【2019トレンド】サブスクリプションモデルが人気の理由は?!事例から考えるメリット・成功のための条件を徹底解説!

NetflixやHuluの動画配信サービスやSpotifyやLINE Musicといった音楽サービスを普段使う機会も増えてきているのではないでしょうか?定額で利用料金を払って使うサービスを一般的にサブスクリプションサービスと言います。2019年には様々な企業が参入してくるサブスクリプションサービスのビジネスモデルについて徹底解説します。

 

サブスクリプションとは

 

 

サブスクリプションを直訳すると『寄付』や『予約』という意味になるのですが、最近では商品やサービスの利用権を定額で支払い一定期間借りて利用するビジネスモデルを指すことが多くなりました。

今現在、先程挙げた動画や音楽を体験するサブスクリプション以外にも様々な商品やサービスがサブスクリプションで利用出来ますので、以下幾つかの事例を紹介させて頂きます。

 

サブスクリプションモデル事例

 

 

個人利用のサブスクリプション

 

個人で利用するエンターテイメントに関するサブスクリプションモデルとしては映画やドラマを定額で観れるVODという動画配信サービスがあります。NetflixやHulu、国内発ではdTVが有名です。音楽を定額料金で聴けるサブスクリプションはSpotifyやApple Music国内発ではLINE MUSICが人気を追い上げています。動画や音楽のサブスクリプションには多数の業者が参入しており、サブスクリプションモデルの中でも最も活気のある市場と言えます。

また、雑誌や本をデジタルで読み放題になるサブスクリプションも人気です。動画、音楽、本と全てを定額で利用出来るサービスはAmazonがAmazonプライムとして展開しておりAmazonはサブスクリプションサービスを展開することにより業績が伸びていきました。

 

サービスを定額で利用出来るサブスクリプション以外でも車や家電を定額で利用出来たり居酒屋や飲食店でもサブスクリプション利用出来るところも増えてきています。また企業ではなく一個人が情報やコンテンツを定額で発信する、個人発信のサブスクリプションモデルも出てきています。

個人で利用出来るサブスクリプションは2019年もっともっと増えてくると予想出来ます。

 

ビジネス利用のサブスクリプション

 

個人で利用して楽しむサブスクリプションモデル以外でもビジネスで利用するサブスクリプションのサービスも比較的増えてきています。

代表的なものはwordやExcelのOfficeのソフトも定額で利用出来ますし、フォトショップやイラストレーターといったデザイン系のソフトを利用できるAdobeのサービスもサブスクリプションで利用する事が出来ます。

また、ビジネスシステムのSalesforceもサブスクリプションサービスになり人気が上昇しました。会計ソフトや経費清算ソフトもサブスクリプションサービスで売り出した企業も増えてきています。

 

何故こんなにもサブスクリプションが人気になり参入する企業が増えてきたのか、ここからはその理由を解説していきます。

 

サブスクリプションが人気の理由

 

 

サブスクリプションがここまで人気が出てきた理由は、今までコストがかかっていたモノやサービスが安い定額料金で使えるようになったところにあります。

仮にCD1枚10曲3000円していたものが毎月1000円払えば、5000万曲以上聴くことが出来るようになります。CDアルバム1枚に10曲として計算すると500万枚のCDアルバムを聴けることになるのです。500万枚のアルバムを買うと3000円×500万枚=150億円かかります。

個人で150億円もかかるものを毎月1000円で利用出来たら毎月1000円のほうを選ぶ人がほとんどでしょう。

 

またCDやDVDを置く場所もいらなくなります。お金やモノの場所から開放される手軽さを売りにサブスクリプションサービスは一気に普及していきました。

このように身近に普及してきたサブスクリプションのサービスですがこれからサブスクリプションモデルを始めていくと気になるメリットやデメリットについて解説していきます。

 

サブスクリプションモデルのメリット

 

 

売上の確保や予測が立てられる

 

サブスクリプションは定額料金を払ってもらうビジネスモデルです。従って企業側としては毎月一定額の売り上げが入ってくるということになります。

毎月一定の売り上げが確保されれば安定した売り上げを基にある程度売り上げの予測が立てられるので他の事業や商品の展開を考える事も出来ます。

 

データや情報収集が出来る

 

サブスクリプションは定額で顧客に多くのモノやコンテンツを利用してもらいますのでその分沢山のデータや情報が取得出来ます。

企業側がその情報を活かし新たな商品の開発も出来ますし、サブスクリプションサービスの運営継続への施策も打つ事が出来てそれが顧客に対しても新たなサービス提供に繋がります。

 

データや情報収集が出来る事は企業側顧客側の両方のメリットにもなるのです。

 

顧客のファン化が出来る

 

 

今までは商品やコンテンツ、サービスを販売して関係が終わりだったものも、サブスクリプションで定額の一定期間での付き合いになると顧客を自社のサービスのファンになってもらえる事が今までより容易になります。

顧客は買いきりの商品と比べて定額で料金を払ってしまっているので自然とサブスクリプションを利用する頻度が高くなります。その機会を利用し企業側のサービスのファンになってもらい競合に奪われないように顧客を囲い込む事も出来るのです。

 

PHPフレームワークならコレ!人気フレームワークの種類からその内容まで徹底解説!

PHPフレームワークというものを聞いたことはありますか?近年アプリ開発を行うのに必要不可欠なアイテムとして、開発者に重宝されているシステムなのです。今回はそんなPHPフレームワークの人気種類の紹介や、そもそもPHPフレームワークとは何の事なのかという基本的なところから徹底に解説していきます。

 

アプリ開発にはPHPフレームワーク

 

 

PHPフレームワークとは?

 

プログラミングをするときに言われるフレームワークとは、アプリを開発する際の土台のようなものです。

 

アプリを開発する際にすべての動作を自分で書いていたら膨大な作業量になり、時間がいくらあっても足りません。

そこで、あらかじめ必要なコードが用意されているフレームワークと呼ばれる土台を使えば、あとはオリジナルのコードを書いていくだけで良いので、スムーズに作業を進めることができます。

 

アプリを開発する際は、このフレームワークを大量に使って業務の効率化を図っています。

 

PHPフレームワークでできる事

 

PHPフレームワークを使うことで、「開発時間の短縮」「多人数開発が可能」「フリーランスとしての活動に活かせる」といった3つのメリットが生まれます。

まず「開発時間の短縮」に関しては先ほどフレームワークの説明で話した通りです。

あらかじめ必要なコードを用意しておくことで、効率的に仕事ができるような状況を作っています。

 

次に「多人数開発が可能」になる事については、考え方の統一ができるためです。

アプリによって作り方が全く違ったり、人によってもコードの書き方が変わってきます。

そのため、まっさらな状況からアプリを開発するとなると統率するのが難しく、どのようにコードを書いていくのかルール作りをして共有するという手間がかかってしまいます。

 

しかし、PHPフレームワークで基礎の部分をあらかじめ作っておくことで、コードの書き方をプログラマー全員と共有することができます。

そのため、ルール作りや共有するという手間をかけることなく、コードを統一することができます。

 

最後に「フリーランスとしての活動に活かせる」については、先ほども話した通りフレームワークはアプリ開発の場面で多用されます。

しかし、プログラミング言語とフレームワークは全く別の知識になるので、プログラミングしかできない人ではなくフレームワークも使える人になれば、業界から重宝されるのです。

 

PHPフレームワークの種類

 

一口にPHPフレームワークといっても、その中にはいくつか種類があります。

 

・CakePHP

・Symfony

・CodeIgniter

・ZendFramework

・Phalcon

・Slim

・Laravel

・Yii

・FuelPHP

・Flight

・Silex

・BEAR.Sunday

・Kohana

・Ethna

・Ice Framework

 

主なフレームワークは記載した15種類であり、その中でも有名なのは「CakePHP」と「Codelgniter」でありよく使われているフレームワークです。

 

しかし、これだけPHPフレームワークがあるとどれを使っていいか分かりませんよね。

なので次はおススメのPHPフレームとその特性について紹介していきます。

 

動画メディアの”今”を徹底解説!人気動画メディアの紹介から動画メディア作りに必要なスキルまで幅広くご紹介します!

SNSの普及に合わせて爆発的に増えているのが動画メディアです。今では個人から会社まで幅広いコンテンツがあり、そのマーケティング効果は非常に高いと言われています。今回は動画メディアについて、今人気の動画メディアから、これから動画メディアを作りたい人向けに必要なスキルまで幅広く紹介していきます。

 

動画メディアとは?

 

 

動画メディアとはこれまで紙媒体やWebサイトベースで行われていたマーケティングを動画を使って行う新しいメディアの形です。

高い拡散力と情報量の多さから利用する企業が増えてきています。

 

今はFacebookやInstagram、YouTubeにTwitterと個人レベルでも動画が配信出来る場所が無数にあり、それらのSNSは同時に高い拡散性を有しています。

これらのSNSでの拡散、特にユーザーによる連鎖的に拡散される行為「バズる」という言葉が生まれる程に浸透しています。

 

動画メディアの人気が高い理由

 

 

今動画メディアが注目を集める大きな理由としては、上記のようにSNSの普及とそれに伴うSNS自体の機能の進化も大きな理由です。

昔のようにURLから専用のページのリンクに飛んでもらう必要がないので目に止まりやすいのです。

 

また同じ時間であっても動画の方がより多くの情報を伝えられる事も理由の1つです。

映像、音楽、動画に映る人の仕草や目つき、口調など全てがダイレクトに伝わるのですんなり入ってきやすいという声が多くなっています。

さらに、SNS自体複数登録する事も難しくない為、自身がそれぞれに使いなれているSNSで視聴する事が出来るのも動画メディアの強みになっています。

 

多くの動画メディアは複数のSNSに登録して動画を発信しています。

これを分散型動画メディアと呼んでおり、現在の動画メディアの多くはこの分散型を採用しています。

 

今動画メディアが人気!特に人気の高い動画メディアは?

 

 

多くのジャンルで注目を集めている動画メディアですが、現在ではある程度ジャンルを絞り専門性を高める事で、そのジャンルの情報を多数取り扱い人気の集めるメディアが一般的です。

ここでは一例としていくつかのサービスを紹介致します。

 

Bouncy

 

 

Bouncy(バウンシー)はテクノロジー分野を主に扱う動画メディアです。

最新のテクノロジー、プロダクトを扱う動画メディアです。

 

各種イベントの情報から最新の商品の紹介などを行っています。

文章や性能の数値だけではどうしても伝わりにくい部分まで丁寧に触れてくれるので分かりやすいと好評を集めています。

 

Tasty

 

 

Tastyは食をテーマにした動画メディアで元々は海外の動画メディアでしたが日本語版も製作される程人気の動画メディアです。

 

簡単に作れるレシピなど動画だからこそ追いかけやすく利用しているという人も多くなっています。

元々様々な方法で共有されてきたレシピですが、動画メディアの場合は作っている工程なども細かく見れ、自分の意志で巻き戻しや停止などもしやすいので人気が高くなっています。

 

MimiTV

 

 

メイクやコスメ、ヘアアレンジなどの分野で人気を集めている動画メディアがMimiTVです。

新作や季節物が多く次々出てくる新作をそれぞれに比較しながら紹介してくれると高い人気を集めています。

 

動画メディアのデメリット

 

 

ここまで動画メディアの良い側面を紹介してきましたが、当然動画メディアにも悪い側面デメリットは存在します。

 

ユーザー層を意識した動画作りが必要

 

 

いくら題材とする分野についての詳しい知識を持っていてもその動画がそのままユーザーに届くという事を忘れてしまってはいけません。

特にSNSの多くは10代~20代の若者を中心としている事を念頭にした動画作りを心掛ける必要があります。

 

裏を返せば狙ったユーザー層を狙いやすいメディアである事も事実ですが、その分目が肥えているのでしっかりとした知識を見せなければ簡単に離れて行ってしまいます。