【知っておきたい!】マーケティングオートメーション(MA)とは?その内容からできることまで徹底解説!

マーケティングオートメーション(MA)の内容からできることまで解説。今回はこのテーマでお話をしていきますが、マーケティングの枠を超えて、実は身近なSNSにも関わってきます。これからの時代では収益の最大化を測る方法&手法として注目されているのがMAです。これからのマーケティングを支えるMAについて徹底解説していきます!

 

マーケティングオートメーション(MA)とは?

 

 

「マーケティングオートメーション(MA)」とは、別けて考えると「マーケティング(顧客を集客する多くの工程)」&「オートメーション(自動、制御)」と2つに意味を大きく別けることができます。

2つの要素を合わせると「(マーケティングオートメーション)=(顧客を集客する工程を自動&制御)」といった意味合いになります。

顧客のニーズに合わせた集客をさまざまなプロセス(工程または方法)を活用して集客を制御し、自動化すると言った意味合いになります。

 

内容

 

【機能】

 

 

いかに、情報を最適にかつ的確に顧客に届けられるか、と言う視点思考を凝らしたマーケティングがMAでは可能になります。ここではMAで使用するツールの中で代表的なものをいくつか挙げて行きます。

 

・ページ作成、リード管理、スコアリング

LP (ランディングページ)や登録フォームなどの簡単なウェブページを作成することが可能です。関連履歴のメールやリードのHPを保存&管理することが可能です。

 

・メールマーケティング、アクセスログ取得、SNS機能

最も有名でわかりやすいのが、マーケティングでお馴染みの「メール自動配信機能設定」をすることが可能です。他にもスコアリング活用やアクセス上などのサイトの詳細解説などもできます。

現代では定着したSNS上での情報拡散も行うことができます。

 

【なぜMAが必要?】

 

 

事業が拡大してくると、それに伴い膨大なマーケティング業務を行わなければならなくなります。

少人数でこなせていたマーケティング業務作業を事業拡大や成長とともに、仕事量が増え、こなせなくなるような時間と作業が膨大に増えていき負担になっていきます。

そこで、その作業を軽減化して効率化してくれるのがMAです。MAツールを導入することで、あらゆるマーケターの業務作業が効率化することができます。例えば1人にメールを送るのと1000人にメールを送るのとを同等の作業量&作業時間に収めることができ、マーケターの負担が軽減されます。

このように大きく業務を軽減することにより、生産性も高まり商品価値も高まることで、さらに成長していける効果をもたらしてくれます。

 

導入効果&最大化

 

①  【導入する効果】

 

 

マーケティング業務にかかる工数の削減とともに、顧客の求めるニーズの割合情報の数値傾向を明らかにすることができます

例えば、大量のメール配信によって顧客ニーズを情報として取得することで、大量のデータが企業に蓄積されます。

さらに、蓄積されたデータを元にさらなるマーケティングを行う際の、顧客ニーズを絞る情報として活用することができます。

他にもMAを利用することにより、会社全体の顧客ニーズの発生要素や原因などがはっきりします。

様々なツールの機能をいっぺんにまとめることができる利点もあるため、バラバラなツールを使い無駄なツールの切り替えや、その切り替えによって発生するミスや遅れ等を1つのツールでまとめることで軽減できます。

顧客ニーズの方法を知れることにより、効率よく集客できるさまざまな方面からのメリット効果が大いに期待できます。

 

②【最大限活用するには】

 

 

マーケティングをする部署だけではなく、そのマーケティングを活用する他の部署とのコミュニケーションや連携を通じて、効果を最大限に発揮することができます。

まずは冷静になり、一旦立ち止まって現場の状況を把握することが肝になります。しっかりと目的を明確にして問題解決をするのが、最も基本的で最大限にMAを活用できる方法となります。

例としては、一見遠回りに感じてしまうような、検証して検証の結果が効果あるのかどうか確認する作業を、何度も繰り返して良い結果を探していくと言う方法が、実はとても効果的です。

このマーケティング方法の検証作業や検証後の顧客ニーズに合った情報を届けることも、効率よくこなせるのがMAで可能です。

その近道として、マーケティングの自動化が最も有効的で最大限に活用し、効果発揮ができるのがMAになります。

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!市場規模や具体的な事例とともに分かりやすく解説!

O2O、Offline-to-Onlineって最近よく聞くけど、実際に理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。「O2O」とよく一緒に出てくる「オムニチャネル」と「OMO」についても触れ、関連ワードもわかりやすく説明します。市場規模や具体的な事例にもコミットして行き、今後の日本のWebマーケティング事情についても切り込みます!

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!?

 

 

O2Oは「Online to Offline」の略した用語です。分解すると「online(オンライン)」「to(に)」「offline(オフライン)」と単語の意味を別けることができます。「仮想店舗に現実店舗」といった簡単なイメージに置き換えても問題ありません。

顧客を集客するマーケティング手法の1つで、現実世界に存在している「実店舗」に「オンライン」を活用して、あらゆる手段や方法を用いて誘導する意味を持つのが「Online to Offline(O2O)」の現代の言葉の意味です。

以前は「Click and Mortar」と言う言葉で、融合や連動と言った意味を持っていたとされていますが、今は名前が変わり、現在での意味では実店舗に誘導する手法として認識されています。よく似た手法として「【OMO】とは?」の下記の記事で紹介します。

Webマーケティング手法を上手く活用し効率的に集客を目的とした意味で認識が固まっています。

 

顧客誘導&市場規模

 

①【オンライン】顧客誘導

 

 

インターネットで実務店舗のクーポンを配信したり、ECサイトなどで集客し、購入などを実務店舗と連動しながら集客収益を見込める方法を目的としています。

他にもサービスによってはゲーム感覚で、集客を見込める方法で繋げるなど様々な集客誘導が挙げられます。

日本でも大人気でブームとなった「Pokémon GO」と言うスマートフォンアプリケーションゲームでは、GPSなどで店舗情報を活用して店舗誘導に繋げる方法があります。

ゲーム内で指定した場所に訪れるとゲームの内容やストーリーが進むなどし、プレーヤーが顧客となりポイントやクーポンなどを利用できる活用方法も存在しています。

1番身近でわかりやすいのはSNSを活用した集客方法が挙げられます。

「Twitter」や「Facebook」「Instagram」などコミュニケーションを中心としたプラットフォームでの投稿&口コミ情報を発信することにより集客と拡散が見込めます。

顧客が主体となって次の顧客に信頼を与え、同じ顧客と言う視点から見れば信用度が上がり、集客する方法としては現実的かつ効率の良い集客方法といえます。

 

②集客成功の事例

 

 

集客成功の事例として「無印良品」などが挙げられます

無印良品では運用しているアプリケーションがあり、O2Oから見ても運用に成功した事例として挙げられます。こういった店舗に集客するためにアプリケーションを活用してアプリから顧客を集客し、店舗に誘導するマーケティングスタイルが現代には必要不可欠です。

他にも様々な企業がWebマーケティング手法であるO2Oを利用しています。

上記でも説明したクーポン&SNSでの「集客&拡散&店舗誘導」が最も効果が大きくわかりやすい成功事例といえます。

 

③市場規模は2023年に1,616億円規模

 

 

日本国内のO2Oでの市場規模調査をした結果が、2018年の市場規模は135億円で2018年の市場規模から2023年には12倍の結果を予測され市場規模はなんと「1.616億円」と予測が発表されました。

この予測から見ても日本国内においてO2O広告のWebマーケティング手法は有効だと予測されており、日本では現在で1番収益が見込めるWebマーケティング手法として注目されています。

 

「プロダクトマーケットフィット(PMF)」とは!定義や必要性、PSFとの違いまで徹底解説!

PMFの定義と必要性を説明し、PMFと関係があるPSFとの違いや、そこから2つの考え方の用途を解説。PMFに欠かせない「企業側の考え方」と「顧客側のニーズ」を分かりやすく徹底解説していきます!他にも今後や利用する上でのアドバイスも記載しています。ビジネスに必要不可欠な考え方を分かりやすく徹底解説!

 

プロダクトマーケットフィット(PMF)とは?

 

 

PMFとは「プロダクトマーケットフィット(Product Market Fit)」の頭文字を取ってPMFという略語になります。

単語の意味を分けて考えると「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」の3つに分けられます。繋げると「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。会社で主にこのPMFが中心の考え方として求められます。

自社の商品をターゲットや、市場に適しているかと言った観点を1つのこの言葉に集約したのがこのPMFです。このPMFの考え方を活用しビジネスを進めていくことが、成功に繋がると言う解釈から定義された言葉になります。

マーケティングの1つのメソッドとしてビジネス業界では定着しています。

 

発生源【2つの定義】

 

定義1

 

 

アメリカ合衆国を拠点とする創業やソフトフェア開発、投資家で有名な「マーク・アンドリーセン」が提唱したと言われています。新しいビジネスを始めるスタートアップで用いられるのがPMFです。

PMFの一般的な定義としてスタートアップ等のベンチャー(新たなビジネスを始める)企業に用いられ、仕事の考え方や概念として定着しています。

 

定義2

 

立ち上げ事業での定義で知られるPMFですが、立ち上げでないビジネスにも当てはまり、どんなビジネスモデルでもこのPMFの考え方が当てはまるため、多くのビジネスが取り入れている概念になります。

ビジネスの基本となる顧客のニーズを分析し、分析した情報から製品を作り出してそれを提供すると言う流れになるため、この考え方はビジネス継続する際にも役立つ概念になります。

つまり、1つ目の定義としてスタートアップでの用途になります。2つ目の定義はビジネスの基本的な考えとして常に用いられます

 

スタートアップする時に必要な概念

 

企業側

 

 

ベンチャー企業が成功する概念として定義されるのがPMFです。事業を開始・継続・成功する上でPMFの考え方が必要不可欠となってきます。ビジネスの考え方として顧客のニーズに合った商品を提供するのが基本的な考え方です。さらに、顧客ニーズに合った商品を顧客に効率よく届けられる市場選びも、非常に重要な要素となります。

この市場を選ぶ事は意外にも着目せずに見過ごしてしまう事が多く、たとえ商品が優れていたとしても市場が適していなければ商品は顧客に届かず情報の波にのまれてしまいます

そのため、「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」のマーク・アンドリーセンが提唱したPMFは、最も重要でビジネスにおいて必要な考え方を集約した言葉になり、あらゆるビジネスにおいて必要不可欠な考え方となります。

 

顧客側

 

 

顧客側もこの考えからすると満足行くサービスや製品を受け取れる概念であり、企業側も顧客側も双方ともに利点がある考え方のため、この提唱したPMFと言う考え方は消えてなくなりません

起業する際に情報を収集して、その情報を元にビジネスを開始するための考え方ですが、上記の「定義2」でも説明したとおり、事業が成功を収めたとしてもPMFの考え方をキープしてビジネスを継続します。

その継続時でも顧客の満足度を変えずにビジネスを進める事が最も大切なポイントとなってきます。

 

PMFとPSFの違い

 

PMF

 

PMFは説明した通り、「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。

単純にいってしまえば大きな違いとして「PMFが工程」で「PSFが結果」です。これからその意味や理由について解説していきます。

 

PSFとは

 

 

PSFは「プロブレムソリューションフィット(Problem Solution Fit)」の頭文字を取った略語になります。

単語の意味を分けると「Problem(問題)」「Solution(解決)」「Fit(合う)」と言う意味に分けて解釈できます。

これを合わせると「問題を解決し合う」と言う意味になり、この言葉もビジネス用途で用いられる考え方です。

ビジネスの目的は収益を出すことが最大の目的ですよね。そのために顧客にアプローチを掛けニーズを理解し、それに合った商品を提供していくのがPMFです。

このPMFとは違いPSFはビジネスにもっと深く関係しており、「問題(お金)」「解決(利益が上がる)」「合う(顧客ニーズと企業の提供商品)」=「有料商品を購入する顧客の満足度が高く、有料商品から得られる収益が見込める」状態を示します。

段階的に「PMF」の次に「PMF」を継続しつつ「PSF」を追加し、「PMFとPSF」の継続がビジネスにおいてベストな状態と言えます。

イメージで例えるなら、無料商品を顧客に配布し、顧客が満足するのがPMFで、その無料商品を有料商品に変化させても顧客の満足度があり、有料商品の利益が企業に入ってくる状態がPSFと例えられます。

 

PSFのまとめ

 

  

まとめると下記の内容にまとめられます。

 

・「問題&解決」=「顧客の満足度(商品)」と「企業の満足度(利益)」を満たす事

・「合う」=「顧客と企業のステークホルダー(利害関係)が合うこと(意見が合う)」

上記の様な状態がビジネスにおいて最もベストな状態になり、本来の説明となるPMFとPSFの違いに繋がり、結果は根本的に内容や目的が違います

さらに、簡単にまとめてビジネス用途で解釈すると「PMF」は「2つの意味のマッチング(工程)」であり、「PSF」は「2つの意味で問題解決(結果)」となるため似て非なるものです。

 

プロダクトマーケットフィットの今後

 

 

既にビジネス業界では当たり前の考え方の工程として定着している概念です。ですが、今後はPMFの概念を基づきビジネスを始める個人が増加していくと予想されます。

理由としては、これからの日本は海外に遅れているものの、個人でビジネスをしていくフリーランスや個人事業主(自営業)が急増してくと、現在の経済状況や雇用率の統計から見て推測できます。

充実した生活を送るためには資金力を手に入れることが必要になり、一般的な賃金では充実した資金を貯められなくなってくる時代が、近い未来に訪れると現状の社会の流れから推測できます。

海外で社会問題にもなっている社会での格差問題が日本にも訪れた時には、今後個人でビジネスを始める人が急増するでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

PMFの概念を今後活用する人へアドバイス

 

 

PMFを用いて行動に移す方は、「PMF」を継続しつつ「PSF」を取り入れるステップアップを想定して行動に移していきましょう!

理由としては、何かビジネスに繋がる事を始めて、提供側になる事があるかも知れません。その提供サービスなどが無料だった場合は次のステップとしてPSFの概念を取り入れて邁進して下さい。

その無料提供して生み出す労働をした結果として、対価がない状況では継続したくても貯蓄がない限り、近い内にできなくなる状況に陥ります

そのため、リスクを回避する策として、次の段階であるPSFを頭の片隅に置いておくと、成功した次に成功を継続させる考え方となります。

アジャイルHRって一体何?言葉の定義や目的、実践例などわかりやすく紹介します!

「アジャイルHR」と言う考え方を今回は紹介。「一体何?」の疑問点を解消していく事と同時に「アジャイルHR」の考え方の元となる「アジャイル開発」にも切り込んでいき解説。定義や目的をわかりやすく説明していき、アジャイルHRの導入事例や今後の発展、これから活用していきたい人に向けた転用の考え方も紹介します。

 

アジャイルHRって一体何?

 

 

アジャイルHRとは、「アジャイル」 = 「素早い」と言う意味を表しており、「HR」=「人事」を示しています。人事で仕事をこなすための1つの「仕事を効率化する考え方」として注目され、人事での仕事を効率化するスタイルを意味します。

 

この2つの意味を掛け合わせた通り、「素早い人事」と言う意味になり、この考え方は海外では普通に取り入れられている人事のビジネスのスタイルです。

従来の人事の業務スタイルは目の前の仕事に追われ、じっくりと案を練りながら確実に一歩一歩進んでいく業務スタイルでした。

アジャイルHRでの業務をする上での考え方は、従来とは考え方の思考方法などあらゆる業務にいたる、プロセス(工程)が対極をなしています。

素早く効率よく業務をこなしていくのが、アジャイルHRの考え方になります。

海外では人事の仕事を効率よく行う上で、アジャイルHRの考え方が主流となっており、日本で「この概念」を導入する会社は数少なく、現在その効率的な考え方が近年注目され始めているのが「アジャイルHR」と言う言葉になります。

 

言葉の定義や目的

 

①【定義】

 

 

アジャイルHRの定義について発生源は「アジャイル開発」であり、アジャイル開発とはIT業界のエンジニアにおける素早い開発を定義したものから発生しているのがアジャイルHRです。

よって、発生元の定義と同じく開発が人事に変わっただけの意味になるため、芯の定義は素早い人事となり、「人事のあらゆる業務を素早くする」というのがアジャイルHRの定義になります。

 

②【目的】

 

 

端的に言うと成果を上げることが目的です。「人事のあらゆる業務を素早くする」結果として業績が上がり、収益が伸びていくという点にあります。

てっとり早く芯を得ていることが重要で、しっかりと売上を伸ばすにはコミットした結果として、アジャイル概念が重要と明確になることにより、目的のためのプロセス的考え方の一つとして用いられています。

実際に今回の概念を導入した会社では他にも良い効果をもたらす結果に繋がります。

まず会社の組織全体の業務の意識が変わり、組織全体の業務に向かうマインドが変わり、そのマインドが浸透していくことにより、アジャイルHR本来の内容に加えて、全体の指揮や意思疎通が効率良くなります

結果このマインドてき全体に及ぼす効果も、アジャイルの概念と目的が同じなため、良いループに入るメリットが多く挙げられます。

 

【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②

 

①【従来から現代へ移行した結果必要になる】

 

 

従来の人事では現在のIT業界の急速な成長により、あらゆる方面から、人事に関わってくる業務などのスピードについていけないのが現状の問題点として上げられます。

そこで、IT業界の急速な成長を助けている開発分野の思考的スタイルを、人事にも取り入れたのがアジャイルHRとなります。

 

②【実務例】

 

 

導入した例として料理のアプリケーションで有名な「クックパッド(Cookpad)」が挙げられます。

「クックパッド」が導入したチームは自律的な思考が生まれ、全体的はもちろん、個人的にも効率化が促進された効果をもたらす事例もあります。

この様な事例もそうですが、導入した結果、「個人の意識」と「チームの意識」と「会社全体の意識」がしっかりと現代の考え方に柔軟に対応し、良い方向に促進される効果も立証されています。

 

分かりやすく【まとめ】

 

①各項目まとめ

 

 

今までの「アジャイルHRって一体何?」、「言葉の定義や目的②」、「【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②」で説明してきた項目の内容をわかりやすくまとめます。

 

1:アジャイルHRとは?

・人事での仕事を効率化する考え方

・海外では浸透しているが日本はこれから導入が始まると推測

2:定義

・IT業界のエンジニアが使っていた開発スタイルから発生したのがアジャイルHR

・「(開発業務を素早くこなす)=(アジャイル開発)」

・「(人事業務を素早くこなす)=(アジャイルHR)」

3:目的

・人事の作業効率の向上で収益に繋がることを目的としている考え方

・目的結果以外にも自律的思考能力が促進され結果目的に繋がっていく良いループ化

4:必要性

・従来の時代の流れから現代の流れへ移行するために必要

5:実例

・人材(個人・チーム・組織)の意識が自律的思考能力の促進立証済み

 

②アジャイル概念の思考と実行の流れ

 

 

アジャイル概念の思考と実行の流れになぜ人事の思考法として活用されるようになったのかについて説明します。

人事がアジャイル概念を取り入れる大きな要因として時代の流れが考えられます。

IT業界の拡大で多様化する現代ですが、様々な要因から時代おくれの組織が増え続けている現代。ものすごい成長で顧客のニーズや業界のビジネススタイルは、急速かつ柔軟に対応していかなければならない時代となって来ました。

そこで必要になってきた概念がアジャイル概念。会社組織の構成に大きく割合を占めている重要な役割の人事にも、大きく現代の流れが反映されてきています。

つまり、アジャイルと言う概念を取り入れ、柔軟に対応していくことが現代においての最大の収益に繋がるプロセス(工程)になります。

そこで今回は、そのプロセスを占める概念を取り入れた人事の仕事内容について簡単に解説します。

 

基本的にアジャイルHRの流れの要素をまとめました。

・企業の問題点となる成長の壁を洗い出しデータで解析

・解析したデータをもとに課題を特定し解決手段の模索

・デジタルデータの収集、分析、解析、の解析結果活用

・解析結果で小さく問題点の解消を目的とし複数回実行

・解消立証済みの要素にコミットし、本格的に拡大実行

上記の内容を下記で簡単に解説します。

 

・アジャイルHRの考え方を簡単に解説

まず、組織の成長のカギとなる要素を洗い出し問題点を特定します。

その問題点を解決するために情報収集、分析、解析を行い、解析結果を活用し、問題点となる要素の改善を小さく実行します。

実行した結果が有効だと立証された場合の結果だけに、コミットし力を入れていくと言うのが、基本的な考え方の流れとなります。

 

【アジャイルHR】の今後

 

 

もちろん、業績を伸ばすためのあらゆる手段として、他にも様々なスタイルが存在します。ですが、人事においての今後の対策としては、アジャイルの概念が最も適していると予測されます。

さらに、アジャイルHRの今後の流れは急速に成長するものと考えられ、アジャイルHRでの人事事業は今後も拡大すると推測できます。

 

これから活用していきたい人へ

 

アジャイルという考え方

 

 

アジャイルHRの考え方の元として「アジャイル開発」が挙げられます。IT業界のエンジニア開発の効率的な促進から、人事業務の効率的な促進の応用が利く「アジャイル」と言う考え方は、これからの現代のあらゆる業界にも当てはまると予測できます。

さらに、他の業界でも置き換えて当てはめていくことによって、効率よく進めることが可能なので、良い考えだと思った人は自分の仕事や効率化したい趣味などに応用し転換して、転用してみるのも面白い考え方で効率的でしょう!

 

まとめ

 

 

アジャイルの本質を理解した人は、この本質となる「素早い」の考え方を活用してあらゆる業界で応用して行くことにより、未来とこれからの時代を生き残る1つの手段として取り入れる事をおすすめします。

新しい時代には柔軟かつ素早く対応できるアジャイルの考え方がさまざまなステップアップの役に立つでしょう!

【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

 

その即戦力の使い方合ってる?

 

即戦力の意味

 

 

多くの人は、即戦力という言葉を聞いたことがあるはずです。特に転職の際、履歴書などに即戦力という言葉を使ったり、面接のときに貴社の即戦力となるよう全力を尽くしたい、というようなことを言ったことのある人も多いはずです。しかし中には、その即戦力の使い方は本当に合っているのか、と感じてしまう使い方をする人も少なくありません。

本来即戦力という言葉の意味は、特別な訓練を受けなくてもすぐに戦力となる存在、という意味があります。つまり、あれこれ教えなくても参加したその日に周りと同じように仕事をこなし、あっという間に成果を上げてしまう人のことを言います。

 

戦力とはどういう意味か

 

とはいえ今働いている全ての人が即戦力であるのかと言うと、そうでもありません。中には入社して間もない頃は即戦力とは言えない人でも、仕事をこなしていくうちに会社を支える大きな戦力として君臨している、という人も居ます。

戦力というのは、戦争に関わる全ての作業を総合的に遂行する能力を言います。現在は昔ほど戦争は起こっていないため、主にスポーツの世界や仕事などにおいて、会社やチームに大きく貢献してくれている人のことを戦力としていることが多いです。

 

企業の求める即戦力とは

 

企業にとっての即戦力の意味

 

 

なぜ多くの人が志望動機や面接のときに即戦力という言葉を使用するのか、それは企業が即戦力となる人を募集しているためです。この即戦力という言葉は、多くの企業でも求人を出す際などに用いています。では企業が求める即戦力とはどういうものでしょうか。

結論から言いますと、先程説明した意味と同じような人材です。つまり、研修などをしなくてもすぐに仕事を任せることができる人を企業は募集しています。ではなぜ企業はそのような人材を欲しているのでしょうか。その理由については次の部分で解説します。

 

なぜ企業は即戦力を求めるのか

 

なぜ多くの企業は即戦力となる人材を求めるのか、その理由は主に2つあります。一つは会社の負担を最小限に抑えたいためです。企業によっては未経験者のために研修期間を設ける企業もあります。しかし研修を設けるとなると、時間や手間、そして人員を研修に割く必要が出てきてしまうため、それだけ企業にとっては負担となってしまいます

そしてもう一つの理由は、企業間の競争が激化しているためです。IT業界を始め、毎年多くの企業が参入しています。当然参入する企業が増えれば増えるほど、競争も激化していきます。そのような時代において、入社してすぐ戦力となる人材というのは企業にとってかなり強力な武器となるのです。

 

即戦力となるものは?

 

資格や実務経験

 

 

即戦力となるよう全力を尽くします、と言って本当に即戦力となった人というのはかなり少ないです。そもそも即戦力となる要素としてどのようなものがあるのか、知っている人はかなり少ないのが現状です。

即戦力となるものとして最も多いものが、資格や実務経験です。よく資格は持っているといろいろ有利になるということが言われています。それは資格があるということは、専門的な分野についてかなり詳しいという証明になるためです。そして実務経験は、実際にその業務を経験したことがあるという証になります。これら2つの要素があるだけでも、かなり差をつけることができます。

 

基本的な人間力

 

 

しかし、資格と実務経験だけでは即戦力とはなれません。その他にも根本的に必要なものがあります。それこそが人間力です。具体的に説明しますと、コミュニケーション能力適応性が最も重要です。資格や実務経験もかなり強力な武器とはなりますが、最終的にはこの基本的な人間力が最も重要です。

例え資格取得のために学んで来たことが、全ての企業の業務で通用するのかというと、残念ながらそうでもありません。実務経験もいくら経験があるからと言っても、企業ごとに業務の進み方というのは異なるものです。そのため、最終的にはその企業に適応する力とコミュニケーション能力が必須となるのです。

 

CSIRTとは!サイバーセキュリティのためには必要?基礎知識から徹底解説します!

皆様はCSIRTという単語を聞いた事はありますか?パソコンやインターネットを使用する上で、サイバー攻撃や不正アクセスなどの脅威は、切っても切り離せない問題です。そんな脅威に対して有効的なのが「CSIRT」の設置です。昨今注目されているサイバーセキュリティ。今回はそんなCSIRTに関して、基礎知識から徹底解説をしていきます!

 

CSIRTとは

 

 

概要

 

CSIRTは、「Computer Security Incident Response Team」という言葉の、英単語の頭文字をつないだ略語で、直訳するとコンピュータセキュリティ事件対応チームという意味になります。読み方としては、シーサート、または、シーエスアイアールティーと呼称されることが多いです。

また、一般的にはCSIRTという略語が用いられることが多いですが、「Cyber Incident Response Team」という言葉を略した、CIRTという略称も用いられることもありますので、参考情報として伝えておきます。

読み方が判明したところで続けて、CSIRTがどういうものか、直訳の内容と照らし合わせて説明させていただきます。簡単にまとめると、コンピュータセキュリティ(Computer Security)に関する事件や問題(Incident)の対応をする組織(Response Team)といった意味になります。

 

補足説明

 

直訳の内容だけでも、大まかなイメージは掴めたかもしれませんが、もう少し理解を深めるために少し補足をさせていただきます。

コンピュータセキュリティに関する事件や問題というのは、具体的な事例で言うと、サイバー攻撃情報漏洩不正アクセス等のことを指しています。ですので、上記で挙げたような問題の対応を行う、チーム・部署・組織・機能等のことを総称した呼称が、CSIRTとなります。

 

CSIRTの歴史

 

 

最初に設置されたのは1988年

 

上の概要説明の内容だけを見ると、IT関連の単語という点もあり、結構最近の話かと思われがちですが、CSIRTの歴史は意外と古いです。

1988年にアメリカで流行したマルウェア「モリスワーム」の対策を行うために、カーネギーメロン大学内でチームが結成され対策を行ったのが、CSIRTの起源と言われています。この頃からすでにマルウェアの脅威が存在していたのは少し驚きですね。

その活動をキッカケに世界各国でも同様の活動が行われるようになり、各国の事例に関する情報収集や共有を行うための組織「FIRST」が1990年に設立され、今に至る、といった経緯になっています。その流れはもちろん日本も例外ではなく、1996年に、「JPCERT/CC」という組織が発足され、2001年頃からCSIRTの普及活動を積極的に進めています。

 

主な組織例や担当業務

 

 

よく用いられる組織例は3種類

 

CSIRTの組織例としては、正式に決まった形というものは存在しません。ですが、よく用いられる形として、下記の3種類のパターンのいずれかの形が採用されることが多いので、そちらについても確認をしてみましょう。

 

独立した部署として実施

組織の内部で独立した部署を設立しCSIRTを設置する方法です。

 

複数の部署を横断して実施

組織の内部に存在する複数の部署から横断的にCSIRTを設置する方法です。

 

個人単位で実施

部署やチームといった形式に捕らわれず、個人単位で協力してCSIRTを設置する方法です。概要説明にて組織やチームという単語が多く出てきたので、意外に思われるかもしれませんが、個人単位で実施するというのも、主な方法の一つとして数えられます。

 

担当業務は大きく分けると6タイプ

 

 

CSIRTは担当する業務やターゲットによって、大きく6種類のタイプに分類することができますので、こちらも確認しておきましょう。

 

Internal CSIRT

自分の組織やその顧客に関するインシデントに対応する業務で、組織内シーサートとも呼ばれます。企業で行う一般的なCSIRTはここに分類されることが多いです。

 

National CSIRT

国や地域に関連したインシデントに対する問い合わせ等の業務が該当し、国際連携シーサートとも呼ばれます。JPCERT/CCもこちらに分類されます。

 

Coordination Center

多様なCSIRTやインシデント対応の連携や調整を行う業務になります。読み方はコーディネーションセンターで、上で挙げたJPCERT/CCやCERT/CCもこちらに分類されます。また、協力関係にあるグループや企業間の連携を行うこともあります。

 

Analysis Center

分析センターとも呼ばれ、インシデントの傾向やマルウェアの攻撃痕を分析したり、マルウェアの解析を行う、といった業務が該当します。必要に応じて、マルウェアの攻撃に対する注意喚起を行うのもこちらの業務です。

 

Vendor Team

自社で提供している製品の脆弱性に対応するためのパッチ作成や注意喚起等を行います。読み方はベンダーチームです。

 

Incident Response Provider

こちらの名称は、インシデントレスポンスプロバイダと読みます。セキュリティベンダーやセキュリティオペレーションセンターといった、組織内におけるCSIRT機能の一部を有償で請け負うプロバイダー業務のことを指します。

 

分類に関しては以上の説明となります。もしかしたら、察しのいい方は気付かれたかもしれませんが、上で記載してあるJPCERT/CCの様に、複数のタイプを受け持つことも珍しいことではありませんので、そちらも情報として覚えておきましょう。