【必見!】未経験からWebデザイナーへのキャリアパスを徹底解説!転職活動の方法や身に着けるべきスキルを紹介します。

実績やキャリアが無くても未経験からのWebデザイナーになる事が実現可能です。資格いらず&キャリアパスが誰でもいつでもおこなえる理由を紹介します。一般的に知られている業務から知られていない業務まで、他にも転職&キャリアパスする上での働き方を3つ紹介。また、Webデザイナーを志す者が習得できるスキルを紹介致します。

 

そもそもWebデザイナーとは

 

  

Webデザイナーは法人、個人を問わず、集客と情報発信を目的としたWebサイトの制作を担う仕事です。

集客率向上の大きく貢献できるものとしてデザインが挙げられます。デザインの質でWebサイトの良し悪しが分かれるケースもあり、会社の顔となるWebサイト作成には専門的な知識を持った人しか作れません

Webサイトのページ、デザイン、レイアウト、テキストなどの品質の向上により、PV(ページビュー)などの集客率を向上させる目的を担っているのがWebデザイナーです。

 

Webデザイナーの業務内容を大きく分けると?

 

 

Webデザイナーの仕事は大きく分けて4つに区分できます。

「デザイン」「構成」「言語」「コーディング」です。

主にレイアウト、デザイン、言語習得&応用していく力、コーディング、仕事を依頼してもらうための営業など、Webデザイナーの仕事といっても業務内容が多く幅が広いことが伺えるでしょう。

そこで主な仕事を2項目にまとめてご紹介致します。

・業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

・業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

このように幅広い業務をまとめています。これから記載する内容がWebデザイナーに求められるスキルとなりますので、これらの業務内容を深掘りして一つ一つ簡単に説明していきたいと思います。

 

業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

 

デザイン

 

 

まず初めにWebサイトのデザイン、レイアウト、構成は最も重要な工程部分になってきます。Webサイトの色使いや装飾など全体的なイメージを作る工程です。

「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」などの画像編集ソフトウェアを使いデザインします。

クライアントのイメージ通りのサイトを作るために、希望通りの要素を加えながら自分自身の感性で画像加工やイラスト作成、バナー作成、配色やロゴ、アイコン類を自由にデザインし作成を行うのがデザイン作業です。

 

レイアウト

 

 

レイアウトはデザイン作業で作成したバナーやイラストなどをどこにどんな風に配置し、全体的な構成やロジックが正しくい作業かを確かめる工程です。

イラストやバナーなどのデザインした創作物の良さを発揮できず埋もれてしまい結果収益に繋がらずの結果になんてこともあり得るのでこの工程ももちろん重要な工程となります。

ここまでのクリエイティブ系業務はクライアント(サイトを依頼してきたお客)と吟味しながら進めていくのが一般的です。作業の変更や改善点、アイディア追加などを行えるのがこの工程になります。

わかりやすく言うと全体的な内容のボリュームなどの整理と把握、サイトテーマの要素にこの方向性で勧めた時、本当に適しているか、ビジュアル面やサイトのイメージが合っているかなどを吟味しまとまった内容にブレがないか共有する工程となります。

ここまでが一般的な人がイメージしやすい「Webデザイナー」の業務かと思います。次はプログラミング言語&コーディング作業に入っていきます。

 

業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

 

プログラミング言語とは

 

 

プログラミング言語とはPCの分かる言葉に翻訳する作業になります。イメージしやすい例えで言うと英語を日本語に翻訳するイメージに似ています

サイトのページを構築するためにはPCに司令を出しその通りに動いて貰う必要があります。そのために必要なのがプログラミング言語となります。

 

コーディングとは

 

HTMLやCSSなどのプログラミング言語を習得した後、習得した言語を打つために必要なスキルがコーディングです。

コーディングとはWebサイトを作る上で文字を打つライティングと意味は一緒で英数字を打つ作業を意味します。

・ライティングは文字を打つ(人に理解できる日本語&英語に英数字から変換)

・コーディングはコードを打つ(PCに理解できる言語に英数字から変換)

コーディングが早ければ早いほど仕事も報酬もそれに比例して増加する傾向にあり、正確にコーディングできる技術はWebデザイナーにとって重要な要素のスキルと言えます。

 

社内SEのキャリアパスとは!経験を活かしてどんな仕事ができる?開発系・インフラ系ともに紹介します!

大小規模に関わらず、現在の企業ではIT化が進んでいます。もともとITに明るくない企業は、PCはもちろんネットワークやOA機器にも手間取ることがあり、業務に支障をきたします。そこで必要なのがIT技術に詳しい社内の存在です。

今回は、社内とはなんなのか、その仕事内容やキャリアパス、経験を生かせる仕事を紹介します!

 

社内SEとは

 

 

IT化された現代社会では、社内SEは企業規模に限らず必要な技術者です。しかし、社内SEに就いているのが必ずITのプロフェッショナルというわけではありませんし、社内SEをクラウドソーシングしている企業もあります。究極には社内SEを置いていないという企業もあるほどです。

 

社内SEというポジションがなかなか重宝されない理由としては、一重に「直接の利益を生み出さない」ポジションだからです。

社内で利用するOA機器をはじめ、PCやソフトウェア、ネットワークやインターネットなど、”あって当たり前“のものを構築・維持・管理するからです。

社内SEが保つ会社の基盤(インフラストラクチャー)は、会社全体が利益を上げるための資産なのですが、社内SEである従業員が外から利益を運んでくることはありません。

これが、企業が社内SEを“重宝しない”原因です。非常にやり甲斐のある仕事ですが、何故か肩身がせまいという職場も少なくないのです。一方、何かしらのITトラブルが発生した場合には、一番に頼られる存在でもあります。

 

このジレンマは、どのような企業規模でもつきまとうものですが、社内SEはいわば“縁の下の力持ち”というポジションですので、それを意識してプライドを持つ必要があります。

 

社内SEの仕事

 

社内SEの仕事は会社のIT資産管理から、社内全体のネットワーク構築など幅広い業務を行います。中には総務の仕事も兼任するということもあるでしょう。

社内SEの主な仕事は次のようなものがあります。

 

・PC選定・設置・設定・保守(トラブルシューティング)

・OA機器の選定・設定・保守(トラブルシューティング)

・業務に必要なソフトウェアや機器の選定・導入(トラブルシューティング)

・インターネットおよび社内ネットワークの選定・設計・構築・運営・保守(トラブルシューティング)

・社内のIT機器やソフトウェアで、より業務を効率化するための提案や調査・実行

・社員のメールアドレス発行・管理

・PCやネットワークにおけるセキュリティ管理・保守(トラブルシューティング)

・社屋の物理的なセキュリティ導入・管理

 

などです。

業務に関わる(一連の業務が行える)環境を整えた後は、それら全ての管理・保守(トラブルシューティング)が主な業務です。

また、急速にIT化が進んでいる企業では、その企業に合ったIT化を主導していくことになります。一度導入した仕組みを途中で投げ出すことはできませんので、導入前に行う塾考は非常に重要なステップです。ここで成功するか否かの8割が決まります

 

社内SEのキャリアパス

 

 

社内SEからのキャリアパスは、その知識量から幅広い可能性が生まれます。

 

中小企業の社内SE

 

社内SEの基礎的な業務を満遍なく会得するのであれば、まずは中小企業の社内SEをめざします。

規模の小さな企業ほど、社内SEが行う業務の幅は広くなります。特にIT企業以外の会社であれば、自分以外にはIT知識が無いことがほとんどですので、”IT“というキーワードに関わるものは全て社内SEが担当することになります。

 

社員のPC選定・設定・保守はもちろん、最小限必要なネットワーク機器の選定・設定・設置・保守、更にはOA機器(複合機など)の選定・設置・保守も社内SEの役割になります。

ビル内のワンフロアに拠点を構える企業であれば、会社への出入りをするためのセキュリティ機器の選定を行うこともありますし、急遽テレビ会議を行うとなれば、その日までにどうにかして環境を構築するといった機転も必要になります。

 

比較的小規模の企業では、これらの業務を一手に引き受けるため思った以上のスキルアップが望めるのです。

ただし、中小企業で社内SEを採用している企業は少なく、狭き門であることは確かですので、どうしても社内SEを目指したい人は根気よく就職活動をおこなう必要があるでしょう。

 

大手企業での社内SE

 

大手企業では、社内のIT技術を一手に引き受ける部門を持つ企業が多くあります。IT部門での作業は膨大ですが、基本的には他社で培った社内SEの知識が役に立ちます。

 

大手企業では、IT部門でも多くのメンバーを雇用していることが多く、業務による役割分担も行われています。

規模の小さな会社の社内SEであらゆる業務を担当していた人ほど、部門として存在する場所ではより専門性を高めた業務に就くことが望めます

 

社員のIT機器(PCなど)のサポートが得意だったならば、社内機器のトラブルシューティングを主に担当することも可能ですし、サーバーやネットワークの構築・保守をもっと極めたい場合は、ITインフラの知識を深めていくこともできるでしょう。

 

IT企業での社内SE

 

更に専門性を高めスキルアップがしたい場合には、IT企業の社内SEを経験することで、最先端とされる技術の導入で新しい知識を得ることができます。

 

また、IT企業では社内SEが開発用のサーバーを選定・構築・保守を行なったり、ネットワークの設計・設定・保守を行うところがほとんどです。

社内SEが用意したインフラの上で、自社開発のソフトウェアなどが開発されるという構造になります。

 

また、開発段階のソフトウェアでは、特に通信を利用する機能部分でネットワークのテストも行います。その際には、ソフトウェアのテスト環境ネットワークを構築するといった臨機応変な対応も必要です。

 

IT企業では、それ以外の企業よりも専門用語が飛び交います。全てを把握しそこに必要な技術や機器を素早く用意し対応するといった能力も磨かれるでしょう。

社内SEを目指すならば、IT企業でも通用する深い知識と臨機応変さ、そしてコミュニケーション能力を培う必要があります

 

ストレージエンジニアってどんな職種?職務内容からキャリアパス、求められるスキルまで徹底解説!

皆さんはストレージエンジニアという職種を聞いたことはありませんか。言葉では聞いたことがあるという人も少なくありませんが、どのような仕事をしているのかについてはあまり知られていません。しかし、密かに私達の生活を支えているのです。今回はそんな謎に包まれたストレージエンジニアという職種について解説します。

 

ストレージエンジニアってどんな仕事?

 

インフラエンジニアの一つ

 

 

エンジニアといっても、その種類は様々あります。特にITの世界では多くの種類のエンジニアが存在します。多くの人が考えるITのエンジニアといえば、システムやWebを制作する、いわばフロントエンドエンジニアです。しかし彼らだけではITの世界を支えることはできません。そこで今注目を浴びているのが、ストレージエンジニアです。

 

ストレージエンジニアはインフラエンジニアの一つであり、その名の通りストレージ管理に特化したエンジニアです。システムを動かしたりWebサイトを多くの人に公開するには、インフラ整備が重要です。そのインフラ整備において最も重要なものがデータベースです。ストレージエンジニアは、そのデータベースの構築から保守管理までを担います。

 

なぜストレージエンジニアって必要?

 

ストレージと聞くと、多くの人はスマートフォンのストレージを思い浮かべるはずです。スマートフォンのストレージは個人で管理することができますが、これが企業の経営や業務に関する大量のデータや、社会に大きな影響を与える膨大な量のストレージ管理となると、どうしても一人では管理することができません

 

ストレージエンジニアはその膨大な量のデータを管理し、必要なときに効率よくデータの出し入れができるように維持するのが大きな役割です。仕事などでほしいデータをすぐに出し入れすることができたり、必要な情報をすぐに手に入れることができるのは、ストレージエンジニアのおかげなのです。

 

ストレージエンジニアの仕事内容

 

データの管理や保守

 

 

ストレージエンジニアの仕事として最も大きいのは、データの管理や保守です。ITがこれだけ浸透している現在、データというのはかなり重要なものです。扱い方によっては重大な問題に発展することもあります。そのようなデータも含めて、適切に管理したり保守していくのが主な役割です。

 

エンジニアというと、何かを開発したりなどの生み出す職業だというイメージを持つ人が居ますが、ストレージエンジニアは生み出すというよりは、生まれたものの面倒を見ることがメインとなります。エンジニアらしくないと感じる人も多いかもしれませんが、このような仕事によって私達の生活は支えられているのです。

 

データベースの構築

 

 

ストレージエンジニアの仕事はデータの管理保守だけではありません。そのデータを扱いやすくするための環境を構築することも、ストレージエンジニアの大事な仕事です。きちんとした環境を構築することができれば、データの管理保守もかなり楽なものになります。

 

先程も少し述べましたが、データというのは保管するばかりではありません。必要なときに必要なものを出し入れして初めて役に立ちます。環境が整っていれば保守管理も楽になりますが、何よりも必要なデータを迅速に提供することができます。

 

ストレージエンジニアとビッグデータ

 

ビッグデータって何?

 

 

なぜストレージエンジニアがこれほど注目されるようになったのか、それはあるものが注目されているためです。そのあるものというのが、ビッグデータです。その名の通り非常に膨大な量のデータのことですが、実は今の生活においてビッグデータはかなり重要なものです。

 

鉄道の運行管理を例に説明します。例えばあるアーティストがコンサートを行うことになり、その会場の近くにある駅が多くのファンで混雑するとします。当然普段通りの運行スケジュールだと定時運行に支障をきたしてしまいます。そこで登場するのがビッグデータです。ビッグデータを用いてコンサートの動員数を元に運行スケジュールを管理することで、より利便性が向上するのです。そして定時運行に支障をきたしてしまうことを防ぐこともできます。

 

ビッグデータは誰が管理する?

 

ではそのビッグデータは一体誰が管理するのか、ということになります。そこで登場するのがストレージエンジニアです。膨大な量のデータを管理し、必要なときに必要な情報を提供したり保管できるようにするには、ストレージエンジニアの存在は必要不可欠です。

 

一見何の関係もないように見えるデータも、実は深く関係しているということはよくあります。特にビッグデータが注目されている現在、必要としている企業に効率よくデータを提供することができるのはかなり大切です。

 

ストレージエンジニアに必要なスキル

 

データベースのスキルは必須

 

データを管理するだけなら誰でもできるのではないか、そう考えていませんか。だからといって明日もじゃんけんで負けてしまうことはありませんが、ストレージエンジニアに必要なスキルというのはかなり多く、そして複雑で難しいものばかりです。最低限データベースのスキルは身につけておきましょう。

 

特に正規化のスキルは重要であり、第3正規化までは最低限できるようにしましょう。その他にもデータベースに関する知識は必須となるため、もしもストレージエンジニアを志望しているのであれば、まずはデータベースをマスターしましょう。

 

ネットワークやサーバーの知識も必要

 

 

ストレージエンジニアに必要なスキルとしてデータベースを上げましたが、最近のストレージエンジニアはデータベースのスキルだけでは足りません。ネットワークサーバーの知識も必要になっています。

 

ITの世界ではここ最近仮想化が進んでおり、その仮想化を支えているのも実はストレージエンジニアです。仮想化技術を支えるストレージエンジニアの場合、データベースのスキルはもちろん、ネットワークやサーバーの知識やスキルがなければ仕事になりません。

 

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!必要な素養から難しさまで分かりやすく解説します。

データサイエンティストは世界的に需要が高まっている職種のひとつです。グローバルに活躍できるスキルを習得できることもあり、未経験からでもデータサイエンティストを目指したい人もいるでしょう。そこで今回は、未経験からデータサイエンティストを目指すためのキャリアパスと必要な素養、そして難しさを解説します。

 

未経験でもデータサイエンティストを目指せる

 

 

データサイエンティストとは、企業が持っている多量のデータを整理・解析し、企業にとって有益な情報を導き出す職業です。近年では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の発展により、インターネット上には膨大なデータ(ビッグデータ)が氾濫しています。

そんな膨大なデータも、きちんと整理し適切な分析を行うことで、企業の道筋を指し示す重要な情報となるのです。そのため、世界中の多くの企業が有能なデータサイエンティストが求めています。

「データサイエンティスト」になるには特別な資格は必要ないので、データサイエンスの経験がない人でもデータサイエンティストを目指すことは可能です。ただし、資格が必須でない代わりに重要なのが「経験」と「スキル」です。

 

データサイエンティストへのキャリアパス

 

まずは未経験からデータサイエンティストになるために必要な「経験」を紹介します。少し時間はかかりますが、データサイエンティストを目指せる経験をしっかりと積んでいきましょう。

 

データ分析の経験を積む

 

 

多量のデータを取り扱うデータサイエンティストには、データ分析のスキルは必須です。データ分析の経験を積むことで、データサイエンティストへ一歩近づくことは間違いありません。

データ分析の仕事内容は、業種によっても異なります。例えばウェブアンケートを実施しているメディアでは、アンケート結果の集計と分析が主な業務です。アンケート結果を分析することで、どんなユーザーがどのようなサービスを望んでいるかが分かります。

このようなデータ分析の仕事は未経験でも可能な場合が多いので、積極的に応募してみるとよいでしょう。簡単な業務からスタートして、徐々にデータサイエンティストが行うような高度なデータ分析の経験を積んでいくのが近道です。

 

エンジニアの経験を積む

 

データサイエンティストはプログラミングスキルを駆使してデータ分析を行う業務も多いため、エンジニアとしての経験も役に立ちます。もしもプログラミングスキルを持っているならば、まずはエンジニアの経験を積んでみましょう。

エンジニアが取り扱うプログラミング言語は多くありますが、データサイエンティストはAI(人工知能)を活用してビッグデータを解析します。そのため、AIの研究・開発の経験を積むと良いでしょう。

特に、AIの開発に使われる「Python」というプログラミング言語の勉強会や研修の充実している企業で業務実績を積むのがおすすめです。

 

データサイエンティストに必要な素養

 

データ分析のスキルは必須

 

 

未経験からデータサイエンティストを目指すには、データ分析のスキルが必要です。データ分析のスキルは実務経験がない場合でも、書籍やセミナーを利用して身につけられます。そして、データ分析の知識はデータサイエンティストだけではなく、ビジネス全般に役立つスキル

もしもキャリアチェンジしたいと思った場合でも、ビジネスパーソンであればデータ分析のスキルは必ず役立ちます。例えば、収益管理や在庫確認、新規事業の開発においても知識が活用できます。勉強しておくと自分の力となるスキルなので、積極的に学習を進めましょう。

 

プログラミングスキルは重要

 

 

データサイエンティストはビッグデータを扱うためにディープラーニングを活用する場合があります。ディープラーニングはAIの中でも大量のデータを処理する時に役立ちます。そして、AIのプログラミングによく使われる言語が「Python」です。

Pythonは書籍の他にも、オンライン学習サイトを利用して初学者でも楽しみながら学習が進められます。Pythonを扱えるようになると、AIの研究開発の仕事に携われるチャンスも増えるのでキャリアアップも見込めるでしょう。

 

統計学の知識は大きな武器

 

データ分析で非常に役立つスキルが統計学です。統計学とは、データの個数を数えたり、平均値を計算したりするデータ分析における基本のスキルのこと。統計学の知識を持っていると、バラツキのあるデータの性質を見出せるようになります。

つまり、あらゆる方法を用いてデータ分析を行えるわけです。この素養は、データサイエンティストの業務も非常に効率化できるので、書籍やオンライン講座を活用して必ず学習しておきましょう。

 

【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

【アプリ開発】初心者の方でも大丈夫!アプリの作り方から費用、キャリアパスまで徹底解説!

アプリを自分で作ってみたいけど、費用や作り方など全くわからない、という理由でためらっていませんか。実はアプリ開発は、初心者でも簡単にできてしまうのです。そしてアプリ開発は、キャリアパスにおいても大きな影響を与えてくれます。今回はアプリ開発初心者が覚えておくべき作り方や費用、そしてキャリアパスについて解説していきます。

 

本格的なアプリ開発に最低限必要なもの

 

パソコンは必要不可欠

 

 

本格的なアプリ開発となると、パソコンがなくては意味がありません。最近では簡単にアプリ開発ができるツールなどもあり、スマートフォンタブレットさえあれば簡単にアプリ開発ができます。しかし、全くのオリジナルのアプリを開発するとなると、パソコンが必須となります。

パソコンと言っても、ノートパソコンデスクトップパソコンなど様々ありますが、基本的にどのようなスタイルでアプリ開発をしたいかで選ぶと良いでしょう。自宅で黙々と作ることが多い場合はデスクトップパソコン、自宅以外のカフェやコワーキングスペースなど、場所に縛られずにどこでもアプリ開発をしたいという場合は、ノートパソコンを選ぶと良いでしょう。性能などの部分については、後ほど改めて解説します。

 

デベロッパー登録もお忘れなく

 

 

アプリ開発をした人の多くは、このアプリを少しでも多くの人に使ってほしい、そう考える人がほとんどです。せっかく自分が一生懸命作ったアプリであるため、せっかくならより多くの人に使ってもらえると嬉しいものです。しかし、アプリを作ったとしても公開するには別のものが必要になります。それがデベロッパー登録です。

App StoreやGoogle Playでアプリを公開するには、必ずアプリ開発者としての登録証のようなものが必要になります。その登録証がデベロッパー登録です。App StoreとGoogle Playではそれぞれデベロッパー登録の方法や場所が異なりますが、いずれも登録しなければ公開することができません。アプリ公開も視野に入れているのであれば、デベロッパー登録を忘れずに行いましょう。

Google Playのデベロッパー登録方法はこちら:https://support.google.com/googleplay/android-developer/answer/6112435?hl=ja

Apple Developer programの登録方法はこちら:https://developer.apple.com/jp/support/enrollment/

 

ツールで簡単にアプリができる?

 

 

アプリ開発初心者の中には、プログラミングすら知らない人もいます。しかし、そんなプログラミングを知らない人でも実は簡単にアプリ開発ができます。ここでは簡単にアプリ開発ができるツールをいくつか紹介します。

 

Monaca

 

アプリ開発に興味はあるものの、プログラミングに関する知識を持っていないという人や、とにかくアプリ開発実績を作っておきたいという人も中にはいます。そんな人には開発に必要な機能が詰まったツールがおすすめです。その有名なツールの一つとして、Monacaというツールがあります。基本的にMonacaさえあればスマートフォンなどでもアプリ開発ができるため、パソコンがなくても簡単にアプリ開発を始めることができます。

アプリは基本的にAndroid専用など、利用できるOSが限られているアプリも多いですが、中にはiOSとAndroid両方に対応しているアプリもあります。Monacaはその両方に対応しているアプリ開発が可能なツールです。実際のアプリ開発においてもテンプレートが用意されているため、作り方も非常に簡単です。手軽にアプリ開発を始めたいという人にはおすすめです。

公式サイト:https://ja.monaca.io/

 

Yappli

 

プログラミングの知識はないけど、せっかくアプリを作るなら高品質のアプリを作ってみたい、と考える人にはYappliがおすすめです。こちらは有名企業のキャンペーンアプリの制作にも使用されるほどであるため、品質においてはかなり高いツールです。

高品質でありながらも、ドラッグ&ドロップの要領で作ることができるため、プログラミングの知識がなくても安心です。また、プッシュ通知などのアプリらしい機能も盛り込むことができるのも、このツールの特徴です。しかし月額9800円かかってしまうため、手軽にアプリ開発をしたいという初心者にとっては少々敷居が高いです。

公式サイト:https://yapp.li/

 

アプリ開発の注意点

 

iOSとAndroidは開発環境が違う

 

 

AndroidとiOS両方でリリースされているアプリでも、実装されている機能が異なるということはよくあります。なぜそのようなことが起こるのかというと、実はiOSとAndroidは開発環境が異なるのです。厳密にいうと、アプリ開発に必要なツールがそれぞれ異なっているのです。

基本的に開発環境に必要なツールは同じですが、具体的に使用するツールは全くの別物です。Androidアプリ開発をするにはAndroidアプリ開発のためのツールを、iOSアプリを開発するにはiOSアプリ開発に必要なツールを準備することが必須になります。アプリ開発初心者は、まずはどのOS向けのアプリを開発するか決めた上で、必要なツールを導入することを心がけましょう。

 

パソコン選びにも注意が必要

 

 

最初の部分では仕事のスタイルによっての選び方について説明しましたが、一番大事なことはパソコンの性能です。基本的にパソコンについては、性能が良いほうが様々なツールを効率よく動かすことができますが、何よりもアプリ開発においての作業の効率が良くなります。特にデバックという作業は、アプリ開発においては頻繁に行う作業です。性能が良いとその作業もスムーズに行うことができます。

また、先程の部分でアプリ開発に必要なツールが異なることを説明しましたが、パソコン選びにおいても大きく影響してきます。特にiOSアプリを開発する場合は、Macでしか使うことができないツールもあります。そのため、もしもパソコン選びで迷った場合は、Macを選んだほうが無難です。iOSアプリはもちろん、Androidアプリ開発に必要なツールにも対応でき、性能もかなり良いのでおすすめです。