転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

Geekly Media ライター

SHIN

転職のタイミングは現職中?それとも離職中?メリット・デメリット含めて徹底解説!

初めての転職の場合、気になるのがやり方ですよね。特にどのタイミングで行うのがベストなのか気になるところです。現職中もしくは離職中に行うかは永遠のテーマと言っても過言ではありません。今回はそれぞれのタイミングのメリット・デメリットをお伝えします。自身に合った方法を見つけるためにも、一度チェックすることをおすすめします。

 

転職したい!でもベストのタイミングがわからない!

 

 

ステップアップしたい、もしくは今の会社に何かしらの不満を持っていたら転職を検討してみるといいでしょう。

ただ、転職を考えようとしたときに出てくるのが、どのタイミングでするべきか?ではないでしょうか。

現職中に行ったほうがいいのか、離職中に行ったほうがいいのかは体験してみないとわかりません。

 

行けばわかるさ!と軽いノリで行けるならそれでいいかもしれません。

しかし、失敗や後悔はしたくないですよね。

今回は転職をする際に現職中がいいのか、離職中がいいのかをメリット・デメリットを交えてお伝えしていきます。

 

現職中に転職するメリット

 

 

現職中に転職するメリットは主に4つあります。

離職中にはない魅力的なメリットがありますので、まずは見ていきましょう。

 

お金の心配がない

 

 

現職中なので給料が入ります。

働いているのであれば、お金が入るわけですから少なくともお金の心配をすることはないでしょう。

 

逆に離職している場合はどうでしょうか?

実家暮らしならお金の心配はないかもしれませんが、一人暮らしもしくは家庭を持っている方は貯金との相談になります。

 

転職失敗したときの保険となる

 

転職をすれば必ず成功するわけではありません。

複数社にトライしてみた結果、失敗することも考えられます。

仮に離職してから転職を行って、失敗したときは長期間の無職状態になります。

収入の面でも精神的な面でも負担がかかることでしょう。

 

年金や税金などの対応をしなくて済む

 

離職をすると無職状態になりますが、税金や年金の対応をする必要があります。

今までは会社が代わりに対応していたことを自身で対応しなければなりません。

年金の場合は国民年金を支払う必要もあります。

 

ブランク期間がないため採用されやすい

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し仕事の勘や知識が鈍ってしまいます。

全く違う業種であれば関係ないかもしれませんが、多くの場合は同業またはそれに近い業種に転職することになります。

転職先としても即戦力を求めたいのが本音です。

勘や知識が鈍っている人を積極的に雇いたいとは思わないでしょう。

 

現職中に転職するデメリット

 

 

現職中のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

主に4つありますので見てみましょう。

 

転職活動する時間がなかなか取れない

 

一番のデメリットがこちらです。働いているわけですから集中して活動することができません

また、ほとんどの業種は平日勤務、土日祝日休みです。

自身も同様の場合、相手先との連絡や面接を行う際に時間が合わずということがあります。

現在の仕事が残業が多い場合は「どのようにして時間を確保するか?」「転職候補先との面接機会をどのようにクリアするか?」が重要になります。

 

引継ぎなどの対応がおろそかになりがち

 

立つ鳥跡を濁さずという言葉がある通り、離職する際は引継ぎなどを完璧に終わらせた状態にするのが望ましいです。

離職するから関係ないという態度を取ってしまうと、後になって思わぬしっぺ返しを食らうかもしれません。

実際にあった話ですが、引継ぎをまともにせず離職し、転職を転々としていたころに当時の引継ぎの様子を知っていた人が人事担当だったという例もあります。

同業種の場合は十分にあり得る話なので引継ぎはちゃんと行うようにしましょう

 

退職や入社の時期を合わせるのが難しい

 

現職中の場合、転職先で内定をもらったとしても、仕事の状況によっては時期を合わせるのが難しいこともあります

理想は仕事の区切りが良いタイミングで退職、即座に入社なのでタイミングを合わせる工夫が必要です。

 

転職活動がバレて引き止めにあう

 

会社としては人材がいなくなるのは困ることです。

予定していたことや中途採用の作業などが発生するためです。

優秀な人材の場合は顕著に表れることでしょう。

情が出てしまい、やっぱり転職はしないという選択もするかもしれません。

自身のキャリアプランやライフプランと相談して対応するようにしましょう。

 

離職中に転職するメリット

 

 

離職中に転職するメリットはあります。

現職中での転職活動にはないメリットがありますので、見ていきましょう。

 

集中して転職活動ができる

 

無職状態ですので、時間はたくさんあります。

平日の昼から転職フェアや面接など行うことが可能です。

現職中ではできないですし、新しい情報を入手しやすいです。

結果として自身が納得する転職ができる可能性も高いのが魅力です。

 

失業手当を受け取れる

 

離職後すぐに失業手当を受け取れるわけではありませんが大きいメリットです。

ただし、すぐにもらえるわけではありません。

自己都合での離職の場合はハローワークに申請後、7日間の待機期間と3か月の給与制限期間を経過後にもらえるようになります

注意したいのが申請をしてからですので、離職したら早めに申請をするようにしましょう。

 

採用決定したら、すぐに入社できる

 

仕事をしていない状態なので、採用決定さえすればすぐに入社することができます。

転職先としても、すぐに働いてくれる人材は計算がしやすいです。ブランクが長すぎる人でない限りは問題ないでしょう。

 

離職中に転職するデメリット

 

 

離職中の転職活動はメリットもありますがデメリットも存在します。

長引けば長引くほど、あらゆる面で不利になりますので注意が必要です。

 

長引くと貯金がつきてしまう可能性

 

転職活動をしていても、なかなか採用されない可能性も考えられます。

失業手当をもらっていたとしても、当時もらっていた月収の6割前後が目安です。

しかも、失業手当は期限が決まっています。

年齢や働いていた期間によって上下しますが、最短3か月で終わってしまうので注意が必要です。

 

年金や税金の支払い問題

 

離職をすると厚生年金から国民年金への支払いが迫られます。

収入がない状態で支払わなければならないので、割とダメージが出ます。

税金に関しても離職した翌年は自身で支払う必要があります。

手続きの対応も必要になるため面倒が多くなるのも事実です。

 

長引くことによる悪循環

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し企業側としても能力を懸念してしまいます。

採用される可能性が減ってしまい、失敗が続けば精神的にも参ってしまいます。

採用されない焦りから、自身が想定したランクよりも下の企業に応募してしまい、何のための転職だったのかわからなくなる可能性も否定できません。

離職して転職活動をする際は計画的な行動と事前準備が必須です。

 

自身のタイプや状況によって臨機応変に対応しよう

 

 

転職活動をするベストタイミングは人それぞれです。

会社の状況や就業時間、貯金、ライフプラン、キャリアプランなど多岐にわたる要素で対応しなくてはいけません。

現職中にしたほうがいいのか、離職中にしたほうがいいのかは状況次第です。

今回の情報を元に自身はどちらがいいのか冷静に判断したうえで行動するようにしましょう。

 

転職をする際に大事なことは「なぜ転職をするのか?」です。

目的は何なのかを定めて、必要な要素をクリアしていくことが転職成功するための重要なポイントです。

企業としても、なぜ転職をするのかはもっとも気になる項目です。

自身だけでなく相手も納得できる理由があれば、その思いが行動に伝わり成功しやすくなります。

具体的な転職活動する前にまずは考えてみるといいでしょう。

Geekly Media ライター

gibson