テレワークってなに!?そのメリット・デメリットを徹底解説!

多様な働き方を実現すると近年注目されているのが、テレワークです。実際にテレワークを導入し、成果を上げている企業も増えてきました。場所を問わずに働けることは、企業にとっても労働者にとっても大きなメリットがあります。ここでは、新しい働き方のひとつであるテレワークについて、メリットとデメリットを踏まえて解説していきます。

 

そもそもテレワークって何?

 

 

時間や場所にとらわれない柔軟な働き方

 

まずはテレワークの定義について説明しましょう。テレワークという言葉は、tele(離れた所)と、work(働く)を組み合わせた造語です。日本テレワーク協会では、「ICT(情報通信技術)を活用した、場所や時間にとらわれない柔軟な働き方」と定義されています。「在宅勤務」「モバイルワーク」「サテライトオフィス勤務(施設利用型勤務)」はいずれもテレワークに該当します。

つまり、拠点から離れた場所であっても、ICTを使って拠点に居るのと変わりなく仕事をする働き方のことを言います。

パソコンやスマートフォン、インターネットなど通信手段が、個人にも普及している現代だからこそできる働き方でしょう。

 

政府も推進するテレワーク

 

テレワークは、働き方改革の一環で普及したもので、政府と民間が連携して取り組みを推進しています。

例えば、2015年11月から、「テレワーク月間」というテレワーク普及推進施策が実施されています。テレワークを実施している企業、団体、個人やテレワークの研究活動、啓蒙活動を行う専門家などによるセミナーやパネルディスカッションのイベントを行うなど、テレワークを広めるための活動を積極的に実施しています。

この「テレワーク月間」はテレワーク推進フォーラムが取り仕切っています。総務省、厚生労働省、経済産業省、国土交通省、学識者、民間事業者などによって構成されている官民複合の組織が、テレワークを全面的に推進しています。 

 

世間の認知度、導入率は?

 

 

総務省の調べ(平成30年版 情報通信白書)によると、テレワークの認知状況は、

「言葉を聞いたことがあり、おおよその意味は知っている」と回答したのが34.8%、「言葉を聞いたことがあるが、意味を知らなかった」が34.4%、「言葉を聞いたことがない」という回答が30.8%と、一般的な認知度がそれほど高くないことがうかがえます。

 

さらに、テレワークを知っている人を対象としたアンケートでは、「すでに導入している」が3.4%という回答となり、テレワークは十分に普及しているとは言えない結果となりました。テレワークの普及はこれからが本格的になっていきそうです。

 

テレワークのメリットとは

 

  

認知度、導入率ともにまだ低い状態のテレワークですが、実際に取り入れている企業はその有効性を実感しているようです。

テレワークを実施した場合のメリットを解説していきます。

 

通勤負担が軽減される


 

企業に務めている方であれば通勤に時間がかかるのは当然のことで忘れがちですが、よくよく考えてみるとその時間を仕事にあてることができれば、もっと効率よく働けるとは思いませんか?

東京や大阪など都市部で働く人は、郊外から通勤するケースも多く、通勤により多くの時間を費やする傾向があります。総務省のデータによると、首都圏の平均通勤時間は、片道で約1時間と言われています。つまり、往復で2時間を通勤に費やしているのです。

さらに、電車通勤の場合、通勤ラッシュの問題もあります。路線によっては乗車率200%近くにも達することもあり、多くの労働者は、仕事以外のことで毎日ストレスを抱えていることになります。

こうした通勤による心身の不可(ストレス)も、テレワークを導入すれば回避することが可能です。

自宅で仕事をしたり、通勤ラッシュの時間を避けて移動したり、時間を効率よく使って働くことができるのです。

また、企業側も社員へ均一の交通費を負担する必要がなくなるので、コスト面でもメリットがあると言えるでしょう。

 

育児や介護などによる離職が回避できる

 

その人のライフイベントによって、やむを得ず仕事を変えたり、辞めたりしなければならないこともあります。特に育児や介護を理由に仕事を辞めざるを得ないケースも少なくありません。

実際に、そういった方を対象として、テレワークを推奨する企業も増えてきています。

決まった時間にオフィスにいなければならない、といった時間的な制約を緩和することによって、育児や介護に費やする時間を増やすことができるようになります。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

3+

【簡単わかりやすい】スムーズな転職活動のための「自己分析」のやり方を徹底解説します!

転職活動をしている方の中で、「自分とは一体どのような人間なのだろうか」と悩まれている方はいませんか?『強み』や『弱み』、客観的に見える自分とは一体どのような人間なのでしょうか?今回は、転職活動には欠かせない、自分が一体どのような人間かを知ることができる自己分析について、目的からやり方まで、解説していきます。

 

自己分析とは

 

客観的・主観的に自分を知るために行う

 

 

『自己分析』という言葉はよく聞く言葉だと思います。

大学時代、新卒の就職活動の際には「やったほうがいい」と言われ、何となく受けて「自分の結果はこういったものなのか」ということが印象に残っていると思います。

ただ、「自己分析っていったい何だったのだろうか」という疑問だけが残りませんか?何となく「自分のことを知るためのツール」だということは理解されていると思います。その解答は間違っていません!

しかし、自己分析の意味はそれ以外にも大きなものがあります。

 

自己分析は自分を知るためのツールですが、自分の価値観を知るためのツールでもあります。自分とはどういった人間なのか、どういった価値観を持っているのかを知ることが、自己分析です。

要は、客観的にも、主観的にも自分を知るためのツールです。

 

スムーズな転職には自己分析が必要

 

満足度が高く、余計な時間を割かずに転職をするため

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールだということは、ご理解いただけたと思います。

では、どうして転職活動には自己分析が必要なのでしょうか?それは満足度の高い転職をするため、余計な時間を使わないためです。

 

「転職したい」と思ったのには理由があると思います。

何かしら解決したいことがあるから、「転職したい」と思ったのではないかと思います。その問題を解決することで満足度の高い転職ができるのですが、そのためには自分のことを知らなければなりません。

 

また、解決するだけでは満足度の高い転職とは言えません。

自分に適した職業を選ぶことで、『やりがい』を感じることができたり、キャリアアップも図れるため、将来的にも満足度の高い転職をすることができます。

自己分析を行わず、自分のことを理解しないで転職活動を行うと、満足のいく転職ができません。

自分の価値観に合わない転職先や、適さない職種を応募したりすることで、面接に行ったものの、辞退するなどの余計な時間を過ごしてしまう恐れがあるからです。

 

自己分析でスムーズな転職活動を実現するために

 

 

自己分析は、客観的にも主観的にも自分を知るためのツールであるということ、スムーズな転職に必要であるということは、ご理解いただけたと思います。

では、スムーズに転職活動を行うためにはどのような事を把握しておく必要があるのでしょうか?

 

自分の気づいていない自分を知る

 

 

自己分析の目的の一つは、『自分の知らない自分を知る』というものになります。

転職活動中の自己PRや、職種選択に活かせます。

 

インターネット上にある自己分析ツールとして、適性診断があります。これは、客観的に見た自分を知るためのツールです。

自分では気づかない、自分を知るという意味では、重要なものになります。

客観的に自分を知るということは、難しいものです。他人に聞くのが一番ですが、仕事上でのことになるので、一緒に仕事をしている上司や同僚からの評価を受ける必要があります。

ただ、転職は上司や同僚に知られず行いたいというのが一般的な考え方です。そうなると、実際の評価はなかなか聞くことが難しい状況になります。

 

そのため、自己分析ツールとして、適性診断を行います。

自分に適している職業はどのようなものなのか、その職に就くにあたって、自分の強みはどのようなものなのか。

客観的に自分を知ることで、自分が知りえなかった自分を知り、自分に適した職種選びや、応募書類や面接の際の自己PRに活かして行くことができます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

「入管法」こと出入国管理法の改正で何が変わる?国内の労働市場に起こることは!

出入国管理法(以下入国管理法)が2018年12月に改正され、2019年4月から施行することが決まりました。外国人労働者の受け入れ拡大を目的として改正されたこの法案、日本の労働市場にどのように影響してくるのでしょうか?入管法の改正内容や、日本の労働市場の現状とをあわせて解説していきます。

 

入管法と外国人雇用の関係

 

 

入管法の概要

 

入管法、正式には「出入国管理及び難民認定法」と言います。日本に出入国するすべての人に適用される法律で、日本から出国する際、日本へ入国する外国人の在留に関する許可要件や手続き、入国管理局の役割、不法入国や不法在留に関する罰則などが定められています

 

入管法の改正内容とは?

 

今回の改正のポイントは外国人が日本で働くための在留資格が、新たに設定されたことです。

在留資格とは、外国人が日本に合法的に滞在するための資格のことです。この在留資格には種類があり、資格においての活動範囲でのみ、日本での滞在が認められています。

例えば、「留学」という在留資格を持っている人は、基本的に就学のみの活動範囲で滞在することができます(留学の場合、「資格外活動許可」を受けていれば、アルバイトとして従事することは可能)。一方で「留学」の在留資格で日本の一般の企業で社員として働くことは認められていません。

また、在留資格によって、滞在できる期間が異なります。

在留資格の中で「技能実習」というものがあります。これは、外国人が日本の技術や技能を実践的に学ぶために滞在する資格のことで、発展途上国等の経済発展に寄与することを目的とした制度です。農業や漁業、建築、食品製造等の職種のうち、限られた作業内容の中で従事することができるものでした。

今回の入管法改正で「技能実習」に代わるものとして定められた「特定技能1号」「特定技能2号」。この新たな在留資格により、外国人労働者の受け入れが拡大することが予想されます。

 

新たな在留資格「特定技能1号」「特定技能2号」とは

 

 

さて、「特定技能1号」と「特定技能2号」とはいかなる在留資格なのでしょうか。内容を具体的に解説していきます。

 

「特定技能1号」の資格内容

 

特定技能1号は、技能実習を修了するか、技能と日本語の試験を通過することで得られます。

滞在期間は通算5年(更新が必要)ですが、家族の帯同は認められていません

特定技能1号で従事できる業種は以下の14種類が対象予定です。

 

・農業

・漁業

・飲食料品製造

・外食

・介護

・ビルクリーニング

・素材形産業

・産業機械製造

・電気・電子情報関連産業

・建築

・造船・船用工業

・自動車整備

・航空

・宿泊

 

いずれも、特に人手不足が深刻であるといわれている分野です。

 

「特定技能2号」の資格内容

 

特定技能2号を取得するには、技能試験に合格することと、班長として数年間の実務経験があることの2つ満たす必要があるとされています。

簡単に言うと特定技能1号よりも高度な知識と熟練した技能を持つ人に与えられる在留資格です。

在留期限は無期限(更新が必要)で、家族付帯が認められています

業種は今のところ、「建設」と「造船・船用工業」の2業種が対象となる予定です。

しかし、特定技能2号については詳細がまだまだ未定の部分が多い状態です。特定技能1号に比べて、外国人にとって滞在条件がよく長期的な滞在が可能なことから、移民問題に反対する意見も無視できないという政府の事情もあり、慎重に進められているようです。というのも、特定技能2号の在留期間は、永住許可要件に含まれるということが明らかになったためです。

特定技能2号の実現は、2019年4月よりも、もう少し先になることが予想されます。今後の政府の動きに注目しましょう。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

3+

【転職】ジョブチェンジを成功させるには?!メリット・デメリットを含め、ジョブチェンジを徹底解説します!

皆さん仕事人生でジョブチェンジという言葉が頭をよぎったことはありませんか。仕事に慣れてきた中、職種を変えて自分のスキルアップを図りたいと思った事はないでしょうか。しかしRPGゲームと違って現実で新しい職種に変えるのは色々と不安も大きいと思いますので今回はジョブチェンジを成功させるポイントとジョブチェンジのメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

 

ジョブチェンジとは?

 

 

ジョブチェンジを日本語にそのまま訳すと「転職」ということになります。

しかし転職という言葉をそのまま使うと同じ営業職で違う会社に移るのも「転職」になってしまいます。

現在日本で使われているジョブチェンジとは同じ業種で会社を移る場合に使う言葉ではなく、

例えるなら営業職から経理職へと職種を変える時に使われる言葉になっています。

職種を変えるジョブチェンジは同じ会社の中でも行われますし、会社を変える時に同時に職種を変えるケースもあります。

 

社内でのジョブチェンジ

 

同じ会社内でのジョブチェンジを成功させるには幾つか制度があります。一定期間中に社内で色々な職種を経験させるジョブローテーション制度や社内でやる気のある社員から職種変更の公募を募る社内公募制度でジョブチェンジを成功させることが出来ます。

しかし、現在日本の会社の人事採用のホームページを見てもジョブローテーション制度や社内公募制度を採用している会社はまだまだ少ないのが現状です。

また社内でのジョブチェンジとしては会社からの命令で職種を変えることもありますが、その場合前向きなジョブチェンジでは無いパターンが多いので自身のスキルアップやモチベーションが上がるジョブチェンジにはなりません。

 

転職でのジョブチェンジ

 

社内で職種を変えるジョブチェンジの制度が無い時はジョブチェンジの制度がある会社に転職してからのジョブチェンジや今までのキャリアをリセットして新しい職種へ未経験にチャレンジするジョブチェンジがあります。

一旦同じ職種で転職してから制度を利用してのジョブチェンジは時間がかかりますし、未経験からのジョブチェンジは金銭面や時間の面でもデメリットがあります。

ここからはジョブチェンジによってもたらされるメリットとデメリットを解説していきます。

 

ジョブチェンジのメリット

 

 

キャリア形成の強い味方になる

 

ジョブチェンジを行うことにより新しいキャリアを獲得することが出来れば自分のキャリア形成の強い味方になります。

営業職一筋の営業マンより営業からマーケターへジョブチェンジをしてマーケティングも出来る営業マンになった方がこれからの時代に生き抜く強い力になります。

 

仕事に対する新鮮さを保てる

 

ジョブチェンジをすれば仕事に対する新鮮さやモチベーションを保ち常に仕事に前向きに取り組む事が出来ます。

同じ職種で同じ会社にいるより色々な職種を経験し社内や社外からも必要にされる人材になれば次々と新しい仕事も舞い込んできますので仕事に対する新鮮さを持ち続けるきっかけにジョブチェンジがなります。

 

ジョブチェンジのデメリット

 

 

未経験スタートによるハンデ

 

社内でのジョブチェンジでも会社を変えてからのジョブチェンジにしても新しい職種に対しては未経験からのスタートになります。

一から新しい仕事を覚えるのは仕事に対するやりがいや新鮮さを持てる反面、慣れるのに時間がかかり新しい職種に対する勉強も必要になってきて最初の内はプライベートに影響を及ぼす場面も出てくるかもしれません。

 

給料がダウン

 

同じ会社内でのジョブチェンジだとそこまで待遇が変わらないと思いますが転職し会社を変えて一から新しい職種へ未経験となると会社側も未経験者採用になり給料がダウンする等待遇面でのマイナスが生じやすくなります。

次からはジョブチェンジを成功させるためにジョブチェンジを成功しやすい人のタイプを挙げていきます。

 

ジョブチェンジを成功しやすい人

 

 

20代の若手、第二新卒社員

 

ジョブチェンジをすると新しい仕事を一から覚えないといけません。

そうなるとやはり20代の若手社員や第二新卒の社員がジョブチェンジの成功がしやすくなります。

若いと仕事の覚えも早くまた体力面や給料面でも会社側から見てもジョブチェンジのしやすい人材として扱われるのです。

 

Geekly Media ライター

3+

【フリーランス】メリット・デメリットを徹底解説!自由を手に入れられる?それとも苦労に満ちている?

近年は働き方も多様化してきており、企業などに勤める会社員という働き方ではなく、個人で会社などのプロジェクトと契約して仕事の依頼をもらって働くフリーランスというものも増えてきている。
会社員と違って自分の裁量で動くことができるイメージのあるフリーランスですが、実際は自由に働けるのか?そのメリット・デメリットを紹介します。

 

フリーランスとして働く方法

 

 

フリーランスとして活躍している方は近年増えてきています。

しかし、フリーランスになるにはどうすればいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

フリーランスのメリット・デメリットを知っても、フリーランスになる方法を知らなければ意味がないので、まずはフリーランスとして活動するにはどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

 

ネットサービスを利用して依頼を探す

 

「人脈・知名度・実績・能力が必要?」「誰もがなれるものではない」

そう思っている人も多いと思います。

確かにフリーランスの多くの仕事は、企業などからお仕事をもらって行うもしくは売り込む事で発生します。

そのため、仕事を探すための人脈や知名度、実際に仕事を受注するための実績や能力が必要だと思うのは当然です。

しかし実は、大きな金額の取引ができるかどうかは別として誰でもある程度はフリーランスとして活動して稼ぐことはできるのです。

 

なぜそれができるか?

それは世の中には仕事があふれており、社員では手が回らない仕事やフリーランスありきの商売をしている会社があるからです。

しかも近年は、そんな会社が出している依頼を簡単に検索できるようなサービスがあるのです。

代表的な物でいうと「クラウドワークス」「ランサーズ」というWebサービスです。

手が回らない自分ではできない仕事を外注するためのサイトで、簡単なものから専門的なものまでそろっているので、特に突出した能力がないという方でも仕事を取ることができるのでフリーランスを始めることができます

もちろん多くの依頼を頂くためには、能力というのは必要になってくるので能力が必要ないという事ではありませんが、やりながらどんどん成長していくことができ、評価が上がれば徐々に単価が上がったり大きな依頼をもらえるようになるので、最初は能力が低くてもフリーランスとして活動できます

 

人脈・実績等で仕事を請け負う

 

もちろん、人脈・知名度・実績というものはあるに越したことは間違いありません。

人脈があれば、仕事の依頼をもらうためのアプローチをかけることが比較的容易にできますし、

知名度が高く実績に申し分のない方なら相手の方からお願いをしに来るでしょう。

自分からアプローチをかける事無く仕事を頂くことができ、しっかり稼ぐことができる環境を作ることがフリーランスの目指すところでしょう。

 

フリーランスのメリット

 

やる気次第で稼げる

 

 

フリーランスの収入は基本的には成果に対しての報酬です。

例えば記事を書くフリーライターのお仕事であれば、1記事いくらで買い取りますという形が主流なので納品した数が多ければ多いほど収入が増えます。

しかし会社員の場合は基本給がありそれに上乗せして成果が付きますが、ほとんどの場合は上限というものが存在するので頑張っても限界というものがあります。

「自分の頑張り次第や能力次第で上限なく稼ぐことができる」というのがフリーランスの一つの魅力といえるでしょう。

 

経験を積むことができる

 

 

フリーランスは複数の仕事をかけ持つことができます。

依頼の際の契約に独占契約のような形で、他社の依頼を受けてはいけないという事を指定されていなければフリーランスの場合同時にいろんな仕事をする事ができます

そのため同時にいろんな仕事をする事でき、色んなジャンルの勉強をする事ができるのです。

しかし会社員の場合は同時にいろんな仕事をすることは難しいです。

 

会社ではある程度役割が決まってくるので、色んな職種の仕事を同時に経験するというのは難しいですし、日本の会社では副業を禁止している会社が未だに多いので他に仕事をする事も難しいです。

短い期間で色んなことを学ぶのであれば、メインの仕事と同時に簡単な仕事からでも新しいことに挑戦できるフリーランスの方が効率的に学べる環境にあるといえるでしょう。

ただ同時に複数の依頼を抱える場合は、情報を流出させないように注意をしましょう。

特に競合他社への技術流出ということになれば賠償問題にも発展しかねません。

他社と契約してはいけないという制約がなかったとしても、競合他社の仕事は同時に受注しない等の配慮は必要です

 

Geekly Media ライター

3+

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

転職するとしたら就労ビザはどうすればいいの?届出の場所から手続きの流れまで徹底解説!!

日本で働く外国籍の方が転職する場合、就労ビザの更新が必要です。転職先の職務や在留期限により手続きが異なるため、自分の在留カードを事前に確認しておきましょう。手続きを怠ると在留期限が短縮されたり、更新ができなくなることもあります。ここでは、就労ビザ更新の手続きについて、徹底解説していきます。

 

そもそも「就労ビザ」とは?

 

就労ビザとほかのビザとの違い

 

ビザには、日本に滞在する目的や期間により、種類がいくつかあります。

「就労ビザ」とは、労働を目的として滞在する場合に必要なビザです。

就労ビザ(在留資格)は入国管理法において定められており、外国籍の方が日本で行う活動内容から、日本が受け入れる外国籍の方の活動を分類して設定されています。

日本で長期間働きたい場合には就労ビザの取得が必須です。

就労ビザは日本に滞在する目的を示し、在留する資格を与えられ入国が許可されます。この資格を「在留資格」と言い、そのビザの中で活動できる範囲を示しています。この在留資格は現在16種類設定されており、就労できる職種を定めるものでもあります。

90日以上の観光に際は「長期観光ビザ」が取得する必要がありますが、このビザで就労をすることはできません。

 

他にも、留学のための「学生ビザ」、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国だけで申請できる「ワークングホリデービザ」、その国に永住することができる「永住ビザ」があります。

 

外国籍の方は、転職によって就労ビザを更新する必要がある

 

 

就労ビザの更新は必須

 

先に述べた外国籍の方が日本での就労を目的として、90日間以上の長期滞在をする場合「就労ビザ」を取得する必要があります。

就労ビザでは、1人につき「在留資格」が1種類のみ認められています。

つまり、転職により在留資格が変わるということになれば、就労ビザ変更の手続きが必要になるのは当然といえば当然です。

しかし、在留資格が変わらない場合の転職であっても、就労ビザを更新する必要があります

詳しく解説していきましょう。

 

在留資格にかかわらず、転職の際にやるべきこと

 

 

転職する外国の籍の方が必ず届け出るもの

 

まず、転職をする外国籍の方自身が必ず行わなければならない手続きが「所属機関変更の届出」です。

転職後14日以内に入国管理局に「届出」をしなければなりません。*1

この届出を怠ると、就労ビザ更新や変更の際に在留期限を短縮されたり、罰金を支払うことになったり、不利な立場に立たされることになります。必ず届出をするようにしましょう。

*1 ただし、この届出を行うのは平成24年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた者に限ります。

 

事業主がやること

 

外国籍の方を雇い入れている雇用者側でも手続きが必要です。

あわせて解説しておきましょう。

外国籍の労働者を雇い入れる際、そして離職させる際には、ハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届出を怠ったり、虚偽の届出を行った場合は30万以下の罰金対象になるので、注意しましょう。

 

転職で「在留資格」が変わらない場合の手続き

 

 

勤務先は変わったけれど、職務が同じ場合。

例えば、転職前も転職先でも同じ「エンジニア」として従事する場合は在留資格は変わっていないことになります。

その場合には、在留期限により有効な手続きが分かれます。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

2+

【転職】非公開求人を徹底解説!転職の可能性の幅を広げるなら非公開求人を使うべし!

転職活動をしていると、「転職するなら非公開求人が良い!」といった話を聞くこともあると思います。一方、そもそも非公開求人が何なのか、よく分からないという方は、案外多いのではないでしょうか。ですが非公開求人には、多数のメリットがありますので、転職するなら知っておいて損はありません。ここからは非公開求人の特徴とメリット、応募の仕方などを解説していきます。

 

非公開求人とは?

 

 

転職で非公開求人という言葉を聞く機会は多数ありますが、「そもそも非公開求人って何?」という疑問をお持ちの方もいるでしょう。

まずは転職における非公開求人について、知っていきましょう。

 

非公開求人とは、限られた人しか応募できない求人

 

求人、と言うと企業の公式サイトやハローワーク、転職サイトで公開されている求人のことを思い浮かべる方が多いでしょう。

しかしこれらは、非公開求人ではなく「公開求人」と呼ばれるもの。

企業HPを見れば、ハローワークに行けば、だれでも見ることが出来る求人なので「公開」扱いなのです。

一方、非公開求人は主に転職エージェントに登録しないとチェックできない求人のことを指します。

非公開求人が企業の公式HPに載ることは無いので、非公開求人をチェックしたい場合転職エージェントへの登録が必要になります。

 

企業が求人を非公開にする理由

 

 

非公開求人が、あまり知られていない求人だということは分かりましたが、なぜ企業や転職エージェントは求人を多くの人に見せないのか、気になる方も多いでしょう。

企業があえて求人を非公開にするのか、ここから解説しますのでぜひ転職に役立ててくださいね。

 

大勢の人が応募するのを防ぎたい

 

大企業や有名な企業の場合、好待遇の求人を出すと募集人員よりはるかに多い転職希望者からの応募が来てしまい、処理が大変になることがあります。

企業にとって、人を雇うためのコストはなるべく低く抑えたいもの

求人をたくさんの人に公開すれば、その分応募者が増え書類審査、面接にも時間がかかってしまいます。

企業は好条件の求人を限られた人にだけ公開し、採用コストを下げているのです。

 

求人を他社に見られたくない

 

企業が新しい社員を求める理由は様々。

単に「人員が足りてないから」という理由で求人を公開するなら問題ありませんが、例えば「新規プロジェクトに参加してくれる人を雇いたい」など、会社の今後の方針に関わる求人であれば、「他社の人に見られたくない」と考える企業も多いです。

 

特に未発表の新規プロジェクトに関する採用や、会社役員の採用については同業他社などに情報が漏れると今後の経営に悪影響が出る可能性もあります。

一方非公開求人であれば、求人内容を他社に見られず採用活動を進められるので、会社内部の重要なポストも募集しやすくなります。

 

有能な人だけ採用したい

 

求人を公開するとその企業に到底合わないような人や、求めるスキルを持っていない人まで応募してくることも少なくありません。

しかし、一度応募してきた人を「見込みが全くないから」という理由でチェックもせず、門前払いにすることは不可能です。

一度求人を公開してしまった以上、会社に合わない人であっても、一応書類を審査し、合否を伝えなければいけません。

そのため企業は、特定のスキルを持った、有能な人にだけ求人を紹介するよう転職エージェントに頼み、採用コストを減らしているのです。

 

Geekly Media ライター

oume

3+

転職口コミサイトの信憑性を徹底解説!本当にオススメなサイトはどんなサイトなのか?

転職を検討している方のなかには、転職サイトの口コミから情報を集めながら、その信憑性に疑問を感じているという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々に向けて、転職口コミサイトの信憑性を徹底解説します。また、その特徴だけでなく、サイトの共通点や口コミの正しい活用テクニックも確認していきましょう。

 

信憑性の高い転職口コミサイトを3つ厳選!特徴を徹底解説

 

 

信憑性の高い口コミサイトの共通点を解説する前に、多くの方が転職に活用している3つのサイトを厳選して紹介します。

「転職会議」「VORKERS」「カイシャの評判」の3つのサイトが、それぞれに特徴が違うものの、多くの転職を考えている方からの人気を集めています。

 

転職会議

 

「まずは多くの企業の口コミを確認したい」という方にオススメの転職サイトが転職会議です。現在では80万社以上の口コミをチェックすることができ、社風に関する口コミが多いという点に人気が集まっています。

口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みであるにも関わらず、高い人気を集めている点からも質の高い情報が集まっていることが窺えます。

 

VORKERS

 

転職会議と同様に、口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みでありながら、若者からの支持を集めている転職サイトがVORKERSです。

VORKERSでは、成長やキャリア開発といった若者が転職前にチェックしておきたい情報の質が高く、数値化されていることから「新しい職場でのやりがい」をチェックしたい方におすすめの転職口コミサイトです。

 

カイシャの評判

 

「転職口コミサイトの使い方を知りたい」という方にオススメのサイトがカイシャの評判です。多くの転職口コミサイトが口コミの投稿か使用料金を支払うことで、企業情報を確認できる仕組みを設けていますが、カイシャの評判は閲覧自由という点に特徴があります。

面倒な手続きを行う必要がなく、転職活動をはじめるきっかけ作りを行いたいという方からの人気を集めている転職口コミサイトです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトから分かることとは?

 

 

信憑性の高い転職口コミサイトでは企業の実態を把握しやすいよう、従業員からの評価をもとにしたレーダーチャートが用いられています。

サイトの特徴に応じて、「達成感」や「社風」、「給与」や「人間関係」などの項目が設けられており、一目でその企業の特徴を把握することができます。

口コミの投稿数によって信憑性が変動してしまうという注意点があるものの、企業のプロモーションや主力商品だけでなく、「社員の働き方に対する満足度を知りたい」という方には、転職口コミサイトが強い味方になってくれるでしょう。

 

信憑性の高いオススメな転職口コミサイトの共通点

 

 

ここまでは「信憑性の高い転職口コミサイトの代表例」、「転職口コミサイトから分かること」の2つを詳しく解説してきましたが、ここからは信憑性の高い本当にオススメなサイトの共通点を紹介します。

これまでに紹介した3つのサイトをそのまま活用することで、質の高い情報を集めることはできますが、「なぜ本当にオススメと言えるのか?」を理解したうえで、情報を集めていくことが大切です。

 

転職口コミサイトが設立されてからの歴史

 

 

信憑性の高い本当にオススメなサイトに共通する1つ目のポイントが、サイトが設立されてからの歴史があることです。

先ほど紹介した3つの口コミサイトでは、転職会議が10年弱の歴史をもち、実績のあるサイトと言えます。

転職サイトのサービスの活用が一般化してから間もないため、老舗企業のような何十年という単位のサイトは存在しませんが、5年前後使われ続けているという実績があれば、信憑性の高い本当のオススメなサイトと考えて良いでしょう。

 

1つの企業に対する口コミの件数

 

 

先ほど解説したように多くの転職口コミサイトでは、社員の働き方に対する満足度をレーダーチャートで分かりやすく表現しています。ただし、あくまでも平均であるという点には注意が必要です。

例えば、レーダーチャートで多くの項目で満点を獲得しているように見えるA社でも、口コミの件数が1件であれば、たった1人の社員の評価が反映されていることになるため、信憑性が高いと言うことはできません。

反対に、レーダーチャートで多くの項目で8割ほどの満足度を獲得しているB社でも、口コミの件数によっては、信憑性の高い口コミが集まっているサイトと言えるわけです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトの活用テクニック

 

 

転職口コミサイトは歴史と1つの企業に対する口コミの件数から、その信憑性を確認することができます。しかし、そのサイトに投稿されている口コミの情報を正しく活用するためには、いくつかのテクニックが必要です。

信憑性の高い転職口コミサイトを見分け、サイトに投稿されている情報の正しさを把握しておくことで、志望企業を効率的に絞り込むことができるでしょう。

 

複数の転職口コミサイトをチェックする

 

転職サイトの情報を効率的に活用するための1つ目のテクニックが、複数のサイトをチェックするというものです。基本的に信憑性の高いサイトに投稿されている口コミであれば、1つの情報だけをチェックしていれば問題ありません。

ただし、「Aのサイトに投稿されていた情報がBに投稿されていない」、「Aのサイトには少数の投稿しかなかったのにBのサイトにはたくさんの投稿がある」というケースも珍しくありません。

複数のサイトをチェックすることで、1つの企業に対する評価を網羅することができるわけです。

Geekly Media ライター

PuG88

3+