【2019年まとめ】SNSの進化の流れを徹底解説!これまでの人気SNSからこれから来るSNSまで、幅広くご紹介します。

SNSは現代社会の革命とも呼べる程進化したアプリ、このアプリにより暮らせる程の経済力を生み出す人が出てくる中、面白い機能、生活に役立つ機能、ビジネス特化型などSNSによりサービスの幅は様々です。そんな人気のSNSから次に「来る」と予想される優れたSNSの発掘など、様々なジャンルのSNSを幅広く紹介します。

 

SNSとは? 基本的な機能とビジネスモデル

 

  

簡単に説明するとSNSの魅力とサービス内容は「情報の発信、共有、拡散」といった機能が主に強調される機能です。

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で「SNS」と良います。ソーシャルは社会的、ネットワーキングは繋がり、と言う意味で社会的な繋がりを提供するのがSNSの本当の意味。

SNSではあらゆることができ、プロフィール作成、文章公開、コメントを付ける、写真公開、グループを作る、友達を紹介するなどサービスはSNSにより様々挙げられます。

 

 

代表的な3つのSNS

 

①Twitter

 

 

わかりやすく簡単に言うと顔も名前も非公開で言葉を発言できるアプリです。「Twitter(ツイッター)」は若者層で流行し、現在は幅広い年齢層で受け入れているSNSの代表的アプリの1つ。

Twitterにはツイート機能と言う短い文で投稿できる短い文章を書き投稿できる気軽なシステムになっており、その手軽さから若者に人気

SNSの中でも気軽に投稿できるSNSでは上位にランクインし、また拡散しやすいメリットが非常に魅力的なSNSとなります。

しかし、いい意味でも悪い意味でも拡散が効率よく可能なため、炎上といった問題も多く挙げられるのもTwitterです。

 

②Facebook

 

  

わかりやすく簡単に言うと自分の魅力を発信できるアプリです。「Facebook(フェイスブック)」は名前や顔写真などを公開でき自分の自己紹介自己表現をするためのSNSとなっています。

多くは30代から40代が社会的に利用されています。ビジネス面での需要が活発で現実社会での影響力が非常に高いのも特徴

上記で紹介したTwitterより慎重に発言しなければならないことがメリットでもあり、重要性やプライバシー面から見るとデメリットになることもあるSNS

 

③Instagram

 

わかりやすく簡単に言うと写真を投稿するアプリです。「Instagram(インスタグラム)」は「インスタ」とも呼ばれ写真を中心にしたサービスが魅力的なSNS。

上記の2つはSNSの中でも文字を書くことが多いですが、こちらの「Instagram」では写真投稿が中心のサービスを売りとしており、おしゃれ写真を投稿するため美的センスが問われ、優れている者はインスタグラマーとして仕事にもなりワクワク感が楽しめるSNSです。

利用者の多くが女性で海外でも人気なため、日本語や英語など言語に問わず世界中の20代から30代の女性を中心として人気のあるSNSの一つです。

 

 

仕事やプライベートまで使えるSNS

 

Skype

 

 

簡単にわかりやすく言うと音声通話やビデオ通話ができるアプリ。「Skype(スカイプ)」は世界中の会話を可能にするSNSです。

ユーザは世界個人様々な人が利用しているのでもちろんビジネスにも使用することが可能。一対一の通話やグループ通話が可能。通話方法も選択でき携帯電話ではなくPC、スマホ、タブレットからでも使用可能です。

使い方も簡単で大人から子供まで楽しめるビデオ通話サービスに特化したSNSとなります。

 

Pinterest

 

 

簡単に言うと画像がメインのSNSと言うイメージです。こちらの最大の魅力はただ好きなものを集めるだけで良いSNSと言う点が魅力

今では膨大な画像データを元に画像検索ツールとしても注目されています。画像検索の最先端といった所でしょう。

「Pinterest(ピンタレスト)」は画像共有ウェブサイトで趣味や興味のあるテーマの画像を好きなだけコレクションしたり作成したり管理することが可能。

「Instagram」は自分の画像を発信&文字を書いたりと自己表現ができます。

一方、「Pinterest」では「画像発信」+「画像共有」+「画像収集」ができ美しい画像だけではなく様々な用途に用いられる画像を集めることが可能なのが最大の特徴です。

 

LINE

 

「LINE(ライン)」は電話やメッセージ、スタンプなど手軽にコミュニケーションができるツールです。

特にスタンプなどを用いてコミュニケーションをとるサービスが特徴的で、多くのユーザがLINEを使っています。

ユーザ数を世界で1億5000万人とも言われ今の日本人でLINEを使わない人はあまりいないといった現状にあります。

他にも「line@(ラインアット)」と言うビジネス専用アプリケーションもあり集客するアプリケーションとしてビジネス界でも徐々に有名となっているSNS。

 

LinkedIn

 

 

こちらのアプリは世界最大級のビジネス特化型SNSです。

主に利用者はビジネスで利用しプロフィール作成、ビジネスでの内容のやりとり、ビジネスパートナーなどの人材発掘、専門家とコンタクトなど本格的なビジネスの場として用いられています。

世界登録メンバーは5億4000万超えるほど希望はかなり大きいですが、日本ではまだ盛んではなく世界のユーザが中心となっています。今の所は海外ビジネス向けSNSです

 

 

【まとめ】インターネットの歴史!そもそもの起源から普及スピード、発展の理由までわかりやすく解説します!

私達の生活において欠かせない存在であるインターネット。普段当たり前のように使用しているインターネットですが、皆さんはその歴史についてご存知でしょうか。そもそもインターネットが誕生したきっかけや、現在のように普及した要因とはなんなのか、今回はそんなインターネットの歴史について解説していきます。

 

インターネットが普及する前の通信事情

 

19世紀から存在していた?

 

 

仕事のときはもちろん、毎日の生活でも必ずといってもよいほど利用しているインターネット。むしろ今突然インターネットが使用不能となった場合、様々なことに影響を及ぼすほど私達の生活になくてはならない存在です。当然ながらこのインターネットは、大昔から存在していたわけではありません。ではインターネットが普及する前の通信事情はどのようなものだったのでしょうか。

実はインターネットが誕生する遥か前の19世紀の時点で、インターネットのような通信網は存在していました。正確には電信網というものでした。つまり電話回線です。モールス信号という低速度の通信回線が世界中に張り巡らされており、そのようなものを使用して世界中に情報伝達をしていました。

 

日本ではいつインターネットが普及した?

 

ちなみに日本にインターネットが広まったのはいつ頃でしょうか。明治時代の文明開化により、人々の生活や文化などの部分で大きく変わりました。そのタイミングで外国の技術なども導入され、日本にも電信網が設けられました。とはいえ、その時点で世界と日本の間には技術的な部分で大きな差が生じています。

日本にインターネットが誕生したのは、1984年です。とはいえ、現在のように一般市民が気軽に使用することができるようなものではありませんでした。東京大学などの有名な大学同士を通信回線で結ぶ状態から、日本におけるインターネットは始まりました。

 

パケット通信の歴史

 

元々は軍事用?

 

 

現在インターネットを利用する人のほとんどは、スマートフォンを用いて利用している人がほとんどです。そしてそのスマートフォンを利用する際に用いられる通信方法が、パケット通信です。ギガ数が足りなくて速度制限に苦しんでいるという人も、現在この記事を読んでいる人の中にはいるはずです。

現在ではスマートフォンの通信方法として用いられているのが一般的ですが、元々は軍事用だったということは、意外にも知られていません。1960年代、当時の米軍が核兵器にも耐えられる通信方法として考案されたのが、このパケット通信なのです。

 

通信回線が乱立

 

 

軍事用として考案されたパケット通信ですが、次第にそれは様々な分野から注目されます。そしてパケット通信の誕生をきっかけに、アメリカを中心に多くの企業では独自のネットワークを生み出しました。そしてその動きはアメリカだけでなく、イギリスなどにも広がりました。

そんな独自のネットワークを生み出した企業の一つであるARPANETは、複数のネットワークを相互接続するネットワークを開発しました。このネットワークが現在のインターネットの元であり、その後の爆発的な発展のきっかけでもあります。

 

80年代はインターネット元年?

 

TCP/IPの登場

 

 

様々な独自のネットワークが乱立しており、中にはARPANETのように複数のネットワークをつなげるというものもありましたが、当時出回っていたネットワークのほとんどは独自のものばかりでした。当然独自のネットワークであるため、使い勝手もよくありません。このような乱立が問題となっており、一部ではこの問題を解決するための方法を考えていました。

そこで誕生したものがTCP/IPです。インターネット・プロトコル・スイートと呼ばれているTCP/IPは、大多数の商業目的のネットワークで利用可能な通信規約のことです。1982年にはこのTCP/IPが標準化され、これによりインターネットという概念が誕生し、普及スピードが急激に上昇しました。

 

プロパイダの出現

 

私達がインターネットを契約する際、基本的にはインターネットサービスプロバイダと契約しなければいけません。現在の場合は、光回線などとセットで契約するというのが一般的です。そんなプロバイダも、実は80年代に登場したのです。

先程紹介した独自のネットワークというのは、基本的にきちんとした目的があるために作られたものがほとんどでした。そして通信速度に関しても、今のように比較的安定しているわけではなく、そもそも通信自体が不安定でした。そのためただインターネットを使いたいという理由だけでは、使用することができず、企業などからも安定したネットワークがほしいという声が多く出ました。そのような声から非営利のインターネットサービスが誕生し、やがてそれがプロバイダとなったのです。

 

なぜインターネットはこれほど普及したのか

 

通信機器や通信費の低価格化

 

 

80年代にインターネットの基盤が作られ、その後爆発的な勢いで世界に広がっていきました。そして現在では、日本はもちろん世界中で当たり前のように使われています。しかしなぜここまで普及したのか、気になる人も少なくありません。

現在IT界隈などで注目を浴びているドローンやAI、これらが急速に広まった理由として、パソコンの性能向上低価格化があります。インターネットが爆発的に普及したのも実は同じ理由です。インターネット誕生当時は、今までの電話回線を使用したものがほとんどであったため、通信速度や送受信できるデータも限られていました。それから光回線などの様々な回線が誕生し、その通信に用いる機械や技術の進歩によって、大きく普及したのです。そしてそのような通信回線の登場により、プロバイダの利用料も低価格化が進みました。

 

【まとめ/2019年】AI活用事例!日常シーンからビジネスシーンまで幅広くご紹介します。

私たちの生活やビジネスシーンに浸透しつつあるAI技術。人間の暮らしをさらに便利で快適なものにしてくれるAI技術は、現在はいたるところで活用されているのです。ここでは、生活やビジネスにおいてAI技術が活用されている事例を交えながら、そのメリットやトレンド、今後の展望をご紹介していきます。

 

日常生活に活用されるAIとは?

 

 

「Siri」はAIの先駆け?

 

AI(人工知能)の身近な例といえば、「Siri」を思い浮かべる人も多いでしょう。

 

iPhoneをはじめとする、Apple社製品に搭載されている音声認識アシスタント機能で、ユーザーの音声を識別して任意のアプリを起動したり、おしゃべりに付き合ってくれたりします。難しい問題や、きわどい質問にもウィットに富んだ返しで対応するSiriは、単に音声認識で決まった行動をするのではなく、学習を重ねてユーザーの要望ごとにより適切な対応をしてくれることがロボットとの違いでしょう。

 

Siriが一般的に受け入れられ成功したということもあり、以降もAI技術を活用したさまざまな製品が各企業から生み出されました。

 

2019年注目のAI搭載家電

 

 

スキルで学習するAlexaの魅力

 

Amazon社が提供するAlexaは、高性能スピーカーEchoに搭載されている音声認識アシストAIです。このAlexaを、自社製品だけではなくデバイスメーカーに提供するといった新たなソリューションを展開しています。

例えば、東芝の4K TV「REGZA」(※対象外製品有り)や、ソニーの「BRAVIA」などはリモコン操作ではなく、音声によってコントロールが可能です。他にも、オーディオや電話機などにもAlexaが搭載されています。

「アレクサ、○○して」と命令することで行動する点は前述したSiriと同じですが、

Alexaの最大の特徴は、その拡張性にあります。

 

Alexaには、「スキル」と呼ばれるプラグインのような拡張機能があり、スキルを覚えさせることで

新しい行動ができるようになります。

天気予報や災害時情報を聞いたり、レシピを検索したり、デリバリーサービスを呼んだり、

スキルを覚えさせることで、自分好みのAlexaを作ることができます。

 

このように拡張性の高いAlexaを搭載した家電は、今後も増えていくでしょう。

 

 

喋るのはもう普通?ユーザーの使用時間帯を把握する冷蔵庫

 

 

AI搭載で冷蔵庫とも会話できる時代になりました。

シャープのSJ-TF49Cは、冷蔵庫の中の食材から献立を提案したり、ユーザーが定期的に購入している食材について、これまでの購入時期から割り出した周期をもとに、「そろそろ○○がなくなるころではないですか?」などと教えてくれたりもします。

他にも、ユーザーの普段の行動から買い物メモを登録できたりと、かなり生活に密着した行動を学習していくことが可能です。

 

今年注目のAI搭載冷蔵庫は、“切れちゃう瞬冷凍”が人気の三菱「MXシリーズ」と「MRシリーズ」です。

切った食材をAIが自動冷凍してくれるのがこのシリーズの特徴ですが、すごいところは冷蔵庫や冷凍庫のドアの開閉時間を記録し、ユーザーが冷蔵庫を使う時間帯を学習、その上で、もしユーザーが普段冷蔵庫を使わない時間帯にドアを開けたとしても、瞬冷凍を止めることなく続けてくれるのです。

 

この他にも、ユーザーの生活習慣を学習してユーザーに合った行動をしてくれるAI搭載家電は多数あり、私たちの生活をスムーズに、快適にしてくれる手助けをしてくれます。

 

進化するお掃除ロボット

 

お掃除ロボット業界でもAI搭載の波は加速しています。

お掃除ロボットのパイオニア、アイロボット社の「ルンバ」の最新版「ルンバi7/i7+」は、ルンバ史上最も賢いルンバというふれこみで注目を集めいています。

AIが活用されている機能としては、スマートマッピングが挙げられます。

これは、部屋の間取りや環境をルンバが学習、記憶することで、より効率的なルートで掃除をすることができるようになったとのことです。

 

また、どの部屋やエリアをいつ掃除する、といったスケジュールも立ててくれるようで、掃除はルンバに任せっきりでも安心ですね。

ルンバは一例ですが、他にもAIを搭載したお掃除ロボットは各社で開発、販売されています。

今まではお掃除ロボットと従来の掃除機を併用している方も多いと思いますが、どんどん賢くなっていくお掃除ロボットを見ると、手動の掃除は必要なくなるのも時間の問題かもしれません。

 

完全自動化も夢じゃない?!

 

 

AI搭載自動車の今後は

 

AI搭載の自動車はすでに実用化が進んでいます。

自動車事故を防止するため、危険を予測して運転をサポートしたり、普段走行している地域の情報をAI搭載のナビが学習し、近くのお店や施設情報を教えてくれたりとさまざまです。

AIの高性能化が進むと、人の運転に頼らない完全自動車運転が実現する見込みです。

商品化されるのはまだ先になりそうですが、近い未来、無人の自動車が走行する光景が見られるようになるかもしれません。

 

ビジネスシーンで活躍するAIたち

 

 

【まとめ】内定後のフロー!返事の仕方から保留の伝え方、入社までのフローまで徹底解説!

転職を考えている人の中には、転職活動を効率よく条件に合った会社に内定がもらえるかというところに注目しており、内定が出た後の動き方を知らないという方も多いのではないでしょうか?しかし、企業をさがしから始まり、選考して内定をもらい入社するまでが転職です。内定後の動き方次第では、転職に失敗することもあるので注意しましょう。

 

内定後のスケジュール

 

 

転職活動の目的は、希望する企業から内定をもらい入社をする事です。

なので、内定をもらったことをゴールとしてしまい、その後の対応をおろそかにしてしまっている方や対応の仕方が分からないという方は多いと思います。

対応の仕方によっては内定取り消しになってしまう場合やもっといい条件で働くことができたのに低条件で働くということになってしまうこともあります。

自分にとっていい転職にするためにも内定をもらった後の対応を学んでおきましょう。

それではまず内定をもらってからのフローを紹介していきます。

 

内定の連絡を頂く

 

内定の連絡は、最終面接のその場で内定を言い渡される場合、後日メールや書面にて連絡される場合があります。

 

最終面接から1週間以内に連絡をいただける場合がほとんどですが、郵送にて内定連絡をもらう場合は配送状況によって少し遅れる場合があります。

行き違いの連絡をしてしまう事で印象を悪くするというのはもったいないので、最終面接の際にどれくらいで連絡いただけるか、どうやって連絡いただけるか確認しておくといいでしょう。

直接やメールで内定を連絡していただいた場合も併せて正式な書類として、郵送で書面を送ってくれる企業もあります。

 

条件確認

 

内定の連絡を頂いたらまずするのは条件の確認です。

直接内定を言い渡される場合やメールする場合は、雇用条件などが明記されていないことが多いです。

そのため、安易に内定に返答して思っていたのと違う条件で雇用契約を結ぶことになってしまいます。

正社員のつもりが契約社員だった、希望年収は伝えていたが希望通りではなかったなんて事は、普通にあり得ます。

内定通知は、この条件だったら内定を出すことができるという会社の意思表示みたいなものです。

しっかりと条件を確認してから返答をしましょう。

 

返答

 

条件を確認したら返答です。

納得いく条件であれば入社意思を返答、納得いかなければ辞退・保留・条件交渉といった形の返答をします。

 

退社

 

転職が決まったら現職の退社処理をして、入社をしてやっと転職活動が終わりです。

 

内定通知に対しての返答

 

 

内定から入社までの流れが一通り分かったところで、実際にはどのように対応していけばいいのかについて具体的に紹介してきます。

 

返答のタイミング

 

 

内定への返答は、内定通知を受け取ってから1週間以内にするというのが一般的です。

一番印象が良いのはすぐに返答するというのは間違いありませんが、条件もしっかり確認せずに返答するのは危険ですし、他にも受けている志望度の会社があるなら結果を受け取ってから条件を比較して決めた方が後悔のない転職にできます

しかしあまり待たせすぎるのは失礼にあたりますし、内定を辞退したと判断されかねないので注意が必要です。

返答が遅くなりそうな場合は保留の意思を伝えるようにしましょう。

これは面接で直接内定を言い渡された時も同様です。

直接言われると内定に対して保留するとは言いにくいとは思いますが、勢いで返答するのは危険です。

難しい決断ですが、その場で返答をしない時計ない状況に立たされて保留したいのにできない場合は縁がなかったと割り切る事も必要です。

 

保留する場合は明確に

 

 

さて保留の意思を伝える場合ですが、ここではなぜ保留をするのか、いつまで待ってほしいのかを明確に伝える必要があります。

理由もなしに保留を受け入れている企業はあまりありません。

他社の選考があるから等は伝えにくいとは思いますが、企業側も他社を受けているのは分かっていることなのでそこまで悪い印象になることはありません。

 

しかし志望度が低いとみられてしまう可能性はあるので、入社したい意思はあるのですが他社の条件がまだ明確に出てないのでお答えしにくいなど行きたい気持ちはあるというところを伝えましょう。

 

【まとめ】Web広告は6種類!気になる仕組みからその効果まで徹底解説!

今や人々の生活に欠かすことの出来ないスマートフォンやパソコン。スマートフォンやパソコンを介してWebに接続する際に表示されるWeb広告の市場はテレビ等の従来のメディアの広告を追い抜く勢いで成長しています。今回はWeb広告の種類とそれぞれの仕組みと効果について説明していきます。

 

Web広告は大きく分けて6種類

 

 

現在Web広告は大きく分類して、ディスプレイ広告、リスティング広告、アフィリエイト広告、ネイティブ広告、SNS広告、動画広告、と6種類の広告がWeb上で運用されています。

様々な表示方法、活用方法があり、商品の成約がダイレクトに出来たり、従来の広告より商品のターゲット層へのPRがしやすかったりと運用の幅も大きいそれぞれのWeb広告の仕組みや効果について説明していきます。

 

ディスプレイ広告

 

 

ディスプレイ広告はインターネットのホームページ上でテキストやバナー、最近では動画で広告を表示する広告です。

 

仕組み

 

ディスプレイ広告は主にGoogleと提携しているWebサイトやYoutube等のサービス、Yahoo!ではYahoo!のトップページやYahoo!のサービス上で表示される広告になります。年齢や検索している場所、今までのサイトを見た履歴等で広告を出稿する指定が出来ます。ディスプレイ広告の費用は広告がクリックされる毎に単価を支払うクリック型と広告が表示される回数毎に課金されるインプレッション型が主になります。

 

効果

 

ディスプレイ広告の効果はWebのトップページや関連しているサービスに表示される為、幅広い層へサービス、商品を認知してもらえる効果があります。また年齢や地域で広告の表示出来るユーザーも絞れる為に潜在的に商品やサービスを求めている層へのPRも効果的です。

逆に商品やサービスに合った絞ったユーザーへのアプローチの効果が低く、広告の出稿の割合に対し商品の成約に結びつく可能性も少ない広告になります。

 

リスティング広告

 

 

リスティング広告はGoogleやYahoo!でユーザーが検索したワードに応じて検索結果に表示されるテキスト広告です。

 

仕組み

 

検索ページでユーザーが検索したワードの検索結果の上位部分にテキスト広告が表示される仕組みになっています。リスティング広告も広告がクリックされる毎に課金される仕組みになっています。

 

効果

 

先程のディスプレイ広告とは異なりリスティング広告はユーザーが調べたいワードの検索結果に直接広告が表示される為ユーザーが求めている商品やサービスに直結した広告表示が出来るという効果があります。

リスティング広告はユーザーの検索結果に対してのみに表示されますので幅広い層への商品やサービスの認知、商品の一般層へのPRにはあまり効果が見込めない広告になります。

 

アフィリエイト広告

 

 

アフィリエイト広告はホームページやブログのWeb上の記事にバナーやテキスト広告として貼り付けられている広告です。

 

仕組み

 

アフィリエイト広告は成果報酬型広告とも呼ばれ商品を購入したりサービスを申し込んだ時の成果に対し報酬が支払われる仕組みの広告です。最近は副業でブログを始める人が収益化する時に報酬を得るサービスとしても良く利用されています。

 

効果

 

アフィリエイト広告は商品やサービスを顧客が購入、利用した時に広告費が発生する為、広告費が必要最低限で済むという効果があります。

個人のブログの記事に自社商品のアフィリエイト広告が掲載されるので自社商品やサービスとマッチングしない記事にアフィリエイト広告が載る可能性や競合商品より多く記事や媒体に載せてもらう為に報酬等を増やしていかないといけない可能性も出てきます。

 

ネイティブ広告

 

 

ネイティブ広告とはネイティブという意味そのままで自然とWeb上の記事やコンテンツに違和感無く表示されている広告です。

 

仕組み

 

記事やコンテンツの中に記事やコンテンツの内容に紛れる形で表示されています。その為、広告自体がステマ(ステルスマーケティング)に当たるのではと不安があるかもしれませんが、きちんと『AD』や『PR』の表記もしてあるものがほとんどなので心配はいりません。費用に関してはネイティブ広告を見てもらうページビュー数に対して報酬が支払われる仕組みがメインになります。

 

効果

 

記事やコンテンツの中から自然と広告に誘導出来るため広告を見てもらう確率は自然と高くなります。しかし自然に見せる分広告作成に労力がかかったり、成約まで時間がかかったりする為に効果がすぐ現れにくいという面もあります。

また上手く記事やコンテンツの中に広告を制作し埋め込まないとユーザーへ不自然な感じを抱きPRしたい商品やサービスに対し逆にネガティブな気持ちをもたらす結果になりますのでネイティブ広告は出稿する記事やコンテンツの内容を吟味し出稿しないと良い効果が出ない可能性もあります。

 

SNS広告

 

 

今や一般的になったTwitter、LINE、Facebook等のSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)上で表示される広告がSNS広告と呼ばれます。

 

【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

Webマーケティングとは一体なに?

 

Web上で製品を買ってもらうための活動

 

 

Webマーケティングという言葉は、『Web』と『マーケティング』という言葉がつながった言葉です。つまりは、Web上で、マーケティングをするということです。Webという領域に関しては、ご存知の通り、『インターネットにおいて』ということになります。

 

では『マーケティング』という言葉の意味が分かれば、Webマーケティングという言葉について理解ができるということになります。

マーケティングとは、製品を購入してもらうための活動です。わかりやすく言うと、宣伝や市場調査などのことを総称して『マーケティング』といいます。

Webマーケティングとは、Web上で製品を購入してもらうための活動のことを言います。

 

Webマーケティングの重要性

 

インターネットが当たり前になったから重要

 

 

現代の買い物び方法は、大きく分けて2つの方法があります。

お店に行き、実物を見て購入する方法と、インターネットのサイト上で購入する方法です。

上記の方法は双方にメリットがあります。

 

お店に行き買い物をする方法は、実物を見て買い物できるという点がメリットです。イメージとのズレを少なくして、購入後の不満を減らすことができます。また、専門知識を持っいる店員の方に直接聞くことができ、不安を解消できます。

 

インターネットのサイト上で購入する方法は、荷物を自宅まで届けてくれるという点がメリットです。また、購入したいときにいつでも購入できるという点でも店舗で買い物するよりもメリットがあります。

 

ただ、近年需要が増えているのは、インターネット上で購入する方法です。

総務省が発表したデータによりますと、ネットでの取引などをはじめとした電子商取引は毎年その市場が大きくなっており、その成長の余地も計り知れないものになっているとのことです。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html

 

インターネットが当たり前になっている現代において、ネットショッピング市場は拡大していくと予想されます。そのため、これからのマーケティングはWeb上での活動を無視しては行えないということが読み解けます。

 

Webマーケティングって何するの?

 

 

『Webマーケティングとは、どういうものなのか』についてはご理解いただけたと思います。では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

宣伝や市場調査などということは理解できたのですが、実際にどうすればいいのでしょうか。

また、Webマーケティングの目的とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

まずは基礎知識から 目的は集客

 

 

Webマーケティングの最大の目的は『集客』です。

 

例えば、販売促進用にホームページを制作したとします。製品を売れる仕組みも作ったし、そのホームページもオープンしたということで、準備は完璧です。しかし、ホームページにアクセスしてくれる人がほとんどいません。これではせっかく作ったホームページも、意味を成しません。

 

ホームページを作るということも、Webマーケティング活動の一環ですが、最大の目的は『作ったホームページにアクセスしてくれる人を増やす』ということになります。

いわゆる『集客』です。

この集客が、Webマーケティングの最大の目的となります。