【転職】ジョブチェンジを成功させるには?!メリット・デメリットを含め、ジョブチェンジを徹底解説します!

皆さん仕事人生でジョブチェンジという言葉が頭をよぎったことはありませんか。仕事に慣れてきた中、職種を変えて自分のスキルアップを図りたいと思った事はないでしょうか。しかしRPGゲームと違って現実で新しい職種に変えるのは色々と不安も大きいと思いますので今回はジョブチェンジを成功させるポイントとジョブチェンジのメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

 

ジョブチェンジとは?

 

 

ジョブチェンジを日本語にそのまま訳すと「転職」ということになります。

しかし転職という言葉をそのまま使うと同じ営業職で違う会社に移るのも「転職」になってしまいます。

現在日本で使われているジョブチェンジとは同じ業種で会社を移る場合に使う言葉ではなく、

例えるなら営業職から経理職へと職種を変える時に使われる言葉になっています。

職種を変えるジョブチェンジは同じ会社の中でも行われますし、会社を変える時に同時に職種を変えるケースもあります。

 

社内でのジョブチェンジ

 

同じ会社内でのジョブチェンジを成功させるには幾つか制度があります。一定期間中に社内で色々な職種を経験させるジョブローテーション制度や社内でやる気のある社員から職種変更の公募を募る社内公募制度でジョブチェンジを成功させることが出来ます。

しかし、現在日本の会社の人事採用のホームページを見てもジョブローテーション制度や社内公募制度を採用している会社はまだまだ少ないのが現状です。

また社内でのジョブチェンジとしては会社からの命令で職種を変えることもありますが、その場合前向きなジョブチェンジでは無いパターンが多いので自身のスキルアップやモチベーションが上がるジョブチェンジにはなりません。

 

転職でのジョブチェンジ

 

社内で職種を変えるジョブチェンジの制度が無い時はジョブチェンジの制度がある会社に転職してからのジョブチェンジや今までのキャリアをリセットして新しい職種へ未経験にチャレンジするジョブチェンジがあります。

一旦同じ職種で転職してから制度を利用してのジョブチェンジは時間がかかりますし、未経験からのジョブチェンジは金銭面や時間の面でもデメリットがあります。

ここからはジョブチェンジによってもたらされるメリットとデメリットを解説していきます。

 

ジョブチェンジのメリット

 

 

キャリア形成の強い味方になる

 

ジョブチェンジを行うことにより新しいキャリアを獲得することが出来れば自分のキャリア形成の強い味方になります。

営業職一筋の営業マンより営業からマーケターへジョブチェンジをしてマーケティングも出来る営業マンになった方がこれからの時代に生き抜く強い力になります。

 

仕事に対する新鮮さを保てる

 

ジョブチェンジをすれば仕事に対する新鮮さやモチベーションを保ち常に仕事に前向きに取り組む事が出来ます。

同じ職種で同じ会社にいるより色々な職種を経験し社内や社外からも必要にされる人材になれば次々と新しい仕事も舞い込んできますので仕事に対する新鮮さを持ち続けるきっかけにジョブチェンジがなります。

 

ジョブチェンジのデメリット

 

 

未経験スタートによるハンデ

 

社内でのジョブチェンジでも会社を変えてからのジョブチェンジにしても新しい職種に対しては未経験からのスタートになります。

一から新しい仕事を覚えるのは仕事に対するやりがいや新鮮さを持てる反面、慣れるのに時間がかかり新しい職種に対する勉強も必要になってきて最初の内はプライベートに影響を及ぼす場面も出てくるかもしれません。

 

給料がダウン

 

同じ会社内でのジョブチェンジだとそこまで待遇が変わらないと思いますが転職し会社を変えて一から新しい職種へ未経験となると会社側も未経験者採用になり給料がダウンする等待遇面でのマイナスが生じやすくなります。

次からはジョブチェンジを成功させるためにジョブチェンジを成功しやすい人のタイプを挙げていきます。

 

ジョブチェンジを成功しやすい人

 

 

20代の若手、第二新卒社員

 

ジョブチェンジをすると新しい仕事を一から覚えないといけません。

そうなるとやはり20代の若手社員や第二新卒の社員がジョブチェンジの成功がしやすくなります。

若いと仕事の覚えも早くまた体力面や給料面でも会社側から見てもジョブチェンジのしやすい人材として扱われるのです。

 

Geekly Media ライター

平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

転職期間で平均的なのは3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月といわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。

 

「長引いたら…」と不安になる気持ち良くわかります。

実は転職するまでの期間には、あなたが転職に向かうスタイルや注意を払うべき点があるのです。

これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることも。

 

そこで本稿は、大手量販店での人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者が、「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

転職は離職後?それとも在職中?

 

 

あなたは転職するのに「離職後」か「在職中」かで、どちらのスタイルが良いのか迷っていませんか?

先がみえない転職では、あなたに迷う心が生まれるのは当然のことです。

これだけは頭に入れておいて欲しいのですが、「離職後」でも、「在職中」でもメリットとデメリットがあります。

現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

 

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に転職活動をしたら?

 

あなたが転職活動をはじめたからといって、すぐに内定をもらえる保証はありません。

そうです、ここが離職後に転職活動をする1番のデメリットになります。

 

これまでに十分な蓄えがあって独身であれば転職が長引いてもなんとかなるでしょう。

1番してはいけないのは、現職が嫌だからという感情が理由で離職すること。

ただ離職後の転職活動には、自由な時間を得られるメリットがあります。

 

面接時間を申し込んだ企業の都合に合わせられたり、スキルアップの時間にあてたりできるのは魅力です。

 

在職中に転職活動をしたら?

 

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうこと。

あなたの業務の忙しさ次第では、申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてことも。

有給休暇を取得する時期を、業務の都合でずらすのは違法ではありません。

 

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

在職中に転職活動をするのは、毎月必ず安定した給料が入ってくるのが最大のメリットでしょう。

この安心感は他のどの要素もかないません。

 

転職活動は在籍中がおすすめ!

 

転職するからには、じっくりと焦らずに転職先を選びたいものです。お金に困り始めると、必ずといって良いほど焦りを感じます。

これでは満足のいく転職先を探せないですよね。

 

転職活動の基本は、安定した給料を受け取り続けながら心に余裕を持てる在職中に行うのが良いでしょう。

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。

健康を損なってしまってはいけません。

 

転職する期間の3つの流れをチェック!

 

 

一般的に転職するまでの期間が3か月だとわかりました。

しかし、今回がはじめての転職活動だとしたら、3か月の流れがわからないですよね。

Geekly Media ライター

SHIN

転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

Geekly Media ライター

SHIN

【転職カレンダー】転職の平均期間からスケジュールの立て方、スケジュール管理アプリまで徹底解説!

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断です。そんな重要な選択に皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?今回はそんな転職にかける期間やスケジュールの立て方について、簡単にスケジュール管理ができるアプリについて紹介していきます。しっかりスケジュール管理をして最高の転職をしましょう。

 

転職におけるスケジュール管理

 

 

転職活動をしていく上でスケジュール管理というのはとても重要なものです。

書類はいつまでに出さなくてはいけないのか、面接はいつなのか、現職の会社との兼ね合いは等のスケジュール管理はもちろんいつまでに転職活動を終わらせたいのか等、明確な計画をもって動くようにしましょう。

ダラダラと転職活動を続けていると結局転職できなかった、良い転職ができなかった等後悔の残る転職になってしまいます。

 

転職活動の平均期間は?

 

 

転職活動の平均期間は3ヶ月だと言われています。

 

最初の1ヶ月は転職活動の下準備の期間です。

履歴書や職務経歴書の作成など自分を見つめなおして、自分の長所や短所など面接で聞かれるような事について考えていく作業と共にどんな転職先がいいのかなど自分の希望を固めていきます。

ある程度希望が固まってきたら企業検索も行っておきましょう。

自分が希望する仕事はどんな企業が求人を出しているのかを色んなサイトから探したり、エージェントを利用する場合は自分の希望を的確に伝えて履歴書や職務経歴書についてもしっかり作り方を相談しておきましょう。

 

2ヶ月目は応募をしていきます。

本命の企業だけではなく、自分の希望に当てはまる企業を複数応募していきましょう

また、最初は本命の企業には応募しないというのも手の一つです。

なぜなら、採用面接というのは独特な雰囲気を持っており人事の方は意外なところをチェックしていたりするので、営業などをされていて普段から企業の人と話すのが慣れている方でもうまく話せない事や何気ない行動がよくない印象を与えるなんてこともあります。

面接を重ねていくことで、どういう風に伝えたほうがいいかや質問に対する回答も固まってくるのでうまく話せるようになってきますので、何回か面接を受けた後に本命に応募するというのも一つの方法です。

しかし、その場合は本命の選考が終わっていないのに他の企業の内定に対して入社意思の返答をしなくてはいけないという事も起こりえるので注意が必要です。

 

3ヶ月目は実際企業に応募をしてみて変わった考え方などを改めて見直して、それをもとにさらに企業に応募していきます。

この3ヶ月にプラス1ヶ月、現職の会社の引継ぎなどの期間を設ける場合が多く転職活動を始めてから4カ月ぐらいで転職を完了させる方が多いです。

 

スケジュール管理の方法

 

応募・面接のスケジュール管理

 

 

先ほどから話している通り、スケジュール管理は転職活動を成功させるために非常に重要なことであり、特に現在も会社勤めをされている方は自由に使える時間がない分効率的に動かなくてはいけません。

効率的に動くには近い場所の企業は同日に面接を入れることが好ましいです。

なので、面接地が近い企業には同じくらいのタイミングで応募するのがいいでしょう。

 

また面接は平日に行われることが多いのですが、現在も会社勤めをされている方の中には有休などを使って時間を作るのが難しいという方も多いと思います。

そんな方は遅い時間や土曜日の面接などを提案してみましょう。

面接先の企業もあなたが忙しいという事は分かっているので、融通を利かしてくれるかもしれません。

仕事終わりに面接を入れる場合は、絶対に遅れないようにイレギュラーな残業などが起きにくい曜日を選択するように心がけましょう。

 

退職のスケジュール管理

 

 

転職先を探すスケジュールを管理するのと共に退職をするためのスケジュール管理も必要です。

転職活動を始めると会社に迷惑をかける可能性があるので、始めるときに会社もしくは上司に報告するというのが理想です。

しかし転職を応援してくれる企業や上司だけではなく、むしろ退職を早めるなど転職活動に焦りを生んでしまうようなことになってしまう可能性があります。

会社や上司が転職に対してどんな印象かを理解したうえで事前に報告するかどうかを決めましょう。

 

報告をしないのであれば、できるだけ転職活動をしていることを気取らせないように今まで通りに生活することを心がけて下さいね。

 

また、転職する際に周りに迷惑をかけるのはあまりいいとは言えないので今抱えているプロジェクトなどがある方は、できるだけ退職するまでに完遂できるように計画を立てましょう。

 

では、報告をしないで転職活動をしていた方はいつ報告するかといえば内定が出た後というのが一番多いパターンです。

内定が出ていれば退職を早められてもそこまで苦になることはないので安心です。

Geekly Media ライター

有給が取れないのはなぜ? 有給を与えない会社の特徴とその対処法を徹底解説!

有給、取れてますか?企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。これは法律で決まっていることなので、例外はありません。有給は付与されているものの、取得できずにどんどん貯まっている、または有給が消滅してしまっている人はいないでしょうか?有給がとれない会社の特徴と、その対処法を紹介していきます。

 

有給とは、労働者がゆとりある生活を送るための権利

 

  

労働者の心身を癒やすための「有給」

 

有給は年次有給休暇といい、心身の疲れを癒やし、ゆとりのある生活をするために労働者に与えられる休暇のことです。

企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。

これは法律で決まっていることなので、例外はありません。

有給が付与される条件は

 

・雇入れの日から6カ月経過していること

・算定期間の8割以上出勤していること

 

の2つです。

通常、勤続年数が経過するごとに、所定の日数の有給が付与されます。

付与される日数は、正社員とパートとでは異なります。

また、有給は制限があり、2年間で失効してしまいますので、

その間で取得できなかった有給はなくなってしまいます。

 

 

有給が取れないのは気持ちの問題?

 

 

有給は「罪悪感」がある?

 

「日本人は休み下手」ということを聞いたことはありませんか?

実は、日本の有給取得率は他の先進国に比べ、非常に低くワーストクラスとも言われています。

日本の有給取得率が低い理由として、「罪悪感」が関係しているようです。

つまり、会社を休むことによって周囲に迷惑をかけてしまうことが忍びない

もしくは嫌に思われたくないという心理が働いているのです。

 

しかし、1人が休んだことで業務に影響が出る環境というのはいかがなものでしょうか?

罪悪感が生まれてしまうのには、働いている環境にも問題があると言えます。

有給は労働者の権利として法律で定められていますので、

本来は自由に取得することができるものなのです。 

 

なぜ有給がとれないのか?

 

 

有給が取れない理由はさまざまだと思いますが、ここでは主な原因を挙げてみましょう。

 

 1.業務が属人化している

 

 

その人しか業務のことがわからないので、休まれると仕事が止まってしまう……

業務が属人化していると起こってしまう状況です。

そんな状況の中で有給を取りたいと思っても、躊躇してしまうのではないでしょうか。

業務が人に偏ってしまうことは、会社の運用としてあまりいい状況とは言えませんが、多くの企業で起こっているようです。

この状況では、有給を取りたいと思ってもなかなか休むことができません。

 

2.会社の風習

 

 

職場で有給を取る習慣がない、誰も有給を取っていないという状況

この状況下では、「自分だけ有給をとるのは気が引ける……」という思考になっても仕方ないでしょう。

Geekly Media ライター

小石川 あおい

転職時期って本当に大事?結局おすすめの時期っていつ?時期によって転職が有利にも不利にもなる背景を含め徹底解説!

労働環境を大きく変えることができる転職。現職の企業に不満がある方は考えたことがあるのではないでしょうか?そんな転職で希望通りの労働条件を獲得するためには下準備が非常に大切なのですが、転職活動をする時期によって有利にも不利にも働くことがあることを知っていますか?今回はそんな転職時期について徹底解説していきます。

 

転職時期は本当に大切なの?

 

 

結論からいうと転職時期というものは非常に大切です。

下調べをしてから転職する時期を決めるだけで、転職活動のやりやすさはもちろん転職先での勤務もスタートしやすくなります。

焦って転職活動を始めて後悔する転職にならないようにしっかり転職時期について知っておきましょう。

 

求職時期を決めている場合がある

 

 

転職活動をする上で時期が大切な理由としてあげられる理由の一つは、そもそも企業が求人をしているかどうかが時期によって変わるからです。

近年は人材難なのでどの時期に求人サイトを見ても求人であふれているように見えますが、その中でもやはり増減はありますし、条件がいい企業や人気がある企業というのは通年募集しているというよりはポイントで募集している場合も多くあるので注意が必要なのです。

特に長年続いている企業の場合は今まで行った求人結果の蓄積データがあるので、その企業によって一番いいと思える時期にポイントで求人をだすというのも多いです。

いざ転職活動を始めてみたら転職先候補があまりないなんてことにならないように、転職先の企業にある程度目星をつけている方や希望条件をしっかりと持っている人は、しっかり下調べをしておきましょう。

現職の企業がいくら劣悪な環境であっても焦った転職活動では後悔することになるかもしれませんよ。

 

現職企業の事も考えましょう

 

 

転職の時期については転職先の企業だけではなく、現職の企業の事もしっかり考える必要があります。

基本的には転職するに伴って引き継ぎ作業が必要になります。

どんな仕事をしていたかによって引き継ぎにかかる時間も異なりますが、余裕をもって引き継ぎができるように時期を見計らうことも必要です。

プロジェクトの途中で辞めるのではなくできる限り切りの良いところまで仕事をして引き継ぐというのが後任者への配慮です。

また繁忙期での転職も動きが制限される恐れがあります。

転職の面接などは平日の日中に行われることが多いので、多くの人にとって現職の業務時間とかぶるので有休などを利用しての転職活動になります。

しかし繁忙期の場合はなかなか有休をとるのは難しいですし、その分周りにも迷惑をかけることになるので思うように転職活動ができない場合があります。

また繁忙期に転職を告げると、「繁忙期をさけてほしい」と企業側からお願いされることもあります。

本当に転職を決意しているなら毅然とした態度で転職の意思を貫く必要がありますが、もめる場合も少なからずあるのでまだ迷っている段階の場合は繁忙期に告げるのは避けたほうがいいでしょう。

「立つ鳥跡を濁さず」スッキリした気持ちで新しい会社でのスタートを切るためにも現職の会社の事も考えてから転職をしましょう。

 

おすすめの転職時期は?

 

 

ここまで転職先の目星がついている方や現職の会社に迷惑がかからないタイミングで転職するのが良いと話してきました。

次は具体的にはどのタイミングで転職するのがいいのかを紹介していきます。

 

転職者が多いタイミング

 

 

転職のタイミングは人それぞれですが、一般的には3月・9月・10月・11月に求人が増えて4月・1月入社の方が多いです。

理由としては、日本の企業は3月を決算としている企業が多いので決算に伴って人事異動により欠員補充や新たな人事計画が立ち上がる時期だからです。

また、4月は新入社員が入社してきます。

人事のお仕事は人を入退社の管理をするお仕事だけだと思われがちですが、研修や育成などもしなくてはいけません。

そのため、新入社員が入ってくる4月はとても忙しく3月までに中途の募集を終わらせられるように動くため3月に求人が増えるのです。

9月・10月・11月に求人が増えるのは、夏と冬のボーナスをもらった後に転職する方に向けて求人を出すからです。

転職は新たなことを始める行為なので、区切りのいい年度替わりの4月や新年を迎える1月に新規一転して新しい会社でスタートを切る人が多いです。

 

掘り出し物があるかも

 

 

一般的に求人が多い時期と転職者が多い時期を紹介していきましたが、その時期が正解というわけではありません。

あえてその時期を外して転職活動をするという方法もあります。

なぜなら、企業側もあえて求人が多い時期を外してきている場合があるからです。

大企業など求人データが蓄積されている会社や大量に人員を募集したい場合は求職者が多いタイミングに求人が集中する傾向にあります。

しかし、大企業・有名企業相手だと名前負けしてしまう企業や急な人員募集などの少人数募集の場合は求職者が多いタイミングを外して、ライバルの少ないタイミングで求人する場合があります。

大企業・有名企業ではなくてもいい会社は沢山あるので、そういう掘り出し物を探しながら転職活動をするというのも一つの手ではあります。

ただ、確率論的にいえば求人が多い時期に転職活動をしたほうが転職できる確率は高いのでここは考え方次第です。

確実に転職をしたいと考える方は、一般的な転職時期に合わせる方が無難です。

しかし、狙っている企業がある場合はや条件のいい掘り出し物の企業を探したいという方は、あえて一般的に転職時期をずらして条件のいい企業を探すというのもいいかもしれません。

 

転職時期が有利に働く場合 人事評価

 

 

転職時期が有利に働く場合の一つに人事評価があります。

これは転職先での人事評価ではなく、現職の会社での人事評価の部分です。

中途入社は今までどんな事をしてきて、どんな成果を出してきたのかという部分を職務経歴書に記載させられ、そこを判断基準とされることが多いです。

そのため、できるだけ悪い評価というのは転職志望の企業には渡したくないですよね。

そんなの書かなければいいのではと思われる方も多いと思いますが、評価が良かった時の事だけ書いてあると書いてない時期は悪かったのだと理解されてしまう恐れがあります。

転職を考えている方の中には最近仕事がうまくいかなくなってしまったからという方も多くいると思います。

職務経歴書で仕事がうまくいっていないことがばれてしまうと逃げの転職という悪いイメージを与える可能性があります。

人事評価というのは決算期に出されることが多いので、今までの成績は良かったけど今回の成績は芳しくないという方は、評価が出る前に転職活動をする事で転職先企業に良い情報だけを与えることができるのです。

また、成績が悪くなっていない人も転職活動をする事で成績が悪くなる場合があります。

現職の仕事も転職活動も両方全力で取り組むことが理想ですが、やはり複数の事に集中するのは非常に難しいのでそこも予測して動くと時期をうまく利用することができます。

 

転職時期が不利に働く場合① お金

 

勤続期間に比例するお金

 

 

転職する理由の一つに年収を上げたいと考える人は多いと思います。

確かに転職の際に過去の経験や能力によって年収を上げることは可能ですが、転職時期によっては初年度の年収や生涯収入が減ってしまう可能性があるので注意が必要です。

初年度年収が下がってしまう要因の一つが賞与です。

賞与は対象期間の成果などに比例して支給するお金なので、対象期間の一部にしか勤続していないとその分賞与も下がってしまいます。

なので、いくら月収が上がったとしても年収は下がってしまう場合があります。

もちろん2年目以降は満額もらえる可能性が高いですが、初年度の年収が下がってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

また、転職をすると退職金など勤務年数と比例してもらえる金額が伸びていく福利厚生はリセットされてしまいますし、転職活動に戸惑って離職期間ができてしまう場合は失業手当が出るのですが、雇用保険の加入期間が10年未満かどうかでもらえる期間に差が出るので注意が必要です。

 

昇給のタイミング

 

 

転職をするときは昇給のタイミングも気にかける必要があります。

転職してすぐ昇給するのは難しいのでそんなに気にしなくてもいいような気がしますが、自分の昇給ではなく周りの昇給が自分の給与に関係してくる可能性があるのです。

転職の時は今までの経験や能力から給与面を相談しながら決定していくことができるのですが、転職先の会社に同じような年齢で長い期間勤務している方がいる場合は、その方を基準に考えられる場合が多いのです。

いくら中途とはいえ同じよう

 

な年齢の人が成果もまだ出していないのに自分より高い給与をもらっていたら気分がよくないですよね。

人事の方は社内の環境も整えないといけないので、よほどの経験や資格を持っている方ではないと高い給与を提示しにくいのです。

そのため、昇給直前に入社すると昇給のタイミングでみんな給与が上がるのに自分だけ上がらないということになる場合があるので、昇給のタイミングもチェックしておきましょう。

 

転職時期が不利に働く場合② 入社のタイミング

 

 

どのタイミングで入社するかもあなたにとって不利に働く場合があります。

それはどんなタイミングかというと、「繁忙期」と「新卒入社期」です。

 

繁忙期

 

 

繁忙期が入社のタイミングとどう関係するかというと、みんなが忙しいので研修などがおろそかになりいきなり現場に出されてしまう可能性が高くなってしまうというところです。

今までの経験があるから大丈夫と思われる方も多いと思いますが、会社というのは会社ごとに色があり同じ業界・職種で転職してとしても、アプローチの仕方や処理の仕方などが異なります。

なので、同じ調子で仕事をしているとミスにつながる危険性が高くなってしまい結果を出しにくいです。

現場で失敗を繰り返しながらでも学んでいきたいという方には良いかもしれませんが、まずはしっかり会社に慣れたいという方には不利な要素となるでしょう。

 

新卒入社期

 

 

同じように新卒が入社するタイミングも中途入社の方にとっては不利になる場合があります。

それは新卒と同じように教育される可能性があるからです。

新卒はこれから始めて社会に出るということで、基本的な挨拶の仕方から研修を始める会社が多いです。

20代の中途入社だとまだ経験も浅いという事やばらばらに研修をするのが手間になるということで、同じように基本的なことからやり直すことになります。

もちろんそれが良いと思う方もいるとは思いますが、ある程度自分のやり方というものを確立している方にとってはその研修が苦痛になる事もあります。

 

最後に

 

 

転職というのは行う時期によって有利にも不利にも働きます。

その時期というのもどういう転職活動がしたいのかによっても変わってきますので、これが正解というものはありません。

しかし、しっかり下調べをするのとしないのでは結果が大きく異なってきます。

希望通りの転職・後悔しない転職をしたいという方は是非転職時期にも気を使って転職活動を成功させてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

こんな福利厚生もあるの!?企業が導入するユニークな福利厚生を徹底解説!

少子高齢化や転職市場の活性化に伴い、「人材不足」に頭を抱える企業は年々増えています。そのため優秀な社員をいかに自社に留めておくかは、もはや経営課題。そこで注目されているのが福利厚生です。今回は他社と差を付けるユニークな福利厚生を導入している企業を紹介します。社員流出を止めたい経営者の方は必見ですよ!

 

福利厚生のメリット

 

 

最大のメリットは「従業員のモチベーション向上」

 

福利厚生と言っても様々な導入目的がありますが、最大の目的は「従業員のモチベーション向上」と言えるでしょう。

やはり人間、快適な職場環境で働くとやる気はアップするもの。

逆に劣悪な環境だと、どんなに優秀な社員であってもそのパフォーマンスは下がってしまいます。

社内の環境、と言う点で福利厚生が果たす役割は計り知れません。

無料のコーヒースペースがあるだけで仕事中の息抜きにもなりますし、他の社員と気兼ねない会話をすることで疲れた頭をリフレッシュすることができます。

「働き方改革」がそこかしこで叫ばれていますが、その目的は「生産性を上げること」。

日本人は働きすぎにも関わらず生産性が低いことから、いかにして生産性を上げるかが日本の至上命題です。

そこで注目を浴びているのが、「息抜き」。

働き詰めでは頭の回転が遅くなることから、適度なリフレッシュを挟みつつ仕事をすることが推奨されてきています。

 

優秀な社員の流出を抑制する役割も

 

大企業と言えど安心できる環境とは言えなくなっている昨今、より安定した企業を求めて転職する人が増えています。

そこで彼らが気にするのが福利厚生の充実度。

仕事だけではなく、私生活も充実させたいと考える方が増えていることがその背景にあります。

ワークライフバランスの充実を求める社員の増加に伴い、福利厚生の充実度が社員満足度に大きく関係してきました。

そのため社員の流出を食い止めたい企業は、こぞって福利厚生の改革に乗り出しています。

 

福利厚生は採用でアピールする材料に

 

 

採用活動で福利厚生をアピールする企業が増えています。

今や学生の注目は「働きやすさ」。

ブラック企業に関するニュースが世間を騒がしていますが、快適な環境で働きたいと考える若手は多いものです。

そこで企業の新卒採用担当者はこぞって自社の福利厚生の充実度をアピールしています。

中途採用のホームページにも福利厚生の文字が並びます。

今は企業の評価サイトなどでそこで実際に働く社員の社員満足度が簡単に分かる時代。

転職者も働きやすい職場を求めています。

そこで重要になるのが福利厚生の充実度。

福利厚生の満足度がイコール社員満足度に繋がる面もあり、企業の中途採用担当者も福利厚生のアピールに必死になっています。

 

福利厚生のデメリット

 

 

導入コストがかかる

 

福利厚生の導入にはコストが発生します。

設備の拡充には投資費用が発生しますし、福利厚生担当者を専任で置いた場合には人件費も乗っかってきます。

更に社員により福利厚生への満足度に差があるため、効果を検証できないという側面も

福利厚生費が年間の予算で最後に承認されるという企業も多いのではないでしょうか?

特に一度導入した福利厚生が社員に支持されずに廃止することは、導入費用をペイできなくなることから避けたいところ。

そこで実施前には必ず従業員にヒアリングをしたりアンケートを取るようにしましょう。

従業員の生の声を聴くことで、効果的な福利厚生の導入が可能になります。

 

実は福利厚生の管理は骨が折れる業務

 

福利厚生導入のデメリットとして次に挙げられるのが、その管理がとても煩雑なこと。

従業員に制度を周知徹底し、年ごと、時には月ごとの利用者数を集計。

そして利用率が少ないものに関してはその原因分析や、時には廃止の検討をすることもあります。

福利厚生はどうしても社内業務の優先度としては低くなってしまうため、大企業であっても福利厚生担当が1人というところも珍しくありません。

そのため必然的に1人にかかる業務量が増えてしまいます。

そこで検討したいのが福利厚生のアウトソーシング。

専門の業者が社員アンケートの実施から社員への周知、また利用率の分析まで行ってくれる便利なサービスです。

他の企業がどのような福利厚生施策をしているのかというリアルタイムの情報が入る点も魅力。

福利厚生担当がそもそもいない、または少人数で回しているという場合には検討してみることをおすすめします。

 

福利厚生の種類

 

 

福利厚生は「法定福利制度」と「法定外福利厚生」に分けられます。

前者は健康保険や労働保険など法律で企業に義務付けられているもの。

後者は法的な義務はなく、企業が自由に設計できるものを指します。

一般的に福利厚生は後者の「法定外福利厚生」に該当し、「ソフト施策」と「ハード施策」に分けられます。

 

一般的な福利厚生(ソフト施策)

 

ソフトな福利厚生の例として挙げられるのが、住宅手当や家賃補助といった制度。

給与・賞与以外に別途支払われるものであり、企業によっては支給されないところもあります。

出産祝いや慶弔見舞金などの制度を導入している企業は多いですよね。

また社内サークルや部活動が盛んな企業は、その活動費が福利厚生費として支給される場合もあります。

 

一般的な福利厚生(ハード施策)

 

ハードな側面としては社宅や保養所の設置、また社員食堂などが挙げられます。

社員の余暇の充実や休息を目的に導入されることが多いですね。

しかし維持費用がかかるなど、近年ではこれらを廃止する企業も増加しています。

また最近は従業員のメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれており、その対策として産業医や心理カウンセラーを常駐させる企業も出てきています。

 

ユニークな福利厚生導入例(Chatwork)

 

 

業務効率化と会社の成長を目的にしたサービスを次々と送り出す「Chatwork(チャットワーク)」。

導入企業数が20万社を超えた主力サービス「Chatwork」を利用している方も多いのではないでしょうか?

業務効率化を掲げている企業なだけあり、福利厚生も業務効率を上げるユニークなものが並びます。

 

ゴーグローバル制度

 

社員の知見を広げるために、海外旅行の費用を支援する制度。

1人につき14,000円まで会社が補助してくれます。

世界進出を目指している企業ゆえに、社員がグローバルな視点を持って働いてくれることは会社としても大きなメリット。

福利厚生施策ではありながら、社員に対して会社の方針をメッセージングしている点でも好例と言えます。

 

社員同士で食事をとる時に4,000円を支給

 

社員同士のコミュニケーションを活性化させることを目的に導入された制度。

社員同士のランチに4,000円が会社から支給されます。

これまで以上に不透明になる世の中を企業がサバイブしていくためには、社員同士のこれまで以上の連携が不可欠。

ランチで息抜きをしてほしいという会社の想いと、情報交換を活発化してほしいという願いが込められています。

 

チャット保健室

 

チャットで専門機関に医学相談ができるサービスです。

健康不安やメンタル不調などの際に、社員がすぐに相談できる場所があるのは嬉しいところ。

「健康経営」が叫ばれて久しいですが、社員が健康に働いてくれることは会社の健全な成長に繋がります。

 

ユニークな福利厚生導入例(ウェディングパーク)

 

 

式場探しの口コミサイトとして有名な「ウェディングパーク」を始め、ウェディングに関する様々なサービスを展開。

2018年に「働きがいのある会社」ランキングにノミネートされ、新入社員定着率が9割を超える社員満足度の非常に高い企業として知られています。

 

8活(はちかつ)

 

朝の時間を有効活用するために導入された制度。

朝早く出勤した社員には無償で朝食が振る舞わられます。

この制度を導入することで必然的に退勤時間を早めることができ、仕事終わりのプライベートな時間を充実させることができるというメリットも。

8活」というネーミングも、社員が呼びやすいフレンドリーな名前になるように工夫されています。

 

カレーファミリー制度(カレファミ)

 

社員同士の懇親を深めるために部署横断で「家族」を作る取り組み。

社員が「親」と「兄弟」の担当に分かれ、一緒にカレーを食べる会が半年に3回催されます。

主に新入社員が日々の不安な気持ちを先輩社員に相談できる場として設定。

直属の上司には言えない悩みであっても気軽に相談できることで、結果的に若手人材の流出抑制にも一役買っています。

 

ユニークな福利厚生導入例(バンダイ)

 

 

玩具を専門に扱う国内最大手メーカー。

ガンダムなどの有名コンテンツを多数保有しており、就職活動中の学生からも高い人気を誇っています。

人気の秘密は扱っている商材だけではありません。

その福利厚生も充実しており、他社にはないユニークなものとして社員からの評価も上々です。

 

ファミリーイベント

 

社員の子供や親が参加できるイベントを年に1回開催しています。

玩具メーカーらしく、ヒーローショーなどを社内で開催。

子供を親に持つ社員に優しい福利厚生が充実し、社員のプライベートも充実させてくれる制度となっています。

 

記念日を会社から祝福

 

社員やその家族の誕生日、また夫婦の記念日などに会社からプレゼントが贈られる制度。

社員の家族も「従業員」として捉える企業姿勢で満足度を高めています。

子供の誕生日には会社でお父さん、お母さんからの写真と社長からのメッセージが届きます。

社員の家族のために社長が一役買うとは、バンダイ恐るべし・・・です。

 

福利厚生は今や「経営課題」

 

 

社員がモチベーション高く働ける環境を作ることが、これからの会社の成長には不可欠。

社員同士が顔を突き合わせて会話できる空間や、業務効率を上げる施策などが今後更に求められてきます。

もちろん導入に当たっては効果検証がなかなか難しいというデメリットも。

しかし、これだけ福利厚生への注目度が高まっている社会において、福利厚生の充実度が会社の成長に貢献することは疑いの余地がありません。

また制度が形骸化しないように、積極的な社員への働き掛けも必須。

例えば社員に自社オリジナルの制度を考えてもらう機会をセッティングしたり、呼びやすいネーミングにしてみるなどの工夫をしてみても良いでしょう。

今回は福利厚生導入のメリットを挙げ、ユニークな制度を導入している企業を詳しく解説してきました。

他社と同じような制度を導入しても差別化には繋がりません。

この記事を参考に、社内外から注目を集める福利厚生を考え、導入してみてはいかがでしょうか?

Geekly Media ライター

heytaku7

『週休2日制』と『完全週休2日制』の違いとは?企業選びで抑えておきたいポイント!

週休二日と完全週休二日の違いについてご存知ですか?
名前は酷似していますが、実は全くの別物なんです。知らないと痛い目を見るこの二つの違いについて徹底解説していきます!休日出勤したはずなのに残業代が増えている、などのよくありがちな悩みの正体を、元人事部勤務の筆者が徹底解説します!

 

週休二日と完全週休二日は全くの別物!

 

 

週休二日っていうくらいなんだから、週に二回休みがあるんでしょう?

そんな風に考えている方はいませんか?

実は週休二日と完全週休二日は全くの別物。プリンとプリン体くらい違います。プリンがもらえたら嬉しいけど、プリン体は全然嬉しくないですよね。

的はずれな比喩はさらっと流して、まずは週休二日とはどういうものなのか、見ていきましょう。

 

週休二日ってどういうもの?

 

 

週休二日は、「一ヶ月のうち最低一週は休みが二回ある週が存在している」ことを意味します。つまり休みが一日しかない週が三回続いても、一週だけ二日の休みが取れれば週休二日制と名乗っていいわけです。

なんて紛らわしいんでしょう。実質月に五回しか休めていなくても週休二日制と名乗れてしまうんです。

次に完全週休二日制を見てみましょう。

 

完全週休二日ってどういうもの?

 

 

完全、という名の通り、週二日の休みが完全に確保されているのが完全週休二日制です。

四週間のうち一週でも休みが二回とれなかった場合は、完全週休二日制と名乗ることができなくなります。選ばれし労働条件なんですね。

ところで、休日は二種類存在しているってご存知でしたか?

完全週休二日と、週休二日を理解しただけではまだまだ序の口。

休日マスターになるためには法定休日と所定休日の違いまで完璧に理解しておく必要があります。

というのは冗談ですが、真面目な話、企業選びの基準や残業代の未払いを防ぐためにも休日の種類を知っておくとかなりためになりますので、あわせてこの機会に知っておきましょう。

 

法定休日と所定休日の違いって?

 

 

実は労働者に認められている休日は月四日しかありません。知っていましたか?

四日×十二ヶ月で、年間四十八日の休みしか取らせなくても、法律上なんの問題もありません。これはかなり極端な例ですが。

そしてこの月四回の休みは法定休日と言います。もう一つの休日は所定休日、企業が独自に定めた休日のことです。

それぞれどういった休日なのか、解説していきます。

 

法定休日は法律で定められた労働者の権利

 

 

労働基準法では月四回の法定休日を設けることを定めています。

これを勝手に減らすことは認められていませんし、月四回の休みを取らせずに働かせることは歴とした犯罪行為です。

しかし、実は四回の休みを取らせずに働かせる裏技も存在します。

その裏技については後ほど詳述します。

ひとまず、最低限月四回の休みが法律で定められている、ということを理解しておいてくださいね。

 

所定休日は会社が独自に定めた休暇のこと

 

 

法定休日以上に設けられている休日は全て企業が独自に定めた休日になります。

これを所定休日といい、あとから勝手に増減させることはできません。

例えば年間休日が百二十日あるというアナウンスを聞いて入社したのに、実は百日を切っていた、という状況は明らかな詐称になります。

会社が用意したカレンダー通りの休みが取得できなかった場合、会社は割増賃金を支払わなくてはなりません。

いわゆる残業代や、休日出勤手当などです。

どうしてこんな紛らわしい休日の話なんぞをはじめたのかというと、休日の種類を知らないとこうした割増賃金の計算方法が絶対に分からないからです。

労働者が最低限身につけておくべき基礎知識ですので、もう少しだけお付き合いください。

 

休日出勤なのに残業扱い?給与計算のワナとは!

 

 

先ほど法定休日の話をしましたが、覚えていますか?

法律によって定められた、月四回の休日のことでしたね。この休日を削ることは許されていません、基本的には。

しかし、基本給を時給換算し、その時給に一.三五をかけた割増賃金を支払うことで法定休日を削っての出勤を命じることができるのです。

この説明を見て、中には「そういえばこのあいだ休日出勤したのに、休日出勤が付いていなかった、イカサマだ!」と憤っている方もいらっしゃるでしょう。実はそこに給与計算のカラクリがあります。

 

法定休日と所定休日で割増賃金が異なるカラクリ

 

 

所定休日の話に戻りましょう。

所定休日が八日ある企業を仮定してみます。八日のうち四日までは法定休日、上乗せされた四日は所定休日となりますが、この上乗せされた四日は企業が独自に定めた休日です。

この所定休日を削って休日出勤を命じる場合にも割増賃金を支払わなければなりません。

しかし、実は所定休日を削る場合、法定休日とは計算方法が異なるのです。

所定休日を削って出勤した場合、基本給の時給換算に一.二五をかけた金額を支払うことが定められています。

気づいた方も多いと思いますが、これは残業代の計算方法と同じです。

ここから分かることは、休日出勤とは、あくまで法定休日を削った場合にのみ適用される概念で、所定休日を削っただけでは週四十時間を超えた残業、という区分になってしまうということ。

なんと休みを返上しているのに残業扱いになるんです、ちょっと腑に落ちませんよね。

 

休日出勤になるのは法定休日を切ったときだけ!

 

 

悲しいかな、これが現実ですので制度を変えない限り待遇は変化しません。

しかし、法定休日や所定休日のカラクリを理解したあなたは休日マスターに一歩近づきました。

これから企業を選ぶときには、こうした休日の区分けを知っているとかなり企業の本質が見抜きやすくなります

「週休二日制でプライベートも充実!」という文言に躍らされることもなくなりますね。選ぶときには完全週休二日制の企業を優先的に選ぶとワークライフバランスが保てるでしょう。

 

話題のブラック企業を見分ける簡単な方法を伝授!

 

 

休暇などの待遇面を質問するのはすこしはばかられますが、やはり面接時に聞きにくいことをあえて直接尋ねるのが一番良いでしょう。

そこで口ごもったり、週休二日制だけど連休が取れる、などと言い訳じみたことを言う企業は少し危険です。

そもそも週休二日の企業であっても週四十時間を超えた労働時間分の残業代は支給されますので、企業側はなにもやましく感じる必要はありません。堂々と説明すればいいだけなのに、そこで口ごもるというのはなにか裏を感じてしまいますよね。

残業しているのに未払いだったり、こちらが知らないのをいいことに、違法な労働を強いている可能性があります。

ブラック企業でなくとも、残業が多い会社は存在しますが、仕事に熱中したい方はむしろこうした週休二日制の企業の方が成長できるかもしれません。

お金も稼げますし、成長にも繋がります、求めているキャリアを実現できそうな企業を選びましょう。

ミスマッチを防ぐためにも休日の制度についてはしっかり聞いておきましょう。

あとから嘘だとわかった場合には、すぐに労働基準監督署へ相談に行くことをおすすめします。

 

もう騙されない、年間休日の落とし穴とは?

 

中には年間休日を多く見積もって新卒や転職者を誘い込む企業もありますが、こうした企業も質問をすることである程度見破ることができます。

そもそも週休二日制で年間休日を百二十日以上確保するのはほぼ不可能です。

有給を使わずに公休だけで連休を何度か取得させなければ実現できません、社員が年に何度も長期休暇を取得する必要が生まれ、現場にかなり負荷がかかります。

企業の実情を知るためには、年間休日よりも週休二日か完全週休二日かを確かめたほうが確実です。

 

週休2日か完全週休2日かを見極める

 

 

転職エージェントを通して転職する場合には、エージェントに相談するのが一番確実で手っ取り早い方法です。

企業をスクリーニングする時点で休日制度をはっきり指定しておけば、確実に希望にあった休日制度の企業を紹介してもらえます。

むしろ重要なのは自分自身の求めるワークライフバランスを実現するためにはどちらの休日制度を選ぶか、といった点でしょう。

 

労働基準法は最低限備えておくべき知識

 

 

労働者には多くの権利が認められていますが、そうした権利を主張できない方が多く存在しています。

企業が認めてくれない、という声をよく聞きますが、あなたの権利を認めるのは企業ではなく国や法律です。

権利を正しく履行するためにも、まずは最低限の知識を身につける必要があります。

適切な知識が身につくと、面接や企業研究の時点で自分にあった企業を見つけられるようになるでしょう。

 

自分に合った企業を見つけてQOLを向上させよう

 

 

一概に週休二日の企業が悪いというわけではありません。

実際に筆者が知っている社会人の男性は完全週休二日制だとお金が稼げない場合が多いといって、わざと休日が少ない会社に入社し、バリバリ働いています。

本人がどのように人生を豊かにしていくか、という観点で企業を選ぶと良いでしょう。

最近は休みが多く残業が少ない企業がもてはやされていますが、それだけが全てではないようにも思えます。

こうした労働に関する基本的な知識をしっかり身につけて、QOLを高めていきましょう。

Geekly Media ライター