「農業×IT」で出来ることとは?! IT技術の導入事例・今後の展望を徹底解説!

さまざまな分野でテクノロジー活用を示す造語「○○ Tech(テック)」が流行しているように、今やどの分野においてIT技術は欠かせないものになりました。一見ITとはイメージがかけ離れている農業においても、例外ではありません。今回は農業におけるIT技術導入事例を交えて、ITで変わる農業のこれからを解説していきます。

 

今、農業にはIT導入が「不可欠」である現状

 

 

農業を取り巻く課題「人手不足」「高齢化」

 

実は、農業の現場ではIT技術の導入は必要不可欠な状況に陥っています。

深刻な人材不足と、高齢化が進んでおり、農業の担い手が減少しているのです。

 

農林水産省が公表している「農業労働力に関する統計*1」によると、

農業就業人口は平成22年から徐々に減少しています。

平成22年が260万人だったのに対し、平成30年では175.3万人と約85万人減少したという結果が出ています。

 

加えて、平均年齢も増加傾向にあります。

もともと、平成22年時点で農業就業者の平均年齢は66.1歳と高齢化が進んでいましたが、平成30年には66.6歳とさらに上がってきています

慢性的な人手不足と高齢化が進む農業において、IT導入は急務といえます。

 

*1:引用│農林水産省 農業労働力に関する統計「農業就業人口及び基幹的農業従事者数」

 

農業×ITの現状

 

 

農林水産省が提唱する「スマート農業」

 

こうした背景をうけ、農林水産省が提唱している取り組みが「スマート農業」です。

「スマート農業」の定義は以下のとおりです。

 

ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業

出典:農林水産省│スマート農業の実現に向けた研究会

 

ICTはInformation and Communication Technologyの略称で、「情報通信技術」とも訳されます。

ITとほとんど同義ですが、コンピューター技術の「活用」を強調する場合に区別して使われます。

「スマート農業」をはじめとする政府の働きかけもあり、農業にITを導入して成果を挙げた事例も増えてきています。

 

農業の現場で活躍しているIT技術

 

農業で導入されているさまざまなIT技術。

労働力として人の代わりとなって働くロボットや、データを活用して業務効率化を図るもの、

農業のナレッジを仕組み化して、知識がない人でも農業に従事することを可能にするもの、

生産に関する業務だけではなく、流通や販売の効率化するものなど、

農業に関わる幅広い工程において適用されています。

 

では実際にITを導入した事例を見ていきましょう。

 

ロボットが人手に代わる労働力に

 

 

農業の現場でロボットテクノロジーはさまざまな作業を担います。

農作物の収穫、農作業用ドローンによる農薬散布、無人走行するトラクターなど、

従来、人の手で行っていた作業をロボットが代用することで、大幅な省力化を図ります

 

収穫用ロボット

 

ロボットが収穫すると聞くと、何でも無作為に収穫してしまうのではという心配は、今や過去の話。

企業や大学で農業収穫ロボットの開発が盛んに進められ、最近では人手よりも高性能なロボットが開発されるようになっています。

 

例えば、パナソニックが開発したトマト収穫ロボットは、成熟したものだけを選別して収穫することができる優れもの。

ロボットに搭載されたカメラで収穫すべき実かどうかを判断し、他の実を傷つけない収穫経路を見極めます。

そして、収穫する実を引き果梗を押すことで、まるで手でもいだように収穫できるのです。

 

宇都宮大学では、工学部と農学部が連携して、いちご収穫用のロボットを開発。

果物の中でもとりわけ扱いに注意を払う必要があるいちご。

これを、傷付けず収穫し、さらに包装までをロボット化して一切手を触れずに流通に乗せることができるというのです。

 

収穫用ロボットの利点は長時間や夜間の作業も可能で、収穫時期の人手不足を補うことができます。

さらに、学習させることで作業の精度やスピードを改善できるのも、大きなメリットです。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

3+

ヘルプデスクに向いてる人は○○!仕事内容から必要なスキル、能力まで徹底解説!

ITによるサービスを円滑に行うために必要不可欠なポジションがヘルプデスクです。ヘルプデスクと言えばマニュアル通りに対応するといったイメージがありますが、実はだれよりも豊富な知識とコミュニケーション能力が必要であることをご存知でしょうか。今回は、ヘルプデスクの仕事内容や必要スキルを交えながら、ヘルプデスクに向いているのはどんな人なのかを徹底解説します。

 

ヘルプデスクとは

 

 

ヘルプデスクとは、サービスに対する問い合わせに対応する業種であり、IT業界におけるヘルプデスクでは主にIT技術全般のサポートを行います。

ヘルプデスクの業務は幅広く、PC操作や専門性のある知識を基盤とし、問い合わせに応じてスムーズな問題解決能力が必要となるのです。

 

ヘルプデスクの仕事内容

 

ヘルプデスクの仕事内容で最も重要なのは、問い合わせに対して「迅速」に「気持ちよく」対応し、業務に支障をきたしている問題を「短時間で解決」することにあります。

その対象はサービスを提供している顧客や、社内インフラに至るまで様々です。

 

社外向けのヘルプデスク

 

 

サービスを提供する顧客向けのヘルプデスクで、メーカーなどでは主にテクニカルサポートと呼ばれています。

自社製品、あるいは自社が導入した製品に対してサポートを行うことから「社外向け」のヘルプデスクと言えるでしょう。

サポート内容は主に製品のトラブル解決ですが、ほとんどの場合製品に接続されるPCOA機器の操作方法を一から説明し、トラブル解決へ誘導します。

主な問い合わせは以下の通りです。

 

・自社で導入した製品

・トラブルPCの操作方法

・業務に推奨される機器のスペック

 

ITに詳しい社員がいない場合、導入した製品だけではなく、利用しているPCや周辺機器についての問い合わせを受けることもしばしばあります。

 

社内向けのヘルプデスク

 

 

社内向けのヘルプデスクは、主に自社内で利用されるPCOA機器、サーバやネットワークのトラブルを解決します。

主な問い合わせは以下の通りです。

 

・社員用PCのトラブル

・社内OA機器のトラブル

・ネットワークトラブル

・導入したソフトウェアなどのトラブル

・管理している資産状況の問い合わせ

 

社内向けのヘルプデスクは、自社内に導入されているIT機器全般を把握しておく必要がありますが、人数も1〜2人で対応している企業も少なくありません。

また、社内SEが兼任しているケースも多く見られます。

 

一次受けと二次受けの違い

 

 

主に社外向けのヘルプデスクには、一次受けと二次受けがあります。両者の違いは以下のようになります。

 

一次受け:ユーザーから直接問い合わせを受けるヘルプデスク

二次受け:一次受けの問い合わせ内容で、調査が必要な問題を受けるヘルプデスク

 

二次受けに関しては、一次受けよりも専門知識が必要とされ、すぐに解決できない問題を引き受けます。

 

ヘルプデスクに必要なスキル

 

ヘルプデスクに必要なスキルは幅広く、製品知識はもちろんのことハードウェアの知識から問題解決能力、そしてコミュニケーション能力が必須となります。

 

ハードウェアの知識

 

 

ハードウェアの知識については、主にWindowsやMacOSなど、企業が業務に利用する機器全般の知識が必要です。

PCに起こり得るエラーに対して、ある程度の勘が働く程度の知識があるか否かで、トラブル解決までの時間が大きく変わります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

4+

【転職カレンダー】転職の平均期間からスケジュールの立て方、スケジュール管理アプリまで徹底解説!

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断です。そんな重要な選択に皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?今回はそんな転職にかける期間やスケジュールの立て方について、簡単にスケジュール管理ができるアプリについて紹介していきます。しっかりスケジュール管理をして最高の転職をしましょう。

 

転職におけるスケジュール管理

 

 

転職活動をしていく上でスケジュール管理というのはとても重要なものです。

書類はいつまでに出さなくてはいけないのか、面接はいつなのか、現職の会社との兼ね合いは等のスケジュール管理はもちろんいつまでに転職活動を終わらせたいのか等、明確な計画をもって動くようにしましょう。

ダラダラと転職活動を続けていると結局転職できなかった、良い転職ができなかった等後悔の残る転職になってしまいます。

 

転職活動の平均期間は?

 

 

転職活動の平均期間は3ヶ月だと言われています。

 

最初の1ヶ月は転職活動の下準備の期間です。

履歴書や職務経歴書の作成など自分を見つめなおして、自分の長所や短所など面接で聞かれるような事について考えていく作業と共にどんな転職先がいいのかなど自分の希望を固めていきます。

ある程度希望が固まってきたら企業検索も行っておきましょう。

自分が希望する仕事はどんな企業が求人を出しているのかを色んなサイトから探したり、エージェントを利用する場合は自分の希望を的確に伝えて履歴書や職務経歴書についてもしっかり作り方を相談しておきましょう。

 

2ヶ月目は応募をしていきます。

本命の企業だけではなく、自分の希望に当てはまる企業を複数応募していきましょう

また、最初は本命の企業には応募しないというのも手の一つです。

なぜなら、採用面接というのは独特な雰囲気を持っており人事の方は意外なところをチェックしていたりするので、営業などをされていて普段から企業の人と話すのが慣れている方でもうまく話せない事や何気ない行動がよくない印象を与えるなんてこともあります。

面接を重ねていくことで、どういう風に伝えたほうがいいかや質問に対する回答も固まってくるのでうまく話せるようになってきますので、何回か面接を受けた後に本命に応募するというのも一つの方法です。

しかし、その場合は本命の選考が終わっていないのに他の企業の内定に対して入社意思の返答をしなくてはいけないという事も起こりえるので注意が必要です。

 

3ヶ月目は実際企業に応募をしてみて変わった考え方などを改めて見直して、それをもとにさらに企業に応募していきます。

この3ヶ月にプラス1ヶ月、現職の会社の引継ぎなどの期間を設ける場合が多く転職活動を始めてから4カ月ぐらいで転職を完了させる方が多いです。

 

スケジュール管理の方法

 

応募・面接のスケジュール管理

 

 

先ほどから話している通り、スケジュール管理は転職活動を成功させるために非常に重要なことであり、特に現在も会社勤めをされている方は自由に使える時間がない分効率的に動かなくてはいけません。

効率的に動くには近い場所の企業は同日に面接を入れることが好ましいです。

なので、面接地が近い企業には同じくらいのタイミングで応募するのがいいでしょう。

 

また面接は平日に行われることが多いのですが、現在も会社勤めをされている方の中には有休などを使って時間を作るのが難しいという方も多いと思います。

そんな方は遅い時間や土曜日の面接などを提案してみましょう。

面接先の企業もあなたが忙しいという事は分かっているので、融通を利かしてくれるかもしれません。

仕事終わりに面接を入れる場合は、絶対に遅れないようにイレギュラーな残業などが起きにくい曜日を選択するように心がけましょう。

 

退職のスケジュール管理

 

 

転職先を探すスケジュールを管理するのと共に退職をするためのスケジュール管理も必要です。

転職活動を始めると会社に迷惑をかける可能性があるので、始めるときに会社もしくは上司に報告するというのが理想です。

しかし転職を応援してくれる企業や上司だけではなく、むしろ退職を早めるなど転職活動に焦りを生んでしまうようなことになってしまう可能性があります。

会社や上司が転職に対してどんな印象かを理解したうえで事前に報告するかどうかを決めましょう。

 

報告をしないのであれば、できるだけ転職活動をしていることを気取らせないように今まで通りに生活することを心がけて下さいね。

 

また、転職する際に周りに迷惑をかけるのはあまりいいとは言えないので今抱えているプロジェクトなどがある方は、できるだけ退職するまでに完遂できるように計画を立てましょう。

 

では、報告をしないで転職活動をしていた方はいつ報告するかといえば内定が出た後というのが一番多いパターンです。

内定が出ていれば退職を早められてもそこまで苦になることはないので安心です。

 

ここで一つ注意しなくてはいけないのが、次の会社での勤務開始日についてです。

日本の多くの会社では退職する場合、1ヶ月前に報告するというルールが定められています。

そのため、内定が出た後に報告する場合はすぐに退社はできないので勤務開始日の設定に余裕を持たせる必要があります。

 

Geekly Media ライター

3+

【転職先が決まった!】退職報告の仕方を紹介!スムーズに会社を辞めるためのポイントは?

晴れて転職先が決まり、これから新たな職場で心機一転、がんばっていこう!そう考えたときにネックになるのが退職の挨拶ですよね。お世話になった人や、嫌いだった人にはどう挨拶すれば良いのでしょう。立つ鳥跡を濁さずとはいうけれど、具体的にどうすればいいの?という疑問に、元人事担当の筆者がズバリお答えします!

 

退職するときには報告するのがマナー!

 

 

転職などで会社を退職する場合には挨拶するのがマナー。とはいってもやはり緊張しますし、気まずいものですよね。

退職するときは本当に緊張しますし、上司に「次は決まってるの?」と聞かれたときも本当のことはいいづらいもの。

そうした緊張感を伴う退職の挨拶ですが、実はある程度テンプレートが決まっていますのでテンプレを覚えてしまえばかなり簡単に退職の挨拶を済ませるようになります。

基本的な言い回しを中心にご紹介しつつ、退職時に気をつけたいポイントに至るまで徹底解説していきます!

 

報告する時期はいつごろがいいの?

 

 

挨拶が早すぎても変な空気になりますので、早くても3ヶ月前、遅くても1ヶ月前には報告しておきたいところです。

とはいえこれは同僚や他部署など、職務上管理権限を持っていない人に対してです。直属の上司には3ヶ月前には申し出ておかなければなりません。

あなたが抜けた後の穴埋めを誰がやるのかにもよりますが、基本的には「引き継ぎが滞り無く終わる」期間を逆算して、余裕を持たせて引き継ぎが終わるように退職の報告をする必要があります。

 

どんなタイミングで報告すればいいの?

 

 

上司への報告は、なるべく人が少ない時間帯が良いでしょう。出社直後や退社直前を狙って上司を呼び出すのも良いですし、飲みに誘ってそこで話すのも良いです。

昼休みなどにこうした大切な話をするのは、どれだけ急いでいたとしてもやはり避けたほうが良いです。電話で伝えるのも非常識ですのでやめましょう。

筆者は直接面談の時間を設けてもらい、不平不満をぶつけて辞めますと直訴しました。

辞める方にはきっと何かしらのうっぷんや相談があるでしょうから、退職時にそうした気持ちを全てぶつけてから辞めることをおすすめします。

ですのである程度時間を確保してもらってから、一対一で話す場を作ると良いです。

 

どんな言葉で報告すればいいの?

 

 

「一身上の都合により退職させていただきたいです」というテンプレートで良いです。

基本的にはこの一言で全てが丸く収まってしまいますので「もう口も利きたくないや」とお考えの方は、退職の理由を聞かれても「一身上の都合です」で押し通してしまいましょう。

円満退社の場合は、退職の理由を正直に話しても良いと思います。雰囲気によりますが。

筆者は「起業するので辞めます」「もっと条件の良い会社が見つかったので辞めます」という理由でも応援して辞めさせてくれる会社を知っています。

そうした、一見口に出しづらい理由を正直に話しても背中を押してくれる会社がありました。どこもそうだというわけではないので、基本的にはあまり深く話さないほうが良いです。

 

シチュエーション別に挨拶をご紹介!

 

 

ここからは実際にシチュエーション別のテンプレートをご紹介していきます。

新入社員が「みんな、これからも頑張ってください」と言いながら辞めていっても反感を買いますが、人望の厚い上司が「これからも頑張ってくれな」と言って辞めていっても違和感はありませんよね。

このように、退職時の立場によって効果的な文言というのは変化します。

自分の場合に当てはめて、効果的な挨拶を考えてみましょう。

 

新入社員だった場合

 

 

入社後間もないうちに辞める場合は、素直に「一身上の都合により退職させて頂くこととなりました」で大丈夫です。

まだ入社後1年程度しか経っていない場合、会社からすれば新入社員なので「もう辞めるのかよ……」という雰囲気になりがちです。

多くの方はこうした「もう辞めるの?」という視線に悩むのではないでしょうか?

しかし、それは仕方がないことで、挨拶一つで変えられるようなものではありません。

色々付け加えても評価は変わりませんし、むしろ新卒で辞めたいと思ったということは、それなりの理由があったということ。

気にせず最小限の挨拶にとどめて転職先へと羽ばたいていきましょう。

 

Geekly Media ライター

4+

Pythonってどんな言語?注目されているそのワケを徹底考察しました!

Pythonというプログラミング言語を聞いたことがありますか?なぜ最近、Pythonが注目されているかご存じでしょうか。それは、今注目されている人口知能や機械学習にPythonが深い関わりあいを持っているからです。本記事では、プログラミング言語Pythonの特徴や人工知能、機械学習との関係性をわかりやすく解説していきます。

 

Pythonの特徴は?

 

 

プログラミング言語のPythonとは、どのようなものなのでしょうか。

最近話題になっているから耳にはするけど、実際にどのような言語なのか知らない、という方にもわかりやすく説明していきます。

 

初心者にやさしい

 

Pythonの特徴として初心者にやさしいということがあげられます。

これは、Pythonがプログラミングの前提となっている文法を簡略化して、人間の感覚に近い言語となっているためです。

元々、1991年にPythonが登場しました。

その頃では、CやC++などのプログラミング言語が存在し、プログラムが徐々に複雑になっていきました。

その中で、Pythonはプログラマの作業効率を重要視されて開発されました。

そのため、Pythonは初心者にもわかりやすい言語と呼ばれるようになりました。

 

需要が高まっている

 

 

Pythonは最近注目されている『AI開発』『機械学習』『データ分析』などで欠かすことのできないプログラミング言語です。

特に、2010年以降から到来したAIブームにより、『AIに人は仕事を奪われる』と言われるほどの成長をAIの分野は遂げています。

そのAI開発を支えるだけでなく、多くのデータを分析する際や高度な技術が必要とされている機械学習を簡単に使えるPythonは人気が高まっています。

 

プログラミング言語の人気や利用度を調べてみると、

 

【2018年】

1位:Java

2位:C言語

3位:C++

4位:Python

 

【2019年】

1位:Java

2位:C言語

3位:Python

4位:C++

 

上記のようになっております。

JavaやC言語の人気も依然として高いですが、Pythonは2018年では4位だったのに対して2019年で3位とランキングをあげているため、将来性も高いと言えます。

(引用元:https://www.tiobe.com/tiobe-index/)

 

収入が高い

 

Pythonプログラマの平均年収は400万円~850万円と言われています。

これは、他の言語のプログラマの平均年収より高い数値となっています。

最近登場した、機械学習やデータ分析などの専門分野では、まだエンジニアの数が不足しているのが現状です。

 

また、Pythonプログラマの年収が他の言語と比較して高い理由は、AI分野で活躍しているためです。

Pythonは機械学習にも利用され、ソフトバンクによって提供されている人工知能ロボットのPepperの人工知能にはPythonが利用されています。

 

Pythonは初心者におすすめ

 

 

先ほど、Pythonの特徴に初心者にやさしいとご紹介しましたが、具体的にどのような点でおすすめできるのか説明します。

 

Geekly Media ライター

ib515

3+

有給が取れないのはなぜ? 有給を与えない会社の特徴とその対処法を徹底解説!

有給、取れてますか?企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。これは法律で決まっていることなので、例外はありません。有給は付与されているものの、取得できずにどんどん貯まっている、または有給が消滅してしまっている人はいないでしょうか?有給がとれない会社の特徴と、その対処法を紹介していきます。

 

有給とは、労働者がゆとりある生活を送るための権利

 

  

労働者の心身を癒やすための「有給」

 

有給は年次有給休暇といい、心身の疲れを癒やし、ゆとりのある生活をするために労働者に与えられる休暇のことです。

企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。

これは法律で決まっていることなので、例外はありません。

有給が付与される条件は

 

・雇入れの日から6カ月経過していること

・算定期間の8割以上出勤していること

 

の2つです。

通常、勤続年数が経過するごとに、所定の日数の有給が付与されます。

付与される日数は、正社員とパートとでは異なります。

また、有給は制限があり、2年間で失効してしまいますので、

その間で取得できなかった有給はなくなってしまいます。

 

 

有給が取れないのは気持ちの問題?

 

 

有給は「罪悪感」がある?

 

「日本人は休み下手」ということを聞いたことはありませんか?

実は、日本の有給取得率は他の先進国に比べ、非常に低くワーストクラスとも言われています。

日本の有給取得率が低い理由として、「罪悪感」が関係しているようです。

つまり、会社を休むことによって周囲に迷惑をかけてしまうことが忍びない

もしくは嫌に思われたくないという心理が働いているのです。

 

しかし、1人が休んだことで業務に影響が出る環境というのはいかがなものでしょうか?

罪悪感が生まれてしまうのには、働いている環境にも問題があると言えます。

有給は労働者の権利として法律で定められていますので、

本来は自由に取得することができるものなのです。 

 

なぜ有給がとれないのか?

 

 

有給が取れない理由はさまざまだと思いますが、ここでは主な原因を挙げてみましょう。

 

 1.業務が属人化している

 

 

その人しか業務のことがわからないので、休まれると仕事が止まってしまう……

業務が属人化していると起こってしまう状況です。

そんな状況の中で有給を取りたいと思っても、躊躇してしまうのではないでしょうか。

業務が人に偏ってしまうことは、会社の運用としてあまりいい状況とは言えませんが、多くの企業で起こっているようです。

この状況では、有給を取りたいと思ってもなかなか休むことができません。

 

2.会社の風習

 

 

職場で有給を取る習慣がない、誰も有給を取っていないという状況

この状況下では、「自分だけ有給をとるのは気が引ける……」という思考になっても仕方ないでしょう。

特に、勤続年数が長い人、直属の上司など、自分よりも立場が上の人が有給をとっていないと、新人や後輩が率先して有給を取ることは、なんとなく憚れますよね。

禁止されているわけではないけれど、なんとなく有給が取りづらい……。

会社の風習が有給の取りづらさにも関係していると言えるでしょう。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

3+

ゲームのシナリオライターってどんな仕事?仕事内容から平均年収まで分かりやすく解説!

ユーザー・視聴者を引き込む必要があるゲーム・ドラマ・アニメなど作るのにシナリオライターは必要不可欠です。しかし、シナリオライターという名前は聞いたことがあっても、実際はどんな仕事をしているのかや平均年収など具体的な事を知らないという方は多いのではないでしょうか?今回はそんなシナリオライターについて具体的に解説していきます。

 

ゲームのシナリオライターとは?

 

 

ゲームをプレイしていて感情を大きく揺さぶられた経験はお持ちでしょうか。

人の心を動かすゲームを作るには、シナリオが非常に重要になってきます。

いくらゲームシステムやキャラデザインなどが良くても、シナリオがいまいちなら感情移入しにくいですし、面白くなくて最後までプレイしてもらうことができないかもしれません。

そのため、シナリオを考えるシナリオライターというのはゲーム等を作る際非常に重要で、ヒットするかどうかのカギを握っている人といっても過言ではないのです。

そんなシナリオライターは実際どんな仕事をしているのでしょう?

 

どんな仕事をしてるの?

 

 

ゲームのシナリオライターはその名の通りゲームのシナリオを考える人の事を指します。

先ほども話した通りシナリオは、ゲームがヒットするかどうかの根幹を支える部分でもあるので非常に重要で責任感が必要な仕事です。

基本的にはゲームのジャンルやターゲットとしている層など、戦略をある程度把握したうえでシナリオを納期通りに提出するというのが仕事です。

ゲームの大まかな展開だけではなく、キャラクターの性格など細かなところまで作りこんでいきます。

また、ゲームのシナリオライターは1本のシナリオを書けばいいというわけではありません。

近年1つのゲームに積み込むことのできるデータ量も多くなってきたこともあり、非常に自由度が高い作りをする物が増えてきました。

そのためサブストーリーをたくさん用意しているゲームも多く、メインストーリーとは関係ない部分のシナリオを考える必要もあります。

主人公の選択によって今後のストーリーが変わってくるというゲームも増えてきており、より感情移入しやすくやりこみ要素も増える点から人気が高いです。

そういうゲームの場合、オープニングは同じでも分岐したストーリーを複数用意する必要があります。

それに伴ってエンディングを複数用意する必要があるため、同時に複数のストーリーを考えないといけないという難しさがあります。

 

高まるシナリオライターの需要

 

 

そんなゲームのシナリオライターの需要が近年高まってきているのをご存知ですか?

シナリオライターは先ほどから離している通り、ひとつのストーリーを考える仕事ではなくキャラの事やゲームシステム等、全体の事を理解していないといけません。

そのため、シナリオライター専属というよりゲームプランナーやディレクターを兼任する場合が多かったのですが、近年は需要子高騰と共に地位も高まりシナリオライター専属でやる方も増えてきています。

ではなぜシナリオライターの需要が高まってきているのか?

それはゲームの自由度が上がった事とスマホの普及が関係しています。

先ほども話した通りゲームの自由度が上がった事により、サブストーリーなどメインストーリーとは関係ない追加要素的な物や様々な攻略ルートを作る必要が出てきたため、その分シナリオライターの需要が高まったのです。

また、もう一つの理由であるスマホの普及により、ソーシャルゲームが爆発的にヒットするようになり、多くの企業はもちろん個人でもゲームをリリースするという時代になってきました。

家庭用ゲームと比べると手軽にゲーム制作に取り組めるようになり、多くのゲームがリリースされるようになった事で、シナリオライターの需要も高まっているのです。

 

シナリオライターの収入

 

 

ゲームのシナリオライターとして本気で働いていきたいと思っているなら、お金の事も気になりますよね。

ゲームのシナリオライターの年収は働き方によっても大きく異なりますが、平均すると300万円~500万円だと言われています。

もちろん駆け出しでまだ能力もなく、任されるゲームの規模が小さい物だとその年収を下回る場合もありますし、売れっ子と言われるシナリオライターは、それ以上稼いでいる方も沢山います。

シナリオライターのお仕事はゲームがヒットするかに大きくかかわってくるポジションなので、この人に頼めばヒット間違いなしと思えるような人になれればその分収入も増えてくるのです。

シナリオライターとして生計を立てていきたいのなら、名を売って大きな依頼を頂けるようになる事が重要です。

 

シナリオライターに必要な能力

 

 

ゲームがヒットするかどうかにかかわる重要なポジションであるシナリオライター。

では活躍していくにはどんな能力が必要で、どんな人に向いているのでしょうか?

 

Geekly Media ライター

2+

カスタマーサクセスってどんな仕事?ニーズが高まっているその理由とは!

カスタマーサクセスという言葉を聞いたことはありますか?カスタマーサクセスはこれからの営業に欠かせないものになってくるといわれており、サービスの主流を大きく変えるものです。今回はそんなカスタマーサクセスとはどういう仕事なのか、なぜ今必要なのかを成功例などを交えながら紹介していきます。

 

カスタマーサクセスって何?

 

 

カスタマーサクセスという言葉は最近よく言われるようになってきていますが、実際に聞いたことがある人やどんな仕事なのかを知っている方は少ないと思います。

CSとも呼ばれるカスタマーサクセスは、アメリカでは2000年初頭、日本では2005年位に導入され始めましたが、一般的に浸透しだしたのはここ最近です。

まだ日本ではあまり浸透してきていない仕事方法ですが、その言葉を聞いたことがないというだけで、実は日本でもカスタマーサクセスを行っている会社は沢山ありますし、皆さんも知らず知らずのうちに利用しているのです。

 

カスタマーサクセスとは?

 

 

カスタマーサクセスとはサブスクリプション型ビジネスを展開する企業で行われている仕事で、顧客を成功に導くことでビジネスにつなげていきます。

「サブスクリプション?」「顧客を成功に導く?」と一文でまとめただけでは分かりにくいと思うので、一つ一つ説明していきます。

サブスクリプション型ビジネスとは買い切り型のビジネスではなく、継続的なビジネスの事を主に指します。

 

分かりやすい例を挙げると映画や音楽の購入です。

数年前までは好きな映画のDVDを購入したり、好きな音楽のデータを買うというのが当たり前でしたが、近年は年会費や月会費を払って期間内は聞き放題というプランが増えてきましたよね。

カスタマーサクセスはそんなサブスクリプション型ビジネスを成功させるために、顧客のニーズを把握し、改善していく仕事なのです。

 

カスタマーサービスとの違い

 

 

カスタマーサクセスと聞いて、カスタマーサービスを思い浮かべ、

「名前が似ているけど違いはあるのか?」と疑問に思った人も多いのではないでしょうか?

違いはあります。

カスタマーサービスが受動的で守りのサービスなのに対して、カスタマーサクセスは能動的で攻めのサービスなのです。

 

カスタマーサービス

 

カスタマーサービスは皆さんがご存知の通り、商品についてのお問い合わせやクレームなどを処理するお仕事で、ユーザーの不満解決に努めて問題を収束させ会社を守っていくお仕事です。

つまり、ユーザーから連絡があって初めて行動を起こす受動的なサービスといえます。

 

カスタマーサクセス

 

一方カスタマーサクセスは、不満から問題が拡大しないように収束を測るカスタマーサービスとは目的が違い、ユーザーを成功に導くことを目的としています。

カスタマーサクセスは主にサブスクリプション型ビジネスで活用されているので、利用を始めてからのフォローができていないと不満がたまっていってしまいますよね。

 

そこを不満がたまらないように先回りをして、不満になりそうなところを常に改善していくことでユーザーを成功に導いていくのです。

先ほど例に出した動画配信サービスを例に出すと、ユーザーから不満の声が上がる前にニーズに合った動画を見れるように常に改善したり、使い勝手を良くするなど能動的に企業側から常にアプローチをかけていくのです。

 

なぜ今カスタマーサクセスが必要なのか?

 

 

顧客のニーズを把握することはビジネスでは当たり前で、昔から行われてきたことです。

では、なぜ今カスタマーサクセスの必要性が高まってきているのかというと、それはやはり先ほど話したサブスクリプション型ビジネスへとビジネスモデルが変化していることがあげられます。

 

ビジネスモデルの変化

 

先ほども言った通り、近年のビジネスモデルは、モノを売るというものから一定期間サービスを提供するというものに変わってきています。

先ほども例に出した映画や音楽が聴き放題になるサービスもそうですが、現在はそれだけではなく、家具家電のレンタルや車のレンタルやソフトウェアやシステムのレンタルなど企業向けのサービスまで展開するなど大きく広がっています。

ビジネスモデルが変化するということは提供する側の動き方も変わってきます

 

今までの物を売るというビジネスであれば、購入してもらうというのがゴールでありどうやって購入してもらうのかを考えるという仕事でした。

しかし、サブスクリプション型ビジネスでは購入してもらった時がスタートなのです。

なぜなら、サブスクリプション型ビジネスは、売って終わりのビジネスと比べえると、1人当たりに1度で得られる報酬は少ないので、使い続けてもらうことで利益を生むことができるビジネスだからです。

それは当然ですよね。

 

皆さんがよく知っているような動画配信サイトは高くても大体月数千円程度で見放題というサービスを展開しています。

その価格帯だとDVD1本の購入代金と比べるとあまりに少額で、数本動画を見れば元が取れてしまいます。

 

これを1ヶ月で辞められてしまったら儲かるわけがありませんよね。

 

ですので、長期的にサービスを利用してもらうにはユーザーのニーズはどうなのかをしっかり把握して改善して成功体験を与え続けていかなければなりません。

つまり、ビジネスモデルの変化に伴い、長期的にユーザーの動向をチェックしていかなくてはならなくなったのでカスタマーサクセスという仕事が重要度を増してきたのです。

 

Geekly Media ライター

4+

SaaS、PaaS、IaaSの違いとは?いまさら聞けない基礎知識を徹底解説します!

ネットワーク技術が確立された現代、開発環境の構築やWebサービスに必要なインフラはクラウドサービスで提供されるようになりました。このようなサービスは「〜 as a Service」と呼ばれ、使い分けることで最適な環境を効率的に導入することができるのです。そこで今回は、「SaaS」「PaaS」「IaaS」の違いを確認しながら、それぞれの基礎知識を徹底解説します。

 

SaaS、PaaS、IaaSは全てクラウドサービス

 

 

SaaS」「PaaS」「IaaS」は、それぞれクラウドサービスで提供されているコンピューティング環境です。

目的を明確にすることで、3つのサービスを効率的に利用することができます。

それぞれの簡単な特徴は以下の通りです。

SaaS:提供されている目的に特化したソフトウェアを利用することができます。

PaaS:提供されるプラットフォームの上で、すぐにソフトウェア開発を行うことができます。

IaaS:提供されるOSの上に開発環境を構築し、開発を行うことができます。

 

SaaS(サース)

 

 

SaaS(サース)の概要

 

SaaSは「Software as a Service」の略称で、日本語では「サース」と読まれています。

SaaSは、主にクラウドサービスでソフトウェアを提供しており、メールやブログやITSMなど、クラウドサーバ上には目的別のソフトウェアが稼働している状態です。

ユーザーは利用したい最終的な目的(メールやブログなど)を定めた後、SaaSで提供されているサービスを選択します。

SaaSは目的のソフトウェアを効率的に、手間をかけることなく利用することができるサービスなのです。

 

SaaS(サース)にできること

 

SaaSにできることは、利用目的に合ったソフトウェアを運用することだけです。

例えば、メールサービスを提供するSaaSでは、基本的にメールのやり取りで必要な事柄以外には自由度はありません。ブログサービスでは、もちろんブログを運用する目的以外のことは基本的にできません。

しかしSaaSは、目的別に別れたソフトウェアに特化したサービスを提供することで、クラウドサービスに余計な負荷や管理の手間が削減されるのです。

また、ユーザーにとっては、ネットワークやサーバなどのインフラを気にすることなく、目的のソフトウェアを安定して運用できることが最大のメリットです。

 

SaaS(サース)にできないこと

 

SaaSにできないことは、目的に特化したソフトウェア以外の、ミドルウェアやOS、サーバ機器やネットワークのカスタマイズ全てです。

それは、ファイアウォールなどのセキュリティ面も全て含まれます

例えば、SaaSのブログサービスの場合、ユーザーが自由に利用できるのは記事の投稿や編集や削除、他人の記事へのコメントや評価くらいのものです。

ブログが重いからといって、Apacheなどのミドルウェアをチューニングすることはできません。

ただしSaaSは、目的のソフトウェアのみを提供し、その他のインフラ全てを完全にコントールすることで、安定したサービスをユーザーに提供しているのです。

 

具体的なサービス

 

 

SaaSには具体的に、以下のようなサービスがあります。

 

Gmail:Googleが提供するメールサービス

Yahoo!メール:Yahoo!が提供するメールサービス

DropBox:Dropbox, Inc.が提供するクラウドストレージサービス

Evernote:EverNote Corporationが提供するクラウドノートサービス

はてなブログ:はてなが運営するブログサービスなどです。

現在、サービスがクラウドサービスに移行していますが、その中でも、Webブラウザで利用できるサービスのほとんどがSaaSだと言えるでしょう。

 

PaaS(パース)

 

 

PaaS(パース)の概要

 

PaaSは「Platform as a Service」の略称であり、日本語では「パース」と読まれています。

PaaSは、ソフトウェアを開発するための環境を提供しており、基本的には、開発者はプログラミングコードを書けば、PaaS上で実行できるのです。

OSやミドルウェアのカスタマイズに制限はありますが、目的のソフトウェアを開発するには効率的な環境選択と言えます。

 

Geekly Media ライター

佐久森

4+

ポートフォリオの作り方を紹介!クリエイターの転職で提出では絶対に必要?

クリエイティブな職種で転職するときに多くの場合提出を求められるポートフォリオというのを知っていますか?今回はそもそもポートフォリオとはどんなものなのかという基本的なことから、ポートフォリオの作り方・クリエイターの転職にはポートフォリオがないといけないのかということまで紹介していきます。

 

ポートフォリオとは?

 

 

ポートフォリオとは複数の書類をまとめて運ぶためのケースのことを表しており、書類を1枚1枚の単体ではなく集合体として扱う時に使う言葉です。

書類をまとめて運ぶためのケースと言われると、バインダーなどの複数の書類をひとまとめにしてしまうモノを思い浮かべてしまう方も多いと思いますが、

ポートフォリオはそれとは若干異なりまとめて持ち運ぶのですが、1枚1枚単体で出し入れができる物の事を言います。

イメージとしてはポケットが複数ついていて、1ポケットに1枚のカードを入れるカードケースみたいな感じです。

 

業界ごとに使い方が違う

 

 

ポートフォリオは複数の書類をまとめて運ぶためのケースという意味では同じですが、業界によってまとめる書類は変わってきます。

ポートフォリオという言葉が使われる業界は主に「金融」「教育」「クリエイティブ」の3つの業界です。

今回はクリエイティブについて中心に話していくので、「金融」「教育」については簡単な説明で終わらせますが興味がある人は調べてみて下さいね。

「金融」では、現金・預金・株式・債券・不動産など投資家が持っている金融商品の種類を株式の銘柄や組み合わせまで、詳しく一覧で見ることができる物事を指しています。

「教育」では、試験用紙・活動報告レポート・活動状況を収めた写真などを収めたケースの事を指し、試験の点数だけではなく様々な指標から生徒の評価を決めていくために使われています。

 

クリエイティブ業界での使われ方

 

 

では肝心のクリエイティブ業界ではどのような使われ方をしているかというと、今までのあなたの実績や能力を示すための作品集として使われる言葉です。

おそらくポートフォリオと聞いたら多くの人がこれを思い浮かべると思います。

クリエイティブな作品集というとポスターやイラストなどをイメージする人が多いと思いますが、それだけではなく営業資料や会社案内の保管作業実績を載せる場合もあります。

また、WebサイトなどWebを中心クリエイターとして働いていた、もしくは働きたいと思っている方は紙ではなくWeb上でポートフォリオを作成する場合もあります。

分かりやすくするためにその際は紙でのポートフォリオを同時に出すといいでしょう。

 

ポートフォリオはあなたを映す鏡

 

 

先ほども話した通りクリエイターのポートフォリオは、今まであなたが行ってきた仕事の実績や現状の能力を相手に示すためのツールになります。

職務経歴書や名刺代わりになるものなので、相手にしっかり伝わるものである必要があります。

特に転職や就職の際には見る相手もクリエイターである可能性が高く、ポートフォリオを作った経験のある人が多いです。

 

また作品を見ただけでどの程度の能力がある人か分かるので、しっかり作りこまれたものでなければいい印象を与えることはできません。

ポートフォリオはただの作品集として作品を並べていくだけでなく、自分はどういう人間で、どういうことをやってきて、これからどうしたいのかをといった自己PRを作るような気持ちで自分と向き合って作ることが重要です。

 

ポートフォリオの作り方

 

 

では実際ポートフォリオを作るにはどうすればいいのかについて紹介していきます。

初めて作る人でも分かりやすいように丁寧に説明していくので、しっかり理解して最高のポートフォリオを作りましょう。

 

一目でわかる作り

 

 

先ほども話した通り転職におけるポートフォリオは単なる作品集としてはいけません。

あなたをアピールするものなので、一目であなたがどんな人間であるのかを実績・能力・目標などで相手に示す必要があります。

クリエイティブ業界で働くのであれば、クリエイターとしてのセンスもこの構成から測ることができてしまうのでしっかりとした構成で分かりやすいポートフォリオを心がけましょう。

作品がいくら良いものでも紹介文が悪ければ相手には伝わりませんよ。

 

Geekly Media ライター

3+