【プロダクトマネージャー】仕事内容から求められるスキルまで徹底解説!プロジェクトマネージャーとの違いも解説します!

プロダクトマネージャーという言葉を聞いたことはありますか?近年よく使われるようになってきているプロダクトマネージャーとは、どんな仕事をしている人の事を言うのでしょうか?今回はそんなプロダクトマネージャーの仕事内容から、必要なスキルについてやプロジェクトマネージャーとの違いなどを紹介していきます。

 

プロダクトマネージャーとは?

 

 

近年IT企業を中心にプロダクトマネージャーという言葉をよく聞くようになりましたが、その仕事内容や求められるスキルなどを知っている人は少ないのではないでしょうか?

プロダクトマネージャーは顧客満足度を上げて、最大利益を得るために動く仕事であり、会社の利益を作るために必要なポジションなのです。

ではどんな事をしているのかについて詳しく説明していきます。

 

プロダクトとは?

 

 

プロダクトマネージャーの仕事を説明する前に、まずはプロダクトについて説明していきます。

プロダクトをマネジメントしている仕事がプロダクトマネージャーなので、プロダクトが何かを分かっていないと始まりません。

プロダクトとは直訳すると、製品・商品・生産物などと言った意味を持っており、企業などが顧客に販売する製品の事を指すのが一般的です。

これは車や家具といった形のあるものはもちろんですが、サービスやシステムといった形のないものに対して使われることもあります。

マーケティング用語としては、どのような製品を販売するかを検討し企画開発を進めるという意味を持っています。

 

プロダクトマネージャーの仕事とは?

 

 

プロダクトマネージャーは直訳するとプロダクト(製品)をマネジメント(管理)するとなるので、製品管理をする仕事のように思えますが、それだけではありません。

プロダクトマネージャーの仕事は最初に話した通り、顧客満足度を上げて、最大利益を得る事です。

プロダクトマネージャーの仕事と言うのは、単に製品を管理するというお仕事ではなくどんな製品なら顧客の満足度を上げることができるのか、それをどのように販売していけばいいのか等を計画し実行していくお仕事であり、マーケティング戦略などを立案していくリーダーです。

具体的には、どのように行うかというロードマップの作製・プロジェクトや投資を行う際の戦略上・財務上等の情報・分析を提供するビジネスケースの作成・新商品の開発・市場への投入という製品を販売するまでの上流工程での仕事。

プロダクトのライフサイクル管理やブランド管理・効果的な販売戦略を立てるためのマーケティングといった下流工程の仕事を行います。

プロダクトマネージャーは、このように製品を販売していく際に携わる営業・研究開発・財務・法務と言った様々な部署を取りまとめ方針を決めることが仕事であり、その責任を負う重要なポジションなのです。

 

プロジェクトマネージャーとは違う

 

 

プロダクトマネージャーと似ている言葉に、プロジェクトマネージャーというものがあります。

どちらかというとプロジェクトマネージャーの方が聞きなじみがある人が多いのではないでしょうか?

この2つはプロダクトを世に発信するうえでどちらもとても重要な役割を果たしているのですが、まったく別の役割を持っているポジションなのです。

どのような違いがあるかご存知ですか?

プロダクトマネージャーが顧客の課題解決のためにどういう商品を作るのかという視点でプロダクトにかかわっているのに対して、プロジェクトマネージャーは品質・開発コスト・リリーススケジュールなどに視点をあててプロダクトにかかわっています。

つまりプロダクトマネージャーは「何を作るのか」「なぜ作るのか」という「What」「Why」を求められており、プロダクトマネージャーは「いつまでに」「どうやって作るのか」という「When」「How」が求められるポジションなのです。

 

プロダクトマネージャーに必要なスキルは?

 

 

プロダクトマネージャーになるのに特別な資格は必要ありません。

もちろん持っていたら便利という資格は業界によってあるかもしれませんが、これが絶対必要なものはないですし、逆にこれを持っているからプロダクトマネージャーになれるというものもありません。

しかし、プロダクトマネージャーとして活躍するのに必要なスキルというものはあるので、次はプロダクトマネージャーとして活躍したいなら身に付けたいスキルについて紹介していきます。

 

理解力・考察力

 

プロダクトマネージャーとして活躍するには、理解力と考察力が必要不可欠です。

何故なら、プロダクトマネージャーの仕事は課題解決から始まるからです。

課題解決から始まるという事は、まずその課題についてしっかり理解する必要があり、課題をしっかり理解していないと見当違いなプロダクトを計画することになってしまいます。

また、課題の話をしている人全員が話上手というわけではないので、要領を得ない話し方等をする人もいます。

そのような方と話しても、何を言っているのか、何を求めているのかというのを正確に理解する必要があるのです。

また理解するだけでは不十分で、このままだとどうなってしまうのか、どういう対応が必要なのかといった考察をできる人でないと改善計画を立てることができません。

そのため、理解力と考察力はプロダクトマネージャーに必要なスキルといえます。

 

Geekly Media ライター

【徹底比較!】PM vs PMO!役割の違いから必要なスキル・資格まで幅広くご紹介します!

PMとPMO、IT業界で働いている人ならば耳にしたことがある言葉だと思いますが、正しい意味とそれぞれの違いはご存知ですか?似ている言葉なだけに、混同されがちなPMとPMO。
役割や求められるスキルは大きく異なるので、注意が必要です。今回は、PMとPMOの役割の違いとそれぞれに必要な資格・スキルを紹介していきます。

 

PMとPMO、言葉は似ていても役割は全く異なる

 

 

PMはプロジェクトの責任者、PMOはプロジェクトの支援役

 

IT業界でいうPMとPMO、これらは果たすべき役割が全く異なります。

PMはプロジェクトマネージャー(Project Manager)で、そのプロジェクトの総責任者を言います。

対してPMO、つまりプロジェクトプロジェクトマネジメントオフィス(Project Management Office)は、プロジェクトマネジメントの支援を行う役割のことです。

プロジェクト体制としてみると、PMはPMOの下につくことが一般的です。

それぞれの役割について詳しく見ていきましょう。

 

PMの役割は俯瞰してプロジェクトを管理すること

 

 

PMの役割は「プロジェクトの総責任者」と述べました。総責任者とは、具体的に何をしているのでしょうか。

 

プロジェクトの目的を定める

 

クライアントの課題をどういった方針で、手法で解決するかを分析し、明確にすること、いわゆる「要件定義」の基となるプロジェクトの目的を設定することが、PMの最初の業務です。

時に、プロジェクトを進めていくうちに、当初の目的からブレてしまったり目的がわからなくなることがあります。そういったときに、PMによる軌道修正が力を発揮します。

目的を見失いかけたときに立ち戻れるプロジェクトの軸となるものを設定すること。重要なPMの役割と言えるでしょう。

 

プロジェクトチームを結成する

 

そのプロジェクトを完遂するために必要なプロジェクトメンバーをアサイン(任命)します。

プロジェクトの特性によって、集めるべき人材は異なります。

メンバーの得意分野や性格、ときには人間性を熟知し、プロジェクトを任せるに足る人物かを見極める必要があります。

 

社内のメンバー以外に、アウトソースするケースもあります。その場合も同様に、アウトソース先の実績や仕事の傾向を押さえておくことが重要です。

そして、コスト(予算)も頭に入れておかなければなりません。

 

優秀なメンバーを集めれば、その分コストもかかるものです。

いかに素晴らしい成果物を期日までに納められたとしても、プロジェクトが赤字になってしまっては元も子もありません。

コスト内で実力のあるプロジェクトメンバーを集めること、そして最良のパフォーマンスを発揮するプロジェクトチームを結成することもPMの役割のひとつです。

 

プロジェクトを管理する

 

PMの最も重要な使命は「プロジェクトを完遂、成功させる」ことです。

先に述べた目的、要件、プロジェクトメンバーの確保、予算管理など、プロジェクトに関わる要項の管理責任をPMが担っています。

プロジェクトの進行や実務の管理はPL(プロジェクトリーダー)が行うこともありますが、PLの管理も含めて、PMの責任範囲内になります。

 

プロジェクトを俯瞰して、計画通りに進行しているか、問題は起こっていないか、プロジェクトの目的に沿った成果は上げられそうか、といった全体を管理する役割を、PMは担っているのです。

このように、PMがやるべきことはプロジェクトの成功を左右する重要なものばかりです。そのプロジェクトが成功するか失敗するかは、PMの力量が大きく影響します

責任は重大ですが、その分達成したときの喜びは大きいです。

優秀なPMの下で働くメンバーは、往々にしてPMへ絶大な信頼を寄せるものです。

実績を重ねることで信頼できるメンバーが増え、より大きなプロジェクトのPMを任されるようになります。

 

PMに求められるスキル

 

 

PMは、プロジェクトの全体を把握しておく必要があるため、ITやそれ以外の知識、技術に関する高度な知見を身に付けていなければなりません。

また、プロジェクトメンバーの信頼を得るため、知識や知見を持っているだけなく、それを基に実際に活用していかなければなりません。

持っていれば有利な資格はあるものの、PMに求められるものはどちらかというと「ビジネスマンとしての素養」が大きいと思われます。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

Webマーケティングとは一体なに?

 

Web上で製品を買ってもらうための活動

 

 

Webマーケティングという言葉は、『Web』と『マーケティング』という言葉がつながった言葉です。

Web上で、マーケティングをするということです。

Webという領域に関しては、ご存知の通り、『インターネットにおいて』ということになります。

 

では『マーケティング』という言葉の意味が分かれば、Webマーケティングという言葉について理解ができるということになります。

マーケティングとは、製品を購入してもらうための活動です。

わかりやすく言うと、宣伝や市場調査などのことを総称して『マーケティング』といいます。

 

Webマーケティングとは、Web上で製品を購入してもらうための活動のことを言います。

 

Webマーケティングの重要性

 

インターネットが当たり前になったから重要

 

 

現代の買い物び方法は、大きく分けて2つの方法があります。

お店に行き、実物を見て購入する方法と、インターネットのサイト上で購入する方法です。

上記の方法は双方にメリットがあります。

 

お店に行き買い物をする方法は、実物を見て買い物できるという点がメリットです。

イメージとのズレを少なくして、購入後の不満を減らすことができます。

また、専門知識を持っいる店員の方に直接聞くことができ、不安を解消できます。

 

インターネットのサイト上で購入する方法は、荷物を自宅まで届けてくれるという点がメリットです。

また、購入したいときにいつでも購入できるという点でも店舗で買い物するよりもメリットがあります。

 

ただ、近年需要が増えているのは、インターネット上で購入する方法です。

総務省が発表したデータによりますと、ネットでの取引などをはじめとした電子商取引は毎年その市場が大きくなっており、その成長の余地も計り知れないものになっているとのことです。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html

 

インターネットが当たり前になっている現代において、ネットショッピング市場は拡大していくと予想されます。

そのため、これからのマーケティングはWeb上での活動を無視しては行えないということが読み解けます。

 

Webマーケティングって何するの?

 

 

『Webマーケティングとは、どういうものなのか』についてはご理解いただけたと思います。

では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

宣伝や市場調査などということは理解できたのですが、実際にどうすればいいのでしょうか。

また、Webマーケティングの目的とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

まずは基礎知識から 目的は集客

 

 

Webマーケティングの最大の目的は『集客』です。

 

例えば、販売促進用にホームページを制作したとします。

製品を売れる仕組みも作ったし、そのホームページもオープンしたということで、準備は完璧です。

しかし、ホームページにアクセスしてくれる人がほとんどいません。

これではせっかく作ったホームページも、意味を成しません。

 

ホームページを作るということも、Webマーケティング活動の一環ですが、最大の目的は『作ったホームページにアクセスしてくれる人を増やす』ということになります。

いわゆる『集客』です。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

アフィリエイト広告ってなに?仕組みから活用方法、その種類まで徹底解説!

「アフィリエイトっよく聞くけど何?」って思っている方多いと思います。簡単に言うとインターネット上の自分のページに企業の広告を出して、報酬をもらうというものです。「本当に大丈夫なの?」「どういう仕組みなの?」「そもそもアフィリエイトって何?」と思っている方のために、今回はアフィリエイトについて紹介していきます。

 

アフィリエイト広告って何?

 

インターネットの広告を掲載して報酬を得ること

 

 

アフィリエイトとは、インターネット上の自分のページを用いて、企業の製品などを紹介し、その見返りとして報酬を得るというものになります。

簡単に言うと紹介=広告という形になり、自分のページを閲覧してその製品を購入した第三者がいた場合、その契約内容に応じて掲載しているページの持ち主に対して報酬を支払われます。

自宅でできる副業として注目を集めています。

中には本業アフィリエイターと言って、アフィリエイトの収入のみで生計を立ている方もいます。

 

アフィリエイトの仕組み

 

 

アフィリエイトが企業の製品を紹介して報酬を得ることができるインターネットビジネスの一つということはご理解いただけたと思います。

そうするとここで新たな疑問が生まれると思います。

「その広告は勝手に出していいの?」という疑問ですね。

 

簡単に言うと勝手に出しても何の意味もありませんし、報酬なんてものは一向に入ってきません。

ではどういう仕組みで広告を掲載し、報酬が得られるのでしょうか?

解説していきます。

 

広告を出したい企業と広告を掲載したい人が集まる場所

 

 

簡単に言うと、インターネット上に広告を出したい企業と、インターネット上の自分のページに広告を掲載して報酬を得たい人の仲介役がいます。

その仲介役のことをASPといいます。

正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダといいます。

このASPに登録することで、ASPに登録している企業の製品を紹介することができるようになります。

しかし、その製品を取り扱えるかは審査があったりするため、その審査に通らない限りはその製品を紹介することはできません。

 

識別はクッキーで

 

 

アフィリエイトで報酬が発生する仕組みは理解していただけたと思います。

でもここでまた新たな疑問が生まれてしまいますね。

「自分が紹介した製品の成約とか、どうやって識別しているの?」

もしかしたら横取りされてしまうこともあるのではないかと心配してしまいますよね。

でもそんなことはありません。

ASPで取得した企業広告のURLがあります。

このURLをアフィリエイトリンクといいます。

このアフィリエイトリンクにはパソコン内のクッキーに記録が残ります。

このクッキーで識別しているのです。

 

「Aさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

「Bさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

 

この仕組みがあるから、インターネット上での広告ビジネスというものが成立するということになります。

 

報酬が発生するまでの流れ

 

 

実際に報酬が発生するまでにはどのような流れが必要になるのでしょうか?

 

[1]ASPで掲載する広告を選択する

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【ITIL】ITILを分かりやすく解説!

IT業界で使用されることが多い「ITIL」というワードですが、実は他の業界でも導入することできる!ということをご存知でしょうか?サービスを提供する上で有効的なノウハウ等の導入が見込めるようですので、「ITIL」に関して色んな面から解説をしてみました。少しでも興味を持たれた方は、ぜひチェックしてみてください!

 

ITILの概要説明

 

そもそもITILとは?

 

 

ITILは、正式名称を「Information Technology Infrastructure Library」といい、日本語で直訳すると、「情報基盤基盤ライブラリー」という意味になります(直訳をそのまま記載した為、基盤という単語が二回並んでいますが記載ミスではありません。)。

また、読み方としては、アイティルやアイティーアイエル、イティルと呼称されることが多いようです。

では、読み方が判明したところで、ITILがどんな物か?という点について端的にご紹介させていただきます。

ITILは、ITサービスマネジメントを実施した、企業やコンサルタントの成功した事例(ベストプラクティス)を集約し書籍化した物の事を意味します。

ベストプラクティスを参考にしてITサービスマネジメントを実施することで、初期の段階から失敗のリスクを低減することができる為、ガイドブック的な役割が強いです。

 

ITILの最新バージョンについて

 

 

ITILは今まで何度か改定もされており、現時点で公開されている最新バージョンは、2011年に改定された「ITIL® 2011 edition」が最新のバージョンになります。

2011年から大きな改定はされていませんでしたが、この度、2019年の初頭を目途に「ITIL 4」に改定されることが発表されましたので、関係者の間でも話題になっているようです。

 

ITILを構成する要素

 

 

ITILを構成する主な要素は、大きく分類すると5種類に分けることができますので、それぞれの分類と簡単な内容の説明をさせていただきます。

 

サービスストラテジー

 

サービスやシステムを提供する上での戦略のことを指しています。

例えば、ターゲットをどこにするか検討、どういった部分に需要があるか確認、どのように資源の確保を行うか検討、コストに問題はないか管理、等といったような内容が該当します。

 

サービスデザイン

 

組み上げた戦略に基づいて、どのようにサービスやシステムを導入するか設計することを指しています。

例えば、有用なサービスになっているか検討、キャパシティに問題はないかの確認、深刻なリスクを有していないか確認、サービスのレベルが目標に達しているか検証、等といったような内容が該当します。

 

サービストランジション

 

設計したサービスの立ち上げ方法や運用する為のプロセスのことを指しています。

具体的には、運用計画の立案、運用方法が適切であるか検討、運用を開始した後のサービスやシステムの管理、新しいサービスやシステムへの移行、等といったような内容が該当します。

 

サービスオペレーション

 

サービスやシステムの日常的な運用プロセスのことを指しています。

運用中のサービスやシステムで異常や変化が発生していないか監視、発生した異常や変化に対する対処、異常や変化の原因追及や防止策の実施、外部から挙がってきた要求の実現、等といったような内容になります。

 

継続的なサービス改善

 

継続的に行う、運用しているサービスやシステムの改善を行うことを指しています。

サービスやシステム内容の分析+評価、サービスやシステムのフローの見直し+改善、PDCAサイクルの実施、等といったような内容になります。

以上の内容がITILを構成する主な要素となりますが、こちらは現在公開されている最新バージョンのITILで紹介されている内容になります。

上の方でも紹介した通り、2019年にITILが改定されることが発表されています。ITILはバージョンが変わると、内容が大きく変わることがありますので、新しいバージョンでは分類内容が異なる可能性もあります、という点を補足情報として付け加えておきます。

 

導入時に重要視すべきポイント

 

 

「3つのP」のバランスが重要

 

ITILを導入するにあたって重要視されている、通称「3つのP」というポイントがありますので、そちらについても触れておきます。まず、上で記載した「3つのP」と言われているのは、下記の3つのポイントになります。

 

Process(過程)

業務の進め方や工程の改善、各工程の適切な役割分担を行う等のことを指しています。

Person(人間)

業務に携わるメンバーのスキルを向上させる活動や、

業務に対する意識を向上させる為の取り組み等のことを指しています。

Products(成果物)

Geekly Media ライター

クラウドマン

【SEO】キーワード選定を徹底解説!キーワードの選び方とキーワードの活かし方とは?

Webサイト作りで必須となってくると言っても過言ではないのがSEOです。どれだけ上質なページでもこのSEOがしっかりしていなければアクセス数を増やす事は出来ません。現在SEOの中でも最も大切と言われているのがキーワード選定です。今回はWebサイト作りで欠かせないキーワード選定について解説していきます。

 

そもそもSEOとは?

 

 

SEOとはSearch Engine Opimizationの略で、日本語にすると検索エンジン最適化を意味します。検索エンジンでは機械的にその表示順を決定するのでこのSEOを行う事で検索結果で上位に表示させる為の行為をSEO対策と呼びます。

どれだけ上質なWebページを作成していたとしても検索結果の上位に表示されなければ開いてもらう事すらできません。SEOを行う事で、検索でのサイトへの集客力を高める事が目的になります。

 

今のSEOはキーワードの選び方が重要

 

 

これまでこのSEO対策には実に様々な情報が飛び交ってきました。検索エンジンのアルゴリズムに関して公開されるという事は基本的にあり得ません。

その為、Web制作者の中で「こういう事をしたら検索結果が上がりやすくなった」「この対策は意味が無くなった」などと情報交換が行われてきました。プログラム的な部分からちょっとしたコツまでこれまでに色々な試行錯誤が行われています。

そして2019年現在、最も効率的だと言われているのが今回紹介するキーワードになります。キーワードとはユーザーが検索する際に入力する検索ワードの事です。

ページの中にいかに検索されているキーワードを盛り込むかが現在のSEO対策で最も重要だと言われています。単純ですが非常に効果的な手段です。

 

キーワードを意識したコンテンツ制作の考え方

 

 

キーワード選定を意識するあまり、肝心のコンテンツの内容が疎かになっては本末転倒です。ここからはキーワード選定を意識したコンテンツ作りを紹介していきます。

 

売上の為のコンテンツ

 

 

そのWebサイトが直接的に売上を発生させるのが目的である場合、検索条件をある程度絞ってより目的の人を導く為のキーワード選定が必要です。

選定するキーワードを多く、または具体的にする事で購買意欲のある人がサイトを見つけてくれる可能性を高める必要があります。

反面、具体的なキーワードを使う分サイトを訪れる人は少なくなりがちで、同じキーワードを設定するサイトが多ければ当然検索結果には表示されにくくなります。

売りたい商品・サービスが明確な場合はまず作る必要があるコンテンツですが、このコンテンツばかりを増やしているとアクセス数に悩む事になります。

 

集客の為のコンテンツ

 

 

まずは知ってもらう事、サイトに訪れてもらう事を目的としたコンテンツは特にキーワード選定に力を入れる必要があります。

自身の売りたい商品・サービスの購入を検討している人、興味がある人の目に止まりやすくする事が目的なので、具体的なキーワードよりも汎用的なキーワードを選ぶ必要があります。

もちろん汎用的なキーワードでの構成は他のライバルになるサイトでも行っている場合が多いので、その中でも力を入れていないようなキーワードを選ぶのがおすすめです。

まずは集客数を増やしたいという場合にはこのコンテンツに力を注ぐ必要があります。コンテンツ全体で一番数が増える事になるコンテンツです。

 

リピートさせる為のコンテンツ

 

 

せっかく検索の結果、多くの人が来てくれるようになっても、ライバルサイトと差のない当たり障りのない内容しかなければ、何度もそのページを確認するという人はいません。

その為、キーワードとしては非常にニッチであっても自分らしさ、個性、オリジナリティのあるコンテンツも多少は用意しておくのがおすすめです。それらのコンテンツに検索で来てくれた人は思考が近い人なので、定期的に読んでくれる可能性が高まります。

もちろん自分の色を押し出す事になるので検索結果はまちまちで、偶然検索されやすくなる場合もあれば検索されづらい場合もある事だけは理解しておく必要があります。

 

キーワードをピックアップする方法

 

ライバルサイトを調べる

 

 

一番分かりやすいのが自身のライバルとなるサイトを複数ピックアップし、確認するという方法です。気になるキーワードで検索してみて上位に表示されるサイトを確認し、何をキーワードにしているかを確認するだけです。

この時検索するキーワードは出来るだけ抽象的で1語、多くても2語までにしておきましょう。3語以上で検索をかけるとそもそもニッチなページが表示される事になります。

同時にその時表示されるサイトは検索上位を目指す上でライバルになるサイトなので、意識してそのサイトにはない要素を盛り込むようにすると検索上位に上がりやすくなります。

 

検索のサジェスト機能を確認する

 

 

PCでもスマホでも検索エンジンで1語何かを入力すると次に候補になるキーワードが表示されるのは見た事があるはずです。これが検索エンジンのサジェスト機能です。

このサジェスト機能は多く検索されている、或いは最近頻繁に検索されているワードを表示しているのでキーワードを決める上で1つの参考にできます。

Geekly Media ライター

Lotus0

ゲームのシナリオライターってどんな仕事?仕事内容から平均年収まで分かりやすく解説!

ユーザー・視聴者を引き込む必要があるゲーム・ドラマ・アニメなど作るのにシナリオライターは必要不可欠です。しかし、シナリオライターという名前は聞いたことがあっても、実際はどんな仕事をしているのかや平均年収など具体的な事を知らないという方は多いのではないでしょうか?今回はそんなシナリオライターについて具体的に解説していきます。

 

ゲームのシナリオライターとは?

 

 

ゲームをプレイしていて感情を大きく揺さぶられた経験はお持ちでしょうか。

人の心を動かすゲームを作るには、シナリオが非常に重要になってきます。

いくらゲームシステムやキャラデザインなどが良くても、シナリオがいまいちなら感情移入しにくいですし、面白くなくて最後までプレイしてもらうことができないかもしれません。

そのため、シナリオを考えるシナリオライターというのはゲーム等を作る際非常に重要で、ヒットするかどうかのカギを握っている人といっても過言ではないのです。

そんなシナリオライターは実際どんな仕事をしているのでしょう?

 

どんな仕事をしてるの?

 

 

ゲームのシナリオライターはその名の通りゲームのシナリオを考える人の事を指します。

先ほども話した通りシナリオは、ゲームがヒットするかどうかの根幹を支える部分でもあるので非常に重要で責任感が必要な仕事です。

基本的にはゲームのジャンルやターゲットとしている層など、戦略をある程度把握したうえでシナリオを納期通りに提出するというのが仕事です。

ゲームの大まかな展開だけではなく、キャラクターの性格など細かなところまで作りこんでいきます。

また、ゲームのシナリオライターは1本のシナリオを書けばいいというわけではありません。

近年1つのゲームに積み込むことのできるデータ量も多くなってきたこともあり、非常に自由度が高い作りをする物が増えてきました。

そのためサブストーリーをたくさん用意しているゲームも多く、メインストーリーとは関係ない部分のシナリオを考える必要もあります。

主人公の選択によって今後のストーリーが変わってくるというゲームも増えてきており、より感情移入しやすくやりこみ要素も増える点から人気が高いです。

そういうゲームの場合、オープニングは同じでも分岐したストーリーを複数用意する必要があります。

それに伴ってエンディングを複数用意する必要があるため、同時に複数のストーリーを考えないといけないという難しさがあります。

 

高まるシナリオライターの需要

 

 

そんなゲームのシナリオライターの需要が近年高まってきているのをご存知ですか?

シナリオライターは先ほどから離している通り、ひとつのストーリーを考える仕事ではなくキャラの事やゲームシステム等、全体の事を理解していないといけません。

そのため、シナリオライター専属というよりゲームプランナーやディレクターを兼任する場合が多かったのですが、近年は需要子高騰と共に地位も高まりシナリオライター専属でやる方も増えてきています。

ではなぜシナリオライターの需要が高まってきているのか?

それはゲームの自由度が上がった事とスマホの普及が関係しています。

先ほども話した通りゲームの自由度が上がった事により、サブストーリーなどメインストーリーとは関係ない追加要素的な物や様々な攻略ルートを作る必要が出てきたため、その分シナリオライターの需要が高まったのです。

また、もう一つの理由であるスマホの普及により、ソーシャルゲームが爆発的にヒットするようになり、多くの企業はもちろん個人でもゲームをリリースするという時代になってきました。

家庭用ゲームと比べると手軽にゲーム制作に取り組めるようになり、多くのゲームがリリースされるようになった事で、シナリオライターの需要も高まっているのです。

シナリオライターの収入

 

 

ゲームのシナリオライターとして本気で働いていきたいと思っているなら、お金の事も気になりますよね。

ゲームのシナリオライターの年収は働き方によっても大きく異なりますが、平均すると300万円~500万円だと言われています。

もちろん駆け出しでまだ能力もなく、任されるゲームの規模が小さい物だとその年収を下回る場合もありますし、売れっ子と言われるシナリオライターは、それ以上稼いでいる方も沢山います。

シナリオライターのお仕事はゲームがヒットするかに大きくかかわってくるポジションなので、この人に頼めばヒット間違いなしと思えるような人になれればその分収入も増えてくるのです。

シナリオライターとして生計を立てていきたいのなら、名を売って大きな依頼を頂けるようになる事が重要です。

 

シナリオライターに必要な能力

 

 

ゲームがヒットするかどうかにかかわる重要なポジションであるシナリオライター。

では活躍していくにはどんな能力が必要で、どんな人に向いているのでしょうか?

 

文章力

Geekly Media ライター

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。

 

Webディレクターの需要と将来性

 

 

Webディレクターはまだ、新しい職種であり、プログラミングやデザインなどのスキルを所持している人材は豊富に存在しますが、それをまとめるWebディレクターは人材不足です。

今後、同じようなサイトの作成を行う企業が増加した場合には、限られた予算内でより質の高いサイトを作るのが必要になるなど、価格競争が激化します。

最近では、企業がWebサイトを利用して、会社のPRを行う機会が増加傾向にあり、Webサービスを立ち上げたいといった需要も高まると考えられます。

また、今日の日本ではプログラマーやデザイナーの単純業務は、少しずつAIによって自動化されつつあります。

しかし、Webディレクターは、人とのコミュニケーションが重要視されるため、AIによって仕事が自動化されるといった心配ないため、将来性のある職種であると言えます。

 

Webディレクターに向いている人

 

 

コミュニケーション能力が高い人

 

Webディレクターはクライアントからの依頼に応えるために、クライアントとWebプロジェクトのスタッフ全員と考えを統一する必要があります。

また、Webプロジェクトを滞りなく進めるために、コミュニケーション能力が必須となります。

基本的にWebプロジェクトは単独で進めるのではなく、複数のスタッフで構成される場合が大半を占めています。

その複数のスタッフの力をより発揮させるのもWebディレクターの仕事です。それにより、Webプロジェクトの完成度を高くすることができます。

 

責任感が高い人

 

 

Webディレクターは、クライアントと相談し、クライアントからの要望に答えるために、プログラマーやデザイナーに指示を行います。

そのため、プロジェクトメンバーがミスを犯した場合であっても、クライアント側の視点からでは、Webディレクターの責任であると考えられます。

そのため、Webディレクターには一つのミスでプロジェクトが滞らないような対策、スケジュール管理、ミスに対する対応力が求められます。

そのため、Webディレクターには高い責任力が要求されます。

 

Webディレクターのなり方

 

資格は必須ではない

 

 

Webディレクターになるには必須の資格は存在しません。ただし、会社によっては資格を所持しているほうが採用されやすいこともあります。

基本的には、資格がなくても仕事をすることができます。また、特別な学歴もありません。

しかし、Webディレクターは専門職であるため、多少の知識を備えておいた方がスムーズに仕事を進めることができます。

そのために、大学や専門学校に行く方法や実際にキャリアを積む方法があります。新卒として採用された後は、アシスタントやWebデザイナーの経験を積んでいくケースが見られます。

他にも、自身のプログラマーやデザイナーなどの得意分野から実務を勉強していく人も少なからずいます。

 

未経験からでもWebディレクターに!

 

WebディレクターはWebプロジェクトスタッフの統率を取る立ち位置であるため、ある程度の知識は要求されますが、未経験であってもWebディレクターになることができます。

中には、経験者以外にも未経験者を歓迎してくれる会社も存在します。

そのため、応募する際には、Webディレクターに対する意気込みや熱意を面接官に伝えることが重要であると言えます。

また、Webディレクターには上記にも記載しましたが、コミュニケーション能力が求められます。

Webプロジェクトのスタッフ達やクライアントの良い人間関係を築き上げることが重要な仕事となるため、面接の際には人間性をアピールすることも重要だと言えます。

未経験から始めた方は、上司のアシスタントからのスタートするケースが多く仕事を手伝いながら業務経験を積んでいきます。

 

まとめ

 

 

本記事でご紹介したWebディレクターは、まだ新しい職種であり必要な人材も不足している状況です。

Webディレクターになるのに、必要な資格や学歴などは問われることはないため、興味のある方は誰でもなることが可能です。

また、Webディレクターは独立しやすい職業であり、開発チームを自身で作成することで、独立することが可能です。

さらに、フリーのWebディレクターは、副業のような形を取ることで年収1000万円を超えることも可能な職業です。

自身のコミュニケーション能力やリーダシップ能力に自信があるという方は是非Webディレクターを目指してみてはいかがでしょうか。

Geekly Media ライター

ib515