【マーケティング】広報・広告の違いを徹底解説!メリット・デメリットまで掘り下げて解説します。

広報と広告どちらも聞きなじみのある言葉だと思いますが、実はこの2つは全くの別物であるという事をご存知ですか?素人目には同じように見えてしまうこの2つも違いがあり、メリット・デメリットがあります。効果的なマーケティングをしていくためにもこの代表的なマーケティング手法の違いをしっかり理解しておきましょう。

 

広報と広告の違い

 

 

広報と広告というのは企業が自社のサービスを宣伝するものなので、基本的には同じで特に使い分ける必要はないと考えている人は多いと思います。

確かにとても似ているように見える2つですが、実は宣伝の仕方が大きく異なるのです。

この違いを明確に知っておかなければそれぞれのマーケティング手法を効果的に使うことができません。

マーケティングの重要性が高まっている昨今でそれは致命的です。

つまり広報と広告の違いを知らないという事で、企業にとって大損失を生んでしまう可能性があるという事が言えます。

では具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

 

お金が必要かどうか

 

 

広報と広告の一番わかりやすい差はお金がかかるのかどうかです。

もちろんどちらも行動を起こすので予算というものは必要ですが、これは宣伝をするという事に直接的にお金を払っているかどうかの差です。

広報については基本的に掲載費をかけずに会社のサービスを宣伝していきます。

近年はSNSの発達により企業発信で宣伝もできるようになりましたが、未だにテレビや雑誌などのメディアは影響力が強く効果的な宣伝をする事ができます。

なので、メディアに取り上げてもらえるような魅力的なサービスをする事でメディアが価値のある情報として報道するので、掲載料などを払わずに効果的な宣伝をする事ができるのです。

一方広告は広報の逆にお金を使って宣伝することを言います。

どのようにお金を使うかというと広告枠やCM枠等を買い取って、自社のサービスを宣伝するのです。

 

メディア主導、企業主導か?

 

 

広報と広告の違いは、メディアが主導で掲載されるのか、企業が主導で掲載されるのかの違いとも言えます。

「どちらが主導で掲載しても結局はサービスを宣伝する行為だから一緒じゃない」

そう考える方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。

まず広報ですが、メディアが主導でどのように報道するのかを決めることができるので、客観的な印象を与える宣伝をする事ができます。

一方宣伝の方は、企業側にどのように宣伝するかの決定権があるので主観的な印象を与える宣伝になる傾向があります。

客観的な宣伝か主観的な宣伝かでは与える印象は大きく異なってきます。

 

PR会社と広告代理店の違い

 

 

先ほども話した通り広報と広告は宣伝の手法が異なります。

そのため依頼する会社も変わり、広報はPR会社・宣伝は広告代理店に依頼をするのですが、この2つも違いが分かりにくいので簡単に説明していきます。

 

PR会社

 

PR会社はその名の通りプロモーションをしてくれる会社の事です。

先ほど言った通り広報は基本的にお金をかけずにメディアに取り上げてもらう宣伝方法です。

他にはないような唯一無二の業界であれば目を引きますが、実際多くの会社は競合他社があり同じようなサービスをしている中で戦略を立ててメディアに取り上げてもらえるように行動しなくてはいけません。

これを自社の広報スタッフだけで行うというのは非常に困難なので、多くの場合PR会社に依頼をして専門家の意見を取り入れながら無償でメディアに取り上げてもらえるように戦略を立ていきます。

つまり、PR会社は広報の戦略立案やそれを実行するためのお手伝いもしくは代行をしてくれる会社という事です。

 

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。

 

エンジニアに英語力は必要?英語ができるとどんなメリットがあるかを紹介します!

エンジニアに英語が必要かどうか?日本人にとって悩ましいのが英語が苦手なことですよね。単語を覚えるのも難しいですし、リスニングは何を言っているかわからない。もし、そんな状態であったとしても英語は身につけたほうが絶対にメリットがあります。エンジニアと英語はこれから切っても切り離せなくなるかもしれませんよ。

 

日本人は英語が苦手!?でもエンジニアなら英語力があると便利

 

 

多くの日本人は英語が苦手です。街中で外国人に道を聞かれたら、慌ててしまい身振り手振りで何とかしてしまった経験もあるのではないでしょうか?日本人なんだから英語は必要ない!そう断言する方も存在します。しかし、エンジニアであれば英語力はあったほうがよいと断言します。今回はエンジニアと英語について、英語力があると受けられるメリットから勉強方法までを紹介します。

 

エンジニアで英語ができると得られるメリット

 

 

英語の習得は1日や2日でできるものではありません。相応の努力の結果、英語が堪能になるのですから時間やお金がかかります。日本の会社でエンジニアとして働いているのだから英語は必要ないと思うかもしれません。しかし、少し視点をずらしてみると見えてくることもあるので見ていきましょう。

 

日本以外の会社で働ける可能性

 

 

英語でネイティブと自然に会話やメールのやり取りができるのであれば日本でエンジニアとして働く必要はありません。外国で働く意味はあるのか?と思うかもしれませんが明確な理由があります。それは外国のエンジニアの平均給与が高いことです。

日本のエンジニアの平均年収はおよそ400万円といわれています。これがアメリカになると平均年収はおよそ900万円にもなっているのです。2.5倍もの年収差があるのであれば考えてしまいますよね。ちなみにイギリスでは700万円、シンガポールでは600万円がおよその平均年収となっています。

 

最新の技術情報を取得できる

 

ITの最新技術の多くは日本以外で発表されることが多いです。世界中のエンジニアに向けて情報を発信するとしたら、最初に選びたい言語は英語でしょう。世界共通語ともいわれるほど影響力のある言語ですから英語ができると即座に情報を入手し、理解することが可能です。

エンジニアにとって常に情報をキャッチすること、新しい技術を身につけることは必須です。キャリアアップにも役立つので英語の習得をすると大きなメリットがあります。

 

特定の不具合の調査にも役立つ

 

エンジニアやプログラマーであれば不可解な不具合に遭遇したことがあるのではないでしょうか?コードを見ても問題がなく、特定条件下で発生する不具合は解決するのにかなりの時間がかかります。日本人で似たような現象に直面し、解決したことがあればインターネット上(フォーラムなど)で解決策を知ることができます。

しかし、ITの世界は日本だけのものではありません。世界中にITエンジニアが存在し、日夜あらゆる業務をこなしています。単純に考えれば1億人程度の日本人と世界60億人と比べれば情報量がどちらのほうが多いかは一目瞭然です。

世界共通語である英語でこの問題をこのように解決したという例があれば、解決するための方法の発見や時間の短縮にもつながります。特にエンジニア同士が交流する場も設けられているので、活用次第では不具合対処以外にもメリットがあります。

 

外国人とのやり取りができるので会社内で重要な役割に立てる

 

外国人とのやり取りをする会社であれば英語ができると会社内の地位はグンと上がります。コスト面から見ても通訳の人をつけなくていいですし、自然と重要な局面を任されるようになります。会社としても貴重な人材は手放したくないでしょう。そうすると昇進や昇給の可能性も高くなります。

 

どのレベルまで英語ができているといいのか?

 

 

エンジニアの英語はどこまでできれば合格なのか疑問に思ったことありませんか?資格取得や英語レベルによって、どこまでの業務ができるのかも見ていきましょう。

 

英検3級があれば、ある程度の読み書きは可能

 

英検3級レベルであれば、ある程度の読み書きは可能でしょう。中学校卒業レベルと言われているので日常会話レベルで苦労することもありますが何とかなります。交渉事やミーティングなどはできませんが辞書を片手に英語のフォーラムを覗いて技術系の理解はできるでしょう。

仕事としては重要なポストに入れることはありませんが英検3級レベルがあれば、それなりに情報を得られるので少しだけ有利になります。

 

英語話せるだけじゃダメ!理想は技術系の話題も英語で話せること

 

ネイティブと自然に話せるから問題ないというわけではありません。日常英会話とビジネス英会話は違う部分もあります。たとえば日常英会話はあいまいな表現でも問題ないですがビジネス英会話はきちんとする必要があります。

文法の理解や礼儀・マナーも重要になりますのでビジネス英会話を習得するようにしましょう。また、エンジニアであれば技術系の話をすることが多くなるでしょう。技術系の単語も知っておかないと交渉事やミーティングの参加は難しいと考えるのがベターです。

 

英語を効率よく勉強する方法

 

 

エンジニアは英語ができていた方がよいということがわかりました。しかし、英語を勉強するには相応の努力が必要です。社会人であれば通常の業務に加えて、空いた時間で学ぶ必要があります。どのような方法があるのか見ていきましょう。