データエンジニアを徹底解説!仕事内容から必要なスキル、資格まで分かりやすくご紹介します!

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の普及により、データエンジニアという職業が注目されています。データエンジニアリング能力を活かし業務を行うデータエンジニアは、ビッグデータが溢れるこれからの社会に不可欠な存在です。この記事では、データエンジニアの仕事内容や必要なスキル、取得すべき資格を紹介します。

 

データエンジニアリングを駆使するデータエンジニアとは

 

 

近年、工場のIoT化が進んでいます。工場のIoT化とは、現場の機械や設備など工場全体をインターネットにつなげること。例えば、機械にセンサを取り付けたり、工場内にカメラを取り付けたりして、工場の状態を監視し、センサから得られたデータを解析することで、工場全体を効率化・最適化することです。

 

そして、その現場でIoTやAIをマネジメントするのが、データエンジニアリングスキルを持つデータエンジニアの仕事。データエンジニアは、現場の状況をよく見て課題を発見します。さらに、課題解決のためにどのようにデータ環境を整えていけばよいのかを考えるのが、重要な仕事です。

 

データエンジニアとデータサイエンティスト

 

 

データエンジニアはただビッグデータを取り扱うだけではなく、現場における課題を考え、適切な課題解決方法を導き出します。そして、データエンジニアが設計したIoT化された工場からは、常に膨大な量のセンサデータやカメラからの監視データがデータベースへ蓄積されていきます。

データベースへ蓄積されたビッグデータを解析し、価値ある情報を引き出すのは、データサイエンティストの仕事。データサイエンティストとは、企業が所持している大量のデータを処理し分析することで、企業にとって重要な情報を導きだす職業です。

データエンジニアは、データサイエンティストに必要なデータを提供する重要な役割を果たすのです。

 

データエンジニアの仕事内容

 

データエンジニアは、現場における課題解決のために、データを活用してどのように現場に役立つ仕組みを作り出すのかを考える仕事です。では具体的にどのような仕事内容なのかを紹介します。

 

工場の運転を行うIoT・AIのマネジメント

 

 

工場では従来、1人の運転責任者が複数の運転作業員を指揮・管理していました。しかし近い将来、工場のIoT化・AI化によって、運転作業員が必要なくなるとも言われています。では、誰が工場の運転を行うかというと、IoTまたはAIです。

そして、工場を動かすIoTとAIを指揮・管理するのがデータエンジニアの仕事です。データエンジニアは、自社の事業目標を達成するため、最適なIoTまたはAIを実装して、工場のマネジメントを行います。

 

機械学習の精度を高める

 

アプリケーションに機械学習のプログラムを実装するのもデータエンジニアの仕事。例えば、ECサイトで利用する商品写真を分類するために機械学習を取り入れ、その精度を高めて分類できる種類を多くするという業務があります。

どのように機械学習における分類の精度を高めていけば、よりユーザーがECサイトを使いやすくなるかを考え、工夫するのもデータエンジニアの重要な業務です。同時に、データサイエンティストが分析しやすいデータ環境を構築していきます。

 

データエンジニアに必要なスキル「データエンジニアリング力」

 

データエンジニアが現場で活躍するために、必要なスキルの一つが「データエンジニアリング力」です。データエンジニアリング力とは、データサイエンスを駆使してサービスやアプリケーションにデータを活用した機能を実装するスキルのこと。

主に、クラウドサービスの知識、プログラミングスキル、フレームワークの知識がデータエンジニア力です。以下で、これらについて詳しく解説します。

 

データエンジニアリング力①クラウドサービスの知識

 

 

クラウドサービスとは、データやソフトウェアをインターネット上でユーザーに提供するサービスです。現在では、ビッグデータ分析の構築場所をクラウド上に設定している企業も増えてきています。

そのため、クラウド上のデータを活用し分析するためには、クラウドサービスに関する知識が必要となります。

 

データエンジニアリング力②プログラミングスキル

 

データエンジニアは、ビッグデータを取り扱うので、業務効率化のためにAIや機械学習をプログラミングするスキルが必要です。特に、機械学習に使われるPythonやRといったプログラミングスキルの習得は不可欠

ビッグデータの中にはテキスト、数字、画像や音声など様々な種類のデータが存在します。そこで、プログラミングスキルを持っていることで、様々な種類のデータを分析可能な形式に加工できます。そして、加工したデータを処理することで重要なデータが導き出せるのです。

 

データエンジニアリング力③フレームワークの知識

 

 

フレームワークはアプリケーションのベースとなるソフトウェアです。その中でも機械学習フレームワークは、機械学習やディープラーニングを行うために重要な役割を果たします。そして、フレームワークは世界中で数多く開発されています。

そのため、ある問題を解決するためにどのフレームワークを用いたらよいかをデータエンジニアは理解しておく必要があります。フレームワークを用いることでアプリケーション開発も容易に進められるので、数あるフレームワークの知識をしっかりと身に着けておきましょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

アートディレクターを徹底解説!気になる仕事内容から必要なスキル、なり方まで分かりやすくご紹介します。

キャラクターなどのデザインはアニメやゲームだけではなく、ビジネスや地方創世活動などにも必要不可欠になってきています。そのようなデザインを具現化するのに必要なアートディレクターという仕事があるのを知っていますか。今回はアートディレクターの仕事やなるための方法や必要なスキルなどを紹介していきます。

 

アートディレクターとは

 

 

アートディレクターとはどんな仕事かというと、イメージを具現化する際の指揮をとる責任者の事です。

具現化する指揮をとるといっても、自分でデザインを行うというわけではなく、「こんなデザインを広告で使いたい」「こういうイメージをアートで伝えたい」など、クライアントがイメージしている物を把握しデザイナーやコピーライターなどに分かりやすく伝える事で具現化していきます。

 

クライアントとデザイナーの間に入って、クライアントが思い描いたイメージ通りのデザインを作れるようにコントロールしていくお仕事で、ADと略されることもあります。

基本的には一切デザインにかかわらないお仕事ですが、中にはデザインも自分で行う兼任アートディレクターという人もいます。

では実際にはどのように仕事をしているかについて紹介していきます。

 

アートディレクターの仕事とは?

 

 

アートディレクターは先ほど話した通り基本的にはクライアントとデザイナー等の間に入る仕事なので、仕事の始まりはクライアントにイメージを聞くことから始まります。

 

「どのようなデザインがいいのか」「何を伝えたいのか」など、クライアントがどんなものを望んでいるのかをしっかりヒアリングして、そのプロジェクトに必要なデザイナーなどのスタッフをアサインします。

デザインの方向性を決めるためにラフデザインを複数作成して、クライアントがイメージしたデザインとのすり合わせを行い、方向性が決まったら実際に作成をしていきます。

その間は、クライアントへの経過報告や修正指示を頂くなどフォローをするというのがアートディレクターの仕事です。

 

アートディレクターの年収は?

 

 

デザインを形にする際の舵をとるアートディレクターの平均年収は転職会議がとった統計によると460万円だと言われています。

参考:「転職会議」https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/112

 

アートディレクターと一緒に仕事をする事が多いグラフィックデザイナーの平均年収は同サイトで325万円とされているので、実際に具現化するデザイナー職よりもクライアントのイメージをヒアリングして、デザインの方向性を決めていくというそのプロジェクト全体に関わり責任を持って行動するアートディレクターの方が高い年収をもらっています。

もちろん、有名なデザイナーになるなど個人としての評価が高くなってくれば年収が逆転する場合もありますが、アートディレクターはデザイナーに指示を出す立場になる事が多い職種なのでこのような年収になっているのです。

 

アートディレクターに向いている人は

 

 

そんなデザインの方向性を左右する重要な立場であるアートディレクターに向いている人とは、どういう人だと思いますか?

 

コミュニケーションをとるのが好きな方

 

 

アートディレクターは名前にアートがついている事もあってデザイン系の職種に見えますが、実際は人とのかかわりが非常に重要になってくる仕事で、営業にも近い仕事なのです。

 

デザインの方向性を決めるには、クライアントにどういう希望があるのかというのを細かく聞くことが必要になってきます。

また、聞いた希望やデザインの方向性をデザイナーの方に分かりやすく伝える必要があります。

この2つができていないと、イメージと全然違うデザインが出来上がってしまうのでクライアントが納得いく提案をする事が難しくなっていまいます。

 

また、クライアントの中にはイメージが固まっていない方もいらっしゃるので、そういう方に対してどのようにコミュニケーションをとってイメージを固めていくのかというのも非常に重要なポイントになります。

 

デザインが好きな方

 

 

先程営業にも近い仕事と言いましたが、やはりデザインなどアートが好きな方でなければ務まらない仕事です。

漠然としたイメージや言葉からデザインの方向性を決めていくお仕事なので、自分である程度デザインをイメージできる方でないとクライアントとのデザインイメージのすり合わせができませんし、方向性も決めることができません。

また、デザイナーにラフデザインを描いてもらう時には自分でサンプルを描いてから渡さないといけない場合もあるので、デザインに対して知識や能力がないと難しい仕事です。

 

Geekly Media ライター

1+

Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

Geekly Media ライター

ib515

0

ゲームサウンドクリエーターを徹底解説!仕事内容からなり方、有名ゲームサウンドクリエーターまで幅広くご紹介します!

ゲームは大人から子供まで多くの人がプレイすることができる娯楽として人気が高いです。そんなゲームを作るうえで音楽というものは欠かせない要素の一つとなっています。今回はゲームサウンドクリエーターの仕事内容やなり方など様々なことを幅広く紹介していきます。ゲーム製作に興味がある方は最後まで読んで是非参考にしてみて下さいね。

 

ゲームサウンドクリエーターとは

 

 

音楽は聴くことによって気分を上げることができるなど、感情に大きく影響を与えることのできるコンテンツです。

それはゲームでも同じで、きれいなグラフィックで良い物語であっても音楽がないと盛り上がりに欠けますし、感情移入をしにくいです。

また、音楽だけにかかわらず効果音などのサウンドがないとリアリティーのあるゲームを作ることができないので、ゲームの世界に没入できるようなハマるゲームを作成する事は難しいです。

 

そのため、ゲームで使われるテーマ曲やBGMはもちろん、効果音まで様々なサウンドを作成していくサウンドクリエーターはゲームの世界観を演出するうえで、非常に重要な仕事を任されるポジションであるといえます。

 

仕事内容は?

 

 

そんな重要なゲームサウンドクリエーターですが、具体的な仕事内容は依頼をされた内容に沿ってクライアントやゲーム制作にかかわる様々なスタッフと打ち合わせを重ねて、作曲や効果音を手直ししながら作成していきます

手がける音は、メインテーマなどはもちろん挿入歌などのBGMや物が落ちた音などの効果音など長いものから短いものまで多岐にわたるので、ひとつのゲームを製作するうえで作成する音が100を超える事も珍しくないという大変なお仕事です。

また複数のゲームを掛け持ちして同時進行する事も多い仕事です。

会社員として働いている場合は、基本的なイメージを社内で考えてサウンドクリエーターがそのイメージを音にするという仕事の仕方をする場合もあります。

 

作曲家との違いは?

 

 

様々な音を作曲するお仕事と聞いて、作曲家というお仕事を思い浮かべる人は多いと思います。

そんな作曲家とゲームサウンドクリエーターの違いがあるかと言えばあまりありません。

なぜならゲームサウンドクリエーターは作曲家の中のジャンルの一つと言えるからです。

作曲家というのは歌手が歌うような音楽の作曲やドラマのBGM、オーケストラが演奏するような曲の作曲など幅が広いです。

ゲームサウンドクリエーターというのは、その作曲家の中でもゲームの中で使うような音楽を作曲するのに特化した仕事なのです。

 

そのため、ゲームサウンドクリエーターではなく普段はクラシック音楽などを作曲しているような作曲家がゲーム音楽を作成している場合もあります。

 

ゲームサウンドクリエーターの年収は?

 

 

ゲーム制作において世界観を構築する重要なポジションであるサウンドクリエーターは、自分が関わったゲームがヒットするかどうかにも大きく影響を与える仕事なので、社会現象を自ら発信することができる可能性もあるやりがいのあるお仕事です。

そんなやりがいがあるサウンドクリエーターですが、実際働くとなったらやっぱりやりがいだけではなく、どれくらい稼ぐことができるのかを知っておくことは重要だと思います。

様々業界の平均年収をまとめている平均年収.jpというサイトによると、サウンドクリエーターの平均年収は505万円とされており、月収は約31.5万円であると書かれています。

同サイトで年代別年収の推移も発表されているのですが、それによると50代前半に年収のピークが来るとされており個人差もありますが、平均的な年収のアッパーは600万円程度です。

 

もちろん人気があるサウンドクリエーターは、依頼も増えますし1作品の単価も上がるので600万円以上稼ぐ人もおり、1000万円以上稼ぐサウンドクリエーターもいるという夢のある仕事でもあります。

参考:https://heikinnenshu.jp/creative/sound_c.html

 

Geekly Media ライター

1+

【ネットワークエンジニア】将来性ってあるの?仕事内容から必要なスキル、そのなり方まで徹底解説!

IT化された社会において、ネットワークが止まることは許されません。ITサービスはもちろん、社内や家庭でも“繋がって当たり前”のネットワークを支えるのがネットワークエンジニアです。そこで今回は、ネットワークエンジニアの将来性や、その仕事内容や必要なスキル、そしてネットワークエンジニアのなり方を徹底解説します。

 

ネットワークエンジニアとは

 

IT技術としてのネットワークは、今や日常生活に必要なガスや電気、水道や公共施設と同等の重要性を担っているのです。ネットワークエンジニアとは、社会インフラの一つであるネットワークを支える技術者なのです。

ネットワークには、インターネットを代表するWAN(Wide Area Network)や、限定的な範囲繋げるLAN(Local Area Network)があります。

多くの場合、ネットワークエンジニアの業務は設計から構築、運用・保守に至るまで、LANを対象とした業務となりますが、スキルとしてはWANLANの両方の知識を習得しておかなければなりません。

ネットワークエンジニアは、企業の中でも”繋がっていて当たり前”という前提のインフラを担当しますので、一つの設定ミスが大規模障害を引き起こします

ですので、何よりも重要なものは経験であり、知識だけでは通用しない業種の一つでもあります。

 

ネットワークエンジニアの仕事内容

 

それでは、ネットワークエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

 

ネットワークインフラの把握

 

 

ネットワークエンジニアの仕事において大切なことは、TCP/IPを中心としたネットワークインフラを正確に把握することです。

新規にネットワーク構築をする業務もありますが、最初は企業内のネットワークインフラを把握することが第一段階となるでしょう。

社内に導入しているネットワーク機器や、そこに繋がるサーバーやPCの構成、IPアドレスの割り振りやルーティングの全体イメージから詳細設定までを把握する必要があります。

 

ネットワークの運用・保守

 

 

ネットワークインフラを把握したら、ようやく運用および保守を行うことができます。運用では、ネットワークが滞りなく機能していることを監視しなければなりません。

もちろん、障害が起こらないように、物理的なネットワーク機器(ルーターやLANケーブル)についても定期的にメンテナンスやチェックを行う必要があります。

それでも、ネットワークには障害がつきものです。ネットワークエンジニアの仕事内容の多くがネットワークのトラブルシューティングになるでしょう。

ネットワークに繋がる機器は、常に電源が入っているか、あるいはPCのように毎日電源をON・OFFするため、必ず劣化します。劣化すればトラブル発生率が高まるため、ネットワーク規模が大きい程トラブル原因は些細な機器故障(LANケーブルの断裂など)が起こりやすくなります。

これらを迅速に、またその他業務への影響を最小限に抑えることが、ネットワークエンジニアの重要な役割でもあるのです。

 

ネットワークの要件定義

 

 

ネットワーク要件定義では、ネットワークを繋げる上で実現したいインフラの把握、そこに存在する問題の洗い出しと解決方法などを把握し、ネットワークの全体像を作成します。この時点で、実現できること実現不可能なことをしっかりと区別しておくことが大切です。

利用規模によっては、WAN側回線の帯域幅にも気を配る必要があり、万が一規模を間違えてしまえばWAN回線が頻繁に途切れると言った、取り返しのつかない障害を起こしてしまいます。

 

ネットワーク設計

 

 

要件定義が固まったら、次はネットワーク設計です。新規にネットワークを構築したり、ネットワークの拡張をする際には、まず設計を行います。

ネットワーク設計では、全体のネットワーク図やIPの割り振り、必要なネットワーク機器の選定などを行い。更に保守体制もこの時点で決めてしまうことで、運用をスムーズにします。

VPNなどを利用する場合には、機器選定時にメーカーへの確認を怠らないようにしましょう。

 

ネットワーク構築

 

 

詳細設計までが終わったら、いよいよネットワーク構築です。

構築をする時点では、設計書はもちろん必要な機器は全て揃っている状態で、WAN側も事前に開通(プロバイダー契約など)していることが大前提となります。

作業は通常、業務時間外に行うことが主となるので、休日出勤もネットワークエンジニアの仕事内容に含まれるかもしれません。

どんなに詳細設計が完璧であっても、実際の構築時にはトラブルがつきものです。設計時には想定していなかった新品機器の故障やケーブルの断裂なども起こり得ます。

機器との疎通が上手くいかない場合には、構築をしながらトラブルシューティングを行うと言ったシーンも経験していかなければなりません。

 

ネットワークエンジニアに必要なスキル

 

それでは、ネットワークエンジニアに必要なスキルを詳しく見ていきましょう。

 

TCP/IPのスキル

 

 

ネットワークエンジニアに最も必要なスキルは、ネットワークの基本であるTCP/IPに関する知識です。これを習得しなければ、ネットワーク設計書などの資料を見ても理解することが出来ないからです。

IPアドレスを見た時に、瞬時にサブネットマスクが何なのかを判断できるようになり、「xxx.xxx.xxx.xxx/xx」の表記の意味を理解し、応用できるようになります。

このスキルが役に立つのは、設計時だけではありません。疎通ができないといったトラブル時にも、機器のIPを見直す時に原因を比較的早く見つけられる可能性が高くなります。VPNを利用しているネットワークなどでは、この知識は不可欠です。

 

Geekly Media ライター

佐久森

15+

ゲームプランナーを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、なり方までわかりやすく解説します!

子供から大人まで、夢中になる人が多いゲーム。ゲーム好きな人が、ゲームに携われたらとても楽しい仕事になると思いませんか?今回は、そのゲームに携わる仕事の中から、ゲームプランナーについて解説していきます。仕事内容はもちろん、求められるスキルや資格、なり方や将来性まで、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームプランナーとは

 

 

ゲームプランナーと聞くと、どのようなイメージを持ちますか?

「どんなゲームを作るのかを考える人」というイメージを持つかと思います。

概ね間違ってはいません。

しかし、詳しくどのように仕事をするのかはわからない人が多いのではないでしょうか?

実際には、どのような仕事をしていて、どのような役割を担っているのでしょうか?

この項目では、ゲームができるまでの工程と、ゲームプランナーの仕事内容や、役割について、わかりやすく解説していきます。

 

ゲームができるまで

 

 

まずは、ゲームができるまでの工程から紹介していきます。

皆さんは、どのようにゲームができるかご存知ですか?大きな流れは、以下の通りです。

 

[1]企画

[2]仕様作成

[3]制作

[4]試作品検査

[5]販売

[6]総括

 

一番最初は企画です。

企画とは、ニーズの分析や調査をして、ゲームのテーマやコンセプトなど、概要を決めることです。

 

次の段階は、仕様の決定です。

この仕様は、企画段階で決定したテーマやコンセプト、概要に沿った、詳細部分を決定していくものです。

家を建てる時の設計図のようなものになります。

 

いよいよ制作です。

制作では、ゲームのプログラミングはもちろんのこと、キャラクターのデザインや、ゲーム音楽の制作を行います。

 

ゲームがカタチになったら、試作品の検査です。

デバック作業といわれるものです。試作品でゲームを行い、そのゲームに問題がないか、バグを見つける作業になります。

 

最後に総括です。

この総括では、集計・分析・改善を行います。販売数の集計をし、ゲームの反響を分析、制作時や、ゲーム自体の改善案をまとめていきます。

ゲーム制作の大まかな流れは以上の通りとなります。

 

求められる役割

 

 

 

ゲーム制作の大まかな流れはご理解いただけたと思います。

これだけの工程がある中で、ゲームプランナーの役割はどのようなものになるのでしょうか?

 

「企画立案がゲームプランナーの仕事でしょ?」と思われる方も多いと思いますが、実際にはゲームプランナーは、ゲーム制作のすべての工程に携わっていきます。

 

企画の段階は当然携わります。

クライアントや、社内承認のため、練った企画を企画書にまとめ、プレゼンを行います。

 

この作業では、企画したゲームが「おもしろそうだ」と思ってもらう必要があります。

仕様作成の段階では、仕様書の作成を行います。

この仕様書は、設計図になり、プログラマーやデザイナーなどにとっての指標となります。

そのため、プランナーのイメージを仕様書に落とし込む必要があります。

 

次に制作です。

仕様書を作りはしましたが、制作をしている中で、仕様書にない、あいまいな部分があったりします。

そのため、プランナーは全体を見て、方向性を指示する必要があります。

 

デバック作業の中では、上がってきたバグの修正を指示することがあります。

この段階では、ゲームのクオリティを高めていきます。

総括における役割は、集計や分析を中心になって行い、ゲームの改善点などを見つけていきます。

このように、ゲームプランナーは、ゲーム制作の全工程に携わります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

6+

【データベースエンジニア】仕事内容から資格の種類、その将来性まで徹底解説!

皆様は「データベースエンジニア」という職種に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?専門的なスキルや知識が必要とされる職種のようですが、その分、企業からの需要が高く、将来性も高い職種でもあるようです。ですので今回は、そんな「データベースエンジニア」という職種に関して徹底的に解説をしていこうと思います。

 

データベースエンジニアとは?

 

 

概要

 

データベースエンジニアは、数多く存在しているエンジニア職の内の一種で、主にデータベースの開発や設計を行うエンジニアのことを指します。また、データベースの運用や管理を行うのもデータベースエンジニアの業務に数えられます。

情報システムやビッグデータ等を取り扱う際にデータベースは必須の存在になってくる為、そのデータベースを管理するデータベースエンジニアというのは重要視されることが多いです。その為、期間を問わず、かなり需要が高いエンジニアの一種とも言え、今のところは将来的に見ても需要が途切れる可能性が低い職種、と言っても過言ではないでしょう。

 

データベースエンジニアの主な仕事

 

 

大きく分けると3種類

 

先程、データベースエンジニアという職種がどんなものなのか、について軽く触れさせていただきましたので、続けて具体的な仕事内容に関してご紹介をしていこうと思います。

データベースエンジニアの業務は、大きく分類すると3種類の業務に分けることができますので、それぞれに関して簡潔にご紹介をしていきます。

 

データベースの開発業務・設計業務

 

顧客から挙げられたニーズや意見を元に、データベースの開発や設計を行う業務になります。

主に、PostgreSQL、MySQL、Microsoft SQL Server、Oracle、 DB2等のアプリケーションを活用して、開発、設計を進めていくケースが多いです。

 

データベースの管理業務

 

データベースを動作させる為の管理を行う業務になります。

長期間、大量のデータを保存する為に必要なストレージサーバーの最適化業務、ストレージサーバーを効率的に活用する為の調整業務、といったハードウェアに関係する業務が多いです。

 

データベースの運用業務

 

データベースの運用に携わる業務になります。

具体的な業務としては、データベースの運用方法を検討、稼働しているデータベースの運用、不正介入やデータの流出を防ぐ為のセキュティ設計、万が一の際のデータのバックアップ等が該当します。

 

その他の業務に関して

 

 

基本的には上記でご紹介した3種類の業務が、データベースエンジニアの主な業務になります。

ですがそれ以外にも、関係各所から挙げられた問い合わせへの対応、データベースに運用上の問題や課題等が無いか関係者間でのミーティングの実施、関係書類の作成や担当者との打ち合わせ、といった業務業務も担当することがあります。

こちらについては、そういったこともあるという参考情報として、認識しておいていただければ良いかと思いますが、念の為ご紹介しておきます。

 

年収はどれくらい?

 

 

平均年収は500~600万円程

 

データベースエンジニアの業務内容を説明し終えたところで、恐らく多くの方が気になっているであろうと思われる、年収に関する話題に入っていこうと思います。

年収に関してですが、当然、経験やスキル等の各条件によって異なってはきますが、平均的には500~600万円位になるケースが多いようです。金額として見ると、IT業界に存在する職業の中では高めに設定されているように感じますね。また、専門的なスキルや知識を有していて、バリバリ活躍をしている人の中には、1000万円を超える高額な年収を手にしている人も存在するようです。

 

高額な年収を手にすることも夢ではない職種ですので、目指してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

参考URL:https://mynavi-agent.jp/it/jobindex/08.html

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

4+

【サーバーエンジニア】仕事内容から必要なスキル、その将来性まで徹底解説!

PCやスマートフォンでインターネットを利用する時、無意識に接続しているのがITサービスを提供するサーバーです。そして、そのサーバーを構築して運用や保守を行うのがサーバーエンジニアと呼ばれる技術者です。今回は、サーバーエンジニアの主な仕事内容や必要スキルを、将来性を含めて徹底解説します。

 

サーバーエンジニアとは

 

ITサービスを提供するサーバー機器は、Webサービスやメール、その他サービスによって必要なミドルウェアが違います。それぞれのサーバーを用途に合わせ、構築から運用・保守に至るまでを手がけるのがサーバーエンジニアです。

また、サーバー構築における最初の過程となるサーバー選定や、用意したサーバーのキッティング、ラックへのマウントやLANケーブルをはじめとした配線の取り回しもサーバーエンジニアの業務範囲に含まれます。

 

ITサービスが稼働する前段階、プログラミング開発が行われる環境構築から始まり、サービス稼働後の運用や保守を行うサーバーエンジニアは、プロジェクトの全体像を把握しておく必要があるのです。

保守作業については、基本的には他のプロジェクトメンバーが休みの時を狙って作業をする必要がありますし、サーバールームに数十時間居続けることが日常茶飯事という現場もあります。

 

サーバーエンジニアの仕事内容

 

それではサーバーエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

 

サーバー選定

 

 

ITサービスを提供するにはサーバーが必要です。サービス内容ある程度決まると、必要スペックを算出してサーバーの選定を行います。

サービス規模にもよりますが、サーバーにはプログラマー達が開発に使うサーバーと、サービスを稼働させる本番サーバーが必要です。

サーバーエンジニアは、開発用と本番用それぞれが滞りなく稼働できるスペックのCPUやメモリーを導き出し、プロジェクトの予算も考えながらハードウェアを選定します。

ですので、サーバーエンジニアはサービスが稼働した時にかかる負荷なども考慮する経験が必要となるのです。

 

ハードウェアキッティング

 

 

サーバー選定を終えて、実際にサーバー機器が手元に届いたらサーバー構築が始まります。

キッティングが終わっていないモノならば、CPUやメモリーを実装するといった作業から、キッティング済みのサーバー機器ならばラッキング(電源やLANケーブルの接続および取り回し)を行います

 

サーバー構築

 

 

キッティングを終え電源を入れたら、次はOSのインストールです。サーバーで使われるOSは主にLinuxですが、Windows Serverの場合は既にOSがインストール済みの場合が多いでしょう。

例えばWebサーバーを構築する場合には、以下のような手順になります。

 

➀ OSのインストール

➁ ネットワーク設定

➂ ファイアウォールの設定

④ Webサーバー(Apacheなど)を含めたミドルウェア設定

⑤ 疎通確認

 

大まかな手順ですが、ここまでを構築してからプログラマーに引き継ぐのが一般的です。

 

サーバー運用および保守

 

 

サービスに必要な開発が終わり本格的に稼働を始めたら、次は状況に応じた運用です。

想定以上にアクセスがあればコンフィグのチューニングが必要ですし、帯域が足りなければネットワーク回線の見直しも必要でしょう。

サービスは定期的にバックアップを世代管理で行いますので、バックアップデータを捌くことも必要になります。

 

何かしらのトラブルがあれば、別サーバーにサービスを逃し、トラブル解決をしなければなりません。

もちろん、全てをサーバーエンジニアだけで行うわけではなく、プログラマーやネットワークエンジニアと連携しながら安定した運用・保守を実現していきます。

 

サーバーエンジニアに必要なスキル

 

それでは、サーバーエンジニアに必要なスキルを具体的に見ていきましょう。

 

ハードウェアに関するスキル

 

 

サーバーの選定から任されるサーバーエンジニアには、ハードウェアに関するスキルは必須です。

それは、CPUやメモリー性能にとどまらず、設置場所(ラック幅など)や電源の確保など、モノの設置にまで及びます。

データーセンターなどを見学し、配線の取り回しなどを学ぶことも一つのスキルとして重宝されるのです。

 

サーバー構築スキル

 

 

サーバー構築スキルには、サーバー機器の物理的な知識やOSについてはもちろんのこと、各サービスに必要なソフトウェア全般の知識が必要です。

代表的なサーバーとしては以下のようなものがあります。

 

・Webサーバー

・メールサーバー

・ファイルサーバー

・FTPサーバー

・プロキシサーバー

・DHCPサーバー

・DNSサーバー

・DBサーバー

 

など。

WordPressを使うようなメディアサービスを行うにはWebサーバーが必要ですし、プログラマーが開発する環境にはファイルサーバーやFTPサーバーも必要になるでしょう。

特定のネットワーク接続が必要なサービスならばプロキシサーバーを建てる必要がありますし、ネットワークをコントロールするためにDNSサーバーを自ら建てる環境も少なくありません。

サーバー機器は1台でも、その中には複数のサーバーを立ち上げ、それらを安定稼働させるのがサーバーエンジニアのスキルです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

6+

【Webデザイナー】仕事内容から将来性まで徹底解説!これから先に求められるスキルまで幅広くご紹介します。

近年IT業界の発展が著しく、ビジネスを成功させるにはWebをうまく利用していかないといけない時代になりました。そんな現代社会でますます需要が高まっているのがWebデザイナーというお仕事です。今回はWebデザイナーとはどんな仕事をしているのか、将来性や求められるスキルまで様々なことを幅広く紹介していきます。

 

Webデザイナーとは

 

 

IT業界の発達とともにWebの重要性も増してきており、一昔前までは新聞などの紙媒体を利用することが当たり前だったのですが、今ではニュースなどはWebを利用すれば素早くほしい情報だけを手に入れることができるなど、アナログな媒体からハイテクな媒体に多くのモノが変わってきています。

日常生活を便利にしてくれるWebは利用者も非常に多いため、ビジネスの世界でもどの産業もWebを有効活用しないとなかなか成功することは難しいという時代になっています。

Webデザイナーは、Webのノウハウがない企業さんがWebを有効活用できるようにお手伝いする仕事です。

では具体的な仕事の例を上げていきます。

 

Webページのデザイン

 

 

Webデザイナーの代表的な仕事に、Webページを魅力的かつ使いやすいページにデザインするというものがあります。

多くの人はWebデザイナーと聞くとこの仕事をイメージするかと思います。

 

Webページは会社や個人を紹介するうえで非常に重要なコンテンツです。

どんなデザインなのかによってその会社や個人のイメージが決まりますし、使いやすいかどうかによって利用してもらえるか、読んでもらえるかも決まってきます。

ロゴ・アイコン・キャラクター・画像などを加工したり、レイアウトを決めていくことでオシャレなWebページを作っていきます。

 

Webページのコーディング

 

 

Webページをデザインすると言っても、ただレイアウトを考えてイラストや画像などを配置していけばいいというわけではありません。

何故なら多くの場合、加工した画像などはWeb用には適さないからです。

一般的にWebページを作成するときは、Photoshopやillustratorを使って加工やレイアウトを作っていくのですが、このデータをそのまま使うとWebページでは表示できないのです。

なので、Webページでも表示できるようにコーディングという作業もWebデザイナーの仕事なのです。

 

スクリプト作成

 

 

スクリプトとは気軽にプログラムを実行できる簡易的なシステムです。

簡単にいえば、ここをクリックすると何が起きるのかというのを設定していく作業になります。

Webページは1ページで終わりという事はあまりないので、この作業もよく行う作業になります。

具体的には、アラートを出したり、新しいウィンドウを表示したりなどを設定していきます。

スクリプトでは色んなことができるので、複雑なものを作成する場合はエンジニアの力を借りる場合もあります。

 

フラッシュ作成

 

 

フラッシュの作成はマウスの動きに合わせてアニメーションを付けたり、動画や音声を流すなどWebページをより華やかにするために必要不可欠な作業です。

グラフィックを加工するスキルと動作を制御するアクションスクリプトというものを書くスキルが必要な工程です。

 

Webデザイナーの働き方

 

 

Webデザイナーの働き方は大きく「インハウス」「制作会社」「フリーランス」の3つに分けることができます。

 

インハウス

 

インハウスとはいわゆる社内Webデザイナーの事を指します。

クライアントから依頼をもらってWebデザインをしていくのではなく、自社のWebページを作成・運用・改善をしていくお仕事です。

一つのサイトを長い目で運用していくので、運用によっての効果を発揮しやすいお仕事です。

好きなジャンルなどのWebページ運用を追求したいという方におすすめです。

 

Geekly Media ライター

4+

【Webデザイナー】仕事内容から将来性、初心者の学習法まで徹底解説!

Webデザイナーという響きから「かっこ良さそうな仕事だな」と思われる方は多いと思います。しかし実際にはどういう仕事をしているのでしょうか?また、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回はその仕事の内容、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのか、勉強法や将来性を解説していきます。

 

Webデザイナーってなに?

 

 

Webデザイナーとは、『Web』領域における『デザイン』をする人のことを言います。その他にも、グラフィックデザイナー、DTPデザイナー、ゲームデザイナーなど、様々な種類があります。

 

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを行ったりすることを生業としています。法人・個人問わず、クライアントから依頼を受けてWebサイトのデザインを行います。

クライアントの期待に応え、クライアントのイメージを形にするために、構成やデザインをしていきます。

 

Webデザイナーの仕事

 

 

簡単に言うと、WebデザイナーはWebサイトを作る人だということはご理解いただけたと思います。

しかし、WebデザイナーはWebサイトの構成やデザインを行うだけではありません。実際には多くの領域を担当することになります。

 

この項目では、Webデザイナーの細かな仕事の内容を紹介していきます。

 

Webページのデザイン

 

 

デザインソフトを用いてビジュアルイメージを作っていきます。「これぞデザイナー!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

一口にWebページのデザインといっても、様々な事柄を検討してデザインをしなければなりません。

 

サイトの大体のレイアウト、メインユーザーであるターゲットを想定したデザイン、見やすさや使いやすさを考えたデザイン、配色、ロゴ・アイコン・リンクボタンなどの位置や大きさなどなど。

 デザイナーは、クライアントの期待に応えられるように、狙いとする効果を得られるようなサイトのデザインを作っていきます。

 

この工程は、クライアントと打ち合わせを重ねながら、サイトのビジュアルを完成させていきます。

当然クライアントの承認を得ないことには、先の工程に進めません。

この工程、実はかなり大変な工程で、何度もリテイク(やり直し)になることもあるので、デザイナー泣かせな工程でもあります。

 

しかし、それ以上にサイトが出来上がったときの達成感や、そのサイトによって効果が得られた時の喜びは、デザイナーとしてやりがいを感じる瞬間だそうです。

 

Webページのコーディング

 

 

Webデザイナーの仕事の一つに『コーディング』というものがあります。コーディング』とは一体何なのでしょうか?

コーディングとは、WebサイトをWebの形式に適するようにする作業です。『HTML』や『CSS』、『JavaScript』という言語を使用して、Webサイトを構成していきます。

 

簡単に言うと、Webサイトを構成するためのプログラムです。

このプログラムがなければ、先ほど作ったビジュアルデザインはWebサイトにはなりません。例えば『HTML』。これはWebページを作るために開発されたプログラム言語です。

基本的にはこの『HTML』でWebページを作るのですが、『HTML』だけでは動きのあるWebページを制作することができないため、『CSS』や『JavaScript』なども用いて動きのあるWebページを制作していきます。

 

『コーディング』もWebデザイナーの仕事の一つではありますが、『コーディング』を専門で行う仕事もあり、『コーダー』と呼ばれたりします。

高度なプログラミングを要するものであればプログラマーが行いますが、簡単なものはWebデザイナーが行うこともあります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+