長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

なぜ長所と短所を面接で聞かれるの?

 

 

面接で必ずといって良いほど聞かれる長所と短所。

どんな意味があるのか不思議に思いませんか?

長所と短所なんて聞いても、採用に影響しないと考えてしまいがちです。

この考えは正しいとはいえません。

ただ漠然と質問されているような気がしますが、採用に大きく影響する大切なものです。

この質問は、あなたの適性を判断しています。

あなた自身を冷静に分析できる能力と、伝える能力を確認しているのです。

自分のことを冷静に判断できれば、強みや弱みを活かして今後の課題を見いだせます。

伝える能力に長けていれば、プレゼンなどの提案する説得力があるということです。

面接の短い時間で長所と短所を質問することで、かなり深いところまで確認しています。

 

面接の短所で注意したい3つのこと

 

 

面接でとても大切な質問であることがわかると、自分の欠点である短所をどう伝えたら良いのか心配になります。

あなたの回答次第で採用の合否にかかわる重大なことです。

「欠点である短所は、なるべくいわないほうが良いのでは?」と考えがちですが、短所も冷静に判断できなければなりません。

この世に短所がない人など存在しないからです。

そこでここからは、面接で短所を質問されたときの3つの注意点を解説します。

テーマはイメージ・マッチ・心配の3つです。ぜひ、面接の対応の参考にしてみてください。

 

面接の短所で注意したいこと① 企業からのイメージを悪くする!

 

冷静に自分を分析するといっても、応募している企業からのイメージを悪くするようではいけません。

一般的な常識で考えて、人としてどうなの、というような短所のことです。

たとえば、手癖が悪いや約束事を守れないなどがあてはまります。

どう考えても、応募する企業からの良い印象とはならないですよね。

いくら短所といっても、これらはNGです。

短所だとしても、仕事につながる裏の意味が込められているべきでしょう。

応募する企業からのイメージが負となる回答は控えるべきです。

短所もよく考えて回答しましょう。

 

面接の短所で注意したいこと② 募集背景にマッチしない

 

 

応募する企業が求める人物像とあまりにかけ離れる回答も避けるべきでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、積極的に採用したい気持ちをなくさせる原因となりかねません。

営業職の募集に対して、仮にあなたが「口下手で人見知りなのです。」と回答したら、採用する気持ちがわくでしょうか?実際にそうだとしても、転職の面接には向きません。

転職における、短所に対する質問への回答は、なぜ募集をかけているのかを考えるべきでしょう。

企業が募集する背景を考えることで、自然と正しい短所かどうかの判断ができます。