【フリーランス】メリット・デメリットを徹底解説!自由を手に入れられる?それとも苦労に満ちている?

近年は働き方も多様化してきており、企業などに勤める会社員という働き方ではなく、個人で会社などのプロジェクトと契約して仕事の依頼をもらって働くフリーランスというものも増えてきている。
会社員と違って自分の裁量で動くことができるイメージのあるフリーランスですが、実際は自由に働けるのか?そのメリット・デメリットを紹介します。

 

フリーランスとして働く方法

 

 

フリーランスとして活躍している方は近年増えてきています。

しかし、フリーランスになるにはどうすればいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

フリーランスのメリット・デメリットを知っても、フリーランスになる方法を知らなければ意味がないので、まずはフリーランスとして活動するにはどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

 

ネットサービスを利用して依頼を探す

 

「人脈・知名度・実績・能力が必要?」「誰もがなれるものではない」

そう思っている人も多いと思います。

確かにフリーランスの多くの仕事は、企業などからお仕事をもらって行うもしくは売り込む事で発生します。

そのため、仕事を探すための人脈や知名度、実際に仕事を受注するための実績や能力が必要だと思うのは当然です。

しかし実は、大きな金額の取引ができるかどうかは別として誰でもある程度はフリーランスとして活動して稼ぐことはできるのです。

 

なぜそれができるか?

それは世の中には仕事があふれており、社員では手が回らない仕事やフリーランスありきの商売をしている会社があるからです。

しかも近年は、そんな会社が出している依頼を簡単に検索できるようなサービスがあるのです。

代表的な物でいうと「クラウドワークス」「ランサーズ」というWebサービスです。

手が回らない自分ではできない仕事を外注するためのサイトで、簡単なものから専門的なものまでそろっているので、特に突出した能力がないという方でも仕事を取ることができるのでフリーランスを始めることができます

もちろん多くの依頼を頂くためには、能力というのは必要になってくるので能力が必要ないという事ではありませんが、やりながらどんどん成長していくことができ、評価が上がれば徐々に単価が上がったり大きな依頼をもらえるようになるので、最初は能力が低くてもフリーランスとして活動できます

 

人脈・実績等で仕事を請け負う

 

もちろん、人脈・知名度・実績というものはあるに越したことは間違いありません。

人脈があれば、仕事の依頼をもらうためのアプローチをかけることが比較的容易にできますし、

知名度が高く実績に申し分のない方なら相手の方からお願いをしに来るでしょう。

自分からアプローチをかける事無く仕事を頂くことができ、しっかり稼ぐことができる環境を作ることがフリーランスの目指すところでしょう。

 

フリーランスのメリット

 

やる気次第で稼げる

 

 

フリーランスの収入は基本的には成果に対しての報酬です。

例えば記事を書くフリーライターのお仕事であれば、1記事いくらで買い取りますという形が主流なので納品した数が多ければ多いほど収入が増えます。

しかし会社員の場合は基本給がありそれに上乗せして成果が付きますが、ほとんどの場合は上限というものが存在するので頑張っても限界というものがあります。

「自分の頑張り次第や能力次第で上限なく稼ぐことができる」というのがフリーランスの一つの魅力といえるでしょう。

 

経験を積むことができる

 

 

フリーランスは複数の仕事をかけ持つことができます。

依頼の際の契約に独占契約のような形で、他社の依頼を受けてはいけないという事を指定されていなければフリーランスの場合同時にいろんな仕事をする事ができます

そのため同時にいろんな仕事をする事でき、色んなジャンルの勉強をする事ができるのです。

しかし会社員の場合は同時にいろんな仕事をすることは難しいです。

 

会社ではある程度役割が決まってくるので、色んな職種の仕事を同時に経験するというのは難しいですし、日本の会社では副業を禁止している会社が未だに多いので他に仕事をする事も難しいです。

短い期間で色んなことを学ぶのであれば、メインの仕事と同時に簡単な仕事からでも新しいことに挑戦できるフリーランスの方が効率的に学べる環境にあるといえるでしょう。

ただ同時に複数の依頼を抱える場合は、情報を流出させないように注意をしましょう。

特に競合他社への技術流出ということになれば賠償問題にも発展しかねません。

他社と契約してはいけないという制約がなかったとしても、競合他社の仕事は同時に受注しない等の配慮は必要です

 

予定が組みやすい

 

 

今回のテーマでもある自由についてですが、フリーランスの仕事は自分でスケジュール管理をする事ができます。

時間指定で働く場合もありますが、ほとんどの場合はいつ働いても成果さえ出してもらえれば問題ないというものになるので、自由に予定を組むことができます

Geekly Media ライター

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

転職するとしたら就労ビザはどうすればいいの?届出の場所から手続きの流れまで徹底解説!!

日本で働く外国籍の方が転職する場合、就労ビザの更新が必要です。転職先の職務や在留期限により手続きが異なるため、自分の在留カードを事前に確認しておきましょう。手続きを怠ると在留期限が短縮されたり、更新ができなくなることもあります。ここでは、就労ビザ更新の手続きについて、徹底解説していきます。

 

そもそも「就労ビザ」とは?

 

就労ビザとほかのビザとの違い

 

ビザには、日本に滞在する目的や期間により、種類がいくつかあります。

「就労ビザ」とは、労働を目的として滞在する場合に必要なビザです。

就労ビザ(在留資格)は入国管理法において定められており、外国籍の方が日本で行う活動内容から、日本が受け入れる外国籍の方の活動を分類して設定されています。

日本で長期間働きたい場合には就労ビザの取得が必須です。

就労ビザは日本に滞在する目的を示し、在留する資格を与えられ入国が許可されます。この資格を「在留資格」と言い、そのビザの中で活動できる範囲を示しています。この在留資格は現在16種類設定されており、就労できる職種を定めるものでもあります。

90日以上の観光に際は「長期観光ビザ」が取得する必要がありますが、このビザで就労をすることはできません。

 

他にも、留学のための「学生ビザ」、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国だけで申請できる「ワークングホリデービザ」、その国に永住することができる「永住ビザ」があります。

 

外国籍の方は、転職によって就労ビザを更新する必要がある

 

 

就労ビザの更新は必須

 

先に述べた外国籍の方が日本での就労を目的として、90日間以上の長期滞在をする場合「就労ビザ」を取得する必要があります。

就労ビザでは、1人につき「在留資格」が1種類のみ認められています。

つまり、転職により在留資格が変わるということになれば、就労ビザ変更の手続きが必要になるのは当然といえば当然です。

しかし、在留資格が変わらない場合の転職であっても、就労ビザを更新する必要があります

詳しく解説していきましょう。

 

在留資格にかかわらず、転職の際にやるべきこと

 

 

転職する外国の籍の方が必ず届け出るもの

 

まず、転職をする外国籍の方自身が必ず行わなければならない手続きが「所属機関変更の届出」です。

転職後14日以内に入国管理局に「届出」をしなければなりません。*1

この届出を怠ると、就労ビザ更新や変更の際に在留期限を短縮されたり、罰金を支払うことになったり、不利な立場に立たされることになります。必ず届出をするようにしましょう。

*1 ただし、この届出を行うのは平成24年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた者に限ります。

 

事業主がやること

 

外国籍の方を雇い入れている雇用者側でも手続きが必要です。

あわせて解説しておきましょう。

外国籍の労働者を雇い入れる際、そして離職させる際には、ハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届出を怠ったり、虚偽の届出を行った場合は30万以下の罰金対象になるので、注意しましょう。

 

転職で「在留資格」が変わらない場合の手続き

 

 

勤務先は変わったけれど、職務が同じ場合。

例えば、転職前も転職先でも同じ「エンジニア」として従事する場合は在留資格は変わっていないことになります。

その場合には、在留期限により有効な手続きが分かれます。

 

在留資格は変更なしで「就労期限」が残っている場合

 

在留資格は変更がなく、在留期限が3カ月以上残っている場合には、就労資格証明書交付申請をして、「就労資格証明書」を取得しましょう。

これは転職で職種が変わらない場合に、新たな勤務先での活動内容が、現在の在留資格に該当するかを確認するためのものです。

 

「就労資格証明書」の手続きを行っておくことで、次回の更新がスムーズになります。

就労資格証明書交付は、住居地を管轄する地方入国管理官署へ申請します。

必要書類は、以下のとおりです。

Geekly Media ライター

小石川 あおい

転職口コミサイトの信憑性を徹底解説!本当にオススメなサイトはどんなサイトなのか?

転職を検討している方のなかには、転職サイトの口コミから情報を集めながら、その信憑性に疑問を感じているという方も多いのではないでしょうか?今回はそんな方々に向けて、転職口コミサイトの信憑性を徹底解説します。また、その特徴だけでなく、サイトの共通点や口コミの正しい活用テクニックも確認していきましょう。

 

信憑性の高い転職口コミサイトを3つ厳選!特徴を徹底解説

 

 

信憑性の高い口コミサイトの共通点を解説する前に、多くの方が転職に活用している3つのサイトを厳選して紹介します。

「転職会議」「VORKERS」「カイシャの評判」の3つのサイトが、それぞれに特徴が違うものの、多くの転職を考えている方からの人気を集めています。

 

転職会議

 

「まずは多くの企業の口コミを確認したい」という方にオススメの転職サイトが転職会議です。現在では80万社以上の口コミをチェックすることができ、社風に関する口コミが多いという点に人気が集まっています。

口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みであるにも関わらず、高い人気を集めている点からも質の高い情報が集まっていることが窺えます。

 

VORKERS

 

転職会議と同様に、口コミの投稿を行うか980円を支払わなければ口コミをチェックできない仕組みでありながら、若者からの支持を集めている転職サイトがVORKERSです。

VORKERSでは、成長やキャリア開発といった若者が転職前にチェックしておきたい情報の質が高く、数値化されていることから「新しい職場でのやりがい」をチェックしたい方におすすめの転職口コミサイトです。

 

カイシャの評判

 

「転職口コミサイトの使い方を知りたい」という方にオススメのサイトがカイシャの評判です。多くの転職口コミサイトが口コミの投稿か使用料金を支払うことで、企業情報を確認できる仕組みを設けていますが、カイシャの評判は閲覧自由という点に特徴があります。

面倒な手続きを行う必要がなく、転職活動をはじめるきっかけ作りを行いたいという方からの人気を集めている転職口コミサイトです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトから分かることとは?

 

 

信憑性の高い転職口コミサイトでは企業の実態を把握しやすいよう、従業員からの評価をもとにしたレーダーチャートが用いられています。

サイトの特徴に応じて、「達成感」や「社風」、「給与」や「人間関係」などの項目が設けられており、一目でその企業の特徴を把握することができます。

口コミの投稿数によって信憑性が変動してしまうという注意点があるものの、企業のプロモーションや主力商品だけでなく、「社員の働き方に対する満足度を知りたい」という方には、転職口コミサイトが強い味方になってくれるでしょう。

 

信憑性の高いオススメな転職口コミサイトの共通点

 

 

ここまでは「信憑性の高い転職口コミサイトの代表例」、「転職口コミサイトから分かること」の2つを詳しく解説してきましたが、ここからは信憑性の高い本当にオススメなサイトの共通点を紹介します。

これまでに紹介した3つのサイトをそのまま活用することで、質の高い情報を集めることはできますが、「なぜ本当にオススメと言えるのか?」を理解したうえで、情報を集めていくことが大切です。

 

転職口コミサイトが設立されてからの歴史

 

 

信憑性の高い本当にオススメなサイトに共通する1つ目のポイントが、サイトが設立されてからの歴史があることです。

先ほど紹介した3つの口コミサイトでは、転職会議が10年弱の歴史をもち、実績のあるサイトと言えます。

転職サイトのサービスの活用が一般化してから間もないため、老舗企業のような何十年という単位のサイトは存在しませんが、5年前後使われ続けているという実績があれば、信憑性の高い本当のオススメなサイトと考えて良いでしょう。

 

1つの企業に対する口コミの件数

 

 

先ほど解説したように多くの転職口コミサイトでは、社員の働き方に対する満足度をレーダーチャートで分かりやすく表現しています。ただし、あくまでも平均であるという点には注意が必要です。

例えば、レーダーチャートで多くの項目で満点を獲得しているように見えるA社でも、口コミの件数が1件であれば、たった1人の社員の評価が反映されていることになるため、信憑性が高いと言うことはできません。

反対に、レーダーチャートで多くの項目で8割ほどの満足度を獲得しているB社でも、口コミの件数によっては、信憑性の高い口コミが集まっているサイトと言えるわけです。

 

信憑性の高い転職口コミサイトの活用テクニック

 

 

転職口コミサイトは歴史と1つの企業に対する口コミの件数から、その信憑性を確認することができます。しかし、そのサイトに投稿されている口コミの情報を正しく活用するためには、いくつかのテクニックが必要です。

信憑性の高い転職口コミサイトを見分け、サイトに投稿されている情報の正しさを把握しておくことで、志望企業を効率的に絞り込むことができるでしょう。

 

複数の転職口コミサイトをチェックする

 

転職サイトの情報を効率的に活用するための1つ目のテクニックが、複数のサイトをチェックするというものです。基本的に信憑性の高いサイトに投稿されている口コミであれば、1つの情報だけをチェックしていれば問題ありません。

ただし、「Aのサイトに投稿されていた情報がBに投稿されていない」、「Aのサイトには少数の投稿しかなかったのにBのサイトにはたくさんの投稿がある」というケースも珍しくありません。

複数のサイトをチェックすることで、1つの企業に対する評価を網羅することができるわけです。

Geekly Media ライター

PuG88

職務経歴書の書き方を徹底レクチャー!通過率を上げるための書き方のコツを紹介します

転職活動をしていると課される書類選考。転職活動が初めてだと特に職務経歴書の書き方がピンと来ませんよね。職歴が多い場合と少ない場合で書き方のコツは大きく異なり、職歴が多い場合は得た知見を浅く広く、少ない場合は深く狭くアピールします。書類選考の通過率がぐっとアップする書き方をマスターしましょう。

 

職務経歴書で見られる部分は?

 

 

職務経歴書であなたのこれまでの職歴が見られます。

いつ、どんな業務に携わったのか、そこで何を学んだのか記すのが職務経歴書です。

具体的には

 

・これまでの職歴

・職務上取り組んできたこと

・仕事を通して学んできたこと

 

を記します。

記載するコツを見ていきましょう。

 

これまでの職歴

 

 

あなたがこれまで働いてきた企業や部署名を記します。

ここでは正式名称を用いましょう。㈱ではなく「株式会社」と書くようにしたほうが無難です。

転職者の採用は企業も慎重になります。

細部こだわり、書類選考で落ちることのないようにしましょう。

 

職務上取り組んできたこと

 

 

会社名、部署名を書いたら、そこでどんな業務に取り組んだのか具体的な説明を盛り込みます。

同じ営業職でも無形、有形商材、BtoB、CtoCなどの状況でノウハウは変わってきます。なるべく採用担当者がイメージしやすいよう細部まで記載することを心がけましょう。

 

仕事を通して学んできたこと

 

 

ここ実際にその仕事を通してあなたが身につけたことを記していきます。ノウハウ、スキル、考え方、資格でも良いです。

職務内容とつながるアピールポイントを述べると説得力が生まれます。

営業職で「色彩検定を取得しました」と記載するより「数字が追える営業になるため簿記の資格を取得し、全体を俯瞰する視野を身に着けました」というアピールのほうが効果的です。

職務内容とそこで得たことを紐付けながら、あなたなりのアピールを考えましょう。

 

書類選考を通過する職務経歴書には3つの特徴がある

 

 

転職者の採用は書類だけである程度がふるい落とされてしまいます。そのボーダーラインはどこにあるのでしょうか。大きく3つの評価基準があります。

 

・要点がまとめられている

・自己分析がなされている

・志望動機の裏付けになっている

 

具体的に見ていきましょう。

 

要点がまとめられている

 

 

職務経歴書はあなたの人生が濃縮された紙です。

熱く自叙伝風に書いてしまいがちですが、感情は込めず、簡潔に客観性のある文章を書くようにします。

そのためには要点をまとめ、さっぱりと「報告」するような文章を書く必要があります。

どんな仕事でも要点をまとめる力は必要になります。これを要約力といいますが、読み手にとって大切なことを予め理解し、簡潔に書ききるのはかなり難しいです。

というのも、そもそも要約とは国語力のひとつとして……。

このように長くつらつら書いても蛇足になります。明確に、要点だけを書きましょう。

Geekly Media ライター

ポートフォリオの作り方を紹介!クリエイターの転職で提出では絶対に必要?

クリエイティブな職種で転職するときに多くの場合提出を求められるポートフォリオというのを知っていますか?今回はそもそもポートフォリオとはどんなものなのかという基本的なことから、ポートフォリオの作り方・クリエイターの転職にはポートフォリオがないといけないのかということまで紹介していきます。

 

ポートフォリオとは?

 

 

ポートフォリオとは複数の書類をまとめて運ぶためのケースのことを表しており、書類を1枚1枚の単体ではなく集合体として扱う時に使う言葉です。

書類をまとめて運ぶためのケースと言われると、バインダーなどの複数の書類をひとまとめにしてしまうモノを思い浮かべてしまう方も多いと思いますが、

ポートフォリオはそれとは若干異なりまとめて持ち運ぶのですが、1枚1枚単体で出し入れができる物の事を言います。

イメージとしてはポケットが複数ついていて、1ポケットに1枚のカードを入れるカードケースみたいな感じです。

 

業界ごとに使い方が違う

 

 

ポートフォリオは複数の書類をまとめて運ぶためのケースという意味では同じですが、業界によってまとめる書類は変わってきます。

ポートフォリオという言葉が使われる業界は主に「金融」「教育」「クリエイティブ」の3つの業界です。

今回はクリエイティブについて中心に話していくので、「金融」「教育」については簡単な説明で終わらせますが興味がある人は調べてみて下さいね。

「金融」では、現金・預金・株式・債券・不動産など投資家が持っている金融商品の種類を株式の銘柄や組み合わせまで、詳しく一覧で見ることができる物事を指しています。

「教育」では、試験用紙・活動報告レポート・活動状況を収めた写真などを収めたケースの事を指し、試験の点数だけではなく様々な指標から生徒の評価を決めていくために使われています。

 

クリエイティブ業界での使われ方

 

 

では肝心のクリエイティブ業界ではどのような使われ方をしているかというと、今までのあなたの実績や能力を示すための作品集として使われる言葉です。

おそらくポートフォリオと聞いたら多くの人がこれを思い浮かべると思います。

クリエイティブな作品集というとポスターやイラストなどをイメージする人が多いと思いますが、それだけではなく営業資料や会社案内の保管作業実績を載せる場合もあります。

また、WebサイトなどWebを中心クリエイターとして働いていた、もしくは働きたいと思っている方は紙ではなくWeb上でポートフォリオを作成する場合もあります。

分かりやすくするためにその際は紙でのポートフォリオを同時に出すといいでしょう。

 

ポートフォリオはあなたを映す鏡

 

 

先ほども話した通りクリエイターのポートフォリオは、今まであなたが行ってきた仕事の実績や現状の能力を相手に示すためのツールになります。

職務経歴書や名刺代わりになるものなので、相手にしっかり伝わるものである必要があります。

特に転職や就職の際には見る相手もクリエイターである可能性が高く、ポートフォリオを作った経験のある人が多いです。

 

また作品を見ただけでどの程度の能力がある人か分かるので、しっかり作りこまれたものでなければいい印象を与えることはできません。

ポートフォリオはただの作品集として作品を並べていくだけでなく、自分はどういう人間で、どういうことをやってきて、これからどうしたいのかをといった自己PRを作るような気持ちで自分と向き合って作ることが重要です。

 

ポートフォリオの作り方

 

 

では実際ポートフォリオを作るにはどうすればいいのかについて紹介していきます。

初めて作る人でも分かりやすいように丁寧に説明していくので、しっかり理解して最高のポートフォリオを作りましょう。

 

一目でわかる作り

 

 

先ほども話した通り転職におけるポートフォリオは単なる作品集としてはいけません。

あなたをアピールするものなので、一目であなたがどんな人間であるのかを実績・能力・目標などで相手に示す必要があります。

クリエイティブ業界で働くのであれば、クリエイターとしてのセンスもこの構成から測ることができてしまうのでしっかりとした構成で分かりやすいポートフォリオを心がけましょう。

作品がいくら良いものでも紹介文が悪ければ相手には伝わりませんよ。

 

おすすめの構成

 

 

ポートフォリオの作り方にこうしなければならないといった規定があまりはないので、構成はあなたの自由ですが自由というのが一番難しいですよね。

なので、おすすめの構成案を紹介していきます。

 

構成としては「自己紹介」「作品紹介」「仕事のスタイル」「ビジョン」の4つで構成するのがいいでしょう。

「自己紹介」は今までの実績やクリエイターとしての考え方、使用できるソフトなどの能力についてまとめましょう。

 

「作品紹介」についてですが、これがポートフォリオの肝になる部分になります。

今まで作った作品と共に説明文をしっかりと添えるようにしましょう。

作品だけでは何の目的で作ったのか、何で作ったのか、どんなクライアントのために作ったのか等の情報がなければ相手に作品の意図を伝えることができなので注意しましょう。

 

作品は10~20枚くらいを目安にまとめましょう。

前半で相手を引き込めないと興味を持ってみてもらうことができないので、特徴的な作品は前半に持ってくるようにしましょう。

 

ここでもう一つ注意点があるのですが、あなたが作ったものでも著作権を譲渡してしまっている物などは基本的に使うことができません。

ポートフォリオに使っていい作品かどうかを事前に調べておく必要があります。

 

「仕事のスタイル」は今までどのように仕事をしてきたか、得意な仕事方法はどういうものかについてまとめましょう。

 

最後に「ビジョン」についてですが、これからどんな仕事をしていきたいのか何を目指しているのか等をまとめて終わりにするのがおすすめです。

 

ポートフォリオは短くても思いが伝わりませんし、長くてもしっかり見てもらうことができません。

肝である「作品紹介」はボリュームを持たせて、そのほかの部分に関してはなるべくまとめて1ページくらいで収まるようにしましょう。

 

ポートフォリオ作成サービスがある?

 

 

今までポートフォリオの作り方について紹介してきましたが、初めての人は説明だけ聞いてもなかなか理解ができませんし、良いものが作れるような気がしないという方も多いと思います。

そんな人におすすめなのがポートフォリオ作成サービスです。

あなたに合ったポートフォリオを簡単に作成することができる便利なサービスなので、自分で作るのに自信がないという人はいくつか紹介します。

以下はあくまで一例ですので、ご自分で作りやすいサイトを探してみて下さい。

 

MATCHBOX

 

MATCHBOXの魅力は何といっても簡単にポートフォリオを作ることができるという点です。

画像データやURLを入力してガイドライン通りに記入していくだけで、この作品の意図や関わり方などをしっかり示すことができます。

またワードやエクセルがなくても履歴書が簡単に作れるツールも入っているので、転職を考えている人にはありがたいです。

 

Portfoliobox

 

全世界で25万人以上が利用しているポートフォリオ作成に特化したサイトです。

登録が必要ですが、ユーザー名・メールアドレス・パスワードだけを設定するといった簡単なもので手間がかかりません。

このサイトの特徴はテンプレートが充実しており、背景色やフォントの変更なども簡単にすることができるのでオリジナルのポートフォリオを気軽に作ることができます。

また、PC版だけではなくモバイル版も作ることができるという点もありがたいです。

説明が英語表記ですが、翻訳ソフトを使用すればそこまで大変ではないので英語が苦手な方でも使うことができます。

 

Behance

 

PhotoshopやInstagramを開発販売しているアドビシステムズが150億円もの大金で買収したことで話題に上がった作成サービスなので、知っている人も多いのではないでしょうか。

ディテールにまでこだわって作りこむことができる作成サービスで、見た目を重視したポートフォリオを作成したいという方におすすめです。

 

format

 

初心者からベテランまで幅広い層に支持されている作成サービスです。

海外のサイトですが、使い方が非常にシンプルなので英語が得意でないという方にも使いやすくなっており、美しいテインプレートがたくさんあるので他の人とは違う独自のポートフォリオを作成したいという方におすすめです。

 

転職におけるポートフォリオの重要性

 

 

ここまでポートフォリオについて紹介してきましたが、では実際に転職の際にはポートフォリオが必要なのでしょうか。

答えは「YES」です。

転職をするときに企業側からポートフォリオを求められる場合が多いという理由はもちろんですが、何度も話している通りにポートフォリオはクリエイターの名刺代わりになるものであなたの能力・実績・考え方を相手に伝えるものです。

いくらあなたが良い作品をたくさん世の中に出しているクリエイターであるとしても、作品のスタイルや働き方が合わないのであれば会社に必要な人間とはいいがたいですよね。

 

ですので転職先の方にあなたが会社に貢献できる人なのか、一緒に働いていける人なのかを伝える必要があります。

それを伝えるのがポートフォリオなのです。

ポートフォリオのでき次第であなたの評価も大きく変わってくるので、重要度を理解してしっかり作りこむようにして下さいね。

 

最後に

 

 

ポートフォリオの重要性や作り方について分かりましたか?

ポートフォリオはクリエイターとして転職をする際に、あなたという人物を紹介するうえで必要不可欠なツールです。

ポートフォリオの出来次第であなたの評価は大きく変わってくるので注意しましょう。

最近はポートフォリオ作成サービスというのも出てきているので、初めて作るという方は試してみるのもいいかもしれません。

最高のポートフォリオを作成して希望通りの転職をしてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

「仕事辞めたい!」と思った時の「お薬」に。背中を後押しする言葉とそれでも辞めたい時の方法をご紹介します!

仕事を辞めたくて仕方ない、そんなときに考えるのは退職や転職の二文字ですよね。
でも、もし新しい仕事が見つからなかったら……。
転職して今より待遇が下がってしまったら……。
そんな風にどんどん八方塞がりになって気分が落ち込んでしまいますよね。
そんな辛い負のループに陥っている方のために、すぐに試せるメンタルケアやセルフチェック方法を伝授します!

 

仕事を辞めたい理由を考え直してみよう

 

 

どうして仕事をやめたいと思うのか、具体的な理由は思い当たりますか?

上司の田中のパワハラがひどい、というくらいに具体的な理由はありますか?

多くの方は「なんとなく仕事が嫌だ」と考えているのではないでしょうか。

あまりに多くの理由が絡まると、人は理由をばらして考えられなくなります。

こうなると自力で解決するのは難しいので、ひとつずつ「嫌なこと」を書き出してみましょう。

 

白紙に嫌なことをすべて書き出す

 

 

働いていればストレスは湯水の如く湧き出てきます、これはどうしようもないことですし、誰かと働いている以上こうしたストレスをゼロにはできません。

人によって何にストレスを感じるのかも、許容量も異なりますから「俺にもできたからお前にもできる」というようなアドバイスも、あまりあてになりません。

なので、自分で自分のストレスを自覚して評価してみることをおすすめします。

用意するのは白い紙とペン。チラシの裏でも構いません。

そこに不安や不満、気に入らないことを全部書きだしていきます。

 

不安や不満をランキングにする

 

 

次に、書き出した不満や不安を「重要度」でランキングにしてみましょう。

一番上に重要なもの、つまり最も嫌なものを書いて、その下に二位、三位……とどんどん並べていきます。

全ての不安や不満を書き終わったら、今度はそれが実現したらどんな恐ろしいことが起こるのかを考えていきます。

 

不安や不満によってもたらされる最悪の事態は?

 

 

一番恐れているものから順番に、それによって起こりうる最悪の事態を書いていきます。

先ほど登場した上司の田中を例に考えてみましょう(全国の田中さんすみません)。

上司の田中のパワハラによって、あなたに生じる最悪の事態とは何でしょうか。

「緊張してお腹が痛くなる」

「吐き気や頭痛によって仕事どころじゃなくなる」

「うつ病になって生活もままならなくなる」

など、具体的に書いていきます。

さらに

「うつ病になって生活できなくなり、彼女に振られる」

「仕事を失い生活保護に陥る」

といったところまで深掘っても良いです。

ここだ、という根源的な恐怖まで深掘ります。

 

最悪の事態を回避するために今できることを考える

 

 

ここまで最悪の事態を考えてきましたが、次に行うのは「対策を講じる」ことです。

うつ病にならないために、もしくはうつ病になった後でも最悪の事態に陥らないために今からできる対策を考えていきます。

「田中のパワハラを人事部に報告する」という対策を考えたら、さらにそのために必要な手順を考えます。パワハラを立証する証拠が必要になりますよね。

なので

「ボイスレコーダーを持ち歩き、証拠を揃えておく」

「同僚に相談し、承認になってもらう」

などの対策が考えられます。

こうして恐怖を管理することで、いくらか不安の正体は明確になります。

どうでしょう、ぼんやり「嫌だなぁ……」と考えているよりも少しは前進した気がしませんか?

 

ストア哲学の力を借りる

 

 

実はこちらのメンタルケア方法は、有名プレゼン番組TEDで紹介されていたものです。

ストア哲学という流派で用いられている「恐怖を観察する」という考え方を応用したもので、多くの実業家やアスリートが採用しているメンタルハックです。

実際に恐怖を管理してみると、ぼやっとした黒い影のように実態を持たなかった恐怖の正体があらわになって、いくらか気が楽になりました。

「仕事が嫌だけど、どうして辞めたいのか分からない」という方にはぜひ試してほしいと思います。

 

心理マニアが教えるメンタルケア方法

 

今すぐ気持ちをラクにしたい!

という方におすすめのメンタルケア方法をご紹介します。

どれもすぐに試せるものばかりですので、時間を見つけて取り組んでみてください。

 

運動

 

 

適度な運動は血行を改善してコリを解消します。

身体が凝り固まっていると体温も下がり、血行が悪くなります。

すると十分な酸素が脳に運ばれず、思考が行き詰まったりしてしまいます。

また、運動をするとテストステロンと呼ばれる男性ホルモンが分泌されます。

テストステロンはQOLに直結するホルモンとして近年注目を集めており、精神安定にも重要な役割を持っていると見られています。

男女ともに活発に生きていくために必須のホルモンなので、適度な運動を心がけて精力的な生活を送りましょう。

 

バランスの良い食事

 

 

レトルト食品にはトランス脂肪酸が含まれており、上記のテストステロンを減少させることがわかっています。

栄養バランスも偏りますし、忙しい中でもレトルト以外の食事を摂るように心がけましょう。

週末に作り置きしておくのもおすすめです。

 

十分な睡眠

 

 

どんなに忙しくても睡眠時間だけは確保するようにしましょう。

最低でも六時間、理想は八時間と言われていますが、個人差があるので一概には言えません。

ただ、睡眠にはレム睡眠とノンレム睡眠という大きく分けて二つの睡眠段階があります。ノンレム睡眠のほうが深い眠りで、脳まで休んでいる状態です。

この状態のときに、記憶が整理されたり身体の修復に必須のホルモンが分泌されたりします。もちろん、先ほど挙げたテストステロンもここで分泌されます。

睡眠が浅いとこうした脳のメンテナンスが行えないまま目覚めることになるので、疲れが取れずに朝を迎えることになります。

睡眠不足は集中力や記憶力が低下する原因になりますので、仕事のパフォーマンスにも直結します。

結果、ミスが続いてさらに仕事が嫌になるかもしれません、睡眠時間は最低限六時間ほど確保しておきましょう。

 

気の合う友人と遊ぶ

 

 

これはストレス発散の手段として有効です。

遊ぶ内容はなんでも構いません、カラオケでもボウリングでも飲み会でもなんでもいいんです。

ストレスを感じるとコルチゾールなどのストレスホルモンが分泌され、自律神経や内分泌系影響を与えます。

怒られたり喧嘩をしているときは心拍数が上昇したり、緊張したりしますよね。

ストレスに晒され続けると、こうした状況が絶え間なく続くことになります。

ストレスを感じていない時間を意図的に作らなければ、ずっと自律神経が影響を受けることになります。

結果として自立神経失調症を発症したり、ひどいときはうつ病を患う原因になります。

ガス抜きを上手く行うことで身体をストレスから守れるということを忘れないようにしましょう。

 

瞑想を試す

 

 

瞑想と聞くとうさんくさい、と思われるかもしれません。

しかし、実はマイケル・ジョーダンを始めとするトップアスリートがメンタルトレーニングの一環として取り入れているれっきとした精神安定方法です。

瞑想を行うことで自律神経のうち副交感神経を優位にさせることができます

副交感神経は身体のはたらきを安定させる働きをもち、リラックスしているときに優位になる神経です。

瞑想によって身体と精神を落ち着けることで、いま自分が悩んでいることや不安に思っていることを一歩引いたところから観察することができますので、気持ちが整理できます。

 

入浴

 

 

血行をよくし、気分を上げてくれます。

先ほど述べた副交感神経を刺激し、リラックスさせる効果があります。

なかなか忙しくて入浴できず、シャワーを浴びて済ませてしまう方もおおいのではないでしょうか。

疲れを取ってぐっすり眠るためにも入浴は効果的ですので、今夜は湯船に浸かってゆっくり身体をあたためてみませんか?

 

仕事を辞めてもどうにかなる備えを持っておく

 

 

仕事を辞めたくても辞められない、という問題の本質は「仕事を辞めたら生きていけない」という状況にあります。

本業の仕事以外に副業を始める資産形成に取り組むなどして備えを作っておくと精神的にゆとりを持つことができます。

2018年は副業元年とも呼ばれ、副業に対して肯定的な意見を持ち始める企業が増えてきました。

資産形成についても、投資信託などであれば少額からはじめられますし、運用はプロに任せるだけですので気軽にはじめられるとサラリーマンの間で人気です。

NISA口座を開設すれば節税にもなりますので、こうした備えをたくさん作ってみるのも一つの手です。

 

上長に相談する

 

 

辞めたい理由が会社の制度や雰囲気にある場合は、上司に相談することでも状況が改善されることがあります。

もし、上司にパワハラを受けていたり相談しにくい場合は更に上の上司へ相談してみましょう。

辞めるかどうかは、打てる手を打ち尽くしてからにしましょう。

諦めずにやれるだけやってから、次の手段を考えましょう。親身になってくれる方がいるかもしれません。

 

怖がらずに辞めたあとのことを真面目に考える

 

 

仕事を辞めてもすぐに困窮するわけではありません。

失業保険の確認や、住居確保給付金の申請などを行い生活を安定させることができれば、仕事を辞めても数か月は問題なく生活が送れます

どうしても今の仕事を辞めたいと思ったら、怖がらずに辞めたあとの生活を想像してみるとよいでしょう。

今の自分のスキルや経験で再就職するとしたらどの職種になるのか、といった部分まで考えることができれば、退職してもよいのかどうかを客観的に判断できている証拠です。

今の自分を客観的に評価しつつ、退職後の生活を思い浮かべてみましょう。

もやもやした気分が晴れて、今やるべきことが見えてくるかもしれません。

 

転職は逃げじゃない、新たな可能性に出会う扉が開くだけ

 

 

転職を「悪いこと」だと考える風潮はすでに昔の話、現在は第二新卒という言葉が示すように、一つの会社で終身雇用が望めなくなっています。

どんどんスキルを磨いてステップアップしていく時代になっていますので、転職はその手段として認められてきています。

仕事を辞めたいという気持ちを押さえ込むのではなく、なぜ辞めたいのか理由を明確にし、それが実現するとどうなってしまうのか想像し、対処法を考えましょう。

どうしても辛い場合はメンタルケアを行って、少しずつ気持ちを落ち着けていきましょう。

それでもきついようであれば、転職も視野に入れて自分の状態を客観的に見てみましょう。

仕事を辞めることも、転職することも悪いことではありません。

一番いけないことは自信を失って投げやりになってしまうことです。

悩んでいるということは自分の未来や将来に希望を持っている証拠ですので、たくさん悩みましょう。

 

Geekly Media ライター

派遣社員から正社員になることは出来るのか?!転職する時に押さえるべきポイントを解説!

不安定な働き方の代表例として語られがちな派遣社員。
正社員になりたくてもなかなか正社員雇用が望めないことが問題視されています。
派遣から正社員になるにはどのような取り組みが必要なのでしょう。
正社員と派遣社員の待遇の違いや制度について解説していきます。
本気で正社員になりたい人はぜひご覧ください。

 

転職するときに気をつけたいポイント

 

 

派遣でも正社員でも共通して、転職時に気をつけたいポイントは三つあります。

転職する理由、時期、場所です。

それぞれ見ていきましょう。

 

なぜ転職するのか、理由を明確にする

 

 

正社員になればローンも通りやすくなりますし、クレジットカードも持ちやすくなります。

契約更新に怯えなくても良いですし、風邪で数日休んだくらいで白い目を向けられることもなくなります。

でも、代わりにプレッシャーも大きくなります。

いざという時にプレッシャーをはねのけるためには、正社員でありつづける「理由」が必要になります。

転職前に、そうした理由や計画をしっかり立てておかないと、辛いことがあったときに崩れてしまうでしょう。

 

いつ転職するのか、時期を明確にする

 

 

転職時期はかなり重要になります。

あなたの年齢や景気、業界の雰囲気によっても変わってきますが、ある程度の計画を立ててから転職に踏み切らなければ、転職後に後悔することになります。

時期を定めるというのはそうした計画を立てることにもつながりますので、まずはそのあたりをはっきりさせましょう。

結婚を考えているのであれば◯歳までに彼女と籍を入れる……という計画のために◯年以内に正社員を目指す!

という逆算思考ができますよね。

逆に時期が明確でない転職というのは、その先にあるはずの目標がぶれている可能性が高いので危険です。

時間軸も交えた具体的な計画を立ててみましょう。

 

どこへ転職するのか、場所を明確にする

 

 

仕事をする場所、というのは本当にたくさんあります。まさに無限です。

勤務地、役職、雇用形態、どれも重要ですが、本当に大切なのはあなたのライフスタイルです。

QOLが重要視されはじめてからもうかなり経ちますが、未だに東京や大阪などの大都市で就業するのが一般的である状況は変わっていません。

本当は自然の中で暮らしたい、と考えていながらも仕事がないからしぶしぶ都会へ働きに……という方もいらっしゃるでしょう。

それはあなたのライフスタイルが仕事に負けていることを意味します。本当に自分がとりたいスタイルが取れていないのです。

エンジニアなどは経験を積めば独立していける風通しの良い業界です。

それこそ田舎でリモートワークをしながら開発を手がけるSEだってたくさんいます。

つまり勤務地だけでなく立場、という意味も含めて「場所」が重要になるのです。

自分が将来どのような場所で働きたいのか。

役職や立場、勤務地も合わせて希望のライフスタイルを思い浮かべてみましょう。

ここからは特に派遣から正社員への転職を望む際に気をつけたい部分について解説していきます。

 

派遣社員からの転職を目指すためには?

 

まず、派遣社員について理解を共有しましょう。

実は派遣社員には二種類のパターンが存在します。

常用型派遣と、登録型派遣です。

 

常用型派遣の特徴

 

ある会社に直接雇用されている労働者が、一定期間他の企業に派遣されて業務を行う形態です。

期間が満了すればまた元の会社に戻り、次の派遣先へ向かったり、自社内で仕事をしたりします。

基本的に給与や有給などの制度面で正社員との違いはありません。

問題となっているのは登録型派遣、もう一つの方ですね。

 

登録型派遣の特徴

 

 

こちらは派遣会社に直接雇用されている派遣社員です。

期間の定めがある契約で、こうした契約を有期雇用派遣契約と呼びます。

たとえば三か月という雇用期間が定められた契約を交わして派遣された場合、あなたがどれだけ頑張って仕事をしても、その三か月という期間がすぎればクビになってしまいます。

正確に言うと、雇用主が「切りますね」と言えばその時点で契約は終了してしまうのです。

こうした不安定な状況を抜け出すために、正社員を目指す方の気持ちは痛いほど分かります。

しかし、ここで一つ考えていただきたい事があります。

それはあなたが正社員を目指す理由は何か、ということ。

言い換えれば「安定」を手にしたい理由はなにか、ということです。

さきほど転職する理由や場所、時期を考えていただいたのは、ここで迷わないためです。

もしはっきりと正社員になりたい理由が口にできない場合は、もう少し良く考えてから転職するのも一つの手です。

派遣社員から見れば正社員になるのは難易度が高いと思われるかもしれません。

しかし、本気で正社員への道を切り開きたいと考えている方に関しては、難易度はそれほど高くありません。

 

そもそも派遣社員と正社員の違いって?

 

企業にとって正社員はリストラしにくい存在ですから、労働者にとってみれば安定が望めます。毎日同じ時間に同じ場所で働けば固定給がもらえるので、未来の予定も立てやすく家庭だって持てますよね。

でも、そのかわりに辞めづらくなります。

どれだけ辛い思いをしても、いじめられても、苦しくても、逃げづらくなります。

正社員として働く上でこうしたリスクをゼロにすることは、おそらく不可能でしょう。

派遣社員であれば期間満了すればその職場からおさらばできるので、嫌な人間関係に悩まずに済みます。かわりに、ボーナスがなかったり昇給しなかったり、退職金がなかったりします。

他にはどのような違いがあるのでしょうか。

 

給与

 

 

基本的に正社員として勤務していれば昇給しますし、昇進もします。

他社へ転職するとなっても、前社での経験や待遇が考慮されますので社会的地位がどんどん上がっていく、それが給与にも反映されることでステータスにもつながります。

派遣社員はそもそも昇給しなかったり、したとしても水準が低かったりします。

結果、転職時に前職の給与を話しづらかったり、その企業が年収を能力と比例するものだとかんがえていた場合、実際より能力を低く見積もられてしまう可能性があります。

 

福利厚生

 

 

大きな企業の正社員であれば保養所があったり、社内に食堂があったりしますので働くうえで社員が快適な生活を送りやすくなります。

派遣社員の場合はこうした保障がすくなかったり、そもそも存在しないケースがほとんどですので、正社員に対して劣る点だといえるでしょう。

 

厚生年金などの生活保障

 

 

大企業の正社員であれば、基礎年金だけでなく厚生年金まで払われている可能性があります。老後の懸念がなくなり、この会社で頑張っていこう、と思えますよね。

他にも確定拠出年金を導入していたり、ストックオプション制度があったり、社員の未来を見据えた保障を打ち出している企業はありますが、派遣社員ではこうした保障を受けるのはほぼ不可能でしょう。

こうした点もやはり差を感じます。

 

正社員にならないほうがいい場合もある?

 

 

ここまで見てみると「やっぱり正社員にならないと未来が不安だ」と思われるかもしれません。

しかし、それは早計です。

先程も言ったとおり、正社員になることで失われるものだって多くありますし、我慢しなければならないことは多くあります。

近頃よく聞く意見として「やりたいことがみつからない」というものがあります。

若い人だけでなく30、40代になっても本当にやりたいことが見つからないと嘆いている方がいらっしゃるほど、現代は自分の「熱狂」を見つけにくくなっているのでしょう。

そんな方にこそ、派遣社員という選択をおすすめしたいと思います。

派遣社員であればいろいろな地域、いろいろな職種から仕事を選ぶことができますし、向いていないなと思っても期間を満了すれば後腐れなくやめることができます。

派遣社員は待遇がさっぱりしているぶん、正社員よりも気軽に就業できるメリットがあります。

正社員にこだわりすぎず、まずは自分の未来を考えてみるとよいかもしれません。

やりたいことが見つかってから、就きたい業種や職種を絞りこみ、入りたい会社を選んだって遅くありませんよ。

 

正社員になるためには?

 

具体的に正社員になる方法はいくつかありますが、代表的なものを三つご紹介します。

ぜひ参考にしてみてください。

 

スキル、経験を積んで直接応募

 

 

ほとんどの企業には採用情報のページが存在しますよね。

そこには新卒や中途という区分ごとに採用情報が記されています。

全くの未経験で応募ができるかはわかりませんが、こうしたwebサイトから直接応募するという手段は有効です。

IT業界であれば経験を問われたり、ポートフォリオの提出を求められることもあるでしょう。

予め企業を調査し、条件を満たしてから応募することで通過率がアップしますので、入念な下調べが必要になります。

 

人脈を作る

 

 

SNSなどで気軽に友人が作れるようになりました、これを利用しない手はありません。

自分の行きたい業界をリサーチしつつ、実際にその業界で働いている方と繋がることで業界の雰囲気を知ることもできます。

よく「人脈」を「利用できる人間」だと思っている方がいますが、それは間違いです。

人脈とは「何かあったときに助けてあげたい人たち」で構成された輪のことです。

互いが互いを助けようと思っている人たちがつながることで、相互扶助を可能にしたコミュニティのことです。

初めから「就職するため」につながるのではなく、純粋に友人を増やし、その業界に明るくなるためにつながるようにしましょう。

いずれ有益な情報に出会えるようになるでしょうし、そこから就職につながる可能性だってあります。

 

就職支援を利用する

 

 

ITであれば弊社のような転職支援サービスを利用するのもよいでしょう。

エージェントがあなたの要望を聞き、最適な企業とのマッチングを手助けしてくれます。

多くのエージェントは無料で利用できますので、登録して話を聞いてみるだけでもかなり有益な情報が得られます。

なにせエージェントは毎日企業の動向や求人案件を眺めているのですから、求人や媒介のプロです。

自分が明るくない業界への転職を目指す場合、情報収集という意味でも利用しない手はないでしょう。

 

正社員になりやすい業界とは?

 

ここからは、正社員になりやすい業種について紹介していきます。

先日決まった入管法改正の目的として、慢性的な人材不足の解消が挙げられています。

深刻な人手不足に陥っている業種であれば、未経験からでも正社員として就職できる可能性が広がります。

 

IT業界

 

 

ITと一口に言っても分野は膨大ですが、エンジニアとしてこれからキャリアを積めばさらに活躍の場は広がっていくでしょう。

IoTやRPAという言葉が浸透したことからも分かるように、これからもどんどん生活のなかにテクノロジーが組み込まれるようになります。

黎明期だった2000年代、IT業界はブラックだという噂が横行したため職種としてあまり人気がありませんでしたが、法整備が整った現在ではそうしたブラックな会社は減少しています。

エンジニアとしての就職先は、大きくSIerとWeb系にわけられます。

SIerとは開発を受託してシステムや開発の一部や全部を請け負い、利益を上げる会社のことです。

自社で開発したアプリやサービスを売るのはWeb系で、一般的にこちらの方がスキル、経験を問われやすいといわれています。

未経験からの就業としてはまずSIerに就職してスキルを学び、実力を身に着けてから自社開発を行うWeb系へステップアップ、という流れがおすすめです。

 

福祉業界

 

 

介護初任者研修などのスキルを身につければ全国どこでも求人がある福祉業界もおすすめです。

近年は制度が改正され、処遇改善手当という名目で国から助成金が支払われるようになりました。介護士の待遇が良くなり、これまでのような薄給激務の職場は減少しています。

介護士の上級資格も設けられ、これからさらなる高齢社会を迎える日本にとって一大産業となることが見込まれている、伸びしろのある業種です。

 

飲食業界

 

 

人手不足の業界として有名な飲食業界も、正社員にはなりやすいです。

また昇進が早いことも特徴で、離職者が多いことも要因となり上のポストへ就きやすくなっています。

筆者は21歳で店長を経験しましたが、かなりの激務でした。

23,24歳で店長の上であるスーパーバイザーなどに就く方もザラにいる業界で、年齢よりも実力を重視する風潮があります。

独立も目指せる、夢のある仕事だと思います。

 

ゴールは正社員になることじゃない!

 

 

仕事をする上で必要なものって肩書だけじゃないと思います。

自分がたどり着きたい未来から逆算してキャリアを考えてみると、もっと柔軟な考え方で自分の未来を想像できるようになります。

例えば一日数時間のアルバイトをして、残りの時間はフリーランスとして働き、自由な時間を確保する。といったように、フレキシブルな働き方が認められ始めています。

YouTuberや、リモートワークなんて言葉もささやかれるようになった現代社会において、正社員になることはすでに絶対の正解ではなくなっています。

しかし、働きながら経験を積む、教えてもらうという視点に立ったとき、正社員で勤務するというのはかなり魅力的な選択肢です。

未経験からでも勉強したい業界に飛び込む勇気を持てば、あなたはいまから何者にだってなれるのです。

Geekly Media ライター

「企業分析」は効率よく行うべし!絶対に外せない項目からおススメの手法まで徹底解説!

転職活動の中で絶対に外せない項目といえば企業分析です。
企業のことをより詳しく知ることで、企業の求めている人材や、企業の現状や課題を知ることができ、転職成功につながりやすくなります。
また、採用された後も求められていることが明確に見えて、成果につながりやすくなります。
今回は企業分析の手法など徹底解説していきます。

 

企業分析の目的とその重要性

 

 

 

目的は自分に合う企業を見つけること

 

転職において企業分析をする最大の目的は、『応募しようと思っている企業が、自分にマッチする企業かどうかを知るため』です。

どういった事業をしている会社なのか、どの程度の規模の会社なのか、また業界内でどのような立ち位置なのかなどを知ることで、理解を深め、自分に合っているかを見極めていきます。

また、企業分析を行うことで、自分がいかにその企業で働きたいかの熱意もアピールできます。

企業理解を深め、自身の強みを生かせるポイントを見つけ、企業側に「こういった人材は弊社の求める人材だ」と思わせることもできます。

自分にマッチする企業なのかどうかを見極めるために、また企業に熱意をアピールすることが、企業分析の目的です。

 

企業分析でミスマッチを防ぐことが重要

 

 

転職した後に、「やっぱり少し違ったな・・・。」とならないためにも、企業分析は重要です。

今の日本においては、転職は何回もするものではないという風潮があります。

もちろん自分自身にとっても、大変労力がかかるし、費用もかかるものになるので何回も転職活動をすることは歓迎できないと思います。

ミスマッチを防ぎ、満足いく転職をするために、企業分析は重要なことです。

 

企業分析だけではない!業界分析も忘れないで!

 

 

企業分析の目的や重要性はご理解いただけたと思います。

しかし企業分析だけでは十分ではありません。ここで忘れてはいけないのが、業界の分析です!

では、なぜ業界分析が必要なのでしょうか?その目的、分析方法を紹介します。

 

業界分析の目的は志望企業のことをより理解するため

 

業界分析をする最大の目的は志望企業への理解をより深めることです。

志望企業は業界の中でどの程度のシェアを占めているのか、競合他社にはどのような特徴があるのかなどを知ることが重要です。

この業界分析を行うことで、自分に合う企業が実は業界内の別の会社ではないかということに気づくきっかけにもなります。

 

業界分析はインターネットでの情報収集が効率的

 

業界分析はどの世に行うのが効率的なのでしょうか?

新聞などで日ごろから情報収集をしておくと業界内のニュースなどを知ることができていいのですが、この方法では大変時間がかかり、効率的ではありません。

そこでインターネットを活用して業界研究をしましょう。

最近は就職情報サイトが業界研究用のサイトを運営しています。

非常に効率的に業界研究をすることができます。

またここで得た情報から志望企業の競合他社の情報を得て、企業のホームページを見ることもいいでしょう。

効率的に業界分析を行うためには、インターネットの活用が大事です!

 

企業分析のやり方 志望企業のホームページ

 

 

志望企業のホームページではここを確認!

 

志望企業のホームページはどこを見ればいいのでしょうか?

多くの方が悩むところだと思います。

実は見るべき項目は結構あります。紹介しますので、確認してください!

企業情報/事業内容/制度/採用情報

以上の4つは外せません。

『企業情報』では企業の成り立ち、規模や理念、などといった基本的な情報を得ることができます。

『事業内容』はどのようなビジネスで会社を経営しているのかを知ることができます。

自分が知らなかった事業を展開している企業は意外とあります。

タイヤメーカーがスポーツ用品メーカーだったなんてことはよくある話です。

『制度』においては人事制度や、福利厚生の制度、休暇などの制度について知ることができ、労働環境や、人材開発にどの程度力を入れているのかなどを知ることができます。

『採用情報』では選考のプロセスや、どのような仕事をするのか、給与はいくらなのかを知ることができます。

 

+αはココ!代表の挨拶は見ておくといい

 

基本的な情報さえ押さえておけば問題はありません。

ただ、それではライバルたちに差をつけることができません。

そこで、ライバルに差をつけるためにどうすればよいのでしょうか?

すべての企業ホームページにあるわけではありませんが、『代表挨拶』の項目を見ておくことをお勧めします。

会社の代表である方のお言葉ですので、志望企業の経営方針や、課題などを知ることができるかもしれません。

代表の考え、会社の考えに共感できて、さらに熱意をもって面接に臨むことができることもあります。

 

企業分析のやり方 会社説明会に参加

 

 

会社説明会に参加するメリットは直接話ができること

 

転職市場においては会社説明会をしている企業は稀ですが、会社説明会に参加できることは大変メリットがあります。

まず、実際にその企業で働いている人と会うことができる。

次に、会社のことを理解している人から説明を受けることができる。

最後に、疑問に思ったことはその場で解決できる。

実際に企業で働いている人と会うことができるのはとてもメリットがあります。

会社の雰囲気を知ることができること、実際にその企業で働いている人の生の声が聴けるのはインターネットでは知りえない情報になります。

会社のことを理解している人から説明を受けることができることも大きなメリットです。

インターネットだけでは理解しきれない情報というのは多々あります。

その情報を補完できることは大変なメリットです。

直接言葉で教えてくれるので、自身の企業理解も高まります。

説明の中で疑問に思ったことをその場で解決できることは、志望企業の理解が高まるうえではいいことです。

また疑問に思ったことを短時間のうちに解決できるという点では非常に効率的です。

 

デメリットは説明会をしている企業が少ない上に非効率なこと

 

転職市場においては会社説明化をしている企業は少ないです。

新卒学生を対象とした会社説明会は広報解禁と同時に頻発するのですが、転職市場では合同企業説明会くらいしかありません。

ごく稀に企業が個別で行っているケースもあります。

また、日程も限られているので、企業分析のためだけに説明会に参加するのは効率的ではありません。

その場で疑問を解決できるという点では効率的ですが、企業分析全体を通した中では非効率な分析方法といえます。

 

企業分析のやり方 求人広告や転職エージェントを活用

 

 

求人広告で企業分析

 

転職情報サイトなどの求人広告は求職者へ向けて情報を発信しています。

求職者に見てほしい情報なので、求職者にとっては企業分析をしやすい情報になります。

人材要件、仕事内容、企業がアピールしているポイントの、3つを見るのがいいでしょう。

しかし注意も必要です。情報量が充実していないケースもあります。

そのため、十分な情報を得られずに企業分析ができないということがありますので、注意してください。

また、求人広告にはメリットは十分に記載されていますが、デメリットはあまり記載されていません。

デメリットを見抜くことが求人広告での企業分析の最大のポイントになります。

 

転職エージェントで企業分析

 

転職エージェントは企業分析、情報分析共に、非常に効率的に行うことができます。

エージェントにいる方々はプロフェッショナルです。

業界の知識や、求人募集をしている企業の情報などを十分に持っています。

どんどん聞いていくのがいいと思います。

しかしこちらもデメリットはあまり伝えてくれないケースがあります。

また、求人を扱っている企業の情報であればいいのですが、求人を扱っている企業の数は求人情報サイトほど多くないので、聞きたい企業の情報を有しているかは不明です。

 

おススメの企業分析方法!

 

 

おススメはインターネットを活用した企業分析

 

効率的に企業分析を行うには、やはりインターネットを活用した方法になります。

自分で調べることができるため、非常に効率的です。

ただ、深い情報は得ることができないケースが多いです。

深い情報は、面接の機会など直接お会いできる場面があった際に聞いていきましょう。

もともとの志望度が高く、何としてもその企業で働きたいという方は、時間をかけてでも会社説明会に参加したり、転職エージェントからの情報を入手するなど、効率にこだわらない方法で企業分析を行ったほうがいいです。

後悔しないためにも、効率にこだわることなく、徹底的に調べて下さい。

 

最後に~効率重視はインターネットを活用せよ!

 

 

今回は企業分析について解説してきました。

企業分析のやり方は様々ありますが、やはり手ごろに効率よく行えるという点では、インターネットを活用した情報収集が一番です。

ただし、転職先の企業として志望度が高い場合には、転職エージェントや会社説明会に参加するなどして、より詳しい情報を得る必要があります。

また、企業分析だけではなく業界分析も行うことで、より深い理解を得ることができます。

一概に「この方法がいい」とは言い切れませんので、インターネットだけでなく、自身に合った方法を見つけてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory