面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなす人」と「こなせない人」

 

 

持っている資格や仕事の出来具合もあまり変わらないのに、妙に面接に強い人って周りにいませんか?

というよりも、実際の仕事の出来具合は自分のほうが上、なんてケースもあるでしょう。

 

履歴書をみても出身大学は上だし職務経歴書もひけを取らない内容なのに、面接に通過できないジレンマ。

少し嫉妬してしまうくらいの差が生まれています。

 

面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」の原因があるとしたら知りたくありませんか?

今回は面接で差が出る原因と準備するコツを解説します。

 

面接を上手に「こなせない人」のあるある

 

 

筆者が民間企業で勤めている時代に、総数でいうと2,000程度の人達を面接してきました。

1次面接の時もあれば、2次面接の時もあります。

 

これだけの面接をする件数を重ねていくと、次第に入室した瞬間に合否がわかるようになっていたのです。

不思議ですよね。まだ話もしていないのに内定を貰う人がわかるのです。

 

一瞬超能力でも身についたのかと考えましたが、そんなことがあるはずもなく単純に面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」にはある傾向がありました。

まずは、面接を上手に「こなせない人」の特徴から解説します。

 

本当に面接しに来たんだよね…

 

人の印象は初めて目にした姿で大半が決まるのは有名な話。

この有名な話は特に面接ではとても大切なことなのです。格好良い、可愛いなどの見た目のことではありません。

 

面接官も採用する立場の役割を演じて、応募する人達を迎え入れます。

筆者が民間企業で面接をしていた当時は、入室した瞬間に頭から足下まで一通りチェックしていました。

ここ最近はラフな服装でもOKである企業も出始めていますが、まだまだ日本はアメリカ式のビジネスマナーが重視されています。

一言でまとめると清潔感ある見た目が重要です。

2次会に来たわけではないのですから、髪型やネクタイ、シャツのボタン、靴で好印象を与えなければなりません。

 

採用担当者も面接する前は自分の身なりをチェックしているのですよ。

 

ガチガチの優等生回答

 

 

良く面接のマニュアル本などでとても勉強してきたのはわかるのですが、採用担当者が知りたいのは素のあなたです。

最低限のマナーさえあればマニュアルはかえって邪魔になります。

 

本人からしたら上手に受け答えしているつもりなのでしょうが、面接官からしたら音声録音を聞いているようなもの。

どの本で勉強したのかもわかってしまいます。

企業で働くようになれば、その組織のルールに従うのは当然のこと。

しかし、面接は人間性を確かめる場でもあります。決まり文句ほど面接官を退屈にさせるものはありません。

 

書類と異なる大きなギャップ

 

面接前に書類選考がありますよね。

この書類選考でチェックしている箇所は誤字脱字や経歴はもちろんのこと、如何に読みやすい書式であるかもみられています。

 

あなたが面接のアポイントをゲットできたのは、自信を持って良いことなのです。

それだけ上手な書式を作れているのに、問題になるのは履歴書の写真のこと。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、履歴書の写真と面接時の印象を変えないでください

なぜかというと、履歴書の写真も書類選考の大切な判断要素だからです。

履歴書の写真は一般的に3か月程度の期間内に撮影されたものを使用するといわれています。

 

しかし、本命の企業なら履歴書を送付する直前に撮影した写真を送るのが無難です。

なるべくなら履歴書の写真とギャップを感じない気遣いをしましょう。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

Geekly Media ライター

SHIN

転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接で悩みやすい質問を上手に答えるには?

 

 

短い時間であなたの印象を決定づけるのが転職面接です。転職の面接にはどう答えて良いのかわからない質問もたくさんあります。どのような回答が正解なのか迷ってしまいますよね。

実は、企業が行う転職の面接にはある程度の型があるのです。短い時間のやり取りで採用するかどうかを決めるのですから、1つ1つの質問には意味があります。

そこで今回の内容は、転職の面接で良くある質問を序盤と中盤、終盤、最後に分けての解説です。答えにくい質問にはどう対処すれば良いのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接の序盤にされる良くある質問

 

 

転職の面接序盤にほとんどの企業が行うであろう、代表的な質問について解説します。筆者も、全国展開をしている大手量販店での人事採用面接で必ずしていた質問です。

当たり障りのない質問のように感じますが、転職面接の序盤の質問は意外と重要なポイントになります。ここでのアピールの仕方次第で、転職の結果が変わるかもしれない大切なものです。

転職面接の序盤では、「自己紹介とPR」の質問は必ず聞かれます。採用側ではこれらの質問に、どのような意味を込めているのでしょうか。

 

自己紹介とPRは最高のチャンス!

 

「自己紹介とPR」は緊張をほぐすためのさわりの質問だと考えていませんか?実はさらっと序盤にされていますが、転職の採用の合否に関わるウェイトが大きい質問です。

面接自体が採用する企業の担当者から質問される流れであって、自ら積極的にアピールできるのは「自己紹介とPR」の質問のときだけです。

こんな絶好のチャンスを逃す訳にはいきません。対策をしっかりと練って、採用担当者の心を動かす「自己紹介とPR」にしたいものです。

 

自己紹介とPRに含まれる意味は何?

 

 

転職の面接で質問される「自己紹介とPR」では、簡潔にまとめる力と提案力、具体化する力をみています。「この質問でそこまで判断する?」と感じるかもしれませんが、これは事実です。

仕事ではクライアントや協力会社、社内に対しての連絡事項や重要な約束事を短く、わかりやすく伝えなければなりません。

また、企画や商品を売り込む提案力も求められます。採用側の企業は、あなたの現時点における能力を判断しているのです。

さらに、これら2つの能力が高ければ、面接のやり取りにも説得力が増します。これが最後の具体化する力ということです。自社でどのような働きをみせるのかを想像しやすいですよね。

 

上手な自己紹介とPRの仕方

 

あなたのことをアピールできる時間なので、たくさん内容を盛り込みたくなりませんか?しかし、あまりにもたくさん内容を盛り込んでも、採用担当者には伝わりにくくなってしまいます。

上手な「自己紹介とPR」の仕方にも型があるのです。その型は①アピールポイントを明確に、②どのような経験をしたか、③転職先にどう活かせるか、の3つになります。

まず転職先の状況を踏まえた、あなたのアピールポイントを1つまとめてください。そこに経験を話すことで説得力を高めて、企業に貢献できる内容で締めくくります。

 

転職面接の中盤にされる良くある質問

 

 

「自己紹介とPR」が一段落すると、企業の採用担当者が主導となる質問が開始されます。転職の面接の中盤にする回答は、あなたがアピールした内容に説得力を高める要素となるのです。

序盤のアピールが上手にできても、話を聞いていく内に首をかしげてしまうこともあります。あんなに上手にアピールできていたのに勿体ないと感じたケースが多々ありました。

そこでここからは、転職の面接中盤で核となる「志望動機」の質問について解説します。どうすれば上手に「志望動機」を話せるのでしょうか?

 

転職の面接では志望動機を必ず聞かれる!

 

「志望動機」も転職の面接では必ず聞かれる質問の1つです。必ず聞かれる質問だとわかっているのに、しどろもどろになってしまう人って意外とたくさんいます。

この質問にしどろもどろだと、本当に応募している企業の業種で仕事をしたいのか疑われても仕方ありません。仮に異業種から申し込んでいるなら尚更です。

申し込んでいる企業につながるように話をまとめると説得力のある回答ができるでしょう。質問の回答はあまり広い視野で考えてしまうと失敗します。

 

どうして自社なのかを知りたがっている

 

 

筆者が民間企業で面接官をしているときに、採用面接ってなんだか恋愛と似ていると感じていました。応募してくる人達は、好きな人に告白しようとしている姿と重なるのです。

告白相手になる企業は、「なんで私なの?」と不安に感じています。告白されたから「どこが好きなの?」と聞いてみて、「何となく…」といわれたらどう感じるでしょう。

恋愛も付き合うのだったらなるべく長く関係を保ちたいもの。採用する企業も長く勤めて欲しいと考えているのです。決め手に欠く回答だとガッカリしてしまいます。

 

上手な志望動機の答え方

 

「志望動機」の上手な答え方を伝える順番は「自己紹介とPR」と同じで構いません。ここではどこに着地点を置くのか、ということをテーマにします。

Geekly Media ライター

SHIN

【転職/ストレス】ストレスフリーな転職活動を!疲労を溜めない転職活動のために大事なこと

上手く行くことばかりではない転職活動。履歴書づくりや面接に割ける時間が限られていることもあり、どうしてもストレスが溜まってしまいますよね。この記事では、転職ストレスの原因や、疲労を溜めない方法について解説していきますので、「転職するのがしんどくなってきた…」という方はぜひ参考にしてくださいね。

 

転職ストレスの原因①時間に追われて焦ってしまう

 

 

転職活動を始めると、企業選びに始まり履歴書作成、面接など多大な時間を転職のために取られてしまいます。

特に遠方での転職活動をしている人は、面接や会社の下見にかなりの時間とお金を使ってしまい、疲労してしまいますよね。

そのため、転職活動をどこまで続けても「履歴書をあと3つも書かなきゃいけない」「帰ったらすぐ面接の準備をしなきゃ…」と、いつも時間がない状態になってしまいます。

時間に追われて毎日を過ごすのは、想像以上に大きなストレス。

転職活動のために十分な時間を取ったつもりでも、活動の状況によっては仕事をしている時より多忙になることもあります。

 

在職中の人は自由時間が無くなることも

 

今勤めている職場を辞め、転職活動だけに専念している人はまだ自由が利きますが、在職しながら活動を進めている人は少しの自由時間さえ取れなくなることもあります。

ストレスを解消しようと思っても、好きなことをする時間がなく毎日が過ぎていく状況は、大きなストレスにつながるでしょう。

また、転職の面接は通常平日に行われます。

そのため普段仕事をしている時間と面接日程が被ってしまい、スケジュール調整に時間を取られてしまうこともあるでしょう。

 

転職期間が長い人は焦ってしまいがち

 

 

通常、転職活動は最大でも3カ月~半年程度で終わるとも言われます。

しかしあなたの希望条件や世の中の景気によっては、想像以上に転職活動が長引いてしまうこともあります。

想定していた期間を過ぎても転職先が決まらない時、「そろそろ転職先が決まるころなのに、まだ転職活動が終わっていない」と焦ってしまう人も多いでしょう。

転職活動に焦りが出始めると、何をやっていても転職のことが気になってしまい今まで以上にストレスが溜まってしまいます。

 

転職ストレスの原因②本当に転職できるか不安になる

 

 

頑張って転職活動を続けていても、書類選考や面接で不採用になってしまうことがあります。

不採用が一度ならまだダメージも少ないですが、何度も失敗が続けば「本当に転職できるのかな…」と不安を感じてしまいますよね。

転職活動は、時に運やタイミングが原因で上手く行かないこともあります。

しかし、なかなか転職成功のビジョンが見えない状態が続くと、次第に「本当に転職を選択して良かったのかな」と不安になってしまうこともあるでしょう。

その不安からますますストレスを抱えてしまい、面接などで自分の力が発揮できなくなることも少なくありません。

 

転職ストレスの原因③成功している人と自分を比べてしまう

 

 

知人や家族から、転職に成功した人の話や、転職せず同じ会社で順調に出世している人の話を聞くこともあるかと思います。

そんな時、仕事面で成功している人と、転職活動に苦しむ今の自分を比べてしまい落ち込んでしまう人は多いです。

「人は人、自分は自分」と割り切れればよいのですが、どうしても人のことが気になってしまい、「自分はこのままで良いのかな…」と不安になることも少なく無いでしょう。

 

SNSが転職疲れの原因になることも

 

転職活動の情報収集のため、空き時間は必ずSNSをチェックしているという方は多いはず。

同じく転職活動をしている人の様子を見れば、「自分も頑張ろう」と勇気づけられますよね。

しかしSNSで転職に成功した人の話や、熱心なセミナーの案内ばかり見ていると、「自分は頑張っていない」「自分はダメだ」と思ってしまい、ストレスを抱えてしまうこともあります。

SNSで情報収集をするのは、転職活動の一環。

家に帰ってからも焦ってSNSチェックばかりしていると、自分に自信を失ってしまうかもしれません。

 

転職ストレスの原因④面接のたび緊張して疲れてしまう

 

 

希望の企業へ行くためには、複数回の面接が必要になります。

しかし、「たたが面接」と思っていても、転職先を決める大事な選考で緊張しない人の方が少ないでしょう。

「上手く受け答えできなかったらどうしよう」「緊張しすぎて何も言えなくなったらどうしよう」など、どれだけ転職に慣れた人であっても面接にはストレスを感じてしまうもの。

緊張状態を強いられる面接を何度もやっていると、次第にストレスが溜まり転職活動への意欲的な気持ちも無くなってしまいます。

 

転職でストレスを溜めない5つの方法

 

 

転職活動は忙しく、かつ緊張の連続になるため全くストレスを感じず転職活動をすべてやり切るのは非常に難しいと言えます。

しかし、自分の気持や疲れ具合をきちんと分析し、それに合ったストレス解消法を実践すればいままでより落ち着いた気持ちで転職活動を続けられるかもしれません。

ここからは、転職で抱えがちなストレスを上手く解消する5つの方法について、解説していきます。

 

今までやってきたことを見直す

 

転職活動が思ったように進まないと、だんだん自信を失ってしまいますよね。

「もう自分はダメかも…」「転職できる自信がない」、そんな時は、今まで自分が転職や仕事に向けてどんなことをして来たか、振り返ってみるとよいでしょう。

上手く行っていないように見えても、あなたは自分のキャリアのためいろんなことをしてきたはずです。

これまでに読んだ本や仕事のために勉強したことを思い出し、自分の努力を再確認してみましょう。

 

焦らずできる限り睡眠を取る

 

転職活動が上手く行っている人もそうでない人も、時間に余裕がない中毎日活動をしていれば、どうしても疲れが出てしまいます。

「早く転職先を決めなきゃ」と焦ってしまう気持ちは分かりますが、まずは今抱えている疲労を取り除くためできる限り睡眠を取ることが大切です。

少したくさん寝たからと言って、転職活動に大きな支障が出るわけではありません。

疲れを感じた時は、「少し寝すぎかな?」と感じるくらい休むことをおすすめします。

 

何もしない時間を作る

 

転職活動で頭のことがいっぱいになっていると、心の余裕がなくなり過度に焦りを感じてしまいます。

休憩することに罪悪感を感じ始めたら、心が疲れているサインですのであえて何もしない時間を作り気持ちを落ち着けましょう。

休憩を取るのも、転職に成功するため不可欠なことです。

 

転職を始めた理由を思い出してみる

 

転職活動が上手く行かない日々が続くと、「そもそも転職活動なんて始めない方が良かったかも…」と弱気になり、ストレスを抱えてしまうことがあるでしょう。

しかしせっかく目標をもって始めた転職活動を途中であきらめるのはもったいないこと。

転職疲れでモチベーションが下がってしまいそうなときは、自分が転職したいと思った理由を思い出し、自分を勇気づけてみましょう

 

自分に過度な期待をしない

 

履歴書を書いたり、面接に行ったりするたびに緊張してしまうのは、「本当は上手くできるはずなのに、失敗したらどうしよう」「完璧にできなかったらどうしよう」という不安があるから。

「企業はまだたくさんあるんだから、ここで失敗しても大丈夫」と思うことで、自分に心にかかっているプレッシャーを解くようにしましょう。

自分に過度な期待をせず、自然体で転職活動を進めて行けば、今よりもストレスを感じにくくなるはずです。

 

転職活動は自分のペースでOK!

 

 

新卒の時の就職活動とは異なり、転職活動には明確な期限がないです。

どうしても自分の能力が発揮できる企業が見つからない、という時はいったん転職活動を休むのもアリですし、しばらく今勤めている会社の仕事に集中するのもよいでしょう。

また、転職活動の方針に悩んだら転職エージェントなどの力を借り、アドバイスを受けてみるのもよいかもしれません。

転職活動を始めた時点で、すでにあなたは自分のキャリアのため、行動を起こしていると言えます。

ストレスを感じたらきちんと休みを取り、自分のペースで転職活動を進めていきましょう。

 

まとめ

 

 

過度なストレスがかかった状態で転職活動を続けても、自分の力を最大限発揮することが出来ません。

自分の能力を志望企業に分かってもらうためには、余裕をもって面接などに臨むことが大切

ストレスを感じたら適宜休憩を取りつつ、しっかりモチベーションを保つようにしましょう。

Geekly Media ライター

oume

転職経験者が教える「希望年収は?」に対する回答はコレ!年収アップ額の相場から履歴書での書き方まで徹底解説!

転職の目的の一つに、年収アップがあります。
給料が上がればその分生活も豊かになるので当然のことです。
しかし、面と向かって「希望年収は○○円です!」とは言いにくいもの…。
面接の場で聞かれても、答えにくくて回答に困ってしまうところです。
今回はそんな希望年収の伝え方について、解説していきます!

 

転職最大の目的が年収

 

 

給料は様々な要因で決まってきます。

お金はあなたのライフプランにも大きな影響を与えますので、簡単に譲歩できるものではないです。

あなたが転職する最大の目的が、年収額のアップならば、年収が上がる環境を選ばなければなりません。

実際にはどうでしょう?

あなたの転職の最大の目的は何でしょうか?

今一度見つめ直してみて下さい。

 

転職で年収はUPする?実際には・・・

 

 

転職での年収UPの可能性はある!

 

転職すると年収が下がるというのは一般的に言われていることです。

実際に転職して給与が下がったというのはよくある話ですし、私自身も転職して給料が下がった経験があります。

では、どうして給料が下がったのでしょうか?

大きな要因は、転職してキャリアチェンジしたからです。

転職を機に、今までのキャリアとは別のキャリアを積むことを決めて転職活動をします。

そうすると未経験での採用という形になり、今まで積んできたキャリアとは別のキャリアを積むことになります。

言ってみれば「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということです。

これでは年収のアップは望めませんね、

しかし、キャリアアップを目的の一つとしていけば、即戦力として見ていただくことができるため、給料のアップも望めます。

要するに境遇次第では、年収アップの可能性は十分にあるということです!

 

企業の原資によってはアップの可能性も

 

転職先の企業規模によっては、年収アップの可能性も十分にあります。

原資が潤沢にある企業に転職して、今までと同じ仕事でも年収が上がったという話はよく聞きます。

中小企業よりも大企業のほうが、人件費に費用を割けるというものです。

ただその分、選考はかなり厳しくなると思われます。

大企業はいい人材を確保するために様々な手法を使います。

さらには費用もかけています。

また、応募者の数も大変多いと予想されます。すなわちライバルの数も多いということです。

大企業を志望しているライバルたちに勝って、年収アップが実現するのかもしれませんね。

 

年収アップ、年収ダウンはどのようにして起こるのか

 

 

キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄い

 

先述した通り、キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄いです。

今まで自分が積み上げてきたものの大部分が転職先で生かせないケースが非常に多いからです。

ビジネスマナー・ビジネススキルやパソコンスキルなどは前職で培ったものを活かせるのですが、仕事のノウハウなどは今までの経験とは違うものになるため、活かすことができないというケースが多いです。

キャリアチェンジしても企業の規模が大きく、原資がある場合には年収アップする可能性も十分にあります。

ただ、中途採用において採用した企業側が期待するのは、即戦力としての活躍が大きいです。

そのため、一般的にはキャリアチェンジでの年収アップは望みが薄いと言えます。

 

キャリアアップの転職ならば年収アップの可能性も大きい

 

前職での自身の経験をフルに生かし、転職先でさらなる成果を期待されているキャリアアップ転職においては年収アップの可能性はとても大きいです。

転職したことで新たに役職がついたり、転職先にはなかったノウハウを持ち込むのですから、その人の価値は高くなります。

バリバリの即戦力なわけです。

こういった転職をした人材には、ある程度の成果を保証できるだろうと見込みと期待を込めて、年収額をアップして採用をしてくれる企業も多いです。

 

「希望年収は?」に対する回答はコレ!

 

 

素直に答えてしまって問題ない!

 

面接の際に「希望年収は?」と聞かれることがあります。

一瞬「なんて答えればいいんだ?、どう答えるのが正解なんだ?」と悩んでしまうことってあると思います。

思っていても言うことができない日本人の風潮ですね。

でもこれ、本当に答えるのが難しいです。

「貴社のご評価に従います。」というほうがいいのかな?と考えてしまったり、少し多めに伝えて下げられるのか・・・。

こういう時は素直に「○○円です」と答えてしまって問題ありません。

ただし、その額が通るかはわかりません。

この段階で採用する企業側が想定している年収額なんてわかりません。

考えても仕方がないことです。それよりもきちんと自分の希望を伝えるほうがいいです。

 

伝え方が重要!希望は最低額と本当の希望額を伝える

 

素直に伝えていいとは言いましたが、実際には伝え方も大事です。

転職して年収がダウンすることは避けたいですよね?

ではどう伝えればいいのでしょうか?

まず、希望金額を伝えた上で、それでも最低この金額は保証してほしいという金額を伝えます。

「希望年収は○○円です。でも最低○○円はいただけるとありがたいです。」

このような伝え方で問題ないです。

後は企業が判断してくれます。

「この人は、この金額で採用するに相応しいかどうか・・・」というふうに。

希望を伝えておくことで、年収ダウンを防げる可能性があります。

下がるにしても、ダメでもともとのつもりできちんと自身の希望は伝えるのがいいのではないでしょうか。

 

給与交渉はどのようにすればいい?

 

 

 

希望年収額は面接で必ず聞かれるわけではない

 

ここまで希望年収額を聞かれる前提で話を進めてきていますが、必ず聞かれるわけではありません。

むしろ聞かれたら「ラッキー!」と思ったほうがいいかもしれません。

ただ、「聞かれなかったから・・・。」と交渉しないのは少しもったいないと思います。

聞かれなくても交渉はしたほうがいいです。

タイミングは大変難しいですが、内定前の条件提示の段階がいいでしょう。

ダイレクトに給与の話になる場面ですので、比較的切り出しやすいタイミングです。

 

転職エージェントから応募の場合はエージェント経由で交渉

 

 

転職エージェントから応募している場合には転職エージェントの担当の方に給与について話をしておくといいです。

転職エージェントの担当の方が企業と交渉してくれます。

交渉のノウハウを持っていることはもちろん、エージェントは成果報酬型が多いので、担当者の売り上げにも直結します。

エージェントによって異なりますが、一般的には採用した方の想定年収の30~35%といった報酬がエージェントに入るといわれています。ですので、年収額が高ければ高いほどエージェントも潤います。

 

履歴書の希望年収額 どう書けばいい?

 

 

書いてもOK!ただしリスクも伴う

 

履歴書へ希望年収額を書くことは問題ありません。

素直に記載していいです。ただ、リスクも伴います。

面接の機会をもらう前に、希望年収額と企業が想定している採用した人の想定人件費に大きな乖離があった場合には面接の機会もいただけずに、採用を見送られるケースもあります。

このリスクをはらんでも年収アップを図りたい人は、履歴書へも書くべきです。

こういったリスクを回避したい場合には「貴社規定に準じます。」と記載しておけば無難です。

 

最後に~最低希望額と希望額を伝えるべし!

 

 

転職において希望年収を伝えることは一つの交渉です。

この交渉をすることは年収アップの大事な要因になります。

伝え方は希望年収を伝えた上で、最低希望額を伝えるようにしましょう。

何度も言いますが、年収額のアップが目的で転職をするのであれば、年収額にこだわらないと、満足のいく転職になりません。

あなたの転職の目的は何ですか?

年収ならば、その金額はいくらでしょうか?

転職には必ず目的があり、その目的を達成して初めて満足のいく転職ができます。

あなたの目的を見失わないでください。

そして慎重に転職をしてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory

長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

なぜ長所と短所を面接で聞かれるの?

 

 

面接で必ずといって良いほど聞かれる長所と短所。

どんな意味があるのか不思議に思いませんか?

長所と短所なんて聞いても、採用に影響しないと考えてしまいがちです。

この考えは正しいとはいえません。

ただ漠然と質問されているような気がしますが、採用に大きく影響する大切なものです。

この質問は、あなたの適性を判断しています。

あなた自身を冷静に分析できる能力と、伝える能力を確認しているのです。

自分のことを冷静に判断できれば、強みや弱みを活かして今後の課題を見いだせます。

伝える能力に長けていれば、プレゼンなどの提案する説得力があるということです。

面接の短い時間で長所と短所を質問することで、かなり深いところまで確認しています。

 

面接の短所で注意したい3つのこと

 

 

面接でとても大切な質問であることがわかると、自分の欠点である短所をどう伝えたら良いのか心配になります。

あなたの回答次第で採用の合否にかかわる重大なことです。

「欠点である短所は、なるべくいわないほうが良いのでは?」と考えがちですが、短所も冷静に判断できなければなりません。

この世に短所がない人など存在しないからです。

そこでここからは、面接で短所を質問されたときの3つの注意点を解説します。

テーマはイメージ・マッチ・心配の3つです。ぜひ、面接の対応の参考にしてみてください。

 

面接の短所で注意したいこと① 企業からのイメージを悪くする!

 

冷静に自分を分析するといっても、応募している企業からのイメージを悪くするようではいけません。

一般的な常識で考えて、人としてどうなの、というような短所のことです。

たとえば、手癖が悪いや約束事を守れないなどがあてはまります。

どう考えても、応募する企業からの良い印象とはならないですよね。

いくら短所といっても、これらはNGです。

短所だとしても、仕事につながる裏の意味が込められているべきでしょう。

応募する企業からのイメージが負となる回答は控えるべきです。

短所もよく考えて回答しましょう。

 

面接の短所で注意したいこと② 募集背景にマッチしない

 

 

応募する企業が求める人物像とあまりにかけ離れる回答も避けるべきでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、積極的に採用したい気持ちをなくさせる原因となりかねません。

営業職の募集に対して、仮にあなたが「口下手で人見知りなのです。」と回答したら、採用する気持ちがわくでしょうか?実際にそうだとしても、転職の面接には向きません。

転職における、短所に対する質問への回答は、なぜ募集をかけているのかを考えるべきでしょう。

企業が募集する背景を考えることで、自然と正しい短所かどうかの判断ができます。

 

面接の短所で注意したいこと③ 入社後が心配になる

 

企業は個人で成り立つものではなく、たくさんの人とのかかわりによって運営されています。

これは社外とのかかわりは当然ですが、社内においても各部署との連携が必要です。

これまで勤めてきた企業でもめ事を起こして退社するなど、コミュニケーション能力に疑問を感じる内容ではいけません。

また同じようなもめ事を起こすと考えられます。

社会人にとってコミュニケーション能力というのは大切なもの。

その大切なものが疑わしくなるような回答は、極力控えるのが賢明といえるでしょう。

 

面接の長所で注意したい3つのこと

 

 

長所だからといって、面接でプラスになるとは限りません。

採用側は長所でも確認している項目があります。

これを安易に答えてしまうと、マイナス要素ともなり得るのです。

ここからは転職の面接における長所の回答で注意したい、整合性・紙一重・無意味がテーマになります。

採用側は、どのようなことを長所で確認しているのでしょうか?

 

面接の長所で注意したいこと① 履歴書や職務経歴書と違う!

 

一生懸命に書いた履歴書や職務経歴書。

書き終えてから日にちがそんなに経っていなければ、その内容も覚えているでしょう。

しかし、大抵の企業では書類審査があります。

履歴書や職務経歴書を書いてから、しばらく経って面接になることも珍しくありません。

意外と多い回答は、書かれている内容と全く違う内容を返されることです。

書類選考の段階で、採用側もある程度回答される内容を予測します。

記載されている内容が全く反映されていない長所は、不採用に導く落とし穴のようです。

 

面接の長所で注意したいこと② 長所と短所は紙一重

 

 

面接される方からすると長所として回答しているケースでも、他人からすると短所であることもあります。

どんな物事にも相反する性格があって、言い方次第で真逆の意味に。

一生懸命に説明しているのはわかるのですが、ツッコミを入れ始めると最終的に短所が着地点になりかねません。

長所は短所にもなり得ると考えて話をするのがポイントです。

場慣れしている面接官だと、いつの間にか短所と入れ替わる可能性があります。

回答する内容がブレないように、あらゆる質問を想定して面接に向かいましょう。

 

面接の長所で注意したいこと③ 会社で活かせない

 

昔大学の入試で一芸があると合格する仕組みがありました。

他者よりも目立ちたい気持ちから出る回答だと思われますが、仕事に全く関係のない特技を返されることもあります。

たとえば、「食事を済ませるスピードが速いです。」と真顔で回答した方もいるくらいです。

どのようにして仕事に活かせるのかを質問すると、「業務に早く取り組める」でした。

その方は矢継ぎ早に突きつけられた質問で、最後はしどろもどろになります。

長所は特技を披露することではありません。仕事につながる長所であるべきです。

 

面接の長所と短所の上手な3つのまとめ方

 

 

長所と短所をまとめるのは、意外と大変な作業です。

あなた自身を冷静に客観視しなければなりません。

人のことはわかっても、自分のことはなかなか気づきにくいものです。

そこで転職の面接に役立つ、長所と短所の上手なまとめ方について3つ解説してみましょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方① 結論からわかりやすく伝える

 

人に伝えるコツには、極力短くてわかりやすい必要があります

短い面接時間で採用担当者にインパクトを残す方法は、話し始めに結論を話すことです。

これはどのようなコミュニケーションにも通用する、重要なアウトプット方法になります。

普段とは異なり緊張が伴う面接では、あなた自身にも有効な方法です。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方② たくさんのアピールは逆効果!

 

 

アピールは多いほど良いと考えるのは、正しい判断ではありません。

話を聞いている側からすると、何を伝えたいのかがわかりにくいです。

長所と短所は紙一重と前述しました。

長所に含まれている、短所の側面もあわせて1つの軸で話を展開するのがおすすめです。

この手法で話を進めると、聞き手もわかりやすく印象に残りやすいでしょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方③ 具体的なエピソードを交える!

 

面接時に長所と短所の質問をすると、淡々とその項目の回答だけをする方がいます。

わかりやすさを印象づけようとしているのでしょうが、逆に聞き手の印象に残りません。

せめて長所と短所での具体的なエピソードを、1つや2つ程度交えるべきでしょう。

なぜ長所なのか、なぜ短所なのかの根拠が示せないためです。

 

面接の長所と短所の質問はとても大切

 

 

転職の面接で必ず聞かれる質問である長所と短所。

採用側からすると、この返答次第で合否を決めても良いほどの比重の高い質問です。

丁寧に自らをしっかりと見つめ直して、明確な説得力のある回答を心がけましょう。

そうすることで採用側のあなたの印象は、強烈に残ることになります。

長所と短所に該当する1つの項目を結論から話して、具体的なエピソードで根拠を示してください。

この方法であなたの顔と回答内容が採用担当者の頭に残るようになります。

 

最後に

 

 

面接の長所と短所の質問は、採用側からしても人物像を特定しやすく、あなたからしても印象を残すチャンスです。

簡単にされる質問ですが、採用の合否を決定づけるもの。

転職の面接で決してあなたが後悔しないように、念入りに対策をして実りのある結果をつかみ取りましょう。

あなたの転職活動が有意義で実りのあるものでありますように!

Geekly Media ライター

SHIN

【転職ブランク】ブランクは許されるのか?その後のリカバリー方法まで徹底解説!

ブランクがあると企業は採用してくれない?いいえ、そんなことはありません!リカバリー方法は存在します。ブランクがある理由は人それぞれですが、押さえるポイントは一緒であることをまずは知りましょう。今回はブランクはあるが転職活動したい人に向けて、リカバリー方法からブランク理由別の対策方法もお伝えしていきます。

 

ブランクがあったとしても転職は可能!

 

 

最初に結論から言いますと、ブランクがあったとしても転職は可能です。

会社それぞれの考え方はあるかもしれませんが、中途採用の場合は即戦力として計算できることがポイントになるからです。

長いブランクがあったとしても、会社側が納得し、欲しい人材であることをアピールできれば採用されます。

個人それぞれの理由により、難しい部分もあるかもしれませんが諦める必要はありません。

 

ブランクがマイナス要素である理由

 

 

ブランクがあっても転職は可能ですが、ブランクがあることはマイナス要素になる可能性があります。

ブランクに対して、相応の理由があり、納得されなかった場合は下記のように思われてしまっている可能性があります。

 

ブランクが長い=怠慢かも?と勘ぐられる

 

ブランクが長い場合、転職活動をしていたのか?と採用側としては気になります。

ここで単純に転職活動もしておらず、働いていなかった場合は怠慢であると勘ぐられてしまいます。

採用側としても勤勉な人材のほうが計算しやすいです。

 

知識や勘を取り戻すのに時間がかかる

 

仮に勤勉なタイプであったとしても、ブランクが長ければ知識や勘を取り戻すのに時間がかかります。

多くの仕事はスキルを使用し、知識や経験を活かして業務にあたります。

企業としても中途採用は即戦力を求めますので、すぐにバリバリ働ける人を選びたいのが本音です。

 

どのくらいのブランクが許されるのか?

 

 

まず、どのくらいの期間まで許されるのかですが、明確な期限設定をしていないことを知りましょう。

6か月までならいいとか、1年までならいいとかは関係ありません。

採用担当が知りたいのは「なぜブランクがあるのか?」「ブランクがあったとしても自社で活躍できそうか?」という点です。

 

この疑問や問題を採用担当に納得させ、自社で活躍できることをアピールできれば、長期ブランクがあったとしても転職は成功します。

しかし、理屈はわかったかもしれませんが、具体的にどうすればいいのか?疑問に思うことでしょう。

次の項目でどのようにブランクをリカバリーするのか見ていきましょう。

 

【基本編】ブランクをリカバリーするためのポイント

 

 

ブランクが長引いたとしても、リカバリーする方法はあります。

そのために知っておきたいポイントがあります。

 

まずはブランクの理由をハッキリする

 

なぜブランクが発生したのかを考えましょう。

ブランクの理由は人それぞれです。子育てをしていた、留学をしていた、病気をしていたなどさまざまです。

一番マズイのはなぜブランクが発生したのかわからないことです。

理解していなければ対処のしようがありません。

ブランク期間があると、ほぼ必ず面接官から指摘されます。

この後の項目でお伝えしますが、ブランクのタイプ別で伝えるべきポイントを解説しますので参考にしてください。

 

ブランクが長くても納得できる理由があればリカバリー可能

 

基本的にブランクがあったとしても、面接官が納得すれば問題ありません。

あとは自身の能力や実績をもとに採用するかどうかが決まります。

ここで覚えていただきたいのが、仮に面接に落ちたとしても下を向かないでください、ということです。

 

「やっぱり、ダメだった」「ブランクが長いから落ちたんだ」という思考になると行動意欲が下がってしまいます。

ブランクのあるなしに関わらず、会社に必要な人材であるか?会社の風土に合うか?など多岐に渡る項目で審査しているためです。

 

極論になれば、面接官が「私はこの人と一緒に仕事をしたいと思うか?」という理由だけで決定することもあります。

場合によっては「性格が合わなさそう」という理由で落ちることもあります。まさかと思うかもしれませんが、意外とあります。

不公平と感じるかもしれませんが、逆にそういう会社に採用が決まらなかったことを幸運と思いましょう。

 

採用側は意気込みや姿勢を見ている

 

面接官が見たいのは意気込みや姿勢です。

スキルや実績も大事ですが、会社のために働くことができる人材であるかを見極めたいのが本音です。

採用した人材が簡単に辞めてしまい、また面接の機会を作るのは避けたいです。

中途採用といえど、自社のルールを教えたり、ノウハウを教えたりする必要があります。中途採用を繰り返すと、同じ作業の繰り返しになり面倒です。

 

だからこそ、会社のために働く意気込みや姿勢があるかを重点的に見ます。ブランクのあるなしは関係ありません。

 

【ブランク/理由別】面接対策を解説

 

 

ブランクがある理由は人それぞれです。

そこで、ブランクの理由別に面接対策をレクチャーしますので、参考にしてください。

 

資格取得によるブランク

 

取得した資格にもよりますが、転職先の業務において役に立つ資格であれば前向きに捉えてくれる可能性は高いです。

難易度が高い資格であればあるほど、納得感が強まります。

この場合は気後れする必要はありません。自身の能力やアピールポイントをドンドン出していきましょう。

 

伝え方のポイントとしては「資格を取得した目的」を簡潔に言えれば問題ありません。

「キャリアアップを目指し、専門性のある○○の資格を取得しました」などであれば納得してくれることでしょう。

 

ケガ・病気によるブランク

 

 

長期休暇を余儀なくされるようなケガや病気の場合は面接官も理解をしてくれます。

しかし、面接官として気になるところは「きちんと働くことができる状態なのか?」です。

面接時には「○○の病気が理由で長期間療養していました。現在は完治しており、業務を行うことに問題はありません」と元気よく答えましょう。

 

出産・子育てによるブランク

 

出産から幼児期の育児は想像以上に時間を取られてしまいます。

常識として働く時間を取ることが難しいことは多くの人が理解してくれることでしょう。

しかし、ブランク期間があるため知識や勘が鈍っている点があるか気になるところです。対応策としては下記などを参考にしてみてください。

 

「会社業務として仕事をする時間は取れませんでしたが、クラウドソーシングを通して○○の仕事をしていました。」

「出産や育児の合間に○○の資格を勉強し取得しました。」

以上のように、合間の時間でやってきたことを会社にアピールすれば問題ありません。

 

転職活動が長引いてしまった場合

 

特別な理由がなく、転職活動が長引いてしまう場合もあります。

転職活動をしているとはいえ、会社員と比べれば時間の都合はつきやすいです。

面接官もその点を見逃しません。

ですので、転職活動において役に立つことをアピールすることが大事です。

 

たとえば、狙っている業種に役に立つ資格を取得もしくは勉強をしていること、もしくは狙っている業種に近いバイトをしていることを伝えるのがいいでしょう。

これらの経験を交えて、会社に貢献できることをアピールしましょう。

 

たとえば「御社と同じ業種の○○でバイトをしながら転職活動をしております。

そこで得られた▲▲という経験(または資格)を御社の仕事に生かせるのではないかと考えています。」と答えられれば面接官も納得してくれるでしょう。

 

大事なのは意欲と意欲に見合った行動ができているか

 

 

ブランクがあった場合、転職はできないと思っていたかもしれませんがいかがでしたか?

採用側の立場に立つことで、見たいポイントもわかってきたかと思います。

採用担当が見るポイントはスキルや実績もそうですが、一番大事なのは意欲です。

 

しかし、ただ単に「一生懸命頑張ります!」「身を粉にして働く所存です!」と言葉だけ伝えても意味はありません。

意欲に見合う行動をしてきたのかもチェックされます

面接官から言われる前に、意欲があること、意欲に見合う行動を示すことが一番のポイントです。

今回の内容を元に自身の転職活動を頑張ってみてください。

Geekly Media ライター

gibson