APIについて徹底解説!気になるWeb APIとの違いから実際の使い方まで分かりやすく説明します。

近年、実際に運用を想定したプログラミングを行う上で外す事が出来ないのがAPIの導入です。しかしAPIもプログラムの作り手が正しく理解していなければ、その効率を上手く引き出す事が出来ないばかりか思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。今回は特によく聞くWebAPIとの違いや実際のAPIの使い方を解説していきます。

 

APIとは?

 

 

APIはApplication Programming Interface(アプリケーション プログラム インターフェース)の略称です。プログラムとソフトウェアを繋ぐ物という意味合いで使われる事が多いIT用語です。

少し噛み砕いた言い方をするととあるソフトウェアの機能の一部を公開して他の人でも利用出来るようにした物という言い方をする事が出来ます。

APIの機能自体はより深く追求していけば再現は可能である場合がほとんどですが、それには膨大な時間がかかり、プログラムもより複雑になっていきます。

APIを利用する事で該当するプログラムを簡略化でき、より見やすく使いやすいサービスを提供しやすくなります。

 

WebAPIとの違いは?

 

 

近年APIというとWebAPIと広義ではほぼ同義のように使われています。しかしより細かく分類するとAPIという分野の中の1つの括りがWebAPIという括りです。

APIはあくまでもプログラムとソフトウェアを繋ぐ物であるのでライセンス制であるなど一般には公開されていない物、またWebを介さない導入なども含めています。

例えばパソコンの機能自体を動作させるWindowsAPIなどはWeb上で動作するわけではない為、APIではありますがWebAPIには含まれません。

しかしWebAPIはより汎用的に一般的な人でも使えるようになっていてWeb上で公開され、Web上で動作しているのが明確な違いでもあります。

またプログラム言語的にはAPIは利用の際にAPI側の言語に合わせた設計をする必要がある場合もあるのに対し、WebAPIの場合はWebAPIと異なる言語でも使用出来るようになっている場合がほとんどです。

 

利用者にとっても身近な存在と言えるWebAPI

 

 

プログラムをする側にとっての説明は言葉にすると難しいですが利用者の視点に立ってみるとWebAPIの方がより身近なサービスで利用されている事が分かります。

例えば近年一般にも浸透し普及しているSNSとの連携機能をもたせる事は一番分かりやすいWebAPIの使用例です。ログイン機能や写真の共有などは今では多くのWebサービスに取り入れられています。

ログインを求める際にSNSのアカウントでもログインしておくようにするにはそのSNSを運営する会社が提供するWebAPIを利用する必要があります。

 

APIを利用するメリット

 

開発の効率化・開発コストの大幅な削減

 

 

APIの利用の大きなメリットの1つが開発の効率化にあります。全てのプログラムを1から作ると相応の時間がかかりますがAPIを利用する事でAPIを使用する部分のプログラムをする必要がなくなります。

開発が効率化出来るという事はその分、開発コストを抑える事にも繋がります。APIの種類にもよりますが無料で公開されているものも多いので利用を続ける事によるコストもありません。

また開発が効率的に行えれば残りの時間でよりサービスを便利にしたり、別の開発を行ったりと幅広い対応が出来るようになります。

 

セキュリティ面の向上

 

 

大手のサービスのAPIを使ったログイン機能の実装などの利用方法は自社でログイン機能を作るよりもセキュリティ面でも利用者の安心感が高くなります。

もちろんAPIでの他サービスで入力した情報の利用には利用者に許可を求める必要があります。

 

利用者にとっても便利

 

 

APIの導入は利用者にとってもメリットが大きいです。

特に色々なサービスで利用されるログイン機能はAPIを導入して他のサービスなどでも入力した情報を取得してくれるのであれば利便性が上がり結果的にサービスを利用する人の増加にも繋がります。

また使い勝手がサービスによって変わらない事で利用者が新しく覚える事を軽減させる事が出来るのもAPIを導入した際のメリットとなり、継続利用の可能性を高める事にも繋がります。

 

APIを公開するメリットは?

 

 

もちろんAPIを公開する側にもメリットはあります。APIを利用してもらえるだけで自社のサービスを知ってもらう機会が増えますし、使用データの総量を増やす事ができます。

使用データが増えればそれだけ細かい分析が行えるのでより利用者にとって有効な新たなサービスを提供出来るようにもなります。

また類似のサービスが増える事でより特化した物や汎用性に優れたサービスが増え、結果的にサービス全体の利用者が増える事を狙うという意味合いもあります。

 

APIを使うのに必要な知識

 

 

本格的なプログラムの知識が無くなても、最低限のHTMLやCSSの知識を有していれば利用出来るWebAPIもあります。

WebAPIの利用は簡単な物であれば最低限のHTMLやCSSの知識があれば本格的なプログラムの知識が無くなても利用出来る物もあります。

APIの多くは利用方法や条件を記した仕様書も同時に配布しているのでそれらを読んで理解出来るだけの知識があればその仕様書に従って埋め込むだけで動作するAPIも存在しています。

しかしそのAPIを利用してさらなるサービスへと発展させていく場合にはよりプログラム的な知識が必要になります。

特にAPIの中には特定の言語での利用が利用条件になっている場合もあるのでそうなってくるとその言語の知識は必須といえます。

またAPIの配信する形式にもいくつかの方式があるのでそれらの方式に対しての導入方法なども抑えておく必要があります。

APIを利用する際にはまず必要な条件や知識を確認した上で導入するのがおすすめです。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

9+

『Docker』のメリット・デメリットを徹底解説!気になる使い方もわかりやすく解説します!

開発を進める上で『OSや環境によってプログラムが動作しないことがある』問題は必ずついてきます。Dockerはアプリケーション作成・デプロイ・実行を簡単にするツールのため、上記の問題を解決するのに役に立ちます。Dockerのメリット・デメリットを抑えてしっかりと理解しましょう!またWindowsでの使い方も紹介します!

 

Dockerについて

 

クジラのアイコンが特徴のソフトウェアDocker はコンテナ型の仮想化サービスです。

コンテナ型の特徴・Dockerと仮想マシンの違いを簡単に紹介します。

 

Dockerとは?

 

 

コンテナとは一般的な意味では『(内部に物を納めるための)容器』ですが、ここでのコンテナ型とは『ソースコードやそのすべての依存関係をパッケージ化するソフトウェア』を示します。

つまり、ユーザが作成したコンテナ(ソースコードや環境)をDockerという移送手段を用いて他のパソコンにまるっと展開することができます。

コンテナ内はDockerの管理下に存在しており、その中ではアプリケーションやライブラリ、ミドルウェアなどをそれぞれ管理します。

 

どんなときにDockerを使うのか

 

 

リリース当初はアプリケーション開発時に使用する用途がほとんどでした。

その理由はOSやバージョン違いの動作に素早く対応できデプロイの速度を上げられるからです。

しかし最近ではDockerの実用性に高い評価があり、開発時だけではなくコンテナの環境をそのままテストや本番環境として利用されるケースが増えています。

 

仮想マシンとの違いは?

 

 

よく比較されるサービスとしてVMwareやVirtualBoxなどの仮想マシンが挙げられます。

大きな違いとしてDockerが仮想化するのは『コンテナ』で仮想マシンは『OS』を仮想化します。

Dockerは1つのOSに対して多数のコンテナを管理するため多数のOSを管理する仮想マシンと比較して軽量で速いです。

また、コンテナ作成に必要なリソースは少ないため導入が簡単ですぐに開始することができるので開発の密度を高めることができ、同じハードウェアでより多くのサービスを実行できるためコストを削減できます。

しかし、同じカーネル上で実行することの副作用として仮想マシンよりも分離度が低くなります。

要は実行しているOSに依存度が高いということです。

 

Dockerのメリット①  簡単に環境構築

 

 

今までの開発は同じ環境を別のマシンで再現するためには多数の手順があり、操作ミスや手順の記憶違いなどのヒューマンエラーで開発を遅延する可能性がありました。

Dockerは環境がまるっと提供されるので少ない手順で同じ環境が構築できるためよりスピーディーで正確に同じ環境を再現することができます。

 

Dockerのメリット②  軽量でスピーディーな開発

 

 

コンテナは軽量のため、立ち上げる速度は一瞬です。

それと比較して仮想マシンはOSをいくつも立ち上げる必要があり、処理自体がかなり重いです。

コンテナはメモリやディスクの消費量を少なく抑えた状態で仮想化できます。

これにより、立ち上げるスピードも圧倒的に早くなり開発に集中できます

 

Dockerのメリット③ ハードウェアの資源削減

 

 

コンテナのサイズは非常に小さく、一つの物理サーバに多数のコンテナを稼働させることができます。

その結果、物理サーバを購入するコストが削減されます。

 

Dockerのメリット④ 共有化されたシステム

 

 

Dockerの特徴はコンテナだけでなく、共有化サービスの『Docker Hub』があります。

『Docker Hub』を通してインターネットを通じて世界中の開発者の成果物を入手したり、成果物をアップロードすることができます。

優れたプログラマが作成したイメージを効率よく、活用する仕組みが整えられています。

 

Geekly Media ライター

バスコ

4+

転職経験者が教える転職エージェントの使い方!転職エージェントを賢く使い倒すためのポイントを徹底解説!

初めての転職は右も左も分からないもの。そんな時は転職エージェントを利用してみましょう。無料で使えるだけでなく、面接対策や応募書類の添削をしてくれるサービスも。今回は実際に転職エージェントを利用して一部上場企業への転職を成功させた筆者が、転職エージェントを賢く使い倒すためのポイントを余すところなくお伝えします!

 

そもそも転職エージェントとは?

 

 

求人紹介や自分の市場価値といった情報を提供してくれる

 

世の中には多くの転職サイトがあります。

しかし実際に希望条件を入力しても求人がずらーっと出てくるだけで、一体どこに応募したら良いか迷ってしまいますよね。

その点転職エージェントは、自分の希望業界・業種に詳しいエージェントの方が自分の志向に合った求人を厳選して紹介してくれます。

そのため、自分で検索するよりも短時間で効率的に求人情報の収集が可能

更に自分の市場価値を教えてくれるというメリットもあります。

 

面倒な応募企業との日程調整などを代行

 

仕事をしながら転職活動を並行して行うのは結構大変。

転職エージェントを使えば、面倒臭い企業との調整作業を全て任せられます

例えば応募書類の送付や面接日程の調整、更には給与交渉まで依頼可能。

煩雑な事務手続きを殆ど全て行ってくれるため、忙しい社会人でも時間を取られることなく転職活動をすることができます。

 

基本的には全てのサービスが利用無料!

 

エージェントによりますが、全てのサービスが無料のところが圧倒的に多いです。

なぜ無料かと言うと、成果報酬型を採用しているため。

つまり転職エージェントに相談しに来た求職者が実際に企業に入社すると、その企業から成果報酬をもらう仕組みになっています。

そのため求職者がサービスの利用料を払う必要は一切ありません。

ちなみに成果報酬は初年度の年収のおよそ30%。

例えば転職エージェント経由で初年度の年収が500万円で入社した方がいた場合、企業はエージェントに150万円を支払うことになります。

 

転職エージェントの利用方法

 

まずはWEBサイトに登録する

 

 

転職エージェントを使うと決めたら、まずはエージェントサイトへ登録をしましょう。

実際にホームページに飛ぶと面談希望者専用の登録フォームがあり、そこに氏名などの情報を入力します。

 

面談日が決まったら事前書類を作成する

 

登録後すぐ~約2日以内にエージェントから直接連絡が来ます。

電話の場合が多いようですが、繋がらなかった場合はメールでも連絡をくれるところが多いです。

内容は主に面談日時の調整と面談前書類の準備について。

面談日時については、自分の都合の良い時間を3つほど送ります。

実際に私は複数のエージェントを利用しましたが、面談日については平日・土日問わず10:00~20:00スタートで、所要時間が1時間半のところが多かったですね。

また面談前の書類は主に履歴書・職務経歴書・アンケートです。

それぞれ必須ではありませんが、作っておいたほうが紹介求人の精度が高まります

特に履歴書・職務経歴書に関しては面接では必須書類のため、時間に余裕があればこのタイミングで作っておきましょう。

 

面談ではこれまでの経歴を深堀りされる

 

面談ではコンサルタントが1名付き、持参した履歴書や職務経歴書をもとにこれまでの経歴について詳しくヒアリングされます。

また年収や残業時間などの働き方の希望も訊かれるため、面談前にある程度希望条件を固めておいたほうが良いでしょう。

その後これまでの経歴や希望条件をもとに紹介求人の説明を受けます。

実際に応募してみたい企業があればその場で応募も可能。

いったん家に持ち帰って応募を検討することもできます。

この面談ですが、面接ではないため過度に緊張する必要はありません

エージェント側が求職者の許可なしに話した内容を企業に伝えることは禁止されているため、自分の希望をありのまま話しても大丈夫です。

 

実際に転職エージェントを使ってみた感想

 

企業との調整で神経をすり減らすことがない

 

 

筆者である私も、実際に転職エージェントを使って転職を成功させた1人です。

当時は仕事が忙しく終電で帰る日も多かったため、エージェントの方が面接の調整をしてくれたのは非常に助かりました。

企業との調整って想像以上に面倒臭いんですよね。

メール文面は丁寧に書かなくちゃいけないとか、仮に選考を辞退する場合もなんだか怒られそうだったりして・・・。

その点エージェントは企業との間に立ってくれるので、こちらも変なストレスを貯めることがありません

私は担当コンサルタントの方に調整を全て丸投げしていました。

 

Geekly Media ライター

heytaku7

2+