Ruby開発でできることは何?Rubyの仕組みから企業の応用事例まで徹底解説!

Rubyはプログラム言語の一つですが多くのRuby開発者はRubyを習うことをおすすめしています。実は多くのメリットとできることがあり、企業の応用事例も多く紹介されています。あのサービスもRubyで作られていたの!?ときっと驚くと思います。プログラミングを習いたい、キャリアアップを考えているまたはプログラムに興味がある方は一読を推奨します。

 

Rubyとは?

 

 

Rubyとはプログラム言語の一つであり、1995年に日本人のまつもとゆきひろ氏により発表されました。

Rubyと名付けられた理由は作成者である、まつもとゆきひろ氏の誕生月(7月の誕生石がルビー)から取ったものです。

Rubyの特徴はとにかく自由であること、ストレスを感じさせないことを設計思想に取り入れたことです。

変数に型宣言がいらない、文法もカスタマイズ可能という高い自由度は他のプログラミング言語にはないものです。

 

Rubyでできること

 

 

Rubyを学んでできることはたくさんありますので見ていきましょう。

 

Webアプリケーション制作

 

 

Webアプリケーションはインターネットなどのネットワークを利用したサービスを提供するものです。

Webブラウザ(ChoromeやFirefoxなど)で動作するアプリと言ったほうがわかりやすいかもしれません。

ショッピングサイトやSNS、ブログなどもWebアプリケーションです。

現在多くの企業がWebアプリケーションによるサービス提供を行っており、今後も高い需要があると予想されています。

 

スマホアプリ

 

近年でもっとも急速に伸びたジャンルではないでしょうか?

ゲームやサービスなどをスマホアプリで提供し、多くの有名アプリが誕生しました。

スマホの普及率は高く、タブレットも普及していることから更なる開発需要があると予想されています。

 

スクレイピング

 

スクレイピングとはWebサイトの情報を取得・加工することを指します。

実はRubyは簡単にスクレイピングをすることが可能であることから、多くの企業が活用しています。

 

機械学習

 

機械学習と言えばPythonが有名ですがRubyもできます。

しかし、Pythonほどの便利さはなく、遅れ気味であることは否定できません。

機械学習自体は大きな可能性を持っており、今後の巨大トレンドになると予想されています。

 

Rubyとワンセットで学びたいのがRuby On Rails

 

 

Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学ぶことをおすすめします。

Ruby On Railsとはフレームワークであり、一定の枠組みや機能が搭載されているものです。

実はRubyで開発する際のほとんどはRuby On Railsを利用しており、Rubyと言えばRuby On Railsで制作するのが当たり前になっています。

実際に企業の募集を見てみるとRuby On Railsによる業務経験を条件にしているところがほとんどです。Rubyを学ぶ場合はRuby On Railsとセットで学びましょう。

 

Rubyを学ぶメリット

 

 

プログラム言語を学ぶならRubyとRuby On Railsは非常におすすめです。主な理由が4つありますので見ていきましょう。

 

初心者でも学びやすい

 

Rubyはスクリプト言語であり、C言語やJavaなどと比べるとシンプルな構文で制作することができます。

開発者の数が多く、プログラミングスクールでもRubyを教えるところが多数です。

言語としても環境の観点としても学びやすいのがRubyのメリットです。

 

多くの需要がある

 

Webアプリケーションやスマホアプリなどは今後も開発が増えていく傾向が強いです。

RubyとRuby On Railsを学んでいれば、多くの企業の目にとまることでしょう。

実際の募集案件でもRubyエンジニアは1000件を超える企業から募集されている背景もあることから、需要の高さが伺えます。

 

拡張性と柔軟性に優れている

 

Ruby On Railsにはパッケージ管理をするgemが存在します。

このgemを追加するだけで簡単に機能追加ができ、素早い開発が可能です。

仕様変更に伴い機能を削除する場合でもgemを削除するだけです。

シンプルな操作で簡単に機能拡張と削除を柔軟にできることからも利便性が高いことがわかります。

 

日本語ドキュメントが豊富

 

 

構文やルールなどを学ぶ程度であればRuby以外の言語も日本語でのテキストは存在します。

しかし、業務中に意図しない不具合に遭遇し、多くの時間を調査・修正することはよくあります。

この時にRubyは他の言語よりも有利です。

日本人が作った言語であることから、日本語のドキュメントが多く、コミュニティも日本語でのやり取りで行われています

 

C言語やPythonなど技術フォーラムは英語でのやり取りが主で、似た事例を探す際に英語に長けていなければ難しいです。

しかしRubyは日本語コミュニティが存在し、多くの事例を日本語で探すことも可能です。

 

Rubyを使って製作されたサービス事例

 

 

Rubyを使用して開発されたサービスはたくさんあります。一部を紹介しますので見ていきましょう。

 

クックパッド

 

日本でも代表的な料理レシピサイトのクックパッドはRuby On Railsによって製作されました。

ユーザー同士が交流し、レシピの共有からプロのレシピ紹介などしており多岐にわたるサービスを展開しています。

 

Airbnb

 

民泊と言う言葉を定着させたことで有名なのがAirBnbです。

日本だけでなく世界中でも利用者が多く、安全に安く泊まれる場所を探すことができます。

チャットや予約などの仕組みをRuby On Railsで制作しました。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+

『Javascript』でできることってなに?!アプリの事例とともに具体的な仕組みを徹底解説!

インターネットの入り口として利用されるのがブラウザです。そして、私たちがブラウザを利用する上で、無意識に触れているプロブラムがJavascriptなのです。今回は、Webサイトには欠かせないJavascriptとは何なのか、Javascriptの仕組みについて具体例を交えながら紹介します。

 

Javascriptとは

 

Javascriptは、Webサービスを提供するサイトに使用されるプロブラミング言語です。

私たちは普段、パソコンやスマートフォンで何かを調べる場合、ブラウザを利用しますよね。ブラウザには様々な種類がありますが、そのほとんどに対して汎用性を持つのがJavascriptなのです。

Javascriptは一般的に「JS(ジェーエス)」と略されていますが、一部では「ジャバスク」とも呼ばれています。

 

JavascriptJavaの違い

 

 

Javascriptに似た名称の言語として「Java」があります。名称は似ていますがJavascript」と「Java」はまったく異なる言語ですので間違えないようにしましょう。

JavascriptとJavaの違いについてWebサービスを例に挙げ、簡単に表すと以下のようになります。

 

・Javascript:サービス画面上でUIに動きをつけるプロブラミング言語

・Java:サービスそのものを構築するプロブラミング言語

 

もちろんWebサービスだけではなく、社内システムなどあらゆる場面で基礎となり得る言語であると言えます。

ちなみに、Javascriptが創られた当初は「LiveScript」という名称でした。しかし、Javascriptを広めるためのマーケティングのために、当時から人気のあったJavaの名称に寄せて「Javascript」に改名しました。

これが、JavascriptとJavaを名称的に区別し難くなった原因でもあるのです。

 

Javascriptの仕組み

 

Javascriptはその名の通りスクリプト言語です。スクリプト言語とは、テキスト形式で書かれたソースがパソコンなどで変換され、ユーザーがコンパイルなどを意識することなく実行できるプログラムです。

 

Javascriptが動く環境

 

 

JavascriptはWindowsやMacOSはもちろん、あらゆるブラウザで動作します。

開発環境についても、基本的にはメモ帳などのテキストエディタとブラウザが必要なだけで、特別な開発環境は必要ありません

簡単なJavascriptを試してみたい場合にも、基本的なHTMLの中に、Javascriptを記述するか、あるいは作成した「.js」のファイルを読み込ませるだけなので、15行ほどのプログラムで終わります。

 

Javascriptを含むHTMLファイルを開くことでブラウザが立ち上がり、Javascriptが実行されるのです。

またChromeなどでアドオンをインストールすれば、Javascriptはブラウザのみでもプログラミング可能で、テキストエディタすら必要ありません。

 

Javascriptでできること

 

Javascriptでできることは、主にWebブラウザ上において、画面の遷移無しでUIに動きをつけることです。

これにより、インターネットが普及した初期のWeb画面と比べても表現や操作に圧倒的な自由度が生まれました。

 

ブラウザ上で情報登録する際のフォームで数字だけを入力させる制御などは、Javascriptの入力データチェックによって行われます。また、サイトごとのCookie作成にもJavascriptが使われます。

Webサイト操作した時に出てくるポップアップウィンドウや、動的な画面サイズ調整もJavascriptが用いられているのです。

普段私たちが使うブラウザが、いかにJavascriptで制御されているかが分かりますね。

 

Javascriptの事例

 

それでは、Javascriptの事例を見ていきましょう。

 

ポップアップ画面

 

 

Webサイトにおけるポップアップ画面は、Javascriptが利用されています。

情報入力後の最期の確認として、わざわざ画面遷移をしなくてもポップアップ画面で表示できる機能は画期的な動作でした。

 

オンマウスでのメニュー表示

 

 

企業のWebサイトなどでも多く見られますが、オンマウスによるメニュー一覧の表示もJavascriptです。

これも、画面遷移せずにメニューを確認できる方法で、ユーザーのストレスを大幅に減らすと共に、サイト構成を簡易的に認識することが可能です。

 

電卓

 

 

Webブラウザ上で利用できる電卓も作成可能です。

サイトに埋め込まれた電卓を利用すれば、その場で計算が可能な上に、計算結果をその場でコピー&ペーストできます。

また、Javascriptを勉強する際の初期のテーマとしても採用されることがあります。

 

カレンダー

 

 

Googleカレンダーと同じようなモノもJavascriptで作ることができます。

日や曜日を取得することで、Web画面を開いた瞬間に今日が表示されていると言った、リアルタイムな情報をWebサイトで表現できますし、一つの画面上でカレンダーを編集できます。

 

チャート

 

 

リアルタイムなチャートやグラフを、ブラウザに表示することができます。

株価チャートのロウソク足などもJavascriptで作成することができるのです。1画面で確認すべき情報は、画面をリロードすることなく利用できる必要がありますね。

Javascriptでは、これらも実現できるのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

EdTechとは!ITのチカラで「教育」にどんな変化が起こる?事例とともに解説します!

近年IT業界の成長はすさまじいものがあり、現代生活に欠かせないものへとなってきています。そんな中、EdTechと呼ばれるものが注目を浴び始めていることをご存知ですか?今回はEdTechとはどんなもので、なぜ注目されているのか、どんなことができるのかを事例とともに紹介していきます。最後まで読んで是非参考にしてください。

 

EdTechとは

 

 

EdTechとは?

 

EdTech(エドテック)とは、Education(教育)Technology(テクノロジー)を組み合わせて作られた造語です。

つまり、テクノロジーの力を使って教育業界を変えていくものなのです。

 

ITと各ジャンルの融合

 

 

IT業界の成長に伴って、ほとんどすべての産業・工業はもちろん社会生活に必要不可欠なものになってきており、ITの成長によって多くのモノが大きく変化してきました。

さらに近年は積極的にITと産業を結びつける動きが増えてきており、EdTechもその中の一つなのです。

テクノロジーはその使い方によって様々な可能性が秘められており、今までできなかったことができるようになる力です。

そのため、教育をどう変えることができるのか注目が集まっています

 

eラーニングとは違う?

 

 

ITと聞くと多くの人はネットを思い浮かべると思います。

ネットと教育を組み合わせたものにeラーニングというものがあり、こちらもITと教育を組み合わせたもので似ている部分もあるのですが、EdTechはeラーニングと違い進化し続けるプラットフォームである点が大きく違い、今後が期待されているのです。

EdTechには「双方向性」「匿名性」「低価格化」の3つの強みがあります。

 

双方向性

 

双方向性とは、一方的なコミュニケーションではなくお互いにコミュニケーションを取ることができるという事です。

教育に置き換えると、教師から生徒への一方通行になってしまうコミュニケーションではなく逆もしやすい環境にあるという事です。

インターネットをプラットフォームにしているため、地理や時間の不利もなくコミュニケーションを取ることができるので、海外の教師の講義を日本にいながら受ける事ができます。

 

匿名性

 

Standing Man Holding Ipads Near Macbook Pro

 

インターネットの世界は匿名性が高く、誰でも気軽に入っていきやすいという利点があります。

EdTechでは、匿名性を利用して気軽に講義に参加するのはもちろん、気軽に辞めることができるシステムになっているためより気軽に勉強に取り組むことができます。

特に日本人は人に合わせる性格特性があると言われているので、人と違うことをするのに躊躇する部分があるため匿名性が高いことで気軽に学ぶことができます

 

低価格化

 

近年は広告収入で利益を得て、利用料は基本的には取らないもしくは少額で提供するというビジネスモデルが増えてきています。

代表的な例で行くと大手動画配信サイトであるYoutubeです。

これは無線LAN環境が充実しており、インターネット等のネットワークを利用することが当たり前になってきているために実現していることです。

それに伴ってEdtechでも低価格化が進んでおり、基本利用料は無料でさらに高度な機能を使いたいという方は有料のサービスを医療するといったフリーミアムモデルが増えてきています。

 

Geekly Media ライター

3+

「農業×IT」で出来ることとは?! IT技術の導入事例・今後の展望を徹底解説!

さまざまな分野でテクノロジー活用を示す造語「○○ Tech(テック)」が流行しているように、今やどの分野においてIT技術は欠かせないものになりました。一見ITとはイメージがかけ離れている農業においても、例外ではありません。今回は農業におけるIT技術導入事例を交えて、ITで変わる農業のこれからを解説していきます。

 

今、農業にはIT導入が「不可欠」である現状

 

 

農業を取り巻く課題「人手不足」「高齢化」

 

実は、農業の現場ではIT技術の導入は必要不可欠な状況に陥っています。

深刻な人材不足と、高齢化が進んでおり、農業の担い手が減少しているのです。

 

農林水産省が公表している「農業労働力に関する統計*1」によると、

農業就業人口は平成22年から徐々に減少しています。

平成22年が260万人だったのに対し、平成30年では175.3万人と約85万人減少したという結果が出ています。

 

加えて、平均年齢も増加傾向にあります。

もともと、平成22年時点で農業就業者の平均年齢は66.1歳と高齢化が進んでいましたが、平成30年には66.6歳とさらに上がってきています

慢性的な人手不足と高齢化が進む農業において、IT導入は急務といえます。

 

*1:引用│農林水産省 農業労働力に関する統計「農業就業人口及び基幹的農業従事者数」

 

農業×ITの現状

 

 

農林水産省が提唱する「スマート農業」

 

こうした背景をうけ、農林水産省が提唱している取り組みが「スマート農業」です。

「スマート農業」の定義は以下のとおりです。

 

ロボット技術やICTを活用して超省力・高品質生産を実現する新たな農業

出典:農林水産省│スマート農業の実現に向けた研究会

 

ICTはInformation and Communication Technologyの略称で、「情報通信技術」とも訳されます。

ITとほとんど同義ですが、コンピューター技術の「活用」を強調する場合に区別して使われます。

「スマート農業」をはじめとする政府の働きかけもあり、農業にITを導入して成果を挙げた事例も増えてきています。

 

農業の現場で活躍しているIT技術

 

農業で導入されているさまざまなIT技術。

労働力として人の代わりとなって働くロボットや、データを活用して業務効率化を図るもの、

農業のナレッジを仕組み化して、知識がない人でも農業に従事することを可能にするもの、

生産に関する業務だけではなく、流通や販売の効率化するものなど、

農業に関わる幅広い工程において適用されています。

 

では実際にITを導入した事例を見ていきましょう。

 

ロボットが人手に代わる労働力に

 

 

農業の現場でロボットテクノロジーはさまざまな作業を担います。

農作物の収穫、農作業用ドローンによる農薬散布、無人走行するトラクターなど、

従来、人の手で行っていた作業をロボットが代用することで、大幅な省力化を図ります

 

収穫用ロボット

 

ロボットが収穫すると聞くと、何でも無作為に収穫してしまうのではという心配は、今や過去の話。

企業や大学で農業収穫ロボットの開発が盛んに進められ、最近では人手よりも高性能なロボットが開発されるようになっています。

 

例えば、パナソニックが開発したトマト収穫ロボットは、成熟したものだけを選別して収穫することができる優れもの。

ロボットに搭載されたカメラで収穫すべき実かどうかを判断し、他の実を傷つけない収穫経路を見極めます。

そして、収穫する実を引き果梗を押すことで、まるで手でもいだように収穫できるのです。

 

宇都宮大学では、工学部と農学部が連携して、いちご収穫用のロボットを開発。

果物の中でもとりわけ扱いに注意を払う必要があるいちご。

これを、傷付けず収穫し、さらに包装までをロボット化して一切手を触れずに流通に乗せることができるというのです。

 

収穫用ロボットの利点は長時間や夜間の作業も可能で、収穫時期の人手不足を補うことができます。

さらに、学習させることで作業の精度やスピードを改善できるのも、大きなメリットです。

 

Geekly Media ライター

小石川 あおい

3+