忙化・中食市場へのニーズの高まり・2019年消費税増税のカラクリの3つの時代的背景があります。

今後はこのスピードがさらに加速化し、食事のカタチも瞬く間に変化していくことが予想されます。

 

個人の役割増加による多忙化

 

 

2019年の中食のトレンドにポータグルメが提案された時代的背景の1つ目が、個人の役割増加による多忙化です。

個人が担うべき役割は人口減少によって顕著になっており、1人がもつプライベートな時間は年々減少傾向にあります。

 

しかし、短い時間でも満足できる瞬間を過ごしたいというユーザーのニーズは変わることがなく、中食市場においてもタイパという言葉が用いられるようになっているのです。

 

中食市場へのニーズの高まり

 

一昔前までは家以外で食事を摂るには、レストランなどのお店を訪れるしかありませんでしたが、ここ数年はコンビニやスーパーなどで買って帰ることが当たり前になりました。

そして、リクルートの調査において、2008年から2017年の10年間で中食の市場規模推移は122.4%であったことが明らかになっています。

同じ期間の外食の市場規模推移は104.7%であることを加味すると、いかに中食市場が急速に拡大しているかが分かるのではないでしょうか。

 

2019年消費税増税のカラクリ

 

中食が普及したこともさることながら、中食が2019年10月の消費税増税の軽減措置対象となっていることも、ポータグルメが普及するとされる根拠の1つです。

店舗で食事をする外食は10%の消費税が適用されるのに対し、中食は8%のままで高いクオリティを楽しむことができるのです。

 

すでに導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介

 

 

2019年のトレンドになると言われているポータグルメですが、すでに実績を残している企業も少なくありません。

ここからは導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介します。ポータグルメの知識だけでなく、新しい中食を味わいたいという方は、実際に利用してみることをおすすめします。

 

Geekly Media ライター

PuG88

5+

『就域』って何?!リクルートが注目の新卒採用の新しいカタチを徹底解説!

2018年12月17日、株式会社リクルートキャリアは新卒採用領域における2019年のトレンドを『就域』と発表しました。新卒採用領域においては毎年新たな取り組みが行われています。『就域』とは一体何なのでしょうか?その目的は?企業や学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際の取り組み事例をもとに解説していきます。

 

リクルートがトレンドに予測した『就域』って何?

 

地方の企業が行政などと協力する採用活動の形

 

 

毎年ニュースになるほど話題になる新卒採用の取組み。

2018年12月17日に株式会社リクルートキャリアが『就域』というワードを新卒採用領域におけるトレンドワードとして予測したと発表しました。

それでは『就域』とはいったいどのような就職活動・採用活動の形なのでしょうか?

簡単に言うと地方の企業が周辺の企業や行政などと協力して行う採用活動のことです。

 

今までの企業の採用活動は、1社1社が独立して行う形をとっていました。

しかし『就域』においては、地域の中小企業や行政が協力し合い、地域を挙げて若者の獲得をするという取り組みです。

例えば会社説明会を地域にある複数の中小企業で合同開催したり、入社後の研修も同様に合同で行うなどをして、周りの企業と一緒に新卒採用に関わる施策を行っていきます。

 

『就域』の目的

 

 

従来のやり方とは異なり、地域にある複数の企業が協力して採用活動を行うことに、どのようなメリットがあるのでしょうか?

採用競合が増え、「人材の取り合いになるのではないだろうか」と思うのが普通ですが…。

『就域』の目的はどういったことなのでしょうか。

紹介していきます。

 

地域振興が最大の目的

 

『東京一極集中』という言葉がありますが、これが示すのは人口の都市圏への集中が目立つということです。

地方自治体は人口流出に歯止めがきかず、頭を抱えています。

「地方には魅力がない」、「地方には仕事がない」など、地方に対するマイナスイメージが先行してしまい、地方の本当の良さが伝わっていないということです。

これを打破するために地域が一丸となって、その魅力を伝え、人口の流出を防ぐとともに、地域の活性化を図ることが『就域』を行う行政の目的になります。

 

Uターン・Iターンでの地方圏への優良人材確保

 

地方の中小企業は新卒・中途共に人材の確保に苦戦をしています。

都市圏にある企業と同じような条件であれば、都市圏の企業を選ぶ人材が多いからです。

地方の企業が抱える問題は深刻で、次世代の育成をしていきたいのですが、それを担える若手人材が不足しています。

そこで、「優良人材を確保できない」という問題を解決するため、周辺の企業と協力しあい、地域の魅力を伝えたり、知られざる企業を知ってもらうことで、地域における優良人材確保をしやすくすることが企業側の目的です。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+

【職場スカウト】リクルートが2019年注目の新しい中途採用のカタチとは?

株式会社リクルートキャリアが2018年12月18日に発表した中途採用領域におけるトレンド予測を発表しました。【職場スカウト】です。トレンド予測された職場スカウトとはいったい何なのでしょうか?また、どのようなメリットがあるのでしょうか?従来のカタチとはどのように違うのでしょうか?新しい中途採用のカタチを紹介していきます。

 

従来の中途採用のカタチ

 

 

株式会社リクルートキャリアが発表した中途採用の新しいカタチである【職場スカウト】。

新しいカタチとはどのようなものなのでしょうか?

まずは従来の中途採用のカタチはどのようなものだったのかから紹介していきます。

 

人事任せで職場のリアルが見えない

 

従来の中途採用のカタチの一つは、人事が採用活動の主役であるということです。

人事の方が募集から選考を行い、最終決済は取締役などの決裁者が行うというケースでした。

そのため、人事の方が知りえる職場情報のみを求職者に対して伝えることしかできません。

人事の方が知りえない情報は求職者が知ることができないという状況です。

クローズされた状況で採用活動が行われているというわけです。

 

応募はハローワーク、転職サイトやエージェントの活用

 

従来の応募方法はハローワークや転職情報サイト、転職エージェントを活用して公募を待つという方法です。

仕事を探している人たちが仕事を探す際に活用する場所を選んで公募をしているというわけです。

人事の方がクローズされた状況で募集を行っている状況においては、当然の取組みですし、その他につてがないということからこれが限界の募集方法といえます。

 

【職場スカウト】って何?

 

 

前項では従来の中途採用の方法を紹介してきました。

従来の方法は当然と言えば当然の方法でしたね。

いよいよ今回は【職場スカウト】とはどういった中途採用のカタチなのかを紹介していきます。

いったいどのようなカタチなのでしょうか?

 

より良い人材を確保するために、会社一丸となって採用活動

 

従来は人事に頼ったクローズされた状況で採用活動を行ってきました。

会社内での情報共有は十分ではなく、求職者には人事の方が知っている情報のみが開示されていました。

いわば人事が人事だけで完結するようなカタチだったというわけです。

【職場スカウト】とは、会社内で配属を予定している部署の管理者や同僚などが主導となり採用活動を行うカタチのことを表します。

会社が一丸となって採用を成功させるカタチということになります。

従来の人事完結ではなく、会社全体でより良い人材を確保していくということですね。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

職場をあらわにして、リアルを知ってもらう

 

【職場スカウト】は、配属予定の部署の方が主導となる採用活動です。

そのため、求職者には職場のリアルな状況を伝えることができます。

一例ですが、職場の雰囲気はどうなのか、上司の方はどんな方なのか、部署内での仕事の進め方はどのようになっているのか、職場での慣習などを求職者は知ることができます。

従来の方法ではそこまで知り得ることができなかった職場のリアルを、求職者は知ることができるようになるということです。

求職者は入社後、どのように働くのかということがリアルにイメージできます。

従来の方法は『マッチング』を目指した方法でしたが、職場スカウトにおいては『フィッティング』を目指した採用方法ということになります。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

【職場スカウト】の具体的な方法

 

 

職場スカウトがどのようなものなのか、概要は理解していただけたと思います。

では、具体的にはどのような方法で中途採用の活動を行うのでしょうか?

従来の方法では『待ち』の採用でしたが、職場スカウトではどのようにして『待ち』の採用を打開できたのでしょうか?

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+

「ユニコーン企業」ってどんな企業?2019年注目のユニコーン企業もご紹介!!

ユニコーン企業という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞き馴染みのないという方も多いと思いますが、そんなユニコーン企業が世界を大きく変えており実際に皆さんの生活にも密接したユニコーン企業というのも存在するのです。今回はそんなユニコーン企業とはどんな企業なのかについて紹介していきます。

 

ユニコーン企業

 

 

ユニコーン企業と聞いて皆さんはどんな企業を思い浮かべますか?

まだあまり日本では浸透していない言葉なので正確に意味を理解している方は少ないと思います。

しかし、そんなユニコーン企業は皆さんの生活に密接しており誰もが使ったことがあるようなものがユニコーン企業によるものであるなど、社会生活をする上で重要になってきている企業が多くあります。

 

そもそもユニコーンって?

 

 

ユニコーンとは一角獣とも呼ばれ、馬のような体躯に一本の鋭い角が生えている伝説上の生き物の事を指します。

ではなぜ企業にこの伝説上の生き物の名を冠されるようになったのでしょう。

それはユニコーン企業と呼ばれる企業は、ユニコーンのような稀でありとても価値のある存在であることから米カウボーイ・ベンチャーズ創業者のアイリーン・リーが使い始めたのが広まったといわれています。

 

極めてまれなユニコーン企業

 

 

極めてまれで価値のある企業とはどういう企業の事を言うのかというと、創業間もない会社であるにもかかわらず大きな企業価値を保有する企業の事を言います。

現在は違いますが、FacebookやTwitterなど創業から間もない間に世界中に広がったこの2つの会社も当時はユニコーン企業と呼ばれていました。

ではユニコーン企業と呼ばれるにはどんな条件があるのでしょうか?

 

ユニコーン企業と呼ばれる条件

 

 

先程以前はFacebookやTwitterもユニコーン企業と呼ばれていたと話しました。

「えっ!今は違うの?」と思われる方も多いかと思います。

どちらの企業も登場した時ほどの伸び率やインパクトはありませんが、継続的に成功続けている会社なので価値がある企業を指すユニコーン企業から外れるというのは変に思われるかもしれません。

しかし、ユニコーン企業と呼ばれるには「評価額」「設立年数」「上場の有無」「業態」の4つ条件を満たさないといけないのです。

 

評価額が10億ドル以上である

 

ユニコーン企業と呼ばれる最初の条件は評価額が10億ドル以上であることです。

日本円に換算するとおよそ1,100億円以上が目安になります。

評価額とは、その会社にどれくらいの価値があるのかを市場価値などから判断したもので企業買収などの際によく言葉です。

簡単にいえば「この企業にはこれぐらいの価値があるから、買い取るにはそれぐらいは必要だね」といった金額が評価額といえます。

ユニコーン企業と呼ばれる企業の中にもクラス分けがあり、100億ドル以上はデカコーン企業、1000億ドル以上はヘクトコーンと呼ばれています。

これはそれぞれ10個単位を表す「deca」とユニコーンを組み合わせたもの、100倍を意味する「hecto」とユニコーンを組み合わせた造語です。

 

起業10年以内

 

2つ目の条件は起業してからどれくらいの年数がたっているかです。

ユニコーン企業は価値のあるベンチャー企業を指す言葉という認識もあり、起業から年を重ねた企業はベンチャー企業という枠組みから外れていきます。

その外れるタイミングがだいたい10年くらいと認識している方が多いため、10年以内を契機としているのです。

先ほど話したFacebookやTwitterも企業から10年以上たっているので、ユニコーン企業ではなくなったのです。

 

非上場であること

 

3つ目の条件は非上場であることです。

上場している企業はユニコーン企業とは呼ばれません。

FacebookやTwitterも上場をしています。

これもこの2つがユニコーン企業と呼ばれなくなった理由の一つです。

 

IT企業である

 

この条件は必須ではないのですが、起業からわずかの時間のうちに企業価値を爆発的に高めないといけないため必然的にIT企業でないと実現が難しいため条件に入っています。

爆発的な成長をしているベンチャー企業のほとんどがIT企業であり、時代に評価されやすいIT業界がユニコーン企業になるための条件といえるでしょう。

 

Geekly Media ライター

4+

【落合陽一氏/AI】AI時代を生き抜くノウハウを徹底解説!自分の好き/楽しいが稼ぐコツになる!

仕事が楽しくない、辛い、と思いながら毎日会社へ出勤している方もいるのではないでしょうか?しかし近年、AIの発展が注目されており、AIが代わりに仕事をしてくれる時代がやってくるでしょう。そこで今回は、落合陽一氏の言葉と共に、近い将来訪れるAI時代を生き抜くノウハウと、好きなことや楽しいことでお金を稼ぐコツを紹介します。

 

AIは本当に人間の仕事を奪うのか

 

ストレスの原因の多くは仕事

 

 

現在はIT技術も発達し、便利で豊かな生活ができる一方で、ストレス社会ともいわれています。ストレスの原因は人それぞれだと思いますが、やはり毎日の「仕事」に大きなストレスを抱えている人が多いのではないでしょうか。

あなたもお金を稼ぐために、やりたくもない仕事に毎日取り組んで、心身を消耗していませんか?では、もしもあなたが自分の好きな仕事や楽しいと思える仕事だけをして生きていけるとしたら、どうでしょうか。仕事によるストレスはかなり減るとは思いませんか?

実はAIのおかげで、将来私たちは自分の好きな仕事や楽しいと思える仕事だけをして生きていけるようになるかもしれないのです。

 

AIは人間の仕事をサポートする

 

 

世間では、「AIによって人間の仕事が奪われる!将来多くの仕事がAIにとって代わって失業者が増える!」と騒がれていますが、本当にそうでしょうか。

「超AI時代」という言葉の火付け役である落合陽一氏は、「(人間の仕事を)どこまでAIがサポートすべきか、ということが重要」であると述べています。

どういうことかというと、例えば工場で製品の検品を行う作業者がいたとします。ここでAIを導入して製品の検品をサポートしてもらうと、作業者の負担を減らせます。

そこで重要なのが、作業者が製品の検品を続けるストレスがどれくらいであるかを認知し、どこまでAIがサポートするべきなのかを考えることです。

 

人間の経験と知識、感は仕事においても必要

 

作業者のストレスがほとんどなければ、AIは作業者の検品の見逃しをチェックするだけでも良く、作業者のストレスが多ければ、AIが積極的に検品を行えばよいでしょう。

ここでのポイントは、AIは作業者のサポートを行い、作業者のストレスの低減を目的としているのであって、作業者の仕事を代わりに行うわけではないということです。

AIが発達したといっても、人間の経験と知識、そして感の良さは、どのような仕事であっても必要不可欠だからです。

 

自分の好きなことや楽しいことで稼ぐ

 

狩猟民族の血が流れている

 

 

「自分の好きなことや楽しいことで稼ぐことが、狩猟民族の血を持つ我々がもっとも生きやすい道」であると落合陽一氏は述べています。

私たちは元々、クマやイノシシを狩る狩猟民族でした。それが農耕民族に変わった時、狩猟民族だった時の血が抜けなくてストレスを溜めていたこともあるようです。

現代でも同じように、本当はクマやイノシシを追いかけて狩るように好きなことや楽しいと思える仕事をしたいはずなのに、ひたすら畑を耕しているようなルーティンな仕事を続けてストレスを溜めている人もいます。

そのような私たちがかつての狩猟民族のように、好きなことや楽しいと思える仕事ができるきっかけとなってくれるのが、AIではないでしょうか。

 

単純作業はAIが行えばいい

 

 

「AIで解決できる問題であれば、重要なのは問題をその見つけること」だと落合陽一氏は述べています。

例えば、仕事がルーティンなのでつまらない、モチベーションが続かない、と思われている人もいらっしゃるでしょう。

この場合の問題点は、ルーティンワークを続けなければならないという点です。もしも、このルーティンワークをAIが代わりに行ってくれるとどうなるでしょうか。

単純作業などのルーティンワークをAIが行ってくれるおかげで、私たちはAIには対応できない専門的な業務に集中できます。

今までのルーティンワークから解放され、よりやりがいのある業務に集中できたら、仕事にやりがいも感じ、モチベーションを維持できるのではないでしょうか。

 

好き・楽しいと思える副業を探そう

 

インスタグラマーは狩猟民族

 

 

ここで、もう少し狩猟民族の話をしましょう。

「スマートフォンを槍に見立てれば、インスタグラマーすらも狩猟民族だ」という落合陽一氏の言葉はなかなか興味深く感じませんか?

趣味や副業としてインスタグラムに写真を投稿している方もいらっしゃるでしょう。スマートフォンを道具としてインスタグラムで好きなことや楽しいことを発信しているわけなので、インスタグラマーも狩猟民族と呼べるでしょう。

インスタグラムもただの趣味であれば、槍を持って動物を追いかけているだけです。しかし、インスタグラムでお金を稼ぐことができれば、獲物を獲得しているので、それは立派な仕事といえますよね。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

4+

【おすすめ5選!】今の時代に読むべきホリエモンの本はコレだ!

ホリエモンという愛称で知られている著名人である堀江貴文氏。起業家である彼はこれまでの経験をもとに多数の本を出版しています。今回はそんなホリエモンが出した本の中で、今の時代にぜひとも呼んでほしいという本を5本紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてくださいね。

 

ホリエモンって何もの?

 

 

経済学などビジネス系の本を多く出版しているホリエモン。

最近はテレビなどのメディアでよく見かけるようになってきているので、知っている人も多いと思いますが元々タレントとして活動していたわけではありません。

では実際何をしている人なのか知っていますか。

その人の事をある程度知っておかないと信用できる本かどうかも分からないと思いますので、まずは簡単にホリエモン自身について紹介していきます。

 

堀江貴文

 

 

ホリエモンこと堀江貴文氏は、1972年生まれで福岡出身の実業家です。

今でこそテレビタレントのような形でメディアへの出演が増えていますが、元々は東京大学在学中に会社を立ち上げた学生起業家です。

 

会社の名前は有限会社オン・ザ・エッジ(後に株式会社ライブドアに社名変更)で、インターネットが普及し始めた1990年代後半にいち早くホームページ作成及び運営管理を始めたことで注目を集め、一流企業のホームページ作成などにも多くかかわっていました。

その後は、球団の買収計画やニッポン放送買収計画など失敗はしましたが大きな注目を集めました。

 

さらに2006年には証券法取締法違反で逮捕されるなどお騒がせな一面もあります。

タレントとしてテレビによく出るようになったのは出所してからで、現在はSNS media&consulting株式会社とインターステラテクノロジーズ株式会社の役員、

株式会社7gogoの取締役を務めており、ビジネス面での活躍はもちろん、日本ゴルフ改革会議委員・Jリーグアドバイザー・大阪府特別顧問など幅広く活躍しています。

 

なぜホリエモンと呼ばれているのか?

 

 

堀江貴文氏がなぜホリエモンと呼ばれているかですが、正式な回答がされているわけではないのですが、学生時代のあだ名だそうです。

 

堀江貴文氏の「貴」の字を抜き、音読みで読むとホリエモンと読むからそう呼ばれているそうです。

このあだ名を初めて聞いた時に、ドラえもんをもじってつけられた名前だと思った方は多いと思いますが、違うというのが有力です。

 

今読むべきホリエモンの本①

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』

 

 

本の概要

 

先述の通り、堀江氏は服役していた時期があります。

服役中はインターネットが使えません。

たった1日でインターネットの風雲児であり業界のトップランナーだった人が、インターネットがない時代と同じような生活をしなくてはいけなくなりました。

このままでは情弱(情報弱者)になってしまうと本を読んだのがきっかけで出版された本です。

自分の置かれた環境をすぐにビジネスに変えてしまう堀江氏の凄さがうかがえる著書です。

ちなみに堀江氏は服役中も1億円稼いだといわれています。

 

出版社:KADOKAWA

著者:堀江貴文

発行年:2013年

価格 :1264円(電子版)

 

おすすめポイント

 

基本的には堀江氏がどんな本を読んでどう思ったかを書いている本です。

この本を読むことでいろんな本に知り合えて、自分に合った本を見つけることができるという点もおすすめですが、

この本の一番良い所は、情報を取り入れる姿勢について書いてあることです。

現代は誰でもインターネットにふれられる環境があり、昔と比べると誰もが簡単に情報を取り入れることができる環境になっています。

しかし、読んだ情報をしっかりと覚えていたり理解をしていますか?

おそらくほとんどの人が読んだことに満足してしまっていると思います。

事前にアウトプット前提に読むという姿勢を作るだけでも情報の取り入れ方が大きく変わります。

そういうことを教えてくれるいい本だと思います。

また、この情報社会でネットにふれない生活をするというのも貴重な体験であり、ネットじゃないところでも学べる環境は沢山あるという事を示してくれる本です。

 

Geekly Media ライター

4+