【徹底比較】ITコンサルタント vs PM(プロジェクトマネージャー)!両者の違い具体的な仕事内容まで解説します!

IT業界の業種の中でも重要な職種がITコンサルタントとPM(プロジェクトマネージャー)です。しかし、この違いを理解している人って意外と少ないんですよね。何となーく違いは理解しているつもりなんだけどって場合は注意ですよ!今回はITコンサルタントとPMの仕事内容や年収、違いまでを解説します。ぜひ一読してください。

 

ITコンサルタントとPM(プロジェクトマネージャ)ってどう違うの?

 

 

IT業界にいてもITコンサルタントとPMの違いはちょっと分かりづらいものですよね。意外とネットで検索しても出てこない、もしくは何だか難しい言葉がたくさん出てきて読む気力が出てこないっていうのが素直なところではないでしょうか?そこで今回はITコンサルタントとPMの違いを説明していきます。

 

ITコンサルタントとは?

 

 

ITコンサルタントとは企業が持つ課題や問題をITの知識で解決することを導く仕事をする人です。ITの経験がないとできないだけでなく、経営側と現場側の両方の知識を持たないといけません。非常に多岐にわたり、責任ある重要な仕事の一つと言えるでしょう。

 

年収は?

 

ITコンサルタントは重大な仕事であり年収が2,000万円を超える人もいるほどです。もちろん全てのITコンサルタントがそんなにもらっているわけではありません。dodaが発表した調査によると20代の平均年収は452万円、30代は663万円、40代では814万円となりました。他の業種よりも高く、いかに専門的であるかがわかります。

(参考:https://doda.jp/guide/heikin/syokusyu/

 

ITコンサルタントの仕事内容

 

 

主な仕事の流れとしては下記になります。

 

ヒアリングと分析

 

ヒアリングと分析では顧客の現状や課題や問題を洗い出します。ヒアリング先は主に経営者層と現場責任者層です。双方が感じている問題点や課題についても認識のズレがある時もあり、両者の中間に立って対応する場面もあります。

 

提案

 

提案ではヒアリングと分析の結果、現状のシステムの見直しや新システムの構築、経営戦略まで幅広い範囲でサポートします。ITコンサルタントとして大事なのが提案時のプレゼンテーション能力です。相手の立場に立ちながら、説得力のあるプレゼンをしないと提案時に却下されることもあるので注意です。

 

管理(マネジメント)

 

提案が受け入れられたらプロジェクトを発足し、人員やスケジュール管理などを行い、プロジェクトを成功へと導きます。ただし、ITコンサルタントによっては提案までで自身の担当が終わる方もいるので、管理をしないITコンサルタントも存在します。

 

PM(プロジェクトマネージャー)とは?

 

 

PMはプロジェクトマネージャーであり、その名のごとくプロジェクトを管理する人です。プロジェクトの管理には問題点の洗い出しや計画、チーム編成などがあり一見するとITコンサルタントとの違いが分かりにくいです。具体的な違いは後述しますので、まずはPMの仕事内容から把握しましょう。

 

PMの仕事内容

 

 

PMの仕事内容を項目ごとに説明します。

 

開発計画を練る

 

顧客から相談された内容を元にどのようなシステムを作り上げるのか開発計画を練ります。この段階で大枠部分の開発規模と環境、人員や予算なども明確にします。

 

人材を確保する

 

開発を滞りなく進めるために必要な人材を確保します。開発において必要な技術を持つ人材を選定しチーム発足することで、滞りない開発運営ができます。

 

プロジェクト管理

 

プロジェクトを発足したらメンバーに対して、どんなシステムを開発するのか?目的やスケジュール、個人ごとの役割や必要であれば小規模のチームを作り、チームリーダーも決めます。各チームの細かい進捗はチームリーダーに任せ、一定の間隔で進捗報告を聞き、問題や課題が出た場合は早急に解決するために動きます。

 

他部門との円滑な連携サポート

 

大規模プロジェクトになればなるほど、機能ごとのチームが作られます。しかし、時には機能ごとのチームでトラブルが発生することもあります。そんな時はPMが間に立ち、それぞれの状況や意見を取り入れたうえで最終的な判断を下します。

 

外部の会社との交渉

 

対応するプロジェクトによりますが外部の会社との交渉が必要な場面も出てきます。例えば自社だけでは対応できない部分のシステムを外部の会社に頼んだりするときもあります。外部会社の責任者と綿密なコミュニケーションを図り、予算やスケジュールの把握をし、課題や問題が起きた場合も対応しなければなりません。

 

検証

 

プロジェクトが無事に終わったら、そこで終了ではなく検証を行います。ここでいう検証とはプロジェクトで起きた問題点や課題、改善案を洗い出し、次のプロジェクトをより効率よくさせるのが目的です。検証を丁寧に行うことでプロジェクトに関わったメンバーのスキルアップや意識の改善が見込めるのです。

 

『動画クリエーター』を徹底解説!気になるなり方から必要なスキル、仕事内容まで分かりやすく解説します。

多くの人がスマートフォンやパソコンで動画を楽しんでいる今、動画を制作する「動画クリエーター」という職業が注目されています。自分のアイディアを形にできる動画クリエーターに憧れを感じる人もいるでしょう。そこでこの記事では、動画クリエーターの仕事内容や必要なスキル、またどうしたら動画クリエーターになれるかを紹介します。

 

動画クリエーターとは

 

映像制作に関わる仕事が動画クリエーター

 

 

動画クリエーターとは、動画や映像の制作に携わる職業です。動画クリエーターの中でも職種はとても多く、動画を撮影するカメラマンから動画にエフェクトや効果音をつける編集者まで様々な役割を果たす人が動画クリエーターと呼ばれています。

また、動画クリエーターが活躍するジャンルは主に以下の通りです。

 

・テレビ番組

・映画

・アニメーション

・インターネットメディア

・ゲーム

・ミュージックビデオ

 

これらの中で使用される動画の撮影や編集を行うのが動画クリエーターの仕事です。例えばテレビ番組では、どのように撮影した動画を組み合わせてエフェクトや効果音を加えるのかを考えます。ゲームでは、オープニングシーンやイベント時の映像を制作します。

 

動画クリエーターのやりがい

動画クリエーターの仕事は、企画した内容に基づいてアイディアを出し、映像や音を創り出します。自分のアイディアやひらめきを形にできるのが動画クリエーターのやりがいのひとつです。自分が悩みながら時間をかけて作り出した映像や音を多くの人に観てもらえると嬉しいですよね。

また動画クリエーターは、クライアントが世の中に伝えたいイメージを動画で表現します。クライアントの望み通りのメッセージを多くの人に発信すると、動画を観た人たちから共感を得たりコメントをもらえたりします。

そんな貴重な役割を果たす動画を、自分の手で作り出せるのが大きな喜びでもあるわけです。

 

 

動画クリエーターの仕事内容

 

 

 

動画クリエーターの仕事は、クライアントからの依頼を受けて企画する作業から始まります。そして、企画をもとに制作スケジュールを作成し必要な人材を確保します。

素材となる動画を撮影したら、次は編集作業です。動画をトリミングしてつなぎ合わせ、音楽・効果音を加えます。テレビ番組やYouTubeでよく見るテロップをつける作業も動画クリエーターの役割です。

また、動画にCG(コンピュータグラフィックス)を加える場合は、CG作成ソフトを活用します。主にCGによる動画を作り出す動画クリエーターは、CGクリエーターとも呼ばれています。

 

 

動画クリエーターになる方法

 

 

動画クリエーターの多くは動画・映像制作を学べる大学や専門学校を卒業しています。大学では美術系・情報系・工学系の学部で動画クリエーターを目指せる学科を設置している場合が多いです。専門学校も写真や動画、CG、音楽など動画制作に必要なスキルを総合的に学べる学校が増えてきています。

また、ハローワークの職業訓練でも動画・映像制作やCG制作を学べる訓練コースを用意している自治体も多く、社会人になってからスキルを身に着ける人もいます。動画クリエーターという職種に関しては学歴をそれほど重視しない会社もあるため、スキルさえ身につけておけば誰でも目指せる仕事です。

動画制作スキルの基礎を身に着けた後、映像制作会社やテレビ局、広告代理店などに正社員として就職する人もいますが、未経験であればアルバイトとして入社する人も多いです。派遣社員として、まずはアシスタント業務に就く人もいます。

 

 

動画クリエーターの求人

 

 

動画クリエーターは学歴よりもスキルや経験が重視される職業です。そのため、動画制作の経験もなく、スキルも持ち合わせていない人が動画クリエーターの職に就くのは難しいでしょう。

もしも完全未経験から動画クリエーターを目指すなら、大学・専門学校に通うか、今の仕事を続けながらスクールに通いスキルを身につけるのがおすすめです。

スクールには仕事終わりや土日に通学するタイプや自宅でマイペースに学べる通信教育があります。スクールで学ぶと提携している企業や組織の求人に応募でき、採用されやすいのがメリットです。

動画制作の経験やスキルを持ち合わせているなら、転職サイトや地元のハローワークを活用して自分に合った求人を見つけましょう。

 

テクニカルアーティストを徹底解説!将来性ってあるの?仕事内容から必要なスキル、そのなり方まで徹底解説!

テクニカルアーティストは今やなくてはならない存在として、私たちの生活や趣向を支えています。日常的に利用するスマートフォンですら高いクオリティのグラフィックスが求められるのです。今回は、テクニカルアーティストとは何なのか、その将来性や仕事内容、必要なスキル交えながらテクニカルアーティストのなり方までを徹底解説します。

 

テクニカルアーティストとは

 

 

デザインとプログラムという、両極に見える技術を繋ぐために誕生した職種が「テクニカルアーティスト」です。メディアでは「デザイナーとプログラマーの橋渡し」と表現されることが多いようです。

コンピューターの進化に伴い、デザインとプログラムは密接な関係になりました。ユーザーが利用する機器は、スマートフォンですら一昔前のPCを超える能力を持ちます。ハードウェアのスペックが上がるにつれて、再生されるグラフィックスは高いクオリティを求められるのです。

分かりやすいのは据え置きゲーム機器やスマートフォンのゲームデザインです。昔では考えられないほどの圧倒的な映像で、ユーザーを魅了します。

もちろん、ハードウェアの進化やデザインツールの多様化が支えるクオリティでもありますが、そこには優れたデザインを生み出し、コンピューターで再現するという二つの技術を融合させる「テクニカルアーティスト」の存在があります。

企業によっても担う範囲は様々ですが、プロジェクト内で起こる問題や各分野に別れたチームの相談役としても活躍します。

テクニカルアーティストはプロジェクトの中で、デザイナー、プログラマー、ディレクターなどが実現したい“アート”を生み出すために、ツールの選定や検証、データ仕様などあらゆる“生産管理”を行うポジションなのです。

 

 

テクニカルアーティストの仕事内容とスキル

 

 

テクニカルアーティストの仕事内容は多岐に渡ります。しかし、総合して担う役割は、プロジェクト内で様々な専門分野を持つチームを円滑にサポートし、生産管理を行うことです。

 

仕事内容は生産管理と通訳


 

テクニカルアーティストは、デザイナーやプログラマーの仕事効率化を目指します。自ら新しいツールを検証する作業から、ハードウェアとクオリティのバランスを調整する作業など、幅広いものです。

プロジェクトが進むにつれてデータ量も増えていきます。コンテンツの高いクオリティを実現するため、デザイナーおよびプログラマーと連携したハードウェアの負荷対処も必要です。

新しいプロジェクトメンバーがスムーズに作業を行うには、ツールのオペレーションも含めた効率的な手順を作成しておく必要もあります。

例えばアーティスト側から良い提案があれば、どのように実現するかを考え、プログラマーへ落とし込むのもテクニカルアーティストの重要な役割です。

このような広い範囲を担うテクニカルアーティストは、いわばプロジェクトの生産管理を行うポジションだと言っても過言ではないでしょう。

また、デザイナーとプログラマーでは同じ認識でも言葉にすると専門用語に違いがあります。デザイナーとプログラマーの会話がズレてしまえば効率が悪いどころか、プロジェクトのゴールがずれてしまいます。

ここで通訳を果たすこともテクニカルアーティストの役割です。少しの認識のズレは、後に発覚した場合修正の難易度は上がります。テクニカルアーティストはデザイナーとプログラマーの違いを十分に理解し、お互いの意思を的確にかつ簡素に伝えることが重要です。

 

 

必要なスキル

 

 

テクニカルアーティストは、最低限デザイナースキルとプログラミングスキルの両方が必要です。双方を理解しておかなければ、その調整役は務まりません。それは両側面からの見解を理解する必要があるからです。

また、その他にも以下のようなスキルが必須となります。

 

デザインツールの理解とオペレーション

 

デザインは主にコンピューターによって処理をします。表現したいデザインは全てデータ化され、実現できる最適なツールを使用して実装します。

その際に使われるツールの導入も、テクニカルアーティストの仕事です。検証を重ねることで導入を決定し、詳細なオペレーションを指導します。

 

コミュニケーションスキル

 

絶対的に必要なスキルはもちろんコミュニケーションスキルです。「デザイナーとプログラマーの橋渡し」といわれるポジションでもありますし、プロジェクト全体を効率的に進めるためには不可欠なスキルです。

お互いの意図を汲み取り、言葉にして伝えることが重要な役割ですので、“話す”能力の中でも”簡素に説明する“能力も問われます。

また、専門用語の違いなどを加味して”何をしたら良いのか“を的確に明示する必要がありますし、コミュニケーションスキルはテクニカルアーティストとしても最も重要なスキルのひとつです。

 

 

【知っておきたい!】プリセールスとは?その仕事内容から必要なスキルまで幅広くご紹介します。

プリセールスという言葉自体なかなか聞き慣れないという人も多いと思います。ITエンジニアと営業職とで担当が分かれている企業では、営業担当者がIT技術を詳細まで説明するのには限界があります。そこで営業をサポートするのがプリセールスというポジションです。今回は、プリセールスとは何なのか、その仕事内容や必要スキルを紹介します。

 

プリセールスとは

 

 

プリセールスとは、ITで提供するサービスの仕組みを分かりやすくお客様に説明・プレゼンするポジションで、主に営業職のITに関するサポートを行います。

自社のITサービスを顧客に導入する場合、営業職のIT知識だけではどうしても正確な説明ができないことがあります。

そこで営業をIT知識でサポートするのがプリセールスで、営業先に同行して、お客様に対して分かりやすい技術説明を行う役割を担います。

ITサービスの導入にはそれなりのコストがかかりますので、しっかりと機能を把握した上で購入を決めるのは当然のことですよね。

やりたいことは全て賄えるのか、あるいは想定以上の成果を出してくれるポテンシャルがあるサービスなのかを、プリセールスがITという角度から分かりやすくプレゼンすることで、契約のクローズに導きます。

プリセールスというポジションはなかなか聞き慣れないポジションですが、日本でも大手企業などでは導入されています。もちろん、ITサービスを提供している企業であれば、技術を詳しく説明する必要がありますが、中小企業やベンチャー企業では営業職がプリセールスを兼任することも多いのです。

 

プリセールスの仕事内容

 

プリセールスの仕事内容は「IT知識で営業をサポートする」ことです。

 

営業のサポート

 

 

営業職は自社のITサービスを売り込むために、新規のお客様開拓やルート営業などを行います。様々なアプローチで自社のITサービスに興味を持ってもらい、いかに業務改善ができるかを説明します。

営業職が、ITサービス導入までの土台を作ってくれるわけです。そこでお客様が詳しく知りたいということになれば、プリセールスの出番です。

 

お客様への分かりやすい説明

 

プリセールスは営業に同行して、お客様の前でITサービスの一つ一つの機能について詳しく説明します。お客様の知識に合わせて、できるだけ専門用語を使わずに、イメージしやすい説明を行うことが基本です。

もちろん、IT知識に詳しいお客様であれば、それなりに専門用語を交え、テンポのよい説明を心がけることも重要です。お客様のITスキルを判断せずに、無闇に専門用語に補足をしてしまうと、相手は”バカにされている“という印象をもつかもしれません。そうなれば営業職の足を引っ張るだけですので、相手を見極めるさじ加減も大事です。

 

契約へ結びつける

 

プリセールスの最終的な目的は、サービスを詳細まで理解してもらい、商談を契約に結びつけることです。”ゴールは営業職と同じところ“であることを意識しましょう。

お客様が契約を決めるのは、サービスの詳細が理解できた時、そしてサービス導入後も「この人にならフォローを任せられる」という信頼を得た時です。

 

プリセールスに必要なスキル

 

 

プリセールスに必要なスキルは、もちろんITスキルです。ただし、それだけでは業務を果たすことはできません。”技術”を“お客様”に“分かりやすく””説明する“コミュニケーションスキルとプレゼンスキルが必要なのです。

 

ITスキル

 

ITスキルはプリセールスのベースとなるスキルです。しかも、単にITに詳しいというレベルでは務まりません。機能を細分化して分かりやすい言葉で説明でき、お客様からのITに関する意外な質問にも臨機応変に対応できるスキルまでが必要です。

ITに明るくないお客様には、なぜITサービスが必要なのか、そして業務のどの部分がどの機能によって効率化されるか、などどいった説明を想定しておくことが大切です。

 

【徹底比較!】QA vs テスター!それらの仕事内容から求められるスキルまで、両者の違いを解説します。

ITサービスにおいても高い品質が求められるようになりました。ソフトウェアの品質といえば、バグを無くすためにテスターが活躍していましたが、セキュリティなども含めた全体的な品質保証が必要になったのです。そして今、QAが注目されています。そこで今回は、QAとテスターの違いを、仕事内容やスキルといった観点から解説します。

 

QAとは

 

QAとは「Quality Assuracne」の略称で、品質保証を意味します。また、エンジニアとしては、ITサービスやソフトウェアといった成果物の品質を保証するエンジニアを指す名称です。

QAは、バグが無いことだけを保証するのではなく、ソフトウェアなどにおける開発プロセスやテスト工程、テスト結果の分析、顧客へのサービスなど、成果物に関わる全ての品質保証を担います

ただし、社内のエンジニアポジションとして明確に「QA」という名称を示している企業は少ないかもしれません。テストエンジニアという職種がQAの業務を含む場合もあるからです。これが、QAとテスターの違いが明確に意識できない原因になっています。

QAの重要さが認知されてきたのも近年ですので、掲載されている求人でもQAという名称が使われていない場合も多いのではないでしょうか。

その場合は、「テストエンジニア」や「品質管理」といった文言で検索することで、QAの業務を含む職種を見つけることができるはずです。

 

テスターとは

 

 

テスターとは、システムにおけるテスト項目を実施し、バグがあれば報告する業務を専門とします。

テストには単体テストや結合テスト、総合テストといった段階で、テストエンジニアが作成したテスト項目書をもとに、テストを実行してきます。

主な成果は“バグをなくすこと”です。システム規模が大きければそれだけ多数の項目を検証しなければなりませんし、途中でバグがあった場合には”再現性“を正確にトレースしなければなりません。バグの改修が終われば、もう一度テストを行います。

非常に根気の必要な作業ですが、製品として通用する品質レベルまで上げるためには絶対に必要な工程です。

 

QAとテスターの仕事内容の違い

 

 

QAとテスターの仕事内容が明確に分類できないという人もいます。それは、明確に業務内容が分かれていない企業も多いからです。QAに注目が集まる前は、そのほとんどをテストエンジニアが行なっていました。そして、テストエンジニアとテスターの違いすら意識できない環境も多かったのです。

QAとテスターの仕事内容の違いを簡単に表現すれば以下のようになります。

 

QA:完成した商品が実際の運用に耐えられる品質であることを保証する

テスター:完成を目指す商品の細かな不具合を見つけフィードバックする

 

順番としては、テスターが各工程のテストを実施し、バグのない製品をQAが実運用に近い環境で品質を保証するという流れです。もちろん、テスト設計書の品質に関してもQAが監督し、テスト項目の質もQAが担保します。

 

QAは品質保証

 

 

QAは、ソフトウェアなどの製品の品質保証をするエンジニアを指します。品質を保証するためには、製品が作られる工程もしっかりと監督する必要があります。ですので、品質計画という工程では、テスト設計書が目標とする品質を達成するために適していることも保証する立場にあります。

QAにおいて行うテストは、主に完成した製品の”品質“を試すものです。ですので、納品するお客様の運用環境と同じ条件下で業務に沿ったテストを行います。それは、仕様通りの動作であったり耐久性であったり、あるいはセキュリティレベルの品質を確かめます。

それぞれのテストを経て、品質を保証するのがQAなのです。

 

テスターはテストケースの実施

 

 

テスターは、テストエンジニアが作成し、QAが監督したテスト仕様書を元に作られたテストケースを、項目ごとに実施していきます。

その業務には、単体テストや結合テスト、総合テストまでが含まれ、仕様通りの結果にならないバグを発見した場合にフィードバックします。

テスターはそれら工程を繰り返すことで、製品の質を上げていくポジションです。

ソフトウェアを含むITシステムには、必ずバグがありますので、テスターは必要不可欠な存在なのです。

 

 

【まとめ】ITコンサルタントに求められるスキルを徹底解説!その仕事内容やなり方も含めて分かりやすく解説します。

ITはあらゆる分野に導入され、業務の効率化に貢献します。そして、ITとそれ以外の業務を繋げるには、ITを自由自在に扱えなければなりませんよね。ITコンサルタントはITを利用するスペシャリストです。
そこで今回は、ITコンサルタントとは何なのか、必要なスキルや仕事内容を交えながら、ITコンサルタントのなり方などを解説します。

 

ITコンサルタントとは

 

 

ITコンサルタントとは、ITを自在に扱い、その他の業務に応用することで業務改善を提案するコンサルタントです。

世の中には、まだまだアナログな業務形態が存在しますし、すでにITを導入している企業でも、効率的に使えているかどうかは疑問です。

ITコンサルタントは、適切なITの導入を提案することで、あらゆる分野の企業に対して業務効率化をうながします。

また、ITには明るくないという企業は、ITコンサルタントにコンサルティングを依頼することで、業務の改善を期待するのです。

ITコンサルタントには、IT全般の知識はもちろん、他業種の業務内容の把握やそれに適するITを適切に導入し、体感できるほどの結果が求められるのです。

 

 

ITコンサルタントに求められるスキル

 

 

ITコンサルタントには幅広いIT知識をはじめ、ヒアリングして問題解決まで導くスキルが必要です。

具体的には以下のスキルが挙げられます。

 

・問題解決スキル

・IT技術の応用スキル

・業務の理解

・コミュニケーションスキル

 

問題解決スキル

 

ITコンサルタントが必要になる時、必ず何かしらの問題が起こっています。それは潜在的な業務スタイルであったり、導入したITサービスがうまく活かせないといった問題です。

これらを解決に導くITコンサルタントには、問題解決スキルが必要不可欠です。問題の根本的な原因を突き止め、ITを利用してどのように解決へ導くかを、いくつかのパターンでアプローチします。

問題の原因が、導入したITサービスがそもそも業務に適していなかったり、適したITサービスでもヒューマンエラーによってうまく動いていないということもあります。

この原因を正確に把握するスキルが、ITコンサルタントに求められる重要なスキルです。

 

業務の理解と把握

 

業務の効率化や改善を行うには、業務を深く理解する必要があります。把握する業務は、企業における細かな業務フローを含めた全てです。

夕食の完成までを業務と置き換えてみると、食材の買い物から食卓へのお皿の配置まで全てが業務です。

食材を買うためのお店選定、料理をするための器具調達、一品ずつの料理に使う包丁など調理器具の違い、盛り付けの工程、盛り付けたお皿を食卓へ運ぶルートや配膳の位置、これら全てについて理解し把握するということです。

ITコンサルタントは業務ひとつひとつを分析し、最も効率化を実現できるITサービスと紐づけます。業務工程ごとに別のITサービスが必要な場合もありますし、ひとつのサービスだけで全てをカバーすることが適しているという判断もあるでしょう。

業務の理解と把握ができれければ、問題の根本原因究明は不可能なのです。

 

コミュニケーションスキル

 

ITコンサルタントが始めに取り組むことは、クライアントからのヒアリングです。解決して欲しいことや困っていることを聞くことになりますが、クライアント自身も何をどうしたいのか分かっていない場合もあります

そこで必要なのがコミュニケーション能力です。クライアントとしっかりコミュニケーションを取ることで、要望はもちろん、クライアントが気づいていない問題を引き出すことが重要なポイントです。

クライアントが本当に困っていることに気付けなければ、コンサルティングで結果を出すことは難しいでしょう。クライアントの気持ちとして「たしかに効率化されたけど、なんだか満足できない」という結果をもたらします。

コミュニケーションスキルは、ITコンサルタントとして初歩的であり、最も重要なスキルなのです。

 

IT技術の応用スキル

 

ITコンサルタントは、クライアントの困りごとをITを用いて改善します。クライアントの業務は多岐に渡りますので、適したITサービスを適用するためには幅広いIT技術の知識が必要です。そして、知識を応用することにこそ、ITコンサルタントの真髄を見ることができます。

ITコンサルタントになる人は、IT技術はもちろん、IT業界でどのような最新サービスが生まれているかを常に把握しておく必要があります。単にITに強いでは通用しないのです。常に最新のIT技術を知り、それを様々な分野に応用できるレベルで理解する必要があります。

 

 

ITコンサルタントの仕事内容

 

ITコンサルタントの仕事は、現状分析から業務が改善されるまでを監督することです。アドバイスだけをして終わりというわけではありません。

 

現状分析

 

 

現状分析は、クライアントから現状をヒアリングするところから始まります。それはITを導入したいという状態なのか、ITを導入したけど効果が現れないという状態なのか、クライアントの要件をヒアリングすることで、現状をまとめ分析します。

 

要件整理

 

ヒアリングした要件を整理することで現状の洗い出しと、ひとつひとつの問題点を分析します。問題点からは原因を導き出すことができますので、現状を改善するために必要な改善案の土台となります。

 

業務改善提案

 

 

クライアントが目指す改善を元に、問題点と原因を分析したら、業務改善のための道が見えてきます。方法は1通りとは限りません。様々な視点から問題と原因を検討することで、いくつかの選択肢が見えてくるはずです。

 

 

提案書の作成

 

現状分析によってあぶり出された問題点とその原因から、業務改善を行うための方法を提案書という形でドキュメント化します。これは、問題点とその解決を整理するとともに、クライアントへのプレゼン資料として使用しますので、視覚的にも分かりやすいドキュメントを目指します。

 

データエンジニアを徹底解説!仕事内容から必要なスキル、資格まで分かりやすくご紹介します!

AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の普及により、データエンジニアという職業が注目されています。データエンジニアリング能力を活かし業務を行うデータエンジニアは、ビッグデータが溢れるこれからの社会に不可欠な存在です。この記事では、データエンジニアの仕事内容や必要なスキル、取得すべき資格を紹介します。

 

データエンジニアリングを駆使するデータエンジニアとは

 

 

近年、工場のIoT化が進んでいます。工場のIoT化とは、現場の機械や設備など工場全体をインターネットにつなげること。例えば、機械にセンサを取り付けたり、工場内にカメラを取り付けたりして、工場の状態を監視し、センサから得られたデータを解析することで、工場全体を効率化・最適化することです。

 

そして、その現場でIoTやAIをマネジメントするのが、データエンジニアリングスキルを持つデータエンジニアの仕事。データエンジニアは、現場の状況をよく見て課題を発見します。さらに、課題解決のためにどのようにデータ環境を整えていけばよいのかを考えるのが、重要な仕事です。

 

データエンジニアとデータサイエンティスト

 

 

データエンジニアはただビッグデータを取り扱うだけではなく、現場における課題を考え、適切な課題解決方法を導き出します。そして、データエンジニアが設計したIoT化された工場からは、常に膨大な量のセンサデータやカメラからの監視データがデータベースへ蓄積されていきます。

データベースへ蓄積されたビッグデータを解析し、価値ある情報を引き出すのは、データサイエンティストの仕事。データサイエンティストとは、企業が所持している大量のデータを処理し分析することで、企業にとって重要な情報を導きだす職業です。

データエンジニアは、データサイエンティストに必要なデータを提供する重要な役割を果たすのです。

 

データエンジニアの仕事内容

 

データエンジニアは、現場における課題解決のために、データを活用してどのように現場に役立つ仕組みを作り出すのかを考える仕事です。では具体的にどのような仕事内容なのかを紹介します。

 

工場の運転を行うIoT・AIのマネジメント

 

 

工場では従来、1人の運転責任者が複数の運転作業員を指揮・管理していました。しかし近い将来、工場のIoT化・AI化によって、運転作業員が必要なくなるとも言われています。では、誰が工場の運転を行うかというと、IoTまたはAIです。

そして、工場を動かすIoTとAIを指揮・管理するのがデータエンジニアの仕事です。データエンジニアは、自社の事業目標を達成するため、最適なIoTまたはAIを実装して、工場のマネジメントを行います。

 

機械学習の精度を高める

 

アプリケーションに機械学習のプログラムを実装するのもデータエンジニアの仕事。例えば、ECサイトで利用する商品写真を分類するために機械学習を取り入れ、その精度を高めて分類できる種類を多くするという業務があります。

どのように機械学習における分類の精度を高めていけば、よりユーザーがECサイトを使いやすくなるかを考え、工夫するのもデータエンジニアの重要な業務です。同時に、データサイエンティストが分析しやすいデータ環境を構築していきます。

 

データエンジニアに必要なスキル「データエンジニアリング力」

 

データエンジニアが現場で活躍するために、必要なスキルの一つが「データエンジニアリング力」です。データエンジニアリング力とは、データサイエンスを駆使してサービスやアプリケーションにデータを活用した機能を実装するスキルのこと。

主に、クラウドサービスの知識、プログラミングスキル、フレームワークの知識がデータエンジニア力です。以下で、これらについて詳しく解説します。

 

データエンジニアリング力①クラウドサービスの知識

 

 

クラウドサービスとは、データやソフトウェアをインターネット上でユーザーに提供するサービスです。現在では、ビッグデータ分析の構築場所をクラウド上に設定している企業も増えてきています。

そのため、クラウド上のデータを活用し分析するためには、クラウドサービスに関する知識が必要となります。

 

データエンジニアリング力②プログラミングスキル

 

データエンジニアは、ビッグデータを取り扱うので、業務効率化のためにAIや機械学習をプログラミングするスキルが必要です。特に、機械学習に使われるPythonやRといったプログラミングスキルの習得は不可欠

ビッグデータの中にはテキスト、数字、画像や音声など様々な種類のデータが存在します。そこで、プログラミングスキルを持っていることで、様々な種類のデータを分析可能な形式に加工できます。そして、加工したデータを処理することで重要なデータが導き出せるのです。

 

データエンジニアリング力③フレームワークの知識

 

 

フレームワークはアプリケーションのベースとなるソフトウェアです。その中でも機械学習フレームワークは、機械学習やディープラーニングを行うために重要な役割を果たします。そして、フレームワークは世界中で数多く開発されています。

そのため、ある問題を解決するためにどのフレームワークを用いたらよいかをデータエンジニアは理解しておく必要があります。フレームワークを用いることでアプリケーション開発も容易に進められるので、数あるフレームワークの知識をしっかりと身に着けておきましょう。

 

アートディレクターを徹底解説!気になる仕事内容から必要なスキル、なり方まで分かりやすくご紹介します。

キャラクターなどのデザインはアニメやゲームだけではなく、ビジネスや地方創世活動などにも必要不可欠になってきています。そのようなデザインを具現化するのに必要なアートディレクターという仕事があるのを知っていますか。今回はアートディレクターの仕事やなるための方法や必要なスキルなどを紹介していきます。

 

アートディレクターとは

 

 

アートディレクターとはどんな仕事かというと、イメージを具現化する際の指揮をとる責任者の事です。

具現化する指揮をとるといっても、自分でデザインを行うというわけではなく、「こんなデザインを広告で使いたい」「こういうイメージをアートで伝えたい」など、クライアントがイメージしている物を把握しデザイナーやコピーライターなどに分かりやすく伝える事で具現化していきます。

 

クライアントとデザイナーの間に入って、クライアントが思い描いたイメージ通りのデザインを作れるようにコントロールしていくお仕事で、ADと略されることもあります。

基本的には一切デザインにかかわらないお仕事ですが、中にはデザインも自分で行う兼任アートディレクターという人もいます。

では実際にはどのように仕事をしているかについて紹介していきます。

 

アートディレクターの仕事とは?

 

 

アートディレクターは先ほど話した通り基本的にはクライアントとデザイナー等の間に入る仕事なので、仕事の始まりはクライアントにイメージを聞くことから始まります。

 

「どのようなデザインがいいのか」「何を伝えたいのか」など、クライアントがどんなものを望んでいるのかをしっかりヒアリングして、そのプロジェクトに必要なデザイナーなどのスタッフをアサインします。

デザインの方向性を決めるためにラフデザインを複数作成して、クライアントがイメージしたデザインとのすり合わせを行い、方向性が決まったら実際に作成をしていきます。

その間は、クライアントへの経過報告や修正指示を頂くなどフォローをするというのがアートディレクターの仕事です。

 

アートディレクターの年収は?

 

 

デザインを形にする際の舵をとるアートディレクターの平均年収は転職会議がとった統計によると460万円だと言われています。

参考:「転職会議」https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/112

 

アートディレクターと一緒に仕事をする事が多いグラフィックデザイナーの平均年収は同サイトで325万円とされているので、実際に具現化するデザイナー職よりもクライアントのイメージをヒアリングして、デザインの方向性を決めていくというそのプロジェクト全体に関わり責任を持って行動するアートディレクターの方が高い年収をもらっています。

もちろん、有名なデザイナーになるなど個人としての評価が高くなってくれば年収が逆転する場合もありますが、アートディレクターはデザイナーに指示を出す立場になる事が多い職種なのでこのような年収になっているのです。

 

アートディレクターに向いている人は

 

 

そんなデザインの方向性を左右する重要な立場であるアートディレクターに向いている人とは、どういう人だと思いますか?

 

コミュニケーションをとるのが好きな方

 

 

アートディレクターは名前にアートがついている事もあってデザイン系の職種に見えますが、実際は人とのかかわりが非常に重要になってくる仕事で、営業にも近い仕事なのです。

 

デザインの方向性を決めるには、クライアントにどういう希望があるのかというのを細かく聞くことが必要になってきます。

また、聞いた希望やデザインの方向性をデザイナーの方に分かりやすく伝える必要があります。

この2つができていないと、イメージと全然違うデザインが出来上がってしまうのでクライアントが納得いく提案をする事が難しくなっていまいます。

 

また、クライアントの中にはイメージが固まっていない方もいらっしゃるので、そういう方に対してどのようにコミュニケーションをとってイメージを固めていくのかというのも非常に重要なポイントになります。

 

デザインが好きな方

 

 

先程営業にも近い仕事と言いましたが、やはりデザインなどアートが好きな方でなければ務まらない仕事です。

漠然としたイメージや言葉からデザインの方向性を決めていくお仕事なので、自分である程度デザインをイメージできる方でないとクライアントとのデザインイメージのすり合わせができませんし、方向性も決めることができません。

また、デザイナーにラフデザインを描いてもらう時には自分でサンプルを描いてから渡さないといけない場合もあるので、デザインに対して知識や能力がないと難しい仕事です。

 

Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

ゲームサウンドクリエーターを徹底解説!仕事内容からなり方、有名ゲームサウンドクリエーターまで幅広くご紹介します!

ゲームは大人から子供まで多くの人がプレイすることができる娯楽として人気が高いです。そんなゲームを作るうえで音楽というものは欠かせない要素の一つとなっています。今回はゲームサウンドクリエーターの仕事内容やなり方など様々なことを幅広く紹介していきます。ゲーム製作に興味がある方は最後まで読んで是非参考にしてみて下さいね。

 

ゲームサウンドクリエーターとは

 

 

音楽は聴くことによって気分を上げることができるなど、感情に大きく影響を与えることのできるコンテンツです。

それはゲームでも同じで、きれいなグラフィックで良い物語であっても音楽がないと盛り上がりに欠けますし、感情移入をしにくいです。

また、音楽だけにかかわらず効果音などのサウンドがないとリアリティーのあるゲームを作ることができないので、ゲームの世界に没入できるようなハマるゲームを作成する事は難しいです。

 

そのため、ゲームで使われるテーマ曲やBGMはもちろん、効果音まで様々なサウンドを作成していくサウンドクリエーターはゲームの世界観を演出するうえで、非常に重要な仕事を任されるポジションであるといえます。

 

仕事内容は?

 

 

そんな重要なゲームサウンドクリエーターですが、具体的な仕事内容は依頼をされた内容に沿ってクライアントやゲーム制作にかかわる様々なスタッフと打ち合わせを重ねて、作曲や効果音を手直ししながら作成していきます

手がける音は、メインテーマなどはもちろん挿入歌などのBGMや物が落ちた音などの効果音など長いものから短いものまで多岐にわたるので、ひとつのゲームを製作するうえで作成する音が100を超える事も珍しくないという大変なお仕事です。

また複数のゲームを掛け持ちして同時進行する事も多い仕事です。

会社員として働いている場合は、基本的なイメージを社内で考えてサウンドクリエーターがそのイメージを音にするという仕事の仕方をする場合もあります。

 

作曲家との違いは?

 

 

様々な音を作曲するお仕事と聞いて、作曲家というお仕事を思い浮かべる人は多いと思います。

そんな作曲家とゲームサウンドクリエーターの違いがあるかと言えばあまりありません。

なぜならゲームサウンドクリエーターは作曲家の中のジャンルの一つと言えるからです。

作曲家というのは歌手が歌うような音楽の作曲やドラマのBGM、オーケストラが演奏するような曲の作曲など幅が広いです。

ゲームサウンドクリエーターというのは、その作曲家の中でもゲームの中で使うような音楽を作曲するのに特化した仕事なのです。

 

そのため、ゲームサウンドクリエーターではなく普段はクラシック音楽などを作曲しているような作曲家がゲーム音楽を作成している場合もあります。

 

ゲームサウンドクリエーターの年収は?

 

 

ゲーム制作において世界観を構築する重要なポジションであるサウンドクリエーターは、自分が関わったゲームがヒットするかどうかにも大きく影響を与える仕事なので、社会現象を自ら発信することができる可能性もあるやりがいのあるお仕事です。

そんなやりがいがあるサウンドクリエーターですが、実際働くとなったらやっぱりやりがいだけではなく、どれくらい稼ぐことができるのかを知っておくことは重要だと思います。

様々業界の平均年収をまとめている平均年収.jpというサイトによると、サウンドクリエーターの平均年収は505万円とされており、月収は約31.5万円であると書かれています。

同サイトで年代別年収の推移も発表されているのですが、それによると50代前半に年収のピークが来るとされており個人差もありますが、平均的な年収のアッパーは600万円程度です。

 

もちろん人気があるサウンドクリエーターは、依頼も増えますし1作品の単価も上がるので600万円以上稼ぐ人もおり、1000万円以上稼ぐサウンドクリエーターもいるという夢のある仕事でもあります。

参考:https://heikinnenshu.jp/creative/sound_c.html