40代でも転職は可能か?成功する人と失敗する人の決定的な差とは?

40代だからといって転職するのを諦めていませんか?確かに20代や30代と比較すると、申し込みをする会社に不利な条件に感じる気持ちは良くわかります。そこで今回は大手量販店での人事採用経験と民間企業に2回転職経験がある筆者が、40代で転職に成功する人と失敗する人を徹底的に解説します。一体どのような違いがあるのでしょうか?

 

40代の転職は可能?それとも不可能?

 

 

40代で転職するのはとても不安な気持ちになります。

転職のライバルになるのは20代や30代。給料安めで伸び代のある、失敗を恐れない若さが武器です。

「40代で転職は無理かも…」なんて考え出すとキリがありません。はたして実際のところはどうなのでしょう。

その答えは○でもあり、×でもあります。

なぜどちらつかずの答えになるのか、知りたいですよね。

実は、40代の転職で陥りやすいパターンを知らないと、失敗する可能性が高くなるからです。

陥りやすいパターンには、失敗と成功の両方あります。

どちらかを知っているだけでは、なかなか上手く話が進まないでしょう。両方を知っているのが大切です。

それでは、40代の転職で良くある3つの失敗パターンから解説します。ぜひ参考にしてください。

 

40代の転職で良くある3つの失敗パターン

 

 

これまでに筆者は、さまざまな転職希望者を見てきました。

筆者が採用した方の中には40代もいましたし、50代もいました。

採用してきた実績からもわかるとおりに、採用担当は年齢だけを見ているわけではありません。

応募者のあらゆる要素と、会社の事情を踏まえて面接しています。

そしてたくさんの面接をしているうちに、ある失敗しやすい3つのパターンを発見しました。

これはご縁がなかった大半の方にあてはまります。

この失敗しやすいパターンで、特にあてはまるのが40代以降の方でした。

記事を読んでくれているあなたには感謝の意味も込めて、特別に公開します。

 

40代の転職の失敗パターン① 何もせずに諦めている

 

40代の方は場数を踏んでいるので、お決まりの回答はとても上手です。

採用担当は回答を聞いてから、どのパターンの質問で本質を見抜こうか手段を考えます。

簡単にいうと、あなたが回答するのに動揺するような質問を立て続けにするのです。

想定外の質問を受けると、必至で考えようとするので斜め上に視線が移動します。

ここからが面接を受けている方の本質です。同じ40代でも、惹かれるコメントと惹かれないコメントにわかれます。

惹かれる、惹かれないコメントにある決定的な違いは、熱を感じられず諦め半分で面接していることです。

あなたが40代で転職するには、できる理由を探す癖が大切なポイント。

「それで結局、あなたにできることは何?」惹かれないコメントに対して感じる採用側の気持ちです。

 

40代の転職の失敗パターン② プライドが高い!

 

 

あなたがどんなに大きな企業に勤めていようとも、どんな役職についていようとも、転職にはプライドなんて必要ありません

いっそのことプライドを捨ててしまいましょう。

あなたの経歴が魅力的なものほど、「なぜ転職?」と疑われるだけです。

面接で妙なプライドを感じると、それが原因で転職せざるを得ない状況だったと勘違いされます。

経歴が素晴らしいから、会社に貢献できるアピール材料になると考えるのは大きな間違い。

プライドが邪魔をする方は、面接でも少し興奮気味にけんか腰のような回答をします。

これでは入社後に年下の上司の部下にはなれません。

コミュニケーション能力が低いと判断されても仕方ないですよね。