【Webデザイナー】仕事内容から将来性、初心者の学習法まで徹底解説!

Webデザイナーという響きから「かっこ良さそうな仕事だな」と思われる方は多いと思います。しかし実際にはどういう仕事をしているのでしょうか?また、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回はその仕事の内容、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのか、勉強法や将来性を解説していきます。

 

Webデザイナーってなに?

 

 

Webデザイナーとは、『Web』領域における『デザイン』をする人のことを言います。その他にも、グラフィックデザイナー、DTPデザイナー、ゲームデザイナーなど、様々な種類があります。

 

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを行ったりすることを生業としています。法人・個人問わず、クライアントから依頼を受けてWebサイトのデザインを行います。

クライアントの期待に応え、クライアントのイメージを形にするために、構成やデザインをしていきます。

 

Webデザイナーの仕事

 

 

簡単に言うと、WebデザイナーはWebサイトを作る人だということはご理解いただけたと思います。

しかし、WebデザイナーはWebサイトの構成やデザインを行うだけではありません。実際には多くの領域を担当することになります。

 

この項目では、Webデザイナーの細かな仕事の内容を紹介していきます。

 

Webページのデザイン

 

 

デザインソフトを用いてビジュアルイメージを作っていきます。「これぞデザイナー!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

一口にWebページのデザインといっても、様々な事柄を検討してデザインをしなければなりません。

 

サイトの大体のレイアウト、メインユーザーであるターゲットを想定したデザイン、見やすさや使いやすさを考えたデザイン、配色、ロゴ・アイコン・リンクボタンなどの位置や大きさなどなど。

 デザイナーは、クライアントの期待に応えられるように、狙いとする効果を得られるようなサイトのデザインを作っていきます。

 

この工程は、クライアントと打ち合わせを重ねながら、サイトのビジュアルを完成させていきます。

当然クライアントの承認を得ないことには、先の工程に進めません。

この工程、実はかなり大変な工程で、何度もリテイク(やり直し)になることもあるので、デザイナー泣かせな工程でもあります。

 

しかし、それ以上にサイトが出来上がったときの達成感や、そのサイトによって効果が得られた時の喜びは、デザイナーとしてやりがいを感じる瞬間だそうです。

 

Webページのコーディング

 

 

Webデザイナーの仕事の一つに『コーディング』というものがあります。コーディング』とは一体何なのでしょうか?

コーディングとは、WebサイトをWebの形式に適するようにする作業です。『HTML』や『CSS』、『JavaScript』という言語を使用して、Webサイトを構成していきます。

 

簡単に言うと、Webサイトを構成するためのプログラムです。

このプログラムがなければ、先ほど作ったビジュアルデザインはWebサイトにはなりません。例えば『HTML』。これはWebページを作るために開発されたプログラム言語です。

基本的にはこの『HTML』でWebページを作るのですが、『HTML』だけでは動きのあるWebページを制作することができないため、『CSS』や『JavaScript』なども用いて動きのあるWebページを制作していきます。

 

『コーディング』もWebデザイナーの仕事の一つではありますが、『コーディング』を専門で行う仕事もあり、『コーダー』と呼ばれたりします。

高度なプログラミングを要するものであればプログラマーが行いますが、簡単なものはWebデザイナーが行うこともあります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

【プロダクトマネージャー】仕事内容から求められるスキルまで徹底解説!プロジェクトマネージャーとの違いも解説します!

プロダクトマネージャーという言葉を聞いたことはありますか?近年よく使われるようになってきているプロダクトマネージャーとは、どんな仕事をしている人の事を言うのでしょうか?今回はそんなプロダクトマネージャーの仕事内容から、必要なスキルについてやプロジェクトマネージャーとの違いなどを紹介していきます。

 

プロダクトマネージャーとは?

 

 

近年IT企業を中心にプロダクトマネージャーという言葉をよく聞くようになりましたが、その仕事内容や求められるスキルなどを知っている人は少ないのではないでしょうか?

プロダクトマネージャーは顧客満足度を上げて、最大利益を得るために動く仕事であり、会社の利益を作るために必要なポジションなのです。

ではどんな事をしているのかについて詳しく説明していきます。

 

プロダクトとは?

 

 

プロダクトマネージャーの仕事を説明する前に、まずはプロダクトについて説明していきます。

プロダクトをマネジメントしている仕事がプロダクトマネージャーなので、プロダクトが何かを分かっていないと始まりません。

プロダクトとは直訳すると、製品・商品・生産物などと言った意味を持っており、企業などが顧客に販売する製品の事を指すのが一般的です。

これは車や家具といった形のあるものはもちろんですが、サービスやシステムといった形のないものに対して使われることもあります。

マーケティング用語としては、どのような製品を販売するかを検討し企画開発を進めるという意味を持っています。

 

プロダクトマネージャーの仕事とは?

 

 

プロダクトマネージャーは直訳するとプロダクト(製品)をマネジメント(管理)するとなるので、製品管理をする仕事のように思えますが、それだけではありません。

プロダクトマネージャーの仕事は最初に話した通り、顧客満足度を上げて、最大利益を得る事です。

プロダクトマネージャーの仕事と言うのは、単に製品を管理するというお仕事ではなくどんな製品なら顧客の満足度を上げることができるのか、それをどのように販売していけばいいのか等を計画し実行していくお仕事であり、マーケティング戦略などを立案していくリーダーです。

具体的には、どのように行うかというロードマップの作製・プロジェクトや投資を行う際の戦略上・財務上等の情報・分析を提供するビジネスケースの作成・新商品の開発・市場への投入という製品を販売するまでの上流工程での仕事。

プロダクトのライフサイクル管理やブランド管理・効果的な販売戦略を立てるためのマーケティングといった下流工程の仕事を行います。

プロダクトマネージャーは、このように製品を販売していく際に携わる営業・研究開発・財務・法務と言った様々な部署を取りまとめ方針を決めることが仕事であり、その責任を負う重要なポジションなのです。

 

プロジェクトマネージャーとは違う

 

 

プロダクトマネージャーと似ている言葉に、プロジェクトマネージャーというものがあります。

どちらかというとプロジェクトマネージャーの方が聞きなじみがある人が多いのではないでしょうか?

この2つはプロダクトを世に発信するうえでどちらもとても重要な役割を果たしているのですが、まったく別の役割を持っているポジションなのです。

どのような違いがあるかご存知ですか?

プロダクトマネージャーが顧客の課題解決のためにどういう商品を作るのかという視点でプロダクトにかかわっているのに対して、プロジェクトマネージャーは品質・開発コスト・リリーススケジュールなどに視点をあててプロダクトにかかわっています。

つまりプロダクトマネージャーは「何を作るのか」「なぜ作るのか」という「What」「Why」を求められており、プロダクトマネージャーは「いつまでに」「どうやって作るのか」という「When」「How」が求められるポジションなのです。

 

プロダクトマネージャーに必要なスキルは?

 

 

プロダクトマネージャーになるのに特別な資格は必要ありません。

もちろん持っていたら便利という資格は業界によってあるかもしれませんが、これが絶対必要なものはないですし、逆にこれを持っているからプロダクトマネージャーになれるというものもありません。

しかし、プロダクトマネージャーとして活躍するのに必要なスキルというものはあるので、次はプロダクトマネージャーとして活躍したいなら身に付けたいスキルについて紹介していきます。

 

理解力・考察力

 

プロダクトマネージャーとして活躍するには、理解力と考察力が必要不可欠です。

何故なら、プロダクトマネージャーの仕事は課題解決から始まるからです。

課題解決から始まるという事は、まずその課題についてしっかり理解する必要があり、課題をしっかり理解していないと見当違いなプロダクトを計画することになってしまいます。

また、課題の話をしている人全員が話上手というわけではないので、要領を得ない話し方等をする人もいます。

そのような方と話しても、何を言っているのか、何を求めているのかというのを正確に理解する必要があるのです。

また理解するだけでは不十分で、このままだとどうなってしまうのか、どういう対応が必要なのかといった考察をできる人でないと改善計画を立てることができません。

そのため、理解力と考察力はプロダクトマネージャーに必要なスキルといえます。

 

Geekly Media ライター

データサイエンティストとは?!仕事内容から将来性、勉強法まで徹底解説!

近年、AI(人工知能)の発展と共に、データサイエンティストという職業に注目が集まっています。企業の持つ大量のデータ(ビッグデータ)を整理し分析を行うデータサイエンティストに興味を持たれている人もいるでしょう。そこで今回は、データサイエンティストとはどんな仕事を行うのか、その将来性や勉強方法まで解説いたします。

 

データサイエンティストとは?

 

 

データサイエンティストについて簡単に言うと、その名前の通り、「データを科学する人」です。もう少し詳しく説明すると、データサイエンティストとは、企業が持っている大量のデータを収集し整理し、そして分析することによって企業が実行可能な事業戦略をたて、マーケティングにつなげる仕事です。

 

現在、多くの企業が大量のデータを所持していますが、そのほとんどが整理されていない乱雑なデータです。その中には間違った情報も含まれている場合もありますが、企業にとって非常に重要な情報も含まれています。

 

データサイエンティストは、それらの膨大なデータの整理を行い、企業が事業戦略を立てるために必要な重要なデータを導き出す仕事で、現在のビジネスにおいて需要の高い職種のひとつです。 

 

データサイエンティストの仕事内容

 

 

データサイエンティストは、数学・統計学・プログラミングなどの知識を活かしてデータを整理し分析するのが重要な仕事です。その中には、プログラミング言語を使って文字列データを定量的に分析する仕事も含まれます。

 

例えば、企業が新しいキャンペーンや新規事業を立ち上げようとした場合は、消費者やカスタマーが何を欲しいと思い、どんなサービスを求めているかを考える必要があります。

 

この時、データサイエンティストがプログラミングの知識を活用して過去の消費者の行動に関するデータを取り出し、分析することで、現状の把握と共に新しい事業の方向性を導き出せるのです。

 

このようにデータサイエンティストの仕事は、企業が現状把握し、さらに改善点を見つけ、競争力を高めるために非常に重要な役割を果たします。

 

ところで先ほど、データサイエンティストは企業の持つ大量のデータを整理して重要なデータを導き出すとお伝えしましたが、ただ単にデータを分析して取り出すだけの仕事ではありません。

 

AIの機械学習やディープラーニングを用いた分析方法の把握や、他の部署との連携などもデータサイエンティストにとって必要不可欠な業務です。

 

データサイエンティストの将来性

 

将来企業にとって必要不可欠に

 

 

まだ日本では、データサイエンティストという職業はあまり知られていませんよね。実はアメリカでは、有能なデータサイエンティストが企業において重宝されており、企業からのスカウトも日常的です。

 

AIやIoTの発展に伴い、より大量のデータを取り扱うようになるため、近い将来、日本でもデータサイエンティストは企業にとって必要不可欠な職業となるでしょう。

 

人間らしい「ひらめき」が必要

 

 

ところで将来、AIの発展により単純作業やルーティンワークなどの属人的な仕事がAIに取って代わられると言われています。データサイエンティストの仕事もデータを取り扱う業務が多いので、データの分析・管理が得意なAIに代わられてしまうのでは心配になりませんか?

 

実はデータサイエンティストの仕事は、企業のキャンペーンや新規事業の立ち上げに有用なデータを導き出し利用するので、マーケティングのセンスも必要不可欠です。つまり、現在のAIにはまだ難しい「ひらめき」が重要なのです。

 

そのため、当たり前のようにAIが働く時代がやってきても、データサイエンティストという仕事は人間が創造力とひらめきを持って行う仕事となるでしょう。

 

データサイエンティストに必須のスキル

 

データ分析・統計学の知識は必須

 

 

データサイエンティストは先ほどお伝えした通り、企業の持つ膨大なデータを整理し分析することで、貴重な情報を導き出す仕事を行います。

 

そのため、データ分析やデータ解析、統計学の知識は必要不可欠です。これらの知識があることで、より正確にデータを取り扱えるため、より確実な事業戦略を導くことが可能です。

 

プログラミングの経験は必要不可欠

 

 

近年、ますます多くのデータが企業に蓄積されていくため、機械学習やディープラーニングによる分析方法の確立が必要です。

 

つまり、データサイエンティストには、機械学習やディープラーニングに使用されるプログラミング言語のスキルが求められます。例えば、Python、R、SQL、Hadoopなどのプログラミング言語を取り扱えると良いでしょう。

 

コミュニケーション能力の高さ

 

 

企業内でも部署や部門によって所持しているデータや情報が異なる場合が多いため、データサイエンティストは他部署との連携が求められます。

 

また、データの分析結果をデータ分析やプログラミングの知識がない人にも分かるように説明しなければなりません。

 

そのため、日ごろから意思伝達を積極的に行い、難しい専門的なことを優しく説明できる能力がデータサイエンティストには必要不可欠です。

 

人間らしい創造力とひらめき

 

企業の事業戦略を立てるには、企業の抱える問題を色々な角度からアプローチして改善する能力が求められます。

 

また、毎日決まった問題ではなく、日々異なる問題に直面することも多いため、ありきたりな解決法では解決できません。そのため、データサイエンティストには人間らしい創造力やひらめき、さらに革新的な思考が必要不可欠です。

 

データサイエンティストの勉強法

 

データサイエンティストは、数学やプログラミング言語など、様々な分野のツールを上手に組み合わせて効率的に仕事しなければなりません。そのため、各分野の知識の習得が求められます。では、データサイエンティストになるための勉強法を紹介します。

 

書籍で勉強する

 

 

データサイエンティストを目指して勉強したいと思っても、実際に何から手を付けたらよいか分からないでしょう。その場合は、データサイエンティストの仕事領域を一通り学習できる書籍がおすすめです。

 

データサイエンティスト初心者向けの書籍も多く販売されているので、まずは入門書を手に取り、仕事内容や仕事に必要なスキルを確認していきましょう。

 

データサイエンティストの概要が確認できたら、統計学・プログラミングなど、各分野の書籍を購入し、それぞれ学習していくと良いでしょう。

 

オンライン講座を受講する

 

 

データサイエンティストを目指す人向けに、パソコンやスマートフォンから受講できるオンライン講座が開かれています。

 

プログラミングを学べるオンラインスクールにてデータサイエンティスト向けの講座が開かれていることが多いので、機械学習やディープラーニングなどに使用されるプログラミング言語の学習と合わせて受講すると良いでしょう。

 

専門の大学に通う

 

現在、経済産業省がデータサイエンティスト育成のための整備を進めている段階なので、これからますますデータサイエンティストを生み出すための大学や学部が増えていきます。

 

より専門的な知識を身に着けたい場合は、専門の大学で学ぶことがデータサイエンティストへの近道となるでしょう。

 

最後に~企業の大きな戦力「データサイエンティスト」~

 

 

今回は、データサイエンティストの仕事内容や将来性、勉強法について紹介しました。データサイエンティストは、統計学やプログラミングの知識を活用して企業の事業戦略のヒントとなるデータや情報を導き出す仕事です。

 

気になるけれど、難しそうだなと感じられた人もいるでしょう。しかしデータサイエンティストは、今後ますます企業に求められる将来性のある職業です。

 

今からデータサイエンティストに必要なスキルを身に着けておくことで、きっと企業の大きな戦力となれるでしょう。そして、将来優秀なデータサイエンティストになるために、コツコツと学習を続けていきましょう。

Geekly Media ライター

やまりえ

ヘルプデスクに向いてる人は○○!仕事内容から必要なスキル、能力まで徹底解説!

ITによるサービスを円滑に行うために必要不可欠なポジションがヘルプデスクです。ヘルプデスクと言えばマニュアル通りに対応するといったイメージがありますが、実はだれよりも豊富な知識とコミュニケーション能力が必要であることをご存知でしょうか。今回は、ヘルプデスクの仕事内容や必要スキルを交えながら、ヘルプデスクに向いているのはどんな人なのかを徹底解説します。

 

ヘルプデスクとは

 

 

ヘルプデスクとは、サービスに対する問い合わせに対応する業種であり、IT業界におけるヘルプデスクでは主にIT技術全般のサポートを行います。

ヘルプデスクの業務は幅広く、PC操作や専門性のある知識を基盤とし、問い合わせに応じてスムーズな問題解決能力が必要となるのです。

 

ヘルプデスクの仕事内容

 

ヘルプデスクの仕事内容で最も重要なのは、問い合わせに対して「迅速」に「気持ちよく」対応し、業務に支障をきたしている問題を「短時間で解決」することにあります。

その対象はサービスを提供している顧客や、社内インフラに至るまで様々です。

 

社外向けのヘルプデスク

 

 

サービスを提供する顧客向けのヘルプデスクで、メーカーなどでは主にテクニカルサポートと呼ばれています。

自社製品、あるいは自社が導入した製品に対してサポートを行うことから「社外向け」のヘルプデスクと言えるでしょう。

サポート内容は主に製品のトラブル解決ですが、ほとんどの場合製品に接続されるPCOA機器の操作方法を一から説明し、トラブル解決へ誘導します。

主な問い合わせは以下の通りです。

 

・自社で導入した製品

・トラブルPCの操作方法

・業務に推奨される機器のスペック

 

ITに詳しい社員がいない場合、導入した製品だけではなく、利用しているPCや周辺機器についての問い合わせを受けることもしばしばあります。

 

社内向けのヘルプデスク

 

 

社内向けのヘルプデスクは、主に自社内で利用されるPCOA機器、サーバやネットワークのトラブルを解決します。

主な問い合わせは以下の通りです。

 

・社員用PCのトラブル

・社内OA機器のトラブル

・ネットワークトラブル

・導入したソフトウェアなどのトラブル

・管理している資産状況の問い合わせ

 

社内向けのヘルプデスクは、自社内に導入されているIT機器全般を把握しておく必要がありますが、人数も1〜2人で対応している企業も少なくありません。

また、社内SEが兼任しているケースも多く見られます。

 

一次受けと二次受けの違い

 

 

主に社外向けのヘルプデスクには、一次受けと二次受けがあります。両者の違いは以下のようになります。

 

一次受け:ユーザーから直接問い合わせを受けるヘルプデスク

二次受け:一次受けの問い合わせ内容で、調査が必要な問題を受けるヘルプデスク

 

二次受けに関しては、一次受けよりも専門知識が必要とされ、すぐに解決できない問題を引き受けます。

 

ヘルプデスクに必要なスキル

 

ヘルプデスクに必要なスキルは幅広く、製品知識はもちろんのことハードウェアの知識から問題解決能力、そしてコミュニケーション能力が必須となります。

 

ハードウェアの知識

 

 

ハードウェアの知識については、主にWindowsやMacOSなど、企業が業務に利用する機器全般の知識が必要です。

PCに起こり得るエラーに対して、ある程度の勘が働く程度の知識があるか否かで、トラブル解決までの時間が大きく変わります。

Geekly Media ライター

佐久森

ゲームのシナリオライターってどんな仕事?仕事内容から平均年収まで分かりやすく解説!

ユーザー・視聴者を引き込む必要があるゲーム・ドラマ・アニメなど作るのにシナリオライターは必要不可欠です。しかし、シナリオライターという名前は聞いたことがあっても、実際はどんな仕事をしているのかや平均年収など具体的な事を知らないという方は多いのではないでしょうか?今回はそんなシナリオライターについて具体的に解説していきます。

 

ゲームのシナリオライターとは?

 

 

ゲームをプレイしていて感情を大きく揺さぶられた経験はお持ちでしょうか。

人の心を動かすゲームを作るには、シナリオが非常に重要になってきます。

いくらゲームシステムやキャラデザインなどが良くても、シナリオがいまいちなら感情移入しにくいですし、面白くなくて最後までプレイしてもらうことができないかもしれません。

そのため、シナリオを考えるシナリオライターというのはゲーム等を作る際非常に重要で、ヒットするかどうかのカギを握っている人といっても過言ではないのです。

そんなシナリオライターは実際どんな仕事をしているのでしょう?

 

どんな仕事をしてるの?

 

 

ゲームのシナリオライターはその名の通りゲームのシナリオを考える人の事を指します。

先ほども話した通りシナリオは、ゲームがヒットするかどうかの根幹を支える部分でもあるので非常に重要で責任感が必要な仕事です。

基本的にはゲームのジャンルやターゲットとしている層など、戦略をある程度把握したうえでシナリオを納期通りに提出するというのが仕事です。

ゲームの大まかな展開だけではなく、キャラクターの性格など細かなところまで作りこんでいきます。

また、ゲームのシナリオライターは1本のシナリオを書けばいいというわけではありません。

近年1つのゲームに積み込むことのできるデータ量も多くなってきたこともあり、非常に自由度が高い作りをする物が増えてきました。

そのためサブストーリーをたくさん用意しているゲームも多く、メインストーリーとは関係ない部分のシナリオを考える必要もあります。

主人公の選択によって今後のストーリーが変わってくるというゲームも増えてきており、より感情移入しやすくやりこみ要素も増える点から人気が高いです。

そういうゲームの場合、オープニングは同じでも分岐したストーリーを複数用意する必要があります。

それに伴ってエンディングを複数用意する必要があるため、同時に複数のストーリーを考えないといけないという難しさがあります。

 

高まるシナリオライターの需要

 

 

そんなゲームのシナリオライターの需要が近年高まってきているのをご存知ですか?

シナリオライターは先ほどから離している通り、ひとつのストーリーを考える仕事ではなくキャラの事やゲームシステム等、全体の事を理解していないといけません。

そのため、シナリオライター専属というよりゲームプランナーやディレクターを兼任する場合が多かったのですが、近年は需要子高騰と共に地位も高まりシナリオライター専属でやる方も増えてきています。

ではなぜシナリオライターの需要が高まってきているのか?

それはゲームの自由度が上がった事とスマホの普及が関係しています。

先ほども話した通りゲームの自由度が上がった事により、サブストーリーなどメインストーリーとは関係ない追加要素的な物や様々な攻略ルートを作る必要が出てきたため、その分シナリオライターの需要が高まったのです。

また、もう一つの理由であるスマホの普及により、ソーシャルゲームが爆発的にヒットするようになり、多くの企業はもちろん個人でもゲームをリリースするという時代になってきました。

家庭用ゲームと比べると手軽にゲーム制作に取り組めるようになり、多くのゲームがリリースされるようになった事で、シナリオライターの需要も高まっているのです。

シナリオライターの収入

 

 

ゲームのシナリオライターとして本気で働いていきたいと思っているなら、お金の事も気になりますよね。

ゲームのシナリオライターの年収は働き方によっても大きく異なりますが、平均すると300万円~500万円だと言われています。

もちろん駆け出しでまだ能力もなく、任されるゲームの規模が小さい物だとその年収を下回る場合もありますし、売れっ子と言われるシナリオライターは、それ以上稼いでいる方も沢山います。

シナリオライターのお仕事はゲームがヒットするかに大きくかかわってくるポジションなので、この人に頼めばヒット間違いなしと思えるような人になれればその分収入も増えてくるのです。

シナリオライターとして生計を立てていきたいのなら、名を売って大きな依頼を頂けるようになる事が重要です。

 

シナリオライターに必要な能力

 

 

ゲームがヒットするかどうかにかかわる重要なポジションであるシナリオライター。

では活躍していくにはどんな能力が必要で、どんな人に向いているのでしょうか?

 

文章力

Geekly Media ライター

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。

 

Webディレクターの需要と将来性

 

 

Webディレクターはまだ、新しい職種であり、プログラミングやデザインなどのスキルを所持している人材は豊富に存在しますが、それをまとめるWebディレクターは人材不足です。

今後、同じようなサイトの作成を行う企業が増加した場合には、限られた予算内でより質の高いサイトを作るのが必要になるなど、価格競争が激化します。

最近では、企業がWebサイトを利用して、会社のPRを行う機会が増加傾向にあり、Webサービスを立ち上げたいといった需要も高まると考えられます。

また、今日の日本ではプログラマーやデザイナーの単純業務は、少しずつAIによって自動化されつつあります。

しかし、Webディレクターは、人とのコミュニケーションが重要視されるため、AIによって仕事が自動化されるといった心配ないため、将来性のある職種であると言えます。

 

Webディレクターに向いている人

 

 

コミュニケーション能力が高い人

 

Webディレクターはクライアントからの依頼に応えるために、クライアントとWebプロジェクトのスタッフ全員と考えを統一する必要があります。

また、Webプロジェクトを滞りなく進めるために、コミュニケーション能力が必須となります。

基本的にWebプロジェクトは単独で進めるのではなく、複数のスタッフで構成される場合が大半を占めています。

その複数のスタッフの力をより発揮させるのもWebディレクターの仕事です。それにより、Webプロジェクトの完成度を高くすることができます。

 

責任感が高い人

 

 

Webディレクターは、クライアントと相談し、クライアントからの要望に答えるために、プログラマーやデザイナーに指示を行います。

そのため、プロジェクトメンバーがミスを犯した場合であっても、クライアント側の視点からでは、Webディレクターの責任であると考えられます。

そのため、Webディレクターには一つのミスでプロジェクトが滞らないような対策、スケジュール管理、ミスに対する対応力が求められます。

そのため、Webディレクターには高い責任力が要求されます。

 

Webディレクターのなり方

 

資格は必須ではない

 

 

Webディレクターになるには必須の資格は存在しません。ただし、会社によっては資格を所持しているほうが採用されやすいこともあります。

基本的には、資格がなくても仕事をすることができます。また、特別な学歴もありません。

しかし、Webディレクターは専門職であるため、多少の知識を備えておいた方がスムーズに仕事を進めることができます。

そのために、大学や専門学校に行く方法や実際にキャリアを積む方法があります。新卒として採用された後は、アシスタントやWebデザイナーの経験を積んでいくケースが見られます。

他にも、自身のプログラマーやデザイナーなどの得意分野から実務を勉強していく人も少なからずいます。

 

未経験からでもWebディレクターに!

 

WebディレクターはWebプロジェクトスタッフの統率を取る立ち位置であるため、ある程度の知識は要求されますが、未経験であってもWebディレクターになることができます。

中には、経験者以外にも未経験者を歓迎してくれる会社も存在します。

そのため、応募する際には、Webディレクターに対する意気込みや熱意を面接官に伝えることが重要であると言えます。

また、Webディレクターには上記にも記載しましたが、コミュニケーション能力が求められます。

Webプロジェクトのスタッフ達やクライアントの良い人間関係を築き上げることが重要な仕事となるため、面接の際には人間性をアピールすることも重要だと言えます。

未経験から始めた方は、上司のアシスタントからのスタートするケースが多く仕事を手伝いながら業務経験を積んでいきます。

 

まとめ

 

 

本記事でご紹介したWebディレクターは、まだ新しい職種であり必要な人材も不足している状況です。

Webディレクターになるのに、必要な資格や学歴などは問われることはないため、興味のある方は誰でもなることが可能です。

また、Webディレクターは独立しやすい職業であり、開発チームを自身で作成することで、独立することが可能です。

さらに、フリーのWebディレクターは、副業のような形を取ることで年収1000万円を超えることも可能な職業です。

自身のコミュニケーション能力やリーダシップ能力に自信があるという方は是非Webディレクターを目指してみてはいかがでしょうか。

Geekly Media ライター

ib515