職務経歴書の書き方を徹底レクチャー!通過率を上げるための書き方のコツを紹介します

転職活動をしていると課される書類選考。転職活動が初めてだと特に職務経歴書の書き方がピンと来ませんよね。職歴が多い場合と少ない場合で書き方のコツは大きく異なり、職歴が多い場合は得た知見を浅く広く、少ない場合は深く狭くアピールします。書類選考の通過率がぐっとアップする書き方をマスターしましょう。

 

職務経歴書で見られる部分は?

 

 

職務経歴書であなたのこれまでの職歴が見られます。

いつ、どんな業務に携わったのか、そこで何を学んだのか記すのが職務経歴書です。

具体的には

 

・これまでの職歴

・職務上取り組んできたこと

・仕事を通して学んできたこと

 

を記します。

記載するコツを見ていきましょう。

 

これまでの職歴

 

 

あなたがこれまで働いてきた企業や部署名を記します。

ここでは正式名称を用いましょう。㈱ではなく「株式会社」と書くようにしたほうが無難です。

転職者の採用は企業も慎重になります。

細部こだわり、書類選考で落ちることのないようにしましょう。

 

職務上取り組んできたこと

 

 

会社名、部署名を書いたら、そこでどんな業務に取り組んだのか具体的な説明を盛り込みます。

同じ営業職でも無形、有形商材、BtoB、CtoCなどの状況でノウハウは変わってきます。なるべく採用担当者がイメージしやすいよう細部まで記載することを心がけましょう。

 

仕事を通して学んできたこと

 

 

ここ実際にその仕事を通してあなたが身につけたことを記していきます。ノウハウ、スキル、考え方、資格でも良いです。

職務内容とつながるアピールポイントを述べると説得力が生まれます。

営業職で「色彩検定を取得しました」と記載するより「数字が追える営業になるため簿記の資格を取得し、全体を俯瞰する視野を身に着けました」というアピールのほうが効果的です。

職務内容とそこで得たことを紐付けながら、あなたなりのアピールを考えましょう。

 

書類選考を通過する職務経歴書には3つの特徴がある

 

 

転職者の採用は書類だけである程度がふるい落とされてしまいます。そのボーダーラインはどこにあるのでしょうか。大きく3つの評価基準があります。

 

・要点がまとめられている

・自己分析がなされている

・志望動機の裏付けになっている

 

具体的に見ていきましょう。

 

要点がまとめられている

 

 

職務経歴書はあなたの人生が濃縮された紙です。

熱く自叙伝風に書いてしまいがちですが、感情は込めず、簡潔に客観性のある文章を書くようにします。

そのためには要点をまとめ、さっぱりと「報告」するような文章を書く必要があります。

どんな仕事でも要点をまとめる力は必要になります。これを要約力といいますが、読み手にとって大切なことを予め理解し、簡潔に書ききるのはかなり難しいです。

というのも、そもそも要約とは国語力のひとつとして……。

このように長くつらつら書いても蛇足になります。明確に、要点だけを書きましょう。

 

Geekly Media ライター

3+

【徹底比較!】C# vs C!2つの言語の特徴は!?初心者はどっちを学ぶべき!?わかりやすく解説します!

プログラミング言語のC#とCには、それぞれどんな特徴があるのでしょうか。名前が似ているから同じような言語と思われやすい両者です。しかし、実際は使用用途やコンパイルの方式など全く違う言語です。本記事では、両者の特徴やそれぞれの使用用途を説明して、初心者におすすめのプログラミング言語をご紹介します。

 

C言語の特徴は?

 

 

C言語とは、1972年に開発されたコンパイル方式の汎用プログラミング言語です。

 

コンパイルとは、実際にプログラミングしたソースコードから機械が読み取れる言語に翻訳することを言います。

コンパイルを行うことで、コンピュータの実行が容易になるため、効率の良い早い処理を行うことができるようになります。

 

プログラミング初心者が学ぶには不向きな言語ではありますが、プログラミングの基礎を理解したいという人やコンピュータの知識を深めたい人におすすめの言語です。

 

コンパイル方式の言語

 

 

先ほど、C言語はコンパイル方式の言語であること、コンパイルについての簡単な説明を行いました。ここでは、より詳しく説明していきます。

プログラミングを行う際には、始めにC言語を使い人間がプログラミングを行います。

この時に、書いたプログラミング言語は人間が読むための言語です。

 

そのため、そのままの言語ではコンピュータが理解することは不可能です。

そこで、人間が書いたプログラムからコンピュータが読むことができる言葉に翻訳する作業が必要となります。

このことをコンパイルと呼ばれています。

 

C言語は、処理の実行を行う前に行うコンパイル方式を採用していますが、他のプログラミング言語には実行と同時にコンパイルを行うインタープリタ方式を採用しているものもあります。

 

実行速度が速い!

 

C言語は、コンパイル方式を採用しているため、JavaやC#などの仮想マシンを利用するプログラミング言語、PHPやRubyなどのスクリプト言語と比較すると実行速度が速い特徴があります。

 

そのため、組み込みシステムやゲームなどの早い実行速度が求められる分野では、広く利用されています。

※組み込みシステムとは、機会や機器に組み込まれている制御を行うコンピュータシステムのことを言います。

 

C言語を理解すると他の言語も習得しやすい!

 

約1990年から利用されているC言語は他のプログラミング言語に影響を与えたため、

 

・PHP

・Java

・Object-C

・Python

・C++

 

などのプログラミング言語を学ぶ際には、C言語の技術を持っている人は比較的容易にその言語を習得できます。

 

C#の特徴は?

 

 

C#とは、2000年にマイクロソフト社から提供されたプログラミング言語です。

 

C#の名前からC言語と似ているため、C言語から派生したプログラミング言語と考える人は多いです。

しかし、実際はそうではなくC#はC++とJavaを基礎に作られたプログラミング言語です。

 

.NET Framework上で動作する

 

C#は.NET Framework上で動作するとはいっても『.NET Frameworkがなんなのかわからない!』という方が多いでしょう。

そこで.NET Frameworkについて簡単に説明します。

 

.NET Frameworkは、アプリケーションのプログラムを開発する環境、プログラムを実行する仮想マシン、中間言語への翻訳を行うソフトウェアです。

なぜ、中間言語に翻訳するのかと疑問にもつ人もいるでしょう。そこからまた機械語に翻訳する手間がかかりますよね。

しかし、中間言語に翻訳することでプログラムの互換性が高まるため、端末毎にプログラムを対応させる手間を減らすことができます。

 

Geekly Media ライター

ib515

3+

動画メディアの”今”を徹底解説!人気動画メディアの紹介から動画メディア作りに必要なスキルまで幅広くご紹介します!

SNSの普及に合わせて爆発的に増えているのが動画メディアです。今では個人から会社まで幅広いコンテンツがあり、そのマーケティング効果は非常に高いと言われています。今回は動画メディアについて、今人気の動画メディアから、これから動画メディアを作りたい人向けに必要なスキルまで幅広く紹介していきます。

 

動画メディアとは?

 

 

動画メディアとはこれまで紙媒体やWebサイトベースで行われていたマーケティングを動画を使って行う新しいメディアの形です。

高い拡散力と情報量の多さから利用する企業が増えてきています。

 

今はFacebookやInstagram、YouTubeにTwitterと個人レベルでも動画が配信出来る場所が無数にあり、それらのSNSは同時に高い拡散性を有しています。

これらのSNSでの拡散、特にユーザーによる連鎖的に拡散される行為「バズる」という言葉が生まれる程に浸透しています。

 

動画メディアの人気が高い理由

 

 

今動画メディアが注目を集める大きな理由としては、上記のようにSNSの普及とそれに伴うSNS自体の機能の進化も大きな理由です。

昔のようにURLから専用のページのリンクに飛んでもらう必要がないので目に止まりやすいのです。

 

また同じ時間であっても動画の方がより多くの情報を伝えられる事も理由の1つです。

映像、音楽、動画に映る人の仕草や目つき、口調など全てがダイレクトに伝わるのですんなり入ってきやすいという声が多くなっています。

さらに、SNS自体複数登録する事も難しくない為、自身がそれぞれに使いなれているSNSで視聴する事が出来るのも動画メディアの強みになっています。

 

多くの動画メディアは複数のSNSに登録して動画を発信しています。

これを分散型動画メディアと呼んでおり、現在の動画メディアの多くはこの分散型を採用しています。

 

今動画メディアが人気!特に人気の高い動画メディアは?

 

 

多くのジャンルで注目を集めている動画メディアですが、現在ではある程度ジャンルを絞り専門性を高める事で、そのジャンルの情報を多数取り扱い人気の集めるメディアが一般的です。

ここでは一例としていくつかのサービスを紹介致します。

 

Bouncy

 

 

Bouncy(バウンシー)はテクノロジー分野を主に扱う動画メディアです。

最新のテクノロジー、プロダクトを扱う動画メディアです。

 

各種イベントの情報から最新の商品の紹介などを行っています。

文章や性能の数値だけではどうしても伝わりにくい部分まで丁寧に触れてくれるので分かりやすいと好評を集めています。

 

Tasty

 

 

Tastyは食をテーマにした動画メディアで元々は海外の動画メディアでしたが日本語版も製作される程人気の動画メディアです。

 

簡単に作れるレシピなど動画だからこそ追いかけやすく利用しているという人も多くなっています。

元々様々な方法で共有されてきたレシピですが、動画メディアの場合は作っている工程なども細かく見れ、自分の意志で巻き戻しや停止などもしやすいので人気が高くなっています。

 

MimiTV

 

 

メイクやコスメ、ヘアアレンジなどの分野で人気を集めている動画メディアがMimiTVです。

新作や季節物が多く次々出てくる新作をそれぞれに比較しながら紹介してくれると高い人気を集めています。

 

動画メディアのデメリット

 

 

ここまで動画メディアの良い側面を紹介してきましたが、当然動画メディアにも悪い側面デメリットは存在します。

 

ユーザー層を意識した動画作りが必要

 

 

いくら題材とする分野についての詳しい知識を持っていてもその動画がそのままユーザーに届くという事を忘れてしまってはいけません。

特にSNSの多くは10代~20代の若者を中心としている事を念頭にした動画作りを心掛ける必要があります。

 

裏を返せば狙ったユーザー層を狙いやすいメディアである事も事実ですが、その分目が肥えているのでしっかりとした知識を見せなければ簡単に離れて行ってしまいます。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

3+

平均的な転職期間は1か月?3か月?本当に正しい転職期間とは?!

「みんなどれくらいの期間で転職しているのかな?」なんて不安に感じていませんか?転職するおおよその期間がわからないと辞表を出すタイミングも掴めません。そんな時は大手量販店で人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者におまかせ!本稿では転職するのに必要な一般的な期間と転職するポイントを解説します。

 

転職期間で平均的なのは3か月!

 

 

一般的に転職するまでの期間は3か月といわれています。

しかし、いざ転職しようと考えると3か月で内定がもらえるとは限りません。

 

「長引いたら…」と不安になる気持ち良くわかります。

実は転職するまでの期間には、あなたが転職に向かうスタイルや注意を払うべき点があるのです。

これらの見定めを誤ってしまうと、転職までに長い期間がかかることも。

 

そこで本稿は、大手量販店での人事採用経験と民間企業で2回の転職経験を持つ筆者が、「スタイル」・「流れ」・「段取り」をテーマについて解説します。

 

転職は離職後?それとも在職中?

 

 

あなたは転職するのに「離職後」か「在職中」かで、どちらのスタイルが良いのか迷っていませんか?

先がみえない転職では、あなたに迷う心が生まれるのは当然のことです。

これだけは頭に入れておいて欲しいのですが、「離職後」でも、「在職中」でもメリットとデメリットがあります。

現在のあなたの状況を良く確認して判断しなければなりません。

 

それでは転職のスタイルである「離職後」と「在職中」を判断するために、それぞれのメリットとデメリットを考えてみましょう。

 

離職後に転職活動をしたら?

 

あなたが転職活動をはじめたからといって、すぐに内定をもらえる保証はありません。

そうです、ここが離職後に転職活動をする1番のデメリットになります。

 

これまでに十分な蓄えがあって独身であれば転職が長引いてもなんとかなるでしょう。

1番してはいけないのは、現職が嫌だからという感情が理由で離職すること。

ただ離職後の転職活動には、自由な時間を得られるメリットがあります。

 

面接時間を申し込んだ企業の都合に合わせられたり、スキルアップの時間にあてたりできるのは魅力です。

 

在職中に転職活動をしたら?

 

 

在職中に転職活動をするデメリットは、どうしても時間が拘束されてしまうこと。

あなたの業務の忙しさ次第では、申し込んだ企業が指定する日時に有給休暇が取得できないなんてことも。

有給休暇を取得する時期を、業務の都合でずらすのは違法ではありません。

 

面接の日時を変更してくれる企業もありますが、採用側にも都合があるので認められないケースも考えられます。

在職中に転職活動をするのは、毎月必ず安定した給料が入ってくるのが最大のメリットでしょう。

この安心感は他のどの要素もかないません。

 

転職活動は在籍中がおすすめ!

 

転職するからには、じっくりと焦らずに転職先を選びたいものです。お金に困り始めると、必ずといって良いほど焦りを感じます。

これでは満足のいく転職先を探せないですよね。

 

転職活動の基本は、安定した給料を受け取り続けながら心に余裕を持てる在職中に行うのが良いでしょう。

ただし、給料が未払いであったり、長時間労働やハラスメントなどで心身に影響したりするのであれば、離職後に転職活動をするべきです。

健康を損なってしまってはいけません。

 

Geekly Media ライター

SHIN

3+

将来性のあるPythonを学ぼう!需要・メリットからこれからまで徹底解説!

プログラミングに挑戦したい、プログラマーに転職したいと考えているけれど、どんなプログラミング言語を勉強したらよいか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?今から勉強を始めるなら、初心者でも学びやすく、将来性のあるプログラミング言語「Python」がおすすめです。そこで今回は、Pythonの需要やメリット、将来性について解説します。

 

Pythonとはどんな言語?

 

 

Python(パイソン)とは1990年代に生まれたプログラミング言語であり、文法が非常に分かりやすいので、プログラミング初心者でも比較的学習しやすい言語です。

今までプログラミングに挑戦してみたけれど、コードが複雑すぎて挫折してしまったという人もいるのではないでしょうか?Pythonはコードも読みやすさを重視して設計されているので、他のプログラミング言語よりもずっと楽に学習が進められるでしょう。

さらにPythonは、Webアプリケーション・デスクトップアプリケーションなど、幅広い開発に利用されています。

そして、PythonはWebシステムの開発から人工知能まで多くの分野で活躍しているプログラミング言語です。特に人工知能(機械学習)の分野で最も利用されているので、プログラミング言語の中でも近年最も注目されている言語といえるでしょう。

 

Pythonのメリットとは

 

コードが読みやすい

 

 

Pythonは、「同じ意味のかたまりは同じインデント(インデントとは段落の行頭を下げること)で示す」というルールがあります。そのため、後から見ても読みやすいので、プログラミング初心者でも学習が苦になりません。

そして、どこにどんなことが書かれているのかが目で見て分かりやすいため、プログラムの修正や改善への対応も簡単に行えます。

 

ソースコードが少ない

 

 

Pythonはソースコードが少ないという特徴があります。C言語などの他のプログラミング言語と比べても比較的簡単に書け、見た目もスッキリとしているので、誤字脱字や思わぬエラーの発生を防げます。

また、ソースコードが少ないことで、簡単なプログラミングを短時間で書けるため、Webサービスやアプリの開発時間を短縮できます。

 

プログラムの実行が速い

 

 

通常、プログラミング言語で書かれたソースコードはコンパイラーを使用してコンピュータで実行できる形式に変換しなければなりません。しかし、Pythonはコンパイルを行い最適化しなくても実行できるため、プログラム実行までの時間を短縮できます。

コンパイラーの必要のないプログラミング言語はインタプリタ言語といい、他にもRubyやPerlなどがあります。

 

Pythonの需要について

 

多くのWebサイトやアプリで利用されている

 

 

現在、多くのWebやWebアプリがLinuxというサーバーとして使われているOS上で動作しています。Linuxで使われているプログラミング言語のひとつであるPythonは、需要も高いといえるでしょう。

さらに近年ではGoogleがPythonを利用した開発に力を入れており、Googleが提供しているライブラリは多くの人に利用されています。

 

ライブラリとの組み合わせ

 

 

近年、Pythonの需要が高まっている理由として、ライブラリの豊富さが挙げられます。ライブラリとは「汎用性の高いコードを詰め合わせた拡張カートリッジ」のようなものです。

Pythonとライブラリを組み合わせて利用することで、Pythonの苦手な数値計算や今話題の機械学習まで、多くのプログラムが組めるようになります。

例えば、科学技術計算の分野のプログラムにはNumPy(ナンパイ) 、SciPy(サイパイ)、Pandas(パンダス)を使用することで、Pythonの苦手とする数値計算も高速で処理してくれます。

そして、人工知能や機械学習分野では、Scikit-learn(サイキットラーン)、Tensorflow(テンソルフロー)などの機械学習ライブラリを使用するとスムーズに開発が進められます。

 

Pythonの将来性について

 

AI(人工知能)の開発への使用

 

 

Pythonは、AI(人工知能)や機械学習、ディープラーニングの分野で注目されているプログラミング言語です。これらの分野では、現在でも多くのソフトフェアにPythonが使われています。

将来ますますIoT(モノのインターネット)の発展により多くのデータのやりとりやビックデータ解析が行われるようになるため、AI開発の進展と同時にPythonの需要も高まっていくでしょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

3+

AI開発なら言語はPython!その市場価値から将来性、勉強法まで徹底解説!

近年、AI(人工知能)や機械学習の分野でプログラミング言語「Python」が注目を集めています。しかし、Pythonとはどんな言語で、どのような分野で活躍できるのかが明確に分からない人もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、AI開発にて注目されているPythonの市場価値から将来性、プログラミング初心者でも挫折しない勉強法を紹介いたします。

 

Pythonの市場価値とは

 

あらゆるWebサービスやアプリを開発できる

 

 

Pythonは1990年代に誕生した比較的新しいプログラミング言語の一つです。プログラミング言語の中でも非常に分かりやすい言語であるにも関わらず、Webサービスやアプリケーション、ゲームなど様々なプログラムの開発に使用されています。

例えば、皆さんご存知のYouTubeやインスタグラムもPythonを使用して開発されています。国内外問わず、多くのサービスやアプリに使われているので、需要の高いプログラミング言語といえるでしょう。

 

AI(人工知能)や機械学習分野で活躍できる

 

 

近年、AIや機械学習の分野での開発が進んでいますが、これらの分野で最も使用されているプログラミング言語がPythonです。つまり、AIや機械学習の分野に興味があり、これらの技術を作ってみたいと考えているのなら、Pythonの学習が不可欠です。

AIや機械学習の開発の需要は近年高まってはいますが、日本ではAI・機械学習分野のプログラムを組む技術者が不足しているのが現状です。そのため、今からでもPythonの学習を始めれば、近い将来AIプログラマーとしての活躍が期待できるでしょう。

 

プログラマーとしての市場価値を高めるには

 

 

現在、プログラマーの需要が高まっています。特にスマートフォンやAIの分野での開発が発展しており、今後ますますプログラマーの活躍が期待されます。

一方で、ITなどの技術の発達に伴い、プログラマーも時代の流れについていけなければなりません。

一度学習した知識とプログラミング技術をずっと使い続けるのではなく、絶えず勉強を続けて新しい技術や分野への知識を身に着ける努力をしましょう。

また、市場価値の高いプログラマーになるは、プログラミング言語以外のスキルの習得が不可欠です。例えばAIや機械学習分野では、当然ながらAIや機械学習、ビックデータなどの知識が必要です。

これからは、AI開発に必要不可欠なPythonのスキルだけでなく、AI(人工知能)や機械学習についての高度なスキルが求められるでしょう。

 

Pythonの将来性について

 

需要あるAI(人工知能)・機械学習分野での活躍

 

 

上記でもお話した通り、PythonはAIや機械学習の分野にて特に注目されているプログラミング言語です。AIや機械学習のプログラム開発に不可欠なPythonは、今後ますます需要が高まってくるでしょう。

つまり、プログラミング言語であるPythonと、人工知能の両方を学習していくことで、将来AIプログラマーとして活躍する道が開けるということです。

 

データサイエンティストへの道

 

 

突然ですが、データサイエンティストという職業を知っていますか?データサイエンティストとは多くのデータを統計し、分析することでビジネスのための事業戦略を行う職業です。

一見プログラミングとは何の関係もなさそうに思えますが、実はデータサイエンティストの仕事にはプログラミング言語の習得が不可欠なのです。

実はデータサイエンティストが行うデータ解析において最も人気のあるプログラミング言語がPythonです。

データサイエンティストは、複雑なプログラミングを行う機会は少ないですが、データ解析を行うにあたり、データ整形処理やデータ分析にプログラミング言語を使用します。

Pythonに加えて、統計学やマーケティングの知識を習得しておくことで、プログラマーだけでなく、データサイエンティストとしても活躍する機会が訪れるでしょう。

 

グローバルで活躍するプログラマーへ

 

 

IT先進国であるアメリカでは多くのPythonプログラマーが活躍しており、Googleをはじめ、多くの企業でPythonが使用されています。一方で、日本ではPythonを扱えるプログラマーはあまり多くありません。

しかしながら、近年のAI開発の発達により、日本でもPythonを使用してプログラミングを行う技術者の需要が高まっています。

実際にプログラマーの求人サイト・転職サイトを見ても、Webサービスやビッグデータ関連でPythonのプログラマーが多く募集されていますよね。

これからますます、国内外でPythonの需要が拡大していくでしょう。今からPythonの学習を初めて日本で実践的なスキルを身に着け、将来は海外でAIプログラマーとして活躍する、というのも夢ではありません。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

3+

転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

どのような経験であったとしても、これからのあなたの人生において大切な財産となります。

あらゆることにチャレンジして、充実した日々を送りましょう。

 

Geekly Media ライター

SHIN

4+

Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!

エンジニアをしている方やエンジニアに興味がある方は、Githubというサービスを聞いたことや使ったことがあるかと思います。今回はエンジニア転職をするときにはGithubのアカウントは必要なのか?転職においてのメリットとデメリットを徹底解説していきます。Githubとはどういうものの事なのかという基本的なことから説明していきます。

 

Githubとは

 

 

Githubというサービスはエンジニア職の方が主に使う物なので、今までエンジニアをしたことがない方にはあまり聞きなじみのサービスかもしれません。

しかしエンジニアにとっては非常にありがたいサービスで、多くの人が利用しているのです。

 

Githubとはどんなサービスか?

 

 

Githubはその名の通りGitをhubするものです。

そもそもGitとはプログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のシステムで、元々Linuxの開発チームが使用していた物が便利だという事で世界的に広がりました。

何が便利なのかというと、今まではローカル環境下では一つのリポジトリを複数の人で使用していたため、変更した際のシステムの整合性を保ち変更内容が衝突しないように調整するのが手間だったのですが、ローカル環境下でも複数のリポジトリを作成できる事によりそれを避けることができるようになったのです。

GithubはそんなGitの仕組みを利用して作られたもので、世界中の人が自分の作品(プログラムコードやデザインコードなど様々なコード)を保存し、公開をする事ができるサービスです。

 

Githubに登録するには?

 

 

そんなエンジニアにおすすめサービスであるGithubはどうすれば登録できるのかを紹介していきます。

 

まずはグーグル・ヤフーなどの検索エンジンから「Github」で検索をかけ、Github社が運営しているサイト「Github」を開き、「GitHubに登録する」をクリックしましょう。

 

 

登録したいPick a username(ユーザー名)・Your email address(メールアドレス)・Create a password(パスワード)を打ち込み、Sing up for GitHubをクリックします。

 

 

「Unlimited public repositories for free」「Unlimited private repositories for $7/month」の2つプラン選択が出てくるのでお好きなプランを選択し「continue」で確定しましょう。

前者は無料で使うことができ、後者は毎月7ドルで使うことができる有料プランです。

有料プランはリポジトリを無制限に作成できるというメリットがあるので、本格的に開発を行っていく方は使ってみて下さい。

転職に使うという事であれば有料プランまで使う必要はないので、有料プランの説明は割愛します。

 

 

登録したアドレスにメールが届くので、メール内の「Verify email address」をクリックしてリンクに飛べば登録完了です。

アンケートが出る場合はそれに答えるとメールが届きます。

 

Githubを使う上での予備知識?

 

 

アカウント登録も完了したところで早速使ってみたいところですが、Githubを使うにはエンジニアとしての基本的な知識が必要です。

まずは予備知識について紹介していきます。

 

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

 

先程Gitの説明でも出てきたリポジトリについてまず紹介していきます。

リポジトリというのはいわゆる保管庫の事で、ファイルなどを保管する場所の事を指します。

リポジトリはPCなどの中に組み込まれている「ローカルリポジトリ」とネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2つがあります。

ローカルリポジトリで作業内容を保存して、周りと共有するためにネット上にあるリモートリポジトリにアップロードするという流れで使います。

 

コミット・プッシュ・ブランチ

 

Githubを使うなら最低でもコミット・プッシュ・ブランチを知っておく必要があります。

コミット=ファイル変更や追加の履歴をリポジトリに保存する

プッシュ=ファイル変更や追加の履歴をリモートリポジトリにアップロードする

ブランチ=同時に行われる複数のファイル変更や追加の履歴を個々に保存するシステム

 

Geekly Media ライター

3+

「ユニコーン企業」ってどんな企業?2019年注目のユニコーン企業もご紹介!!

ユニコーン企業という言葉を聞いたことがありますか?あまり聞き馴染みのないという方も多いと思いますが、そんなユニコーン企業が世界を大きく変えており実際に皆さんの生活にも密接したユニコーン企業というのも存在するのです。今回はそんなユニコーン企業とはどんな企業なのかについて紹介していきます。

 

ユニコーン企業

 

 

ユニコーン企業と聞いて皆さんはどんな企業を思い浮かべますか?

まだあまり日本では浸透していない言葉なので正確に意味を理解している方は少ないと思います。

しかし、そんなユニコーン企業は皆さんの生活に密接しており誰もが使ったことがあるようなものがユニコーン企業によるものであるなど、社会生活をする上で重要になってきている企業が多くあります。

 

そもそもユニコーンって?

 

 

ユニコーンとは一角獣とも呼ばれ、馬のような体躯に一本の鋭い角が生えている伝説上の生き物の事を指します。

ではなぜ企業にこの伝説上の生き物の名を冠されるようになったのでしょう。

それはユニコーン企業と呼ばれる企業は、ユニコーンのような稀でありとても価値のある存在であることから米カウボーイ・ベンチャーズ創業者のアイリーン・リーが使い始めたのが広まったといわれています。

 

極めてまれなユニコーン企業

 

 

極めてまれで価値のある企業とはどういう企業の事を言うのかというと、創業間もない会社であるにもかかわらず大きな企業価値を保有する企業の事を言います。

現在は違いますが、FacebookやTwitterなど創業から間もない間に世界中に広がったこの2つの会社も当時はユニコーン企業と呼ばれていました。

ではユニコーン企業と呼ばれるにはどんな条件があるのでしょうか?

 

ユニコーン企業と呼ばれる条件

 

 

先程以前はFacebookやTwitterもユニコーン企業と呼ばれていたと話しました。

「えっ!今は違うの?」と思われる方も多いかと思います。

どちらの企業も登場した時ほどの伸び率やインパクトはありませんが、継続的に成功続けている会社なので価値がある企業を指すユニコーン企業から外れるというのは変に思われるかもしれません。

しかし、ユニコーン企業と呼ばれるには「評価額」「設立年数」「上場の有無」「業態」の4つ条件を満たさないといけないのです。

 

評価額が10億ドル以上である

 

ユニコーン企業と呼ばれる最初の条件は評価額が10億ドル以上であることです。

日本円に換算するとおよそ1,100億円以上が目安になります。

評価額とは、その会社にどれくらいの価値があるのかを市場価値などから判断したもので企業買収などの際によく言葉です。

簡単にいえば「この企業にはこれぐらいの価値があるから、買い取るにはそれぐらいは必要だね」といった金額が評価額といえます。

ユニコーン企業と呼ばれる企業の中にもクラス分けがあり、100億ドル以上はデカコーン企業、1000億ドル以上はヘクトコーンと呼ばれています。

これはそれぞれ10個単位を表す「deca」とユニコーンを組み合わせたもの、100倍を意味する「hecto」とユニコーンを組み合わせた造語です。

 

起業10年以内

 

2つ目の条件は起業してからどれくらいの年数がたっているかです。

ユニコーン企業は価値のあるベンチャー企業を指す言葉という認識もあり、起業から年を重ねた企業はベンチャー企業という枠組みから外れていきます。

その外れるタイミングがだいたい10年くらいと認識している方が多いため、10年以内を契機としているのです。

先ほど話したFacebookやTwitterも企業から10年以上たっているので、ユニコーン企業ではなくなったのです。

 

非上場であること

 

3つ目の条件は非上場であることです。

上場している企業はユニコーン企業とは呼ばれません。

FacebookやTwitterも上場をしています。

これもこの2つがユニコーン企業と呼ばれなくなった理由の一つです。

 

IT企業である

 

この条件は必須ではないのですが、起業からわずかの時間のうちに企業価値を爆発的に高めないといけないため必然的にIT企業でないと実現が難しいため条件に入っています。

爆発的な成長をしているベンチャー企業のほとんどがIT企業であり、時代に評価されやすいIT業界がユニコーン企業になるための条件といえるでしょう。

 

Geekly Media ライター

4+

PMOの役割は何?具体的には何をやるの?基礎知識から解説します!

最近、IT業界を中心に話題の「PMO」という単語をご存知でしょうか?IT業界に限らず、多くの業種でも有効的に活用できる内容となっており、業務の効率化、スムーズな問題解決の実現に役立つようです!そんな「PMO」に関しての基礎知識等をまとめてみましたので、この機に理解を深めてみてはいかがでしょうか?

 

PMOの概要

 

 

そもそもPMOとは?

 

PMOは、正式な名称である「Project Management Office」を略した言葉で、日本語で直訳をすると、「プロジェクト管理事務所」という訳になります。正式名称や直訳した日本語を見ただけではどんな物なのか全くイメージがつきませんよね?ですので、もう少し読み解いてイメージすると、進められている計画(Project)を管理(Management)する事務所(Office)というイメージが一番近いかと思われます。

また、ここでいう計画というのは、会社や組織で進められている複数の業務計画のことを指しています。ですので、PMOというのは、進められている複数の業務計画を取りまとめる部署やシステム等を指し示す呼称になります。

 

PMOの役割

 

 

PMOを役割という観点で掘り下げていくと、大きく分けて3種類の役割に分類することができます。それぞれの役割で担当する内容も異なりますので、どのような役割があるのか?という点と、簡単な業務内容を併せてご紹介をいたします。

 

PMOアドミニストレーター(PMO事務)

 

進めているプロジェクトに関係した業務の、過程や業務工程をスムーズに進める為の業務を執り行うのが、PMOアドミニストレーターの主な役割です。また、役割的に事務的な作業を担当することが多い為、PMO事務と呼ばれることもあります。

具体的な業務例としては、各チーム間や協力している外部メンバー間の情報共有、関係者間の会議の調整、チームメンバーの勤怠+稼働状況の管理、経費の処理、といった項目が挙げられます。

 

PMOエキスパート

 

進めているプロジェクトに関するスケジュールの作成や、現場の環境改善等の役割を担当するのが、PMOエキスパートです。

また、PMOエキスパートの主な業務は、大きく分けて5種類に分類されることが多いです。下に分類と主な業務内容を記載しておきますので、こちらもチェックしてみてください。

 

・プロセスの分析業務

プロジェクトのスケジュール作成や調整、業務の進め方の指示や改善、業務工程の標準化や文書化といった業務等

 

・情報の分析業務

プロジェクトで出された案の可否を決める為に必要な基準の設定や改善、プロジェクトに必要な情報の収集方法や情報化方法の確立、プロジェクトの成果の見える化等

 

・ツールの分析業務

関係者が使用するツール等の作成や改善、作成したツール等の使い方の指示や教育または使用の定着化等

 

・ビジネスの分析業務

プロジェクトの顧客や取引先からの要望等のヒアリング、ヒアリングした内容をプロジェクトのチームメンバーと共有、プロジェクトの顧客や取引先の満足度確認、満足度の現状維持・向上等

 

・人材開発に関する業務

プロジェクトのチームメンバーへのマネジメント教育の実施、熟練度の低いチームメンバーや若手メンバーの成長支援、チームメンバーのサポート等

 

PMOマネジャー

 

 

プロジェクトでPMO活動を行っているメンバーの管理や教育といった業務を執り行うのが、PMOマネジャーの主な役割です。また、PMOのチームメンバーの管理を行う役割の為、PMO内では上位の位置関係になることがほとんどです。

具体的な業務例としては、PMO活動の進捗確認や予算管理、PMOのチームメンバーの勤務状況の確認や教育、といった項目が挙げられます。

上で紹介した役割がPMOの主な役割になります。チームメンバーの人数やプロジェクトの内容によって異なりますが、上で紹介したそれぞれの役割ごとに担当メンバーが割り振られることもあれば、いくつかの役割を1人のメンバーが兼ねて担当するケースもあります。

 

PMOを導入するメリット① 問題の見える化

 

 

問題の早期発見と対策が可能になる

 

現場の管理が適切になされていないと複数人で業務を進めていても、問題が発生したことを当事者のみが把握していて、解決が先送りになってしまう、といった事例も発生します。中には、その問題が未解決のままプロジェクトが終了し、後になってその点をクライアントに指摘された、という恐ろしいケースもあるようです。

こんなことを当たり前の様に続けていれば、顧客や取引先からの評価が低下し、契約の打ち切りになってしまう恐れも十分に考えられるでしょう。ですが、PMOを導入するとプロジェクトを進める上で発生した問題を容易にチェックできるようになり、問題の早期発見+チームメンバー間での共有が可能になります。

また、発生した問題に対しての対策+立案をPMOメンバーと協力して行うことで、問題をスムーズに解消することができますので、上記のような事例の発生を未然に防ぐことができるのです。

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

4+