マーケティングオートメーションとは?事例とともに、基礎知識から徹底解説します!

近年IT技術の発達によりどんな工業・産業にもIT環境が必要不可欠になってきており、それに伴いより確実なデータ収集ができるようになったため、マーケティングの重要性が改めて説かれています。今回はそんなマーケティング手法の一つであるマーケティングオートメーションについて事例とともに基礎知識から解説していきます。

 

マーケティングオートメーションとは?

 

 

近年マーケティングの重要性は見直されてきており、マーケティングがうまくできていない企業は激しい企業競争に勝っていくことができないと言われています。

特にマーケティングオートメーションは、効率的に仕事を進めていくのに非常に有効なツールなのでしっかり理解しておきましょう。

 

マーケティングオートメーションの定義

 

 

マーケティングオートメーションはMAとも呼ばれ、日本では2014年頃から頻繁に導入されるようになってきたマーケティング手法です。

マーケティングを行う意味は、顧客のニーズと自社のサービスが合致しているかをチェックするためでもあります。

顧客のニーズを知り、顧客ごとの興味関心に合ったサービスを提供することで長期的な関係を構築することができます

 

しかし、数万・数十万の顧客を抱える企業にとって顧客ごとのマーケティングを個人で行う事は困難です。

マーケティングオートメーションは、そういう個人では行えないような膨大な作業を自動化しマーケティング施策の測定を行う事で、マーケティングの効率を上げていく仕組みを構築することができるのです。

 

注目される理由

 

 

マーケティングオートメーションがなぜ今注目されており、必要とされているのか?

それには色々と理由はありますが、大きな理由の一つに営業手法の主流がアウトバウンドからインバウンドに変化してきていることがあげられます。

現代はインターネットの普及により誰もが情報を探しやすく提供しやすい環境が整っています。

そのため、企業側が個人にアプローチをかけるアウトバウンドより、ターゲット層にまとめて呼びこみ顧客の情報を得るインバウンドの方が効率的で成果が上がりやすくなってきています。

 

効率的かつ大人数に呼び掛けることができるということは、それだけ情報量も増え処理しなくてはいけない作業も増えます。

膨大なデータを人が処理していくというのは現実的ではありません。

そのためデータ処理やマーケティング施策の測定ができるマーケティングオートメーションが注目されているのです。

 

マーケティングオートメーションの機能

 

 

膨大なデータの処理やマーケティング施策の測定をする事で、マーケティングの手助けをしてくれるツールという事は分かっていただけたと思います。

では具体的にどういう機能があるのかについていくつか紹介していきます。

 

WEBパーソナライゼーション

 

WEBパーソナライゼーションとは、ユーザーの行動履歴などからその人がどういうものを欲していて、どういう傾向にあるユーザーなのかというニーズを把握し個人にコンテンツを提供していくと言ったものです。

例えば化粧品を売ろうと思っている時に不特定多数の人に紹介するという方法ではなく、女性ユーザーやプレゼントを探しているユーザーなどにめがけて紹介したほうが効率的ですよね。

 

このようにユーザーごとに情報を整理し、提供するコンテンツをカスタマイズすることができます。

 

メールマーケティングの効率化

 

サービスを顧客に紹介する方法にメールというのもあります。

そんなメールでの紹介活動において重要な事はトップ画面で興味を引くことです。

日々いろんなメールが送られてくる中で詳細まで読んでもらうには、トップに表示される件名が各ユーザーにとって有益である必要があります。

マーケティングオートメーションでは、ユーザーごとの特性を測るためのA/Bテストというのを簡単に実施できるので、効率的なサービス紹介をしていくことができます。

 

見込みが高い顧客の抽出が可能

 

マーケティングオートメーションには、顧客情報をスコアリングする機能がついており、スコアを元に、見込みが高い顧客を抽出することが可能です。

見込みが高い顧客のみを抽出することで効果的な引継ぎができるので、営業の効率化になります。

 

スコアは、

 

・自社の業界やサービスが顧客に合っているか判断する「適合度」

・自社のサイトへの訪問数などから判断する「関心」

・実際購入ページまでいっているのから判断する「購買ステージ」

 

上記の3つから総合的に判断してスコアリングされます。

 

Geekly Media ライター

0

「サーバーの仮想化」ってどういうこと?今更聞けない基礎知識から徹底解説します!

私たちがPCやスマートフォンでインターネットを利用する時、必ず接続しているのがサーバーです。サーバーにはサービスを含め様々な種類がありますが、もっと大まかに分類すると物理サーバーと仮想サーバーに分かれます。今回は、サーバーの中でも「サーバーの仮想化」について、サーバーの基本的な知識を交えながら解説します。

 

サーバーの仮想化とは

 

仮想化と聞いても、その概念がなかなかイメージできない人も多いと思います。一般的に浮かぶのは、広く無機質なフロアーに黒いロッカーボックスが並び、数え切れないほどのケーブルが配線されている部屋のイメージではないでしょうか。

もしそのようなイメージを持っているならば正解です。正確には、そのロッカーボックスの中に何台もの機器が綺麗にラッキングされています。そして、その機器がいわゆる「物理的サーバー」です。

手で筐体を組み立てることができ、ラックに設置した後に電源ケーブルやLANケーブルを配線するという、物理的に設置するサーバーなのです。

対して、これらの物理的サーバーに「仮想化ソフト」をインストールし、そのソフトウェア上に稼働させるいくつものサーバーを「仮想サーバー」と呼びます。ですので、サーバーの仮想化を実現するには、最低一つの物理的サーバーが必要というこということですね。

 

仮想サーバーの利用

 

仮想サーバーは現在、あらゆるITサービスで利用されています。ソフトウェア開発会社などの企業内でも、コンシューマー向けのレンタルサーバーでも用いられているため、仕事でもプライベートでも、それと意識することなく仮想サーバーに触れていることになります。

 

開発サーバーで利用される

 

 

仮想化技術が利用されるシーンとしてはまず、サービスの開発サーバーが挙げられます。IT技術者が最も仮想化されたサーバーに触れる場所ではないでしょうか。

開発サーバーに仮想化技術が用いられる背景としては、サーバー機器のコスト削減はもちろん、複数の実行環境を1台のサーバー機器で賄えることが挙げられます。

例えばこれまで、複数のプロジェクトがあれば、プロジェクトごとにサーバー機器を購入し、プロジェクトの数だけサーバー機器の構築・運用・保守をしなければなりませんでした。

しかし、1台のサーバー機器の中に、プロジェクトの数に応じた複数のOSを載せることができれば、運用も保守も実質1台のサーバー機器に集約することができ、効率的なサーバー運用が可能になるというメリットがあるのです。

サーバーが仮想化されているのか否かを開発者が意識することは無いかもしれませんが、それを支えるITインフラ技術者(サーバー技術者など)は、環境が効率よく運用されるために、サーバーの仮想化を決断するはずです。

 

レンタルサーバーで利用される

 

 

インターネットの一般ユーザーが最も意識できる仮想サーバーは、レンタルサーバーを契約する時でしょう。

個人的なブログなどを、独自ドメインの取得から行う人はおそらくレンタルサーバーの選定もするはずです。もちろん、サーバー機器そのものをレンタルするプランも存在しますが、ほとんどは仮想サーバーをレンタルしています。

仮想サーバーならば、1台の機器にいくつものサーバーを稼働させることが可能ですので、複数のユーザーへのサーバー提供も、サーバー機器1台で行うことができます。

このように、日常的に使っているサーバーの半数以上は、現在サーバーの仮想化によって成り立っているのです。

 

サーバーを仮想化するメリット

 

ここまでで、サーバーを仮想化するメリットはだいたいイメージできたかもしれませんが、より具体的なメリットを紹介していきます。

 

コスト削減

 

 

サーバーの運用において、大幅なコスト削減を実現する方法の一つが「サーバーの仮想化」です。

特に、多数のサーバーを稼働するプロジェクトやサービスにとっては、その数に比例してサーバー機器自体を増やすことは現実的ではありません。

ですので、サーバー機器やそれに付随する周辺機器のコスト削減方法として、1台のサーバー機器の中に必要台数分の仮想サーバーを立ち上げ、運用します

 

リソースの節約

 

 

サーバー機器という個体を稼働させるには、電源ケーブルやLANケーブル、設置するスペースはもちろんのこと、搭載するCPUやメモリーなどのリソースが必要です。

仮想サーバーでは、一つのサーバー機器のリソースを共有します。仮想サーバーの台数に関わらず、利用するリソースは同じものを使うのです。

これらリソースの使い方に関しては、仮想化を実現するためのソフトウェアでもある程度制御してくれますが、手動でのチューニングを行うのもサーバーエンジニアの重要な役割です。

 

効率的なサーバー構築が可能

 

 

 

1台のサーバー機器を必要台数分構築するためには、筐体のキッティングからラッキング、OSのインストールや必要サーバーの構築を、全てのサーバー機器に施す必要があります。

しかし、基本的なサーバー構築を一つ行えば、類似するサービス用に“OSごとコピー”して、再利用することも可能なのです。もちろん、OS環境もそのまま複製できます(IPアドレスなどの細かい設定は必要です。)

10台のサーバー環境を構築する場合を考えても、サーバー構築が如何に効率的に行えるかがわかりますね。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

要件定義って何をするの?基礎知識から、具体的な流れまで分かりやすく解説します!

ITシステムは、要求定義や要件定義、そしてプログラミングからテストを得て、ようやく運用に至ります。その中でも、システム開発の最初の一歩となる要件定義は、これから作るプログラムにとって重要な基盤なのです。そこで今回は、「要求定義」の基礎知識から具体的な流れまでを分かりやすく解説します。

 

要件定義の基礎知識(要求と要件の違い)

 

システム開発を行う上で「どうシステム化するのか」を決めるのが要件定義です。システム開発は、ユーザー求める要求を要件へ落とし込むところから始まります。

まれに混同してしまうのが「要求」と「要件」です。

要求と要件は似ていますが、明確に違う部分があります。それは要求定義が「アナログ」なものと定義するならば、それをITシステムという「デジタル」に変換するのが要件定義です。

それぞれはドキュメントという形で残されるのが一般的です。

 

・要求定義:要求定義書

・要件定義:要件定義書

 

要件定義は、お客様の要求定義をいかにシステム化していくかを定義する、いわばシステム開発の土台となるものです。

ですので、要求にある細かな動作や、それに伴ってユーザーが行いそうなエラー動作までを想定して、ひとつひとつをプログラムの動作でイメージしなければなりません。

要件定義は、システム開発の上流工程に位置します。様々な種類のプログラミング言語を知ることや、豊富なプログラミング経験が活かされる業務です。

 

上流工程と下流工程の定義

 

上流工程は設計

 

 

システム開発では、要件定義から詳細設計までを上流工程と言います。これは、システム構築に用いられるウォーターフォールモデルから取られたもので、システムの作り始めを上流、システム構築完了までを下流と言い、滝をイメージした用語です。

システム開発では、要求をどのようにプログラミングすべきか、あるいは実現するためにはどのような手段があるのかを明確にイメージするスキルが必要です。特に経験による“勘”が重宝されます。

ユーザーが欲しい機能を提供するために最適な言語や、オペレーションの流れを想定し、「要件定義書」から「システム設計書」を完成させなければなりません。

 

下流工程はプログラミングからテストまで

 

 

下流工程では、仕様書を基にプログラミングによるシステム実装を行います。また、機能ごとに行う単体テストから、全体を通した総合テストなども下流工程に含まれます。

上流工程をこなすエンジニアは、下流工程での豊富な経験が基盤です。下流工程での経験が多いほど、様々なパターンや手法を明確にイメージできるようになるのです。

 

要件定義の具体的な流れ

 

ユーザー要求のヒアリング

 

 

企業では、よりユーザーに近い部署が営業を行い、ユーザーからの要求をヒアリングしてくるところからシステム案件が始まります。もちろん、システムエンジニアが営業を兼任する企業も多いのですが、そこでユーザーの要求をシステム要件へ変換していくのが要件定義の始まりとなります。

ユーザーが目指すのは、これまで手作業だった業務のシステム化や、既存システムの変更などです。これらの要求を正確に把握し、細かく的確にイメージすることで、具体的なシステムの全体像を把握します。

 

要求の細分化

 

 

システムの全体像が把握できたら、実際のプログラミングにおける機能のひとつひとつを、細分化して要件としてまとめていきます

ユーザーの業務フローの詳細を把握し、全てがひとつのシステムとして動くように、実装すべき機能を洗い出していきます。ユーザーの要求や業務フローにおいて、取りこぼしが無いように配慮しなければなりません。

また、要求内容の全てをシステム化できるとは限りませんので、要件定義の時点で切り分けをしておく必要もあります。

機能範囲が明確でなければ、ここから始まるシステム開発の途中で“仕様バグ”として、大きな手戻りを発生させてしまうことになります。

最悪の場合、プロジェクトの失敗を招く元凶となってしまいますので、細かいところまでユーザーとのすり合わせが必要です。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

CRMとは何?メリット・デメリットはある?今更聞けない基礎知識を徹底解説!

今回はCRMについて解説をしていきます。CRMとはどういったものなのかご存知ですか?あまりにも当たり前なものになっているため、「今さら聞けない」という方も多いのではないでしょうか?この記事では、CRMとは一体どういったものなのか、基礎知識やそのメリット、デメリットなどについて徹底的に解説していきます。

 

CRMとは?

 

 

まずは基本中の基本である「CRMとは何か」というところから解説をしていきます。

 

顧客管理のシステム

 

『CRM』とは、Customer Relationship Management(カスタマーリレーションシップマネジメント)と言って、簡単に言うと、顧客との関係性をマネジメントするシステムです。

日本語に訳すと顧客関係管理といいます。

企業と、顧客との関係性を管理するシステムであるということを理解してください。

 

CRMは単なる顧客の情報管理ではない

 

基本情報以上の管理が可能

 

 

顧客管理というと、顧客の基本情報を管理するシステムだと思われる方が多いと思います。

しかし、CRMはそれ以上の情報を管理できるシステムです。

基本情報とは、氏名、住所、電話番号といった、住所録的なイメージを持たれているのではないでしょうか?

しかし、住所録なら、エクセルなどで管理すればいいだけで、システムにする必要はありません。

 

CRMは、住所録的な働きだけではなく、購買履歴や、商談の内容、好みなどの細かな情報を管理することができます。

その細かな情報をもとにして、クライアントのニーズに則したアプローチが可能になります。

 

単なる顧客管理のシステムではなく、マーケティングが可能になる顧客情報管理システムになります。

 

CRMのメリット

 

 

CRMの概要、そしてCRMが重要なシステムであるということはご理解いただけたと思います。

 

しかしここで、「重要なのは分かったけれども、具体的にはどんなメリットがあるの?」という疑問が生まれてきます。

この項目では、CRM導入のメリットについて、解説していきます。

 

効率的な営業活動が可能

 

 

一番大きなメリットと思われるのは、『効率的な営業活動が可能』ということです。

顧客の情報を細部まで管理できるCRMは、顧客のニーズを把握することができます。

購入履歴なども管理されているため、いままでの履歴から、顧客の欲求を分析し、その分析結果に基づいてプロモーションを行うことで、非常に効率的な営業活動が可能になります。

 

手がかりもなく、がむしゃらに営業すると、当然、無駄足も増えます。

働き方も見直されている現代では、がむしゃらに営業することは、時代に逆行する手法といえます。

「下手な鉄砲数打てば当たる」みたいな営業手法では、非効率すぎて、営業個人としても成果をあげれなかったり、企業としても業績不振に陥りやすくなります。

 

顧客の情報を管理することが、企業の業績向上につながると言えます。

それだけでも、大きなメリットがあります。

 

顧客情報を一元管理が可能

 

 

CRM導入前の顧客の情報は、住所録的なものを除き、基本的には担当者がより詳しく把握していました。

というよりも、担当者しかきちんと理解できていないというほうが、正しいでしょう。

システムを使うことで、こうした属人化を避け、顧客の情報を一元管理することができます。

 

また、部署をまたいでの顧客管理をすることで、顧客の情報を引き出すことができて、営業以外にも活用が可能になります。

例えば、顧客のニーズを分析することで、顧客が望む製品の開発を進めることができたりします。

 

その他にも、イベントやセミナーの情報を開催する際にも、どのようなイベントを望んでいるのか、どのようなセミナーを開催することで集客が望めるのかなどを検討することができます。

 

このように、顧客情報を会社全体で一元管理することで、会社全体の利益を高めることができます。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

0

【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

Webマーケティングとは一体なに?

 

Web上で製品を買ってもらうための活動

 

 

Webマーケティングという言葉は、『Web』と『マーケティング』という言葉がつながった言葉です。つまりは、Web上で、マーケティングをするということです。Webという領域に関しては、ご存知の通り、『インターネットにおいて』ということになります。

 

では『マーケティング』という言葉の意味が分かれば、Webマーケティングという言葉について理解ができるということになります。

マーケティングとは、製品を購入してもらうための活動です。わかりやすく言うと、宣伝や市場調査などのことを総称して『マーケティング』といいます。

Webマーケティングとは、Web上で製品を購入してもらうための活動のことを言います。

 

Webマーケティングの重要性

 

インターネットが当たり前になったから重要

 

 

現代の買い物び方法は、大きく分けて2つの方法があります。

お店に行き、実物を見て購入する方法と、インターネットのサイト上で購入する方法です。

上記の方法は双方にメリットがあります。

 

お店に行き買い物をする方法は、実物を見て買い物できるという点がメリットです。イメージとのズレを少なくして、購入後の不満を減らすことができます。また、専門知識を持っいる店員の方に直接聞くことができ、不安を解消できます。

 

インターネットのサイト上で購入する方法は、荷物を自宅まで届けてくれるという点がメリットです。また、購入したいときにいつでも購入できるという点でも店舗で買い物するよりもメリットがあります。

 

ただ、近年需要が増えているのは、インターネット上で購入する方法です。

総務省が発表したデータによりますと、ネットでの取引などをはじめとした電子商取引は毎年その市場が大きくなっており、その成長の余地も計り知れないものになっているとのことです。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html

 

インターネットが当たり前になっている現代において、ネットショッピング市場は拡大していくと予想されます。そのため、これからのマーケティングはWeb上での活動を無視しては行えないということが読み解けます。

 

Webマーケティングって何するの?

 

 

『Webマーケティングとは、どういうものなのか』についてはご理解いただけたと思います。では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

宣伝や市場調査などということは理解できたのですが、実際にどうすればいいのでしょうか。

また、Webマーケティングの目的とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

まずは基礎知識から 目的は集客

 

 

Webマーケティングの最大の目的は『集客』です。

 

例えば、販売促進用にホームページを制作したとします。製品を売れる仕組みも作ったし、そのホームページもオープンしたということで、準備は完璧です。しかし、ホームページにアクセスしてくれる人がほとんどいません。これではせっかく作ったホームページも、意味を成しません。

 

ホームページを作るということも、Webマーケティング活動の一環ですが、最大の目的は『作ったホームページにアクセスしてくれる人を増やす』ということになります。

いわゆる『集客』です。

この集客が、Webマーケティングの最大の目的となります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

5+

ERPを徹底解説!導入するとどんなメリットがある?今更聞けない基礎知識!

ITシステムの一つERP。よく耳にするシステムの一つだとは思いますが、皆さんERPのこと説明できますか?「基幹システムの一つだということは理解しているけど…。」という方は多いのではないでしょうか?今更恥ずかしくて聞くことができないという方のために、基礎知識と導入のメリットを紹介します。

 

基幹システムと業務システムの違い

 

 

ERPのことを理解するために、まずは業務システムや基幹システムについて理解していますか?

業務システムや基幹システムと深いつながりがあるため、知っていないとERPについて知ることが大変になります。

というわけで、ERPのことを説明する前に、業務システムと基幹システムについて理解していただきたいと思います。

それでは業務システムとはなにか、基幹システムとはなにか、説明していきます。

 

業務システムとは

 

簡単に言うと、顧客管理システムや在庫管理システムなどのことです。

人が業務を行うときにその業務を効率的に行うためのシステムのことを業務システムといいます。

もちろんその他にも、販売管理や生産管理などのシステムも含まれます。

一例です。

営業担当者は顧客の情報を管理するのに、会社で挿入されている顧客管理システムを使うことで、社内の人間が一元管理することができます。

営業担当者が外出中に顧客から急なトラブルがあり、助けてほしいと連絡がきたとき、社内の人間がその顧客のことを知らずに、その対応ができないとなってしまったら顧客は怒りますよね。

単なる外出であればまだ対応できるかもしれませんが、その営業担当者がインフルエンザになってしまった場合は全く対応ができません。

その他の社内の人間が顧客の情報を理解して、代理で対応をすることが企業の業務を効率的に行うことで、業務をサポートしてくれます。

このように、業務をサポートしてくれるシステムのことを業務システムといいます。

 

基幹システムとは

 

では基幹システムとはどういったものなのでしょうか。

基幹システムとは様々な業務システムを一元管理しているシステムのことです。

もっと詳しく言うと、顧客管理、在庫管理、生産管理、財務管理、購買管理、販売管理など、企業の業務における基幹となる部分を一つのシステムで管理しているシステムです。

基幹システムが出る前は、各部署が各々業務に必要なシステムを導入して、個々に管理をしていました。

しかし、業務には様々な部署の連携が必要になってきます。

そのたびに、各々のシステムに同じような項目を入力しなければならないという手間がかかっていました。

また、人の手で入力する機会が増えてしまうことで、人的ミスも多くなってきていました。

そういった問題を解決するために開発されたのが、業務システムを一元管理できる基幹システムというものになります。

基幹システムは業務システムの一つの種類であり、業務システムを包括しているシステムです。

 

ERPとは何?

 

 

業務システムと基幹システムについては理解していただけたと思います。

ERPとはいったい何なのか。

まず、業務システムの中の一つのシステムが基幹システムであり、その基幹システムの中の一つのシステムだと思ってください。

 

ERPは経営を手助けする考え方のこと

 

 

ERPは、『Enterprise Resources Planning』の略です。

企業の経営には『ヒト・モノ・カネ』がなくては成り立たないとされています。

企業の資源と言われているものです。

その資源を有効に活用する計画を立てることを『Enterprise Resources Planning』、略してERPといいます。

簡単に言うと企業経営を効率的に行うための考え方のことを言います。

ただ、ERPが浸透した現在においては基幹システム=ERPという考えは間違っていませんが、システムのことを指すというよりは、概念的なものだと理解してください。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

SSP・DSP・DMPって何?デジタルマーケティングの基礎知識を分かりやすく解説します!

近年マーケティングの重要性が高まってきており、どんなサービスも適切なマーケティングができていないと最大限の効果を得ることが難しい時代になっています。今回はそんなマーケティングをする上で何かとよく聞く、SSP・DSP・DMPとはどういうものなのか、デジタルマーケティングの事について説明していきます。

 

デジタルマーケティングとは?

 

 

デジタルマーケティングとは、オムニチャンネルを通じた宣伝・PRと収集した膨大な消費者の行動データなどから、行動予測や興味を持つポイントなどを分析しより効率的で効果的な販売戦略をたて、マーケティングをする手法の事を言います。

オムニチャンネルとはインターネットが発達してできた言葉で、お店などに直接購入する方とインターネットで購入する方で分けていた戦略を見直すために、両方から取ることができるデータを分けて考えるのではなく、時にはデータを合わせて考えてどのチャンネルにも活かし、最適なサービスを届けていくという手法の事をいいます。

店舗でしか買わない、ネットでしか買わないと言った線引きがあまりなくなり、効率的な方で購入する方が増えたため必要になった考えだといえます。

 

Webマーケティングとの違い

 

 

Webを利用したマーケティングにWebマーケティングというものがあり、デジタルマーケティングと同じだと考えている人もいますが、実は少し違います。

WebマーケティングはWebに特化したマーケティング手法で、Web上でユーザーの行動を観察し、どのようにアプローチをかければ購買に繋がるかをユーザーごとに分析していくマーケティング手法です。

しかしデジタルマーケティングはWebも利用しますが、リアルのイベントや店舗販売などWebではない部分でのデータも併せて活用するマーケティング手法なのです。

つまり、Webマーケティングとはデジタルマーケティングをする際のWeb分析の部分のみと言った形になるのです。

 

デジタルマーケティングの重要性

 

 

ではそのデジタルマーケティングがなぜ重要視されているかについて解説していきます。

それはやはり先ほども言った通りWebの普及があげられます。

Webが普及したことにより今までは、店舗に行って商品の事を聞き購入するという1パターンの購買パターンだったのが、購入前にネットで商品の情報を収集する・ECサイトで購入する等、ネットの世界を利用しての購入やネットの世界だけで完結できる状況が生まれました。

そのため店頭での宣伝だけでは消費につながりにくい状態にあり、Webの世界での宣伝などの重要性が増したのです。

 

スマホの普及

 

 

Webの普及の中でもスマホが普及したことが、デジタルマーケティングの重要性を大きく高めました。

スマホが普及したことにより、誰もがどこでも様々な情報を取り入れることができるようになりました。

そのため、店舗で商品を目の前にしてスマホで価格比較や商品の口コミなどを見ながら購入を検討するというのが当たり前になっていますし、実店舗が開いていない夜中の時間でも簡単に商品が購入できます。

このようにスマホの登場によりWebが人々の生活と密接になり、実店舗での販売にも直接的に関係してくるようになりました。

つまり店舗で取れるデータだけではなく、デジタルで取るデータも活かさなければ消費者に有益な情報を送ることが難しくなってきたのです。

また、Webの存在が密接になったという事は、それだけWeb上にユーザーのデータが集まるようになったわけなので、Webでのデータを使えばより効率的に高精度な分析が可能になりました。

効率的で高精度な分析ができるデータなら使わない手はないですよね。

 

SSPとは?

 

 

ではデジタルマーケティングの重要性が分かったところで、今回の本題でもあるSSP・DSP・DMPの解説をしていきます。

まずはSSPについてですが、これはSupply Side Platform(サプライ サイド プラットフォーム)の略語でインターネット広告媒体の収益最大化を目的としたツールです。

自分のWebサイトの広告枠をいくらでどんな相手に売りたいかを設定しておけば、より収益性の高い広告が自動で配信され運用コスト削減に繋がります。

 

仕組み

 

SSPの仕組みとしては、先ほど話した通り広告枠をいくらでどんな相手に設定をしておくと、連携するDSPを通じて広告入札のリクエストを送ってくれます。

DSPについては後で改めて説明するのでここでは詳しい説明を省きますが、そのDSPの中から最高入札額かつ、自身が設定した最低入札額を上回る広告主の広告が掲載されるというシステムです。

 

活用法

 

活用法としては、広告の最大収益を効率的に得るために活用するというのが一番の方法ですが、人気がなく広告単価が低い広告枠を特定の広告主にめがけて公開することで、お互いにメリットがあれば広告枠単価のアップを図ることにも役立ちます。

 

Geekly Media ライター

4+

go言語ってどんな言語?どんな時に使う言語?未来はあるのか?基礎知識を徹底解説!

プログラミング言語はいくつか存在しますが、その中でも今人気が急上昇している言語が、goという言語です。Googleを始め多くの企業で採用されており、プログラミング初心者でも覚えやすく、簡単に複雑なプログラムを作ることが可能であるとして知られています。今回はそんなgo言語の基礎について解説します。

 

人気のgo言語とは何か

 

オープンソースのプログラム言語

 

 

プログラミングについて何もわからない人にとっては、go言語と聞いてもわからないものです。

go言語はオープンソース、つまり、プログラミング文字列が無料で公開されており、自由に修正や改造をすることができるプログラムで使用されるオープンソースプログラミング言語の一つです。

言語であるため、JavaやC言語などと同じ種類です。

基本的な性質はプログラミング言語において有名なJavaやC言語と似ており、ウィンドウズはもちろん、AndroidやiOSでもサポートされているなど、使うことができる場所もかなり幅広いです。

ゴーファーというマスコットキャラのおかげもあり、ここ最近人気が急上昇しているプログラム言語です。

 

Google生まれ?

 

そんなgo言語ですが、実はGoogleが開発したプログラム言語なのです。

実際にGoogleの開発システムの一つにこのgo言語が使用されているプログラムもあり、信頼性の高さもしっかり保証されています。

問題解決にフォーカスされたバランスの良い言語であるとして、Googleはもちろん、その他の企業でも採用されることが増えてきています。

goという言語はそのままgo言語と呼ばれていますが、その他にもgolangと呼ばれていることもあります。

goという言葉のみの場合、英語で行くという意味があるなど、意味が広く存在しているため、ということもありますが、ドメイン取得の際にgoでは取得できなかったため、golangになった、ということも言われています。

 

go言語の特徴は?

 

複雑なシステム構築などに強い

 

 

ではgo言語の特徴はどのようなものがあるのか、ということになりますが、最大の特徴として、複雑なシステムや、軽さが求められる並列処理やマルチコアなプログラムに強いという特徴があります。

最近ではゲーム用のサーバーやアプリ開発が盛んであり、そのようなシステムに強い言語というのは、複雑なシステム開発においては必要不可欠です。

Googleはもちろん、多くの企業のサーバーやアプリでも、このgo言語を用いてプログラミングされているプログラムなども多くあり、いずれのシステムも安定して稼動しているので、安心感が違います。

 

初心者でも簡単にできる

 

 

go言語のもう一つの特徴として、初心者でも簡単にプログラミングができるということです。

構文についても簡単なものばかりであり、基本的な文法などについても、JavaやC言語と一緒であるため、かなり簡単に、複雑なシステムを構築することができます。

go言語のプログラミングに関するツールなども充実しており、コンパイルを実行する必要はありますが、その際にエラーコードなどが一気にわかるようになっているため、間違えている箇所などを見つけたり、修正するときも簡単にできます。

 

go言語の活躍する場所

 

サーバー構築

 

go言語は実際にどのような場所で活躍しているのか、ということになりますが、その活動範囲はここ最近広がりつつあります

特にサーバー構築においては、go言語を使用すると表明している企業が増えてきており、日本のブログサービス大手のはてなや、ストレージサービスで有名なDropboxも使用しているなど、企業からの人気も高いです。

クラウドストレージや、オンラインゲームなど、サーバーが必要となる場面が増えてきており、そのような場面において構築が簡単であり、それでいて複雑なシステムに強いgo言語というのは、これからのサーバー構築のプログラミング言語の新常識となるはずです。

 

アプリ開発

 

 

go言語の活動場所は、サーバー構築だけではありません。

アプリ開発の分野でもgo言語は使われています。

有名な企業であれば、フリマアプリで知られるメルカリや、ニュースアプリで有名なグノシーも、サービスの一部でgo言語が使われています。

アプリ開発と聞くとかなり大変なことに聞こえますが、最近では個人でも手軽にアプリ開発ができるようになっています。

そしてそのきっかけの一つであるgo言語でアプリを開発するという人もかなり多いのです。

本格的なアプリ開発を考えている人は、ぜひgo言語を使ってみましょう。

 

Geekly Media ライター

どーばー

3+

SaaS、PaaS、IaaSの違いとは?いまさら聞けない基礎知識を徹底解説します!

ネットワーク技術が確立された現代、開発環境の構築やWebサービスに必要なインフラはクラウドサービスで提供されるようになりました。このようなサービスは「〜 as a Service」と呼ばれ、使い分けることで最適な環境を効率的に導入することができるのです。そこで今回は、「SaaS」「PaaS」「IaaS」の違いを確認しながら、それぞれの基礎知識を徹底解説します。

 

SaaS、PaaS、IaaSは全てクラウドサービス

 

 

SaaS」「PaaS」「IaaS」は、それぞれクラウドサービスで提供されているコンピューティング環境です。

目的を明確にすることで、3つのサービスを効率的に利用することができます。

それぞれの簡単な特徴は以下の通りです。

SaaS:提供されている目的に特化したソフトウェアを利用することができます。

PaaS:提供されるプラットフォームの上で、すぐにソフトウェア開発を行うことができます。

IaaS:提供されるOSの上に開発環境を構築し、開発を行うことができます。

 

SaaS(サース)

 

 

SaaS(サース)の概要

 

SaaSは「Software as a Service」の略称で、日本語では「サース」と読まれています。

SaaSは、主にクラウドサービスでソフトウェアを提供しており、メールやブログやITSMなど、クラウドサーバ上には目的別のソフトウェアが稼働している状態です。

ユーザーは利用したい最終的な目的(メールやブログなど)を定めた後、SaaSで提供されているサービスを選択します。

SaaSは目的のソフトウェアを効率的に、手間をかけることなく利用することができるサービスなのです。

 

SaaS(サース)にできること

 

SaaSにできることは、利用目的に合ったソフトウェアを運用することだけです。

例えば、メールサービスを提供するSaaSでは、基本的にメールのやり取りで必要な事柄以外には自由度はありません。ブログサービスでは、もちろんブログを運用する目的以外のことは基本的にできません。

しかしSaaSは、目的別に別れたソフトウェアに特化したサービスを提供することで、クラウドサービスに余計な負荷や管理の手間が削減されるのです。

また、ユーザーにとっては、ネットワークやサーバなどのインフラを気にすることなく、目的のソフトウェアを安定して運用できることが最大のメリットです。

 

SaaS(サース)にできないこと

 

SaaSにできないことは、目的に特化したソフトウェア以外の、ミドルウェアやOS、サーバ機器やネットワークのカスタマイズ全てです。

それは、ファイアウォールなどのセキュリティ面も全て含まれます

例えば、SaaSのブログサービスの場合、ユーザーが自由に利用できるのは記事の投稿や編集や削除、他人の記事へのコメントや評価くらいのものです。

ブログが重いからといって、Apacheなどのミドルウェアをチューニングすることはできません。

ただしSaaSは、目的のソフトウェアのみを提供し、その他のインフラ全てを完全にコントールすることで、安定したサービスをユーザーに提供しているのです。

 

具体的なサービス

 

 

SaaSには具体的に、以下のようなサービスがあります。

 

Gmail:Googleが提供するメールサービス

Yahoo!メール:Yahoo!が提供するメールサービス

DropBox:Dropbox, Inc.が提供するクラウドストレージサービス

Evernote:EverNote Corporationが提供するクラウドノートサービス

はてなブログ:はてなが運営するブログサービスなどです。

現在、サービスがクラウドサービスに移行していますが、その中でも、Webブラウザで利用できるサービスのほとんどがSaaSだと言えるでしょう。

 

PaaS(パース)

 

 

PaaS(パース)の概要

 

PaaSは「Platform as a Service」の略称であり、日本語では「パース」と読まれています。

PaaSは、ソフトウェアを開発するための環境を提供しており、基本的には、開発者はプログラミングコードを書けば、PaaS上で実行できるのです。

OSやミドルウェアのカスタマイズに制限はありますが、目的のソフトウェアを開発するには効率的な環境選択と言えます。

 

Geekly Media ライター

佐久森

4+