【ポータグルメ】リクルートが提案する、新しい『中食』のカタチを徹底解説!

ホットペッパーグルメなどの大手ライフスタイル企業のリクルートが、2019年の新たな食事のトレンドになるとしているのがポータグルメです。この記事では、新しい中食と定義されるポータグルメの定義や特徴、実用例などを紹介します。ポータグルメの利点を理解し、プライベートはもちろんビジネスにも活用されることをおすすめします。

 

リクルートが提案するポータグルメの定義とは?

 

 

リクルートが2019年のトレンドとして提案しているポータグルメは、利便性を表すポータブルと美味しさを表すグルメを組み合わせた造語です。

一昔前までの常識であったレストランなどの店舗での食事から、時代はお弁当やデリバリーなどの持ち運びのできる中食にシフトし、今年はさらに質の高さが求められるとリクルートは定義しています。

また、価格に対するサービスや味の満足度を表すコスパも、2019年からは時間に対する満足度を表すタイパ(タイムパフォーマンス)へとタイムシフトすると考えられています。

 

ポータグルメとは?リクルートが提案する新しい中食の特徴を解説

 

 

新しい中食であるポータグルメではなによりもタイパが重視され、ユーザーはかけたお金ではなく時間に対する食事の満足度を期待します。

そして、今後の中食市場は、便利であること・本格的であること・新しい技術を採用していることの3つが大きな特徴となり、これまでよりも早いスピードで新たなサービスが提案されていきます。

 

【ポータグルメの特徴1】便利であること

 

 

ポータグルメにおいて、もっとも重視される点が便利であることです。コスパよりもタイパに重きを置くユーザーが増加し、都合に合わせられる食事が求められています。

いつでも、どこでも同じクオリティを楽しめる便利さを満たしていることが、リクルートが提案するポータグルメの1つ目の特徴です。

 

【ポータグルメの特徴2】本格的であること

 

料理のクオリティが本格的であることもポータグルメの大きな特徴です。

ユーザーの都合に合わせられるだけでなく、その味とのバランスが顧客の満足度となり、この条件を満たしているサービスが新たなトレンドとなると考えられています。

 

【ポータグルメの特徴3】新しい技術を採用していること

 

中食市場でありながら、新たな技術を取り入れているかどうかもポータグルメと呼ばれるかどうかの大きな分岐点となります。

現在提供しているサービスや味のクオリティを維持しながら、さらなる価値を提供する必要があるため新しい技術を採用していることもポータグルメの特徴と言えるのです。

 

リクルートがポータグルメを提案する時代的背景

 

 

リクルートが提案する新しい中食を意味するポータグルメには、個人の役割増加による多忙化・中食市場へのニーズの高まり・2019年消費税増税のカラクリの3つの時代的背景があります。

今後はこのスピードがさらに加速化し、食事のカタチも瞬く間に変化していくことが予想されます。

 

個人の役割増加による多忙化

 

 

2019年の中食のトレンドにポータグルメが提案された時代的背景の1つ目が、個人の役割増加による多忙化です。

個人が担うべき役割は人口減少によって顕著になっており、1人がもつプライベートな時間は年々減少傾向にあります。

 

しかし、短い時間でも満足できる瞬間を過ごしたいというユーザーのニーズは変わることがなく、中食市場においてもタイパという言葉が用いられるようになっているのです。

 

中食市場へのニーズの高まり

 

一昔前までは家以外で食事を摂るには、レストランなどのお店を訪れるしかありませんでしたが、ここ数年はコンビニやスーパーなどで買って帰ることが当たり前になりました。

そして、リクルートの調査において、2008年から2017年の10年間で中食の市場規模推移は122.4%であったことが明らかになっています。

同じ期間の外食の市場規模推移は104.7%であることを加味すると、いかに中食市場が急速に拡大しているかが分かるのではないでしょうか。

 

2019年消費税増税のカラクリ

 

中食が普及したこともさることながら、中食が2019年10月の消費税増税の軽減措置対象となっていることも、ポータグルメが普及するとされる根拠の1つです。

店舗で食事をする外食は10%の消費税が適用されるのに対し、中食は8%のままで高いクオリティを楽しむことができるのです。

 

すでに導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介

 

 

2019年のトレンドになると言われているポータグルメですが、すでに実績を残している企業も少なくありません。

ここからは導入されているポータグルメの実例を3タイプ紹介します。ポータグルメの知識だけでなく、新しい中食を味わいたいという方は、実際に利用してみることをおすすめします。

 

Geekly Media ライター

PuG88

7+

『就域』って何?!リクルートが注目の新卒採用の新しいカタチを徹底解説!

2018年12月17日、株式会社リクルートキャリアは新卒採用領域における2019年のトレンドを『就域』と発表しました。新卒採用領域においては毎年新たな取り組みが行われています。『就域』とは一体何なのでしょうか?その目的は?企業や学生にはどのようなメリットがあるのでしょうか?実際の取り組み事例をもとに解説していきます。

 

リクルートがトレンドに予測した『就域』って何?

 

地方の企業が行政などと協力する採用活動の形

 

 

毎年ニュースになるほど話題になる新卒採用の取組み。

2018年12月17日に株式会社リクルートキャリアが『就域』というワードを新卒採用領域におけるトレンドワードとして予測したと発表しました。

それでは『就域』とはいったいどのような就職活動・採用活動の形なのでしょうか?

簡単に言うと地方の企業が周辺の企業や行政などと協力して行う採用活動のことです。

 

今までの企業の採用活動は、1社1社が独立して行う形をとっていました。

しかし『就域』においては、地域の中小企業や行政が協力し合い、地域を挙げて若者の獲得をするという取り組みです。

例えば会社説明会を地域にある複数の中小企業で合同開催したり、入社後の研修も同様に合同で行うなどをして、周りの企業と一緒に新卒採用に関わる施策を行っていきます。

 

『就域』の目的

 

 

従来のやり方とは異なり、地域にある複数の企業が協力して採用活動を行うことに、どのようなメリットがあるのでしょうか?

採用競合が増え、「人材の取り合いになるのではないだろうか」と思うのが普通ですが…。

『就域』の目的はどういったことなのでしょうか。

紹介していきます。

 

地域振興が最大の目的

 

『東京一極集中』という言葉がありますが、これが示すのは人口の都市圏への集中が目立つということです。

地方自治体は人口流出に歯止めがきかず、頭を抱えています。

「地方には魅力がない」、「地方には仕事がない」など、地方に対するマイナスイメージが先行してしまい、地方の本当の良さが伝わっていないということです。

これを打破するために地域が一丸となって、その魅力を伝え、人口の流出を防ぐとともに、地域の活性化を図ることが『就域』を行う行政の目的になります。

 

Uターン・Iターンでの地方圏への優良人材確保

 

地方の中小企業は新卒・中途共に人材の確保に苦戦をしています。

都市圏にある企業と同じような条件であれば、都市圏の企業を選ぶ人材が多いからです。

地方の企業が抱える問題は深刻で、次世代の育成をしていきたいのですが、それを担える若手人材が不足しています。

そこで、「優良人材を確保できない」という問題を解決するため、周辺の企業と協力しあい、地域の魅力を伝えたり、知られざる企業を知ってもらうことで、地域における優良人材確保をしやすくすることが企業側の目的です。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+