【アプリ開発】初心者の方でも大丈夫!アプリの作り方から費用、キャリアパスまで徹底解説!

アプリを自分で作ってみたいけど、費用や作り方など全くわからない、という理由でためらっていませんか。実はアプリ開発は、初心者でも簡単にできてしまうのです。そしてアプリ開発は、キャリアパスにおいても大きな影響を与えてくれます。今回はアプリ開発初心者が覚えておくべき作り方や費用、そしてキャリアパスについて解説していきます。

 

本格的なアプリ開発に最低限必要なもの

 

パソコンは必要不可欠

 

 

本格的なアプリ開発となると、パソコンがなくては意味がありません。最近では簡単にアプリ開発ができるツールなどもあり、スマートフォンタブレットさえあれば簡単にアプリ開発ができます。しかし、全くのオリジナルのアプリを開発するとなると、パソコンが必須となります。

パソコンと言っても、ノートパソコンデスクトップパソコンなど様々ありますが、基本的にどのようなスタイルでアプリ開発をしたいかで選ぶと良いでしょう。自宅で黙々と作ることが多い場合はデスクトップパソコン、自宅以外のカフェやコワーキングスペースなど、場所に縛られずにどこでもアプリ開発をしたいという場合は、ノートパソコンを選ぶと良いでしょう。性能などの部分については、後ほど改めて解説します。

 

デベロッパー登録もお忘れなく

 

 

アプリ開発をした人の多くは、このアプリを少しでも多くの人に使ってほしい、そう考える人がほとんどです。せっかく自分が一生懸命作ったアプリであるため、せっかくならより多くの人に使ってもらえると嬉しいものです。しかし、アプリを作ったとしても公開するには別のものが必要になります。それがデベロッパー登録です。

App StoreやGoogle Playでアプリを公開するには、必ずアプリ開発者としての登録証のようなものが必要になります。その登録証がデベロッパー登録です。App StoreとGoogle Playではそれぞれデベロッパー登録の方法や場所が異なりますが、いずれも登録しなければ公開することができません。アプリ公開も視野に入れているのであれば、デベロッパー登録を忘れずに行いましょう。

Google Playのデベロッパー登録方法はこちら:https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/6112435?hl=ja

Apple Developer programの登録方法はこちら:https://developer.apple.com/jp/support/enrollment/

 

ツールで簡単にアプリができる?

 

 

アプリ開発初心者の中には、プログラミングすら知らない人もいます。しかし、そんなプログラミングを知らない人でも実は簡単にアプリ開発ができます。ここでは簡単にアプリ開発ができるツールをいくつか紹介します。

 

Monaca

 

アプリ開発に興味はあるものの、プログラミングに関する知識を持っていないという人や、とにかくアプリ開発実績を作っておきたいという人も中にはいます。そんな人には開発に必要な機能が詰まったツールがおすすめです。その有名なツールの一つとして、Monacaというツールがあります。基本的にMonacaさえあればスマートフォンなどでもアプリ開発ができるため、パソコンがなくても簡単にアプリ開発を始めることができます。

アプリは基本的にAndroid専用など、利用できるOSが限られているアプリも多いですが、中にはiOSとAndroid両方に対応しているアプリもあります。Monacaはその両方に対応しているアプリ開発が可能なツールです。実際のアプリ開発においてもテンプレートが用意されているため、作り方も非常に簡単です。手軽にアプリ開発を始めたいという人にはおすすめです。

公式サイト:https://ja.monaca.io/

 

Yappli

 

プログラミングの知識はないけど、せっかくアプリを作るなら高品質のアプリを作ってみたい、と考える人にはYappliがおすすめです。こちらは有名企業のキャンペーンアプリの制作にも使用されるほどであるため、品質においてはかなり高いツールです。

高品質でありながらも、ドラッグ&ドロップの要領で作ることができるため、プログラミングの知識がなくても安心です。また、プッシュ通知などのアプリらしい機能も盛り込むことができるのも、このツールの特徴です。しかし月額9800円かかってしまうため、手軽にアプリ開発をしたいという初心者にとっては少々敷居が高いです。

公式サイト:https://yapp.li/

 

アプリ開発の注意点

 

iOSとAndroidは開発環境が違う

 

 

AndroidとiOS両方でリリースされているアプリでも、実装されている機能が異なるということはよくあります。なぜそのようなことが起こるのかというと、実はiOSとAndroidは開発環境が異なるのです。厳密にいうと、アプリ開発に必要なツールがそれぞれ異なっているのです。

基本的に開発環境に必要なツールは同じですが、具体的に使用するツールは全くの別物です。Androidアプリ開発をするにはAndroidアプリ開発のためのツールを、iOSアプリを開発するにはiOSアプリ開発に必要なツールを準備することが必須になります。アプリ開発初心者は、まずはどのOS向けのアプリを開発するか決めた上で、必要なツールを導入することを心がけましょう。

 

パソコン選びにも注意が必要

 

 

最初の部分では仕事のスタイルによっての選び方について説明しましたが、一番大事なことはパソコンの性能です。基本的にパソコンについては、性能が良いほうが様々なツールを効率よく動かすことができますが、何よりもアプリ開発においての作業の効率が良くなります。特にデバックという作業は、アプリ開発においては頻繁に行う作業です。性能が良いとその作業もスムーズに行うことができます。

また、先程の部分でアプリ開発に必要なツールが異なることを説明しましたが、パソコン選びにおいても大きく影響してきます。特にiOSアプリを開発する場合は、Macでしか使うことができないツールもあります。そのため、もしもパソコン選びで迷った場合は、Macを選んだほうが無難です。iOSアプリはもちろん、Androidアプリ開発に必要なツールにも対応でき、性能もかなり良いのでおすすめです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

7+

『Javascript』でできることってなに?!アプリの事例とともに具体的な仕組みを徹底解説!

インターネットの入り口として利用されるのがブラウザです。そして、私たちがブラウザを利用する上で、無意識に触れているプロブラムがJavascriptなのです。今回は、Webサイトには欠かせないJavascriptとは何なのか、Javascriptの仕組みについて具体例を交えながら紹介します。

 

Javascriptとは

 

Javascriptは、Webサービスを提供するサイトに使用されるプロブラミング言語です。

私たちは普段、パソコンやスマートフォンで何かを調べる場合、ブラウザを利用しますよね。ブラウザには様々な種類がありますが、そのほとんどに対して汎用性を持つのがJavascriptなのです。

Javascriptは一般的に「JS(ジェーエス)」と略されていますが、一部では「ジャバスク」とも呼ばれています。

 

JavascriptJavaの違い

 

 

Javascriptに似た名称の言語として「Java」があります。名称は似ていますがJavascript」と「Java」はまったく異なる言語ですので間違えないようにしましょう。

JavascriptとJavaの違いについてWebサービスを例に挙げ、簡単に表すと以下のようになります。

 

・Javascript:サービス画面上でUIに動きをつけるプロブラミング言語

・Java:サービスそのものを構築するプロブラミング言語

 

もちろんWebサービスだけではなく、社内システムなどあらゆる場面で基礎となり得る言語であると言えます。

ちなみに、Javascriptが創られた当初は「LiveScript」という名称でした。しかし、Javascriptを広めるためのマーケティングのために、当時から人気のあったJavaの名称に寄せて「Javascript」に改名しました。

これが、JavascriptとJavaを名称的に区別し難くなった原因でもあるのです。

 

Javascriptの仕組み

 

Javascriptはその名の通りスクリプト言語です。スクリプト言語とは、テキスト形式で書かれたソースがパソコンなどで変換され、ユーザーがコンパイルなどを意識することなく実行できるプログラムです。

 

Javascriptが動く環境

 

 

JavascriptはWindowsやMacOSはもちろん、あらゆるブラウザで動作します。

開発環境についても、基本的にはメモ帳などのテキストエディタとブラウザが必要なだけで、特別な開発環境は必要ありません

簡単なJavascriptを試してみたい場合にも、基本的なHTMLの中に、Javascriptを記述するか、あるいは作成した「.js」のファイルを読み込ませるだけなので、15行ほどのプログラムで終わります。

 

Javascriptを含むHTMLファイルを開くことでブラウザが立ち上がり、Javascriptが実行されるのです。

またChromeなどでアドオンをインストールすれば、Javascriptはブラウザのみでもプログラミング可能で、テキストエディタすら必要ありません。

 

Javascriptでできること

 

Javascriptでできることは、主にWebブラウザ上において、画面の遷移無しでUIに動きをつけることです。

これにより、インターネットが普及した初期のWeb画面と比べても表現や操作に圧倒的な自由度が生まれました。

 

ブラウザ上で情報登録する際のフォームで数字だけを入力させる制御などは、Javascriptの入力データチェックによって行われます。また、サイトごとのCookie作成にもJavascriptが使われます。

Webサイト操作した時に出てくるポップアップウィンドウや、動的な画面サイズ調整もJavascriptが用いられているのです。

普段私たちが使うブラウザが、いかにJavascriptで制御されているかが分かりますね。

 

Javascriptの事例

 

それでは、Javascriptの事例を見ていきましょう。

 

ポップアップ画面

 

 

Webサイトにおけるポップアップ画面は、Javascriptが利用されています。

情報入力後の最期の確認として、わざわざ画面遷移をしなくてもポップアップ画面で表示できる機能は画期的な動作でした。

 

オンマウスでのメニュー表示

 

 

企業のWebサイトなどでも多く見られますが、オンマウスによるメニュー一覧の表示もJavascriptです。

これも、画面遷移せずにメニューを確認できる方法で、ユーザーのストレスを大幅に減らすと共に、サイト構成を簡易的に認識することが可能です。

 

電卓

 

 

Webブラウザ上で利用できる電卓も作成可能です。

サイトに埋め込まれた電卓を利用すれば、その場で計算が可能な上に、計算結果をその場でコピー&ペーストできます。

また、Javascriptを勉強する際の初期のテーマとしても採用されることがあります。

 

カレンダー

 

 

Googleカレンダーと同じようなモノもJavascriptで作ることができます。

日や曜日を取得することで、Web画面を開いた瞬間に今日が表示されていると言った、リアルタイムな情報をWebサイトで表現できますし、一つの画面上でカレンダーを編集できます。

 

チャート

 

 

リアルタイムなチャートやグラフを、ブラウザに表示することができます。

株価チャートのロウソク足などもJavascriptで作成することができるのです。1画面で確認すべき情報は、画面をリロードすることなく利用できる必要がありますね。

Javascriptでは、これらも実現できるのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

【転職カレンダー】転職の平均期間からスケジュールの立て方、スケジュール管理アプリまで徹底解説!

転職は今後の人生を大きく左右する大きな決断です。そんな重要な選択に皆さんはどれくらいの期間をかけていますか?今回はそんな転職にかける期間やスケジュールの立て方について、簡単にスケジュール管理ができるアプリについて紹介していきます。しっかりスケジュール管理をして最高の転職をしましょう。

 

転職におけるスケジュール管理

 

 

転職活動をしていく上でスケジュール管理というのはとても重要なものです。

書類はいつまでに出さなくてはいけないのか、面接はいつなのか、現職の会社との兼ね合いは等のスケジュール管理はもちろんいつまでに転職活動を終わらせたいのか等、明確な計画をもって動くようにしましょう。

ダラダラと転職活動を続けていると結局転職できなかった、良い転職ができなかった等後悔の残る転職になってしまいます。

 

転職活動の平均期間は?

 

 

転職活動の平均期間は3ヶ月だと言われています。

 

最初の1ヶ月は転職活動の下準備の期間です。

履歴書や職務経歴書の作成など自分を見つめなおして、自分の長所や短所など面接で聞かれるような事について考えていく作業と共にどんな転職先がいいのかなど自分の希望を固めていきます。

ある程度希望が固まってきたら企業検索も行っておきましょう。

自分が希望する仕事はどんな企業が求人を出しているのかを色んなサイトから探したり、エージェントを利用する場合は自分の希望を的確に伝えて履歴書や職務経歴書についてもしっかり作り方を相談しておきましょう。

 

2ヶ月目は応募をしていきます。

本命の企業だけではなく、自分の希望に当てはまる企業を複数応募していきましょう

また、最初は本命の企業には応募しないというのも手の一つです。

なぜなら、採用面接というのは独特な雰囲気を持っており人事の方は意外なところをチェックしていたりするので、営業などをされていて普段から企業の人と話すのが慣れている方でもうまく話せない事や何気ない行動がよくない印象を与えるなんてこともあります。

面接を重ねていくことで、どういう風に伝えたほうがいいかや質問に対する回答も固まってくるのでうまく話せるようになってきますので、何回か面接を受けた後に本命に応募するというのも一つの方法です。

しかし、その場合は本命の選考が終わっていないのに他の企業の内定に対して入社意思の返答をしなくてはいけないという事も起こりえるので注意が必要です。

 

3ヶ月目は実際企業に応募をしてみて変わった考え方などを改めて見直して、それをもとにさらに企業に応募していきます。

この3ヶ月にプラス1ヶ月、現職の会社の引継ぎなどの期間を設ける場合が多く転職活動を始めてから4カ月ぐらいで転職を完了させる方が多いです。

 

スケジュール管理の方法

 

応募・面接のスケジュール管理

 

 

先ほどから話している通り、スケジュール管理は転職活動を成功させるために非常に重要なことであり、特に現在も会社勤めをされている方は自由に使える時間がない分効率的に動かなくてはいけません。

効率的に動くには近い場所の企業は同日に面接を入れることが好ましいです。

なので、面接地が近い企業には同じくらいのタイミングで応募するのがいいでしょう。

 

また面接は平日に行われることが多いのですが、現在も会社勤めをされている方の中には有休などを使って時間を作るのが難しいという方も多いと思います。

そんな方は遅い時間や土曜日の面接などを提案してみましょう。

面接先の企業もあなたが忙しいという事は分かっているので、融通を利かしてくれるかもしれません。

仕事終わりに面接を入れる場合は、絶対に遅れないようにイレギュラーな残業などが起きにくい曜日を選択するように心がけましょう。

 

退職のスケジュール管理

 

 

転職先を探すスケジュールを管理するのと共に退職をするためのスケジュール管理も必要です。

転職活動を始めると会社に迷惑をかける可能性があるので、始めるときに会社もしくは上司に報告するというのが理想です。

しかし転職を応援してくれる企業や上司だけではなく、むしろ退職を早めるなど転職活動に焦りを生んでしまうようなことになってしまう可能性があります。

会社や上司が転職に対してどんな印象かを理解したうえで事前に報告するかどうかを決めましょう。

 

報告をしないのであれば、できるだけ転職活動をしていることを気取らせないように今まで通りに生活することを心がけて下さいね。

 

また、転職する際に周りに迷惑をかけるのはあまりいいとは言えないので今抱えているプロジェクトなどがある方は、できるだけ退職するまでに完遂できるように計画を立てましょう。

 

では、報告をしないで転職活動をしていた方はいつ報告するかといえば内定が出た後というのが一番多いパターンです。

内定が出ていれば退職を早められてもそこまで苦になることはないので安心です。

 

ここで一つ注意しなくてはいけないのが、次の会社での勤務開始日についてです。

日本の多くの会社では退職する場合、1ヶ月前に報告するというルールが定められています。

そのため、内定が出た後に報告する場合はすぐに退社はできないので勤務開始日の設定に余裕を持たせる必要があります。

 

Geekly Media ライター

3+