【転職】ジョブチェンジを成功させるには?!メリット・デメリットを含め、ジョブチェンジを徹底解説します!

皆さん仕事人生でジョブチェンジという言葉が頭をよぎったことはありませんか。仕事に慣れてきた中、職種を変えて自分のスキルアップを図りたいと思った事はないでしょうか。しかしRPGゲームと違って現実で新しい職種に変えるのは色々と不安も大きいと思いますので今回はジョブチェンジを成功させるポイントとジョブチェンジのメリット・デメリットを徹底解説していきたいと思います。

 

ジョブチェンジとは?

 

 

ジョブチェンジを日本語にそのまま訳すと「転職」ということになります。

しかし転職という言葉をそのまま使うと同じ営業職で違う会社に移るのも「転職」になってしまいます。

現在日本で使われているジョブチェンジとは同じ業種で会社を移る場合に使う言葉ではなく、

例えるなら営業職から経理職へと職種を変える時に使われる言葉になっています。

職種を変えるジョブチェンジは同じ会社の中でも行われますし、会社を変える時に同時に職種を変えるケースもあります。

 

社内でのジョブチェンジ

 

同じ会社内でのジョブチェンジを成功させるには幾つか制度があります。一定期間中に社内で色々な職種を経験させるジョブローテーション制度や社内でやる気のある社員から職種変更の公募を募る社内公募制度でジョブチェンジを成功させることが出来ます。

しかし、現在日本の会社の人事採用のホームページを見てもジョブローテーション制度や社内公募制度を採用している会社はまだまだ少ないのが現状です。

また社内でのジョブチェンジとしては会社からの命令で職種を変えることもありますが、その場合前向きなジョブチェンジでは無いパターンが多いので自身のスキルアップやモチベーションが上がるジョブチェンジにはなりません。

 

転職でのジョブチェンジ

 

社内で職種を変えるジョブチェンジの制度が無い時はジョブチェンジの制度がある会社に転職してからのジョブチェンジや今までのキャリアをリセットして新しい職種へ未経験にチャレンジするジョブチェンジがあります。

一旦同じ職種で転職してから制度を利用してのジョブチェンジは時間がかかりますし、未経験からのジョブチェンジは金銭面や時間の面でもデメリットがあります。

ここからはジョブチェンジによってもたらされるメリットとデメリットを解説していきます。

 

ジョブチェンジのメリット

 

 

キャリア形成の強い味方になる

 

ジョブチェンジを行うことにより新しいキャリアを獲得することが出来れば自分のキャリア形成の強い味方になります。

営業職一筋の営業マンより営業からマーケターへジョブチェンジをしてマーケティングも出来る営業マンになった方がこれからの時代に生き抜く強い力になります。

 

仕事に対する新鮮さを保てる

 

ジョブチェンジをすれば仕事に対する新鮮さやモチベーションを保ち常に仕事に前向きに取り組む事が出来ます。

同じ職種で同じ会社にいるより色々な職種を経験し社内や社外からも必要にされる人材になれば次々と新しい仕事も舞い込んできますので仕事に対する新鮮さを持ち続けるきっかけにジョブチェンジがなります。

 

ジョブチェンジのデメリット

 

 

未経験スタートによるハンデ

 

社内でのジョブチェンジでも会社を変えてからのジョブチェンジにしても新しい職種に対しては未経験からのスタートになります。

一から新しい仕事を覚えるのは仕事に対するやりがいや新鮮さを持てる反面、慣れるのに時間がかかり新しい職種に対する勉強も必要になってきて最初の内はプライベートに影響を及ぼす場面も出てくるかもしれません。

 

給料がダウン

 

同じ会社内でのジョブチェンジだとそこまで待遇が変わらないと思いますが転職し会社を変えて一から新しい職種へ未経験となると会社側も未経験者採用になり給料がダウンする等待遇面でのマイナスが生じやすくなります。

次からはジョブチェンジを成功させるためにジョブチェンジを成功しやすい人のタイプを挙げていきます。

 

ジョブチェンジを成功しやすい人

 

 

20代の若手、第二新卒社員

 

ジョブチェンジをすると新しい仕事を一から覚えないといけません。

そうなるとやはり20代の若手社員や第二新卒の社員がジョブチェンジの成功がしやすくなります。

若いと仕事の覚えも早くまた体力面や給料面でも会社側から見てもジョブチェンジのしやすい人材として扱われるのです。

 

Geekly Media ライター

【フリーランス】メリット・デメリットを徹底解説!自由を手に入れられる?それとも苦労に満ちている?

近年は働き方も多様化してきており、企業などに勤める会社員という働き方ではなく、個人で会社などのプロジェクトと契約して仕事の依頼をもらって働くフリーランスというものも増えてきている。
会社員と違って自分の裁量で動くことができるイメージのあるフリーランスですが、実際は自由に働けるのか?そのメリット・デメリットを紹介します。

 

フリーランスとして働く方法

 

 

フリーランスとして活躍している方は近年増えてきています。

しかし、フリーランスになるにはどうすればいいのかを知っている方は少ないのではないでしょうか?

フリーランスのメリット・デメリットを知っても、フリーランスになる方法を知らなければ意味がないので、まずはフリーランスとして活動するにはどうすればいいのかを簡単に説明していきます。

 

ネットサービスを利用して依頼を探す

 

「人脈・知名度・実績・能力が必要?」「誰もがなれるものではない」

そう思っている人も多いと思います。

確かにフリーランスの多くの仕事は、企業などからお仕事をもらって行うもしくは売り込む事で発生します。

そのため、仕事を探すための人脈や知名度、実際に仕事を受注するための実績や能力が必要だと思うのは当然です。

しかし実は、大きな金額の取引ができるかどうかは別として誰でもある程度はフリーランスとして活動して稼ぐことはできるのです。

 

なぜそれができるか?

それは世の中には仕事があふれており、社員では手が回らない仕事やフリーランスありきの商売をしている会社があるからです。

しかも近年は、そんな会社が出している依頼を簡単に検索できるようなサービスがあるのです。

代表的な物でいうと「クラウドワークス」「ランサーズ」というWebサービスです。

手が回らない自分ではできない仕事を外注するためのサイトで、簡単なものから専門的なものまでそろっているので、特に突出した能力がないという方でも仕事を取ることができるのでフリーランスを始めることができます

もちろん多くの依頼を頂くためには、能力というのは必要になってくるので能力が必要ないという事ではありませんが、やりながらどんどん成長していくことができ、評価が上がれば徐々に単価が上がったり大きな依頼をもらえるようになるので、最初は能力が低くてもフリーランスとして活動できます

 

人脈・実績等で仕事を請け負う

 

もちろん、人脈・知名度・実績というものはあるに越したことは間違いありません。

人脈があれば、仕事の依頼をもらうためのアプローチをかけることが比較的容易にできますし、

知名度が高く実績に申し分のない方なら相手の方からお願いをしに来るでしょう。

自分からアプローチをかける事無く仕事を頂くことができ、しっかり稼ぐことができる環境を作ることがフリーランスの目指すところでしょう。

 

フリーランスのメリット

 

やる気次第で稼げる

 

 

フリーランスの収入は基本的には成果に対しての報酬です。

例えば記事を書くフリーライターのお仕事であれば、1記事いくらで買い取りますという形が主流なので納品した数が多ければ多いほど収入が増えます。

しかし会社員の場合は基本給がありそれに上乗せして成果が付きますが、ほとんどの場合は上限というものが存在するので頑張っても限界というものがあります。

「自分の頑張り次第や能力次第で上限なく稼ぐことができる」というのがフリーランスの一つの魅力といえるでしょう。

 

経験を積むことができる

 

 

フリーランスは複数の仕事をかけ持つことができます。

依頼の際の契約に独占契約のような形で、他社の依頼を受けてはいけないという事を指定されていなければフリーランスの場合同時にいろんな仕事をする事ができます

そのため同時にいろんな仕事をする事でき、色んなジャンルの勉強をする事ができるのです。

しかし会社員の場合は同時にいろんな仕事をすることは難しいです。

 

会社ではある程度役割が決まってくるので、色んな職種の仕事を同時に経験するというのは難しいですし、日本の会社では副業を禁止している会社が未だに多いので他に仕事をする事も難しいです。

短い期間で色んなことを学ぶのであれば、メインの仕事と同時に簡単な仕事からでも新しいことに挑戦できるフリーランスの方が効率的に学べる環境にあるといえるでしょう。

ただ同時に複数の依頼を抱える場合は、情報を流出させないように注意をしましょう。

特に競合他社への技術流出ということになれば賠償問題にも発展しかねません。

他社と契約してはいけないという制約がなかったとしても、競合他社の仕事は同時に受注しない等の配慮は必要です

 

予定が組みやすい

 

 

今回のテーマでもある自由についてですが、フリーランスの仕事は自分でスケジュール管理をする事ができます。

時間指定で働く場合もありますが、ほとんどの場合はいつ働いても成果さえ出してもらえれば問題ないというものになるので、自由に予定を組むことができます

Geekly Media ライター

アジャイル開発のメリット・デメリットを徹底解説!気になるスクラム開発との違いもご紹介!

アジャイル開発はプログラム開発で採用している例が多く、プロジェクトを管理する者としてポイントを押さえておきたい手法です。今回はアジャイル開発のメリット・デメリットをまとめながら、スクラム開発との違いも解説していきます。想定以上の結果が出ることがあるアジャイル開発を知ることでプロジェクト管理の幅が出るようになりますよ。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイル開発とはプログラム開発をする上での手法の一つです。アジャイルは英語でagileと書き、「敏捷、素早い、活発」という意味になります。つまり、プログラム開発で素早い開発をしたい場合はアジャイル開発が適していると言えるでしょう。では素早い開発ができる理由は何なのでしょうか?見ていきましょう。

 

綿密な仕様を決めずにスタート

 

多くのプログラム開発では最初に綿密な仕様(ルール)を決めてから開発を行います。なぜかというと、多くの開発者が同時にプログラミングするため、仕様上による矛盾や不具合が発生してしまうと、やり直しを余儀なくされます。するとこれまでの作業が無駄になるだけでなく、やり直しが発生し多大なコストが発生します。

アジャイル開発のスタートは最初から綿密にルールを決めずに、大まかな仕様だけを元に開発します。このように書くと出戻りが発生したときにどうするの?と思うかもしれません。アジャイル開発は綿密な仕様を決めずに、その場で仕様を固めるので出戻りが発生したとしてもコストはそれほどまでかかりません。逆に顧客やクライアントからのニーズを即座に反映できる環境から、素早く開発できるのです。

 

イテレーションを繰り返し細かく開発

 

仕様が決まっていないからと言って最初から最後まで開発しっぱなしと言うわけではありません。開発の品質を一定以上にするために小さい期間を設けて開発を行い、繰り返していきます。このことをイテレーションと呼びます。

たとえば、Aという機能の仕様が決まったら、計画→設計→実装→テストの順番で開発をします。この工程で問題がなければ、次のBの機能を計画→設計→実装→テストしていきます。このように順々に開発していき、最終的な製品に仕上げていくのです。

 

少人数の開発に有利

 

 

アジャイル開発は多人数よりも少人数で開発することに向いています。機能ごとに仕様を決める際に大人数だとまとまりが出にくいですし、開発者同士の意見交換もできません。少人数であれば、活発に意見交換をしながら、まとめていくことができるので想定したよりも高品質の製品を顧客やクライアントに提出できます

 

アジャイル開発のメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは主に3つありますので見ていきましょう。

 

出戻りが少ない

 

アジャイル開発のメリットは小分けに作っていくので、仕様の矛盾や不具合が発生したとしても出戻りが少ないです。大規模のプログラム開発になればなるほど、仕様による問題が発生すれば多大なコストを支払うことになります。出戻りが少ないということはリスクを減らせることにもつながります。

 

柔軟性の高い開発が可能

 

 

機能ごとに仕様を決めて開発をしていくのですから、柔軟性の高い開発ができます。プログラム開発における柔軟性の高さとはクライアントや顧客からの要望をすぐに受けることができることです。最初から詳細な仕様が決まっていると、たとえクライアントや顧客からの要望があっても受け入れにくいです。しかし、アジャイル開発であれば、小分けに開発しているので柔軟に対応することができます。

 

開発者同士の円滑なコミュニケーションが発生

 

プログラム開発においてコミュニケーションが活発になると、チーム内の雰囲気が良くなり、新しい技術交換などの相乗効果が見込めます。プログラム開発は人が行うものであり、モチベーションやチームの雰囲気で品質はガラッと変わります。一人一人の考えを聞くことができ、すべての開発者が納得したうえで開発できるのも強みです。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

メリットを見ていきましたが、デメリットも存在します。主に3つありますので見ていきましょう。

 

目標や目的がブレる可能性がある

 

大まかな仕様を決めて開発をするため、目標や目的がブレてしまう可能性があります。開発者同士で意見交換をしながら開発するのは聞こえはいいですが「船頭多くして船山に上る」のことわざのように方向性を見失うことも考えられます

 

品質の確保が難しい

 

機能ごとに仕様を決めて開発するので、悪く言えば品質は出来上がってからのお楽しみです。最初から綿密な仕様が決まっているやり方のほうが品質の確保はしやすいでしょう。

 

大規模開発には向いていない

 

大人数でのアジャイル開発はしない方が無難です。アジャイル開発の性質上、開発者同士の意見交換やクライアントや顧客からの要望を取り入れます。大人数になればなるほど、収拾がつきにくくなり、まとめることすら難しくなります

 

スクラム開発との違いは?

 

 

スクラム開発とはアジャイル開発の一種です。ラグビーのスクラムのように一致団結して開発をできることが最大のメリットです。スクラム開発のポイントはスクラムマスターとプロダクトオーナーとチームの3つに分けることです。

 

スクラムマスターは全体を見て、サポートをするのが主な役割です。チームへのアドバイスやトラブル発生時の対処などを行います。プロダクトオーナーは開発のビジョンを明確に持つ人を指します。予算の管理も行い、ビジネス上におけるすべての責任を持つ人です。チームは複数人でまとまり、開発を迅速に安定した品質を提出できるようにするのが役割となっています。

このようにリーダーとサポート、実際の開発者が3位一体となり円滑なコミュニケーションで開発していくのがスクラム開発です。

 

アジャイル開発を成功させるためのポイント

 

 

方向性を示せるリーダーの存在

 

アジャイル開発で怖いのが方向性がブレてしまうことです。複数人の開発者とクライアント・顧客が絡んでしまうと、本来の目的からズレた開発になってしまう可能性があります。方向をきっちりと指し示せるリーダーを決めることは重要です。また、新技術への関心、高い技術理解度やコミュニケーションに長けた人であることも重要です。リーダーの力量がプロジェクトの品質に大きく影響します

 

Geekly Media ライター

gibson

【徹底比較!】Linux vs Windows!結局なにが違うの?それぞれのメリット・デメリットまで徹底解説!

「PCが使えるか否か」という質問をよく耳にすると思います。これは一般的には「Windowsを操作できるか否か」という意味です。しかしIT技術者を目指す場合、Windowsだけにとどまらず「Linux」も視野に入れる必要があります。そこで今回は、LinuxとWindowsの違いを理解した上で、それぞれのメリットとデメリットを紹介します。

 

LinuxとWindowsの違い

 

私たちがPCを使う場合、起動したPCの画面上でマウスを操作して、目的のソフトウェアを立ち上げますよね。PCはユーザーの操作によって機械語を受け取って理解し、電気信号という形で命令を実行します。

人間がPCに対して機械語で命令することは非常に困難ですが、OSOperating System)を挟むことによりPC操作が容易になったのです。

現在企業に導入されている主流なOSは、Microsoft社が開発したWindowsです。しかし、IT技術者にとってはもう一つ重要なOSがあります。それがLinuxです。

LinuxWindowsの大きな違いはオープンソースであるか否かです。

 

・Linux:オープンソース(無料)

・Windows:製品(有料)

 

また、ITサービスを提供するサーバのほとんどがLinuxを利用しているのは、無料のオープンソースであることと、もう一つ理由があります。

それは、製品であるWindowsサーバよりもLinuxが遥かに高い自由度を持っているからです。

 

Linuxの概要を把握する

 

 

Linuxは主に、ITサービスのサーバを稼働させるのOSとして利用されています。

Linuxの操作は、主にCUI上でのコマンド入力です。ハッカーなどのイメージで、黒い画面に英語のコマンドを素早く入力している姿がよく使われますね。

CUIの画面はそれと同じようなイメージです。もちろん、WindowsのようなGUIもあるのですが、コマンド操作に慣れてしまうとマウスを使うよりも速く命令を入力することができるのです。

Linuxは様々なサーバ(Webサーバやファイルサーバなど)をインストールしたり、ひとつひとつの利用目的に対しての細かなカスタマイズもできるため、ITサービスを支えるシステムとして重要な役割を担っているのです。

 

Windowsの概要を把握する

 

 

WindowsMicrosoft社が開発した有料のOSです。一般的にPCと言えば、Windowsをイメージしますね。また、社内のコンピューター機器を管理するために導入するWindows Serverという製品も存在します。

Windowsは基本的にGUIで操作するため、視覚的にも直感的な利用が可能です。そしてこれこそが、企業や一般家庭にWindowsPCが普及した要因でもあるのです。

最近は、企業でも導入されているAppleのOS XもGUIですが、OSの元となるのはUNIXです。※UNIXとLinuxは異なるOSです。

 

Linuxのメリットとデメリット

 

それでは、Linuxのメリットとデメリットを見ていきましょう。

 

Linuxのメリット

 

 

Linuxには以下のようなメリットがあります。

 

・オープンソースなのでコストがかからない

・使わなくなったPCを利用できる

・インターネット上の情報が豊富

 

Linuxがサーバに導入される理由の一つが、オープンソースであることです。PCやサーバにライセンス無しでインストールできるので、コストを最小限にまで抑えることが可能なのです。

もちろん、高価なサーバ機器以外にもインストールすることができますので、例えば使わなくなったPCにLinuxをインストールすれば、簡単なファイルサーバとして利用できます。

また、Linuxについては豊富な情報がインターネット上に存在します。それは、基礎となる知識から、業務に最低限必要な情報に至るまで賄えるほどです。

Linuxについては、中古のPCとインターネットがあれば独学でもある程度の勉強ができるということですね。

 

Linuxのデメリット

 

 

Linuxには以下のようなデメリットがあります。

 

・サポートが無い

・周辺機器が使いにくい

・業務で利用するMicrosoft Officeなどは使えない

 

Linuxは無料で利用できるオープンソースですが、サポートはありません。分からないことやトラブルが発生した場合には、自分で調べる必要があります

また、家電量販店で販売しているPC周辺機器についても、スムーズに動作しない場合も多く、USBメモリなどのストレージ機器については、Linux用のフォーマットへ変更しなければ読み取れないという事態も発生します。

多くの企業が利用するMicrosoft Officeや、Windows専用のソフトウェアを利用できないといった点もデメリットと言えますね。

 

Windowsのメリットとデメリット

 

それでは、Windowsのメリットとデメリットも見ていきましょう。

 

Windowsのメリット

 

 

Windowsには以下のようなメリットがあります。

 

・メーカーの公式なサポートを受けられる

・多くの企業が導入しているので汎用性がある

・周辺機器が利用しやすい

 

Windows OSの提供は有料で、製品でもありますので公式のサポートを受けることができます。これは、業務で利用する機器には欠かせないメリットですね。

また、多くの企業が標準でWindowsPCを利用しているため、WindowsのGUIをひと通り操作できるスキルには汎用性があると言えます。

家電量販店ではWindowsOSを想定して製造された周辺機器がほとんどですので、特に手を加えることなく製品を利用することができるのは大きなメリットです。

 

Windowsのデメリット

 

 

Windowsには以下のようなデメリットもあります。

 

・利用に制限がある

・ライセンス料金が高い

・ウィルスのターゲットになりやすい

 

Windowsは製品ですので、利用の際には制限があります。複数のPCへインストールするには、台数分の利用料金が必要です。また、その料金は安いものではありませんので、複数のWindowsPCを導入する場合には大きなコストとなります。

企業をはじめ多くの家庭でも利用されているため、ウィルスのターゲットとなりやすいのもWindowsのデメリットと言えるでしょう。

 

IT技術者としてはどちらを覚えるべき?

 

IT技術者として習得するOSを選ぶ場合は、まずはWindowsを習得する必要があります。ただしプログラマーやSE、あるいは社内SEとしての業務ではLinuxの知識が必要となる場面も多いでしょう。

ファイル管理やソースのバージョン管理を行う場合に、Linuxで構築されたサーバにWindowsから接続すると言った作業も必要になります。

Webサービスの開発者ならば、WebサーバをLinuxコマンドで再起動したり、コンフィグのチューニングを行うと言った作業ができると重宝されます。

ですので、最終的にはLinuxWindows共に習得しておくがキャリアアップに繋がることは間違いありません。

 

それぞれのスキルの需要

 

LinuxとWindowsのスキルでは、それぞれどのくらいの需要があるのかを見てみましょう。

 

Linuxスキルの需要

 

 

Linuxのスキルに対しては、主にITインフラエンジニアの求人が多くみられます。

Webサービスの肝となるサーバ全般の設計・構築・運用管理などを中心として、オープン系の開発エンジニアなどにも必要なスキルです。

経験や知識レベルによっても変わりますが、年収は社内SEの約450万円から、ネットワーク技術も含めたインフラエンジニアで約1500万円と、その他の職種よりも年収が高いことが分かりますね。

また、近年のITサービス提供に際しては、Linuxスキルのある技術者の需要は高まっているのです。

 

Windowsスキルの需要

 

 

Windowsスキルの需要については、基本的なオペレーションレベルであれば、どのような企業でも必要不可欠なものとなっています。

IT技術者としてのWindowsスキルで求められるものは、PCトラブル時のサポートを含めた深い知識です。ただし、Windows Serverに関する知識と経験は大きな需要があります。

Windows Serverにて資産PCを制御している企業も多く、その年収は運用保守の約450万円から、グループ企業内全てのインフラ管理を含めて約1050万円となっています。

やはり、インフラ全般をコントロールできるスキルの年収が高くなっていることが分かりますね。

 

〜まとめ〜

 

 

LinuxとWindowsでは、オープンソースであるか否かが最も大きな違いです。

利用条件や利用シーンが異なるのはもちろんのこと、サポートの有無も異なるため、求められるスキルも別物と考えなければなりませんね。

特にWebサービスが軸となる現代社会では、Linuxで稼働するサーバが多く存在していますので、Linuxスキルは大きな需要があります。

Windowsについてのスキルをひと通り身につけたら、独学でも可能なLinuxの知識をつけておくことも大切ですね。

Geekly Media ライター

佐久森

Githubのアカウントはエンジニアの転職に必要?メリット・デメリットを紹介!

エンジニアをしている方やエンジニアに興味がある方は、Githubというサービスを聞いたことや使ったことがあるかと思います。今回はエンジニア転職をするときにはGithubのアカウントは必要なのか?転職においてのメリットとデメリットを徹底解説していきます。Githubとはどういうものの事なのかという基本的なことから説明していきます。

 

Githubとは

 

 

Githubというサービスはエンジニア職の方が主に使う物なので、今までエンジニアをしたことがない方にはあまり聞きなじみのサービスかもしれません。

しかしエンジニアにとっては非常にありがたいサービスで、多くの人が利用しているのです。

 

Githubとはどんなサービスか?

 

 

Githubはその名の通りGitをhubするものです。

そもそもGitとはプログラムソースなどの変更履歴を管理する分散型のシステムで、元々Linuxの開発チームが使用していた物が便利だという事で世界的に広がりました。

何が便利なのかというと、今まではローカル環境下では一つのリポジトリを複数の人で使用していたため、変更した際のシステムの整合性を保ち変更内容が衝突しないように調整するのが手間だったのですが、ローカル環境下でも複数のリポジトリを作成できる事によりそれを避けることができるようになったのです。

GithubはそんなGitの仕組みを利用して作られたもので、世界中の人が自分の作品(プログラムコードやデザインコードなど様々なコード)を保存し、公開をする事ができるサービスです。

 

Githubに登録するには?

 

 

そんなエンジニアにおすすめサービスであるGithubはどうすれば登録できるのかを紹介していきます。

 

まずはグーグル・ヤフーなどの検索エンジンから「Github」で検索をかけ、Github社が運営しているサイト「Github」を開き、「GitHubに登録する」をクリックしましょう。

 

 

登録したいPick a username(ユーザー名)・Your email address(メールアドレス)・Create a password(パスワード)を打ち込み、Sing up for GitHubをクリックします。

 

 

「Unlimited public repositories for free」「Unlimited private repositories for $7/month」の2つプラン選択が出てくるのでお好きなプランを選択し「continue」で確定しましょう。

前者は無料で使うことができ、後者は毎月7ドルで使うことができる有料プランです。

有料プランはリポジトリを無制限に作成できるというメリットがあるので、本格的に開発を行っていく方は使ってみて下さい。

転職に使うという事であれば有料プランまで使う必要はないので、有料プランの説明は割愛します。

 

 

登録したアドレスにメールが届くので、メール内の「Verify email address」をクリックしてリンクに飛べば登録完了です。

アンケートが出る場合はそれに答えるとメールが届きます。

 

Githubを使う上での予備知識?

 

 

アカウント登録も完了したところで早速使ってみたいところですが、Githubを使うにはエンジニアとしての基本的な知識が必要です。

まずは予備知識について紹介していきます。

 

ローカルリポジトリとリモートリポジトリ

 

先程Gitの説明でも出てきたリポジトリについてまず紹介していきます。

リポジトリというのはいわゆる保管庫の事で、ファイルなどを保管する場所の事を指します。

リポジトリはPCなどの中に組み込まれている「ローカルリポジトリ」とネットワーク上にある「リモートリポジトリ」の2つがあります。

ローカルリポジトリで作業内容を保存して、周りと共有するためにネット上にあるリモートリポジトリにアップロードするという流れで使います。

 

コミット・プッシュ・ブランチ

 

Githubを使うなら最低でもコミット・プッシュ・ブランチを知っておく必要があります。

コミット=ファイル変更や追加の履歴をリポジトリに保存する

プッシュ=ファイル変更や追加の履歴をリモートリポジトリにアップロードする

ブランチ=同時に行われる複数のファイル変更や追加の履歴を個々に保存するシステム

 

転職におけるGithubのメリット

 

Geekly Media ライター

【マーケティング】広報・広告の違いを徹底解説!メリット・デメリットまで掘り下げて解説します。

広報と広告どちらも聞きなじみのある言葉だと思いますが、実はこの2つは全くの別物であるという事をご存知ですか?素人目には同じように見えてしまうこの2つも違いがあり、メリット・デメリットがあります。効果的なマーケティングをしていくためにもこの代表的なマーケティング手法の違いをしっかり理解しておきましょう。

 

広報と広告の違い

 

 

広報と広告というのは企業が自社のサービスを宣伝するものなので、基本的には同じで特に使い分ける必要はないと考えている人は多いと思います。

確かにとても似ているように見える2つですが、実は宣伝の仕方が大きく異なるのです。

この違いを明確に知っておかなければそれぞれのマーケティング手法を効果的に使うことができません。

マーケティングの重要性が高まっている昨今でそれは致命的です。

つまり広報と広告の違いを知らないという事で、企業にとって大損失を生んでしまう可能性があるという事が言えます。

では具体的にどんな違いがあるのでしょうか?

 

お金が必要かどうか

 

 

広報と広告の一番わかりやすい差はお金がかかるのかどうかです。

もちろんどちらも行動を起こすので予算というものは必要ですが、これは宣伝をするという事に直接的にお金を払っているかどうかの差です。

広報については基本的に掲載費をかけずに会社のサービスを宣伝していきます。

近年はSNSの発達により企業発信で宣伝もできるようになりましたが、未だにテレビや雑誌などのメディアは影響力が強く効果的な宣伝をする事ができます。

なので、メディアに取り上げてもらえるような魅力的なサービスをする事でメディアが価値のある情報として報道するので、掲載料などを払わずに効果的な宣伝をする事ができるのです。

一方広告は広報の逆にお金を使って宣伝することを言います。

どのようにお金を使うかというと広告枠やCM枠等を買い取って、自社のサービスを宣伝するのです。

 

メディア主導、企業主導か?

 

 

広報と広告の違いは、メディアが主導で掲載されるのか、企業が主導で掲載されるのかの違いとも言えます。

「どちらが主導で掲載しても結局はサービスを宣伝する行為だから一緒じゃない」

そう考える方も多いかもしれませんが、それは大きな間違いです。

まず広報ですが、メディアが主導でどのように報道するのかを決めることができるので、客観的な印象を与える宣伝をする事ができます。

一方宣伝の方は、企業側にどのように宣伝するかの決定権があるので主観的な印象を与える宣伝になる傾向があります。

客観的な宣伝か主観的な宣伝かでは与える印象は大きく異なってきます。

 

PR会社と広告代理店の違い

 

 

先ほども話した通り広報と広告は宣伝の手法が異なります。

そのため依頼する会社も変わり、広報はPR会社・宣伝は広告代理店に依頼をするのですが、この2つも違いが分かりにくいので簡単に説明していきます。

 

PR会社

 

PR会社はその名の通りプロモーションをしてくれる会社の事です。

先ほど言った通り広報は基本的にお金をかけずにメディアに取り上げてもらう宣伝方法です。

他にはないような唯一無二の業界であれば目を引きますが、実際多くの会社は競合他社があり同じようなサービスをしている中で戦略を立ててメディアに取り上げてもらえるように行動しなくてはいけません。

これを自社の広報スタッフだけで行うというのは非常に困難なので、多くの場合PR会社に依頼をして専門家の意見を取り入れながら無償でメディアに取り上げてもらえるように戦略を立ていきます。

つまり、PR会社は広報の戦略立案やそれを実行するためのお手伝いもしくは代行をしてくれる会社という事です。

 

広告代理店

 

一方広告代理店は非常にわかりやすく、広告やCMなどメディアの広告枠を企業に対して販売する会社です。

また、効果的な広告の出し方を提案し単純な枠売りだけではなく制作やプロデュースの仕事もしてくれます。

 

広報のメリット

 

 

広報は本来、社会の人たちに信頼してもらいファンになってもらうという意味を持ちます。

 

お金がかからない

 

先ほどから何度も話している通り、基本的に掲載に対してのお金がかからないのでメディアに露出させる際の金銭面的リスクを回避することができます。

 

信頼感が増す

 

メディア主導で宣伝されるので、客観的な宣伝手法になる傾向があります。

企業がいいことだけを書いているだけではないと感じられるので、宣伝の説得力が高まり信頼感が増します。

結果的に社会に浸透しやすく長期的な効果を期待することができます。

 

広報のデメリット

 

 

即効性がない

 

結局のところメディアに取り上げてもらわなくてはいけないので、広報活動をしてすぐに結果が実るものではありません。

タイミングや運がある程度必要なものなので、すぐに社会的に広げたい時には向きません。

また、タイミングが自分で選べないという事は適切なタイミングで露出することができないという事にも繋がります。

例えば、同じようなサービスをしている会社が宣伝された後に宣伝されても新鮮味がなく、効果的な宣伝とは言えませんよね。

そのため広報には適切なタイミングで宣伝をする事ができないという難しさがあるのです。

 

思い通りにはならない

 

メディア主導で報道されるものなので、企業側が伝えたいと思っていることがうまく伝わらない可能性があります。

それが客観性なので良い面でもあるのですが、客観的過ぎて本質を伝えることができなければサービスの魅力が思い通りに伝わりません。

 

広告のメリット

 

 

イメージ通りの宣伝ができる

 

広告は広報と違い企業側が主導で掲載の仕方を選べます。

分かりやすい事実をありのままに報道される広報とは違い、サービスを売り出すことを目的としている宣伝は特徴を強調した見せ方ができるので、そのサービスをより大きく見せることができます。

もちろん広告規定などのルールもありますし、近年はコンプライアンスも厳しいので嘘や過剰な誇張はいけませんが、広報より特徴を押し出しやすいと言えます。

 

即効性がある

 

広告は企業の方からこのタイミングで掲載するというのをある程度指定できるので、宣伝したい時にすぐにメディアに露出させることができます。

自分のタイミングで掲載することができるという事は即効性があるという事だけではなく、そのタイミングに合った宣伝をしていくことができるということになります。

例えばハロウィーン時期に仮装グッズを販売するための宣伝を出すなど季節ごとや時事的なタイミングで効果的な宣伝を打ち出すことができます。

 

広告のデメリット

 

 

莫大な費用がかかる

 

キー局でCMをしようと思ったら何百・何千万かかりますし、そこに著名人を使うとなれば億単位のお金が必要になってくる可能性があります。

それだけやってしっかりと元が取れるような効果があればいいですが、CMなどメディアに露出させたからといってそのサービスが支持されるかというとそういうわけではありません。

効果が約束されていない物に莫大な投資をするわけですから、失敗した時のダメージも多きいです。

 

信頼感・説得力が低い

 

広報と比べるとその会社の色が強く出過ぎてしまう場合があるのが広告です。

特徴を押し出すことで、商品の良さをアピールすることで不特定多数に認知してもらうのですが、人によっては悪い印象を与えるような事になりかねません。

結局のところ客観性に欠ける部分があるので、見ている人からするといいとこだけ言っていると感じられて信頼感が薄れてしまい、説得力が低い宣伝になってしまう場合があります。

 

最後に

 

 

広報と広告の違いについて分かりましたか?

どっちが正解というのはなく、状況によって使い分けていくことが非常に重要です。

広報には低コストで信頼されるような宣伝ができる良さがありますし、広告には即効性があり効果的なタイミングで宣伝ができるという良さがあります。

近年マーケティングは企業にとって非常に重要なウエイトを占めています。

しっかりと広報と広告を使い分けて効果的なマーケティングをしてください。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

転職のタイミングは現職中?それとも離職中?メリット・デメリット含めて徹底解説!

初めての転職の場合、気になるのがやり方ですよね。特にどのタイミングで行うのがベストなのか気になるところです。現職中もしくは離職中に行うかは永遠のテーマと言っても過言ではありません。今回はそれぞれのタイミングのメリット・デメリットをお伝えします。自身に合った方法を見つけるためにも、一度チェックすることをおすすめします。

 

転職したい!でもベストのタイミングがわからない!

 

 

ステップアップしたい、もしくは今の会社に何かしらの不満を持っていたら転職を検討してみるといいでしょう。

ただ、転職を考えようとしたときに出てくるのが、どのタイミングでするべきか?ではないでしょうか。

現職中に行ったほうがいいのか、離職中に行ったほうがいいのかは体験してみないとわかりません。

 

行けばわかるさ!と軽いノリで行けるならそれでいいかもしれません。

しかし、失敗や後悔はしたくないですよね。

今回は転職をする際に現職中がいいのか、離職中がいいのかをメリット・デメリットを交えてお伝えしていきます。

 

現職中に転職するメリット

 

 

現職中に転職するメリットは主に4つあります。

離職中にはない魅力的なメリットがありますので、まずは見ていきましょう。

 

お金の心配がない

 

 

現職中なので給料が入ります。

働いているのであれば、お金が入るわけですから少なくともお金の心配をすることはないでしょう。

 

逆に離職している場合はどうでしょうか?

実家暮らしならお金の心配はないかもしれませんが、一人暮らしもしくは家庭を持っている方は貯金との相談になります。

 

転職失敗したときの保険となる

 

転職をすれば必ず成功するわけではありません。

複数社にトライしてみた結果、失敗することも考えられます。

仮に離職してから転職を行って、失敗したときは長期間の無職状態になります。

収入の面でも精神的な面でも負担がかかることでしょう。

 

年金や税金などの対応をしなくて済む

 

離職をすると無職状態になりますが、税金や年金の対応をする必要があります。

今までは会社が代わりに対応していたことを自身で対応しなければなりません。

年金の場合は国民年金を支払う必要もあります。

 

ブランク期間がないため採用されやすい

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し仕事の勘や知識が鈍ってしまいます。

全く違う業種であれば関係ないかもしれませんが、多くの場合は同業またはそれに近い業種に転職することになります。

転職先としても即戦力を求めたいのが本音です。

勘や知識が鈍っている人を積極的に雇いたいとは思わないでしょう。

 

現職中に転職するデメリット

 

 

現職中のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

主に4つありますので見てみましょう。

 

転職活動する時間がなかなか取れない

 

一番のデメリットがこちらです。働いているわけですから集中して活動することができません

また、ほとんどの業種は平日勤務、土日祝日休みです。

自身も同様の場合、相手先との連絡や面接を行う際に時間が合わずということがあります。

現在の仕事が残業が多い場合は「どのようにして時間を確保するか?」「転職候補先との面接機会をどのようにクリアするか?」が重要になります。

 

引継ぎなどの対応がおろそかになりがち

 

立つ鳥跡を濁さずという言葉がある通り、離職する際は引継ぎなどを完璧に終わらせた状態にするのが望ましいです。

離職するから関係ないという態度を取ってしまうと、後になって思わぬしっぺ返しを食らうかもしれません。

実際にあった話ですが、引継ぎをまともにせず離職し、転職を転々としていたころに当時の引継ぎの様子を知っていた人が人事担当だったという例もあります。

同業種の場合は十分にあり得る話なので引継ぎはちゃんと行うようにしましょう

 

退職や入社の時期を合わせるのが難しい

 

現職中の場合、転職先で内定をもらったとしても、仕事の状況によっては時期を合わせるのが難しいこともあります

理想は仕事の区切りが良いタイミングで退職、即座に入社なのでタイミングを合わせる工夫が必要です。

 

転職活動がバレて引き止めにあう

 

会社としては人材がいなくなるのは困ることです。

予定していたことや中途採用の作業などが発生するためです。

優秀な人材の場合は顕著に表れることでしょう。

情が出てしまい、やっぱり転職はしないという選択もするかもしれません。

自身のキャリアプランやライフプランと相談して対応するようにしましょう。

 

離職中に転職するメリット

 

 

離職中に転職するメリットはあります。

現職中での転職活動にはないメリットがありますので、見ていきましょう。

 

集中して転職活動ができる

 

無職状態ですので、時間はたくさんあります。

平日の昼から転職フェアや面接など行うことが可能です。

現職中ではできないですし、新しい情報を入手しやすいです。

結果として自身が納得する転職ができる可能性も高いのが魅力です。

 

失業手当を受け取れる

 

離職後すぐに失業手当を受け取れるわけではありませんが大きいメリットです。

ただし、すぐにもらえるわけではありません。

自己都合での離職の場合はハローワークに申請後、7日間の待機期間と3か月の給与制限期間を経過後にもらえるようになります

注意したいのが申請をしてからですので、離職したら早めに申請をするようにしましょう。

 

採用決定したら、すぐに入社できる

 

仕事をしていない状態なので、採用決定さえすればすぐに入社することができます。

転職先としても、すぐに働いてくれる人材は計算がしやすいです。ブランクが長すぎる人でない限りは問題ないでしょう。

 

離職中に転職するデメリット

 

 

離職中の転職活動はメリットもありますがデメリットも存在します。

長引けば長引くほど、あらゆる面で不利になりますので注意が必要です。

 

長引くと貯金がつきてしまう可能性

 

転職活動をしていても、なかなか採用されない可能性も考えられます。

失業手当をもらっていたとしても、当時もらっていた月収の6割前後が目安です。

しかも、失業手当は期限が決まっています。

年齢や働いていた期間によって上下しますが、最短3か月で終わってしまうので注意が必要です。

 

年金や税金の支払い問題

 

離職をすると厚生年金から国民年金への支払いが迫られます。

収入がない状態で支払わなければならないので、割とダメージが出ます。

税金に関しても離職した翌年は自身で支払う必要があります。

手続きの対応も必要になるため面倒が多くなるのも事実です。

 

長引くことによる悪循環

 

離職期間が長くなると、ブランクが発生し企業側としても能力を懸念してしまいます。

採用される可能性が減ってしまい、失敗が続けば精神的にも参ってしまいます。

採用されない焦りから、自身が想定したランクよりも下の企業に応募してしまい、何のための転職だったのかわからなくなる可能性も否定できません。

離職して転職活動をする際は計画的な行動と事前準備が必須です。

 

自身のタイプや状況によって臨機応変に対応しよう

 

 

転職活動をするベストタイミングは人それぞれです。

会社の状況や就業時間、貯金、ライフプラン、キャリアプランなど多岐にわたる要素で対応しなくてはいけません。

現職中にしたほうがいいのか、離職中にしたほうがいいのかは状況次第です。

今回の情報を元に自身はどちらがいいのか冷静に判断したうえで行動するようにしましょう。

 

転職をする際に大事なことは「なぜ転職をするのか?」です。

目的は何なのかを定めて、必要な要素をクリアしていくことが転職成功するための重要なポイントです。

企業としても、なぜ転職をするのかはもっとも気になる項目です。

自身だけでなく相手も納得できる理由があれば、その思いが行動に伝わり成功しやすくなります。

具体的な転職活動する前にまずは考えてみるといいでしょう。

Geekly Media ライター

gibson