【おすすめ5選!】プログラミング入門はこれから!基礎の考え方・知識を得るにはこの本!

プログラミングを独学で勉強するという人が増えてきています。しかし初心者の場合、最初にどのような本を購入すれば良いのかわからないものです。今回はそんな初心者こそ読むべき基礎的なプログラミング本を5つ紹介していきます。これさえあれば、プログラミングの基礎をしっかりと身につけることができます。

 

1.基礎の基礎を学ぶなら『教養としてのプログラミング講座』

 

入門書としてはかなりおすすめの1冊

 

 

プログラミングという言葉は知っていても、具体的にどのようなことをするかはわからないという人も多いはずです。実際にプログラミング入門したての初心者の場合、参考書選びとなるとかなり難解な書籍が多く、その時点で挫折するということもあります。そんな全く知らない超初心者には、『教養としてのプログラミング講座』がおすすめです。

ページ数も他の著書と比べると比較的少ないため、本を読むのが苦手という人や、仕事が忙しくてなかなか読書をする時間を確保できないという人でも安心です。隙間時間を見つけて読むことができるため、かなりおすすめです。

 

プログラミングそのものを知らない人におすすめ

 

内容についても、あくまでプログラミングとはどういうものなのか、という部分が中心であり、実際にコードを書くという実践的な事も少ないため、プログラミングどころかコンピュータに関する知識もあまり持っていないという人でもわかりやすくなっています。

副業としてプログラマーになろうと考えているものの、今までプログラミングはもちろん、コンピュータに関する知識を得ることがなかったという人は、この著書から初めてみるのも良いでしょう。

 

2.プログラマー志望なら『おうちで学べるプログラミングのきほん』

 

仕組みからプログラミングの基礎まで網羅

 

 

政府によって副業が解禁された現在、多くの人が副業を始めつつあります。その中には副業としてプログラマーになるという人もいます。多くの人はプログラミングスクールにて基礎を学ぶという人が多いですが、中には独学でプログラマーを目指すという人もいます。とはいえ、プログラミングの書籍となると、難解なものが多くて難しいです。

この『おうちで学べるプログラミングのきほん』という著書は、コンピュータの仕組みやWindowsなどのOSの仕組みから、プログラミングの基礎まですべて網羅されています。そのため、コンピュータに関する知識がない人でも、しっかりと内容が理解できるような構成となっています。

 

副業からプログラマーを目指す人におすすめ

 

プログラミングを学習するとなると、どうしてもお金がかかってしまいます。特にプログラミングスクールの場合、会社によって受講料などは異なり、扱う言語やその他のサービスなども異なります。朝的に見るとかなりお得ですが、純粋に入門したての人にとっては、書籍だけで十分です。

この著書はそんなプログラミング未経験でも、これさえ知っておけば今後のプログラミング学習では苦労しないレベルの知識が詰まっています。これからプログラマーになろうと考えている人や、プログラミングスクールを受講するつもりだけど、その前にある程度の知識を付けておきたいという人には、かなりおすすめです。

 

3.即戦力になるなら『仕事ではじめるプログラミング』

 

プログラムの書き方などがメインの1冊

 

 

プログラミング入門者と言っても、その人の持つ知識は人それぞれです。全くの未経験から始めるという人もいれば、高校や専門学校などで知識を身につけているものの、しばらくプログラミングとは縁遠い仕事をしてきた、という人もいます。

この『仕事ではじめるプログラミング』という著書は、その名の通り仕事としてプログラミングをするという人向けの著書となっています。内容についてもプログラミングの書き方など、基礎を知っていることを前提とした実践的な内容がメインとなっています。

 

フリーランス志望にはうってつけ

 

基礎的なことが書かれていないため、全くの初心者にとっては難しいです。しかし、高校などである程度知識を持っている人であれば、いきなりこの著書から始めるというのも良いでしょう。ここで実践的な知識や技術を身につけておけば、早い段階でフリーランスプログラマー向けの案件獲得のために動くこともできます。

高校などでコンピュータの基礎知識などは抑えているが、プログラミングについては自信がないという人は、この著書を読んで眠った知識や技術を呼び起こすのも良いでしょう。全くの初心者の場合は、その他の基礎的な著書で知識を付けてから読むことをおすすめします。

 

4.エンジニア目指すなら『非エンジニアのためのプログラミング講座』

 

エンジニアのすべてがわかる1冊

 

 

プログラミング関連の仕事は、決してプログラマーだけではありません。エンジニアという職業も存在します。というのも、現役で活躍しているエンジニアの多くは、元々はプログラマーとして活動していたという人が多いです。

非エンジニアのためのプログラミング講座』という著書は、今人気の高いプログラミングスクールである、テックアカデミーが監修をしている著書となっています。プログラミングについても触れていますが、エンジニアとはどういうことをする人なのか、そして本格的なWebサイトの裏側はどうなっているかなど、エンジニアのすべてがわかる1冊となっています。

 

エンジニア志望におすすめ

 

先程の部分でも少し触れましたが、エンジニアの多くはプログラマー出身だという人が多いです。とはいえ、エンジニアとプログラマーでは仕事内容が大幅に異なります。基本的にエンジニアはプログラマーと仕事をすることが多いのですが、エンジニアが何を伝えたいのかがわからないと、仕事に支障をきたしてしまいます。

この著書では、プログラミングと同時にエンジニアとの円滑なコミュニケーションを可能にするための知識なども書かれています。企業などでエンジニアト仕事することが多い人や、エンジニアに興味のある人は、ぜひこの著書を読んでみることをおすすめします。

 

5.Web担当者には『ちゃんと使える力を身につける Webとプログラミングのきほんのきほん』

 

未経験でも活用できる知識が豊富

 

 

現在では様々なWebページが存在し、そのWebページによって生活が支えられています。しかし、そんなWebページがどうやって作られているかということについては、意外にも多くの人が知りません。利用規約などに書かれているCookieなど、言葉は聞いたり読んだりしたことがあっても、それがどういうものなのか、なぜWebページには必要なのかまではわからないものです。

ちゃんと使える力を身につけるWebとプログラミングのきほんのきほん』という著書は、そんなWebページの仕組みや、Webページ作りに欠かせない技術などがわかりやすく解説されています。Webページ制作をメインとしたプログラマーを目指す人や、Webページがどうやって作られているかわからないという人には、かなりおすすめの著書です。

 

Geekly Media ライター

どーばー

5+

【おすすめ5選】IT系の情報収集はこれだけ押さえておけば大丈夫!IT系メディア~技術系ブログまで幅広くご紹介!

IT業界で働く人にとっては、日々の情報収集は欠かせないものです。書籍やWebメディア、Twitterやキュレーションサイトなどで自主的に情報を集めている人も多いでしょう。今回は、IT業界で働く人、あるいは就職・転職を考えている人、単に面白いネタを探している人にもチェックしてほしいIT系メディア・ブログをご紹介します。

 

【1】IT系メディアの最新ニュース総まとめ「ITmedia」

 

 

最新情報を網羅するIT系ポータルサイト

 

IT業界のみならず、一般的なビジネスニュースまでを取り扱うIT総合情報ポータルサイト。月間200万PV(アイティメディア媒体資料より)を叩き出す、大きな影響力を持つサイトです。

他のWebメディアの最新ニュースやコンテンツを掲載しているので、まずはITmediaをチェックして、自分の読みたい記事を探す、というキュレーションサイト的な使い方をしている人も多いのではないでしょうか。

 

オリジナルコンテンツでは、IT業界や技術に詳しいライターによるITのトレンドと時事問題を絡めた記事が特徴です。ITが社会や他の業界にどのように活用されているのか、どれほど影響を与えるのかといった考察が興味深いです。

最近のトレンドは、働き方改革とIT技術の関係性をさまざまな角度から言及している記事でしょう。

RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)や、AIといった技術的な話題から、業務効率化を図るためのPC、モバイルなどを紹介する記事などが代表的な例です。

 

また、「質問!ITmedia」というQ&Aコーナーも充実しています。ユーザーの質問に対してユーザーが答える、Yahoo!知恵袋形式のようなコンテンツです。ITに関わらずあらゆるジャンルの質問や回答が飛び交っています。

多くの人が見ているサイトなので、何か困り事があったら質問してみても良いかもしれません。ただしユーザー(一般人)が答えているということをお忘れなく。

 

運営会社の凄まじい実力に裏付けられた「信頼性」

 

 

ITmediaを運営しているのはアイティメディア株式会社です。

ITmediaをはじめ、「@IT」や「ねとらぼ」といったWebメディアを多数運営しています。同社のコーポレートサイトによると、運営しているWebメディアの総PVはなんと2億にのぼり、毎月4,000本もの記事を配信していることからも、メディアとしての「信頼性」が高いことが分かります。

 

【2】ITエンジニアのコミュニティサイト「Qiita」

 

 

実際に使える知識や技術が披露されている

 

現役で活躍しているエンジニアたちによる知識と技術が集結する、メディアというよりはコニュニティサイトサービスです。しかし、読み物としても非常に面白く参考になる記事が多いです。

 

エンジニア自身が持つ知識や使えるコードを開示し共有することで、他のエンジニアの役に立つことを目的としたサービスで、2019年2月時点(公式サイトより)では37万以上の記事が投稿されています。

実際に仕事に使えるコードやテクニックが惜しみなく披露しているので、エンジニアの中には、困ったときはこのサイトを覗きに来るという人も多いでしょう。

 

会員登録をする際に、ユーザーは自分が興味のある分野(タグ)を選んでフォローします。フォローしたタグのフィードに最新の投稿が表示されるので、ユーザーのニーズに合った記事をすぐに探すことができるのです。

また、ユーザー単位のフォローも可能です。「この人の記事は役に立つな」「面白い記事を書く人だな」と思ったユーザーを積極的にフォローして、効率的に情報収集をしましょう。

記事のストック(ブックマーク)もできるので、お気に入りの記事をためておくことも可能です。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

4+

【おすすめ5選!】今の時代に読むべきホリエモンの本はコレだ!

ホリエモンという愛称で知られている著名人である堀江貴文氏。起業家である彼はこれまでの経験をもとに多数の本を出版しています。今回はそんなホリエモンが出した本の中で、今の時代にぜひとも呼んでほしいという本を5本紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてくださいね。

 

ホリエモンって何もの?

 

 

経済学などビジネス系の本を多く出版しているホリエモン。

最近はテレビなどのメディアでよく見かけるようになってきているので、知っている人も多いと思いますが元々タレントとして活動していたわけではありません。

では実際何をしている人なのか知っていますか。

その人の事をある程度知っておかないと信用できる本かどうかも分からないと思いますので、まずは簡単にホリエモン自身について紹介していきます。

 

堀江貴文

 

 

ホリエモンこと堀江貴文氏は、1972年生まれで福岡出身の実業家です。

今でこそテレビタレントのような形でメディアへの出演が増えていますが、元々は東京大学在学中に会社を立ち上げた学生起業家です。

 

会社の名前は有限会社オン・ザ・エッジ(後に株式会社ライブドアに社名変更)で、インターネットが普及し始めた1990年代後半にいち早くホームページ作成及び運営管理を始めたことで注目を集め、一流企業のホームページ作成などにも多くかかわっていました。

その後は、球団の買収計画やニッポン放送買収計画など失敗はしましたが大きな注目を集めました。

 

さらに2006年には証券法取締法違反で逮捕されるなどお騒がせな一面もあります。

タレントとしてテレビによく出るようになったのは出所してからで、現在はSNS media&consulting株式会社とインターステラテクノロジーズ株式会社の役員、

株式会社7gogoの取締役を務めており、ビジネス面での活躍はもちろん、日本ゴルフ改革会議委員・Jリーグアドバイザー・大阪府特別顧問など幅広く活躍しています。

 

なぜホリエモンと呼ばれているのか?

 

 

堀江貴文氏がなぜホリエモンと呼ばれているかですが、正式な回答がされているわけではないのですが、学生時代のあだ名だそうです。

 

堀江貴文氏の「貴」の字を抜き、音読みで読むとホリエモンと読むからそう呼ばれているそうです。

このあだ名を初めて聞いた時に、ドラえもんをもじってつけられた名前だと思った方は多いと思いますが、違うというのが有力です。

 

今読むべきホリエモンの本①

『ネットがつながらなかったので仕方なく本を1000冊読んで考えた そしたら意外に役立った』

 

 

本の概要

 

先述の通り、堀江氏は服役していた時期があります。

服役中はインターネットが使えません。

たった1日でインターネットの風雲児であり業界のトップランナーだった人が、インターネットがない時代と同じような生活をしなくてはいけなくなりました。

このままでは情弱(情報弱者)になってしまうと本を読んだのがきっかけで出版された本です。

自分の置かれた環境をすぐにビジネスに変えてしまう堀江氏の凄さがうかがえる著書です。

ちなみに堀江氏は服役中も1億円稼いだといわれています。

 

出版社:KADOKAWA

著者:堀江貴文

発行年:2013年

価格 :1264円(電子版)

 

おすすめポイント

 

基本的には堀江氏がどんな本を読んでどう思ったかを書いている本です。

この本を読むことでいろんな本に知り合えて、自分に合った本を見つけることができるという点もおすすめですが、

この本の一番良い所は、情報を取り入れる姿勢について書いてあることです。

現代は誰でもインターネットにふれられる環境があり、昔と比べると誰もが簡単に情報を取り入れることができる環境になっています。

しかし、読んだ情報をしっかりと覚えていたり理解をしていますか?

おそらくほとんどの人が読んだことに満足してしまっていると思います。

事前にアウトプット前提に読むという姿勢を作るだけでも情報の取り入れ方が大きく変わります。

そういうことを教えてくれるいい本だと思います。

また、この情報社会でネットにふれない生活をするというのも貴重な体験であり、ネットじゃないところでも学べる環境は沢山あるという事を示してくれる本です。

 

Geekly Media ライター

5+