将来性のあるPythonを学ぼう!需要・メリットからこれからまで徹底解説!

プログラミングに挑戦したい、プログラマーに転職したいと考えているけれど、どんなプログラミング言語を勉強したらよいか悩んでいる人もいるのではないでしょうか?今から勉強を始めるなら、初心者でも学びやすく、将来性のあるプログラミング言語「Python」がおすすめです。そこで今回は、Pythonの需要やメリット、将来性について解説します。

 

Pythonとはどんな言語?

 

 

Python(パイソン)とは1990年代に生まれたプログラミング言語であり、文法が非常に分かりやすいので、プログラミング初心者でも比較的学習しやすい言語です。

今までプログラミングに挑戦してみたけれど、コードが複雑すぎて挫折してしまったという人もいるのではないでしょうか?Pythonはコードも読みやすさを重視して設計されているので、他のプログラミング言語よりもずっと楽に学習が進められるでしょう。

さらにPythonは、Webアプリケーション・デスクトップアプリケーションなど、幅広い開発に利用されています。

そして、PythonはWebシステムの開発から人工知能まで多くの分野で活躍しているプログラミング言語です。特に人工知能(機械学習)の分野で最も利用されているので、プログラミング言語の中でも近年最も注目されている言語といえるでしょう。

 

Pythonのメリットとは

 

コードが読みやすい

 

 

Pythonは、「同じ意味のかたまりは同じインデント(インデントとは段落の行頭を下げること)で示す」というルールがあります。そのため、後から見ても読みやすいので、プログラミング初心者でも学習が苦になりません。

そして、どこにどんなことが書かれているのかが目で見て分かりやすいため、プログラムの修正や改善への対応も簡単に行えます。

 

ソースコードが少ない

 

 

Pythonはソースコードが少ないという特徴があります。C言語などの他のプログラミング言語と比べても比較的簡単に書け、見た目もスッキリとしているので、誤字脱字や思わぬエラーの発生を防げます。

また、ソースコードが少ないことで、簡単なプログラミングを短時間で書けるため、Webサービスやアプリの開発時間を短縮できます。

 

プログラムの実行が速い

 

 

通常、プログラミング言語で書かれたソースコードはコンパイラーを使用してコンピュータで実行できる形式に変換しなければなりません。しかし、Pythonはコンパイルを行い最適化しなくても実行できるため、プログラム実行までの時間を短縮できます。

コンパイラーの必要のないプログラミング言語はインタプリタ言語といい、他にもRubyやPerlなどがあります。

 

Pythonの需要について

 

多くのWebサイトやアプリで利用されている

 

 

現在、多くのWebやWebアプリがLinuxというサーバーとして使われているOS上で動作しています。Linuxで使われているプログラミング言語のひとつであるPythonは、需要も高いといえるでしょう。

さらに近年ではGoogleがPythonを利用した開発に力を入れており、Googleが提供しているライブラリは多くの人に利用されています。

 

ライブラリとの組み合わせ

 

 

近年、Pythonの需要が高まっている理由として、ライブラリの豊富さが挙げられます。ライブラリとは「汎用性の高いコードを詰め合わせた拡張カートリッジ」のようなものです。

Pythonとライブラリを組み合わせて利用することで、Pythonの苦手な数値計算や今話題の機械学習まで、多くのプログラムが組めるようになります。

例えば、科学技術計算の分野のプログラムにはNumPy(ナンパイ) 、SciPy(サイパイ)、Pandas(パンダス)を使用することで、Pythonの苦手とする数値計算も高速で処理してくれます。

そして、人工知能や機械学習分野では、Scikit-learn(サイキットラーン)、Tensorflow(テンソルフロー)などの機械学習ライブラリを使用するとスムーズに開発が進められます。

 

Pythonの将来性について

 

AI(人工知能)の開発への使用

 

 

Pythonは、AI(人工知能)や機械学習、ディープラーニングの分野で注目されているプログラミング言語です。これらの分野では、現在でも多くのソフトフェアにPythonが使われています。

将来ますますIoT(モノのインターネット)の発展により多くのデータのやりとりやビックデータ解析が行われるようになるため、AI開発の進展と同時にPythonの需要も高まっていくでしょう。

 

Pythonを採用する企業の増加

 

 

先ほど、GoogleでもPythonを使用した開発が進んでいるとお話しましたが、他の企業では近年、多くのデータを取り扱うサービスが増えているため、Pythonも積極的に使用されています。

さらに、Pythonを利用したWebサービスやアプリの開発は国内外でますます進展しているため、Pythonを身に着けておくとグローバルに活躍するチャンスが得られるでしょう。

 

データサイエンティストの需要増加

Geekly Media ライター

やまりえ

AI開発なら言語はPython!その市場価値から将来性、勉強法まで徹底解説!

近年、AI(人工知能)や機械学習の分野でプログラミング言語「Python」が注目を集めています。しかし、Pythonとはどんな言語で、どのような分野で活躍できるのかが明確に分からない人もいらっしゃるでしょう。そこで今回は、AI開発にて注目されているPythonの市場価値から将来性、プログラミング初心者でも挫折しない勉強法を紹介いたします。

 

Pythonの市場価値とは

 

あらゆるWebサービスやアプリを開発できる

 

 

Pythonは1990年代に誕生した比較的新しいプログラミング言語の一つです。プログラミング言語の中でも非常に分かりやすい言語であるにも関わらず、Webサービスやアプリケーション、ゲームなど様々なプログラムの開発に使用されています。

例えば、皆さんご存知のYouTubeやインスタグラムもPythonを使用して開発されています。国内外問わず、多くのサービスやアプリに使われているので、需要の高いプログラミング言語といえるでしょう。

 

AI(人工知能)や機械学習分野で活躍できる

 

 

近年、AIや機械学習の分野での開発が進んでいますが、これらの分野で最も使用されているプログラミング言語がPythonです。つまり、AIや機械学習の分野に興味があり、これらの技術を作ってみたいと考えているのなら、Pythonの学習が不可欠です。

AIや機械学習の開発の需要は近年高まってはいますが、日本ではAI・機械学習分野のプログラムを組む技術者が不足しているのが現状です。そのため、今からでもPythonの学習を始めれば、近い将来AIプログラマーとしての活躍が期待できるでしょう。

 

プログラマーとしての市場価値を高めるには

 

 

現在、プログラマーの需要が高まっています。特にスマートフォンやAIの分野での開発が発展しており、今後ますますプログラマーの活躍が期待されます。

一方で、ITなどの技術の発達に伴い、プログラマーも時代の流れについていけなければなりません。

一度学習した知識とプログラミング技術をずっと使い続けるのではなく、絶えず勉強を続けて新しい技術や分野への知識を身に着ける努力をしましょう。

また、市場価値の高いプログラマーになるは、プログラミング言語以外のスキルの習得が不可欠です。例えばAIや機械学習分野では、当然ながらAIや機械学習、ビックデータなどの知識が必要です。

これからは、AI開発に必要不可欠なPythonのスキルだけでなく、AI(人工知能)や機械学習についての高度なスキルが求められるでしょう。

 

Pythonの将来性について

 

需要あるAI(人工知能)・機械学習分野での活躍

 

 

上記でもお話した通り、PythonはAIや機械学習の分野にて特に注目されているプログラミング言語です。AIや機械学習のプログラム開発に不可欠なPythonは、今後ますます需要が高まってくるでしょう。

つまり、プログラミング言語であるPythonと、人工知能の両方を学習していくことで、将来AIプログラマーとして活躍する道が開けるということです。

 

データサイエンティストへの道

 

 

突然ですが、データサイエンティストという職業を知っていますか?データサイエンティストとは多くのデータを統計し、分析することでビジネスのための事業戦略を行う職業です。

一見プログラミングとは何の関係もなさそうに思えますが、実はデータサイエンティストの仕事にはプログラミング言語の習得が不可欠なのです。

実はデータサイエンティストが行うデータ解析において最も人気のあるプログラミング言語がPythonです。

データサイエンティストは、複雑なプログラミングを行う機会は少ないですが、データ解析を行うにあたり、データ整形処理やデータ分析にプログラミング言語を使用します。

Pythonに加えて、統計学やマーケティングの知識を習得しておくことで、プログラマーだけでなく、データサイエンティストとしても活躍する機会が訪れるでしょう。

 

グローバルで活躍するプログラマーへ

 

 

IT先進国であるアメリカでは多くのPythonプログラマーが活躍しており、Googleをはじめ、多くの企業でPythonが使用されています。一方で、日本ではPythonを扱えるプログラマーはあまり多くありません。

しかしながら、近年のAI開発の発達により、日本でもPythonを使用してプログラミングを行う技術者の需要が高まっています。

実際にプログラマーの求人サイト・転職サイトを見ても、Webサービスやビッグデータ関連でPythonのプログラマーが多く募集されていますよね。

これからますます、国内外でPythonの需要が拡大していくでしょう。今からPythonの学習を初めて日本で実践的なスキルを身に着け、将来は海外でAIプログラマーとして活躍する、というのも夢ではありません。

 

Pythonのおすすめ勉強法

 

ウェブ上の学習サイトを利用する

 

 

Pythonは他のプログラミング言語と比較しても構造がシンプルで、初心者でも分かりやすいという特徴があります。そのため、初心者でもいきなり手を動かしてソースコードを書いていくのがPython習得への近道でしょう。

現在ではウェブ上でPythonを勉強するためのサイトが多く存在しています。無料で基礎的なレッスンを受けられるサービスや、有料で先生によるレッスンが受けられるサービスもあります。

これらの学習サイトを上手に利用して、実際にソースコードを書きながらPythonを効率よく学んでいきましょう。

 

専門書で学習する

Geekly Media ライター

やまりえ