コアコンピタンス経営とは??その意味とメリット・デメリットについて分かりやすく解説!

経営手法には様々なものがあります。その中でも「コアコンピタンス経営」というのは、この先企業が生き残っていくために有効となりうるものです。とはいえ、適切な知識を持っていなければ上手く活用することができません。コアコンピタンス経営のメリット・デメリットをしっかり把握して、実際の企業経営に取り入れてみましょう!

 

コアコンピタンス経営って何?

 

 

他社にはない「コア」な技術力を武器に経営する戦略

 

この概念は1990年、ゲイリー・ハメル氏とC.K.プラハラード氏が『ハーバード・ビジネスレビュー』に寄稿した記事の中で提唱されたものです。「コアコンピタンス(core competence)」という言葉は「コア(中核)となる能力」を意味しています。つまりコアコンピタンス経営とは「自社の核となる技術や能力を生かした経営」と表すことができるでしょう。しかし肝心の中核が他社と似ているものであったり、既存のものであったりしては経営基盤としては非常に不安定なものとなってしまいます。ここで「コアコンピタンス」にふさわしいモノかどうかを判断する際の評価基準になっているものが以下の5点です。

 

コアコンピタンスと呼ばれる要素の必要条件

 

 

模倣可能性

せっかくの自社の能力を他社が容易に真似できてしまっては意味がありません。そのため、「模倣自体の難易度」「仮に模倣された場合、自社と同じだけのクオリティまでに至る可能性」を検討する必要があります。こちらの可能性は低ければ低いほど、独自性が強く強みになりやすいです。

 

移動可能性

ここで触れる「移動」とは、他の分野に応用することを示しています。例えば他社にない技術を開発したとして、それがどの程度まで応用可能かを事前に想定することで利益を大幅に増やす機会に恵まれるでしょう。逆に言えば、開発した技術や能力がほんの一部にしか応用できないとなれば、市場内での利用頻度や他社と共同開発などはあまり見込めません。結果として自社の業務の幅に限りが出てきてしまいます。

 

代替可能性

模倣可能性にも通じるものがありますが、「自社の強み」=「他社の強み」であると市場のシェアを独占することは非常に難しいものとなります。他に替えが利かない、特定の企業にしかない能力となれば、その技術を利用して何か事業を行いたい企業は取引や商談をそこに持ちかけるしか選択肢がなくなるのは必然。自社だけでは行うのが難しい業務も、自社独自の技術があれば他社と共同で進めることができるのです。

 

希少性

コアコンピタンスを経営基盤の1つに据える上で重要なことは「常に希少でなければならない」という点です。どれだけ優れたものであっても、競合相手が多い市場ではあっという間にシェアが入れ替わります。中にはその変化についていけず淘汰される企業もあるでしょう。能力のレッドオーシャンで戦うよりも、ブルーオーシャンを開拓し、能力に磨きをかけていく方が長期的視点ではメリットが大きくなることが予想されます。

 

耐久性

最後に「耐久性」です。あらゆる事業において共通ではありますが、特にITに関わる仕事では10年先、20年先がどうなっているかが予測できませんよね。現在最先端で独自色の強いサービスやシステムを売りにしていても、それが使い物にならなくなる可能性も。時代の変化や人々の需要の変化、そして生活の変化にも耐えうるだけの応用可能な技術でなければ、コアコンピタンス経営で生き残ることは難しいと言えます。

これら5つの視点を全て完璧に満たしている必要はありません。しかしどれかが欠けていては経営に支障が出るというのも事実です。コアコンピタンス経営で企業の利益を最大化するにはこれらの基準を最低限満たしているか、どの部分が強くてどの部分では弱いのかを分析しなければならないでしょう。

 

コアコンピタンスとケイパビリティの違い

 

 

ケイパビリティの特徴

 

コアコンピタンスと似たような考え方で「ケイパビリティ」というものが存在します。コアコンピタンスとの大きな違いは「能力の独自性」を中心として経営を考えるのではなく、「事業プロセスの独自性」に重きをおいていることです。

イメージとすればコアコンピタンスが点であるのに対し、ケイパビリティはベクトル的な視点で経営を捉えています。つまり企業が持っている能力そのもののみならず、その企業がどのように事業を遂行していくのかに特徴を求めている考え方が「ケイパビリティ」です。

 

コアコンピタンスの特徴

 

 

あくまでコアコンピタンスは「持っている能力の独自性」を重視する考え方です。ケイパビリティの場合は企業内で完結するものも少なからずあり、必ずしも他社との連携を必要とはしません。コアコンピタンスも自社内のみで活用することは可能ではありますが、技術の有効活用によって大きな恩恵が受けられます。他社との関わり合いで真価を発揮することも多々あるのがこの考え方です。

 

決定的な違いは応用力の差と他社に対する影響

 

ケイパビリティは自社の中だけでも行えるため、他社と提携するときに生じるリスクが少ないというメリットもあります。しかし自社のみで経営が上手くいかなくなった際に応用が利かず、他社との提携も難しいとも言えるので若干不安が残る経営方法であることが否定できません。

コアコンピタンスの何よりの強みは分野の垣根を飛び越えて、技術提供ができること。高い応用力を持つがゆえに他社に影響を与えやすく、同時に他社からの影響も受けやすいというのがケイパビリティと異なる点なのです。

 

コアコンピタンス経営のメリット

 

 

①市場の変化に対応しやすい

 

特定の「モノ」を扱っているわけではないので、市場の需要に左右されにくく安定的な経営が可能です。ニーズに応じて技術の使い方やシステムの適用の仕方を柔軟に変化させ、急に変化が生じても業績が途端に落ちる可能性は他の経営手法と比べると低いと考えられます。

 

②他社と連携して新たなサービスや製品を創出しやすい

 

技術というのは特定の分野に属するものではありません。最初は工業の分野で生み出されたとしても、その後医療や福祉の分野で活用される可能性は大いにありえます。この特性を利用して、様々な分野の企業に技術提供、新しいものを生み出す土壌を作り上げることもできるのです。

 

③モノではなく技術を核としているので突然消える可能性が少ない

 

モノは壊れたり、需要がなくなったりと突然消えるリスクと隣り合わせですが、技術は知識や能力なので企業内ではもちろん、個々人に目に見えない形で付随しています。技術が人々や企業に共有されている限りは、一晩でなくなってしまうリスクは低いでしょう。

 

【徹底比較】テレワーク vs リモートワーク!違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説!

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとなる比較ポイントやそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。最近は多くの人がこのような働き方を魅力に感じる傾向があります。他にも似たような働き方が存在し、今回はその代表的なテレワークとリモートワークを徹底比較します!

 

【テレワーク】&【リモートワーク】の違いは?

 

【テレワーク】と【リモートワーク】の簡単な説明

 

 

・テレワーク

テレワークとは、「(テレ)= (遠く)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としては「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「(遠い)場所から遠隔で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

・リモートワーク

リモートワークとは、「(リモート)=(遠隔)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としてはこちらも「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「遠い場所から(遠隔)で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

上記のテレワークとリモートワークの意味を理解されたかと思います。ほとんど同じ意味ですよね。違うとしたら強調している意味合いが違うことです。

下記でもっとテレワークとリモートワークを深堀りしていきますので、詳しく情報を知りたい方は閲覧してくださると幸いです。

テレワークとリモートワークのメリット・デメリットや違いを分かりやすく比較します!

 

テレワークvsリモートワークをもっと詳しく徹底比較!

 

①【テレワーク】もっと詳しく!

 

 

テレワークは、テレコミューティングとも呼ばれることがあり、遠い場所から仕事をして働く意味を示す表現として用いられます。

主に会社に通勤して仕事に行くスタイルではなく、自宅やカフェと言った会社外で仕事をこなしていく形態での働き方を意味しています。テレワークで仕事をする人を「テレワーカー」と呼びます。

大きな違いとしては古い言葉か、新しくできた言葉かが比較して分かる違いになります。実際に古い言い方で言うとテレワークになり、最近できた言葉に直すとリモートワークとなります。

なぜテレワークが消えずリモートワークに統一しないかといいますと、国の法律で補助金制度があり、その補助金制度の名前が「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」と言う制度があります。

このように国の制度でテレワークと命名されていることにより、リモートワークと制度に記載されず、記載されている言葉がテレワークなため、テレワークが消えない理由の1つと言えるでしょう。

 

②【リモートワーク】もっと詳しく!

 

 

リモートワークの意味は遠隔操作で仕事し働くことを意味しています。「企業に所属した形式」で仕事ができる働き方としてリモートワークは注目されています。

ワーキングスペースや自宅など、様々な場所で遠隔で仕事をこなす事を基本とした働き方です。

企業に属している利点を活用しながら、好きな時間や好きな場所で働くといった形態が取れるのがリモートワークです。実は、正社員や業務委託が主に多い形態と言えます。

例えば、正社員でありながら1日の半分は会社で過ごし、残りの半分は自宅やカフェなどで働くことが可能です。

完全に出社せず遠隔での仕事を中心として働ける状況でも雇用状態は正社員の人もいます。企業や個人の状況やタイミングによって雇用状態や働き方は変わってきます。

業務委託の場合も同じように出社して働く条件や、出社せずに働く条件など企業によって様々な状態に対応できるのがリモートワークです。

多くの人が認知しているのは女性が出産や育児で会社にいけなくなった状態でも、働くことができる体制を整えている働き方として注目を集めた働き方です。

リモートワークと似たような働き方がさまざまあり、「在宅ワーク」や上記の「テレワーク」と比較されることが多く理解しづらいのも事実です。

テレワークは古い言葉で制度の名前に今も使われているため、未だ残って使われている言葉になります。

現代よりに言葉ができ、出社しないでも働ける、といった働き方がイメージとしてとても強いのがリモートワークです。

 

両者のメリット・デメリット

 

①【テレワーク】と【リモートワーク】のメリット

 

 

好きな時間と場所を好きなタイミングや、好きな事で働けると言ったイメージの方が多いのではないでしょうか。

始めはその通りですが、大半は生活の不安を抱えながら仕事をしている人が多く、その不安のデメリット要素を仕事への熱意に変化させていく事で大きなメリットとなります。

その不安から開放されるために日々努力をしていくマインドに思考が自然と切り替わります。大半の人は今までに観ていた光景や景色のさまざまな捉え方が変わり、楽しいと思える事が変わってきます。

好きな場所で働け、まとまった時間帯が取れない人でも収入が確保できる働き方です。仕事を完了すればどこにいても何も問題なくスムーズに仕事が可能です。

現在の通勤形態が生活スタイルに合わない人や向いていない人が、無理なく働ける働き方として近年は若者を中心にテレワークとリモートワークに変える人が急増しています。

 

②【テレワーク】と【リモートワーク】のデメリット

 

 

勤務態度や仕事をしている様子を伺う事ができず、出来高制での成果でしか大きな判断ができないのが、デメリットと言えます。

つまり、勤務態度やメールや通話などでの対応が悪いと仕事をする上でどうしても今後トラブルや大きな問題に発展しかねない火種を常に抱えることになります。

 

テレワークとリモートワークで活躍できる職種とは?

 

①職種

 

 

テレワークやリモートワークが採用されている企業が多い業界としては、IT業界があげられます。理由としては、主にIT業界はパソコンを使うためパソコン1つで業務の完遂が可能です。

そのため、テレワークとリモートワークのような好きな場所で働ける職種が幅広く存在します。他にも様々な職種がありますが大半はIT業界に傾いています。

代表的な職種に「Webエンジニア」や「Webデザイナー」などが挙げられますが、これらはいずれも「成果物」が非常に分かりやすい職種です。同じオフィス内にいようがいまいが、アウトプットを見れば仕事の進捗を判断することができるため、テレワーク、リモートワークとの相性が良い代表的な職種と言えるでしょう。

 

②【仕事する場所】

 

働く場所としては自宅やカフェなどの出先やビジネス専用のコワーキングスペースを活用するなど様々な場所で働けます。

仕事ができれば海外などでも働くことができるため、仕事環境が整っていればどこで仕事をしても問題ないのがこの2つのテレワークとリモートワークの働き方となります。

 

【テレワークとリモートワーク】の今後

 

 

現在の日本の状況は就職した新人の退職率は年々増加し、フリーで生活しようと考える人が増加傾向にある現代となっています。その時にテレワークとリモートワークは仕事をする上で多くの職種がこの働き方で可能となっています。必要不可欠になってくる時代もそう遠くはないでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

どこで何をワークするかは自分次第

 

 

テレワークとリモートワークで働くかは自分次第です。実際は、会社に属して働く形態にさまざまな問題で働けなくなっているのも現実問題で事実です。

かといって、テレワークとリモートワークがおすすめできる働き方ということでもありません。タイミングや状況によって大きく変化します。

その変化は自分で作り出すこともでき、自然に変化していくこともあります。人それぞれで最終的には自分の決断が決め手となります。

職種によっては自分次第で、今の仕事をテレワークやリモートワークに変化させることも可能です!

 

まとめ

 

テレワークとリモートワークのメリット&デメリットを理解しつつ、仕事に活用していく際は、自分の考えで行動し人生を歩んでいくことが大切です。

振り返った時に未練や後悔をしないために日々の生活でさまざまな事に努めていく姿勢を意識して行くことをおすすめします。

自分の人生にテレワークとリモートワークを取り入れて自分のスタイルで仕事と向き合って行きましょう!

【IT業界・働き方】女性が働きやすい環境なの??メリット・デメリット含めて徹底解説!

現代のIT業界では、男性比率が高く心理的先入観から女性が心理的不安を覚えやすい職業と思われているのは確かです。しかし最近では、むしろ女性こそ効率よくかつ収入も良いとされ、働きやすい環境や制度が他の業種よりも見直されています。人手不足ということもあり、スキルを身に付けてしまえば女性にとって有利な働き方が可能となっているのです!

 

IT業界【女性目線】

 

 

女性目線から見たIT業界は男性の割合が多く女性の割合が非常に少ないのが現実。現場はその通りですが、実はIT業界こそ女性が最先端的に働きやすい環境に整備された数少ない職業です。

その理由の背景には人材不足、スキル不足、女性目線のアイディア不足などが大きく挙げられます。

日本人の昔の考え方により、女性は適していないと思われる人が多かった時代から変化し、男性女性共に切磋琢磨していく事が好ましい時代です。女性が活躍できる時代に突入。

スマホなどが出てからはIT業界は急速に変化しその影響は数知れません。新しい時代を作る第一線がIT業界といってもいいくらいに最新技術&ビジネスのアイディアが生まれ競争が加速しています。

最先端の技術が詰まったアプリ、最新技術のロボットやAI、ARゲーム、3Dアニメ、配信サービス、最新家電製品などありとあらゆる日本の技術はIT業界が関わっている現代。自然と需要は急激に加速する一方、その技術や需要の加速の速さにIT業界以外の人たちにはそんな危機的状態を把握できる者はごく少数で、その中でやる気がある女性たちがIT業界に参入しています。

結果それでも人材不足が解決しないため、スキル不問でやる気があれば一から育てると言った育成求人が多くなる業界です。

それはIT業界では求人バブルと言っても良いかもしれません。IT業界が成長を続ける限りこのバブルは崩壊しないため、実は今美味しい話にもかかわらず難しそうというだけで手を出さない人が大半です。少し前までは男性達の職業で、スキル不足の女性は起用されなかった傾向にありました。ですが今はスキルを教えてもらいながら稼げる業界がIT業界です。

スキルが付けば女性のアイディアや感性は今までにないアイディア商品を開発できる事が見込めることが予想されます。

業界全体の問題点は男性のアイディア(男性脳での理論や分析面)は比較的IT業界には豊富に揃っており、一方女性のアイディア(女性脳での対話スキルや感性)はIT業界でも需要が増加しつつ人材不足と言う問題点がはっきりと明確になりました。そこで女性がスキルを身につければIT業界で活躍できる優秀な人材になると考えられ、以降女性の制度や支援が数多く見直されスキルも1から教えてくれると言ったIT企業が増えました。

IT業界が他の業界よりも先に先陣を切って女性の働き困難とされる問題をいち早く解決しようと動いている業界なのです。

IT業界は参入しやすく収益を出すことも早いため法人、個人、企業問わずに多くの人が参入しています。ですがその分撤退する企業も星の数にいます。ですが主に女性が働く環境としては企業に勤める正社員や期間社員、フリーランスとして企業からお仕事をもらう受注者側に立つことが多いと思います。

なので、事業に参入せずとも仕事をこなすことができ、その仕事を取ることにより生計を立てることができるため、長い目で見ても個人ではスキルが身に付き安定した業界と言えるでしょう。

見方を少し変えてみることで以外にも雇用形態関係なく安定して仕事ができ、なくならない業界と言えるでしょう。

 

IT業界の職種

 

女性が働きやすい職業

 

 

 IT業界は女性の働く割合が2015~2019年まで上昇している傾向にあり、これからも上昇すると推測されています。正社員やフリーランスとして女性が働く場合には以下の職種が臨機応変に立ち回れる主な職業が挙げられます。

・Webライター

Webライターは文字を書く事なため主婦の女性に比較的働きやすいと言われる職業。ある程度の文章力や経験がないと受注するのに苦労するかもしれません。ですが他の上げた職業と比較すると一番始めやすい仕事と言えると思います。

 

・Webデザイナー

Webデザイナーは女性が働きやすい職業といえます。スキルを身に付けるのも他のIT職と比べ簡単で覚えやすいジャンルとなります。

比較的理論や分析理論よりもクリエイティブ側の仕事で、打ち合わせなどのコミュニケーションやしゃべる機会が多く取れ比較的女性が働きやすい職種と言えるでしょう。

・システムエンジニア

ソフトウェアの中身のシステムを作る職業になります。様々なプログラム可能な電子機器を中心に開発や運用のシステム作りをする職種です。

職業によって開発するソフトは様々ですが例えるなら家電製品の中身のシステム作りなどの開発。もっと分かるように説明するとスマホの中のシステムを作ると言う職種になります。

・インフラエンジニア

主な仕事内容はインフラ機器の構築、設定を行う職種となります。次に挙げるとセキュリティー対策、予防対策、運用、などインフラ側の幅広い業務が主な仕事内容となっています。

 

 

女性が働きやすい環境

 

環境①女性が会社で働く環境

 

 

上記でもお話しした通り育児や出産などの女性の立場になった制度が導入されているのがIT業界で比較的女性優遇に積極的な業界です。アルバイトの一部に見られる自由な縛りのない条件に近く、働く環境下においてとても働きやすい環境になっています。

求人情報の詳細を見ると学歴不問、未経験可能、研修教育制度あり、残業なし、転勤なし、私服で勤務可能、育児との両立可能、女性管理職あり、など様々な待遇があり他にも職種により異なってきます。

 

環境②フリーランスで働ける環境

 

上記にも話したとおり働き方は様々あり、フリーランスで自宅やカフェで働くと言う方法も挙げられます。この方法は比較的女性が働きやすい環境だと思います。

フリーランスで働くメリットを挙げるとしたら自分で案件を選択できやりたい時間にやりたくなった時、主婦であれば家事の空いた時間になど納期期限を守れば自由に働くことができます。

場所や時間にとらわれず自由な働き方を実現でき、早く実現しやすいことから多くの人に選ばれている働き方です。スキルを生かし成長していくことにより給料アップが見込めるので将来の不安も軽減されます。

 

メリット・デメリットを解説

 

メリット

 

 

女性がIT業界で働くメリットをいくつか挙げていきます。

男女の違いや差別的な上下関係がなく、仕事で見られるのはスキルのみです。なので、おしゃれな格好や派手なメイクをしていたとしてもスキルがあれば大抵のことは問題ありません

しかもスキルがあれば勤めている会社を辞めたとしてもそのスキルが欲しい企業は多く存在し、転職を機会に給料アップの確率は確実性が非常に高いことからも注目される点です。手に職を持つことが可能ということです。誰だって始めは未経験、実績なし。スキルや経験が無くても受け入れてくれる業界が現代のIT業界とも言えます

IT業界は何も知らない状態でも正社員として雇ってもらいやすく、その見返りとしてスキルアップが求められることが多いため誰でもチャンスがあります

雇う側、雇われる側双方にメリットがあり、学びながら給料がもらえるのが最大のメリットです。

出産などの女性ならではの悩みや問題点を考慮した企業がIT業界には多く、育児をしながらでも働ける体制の完備も充実。リモートワークや在宅ワークを実現しやすく柔軟に働く事ができる環境があります

さらに実力があれば男性以上の高収入を得ることも可能。性別は一切関係ないと言うところがIT企業の強みだと思います。

結婚や出産の理由でいちど会社を退職しても何年後かに会社に復帰または再就職でのブランクがあったとしても仕事に復帰しやすいでしょう。

リモートワークや在宅ワークなら自宅やカフェで、海外旅行のホテル先でも仕事ができ、海外旅行好きの人にもとても良い働き方となります。とても魅力的なメリットが数多くあります。

 

デメリット

 

 

IT業界に慣れないうちは男性の比率が多く女性の割合が少ないこともあり、孤独を感じる可能性もあるのがデメリットと言えるでしょう。

ですが慣れるうちにだんだんとその環境にも適応していくためそこまで気にする必要はありませんもし気になるようであればフリーランスとしてカフェや自宅で働く方法もあります

IT業界は移り変わりが激しく変化に合わせてスキルや対応を柔軟に変更していかなければなりません。なので、マルチに対応できる人が優れていると言えます

一つのことに集中力を発揮する人でも前もってタスクを決めとくことにより柔軟に対応が可能なので、マルチ力に自信がなくても問題ありません

むしろ作業効率面で見ると優れているのでIT業界の変化に注意するだけでスキルや立場はアップすることが可能で適しています

 

今後のIT業界

 

女性のIT業界参入が今後の業界発展に繋がる

  

先ほど話したようにIT業界は変化が早い業界です。技術やトレンドが急速に変化する中、変化に応じて柔軟に対応できる人材が今後IT業界で生き残っていける人材として求められてくるスキルとなります。

IT業界に女性が入ってくる流れは増加し増え続けています。ですがまだまだ女性のIT業界不足とされています。今後の業界発展にも繋がる女性採用や優遇制度は揺るがない社会にますますなっていくことでしょう。

 

IT業界に挑む女性へアドバイス

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

マルチ力に自信がある方はいちどスキルを見つけ挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。もちろん人見知りで人と合うのが苦手という方や子育出て忙しくて子供の面倒を見ないと行けない人でもフリーランスやリモートワークで働くことが出来る業界は嬉しいですよね

育成採用&手に職が持てる仕事としてIT業界は今バブル状態にあります。この機会を逃さずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

お子さんがいる主婦の方なども自宅で勉強でき、独学で学んだスキルでIT業界に転職する方法もあります。クラウドソーシングなどを用いて自由な働き方を目指してはいかがでしょうか

フリーランスであれば女性でも男性でも関係なく今後の働き方の最先端として注目されるのは間違いありません。いまさら遅いと言う人もいるかもしれませんがいつ始めても遅くはない職業です。10代~60代でも年齢は不問で誰でも始められる業界です。

【徹底比較】ホワイトボックステスト vs ブラックボックステスト!メリット・デメリットを紹介!

システム開発においてテストは欠かせない工程です。ホワイトボックステストとブラックボックステストは、システム開発を行ううえで必ず行うテストです。それぞれのテストのメリットやデメリットを理解することで、効率よく開発を進めることができます。今回はホワイトボックステストとブラックボックステストについて解説していきます。

 

それぞれの違いを見よう

 

違いはどの部分を評価するか

 

 

システムなどは作って終わりではありません。せっかくできたものも不具合などが多くては意味がありません。そこで必ずテストを行います。そのテストの工程で必ず行われるのが、ブラックボックステストホワイトボックステストです。

この2つのテストの違いは、ユーザー向け開発者向けかです。ホワイトボックスはさまざまな処理がきちんとできているかがメインとなるため、開発者向けとなっています。使いやすさなどのユーザーの要望を満たしているかどうかは、ブラックボックステストで確認します。

 

どちらかではなく両方行うのが鉄則

 

 

ホワイトボックスとブラックボックスはそれぞれ役割などが大きく異なります。しかしだからといって、どちらか片方のみ行うということはありません。基本的にはどちらも行います。システムの種類に関係なく、ほとんどの場合どちらも行うのが鉄則です。

ブラックボックステストのみ行ってユーザーの仕様を満たせたとしても、バグなどの不具合が多発してしまっては意味がありません。また、ホワイトボックステストのみ行ってバグなどが少ないシステムになったとしても、ユーザーが不便だと感じてしまうのもよくありません。ユーザーと開発者両方の視点で評価するために両方行うのです。

 

ホワイトボックステストのメリット

 

耐久性などの重要な要素が細かくわかる

 

両方行うことがわかっても、それぞれのテストのメリットやデメリットがわからなければ、効率よくテストを進めることはできません。ここからはそれぞれのテストのメリットやデメリットについて解説していきます。

ホワイトボックステストは開発者向けのテストであると先ほど説明しました。開発者向けであるということは、さまざまな状況でテストすることが可能です。あらゆる事態に対応できることが確認できると、システムの耐久性なども把握することができます。

 

バグなども見つけられる

 

 

システムというのは基本的に人が作っています。当然ながら人というのはミスをしてしまう生き物です。開発段階で見つからなくても、他のプログラムと組み合わせた時に不具合が見つかることも少なくありません。他の人が開発したプログラムと組み合わせて行うのが基本であるため、バグなども当然ながら出てきます。

この段階でバグを見つけ修正することができれば、システムはほぼ完成したといっても過言でもありません。システム開発においてホワイトボックステストは総仕上げのようなものなのです。

 

ホワイトボックステストのデメリット

 

詳細設計書のミスは大打撃

 

 

基本的にテストは詳細設計書を基に計画されます。そしてテストの評価基準もこの詳細設定書を基に決められます。つまり、詳細設計書はホワイトボックステストにおいて生命線とも言えるほど重要なものです。

そのためもしも詳細設計書に誤りがあった場合、根本的にやり直す場合もあります。当然誤りがある状態でテストを行ったとしても、詳細設計書を基に行っているため間違いを見つけることは困難です。詳細設計書は正確に記入することが何よりも重要です。

 

仕様どおりかどうかまではわからない

 

システムにおいて不具合が起こりにくいことは良いことです。しかしユーザーが求めているものはそれだけではありません。いくら不具合が少なくても、使用するときに不便だと感じてしまっては意味がありません。だからといって、ホワイトボックステストで使いやすいかどうかを判断することはできません

このテストでは細かいプログラムはもちろん、全体的なプログラムの連携などの処理がきちんとできているかを重視しています。その上でシステムの耐久性など、使いやすさよりも重要な性能面を評価していくのです。

 

ブラックボックステストのメリット

 

ユーザーの要望にこたえられているかを確認できる

 

 

ブラックボックステストはレイアウトが崩れていないかなどを確かめます。その上で、実際に使用する上で使いやすいかどうかはもちろん、全体的に見やすいレイアウトになっているかどうかなども評価していきます。

ユーザーが出す仕様というのは内部的なものばかりではありません。どちらかというと外部的な仕様が多いです。そのためテストにおいては、最後の仕上げのときにブラックボックステストが行われることが多いです。

 

使いやすさなどもわかる

プログラムの処理よりも使いやすいかどうかを重視するこのテストは、システムがどのくらい使いやすくなっているかが重要となってきます。処理の正確さも重要ですが、最終的にシステムを実際に使用するのはユーザーです。レイアウトなどの大まかなものはもちろん、ボタンなどのユーザーインターフェースにも気を使う必要があります。

仕様を満たしているのはもちろんですが、それ以上に使いやすいものであれば、ユーザーの満足度というのはかなり高いものになります。このテストではそうした満足度を確かめるために行われているのです。

 

ナレッジマネジメントの意味を解説!言葉の定義やメリット・デメリットを紹介します!

今回はナレッジマネジメントの意味を解説します。ナレッジマネジメントの言葉の定義やメリット・デメリットを紹介していき、従来と現在に至る企業で導入されている理由まで記載しました。さらに、従来から現在にグレードアップした内容も解説。今後の予測や活動する際に導入する注意点も説明し、分かりやすく解説していきます!

 

ナレッジマネジメントとは?

 

【ナレッジマネジメント】の簡単な説明

 

 

「ナレッジマネジメント」という言葉を分解すると「(ナレッジ)=(知識)」「(マネジメント)=(経営や管理)」という意味の単語にそれぞれなります。掛け合わせると「知識経営」または「知識管理」となり、管理する意味の1つとされており、知識での経営を意味します。

企業の蓄積された情報や経験などの財産をアナログ・デジタル関係なしに「見て知った知識(知見)」を中心に組織をマネジメントします。

仕事内では知識があるが知識を創造性と組み合わせてマネジメントする発想が、このナレッジマネジメントです。

従来はアナログでの導入が主流でしたが、現代ではデジタルでの導入が活発になり、最近ではビジネスもナレッジマネジメントもデジタル化が進んでいます。

 

ナレッジマネジメントの定義

 

ナレッジマネジメントの定義

 

 

ナレッジマネジメントの考え方は、個人での知見を保有して用いるだけではなく、組織に有益な情報を提供し、一人一人の知見が組織全体に共有されます。この考え方を提唱したのが、一橋大学院に勤務している野中郁次郎教授とその関係者です。

1990年頃に発表された経営理論です。ここで強調して支持されていた内容が、ナレッジマネジメントの発生元でもあり定義とも言えます。

野中教授と関係者たちの発表した経営理論はビジネスのあり方を大きく進歩させる内容となっており、今でも経済理論の考え方はグレードアップされて導入され続けているビジネスのベース基盤です。

 

【旧】から【新】へ

 

 

ナレッジマネジメントは、既に日本の企業に採用され浸透しています。ですが、時代の流れから取り組み方や重視するポイントなどが変化してきているのが現状です。そのため、ナレッジマネジメントも時代の流れに合わせて変化してきました。時代の流れに対応すべくさまざまな理由が挙げられますが、代表的な分かりやすい取り組みを簡単に紹介します。

日本企業のピラミッド経営は日本の従来のナレッジマネジメントです。

現在は1つの企業に属し最後まで属し続ける事が困難になってきています。理由は2つあり、1つ目は組織経営の収益の伸び悩みです。2つ目が従来のピラミッド経営で優秀な結果と時代を観てきた多くの上司に当たる世代の一方的なピラミッド経営の押しつけです。

俯瞰してみるとこの2つの要因が1つの企業に社員として「とどまらない」「とどまれない」理由に挙げられます。

 

現在では自分で稼ぐことが本当の安定と思う人が増えてきている流れもあり、ナレッジマネジメントに見直しが必要になってきました。

個人で稼ぐ事を重視する思考の人口が増加しています。従来のビジネスモデルではあまり、考えられなかったグローバル化が主流になる動きも見せている時代です。その理由として、デジタルでのビジネスモデルが確実に力を付けていることが挙げられます

つまり、従来のナレッジマネジメントはアナログに特化していた所を時代の変化とともに、デジタルに特化することが現代でのナレッジマネジメントを最大限に活用する方法と言えます

 

ナレッジマネジメントのメリット・デメリット

 

ナレッジマネジメントのメリット

 

 

新人やベテランが入り交じる大手の組織内なら、ナレッジマネジメントがビジネスにおいて効率を高める影響が期待できます。

理由として知見情報の共有化を促進することで、1人の暗黙知(経験で得られた知識)の業務を共有し他の人にも理解可能にする事が目的だからです。もしも一人の優秀な人材を失ってしまうと企業に大きなダメージの影響が予想される組織もあります。

その組織が技術でのし上がってきた組織なら影響はサービスの低下を意味し、大きく深手を追うことになります。

つまり、優秀な人材を失った時その人しか持っていない知見や業務が出てくるリスクがあります。

ナレッジマネジメントを採用している組織にとってはこういったリスクが情報を共有し管理していることで軽減されます。全体的な総合力の底上げと安定を継続して行う事が実現できるのが、ナレッジマネジメントの最大のメリットです。

 

ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

ユニケージ開発手法とは!

 

 

「ユニケージ開発手法」とは、オペレーティングシステム (OS)でのUnix系コンピューター(コマンド)とスクリプト言語(シェルスクリプト)でシステムを開発する意味を持つ開発手法の1つです。

ユニケージ開発の一般的な考え方は、コード修正が少なくて済む場合の考え方を保持します。更に、経年劣化しないハードウェアを起用し、その仕組の基本的な物事の核を選択し実行しているのが、基本となります。

この方法により、ソフトウェアのクッション性と、ハードウェアのスピードの特徴を一緒に得ることができるのがこのユニケージ開発の手法になります。

 

特徴3つ

 

【幅広い対応性】

 

 

1つ目は、開発環境はさまざまなUnix系統OSであればスクリプト言語と組み合わせて開発可能です。理由はUnix系のOSとスクリプト言語で開発可能なのが「ユニケージ開発手法」です。

つまり、スクリプト言語とUnix系OSと言う条件でなければいけませんが、この条件下であればさまざまなUnix系のOSでの開発が可能となるため、幅広い開発がおこなえることが特徴として挙げられます。

 

【難しくない開発】

 

 

2つ目は、スクリプト言語を活用するソフトウェアを使用するためには、コンピューター(コマンド)が必要になります。従来のコンピューターの言語処理では、現代の情報社会についていけず機能や操作性に衰えが生じてきます。

その問題を解消するのがUnixとなり、独自のコンピューター内部で作成ができると言う点で楽しめます。効率的に単純化したシステムを作り上げることができ、作れるコマンドの個数は開発する人により無限に作成が可能です。

ユニケージ開発手法で開発したコンピューター内部のスクリプト言語を、数十個にまとめ集約することが基本となります。

大きな特徴としては、単純に見える簡単なソースプログラムを使用します。ソースプログラムを用いて多くの人が独自に書き換えることが可能です。

 

ですが、単純な見た目だからといって、はじめの段階から簡単に作成することができたということでもありません。長年の経験の中からシンプルで簡単な形式に纏め上げることができるようになりました。

長年の積み重ねで簡単に快適に言語を扱えるシステムが生まれ、その後の開発が誰でも簡単に利用することができるのが現代です。

つまり、ユニケージ開発の本質は、開発者の高度な技術による開発システムではありません。複雑なコードを構成したり、といった難しい開発手法で行うことをせずに開発できます。

結論、アイディア次第では誰でもシンプルな技術とシンプルな理解で開発を実現できることがユニケージ開発の特徴になります。

そこに経験を加えることによって、磨き上げられ高い技術や知識が身に付くのがユニケージ開発手法です。

 

【正しく証明できる】

 

 

3つ目は、ユニケージ開発の特徴として、一般的な人でも理解しやすいテキスト形式での実行を中心として開発できます。単純明確な基本的な機能の行列形式、ヘッダー、タグ形式など幅広い範囲をサポートしています。

Unixの構成に従って配置することが可能な、一般的なテキストファイル類を小さい単位に1つずつ置き換えます。そして、大きいデータで一括して蓄積すること無く、小さいデータ単位の積み上げで構成保存できます。

このような形式でデータを処理することにより、小型のデータで簡単に取り扱いができ、効率よく処理することが可能となります。

発生したデータをそのままファイルに保存する手法をとり、データを消去する事はありません。つまり、入力作業を行った場合1エディターにつき1ファイルが生成されます。

ファイル数の数は膨大になり、増え続けることが懸念されますが、現代ではその心配はありません。最近のデータの扱える機能性はとても優秀で無限に保存や管理が可能です。

それにより、修正されていない無修正のデータでしっかり信用性での評価となる重要点からこのような手法をとっています。

理由としては、データを正しく証明できるため、小さいファイルを生成することが、基本的な考えとその考え処理方法となります。

上記の信頼性や情報データの正式な証明を軸に置いているのがユニケージ開発の特徴になります。

 

内容

 

【内容の作業手順】

 

 

・手順1

非同期で発生することが多くあり、テキスト形式とは限らないことが特徴に挙げられます。

・手順2

手順1のデータを秒、分、時、日のように期間的にシステムを情報処理します。この時にイレギュラーデータが取り除かれ、一般的に手順2がテキストデータ化されます。

・手順3

業務上で行うようなファイルに分類や整理したデータなどを時系列に処理します。この時手順2のデータを発生種類ごとに項目を分類して整理します。

・手順4

データは、アプリケーションと呼ばれることもあり、単位、出力に便利な構成されたファイルで構築する作業が手順4です。

・手順5

出力データを扱います。システムをユーザが操作したときに、動作する発生データを示しています。この発生データを保存しておくことにより、出力データの検査やシステムを管理する業務などにも利用されることがあります。

 

【完全分散処理】

 

 

ユニケージのシステムはサーバー、ソフトウェア、データ配置に反映されます。この時サーバー内では「理解」と「分類」が同じ意味として認識されます。

サーバー、ソフトウェア、データ配置を分けることにより、各役割事に明確な役割に特化し、他の無駄な機能の処理を行わないことにより、シンプルで無駄のない早い処理が可能となります。

単純特化された機能を積み上げることにより、良いものができると言う発想から生まれたシステムです。

また各サーバーごとに自立可能なシステムを採用しているため、必要に応じて違う場合にもシステムを実行することが可能。つまり、自立可能な各サーバーは出た結果を交換し合い仕事をしていくことが可能です。

このような形式でのサーバーネットワークを表す言葉として「コンピューターズ・コミュニティー」と呼ばれています。

ユニケージ開発の特徴として、データ加工やアレンジを加えることができる自由で現代に対応できる開発システムのことを可能にしたのがユニケージ開発手法になります。

 

【徹底比較】受託開発 vs 自社開発!それぞれ違いやメリットデメリット、身につくスキルを紹介します。

開発は自社で行うか、外部の会社に頼むかの2つに分かれます。受託開発には受託開発の良さがあり、自社開発には自社開発の良さがあります。今回は受託開発と自社開発どちらが優れているのか徹底的に比較していきます。それぞれのメリット・デメリットや身につくスキルも紹介しますので一読してください。

 

受託開発とは?

 

 

受託開発とは依頼者からソフトウェアやアプリケーションなどの開発を依頼され、開発するスタイルを指します。主に受託開発の企業が請け負い、さまざまなサービスが受託開発から生まれています。

具体的な仕事の流れとしてはA社がB社にあるソフトウェアの開発を依頼します。B社は納期までに製品を開発し、その間にA社とB社の間で開発状況や細やかな仕様の調整などをすることで納品を目指します。

 

受託開発のメリット

 

 

受託開発についてや簡単な仕事の流れがわかりましたが具体的にはどんなメリットがあるのでしょうか?

 

多くの会社と関係を持てる

 

受託開発を行っている会社は一つの企業にだけ取引を行っているわけではありません。複数の会社と関係を持つことで、安定した仕事の受注が可能です。実際に受注会社で実績を積んだエンジニアは多くの会社と関係を持ち、ステップアップしている事実もあります。エンジニアはスキルも重要ですが、同じかそれ以上に人脈も大事なのです。

 

多種な実績を積みやすい

 

多くの会社と関係を持てるということは開発するモノも多種多様になります。近年ではブロックチェーンやAI、ビッグデータ、IoTなどの技術が注目されています。多くの技術を持っている、開発経験があるのは大きなアドバンテージです。もちろん、一つの技術を徹底的に極めるのもいいかもしれませんが、多種多様な技術を持っている方が仕事は得やすいのです。

 

依頼者が満足すれば今後も仕事依頼が来る

 

受託開発は依頼者が想像する品質もしくはそれ以上の品質を納品すれば満足してくれます。満足されたら次も仕事を頼みたいと思うのが普通でしょう。初めて食べに行った食べ物屋が美味しくて、値段以上だったらもう一度行きますよね?開発の仕事も同じなんです。

 

受託開発のデメリット

 

 

多くのメリットがありましたがデメリットもあるので見ていきましょう。

 

納期が短い場合がある

 

これは依頼者にもよるのですが納期を短く設定してくる会社も存在します。通常は見積もりの段階で受託側が提示することになるのですが、依頼者の事情によって納期を短くされることもあります。どうしてもパワーバランスとして依頼者のほうが強いのです。もちろん、すべての受託開発が短い納期という訳ではないので頭に入れておいてください。

 

下請けなので値段を安くされがち

 

開発依頼の場合、依頼者が同じ業界なのか異種業界の方であるかで違ってくる部分があります。値段を安くされるケースが多いのは同じ業界の会社からの依頼です。これには理由があり、依頼者と同じ単価で仕事を依頼するのであれば自社でやってもいいからなんです。依頼者としても開発依頼をするメリットがなければならないということですね。

 

製品が大ヒットしても見返りは少ない

 

自分たちが作った製品が大ヒットをしても、受託開発の場合は大きな恩恵を受けられるとは限りません。契約にもよるので必ずしもではないのですが、依頼者のほうが権限が強いので仕方のないことです。しかし、大ヒットした製品を作った実績は受託開発側につくので、それを実績として更なる案件獲得もできることでしょう。

 

受託開発で身につくスキル

 

 

受託開発で見につくスキルは下記です。

 

・多種多様な技術の獲得

・多くの人脈の形成

・開発におけるコミュニケーション能力

 

上の2つはメリットの方にも書いたので割愛しますが、コミュニケーション能力は大幅に上がります。受託開発をする際に相手とのすれ違いは起こりがちです。こっちはこのつもりだったけど、あっちはあのつもりだったというのがよく起こるものです。受託開発の経験を積むうちに「念のための確認」や「押さえておくべき要点」がわかるようになります。離れた相手と仕事をするので能率の良いコミュニケーションが求められるのです。

 

自社開発とは?

 

 

自社開発は読んでその字のごとく、自社で開発を行うことを指します。自社で考えたアイデアを製品にしていくので大きなやりがいがあるでしょう。会社にもよりますが企画部から開発部に依頼されてという形が一般的かと思います。

 

自社開発のメリット

 

 

自社開発のメリットを見ていきましょう。

 

綿密なコミュニケーションを取りやすい

 

受託開発の場合は依頼者とのコミュニケーションをメールやツールなどで行うのが主流です。しかし、自社開発であれば会社内でのコミュニケーションのみでよくなります。直接話をすることで細かいニュアンスが伝わるのは大きいアドバンテージです。

 

大ヒットすれば大きな恩恵を得られる

 

自社開発で大ヒット製品を開発すれば、社内での評価は高くなり昇給や昇進も考えられます。また、多額のボーナスを受け取れることも考えられるのです。頑張って開発をして、結果を出せば大きな恩恵を得られるのは魅力的と言ってもいいでしょう。

 

納期は受託よりも緩い

 

受託開発は納期が厳しめの傾向がありますが、自社開発は緩めの傾向です。必ずという訳ではないのですが、自社にとって厳しい納期を下すと人材が流出してしまう恐れもあります。会社としても人材流出は避けたいので、納期を厳しく設定しないのが多いのです。

 

【徹底比較】ウォーターフォール vs アジャイル!2つの開発手法の違いは何?メリットデメリットも解説!

ウォーターフォールとアジャイルは開発スタイルとしてよく聞く言葉です。しかし、具体的な違いを理解してますか?今回はウォーターフォール開発とアジャイル開発について理解し、メリット・デメリットも解説します。今後開発をする方は知っておくべきでしょう。特に企業ごとによっても開発スタイルが異なるので知って損はありませんよ。

 

ウォーターフォール開発とは?

 

 

ウォーターフォールとは滝の流れを模しており、上流工程で決められたルールを元に下流工程が作業をする流れを指します。簡単に言えば、開発の仕様やルールを定めたら原則として必ず守ることがウォーターフォール開発の特徴です。つまり、上流工程(主に設計部分)に戻らないように綿密に作り上げることで、品質の安定を目指しています。

 

ウォーターフォール開発のメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットを早速見ていきましょう。

 

全体像を把握しやすい

 

ウォーターフォール開発は最初に開発するサービスの全容を決めるところから始まります。主にクライアントの改善したいことや対応したい点などを聞き取り、システムとして構築するのがエンジニアの仕事です。開発の初期段階で全体の流れやどんなことをするのかをプログラムがわからないクライアントに対しても説明できるように対応します。つまり、最初に誰が見てもどんなサービスになるのかわかるを明確にするので全体像が把握しやすいのです。

 

必要な人員のみを確保できる

 

全体像を把握しやすいということは必要な人員も把握しやすいです。どんなことをするかによって必要な技術が違います。また、作業量も明確になるので必要な人数もわかります。開発においてコスト、特に人的コストについては徹底的に考える必要があり、多くの会社がコスト削減を目指しているのです。その意味でもウォーターフォール開発のメリットは大きいと言えるでしょう。

 

ウォーターフォール開発のデメリット

 

 

ウォーターフォール開発のメリットがわかりましたがデメリットも存在します。

 

手戻りの発生は大きなコストを発生させる

 

ウォーターフォール開発は一度決めた仕様をそのままに開発します。つまり、下流工程(プログラミングなど)において仕様を変更したい場合は大きな手戻りが発生します。本来は手戻りがないように設計するのですが、どうしても手戻りが出てくる場面も出てきます。こうなると、上流工程の作業が増え、いったん下流工程の作業が止まってしまいます。手戻りの間にも人的コストがかかるので、大きなコストを支払うことになります。

 

ユーザビリティに欠けやすい

 

ユーザビリティとはユーザーが使いやすいかどうかという意味です。途中の仕様変更は原則無しなのがウォーターフォール開発です。しかし、実際に開発をしてみると、使い勝手が悪い部分も出てくるものです。設計の段階で見えていなかったことも、ままあるのですがウォーターフォール開発に基づいて開発はそのまま進みます。結果として製品を出してユーザーが使ったときに「なんか使いにくい」ということも見受けられます。

 

アジャイル開発とは?

 

 

アジャイルとは日本語で素早いや迅速という意味を指します。迅速さが出る理由は区切られた期間ごとに一つの機能を開発することにあります。例えば2週間を目安に一つの機能を対応し、その期間の中でチームが一丸になりアイデアを出し、設計実装テストを行います。もしテストをして問題や使い勝手が悪いなど出たら、再度アイデアを出し設計実装テストを繰り返します。

この作業を繰り返していくことでユーザビリティに特化したサービスを作成しやすく、かつ要求されたものよりも満足度の高いシステム構築ができるのです。

 

アジャイル開発のメリット

 

 

それではアジャイル開発のメリットを見ていきましょう。

 

手戻りしてもそれほどの痛手がない

 

ウォーターフォール開発の場合は特に下流工程での手戻りは大きな痛手になりやすいです。しかし、アジャイル開発では一つの機能ごとに決められた期間で対応します。仮に手戻りが発生したとしても、機能部分での手戻りでありシステム全体の手戻りにまでなりません。プログラム開発において、手戻りは大きなプロジェクトほど発生しやすいものです。アジャイル開発を行うことで、手戻りがあったとしてもケアしやすいのは大きなメリットと言えるでしょう。

 

ユーザーが使いやすいシステムになりやすい

 

アジャイル開発は一つの期間ごとにテストを行います。テスト方法はさまざまですがユーザーに使わせてフィードバックを得るのが一般的です。フィードバックを受けることで開発者視点ではわからない問題も出てきます。このように受けたフィードバックを改善することで、よりユーザーが使いやすいシステムになります。

ウォーターフォール開発の場合は一度設計者が決めたものは原則として変更できません。この点においてはアジャイル開発のほうが優れていると言えるでしょう。

 

アジャイル開発のデメリット

 

 

アジャイル開発のメリットは素晴らしいですがデメリットも存在しますので見ていきましょう。

 

全体像が把握しにくい

 

アジャイル開発は一つの機能ごとに定めた期間で作業をします。つまり、最初から全体像がきっちりとできているわけではありません。全体像が把握しにくくなると、何のためのシステム開発なのか?誰のためのシステム開発かも認識のズレが出てしまいます。プログラム開発において、この問題は大きな問題に発展しやすいです。

仕様を簡単に変更できるというのは柔軟にも見えますが、裏を返せばどう見立ててもいいと言う意味になります。アジャイル開発を採用する場合はこの点について注意する必要があるでしょう。

 

スケジュールの把握もしにくい

 

アジャイル開発はフィードバックを一つの機能ごとに行い、調整して完成形へと近づけます。しかし、フィードバックに時間を掛けすぎて納期に間に合わないことがあるのも事実です。一つの機能に時間を掛けすぎてしまい、他の機能を作る時間が持てなくなることもあります。ある程度の全体スケジュールの把握をしないと、会社としての信用を得られなくなるでしょう。

 

副業のメリット・デメリットとは!副業をする人、企業側それぞれの目線からわかりやすく解説します!

近年「働き方改革」の一環として「副業」を許可する企業も増えてきました。「副業に興味あるけど、実際副業をすることで何が変わるだろう?」と副業をすることに沢山の疑問と一緒に不安を感じる人も多いです。今回は副業のメリット・デメリットと注意点をご紹介します。副業を考えている方、是非参考にしてくださいね。

 

副業のデメリット① 健康を損なうリスク

 

 

副業する人

 

本業と副業を同時に行うため、労働時間が長くなりがちになります。

労働時間が長いと、休息不足・本業と副業のスケジュール調節など、身体的・精神的にストレスを抱えてしまい、健康面に支障が出る可能性があります。

 

企業側

 

企業側には、社員スタッフの「健康管理配慮義務」があります。

副業という本業の範囲から外れてしまうと、社員スタッフに自己管理になるため、企業からは管理が難しくなってしまいます。

また、副業により労働時間が長くなるなどが原因で体調不良になった場合、

・本業を休職する必要

・業務へのパフォーマンスが低下

・周りの社員スタッフのモチベーションへの懸念

上記のように体調不良により業務に支障が出てしまうことが考えられます。

 

副業のデメリット② 保険の加入・責任

 

 

副業する人

 

所定労働時間など契約内容、その他の条件に満たない場合、雇用保険等に加入できないケースがあります。

特に週労働時間が短い副業を複数している方は、保険に加入していない場合もあるため保険の加入には確認・注意が必要です。

 

企業側

 

労災保険はどの企業でも加入義務があります。

もし万が一、社員スタッフが通勤災害・業務災害、もしくは過労死など発生した場合、責任の所在は副業側・本業側にあるのかと対立して問われる可能性があります。

 

副業のデメリット③ 本業の義務意識

 

 

副業する人

 

ほとんどの企業が雇用時に「秘密保持契約書」を結びます。

本業と副業の場所分けを徹底しないと企業の秘密情報をうっかり漏洩してしまう危険性があります。

競業避止義務に関しても、本業と副業が同じ業種の場合は特に注意が必要です。

万が一、義務違反・企業に損害を与えた場合、企業へ迷惑をかけることはもちろん、被害を受けた企業から被害額請求を受ける可能性もあります。

 

企業側

 

副業をする人と同じように、「秘密保持」「競業避止」などの義務規定に関して意識する必要があります。

副業をしている・していない社員スタッフと関係なく、同じように業務実績を評価する必要があるため、分け隔てない評価と意識管理が特に必要になるでしょう。

 

副業のデメリット④ 規定範囲を超える=減給・解雇の可能性

 

 

副業する人

 

副業を許可している企業でも「職務専念義務」が存在します。

これは、「企業の業務に専念し就労する義務」になります。

当然、副業が原因で本業の業務が疎かになっている・著しい業績悪化や支障が認められた場合、減給・解雇の可能性もあります。

また「副業の範囲が限定して許可している」企業もあります。

もし、副業が限定的に許可されていて、気が付いたらその企業の副業の規定範囲を超えてしまっていた場合も解雇のリスクもあります。

 

企業側

 

社員スタッフが副業の規定範囲以上の就労した場合、本業へのパフォーマンスが低下する可能性があります。

副業により、やむを得ず減給・解雇になった場合、人的資源の損失リスクというデメリットもあります。

 

フリーアドレスオフィスとは!メリットデメリットや、業種による向き不向きを徹底解説!

一日中同じ場所にとどまって仕事を続けることを苦痛だと感じる人もいますし、部署以外の社員とも交流をしたいという人もいるでしょう。社内で仕事をする上である程度の自由が欲しいという人に最適な環境がフリーアドレスオフィスです。今回は、フリーアドレスオフィスとはそもそも何なのか、メリットやデメリットを交えながら徹底解説します!

 

フリーアドレスオフィスとは

 

 

近年登場した新しいオフィスの在り方

 

フリーアドレスオフィスとは、社員個人の定められたデスクは無く、誰もがオフィス内の好きな場所で仕事をするスタイルです。

従来のオフィスには、個人個人のデスクが並べられ、更には部署ごとの島に分けられているといったスタイルでした。

近年流行り始めたフリーアドレスオフィスでは、個人の”決められた場所“という概念が取り払われ、各自がオフィス内の好きな場所で作業ができる作りです。

例えば、オフィスの真ん中には大きなテーブルが置かれ、窓際にはカフェスタイルのテーブル、ソファーなどが置かれたスペースや畳のスペースを持つなど、各々が仕事のスタイルを選べる環境が提供されているのです。

フリーアドレスオフィスでは、部署やチームが分かれて配置されるといった概念は無く、あらゆる社員が自由に作業を行なっています。一つの場所には複数の部署の社員が意見を交換しながら作業をしていたり、集中したい場合には誰もいない場所で一人黙々と作業に没頭することができるのです。

 

フリーアドレスのメリット

 

他部署の人と刺激し合う

 

フリードレスオフィスのメリットには、さまざまな部署の社員と顔を合わせるという特徴があります。

従来のオフィスでは、部署ごとに配置されたデスクから動かずに仕事をするため、他部署の社員と接する機会はほとんどありませんでした。

しかし、フリーアドレスでは全ての社員が自由に好きな場所で仕事をするため、隣にいる人が別の部署であることは珍しくありません。隣り合わせて座った二人が全く違うプロジェクトに携わっている可能性もあるのです。

普段、同じ部署で同じプロジェクトの仲間同士でしかコミュニケーションを取らない環境よりも、違った部署やプロジェクトメンバーと接することで新たな発想や気づきを得るチャンスをもたらします。

 

場所を変えて気分もリフレッシュ

 

 

同じ会社の同じデスクで毎日を過ごすよりも、自分の好きな場所へ移動しながら作業をすることでマンネリ化しない工夫を取り入れられます。

一箇所にじっとしているよりも目に入る景色や光の角度が変わるだけで、リフレッシュする効果があり、集中が途切れたら別の場所に移動して作業を続けるというのも効率的な仕事を行う一つの方法です。

もちろん、人によって向き不向きがありますので、いつも決まった場所で仕事をしたい人もいるでしょう。しかし、そんな人にとってもフリーアドレスオフィスの作りは開放感を感じることができるでしょう。

 

必要最小限の道具だけ

 

 

フリーアドレスオフィスでは、いつでもどこでも仕事ができる環境です。もちろん無線LAN設備もありますし、電源の取り回しも完備しています。移動する場合に持ち歩くものは、基本的に必要最小限の仕事道具であるPCやメモ帳くらいです。資料のほどんどは電子データとして共有ファイルサーバーやPCの中に保存しています。

逆に言えば、紙ベースで多くの資料が必要な場合やさまざまな機器が必要な業務では、非常に使いにくいオフィス環境だと言えるでしょう。

 

省スペース化

 

 

企業のオフィスの広さは、従業員や設置する道具などによって決めますが、その際にはデスクを人数分用意する必要があります。また、書類が多い業種ならばそれに合わせた書棚なども必要で、ある程度のスペースを”モノ“で埋めることになります。

しかしフリーアドレスオフィスでは、まず社員数分のデスクを用意する必要はありません。企業の趣向によってテーブルやソファーを置くなど”みんなが共有できる“広さのスペースを用意します。デスクを敷き詰めるよりも空間を自由に使い、配置することができますので、うまく導線を置くことでオフィスの省スペース化も実現できるのです。

 

フリーアドレスのデメリット

 

 

集中力は本人次第

 

フリーアドレスでは、部署やプロジェクトチームが思い思いの場所で作業をしますので、自身のスタイルに合わせた移動も可能です。

しかし、自分一人だけが利用できる個室スペースはないため、必ず誰かが隣り合わせたり、視界に入ります。これにより集中力を失ってしまうという人もいるかもしれません。

本人の仕事のスタイルにもよりますが、周りが気になって集中できないというデメリットが懸念されます。

 

場所が自然と固定される

 

作業を行う場所が自由であっても、人は自然と同じ場所を選んでしまうものです。例えば自宅でも、毎日過ごす自分の“位置“が決まっている人も多いのではないでしょうか。思い返せばいつもソファの左端にいるなど、自然と自分の位置を決めてしまっているのです。

いくらフリーアドレスとはいえ、同じ人がいつも同じ場所で作業をしているなど、大体の配置が決まってしまうといったデメリットも潜んでいます。

 

部署単位などの管理がしにくい

 

 

フリーアドレスオフィスでの一番のデメリットは、チームや部署単位での管理が難しくなることです。オフィス内ではチームや部署に関係なく、個々が自由に場所を選んで仕事をしますので、一見誰がどこにいるのかを把握することは非常に困難です。

もちろん、フリーアドレスを導入する企業であれば、周知事項はチャットやメールを利用し、スケジュールは社内共通のサービスを導入しているでしょう。

しかし、部長やリーダーといったポジションの人が、従業員ひとりひとりの行動(体調の変化や何かを訴えたいそぶり)などを察知することは難しくなります

従業員全ての人が自立した組織でなければ意外なデメリットが見えてくるかもしれません。

フリーアドレスオフィスに向いている業種

 

フリーアドレスオフィスに向いている業種は、やはりITをメインに業務を勧められる業種です。主に以下のような条件を満たす業種であればフリーアドレスオフィスの導入が可能でしょう。

 

・書類はデータ化されていること

・コミュニケーションはチャットなどのリアルタイムで行えること

・情報共有は社内共通のサービスをりようしていること

・移動時の持ち物が少ないこと(PCのみで業務を進められるのが理想)

・基本的にはチームが集る必要のない業務であること

・極論を言えばリモート業務が可能であること

 

などです。

これらを満たす業種は、ほとんどの場合ソフトウェア開発などを主としたIT企業になります。また、書類のデータ管理や情報共有の仕組みをしっかりとIT化している営業職などでもフリーアドレスを取り入れることは可能です。

 

フリーアドレスオフィスに不向きな業種

 

フリーアドレスオフィスに不向きな業種には、業務に利用する”モノ”が多いといった特徴や、必ず数人で行う物理的な作業をともなう業種です。また、社内のIT化が進んでいない業種もフリーアドレス化は向いていません。

主に、以下のような条件がある場合にはフリーアドレスオフィスは向いていないと言えます。

 

書類のほとんどを紙ベースで扱わなければならない

・物理的な”モノ“を数人で同時に扱う作業がある

・コミュニケーション手段や情報共有手段がIT化されていない

・部署やチームごとに強固なセキュリティを必要とする

 

全ての業務がオフィス内で完結する業種でも、上記の条件があるならばフリーアドレス化には向いていません。

特にセキュリティに関しては、社内であっても共有できない情報を扱う部署は、フリーアドレスにすべきではないのです。フリーアドレスはひとつのオフィスがオープンな環境です。オフィスの出入り口に強固なセキュリティを施しても、繋げる無線LANネットワークを分けたとしても、必ずセキュリティ上の穴ができてしまいます。

 

まとめ

 

 

フリーアドレスオフィスを持つ数々の企業に共通する印象としては、やはり開放感と”明るさ”です。“明るさ”ひとつとっても「光量」と「雰囲気」の両方の明るさが際立ちます。これらの要素は、業務を行う上でメリットも多く取り込めますが、その影でデメリットも存在します。

近年のIT企業ではフリーアドレス化はひとつのブームとなっていますが、これから転職をする際にフリーアドレスで働ける環境を目指す人も、企業としてフリーアドレスオフィスの構築を目指す場合も、メリットとデメリットをしっかりと把握しシミュレーションした上で環境を選ぶことが大切です。