【転職/ストレス】ストレスフリーな転職活動を!疲労を溜めない転職活動のために大事なこと

上手く行くことばかりではない転職活動。履歴書づくりや面接に割ける時間が限られていることもあり、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。この記事では、転職ストレスの原因や、疲労を溜めない方法について解説していきますので、「転職するのがしんどくなってきた…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

転職ストレスの原因①時間に追われて焦ってしまう

 

 

転職活動を始めると、企業選びに始まり履歴書作成、面接など多大な時間を転職のために取られてしまいます。

特に遠方での転職活動をしている人は、面接や会社の下見にかなりの時間とお金を使ってしまい、疲労してしまいますよね。

そのため、転職活動をどこまで続けても「履歴書をあと3つも書かなきゃいけない」「帰ったらすぐ面接の準備をしなきゃ…」と、いつも時間がない状態になってしまいます。

時間に追われて毎日を過ごすのは、想像以上に大きなストレス。

転職活動のために十分な時間を取ったつもりでも、活動の状況によっては仕事をしている時より多忙になることもあります。

 

在職中の人は自由時間が無くなることも

 

今勤めている職場を辞め、転職活動だけに専念している人はまだ自由が利きますが、在職しながら活動を進めている人は少しの自由時間さえ取れなくなることもあります。

ストレスを解消しようと思っても、好きなことをする時間がなく毎日が過ぎていく状況は、大きなストレスにつながるでしょう。

また、転職の面接は通常平日に行われます。

そのため普段仕事をしている時間と面接日程が被ってしまい、スケジュール調整に時間を取られてしまうこともあるでしょう。

 

転職期間が長い人は焦ってしまいがち

 

 

通常、転職活動は最大でも3カ月~半年程度で終わるとも言われます。

しかしあなたの希望条件や世の中の景気によっては、想像以上に転職活動が長引いてしまうこともあります。

想定していた期間を過ぎても転職先が決まらない時、「そろそろ転職先が決まるころなのに、まだ転職活動が終わっていない」と焦ってしまう人も多いでしょう。

転職活動に焦りが出始めると、何をやっていても転職のことが気になってしまい今まで以上にストレスが溜まってしまいます。

 

転職ストレスの原因②本当に転職できるか不安になる

 

 

頑張って転職活動を続けていても、書類選考や面接で不採用になってしまうことがあります。

不採用が一度ならまだダメージも少ないですが、何度も失敗が続けば「本当に転職できるのかな…」と不安を感じてしまいますよね。

転職活動は、時に運やタイミングが原因で上手く行かないこともあります。

しかし、なかなか転職成功のビジョンが見えない状態が続くと、次第に「本当に転職を選択して良かったのかな」と不安になってしまうこともあるでしょう。

その不安からますますストレスを抱えてしまい、面接などで自分の力が発揮できなくなることも少なくありません。

 

転職ストレスの原因③成功している人と自分を比べてしまう

 

 

知人や家族から、転職に成功した人の話や、転職せず同じ会社で順調に出世している人の話を聞くこともあるかと思います。

そんな時、仕事面で成功している人と、転職活動に苦しむ今の自分を比べてしまい落ち込んでしまう人は多いです。

「人は人、自分は自分」と割り切れればよいのですが、どうしても人のことが気になってしまい、「自分はこのままで良いのかな…」と不安になることも少なく無いでしょう。

 

SNSが転職疲れの原因になることも

 

転職活動の情報収集のため、空き時間は必ずSNSをチェックしているという方は多いはず。

同じく転職活動をしている人の様子を見れば、「自分も頑張ろう」と勇気づけられますよね。

しかしSNSで転職に成功した人の話や、熱心なセミナーの案内ばかり見ていると、「自分は頑張っていない」「自分はダメだ」と思ってしまい、ストレスを抱えてしまうこともあります。

SNSで情報収集をするのは、転職活動の一環。

家に帰ってからも焦ってSNSチェックばかりしていると、自分に自信を失ってしまうかもしれません。

 

転職ストレスの原因④面接のたび緊張して疲れてしまう

 

 

希望の企業へ行くためには、複数回の面接が必要になります。

しかし、「たたが面接」と思っていても、転職先を決める大事な選考で緊張しない人の方が少ないでしょう。

「上手く受け答えできなかったらどうしよう」「緊張しすぎて何も言えなくなったらどうしよう」など、どれだけ転職に慣れた人であっても面接にはストレスを感じてしまうもの。

緊張状態を強いられる面接を何度もやっていると、次第にストレスが溜まり転職活動への意欲的な気持ちも無くなってしまいます。

 

Geekly Media ライター

oume

3+

転職経験者が教える「希望年収は?」に対する回答はコレ!年収アップ額の相場から履歴書での書き方まで徹底解説!

転職の目的の一つに、年収アップがあります。
給料が上がればその分生活も豊かになるので当然のことです。
しかし、面と向かって「希望年収は○○円です!」とは言いにくいもの…。
面接の場で聞かれても、答えにくくて回答に困ってしまうところです。
今回はそんな希望年収の伝え方について、解説していきます!

 

転職最大の目的が年収

 

 

給料は様々な要因で決まってきます。

お金はあなたのライフプランにも大きな影響を与えますので、簡単に譲歩できるものではないです。

あなたが転職する最大の目的が、年収額のアップならば、年収が上がる環境を選ばなければなりません。

実際にはどうでしょう?

あなたの転職の最大の目的は何でしょうか?

今一度見つめ直してみて下さい。

 

転職で年収はUPする?実際には・・・

 

 

転職での年収UPの可能性はある!

 

転職すると年収が下がるというのは一般的に言われていることです。

実際に転職して給与が下がったというのはよくある話ですし、私自身も転職して給料が下がった経験があります。

では、どうして給料が下がったのでしょうか?

大きな要因は、転職してキャリアチェンジしたからです。

転職を機に、今までのキャリアとは別のキャリアを積むことを決めて転職活動をします。

そうすると未経験での採用という形になり、今まで積んできたキャリアとは別のキャリアを積むことになります。

言ってみれば「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということです。

これでは年収のアップは望めませんね、

しかし、キャリアアップを目的の一つとしていけば、即戦力として見ていただくことができるため、給料のアップも望めます。

要するに境遇次第では、年収アップの可能性は十分にあるということです!

 

企業の原資によってはアップの可能性も

 

転職先の企業規模によっては、年収アップの可能性も十分にあります。

原資が潤沢にある企業に転職して、今までと同じ仕事でも年収が上がったという話はよく聞きます。

中小企業よりも大企業のほうが、人件費に費用を割けるというものです。

ただその分、選考はかなり厳しくなると思われます。

大企業はいい人材を確保するために様々な手法を使います。

さらには費用もかけています。

また、応募者の数も大変多いと予想されます。すなわちライバルの数も多いということです。

大企業を志望しているライバルたちに勝って、年収アップが実現するのかもしれませんね。

 

年収アップ、年収ダウンはどのようにして起こるのか

 

 

キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄い

 

先述した通り、キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄いです。

今まで自分が積み上げてきたものの大部分が転職先で生かせないケースが非常に多いからです。

ビジネスマナー・ビジネススキルやパソコンスキルなどは前職で培ったものを活かせるのですが、仕事のノウハウなどは今までの経験とは違うものになるため、活かすことができないというケースが多いです。

キャリアチェンジしても企業の規模が大きく、原資がある場合には年収アップする可能性も十分にあります。

ただ、中途採用において採用した企業側が期待するのは、即戦力としての活躍が大きいです。

そのため、一般的にはキャリアチェンジでの年収アップは望みが薄いと言えます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

なぜ長所と短所を面接で聞かれるの?

 

 

面接で必ずといって良いほど聞かれる長所と短所。

どんな意味があるのか不思議に思いませんか?

長所と短所なんて聞いても、採用に影響しないと考えてしまいがちです。

この考えは正しいとはいえません。

ただ漠然と質問されているような気がしますが、採用に大きく影響する大切なものです。

この質問は、あなたの適性を判断しています。

あなた自身を冷静に分析できる能力と、伝える能力を確認しているのです。

自分のことを冷静に判断できれば、強みや弱みを活かして今後の課題を見いだせます。

伝える能力に長けていれば、プレゼンなどの提案する説得力があるということです。

面接の短い時間で長所と短所を質問することで、かなり深いところまで確認しています。

 

面接の短所で注意したい3つのこと

 

 

面接でとても大切な質問であることがわかると、自分の欠点である短所をどう伝えたら良いのか心配になります。

あなたの回答次第で採用の合否にかかわる重大なことです。

「欠点である短所は、なるべくいわないほうが良いのでは?」と考えがちですが、短所も冷静に判断できなければなりません。

この世に短所がない人など存在しないからです。

そこでここからは、面接で短所を質問されたときの3つの注意点を解説します。

テーマはイメージ・マッチ・心配の3つです。ぜひ、面接の対応の参考にしてみてください。

 

面接の短所で注意したいこと① 企業からのイメージを悪くする!

 

冷静に自分を分析するといっても、応募している企業からのイメージを悪くするようではいけません。

一般的な常識で考えて、人としてどうなの、というような短所のことです。

たとえば、手癖が悪いや約束事を守れないなどがあてはまります。

どう考えても、応募する企業からの良い印象とはならないですよね。

いくら短所といっても、これらはNGです。

短所だとしても、仕事につながる裏の意味が込められているべきでしょう。

応募する企業からのイメージが負となる回答は控えるべきです。

短所もよく考えて回答しましょう。

 

面接の短所で注意したいこと② 募集背景にマッチしない

 

 

応募する企業が求める人物像とあまりにかけ離れる回答も避けるべきでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、積極的に採用したい気持ちをなくさせる原因となりかねません。

営業職の募集に対して、仮にあなたが「口下手で人見知りなのです。」と回答したら、採用する気持ちがわくでしょうか?実際にそうだとしても、転職の面接には向きません。

転職における、短所に対する質問への回答は、なぜ募集をかけているのかを考えるべきでしょう。

企業が募集する背景を考えることで、自然と正しい短所かどうかの判断ができます。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+