【徹底比較】Cookie(クッキー)とキャッシュの違いとは!言葉の定義や削除方法を解説します!

Webサイトでの情報検索やショッピングは、日常生活の一部となりました。そこでよく耳にするのがCookie(クッキー)やキャッシュです。しかし、その違いを明確に理解している人は少ないのです。そこで今回は、Cookie(クッキー)とキャッシュついて、言葉の定義や削除方法を交えながら、役割の違いを解説します。

 

Cookie(クッキー)とキャッシュの違い

 

 

Cookie(クッキー)とキャッシュは、どちらもWebブラウザに保存される履歴の一つです。ブラウザがこれらの情報を記憶することで、ECサイトでのショッピングや、Web閲覧が素早く快適に利用できます。

Cookie(クッキー)とキャッシュの大きな違いは、取り扱う情報の種類にあります。

Cookieはユーザーのユニークデータを保存し、キャッシュは一度アクセスしたWebページを保存するのです。

 

Cookie(クッキー)とは

 

Cookie(クッキー)とは、Webサイトへのログイン情報ECサイトでの行動アクセスユーザーのユニーク情報などを識別するために利用される仕組みです。

SNSを利用する際、IDとパスワードでログインすれば、しばらくはログイン情報を入力することなく、自分のアカウントにアクセスできますよね。

訪れたサイトでの行動や情報を記憶させることで、二度手間を省いてくれるのです。普段使うWebサイトが手間なく快適に使えるのは、Cookieのおかげです。

 

キャッシュとは

 

キャッシュとは、一度訪れたWebページそのものを、ブラウザに保存する仕組みです。キャッシュを利用することで、二度目以降にアクセスするWebサイトを高速に表示できます。

ただし、Webページを保存することで、PC自体のパフォーマンスが落ちて、動作が重くなることがあります

その際には、ブラウザのキャッシュをクリアすることで動作が軽くなる可能性があります。

 

Cookie(クッキー)の使い道

 

 

Cookieには、Webサービスの利用者と提供者、双方にとっての使い道があります。

 

Webサービス利用者にとっての使い道

 

ECサイトで商品をショッピングカートに追加後、購入せずにECサイトを離れます。その後、同じECサイトにアクセスすると、ショッピングカートの中には追加した商品が残っています。

これは、ECサイトがCookieを利用して、あなたのWebブラウザに履歴を残した結果です。

 

Webサービス提供者にとっての使い道

 

Webサービスの提供者にとって、Cookieはアクセス解析やマーケティングの重要なデータです。Cookieによって、ユーザーのユニークデータを得られるため、ユーザーが興味を持つ広告などをピンポイントに配信することができます。

性別や年齢層など、自サイトにアクセスするユーザーのデータ分析を行うことができるのです。

 

キャッシュの使い道

 

キャッシュについては、Webページを閲覧するユーザーにとって便利な仕組みです。

初めて訪れるWebサイトにアクセスすると、サーバーからWebページをダウンロードして、ブラウザに表示します。

Webページはサーバーからデータをダウンロードして表示しますので、容量が大きいほど表示に時間がかかります。写真画像などの多いサイトの表示は”重い”ですよね。

表示の遅いWebサイトは開きたくないものですが、どうしても同じサイトを閲覧したい時もあります。

この時、ブラウザがキャッシュとしてWebサイトを保存しておくことで、情報をサーバーからダウンロードする手間を省き、高速に表示できるのです。

 

ナレッジマネジメントの意味を解説!言葉の定義やメリット・デメリットを紹介します!

今回はナレッジマネジメントの意味を解説します。ナレッジマネジメントの言葉の定義やメリット・デメリットを紹介していき、従来と現在に至る企業で導入されている理由まで記載しました。さらに、従来から現在にグレードアップした内容も解説。今後の予測や活動する際に導入する注意点も説明し、分かりやすく解説していきます!

 

ナレッジマネジメントとは?

 

【ナレッジマネジメント】の簡単な説明

 

 

「ナレッジマネジメント」という言葉を分解すると「(ナレッジ)=(知識)」「(マネジメント)=(経営や管理)」という意味の単語にそれぞれなります。掛け合わせると「知識経営」または「知識管理」となり、管理する意味の1つとされており、知識での経営を意味します。

企業の蓄積された情報や経験などの財産をアナログ・デジタル関係なしに「見て知った知識(知見)」を中心に組織をマネジメントします。

仕事内では知識があるが知識を創造性と組み合わせてマネジメントする発想が、このナレッジマネジメントです。

従来はアナログでの導入が主流でしたが、現代ではデジタルでの導入が活発になり、最近ではビジネスもナレッジマネジメントもデジタル化が進んでいます。

 

ナレッジマネジメントの定義

 

ナレッジマネジメントの定義

 

 

ナレッジマネジメントの考え方は、個人での知見を保有して用いるだけではなく、組織に有益な情報を提供し、一人一人の知見が組織全体に共有されます。この考え方を提唱したのが、一橋大学院に勤務している野中郁次郎教授とその関係者です。

1990年頃に発表された経営理論です。ここで強調して支持されていた内容が、ナレッジマネジメントの発生元でもあり定義とも言えます。

野中教授と関係者たちの発表した経営理論はビジネスのあり方を大きく進歩させる内容となっており、今でも経済理論の考え方はグレードアップされて導入され続けているビジネスのベース基盤です。

 

【旧】から【新】へ

 

 

ナレッジマネジメントは、既に日本の企業に採用され浸透しています。ですが、時代の流れから取り組み方や重視するポイントなどが変化してきているのが現状です。そのため、ナレッジマネジメントも時代の流れに合わせて変化してきました。時代の流れに対応すべくさまざまな理由が挙げられますが、代表的な分かりやすい取り組みを簡単に紹介します。

日本企業のピラミッド経営は日本の従来のナレッジマネジメントです。

現在は1つの企業に属し最後まで属し続ける事が困難になってきています。理由は2つあり、1つ目は組織経営の収益の伸び悩みです。2つ目が従来のピラミッド経営で優秀な結果と時代を観てきた多くの上司に当たる世代の一方的なピラミッド経営の押しつけです。

俯瞰してみるとこの2つの要因が1つの企業に社員として「とどまらない」「とどまれない」理由に挙げられます。

 

現在では自分で稼ぐことが本当の安定と思う人が増えてきている流れもあり、ナレッジマネジメントに見直しが必要になってきました。

個人で稼ぐ事を重視する思考の人口が増加しています。従来のビジネスモデルではあまり、考えられなかったグローバル化が主流になる動きも見せている時代です。その理由として、デジタルでのビジネスモデルが確実に力を付けていることが挙げられます

つまり、従来のナレッジマネジメントはアナログに特化していた所を時代の変化とともに、デジタルに特化することが現代でのナレッジマネジメントを最大限に活用する方法と言えます

 

ナレッジマネジメントのメリット・デメリット

 

ナレッジマネジメントのメリット

 

 

新人やベテランが入り交じる大手の組織内なら、ナレッジマネジメントがビジネスにおいて効率を高める影響が期待できます。

理由として知見情報の共有化を促進することで、1人の暗黙知(経験で得られた知識)の業務を共有し他の人にも理解可能にする事が目的だからです。もしも一人の優秀な人材を失ってしまうと企業に大きなダメージの影響が予想される組織もあります。

その組織が技術でのし上がってきた組織なら影響はサービスの低下を意味し、大きく深手を追うことになります。

つまり、優秀な人材を失った時その人しか持っていない知見や業務が出てくるリスクがあります。

ナレッジマネジメントを採用している組織にとってはこういったリスクが情報を共有し管理していることで軽減されます。全体的な総合力の底上げと安定を継続して行う事が実現できるのが、ナレッジマネジメントの最大のメリットです。

 

マルウェアについて徹底解説!ことばの定義やその種類は?

パソコンなどの通信機器に害をもたらすマルウェア。ウィルス対策ソフトなどで一度耳にした事のある人も多いマルウェアですが、具体的にどういうものなのかは意外にも知られていません。現在でもマルウェアによる被害は増えており、そして日々厄介なものとなっています。今回は今こそ知っておきたいマルウェアについて徹底解説します。

 

そもそもマルウェアって何?

 

悪意のあるプログラムや処理の総称

 

 

ある日何気なくパソコンやスマートフォンを使用していると、突然知らない人からメールが来たり変な画面が出てきたことはありませんか。自分は何も気にせずにWebサイトなどを見ているだけでも、実は知らない間にマルウェアに感染しているということはあるのです。

マルウェアという言葉はウィルスソフトなどで聞いたことがある人も多いはずです。しかし具体的にどういうものかを知っている人はかなり少ないのです。マルウェアの定義としては、コンピュータなどに害をなすソフトやプログラムのすべてのことです。ここで言う害というのは、勝手な動作をしたり、場合によってはシステムそのものを破壊してしまうことを言います。

 

マルウェア=ウィルス?

 

 

先ほどの説明で多くの人は、それってコンピュータウィルスのことではないのか、と考えたはずです。確かにコンピュータウィルスはマルウェアと同じくコンピュータに害をもたらすものです。しかしマルウェアの中には、ウィルスのように他のコンピュータやシステムに影響を及ぼさないものも含まれています。

つまりコンピュータウィルスというのは、マルウェアという悪質なプログラムなどのひとつなのです。たとえ他のシステムなどに影響を及ぼさなくても、ひとつのシステムなどに影響を与えるものはすべてマルウェアとなるのです。

 

マルウェアの種類を知ろう

 

マルウェアの代名詞ワーム

 

 

マルウェアといってもその種類はさまざまなものがあります。その中でも最も有名なものがワームです。コンピュータウィルスといわれているもののほとんどは、実はワームなのです。現在出ているマルウェアの被害の多くは、ワームによるものが多いです。

ワームの特徴はウィルスと非常に似ています。パソコンやシステムに感染し、そこから増殖してより多くのプログラムなどに感染します。さらにそれがネットワークに移ってしまうと、そのネットワークに接続しているほかのパソコンにも感染するため、かなり厄介です。

 

トロイアではなくパソコンを壊滅させるトロイの木馬

 

トロイの木馬と聞くと、ギリシャ神話でトロイアを陥落させた装置を思い出す人もいます。しかしこちらのトロイの木馬は、トロイアではなくシステムなどを壊滅させてしまいます。明確な名称などはありませんが、動き方などはまさしくトロイの木馬です。

本来のトロイの木馬では木馬の中に兵士を紛れ込ませ、敵が完全に油断するタイミングを見計らって攻撃を仕掛けるのですが、こちらも最初は普通のプログラムとして潜入し、徐々に不正な動作を始めるのです。ワームのように増殖はしませんが、場合によっては他のマルウェアが進入しやすくなるようにすることもあるため、もし見つけた場合は早めに対処しましょう。

 

パソコンの誘拐犯ランサムウェア

 

 

あるサイトを何気なく閲覧していると、突然画面が変わって高額な料金を請求されるという経験をしたことは多くあるはずです。その請求を見て思わず支払ってしまったという人も少なくありません。しかしだまされないでください。これはランサムウェアというマルウェアが勝手に出した架空請求なのです。

ランサムというのは身代金であり、その名の通り料金を請求するかなり悪質なソフトウェアなのです。最近では金銭を要求する代わりにアプリをダウンロードさせるタイプのものもあり、その巧妙さも日々進化しているのです。

 

マルウェアはどこから来る?

 

基本はメールなどから

 

 

マルウェアはどこから来るのでしょうか。一昔前まではメールがきっかけで感染してしまうということが多かったのですが、最近ではメールに限らずさまざまな場所で感染します。特に最近では、何気なくWebサイトを閲覧しているだけでも感染してしまうことがほとんどです。

何気なくWebサイトを閲覧していたら、突然知らないメールアドレスからメールが来るようになったということが発生している場合、マルウェアに感染している可能性が高いです。これは会社の業務はもちろん、私たちの普段の生活でもありえます。

 

スマートフォンも実は狙われている?

 

コンピュータウィルスなんてパソコンのものだからスマートフォンは関係ない話だ、そう考えていませんか。実はスマートフォンでもウィルスなどのマルウェアに感染するリスクはあるのです。特にスマートフォンの場合、Webサイトやメールからはもちろん、LINEなどのSNSのメッセージアプリがきっかけで感染するため、感染経路が増えているのです。

例えば仲の良い人からいきなり卑猥な内容のリンクが送られてきたり、知らない人が勝手にLINEの友達に登録して訳のわからないメッセージを不特定多数に送信していたりなど、さらに悪質なケースが増えているのです。スマートフォンだから大丈夫というのは、今ではもう通用しません。

 

「プロダクトマーケットフィット(PMF)」とは!定義や必要性、PSFとの違いまで徹底解説!

PMFの定義と必要性を説明し、PMFと関係があるPSFとの違いや、そこから2つの考え方の用途を解説。PMFに欠かせない「企業側の考え方」と「顧客側のニーズ」を分かりやすく徹底解説していきます!他にも今後や利用する上でのアドバイスも記載しています。ビジネスに必要不可欠な考え方を分かりやすく徹底解説!

 

プロダクトマーケットフィット(PMF)とは?

 

 

PMFとは「プロダクトマーケットフィット(Product Market Fit)」の頭文字を取ってPMFという略語になります。

単語の意味を分けて考えると「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」の3つに分けられます。繋げると「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。会社で主にこのPMFが中心の考え方として求められます。

自社の商品をターゲットや、市場に適しているかと言った観点を1つのこの言葉に集約したのがこのPMFです。このPMFの考え方を活用しビジネスを進めていくことが、成功に繋がると言う解釈から定義された言葉になります。

マーケティングの1つのメソッドとしてビジネス業界では定着しています。

 

発生源【2つの定義】

 

定義1

 

 

アメリカ合衆国を拠点とする創業やソフトフェア開発、投資家で有名な「マーク・アンドリーセン」が提唱したと言われています。新しいビジネスを始めるスタートアップで用いられるのがPMFです。

PMFの一般的な定義としてスタートアップ等のベンチャー(新たなビジネスを始める)企業に用いられ、仕事の考え方や概念として定着しています。

 

定義2

 

立ち上げ事業での定義で知られるPMFですが、立ち上げでないビジネスにも当てはまり、どんなビジネスモデルでもこのPMFの考え方が当てはまるため、多くのビジネスが取り入れている概念になります。

ビジネスの基本となる顧客のニーズを分析し、分析した情報から製品を作り出してそれを提供すると言う流れになるため、この考え方はビジネス継続する際にも役立つ概念になります。

つまり、1つ目の定義としてスタートアップでの用途になります。2つ目の定義はビジネスの基本的な考えとして常に用いられます

 

スタートアップする時に必要な概念

 

企業側

 

 

ベンチャー企業が成功する概念として定義されるのがPMFです。事業を開始・継続・成功する上でPMFの考え方が必要不可欠となってきます。ビジネスの考え方として顧客のニーズに合った商品を提供するのが基本的な考え方です。さらに、顧客ニーズに合った商品を顧客に効率よく届けられる市場選びも、非常に重要な要素となります。

この市場を選ぶ事は意外にも着目せずに見過ごしてしまう事が多く、たとえ商品が優れていたとしても市場が適していなければ商品は顧客に届かず情報の波にのまれてしまいます

そのため、「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」のマーク・アンドリーセンが提唱したPMFは、最も重要でビジネスにおいて必要な考え方を集約した言葉になり、あらゆるビジネスにおいて必要不可欠な考え方となります。

 

顧客側

 

 

顧客側もこの考えからすると満足行くサービスや製品を受け取れる概念であり、企業側も顧客側も双方ともに利点がある考え方のため、この提唱したPMFと言う考え方は消えてなくなりません

起業する際に情報を収集して、その情報を元にビジネスを開始するための考え方ですが、上記の「定義2」でも説明したとおり、事業が成功を収めたとしてもPMFの考え方をキープしてビジネスを継続します。

その継続時でも顧客の満足度を変えずにビジネスを進める事が最も大切なポイントとなってきます。

 

PMFとPSFの違い

 

PMF

 

PMFは説明した通り、「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。

単純にいってしまえば大きな違いとして「PMFが工程」で「PSFが結果」です。これからその意味や理由について解説していきます。

 

PSFとは

 

 

PSFは「プロブレムソリューションフィット(Problem Solution Fit)」の頭文字を取った略語になります。

単語の意味を分けると「Problem(問題)」「Solution(解決)」「Fit(合う)」と言う意味に分けて解釈できます。

これを合わせると「問題を解決し合う」と言う意味になり、この言葉もビジネス用途で用いられる考え方です。

ビジネスの目的は収益を出すことが最大の目的ですよね。そのために顧客にアプローチを掛けニーズを理解し、それに合った商品を提供していくのがPMFです。

このPMFとは違いPSFはビジネスにもっと深く関係しており、「問題(お金)」「解決(利益が上がる)」「合う(顧客ニーズと企業の提供商品)」=「有料商品を購入する顧客の満足度が高く、有料商品から得られる収益が見込める」状態を示します。

段階的に「PMF」の次に「PMF」を継続しつつ「PSF」を追加し、「PMFとPSF」の継続がビジネスにおいてベストな状態と言えます。

イメージで例えるなら、無料商品を顧客に配布し、顧客が満足するのがPMFで、その無料商品を有料商品に変化させても顧客の満足度があり、有料商品の利益が企業に入ってくる状態がPSFと例えられます。

 

PSFのまとめ

 

  

まとめると下記の内容にまとめられます。

 

・「問題&解決」=「顧客の満足度(商品)」と「企業の満足度(利益)」を満たす事

・「合う」=「顧客と企業のステークホルダー(利害関係)が合うこと(意見が合う)」

上記の様な状態がビジネスにおいて最もベストな状態になり、本来の説明となるPMFとPSFの違いに繋がり、結果は根本的に内容や目的が違います

さらに、簡単にまとめてビジネス用途で解釈すると「PMF」は「2つの意味のマッチング(工程)」であり、「PSF」は「2つの意味で問題解決(結果)」となるため似て非なるものです。

 

プロダクトマーケットフィットの今後

 

 

既にビジネス業界では当たり前の考え方の工程として定着している概念です。ですが、今後はPMFの概念を基づきビジネスを始める個人が増加していくと予想されます。

理由としては、これからの日本は海外に遅れているものの、個人でビジネスをしていくフリーランスや個人事業主(自営業)が急増してくと、現在の経済状況や雇用率の統計から見て推測できます。

充実した生活を送るためには資金力を手に入れることが必要になり、一般的な賃金では充実した資金を貯められなくなってくる時代が、近い未来に訪れると現状の社会の流れから推測できます。

海外で社会問題にもなっている社会での格差問題が日本にも訪れた時には、今後個人でビジネスを始める人が急増するでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

PMFの概念を今後活用する人へアドバイス

 

 

PMFを用いて行動に移す方は、「PMF」を継続しつつ「PSF」を取り入れるステップアップを想定して行動に移していきましょう!

理由としては、何かビジネスに繋がる事を始めて、提供側になる事があるかも知れません。その提供サービスなどが無料だった場合は次のステップとしてPSFの概念を取り入れて邁進して下さい。

その無料提供して生み出す労働をした結果として、対価がない状況では継続したくても貯蓄がない限り、近い内にできなくなる状況に陥ります

そのため、リスクを回避する策として、次の段階であるPSFを頭の片隅に置いておくと、成功した次に成功を継続させる考え方となります。

アジャイルHRって一体何?言葉の定義や目的、実践例などわかりやすく紹介します!

「アジャイルHR」と言う考え方を今回は紹介。「一体何?」の疑問点を解消していく事と同時に「アジャイルHR」の考え方の元となる「アジャイル開発」にも切り込んでいき解説。定義や目的をわかりやすく説明していき、アジャイルHRの導入事例や今後の発展、これから活用していきたい人に向けた転用の考え方も紹介します。

 

アジャイルHRって一体何?

 

 

アジャイルHRとは、「アジャイル」 = 「素早い」と言う意味を表しており、「HR」=「人事」を示しています。人事で仕事をこなすための1つの「仕事を効率化する考え方」として注目され、人事での仕事を効率化するスタイルを意味します。

 

この2つの意味を掛け合わせた通り、「素早い人事」と言う意味になり、この考え方は海外では普通に取り入れられている人事のビジネスのスタイルです。

従来の人事の業務スタイルは目の前の仕事に追われ、じっくりと案を練りながら確実に一歩一歩進んでいく業務スタイルでした。

アジャイルHRでの業務をする上での考え方は、従来とは考え方の思考方法などあらゆる業務にいたる、プロセス(工程)が対極をなしています。

素早く効率よく業務をこなしていくのが、アジャイルHRの考え方になります。

海外では人事の仕事を効率よく行う上で、アジャイルHRの考え方が主流となっており、日本で「この概念」を導入する会社は数少なく、現在その効率的な考え方が近年注目され始めているのが「アジャイルHR」と言う言葉になります。

 

言葉の定義や目的

 

①【定義】

 

 

アジャイルHRの定義について発生源は「アジャイル開発」であり、アジャイル開発とはIT業界のエンジニアにおける素早い開発を定義したものから発生しているのがアジャイルHRです。

よって、発生元の定義と同じく開発が人事に変わっただけの意味になるため、芯の定義は素早い人事となり、「人事のあらゆる業務を素早くする」というのがアジャイルHRの定義になります。

 

②【目的】

 

 

端的に言うと成果を上げることが目的です。「人事のあらゆる業務を素早くする」結果として業績が上がり、収益が伸びていくという点にあります。

てっとり早く芯を得ていることが重要で、しっかりと売上を伸ばすにはコミットした結果として、アジャイル概念が重要と明確になることにより、目的のためのプロセス的考え方の一つとして用いられています。

実際に今回の概念を導入した会社では他にも良い効果をもたらす結果に繋がります。

まず会社の組織全体の業務の意識が変わり、組織全体の業務に向かうマインドが変わり、そのマインドが浸透していくことにより、アジャイルHR本来の内容に加えて、全体の指揮や意思疎通が効率良くなります

結果このマインドてき全体に及ぼす効果も、アジャイルの概念と目的が同じなため、良いループに入るメリットが多く挙げられます。

 

【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②

 

①【従来から現代へ移行した結果必要になる】

 

 

従来の人事では現在のIT業界の急速な成長により、あらゆる方面から、人事に関わってくる業務などのスピードについていけないのが現状の問題点として上げられます。

そこで、IT業界の急速な成長を助けている開発分野の思考的スタイルを、人事にも取り入れたのがアジャイルHRとなります。

 

②【実務例】

 

 

導入した例として料理のアプリケーションで有名な「クックパッド(Cookpad)」が挙げられます。

「クックパッド」が導入したチームは自律的な思考が生まれ、全体的はもちろん、個人的にも効率化が促進された効果をもたらす事例もあります。

この様な事例もそうですが、導入した結果、「個人の意識」と「チームの意識」と「会社全体の意識」がしっかりと現代の考え方に柔軟に対応し、良い方向に促進される効果も立証されています。

 

分かりやすく【まとめ】

 

①各項目まとめ

 

 

今までの「アジャイルHRって一体何?」、「言葉の定義や目的②」、「【アジャイルHR】なぜ必要になったのか②」で説明してきた項目の内容をわかりやすくまとめます。

 

1:アジャイルHRとは?

・人事での仕事を効率化する考え方

・海外では浸透しているが日本はこれから導入が始まると推測

2:定義

・IT業界のエンジニアが使っていた開発スタイルから発生したのがアジャイルHR

・「(開発業務を素早くこなす)=(アジャイル開発)」

・「(人事業務を素早くこなす)=(アジャイルHR)」

3:目的

・人事の作業効率の向上で収益に繋がることを目的としている考え方

・目的結果以外にも自律的思考能力が促進され結果目的に繋がっていく良いループ化

4:必要性

・従来の時代の流れから現代の流れへ移行するために必要

5:実例

・人材(個人・チーム・組織)の意識が自律的思考能力の促進立証済み

 

②アジャイル概念の思考と実行の流れ

 

 

アジャイル概念の思考と実行の流れになぜ人事の思考法として活用されるようになったのかについて説明します。

人事がアジャイル概念を取り入れる大きな要因として時代の流れが考えられます。

IT業界の拡大で多様化する現代ですが、様々な要因から時代おくれの組織が増え続けている現代。ものすごい成長で顧客のニーズや業界のビジネススタイルは、急速かつ柔軟に対応していかなければならない時代となって来ました。

そこで必要になってきた概念がアジャイル概念。会社組織の構成に大きく割合を占めている重要な役割の人事にも、大きく現代の流れが反映されてきています。

つまり、アジャイルと言う概念を取り入れ、柔軟に対応していくことが現代においての最大の収益に繋がるプロセス(工程)になります。

そこで今回は、そのプロセスを占める概念を取り入れた人事の仕事内容について簡単に解説します。

 

基本的にアジャイルHRの流れの要素をまとめました。

・企業の問題点となる成長の壁を洗い出しデータで解析

・解析したデータをもとに課題を特定し解決手段の模索

・デジタルデータの収集、分析、解析、の解析結果活用

・解析結果で小さく問題点の解消を目的とし複数回実行

・解消立証済みの要素にコミットし、本格的に拡大実行

上記の内容を下記で簡単に解説します。

 

・アジャイルHRの考え方を簡単に解説

まず、組織の成長のカギとなる要素を洗い出し問題点を特定します。

その問題点を解決するために情報収集、分析、解析を行い、解析結果を活用し、問題点となる要素の改善を小さく実行します。

実行した結果が有効だと立証された場合の結果だけに、コミットし力を入れていくと言うのが、基本的な考え方の流れとなります。

 

【アジャイルHR】の今後

 

 

もちろん、業績を伸ばすためのあらゆる手段として、他にも様々なスタイルが存在します。ですが、人事においての今後の対策としては、アジャイルの概念が最も適していると予測されます。

さらに、アジャイルHRの今後の流れは急速に成長するものと考えられ、アジャイルHRでの人事事業は今後も拡大すると推測できます。

 

これから活用していきたい人へ

 

アジャイルという考え方

 

 

アジャイルHRの考え方の元として「アジャイル開発」が挙げられます。IT業界のエンジニア開発の効率的な促進から、人事業務の効率的な促進の応用が利く「アジャイル」と言う考え方は、これからの現代のあらゆる業界にも当てはまると予測できます。

さらに、他の業界でも置き換えて当てはめていくことによって、効率よく進めることが可能なので、良い考えだと思った人は自分の仕事や効率化したい趣味などに応用し転換して、転用してみるのも面白い考え方で効率的でしょう!

 

まとめ

 

 

アジャイルの本質を理解した人は、この本質となる「素早い」の考え方を活用してあらゆる業界で応用して行くことにより、未来とこれからの時代を生き残る1つの手段として取り入れる事をおすすめします。

新しい時代には柔軟かつ素早く対応できるアジャイルの考え方がさまざまなステップアップの役に立つでしょう!

【あなたは知っていますか?】「労働時間の定義ってなに?」を徹底解説!

昨今では、就職先の労働時間に疑問を持つ人も多いようです。あまりにも理不尽と思える働き方についても、インターネット上のSNSなどでは、いわゆるブラック企業という通名で表されていますね。そこで今回は、労働環境が正しいのか否かを判断するための指標の一つである「労働時間の定義」について徹底解説します。

 

労働時間の定義

 

労働時間には、大きく分けて以下の2種類を意識しておく必要があります。

 

・法定労働時間

・所定労働時間

 

労働時間は、労働者の時間を法的に定められた「法定労働時間」を基準に企業が作った「所定労働時間」があり、基本的に労働者は雇用契約で定められた「所定労働時間」に沿って労働を行います。

 

法定労働時間は18時間で1週間に40時間まで

 

 

労働時間は、労働基準法によって定められています。

まず、原則としては以下が定められています。

 

使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。(労働基準法32条1項)

 

これは、雇用する企業側が原則として守らなければならない規則です。

もちろん、これを超える労働環境は存在しますが、企業ごとの雇用規約は、上記を基にその他のルールも絡めた形で守られています。

規則を無視して、明らかに労働者に負担となる労働時間を“強いられる環境”が、いわゆるブラック企業と言われています。(もちろん、その所以は長い労働時間だけが原因ではありませんが、その一端となり得るものです。)

 

所定労働時間は雇用契約で定められた労働時間

 

 

所定労働時間とは、雇用する側の企業が法定労働時間の範囲内で独自に決める労働時間のことです。

あくまでも法定労働時間に従う形での規約となりますが、どうしても法定労働時間内では足りない場合は、“変則的な労働時間”として厚生労働省が示すルールに沿った労働時間を決めることができます。

私たちが企業に就業する際、雇用契約書に記載されている労働時間は所定労働時間としてとらえましょう。

万が一、雇用契約において明らかに法定労働時間を逸脱している場合は、しっかりと契約前に確認する必要がありますので、私たちも法定労働時間のルールをしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

変則的な労働時間

 

フレックスタイム制

 

 

多くの企業に適用されている労働時間に対する制度の一つが「フレックスタイム制」です。既にフレックスタイムを日常的に適用している人も多いのではないでしょうか。

フレックスタイム制とは、例えば一週間と決められた範囲でフレックスタイム制を導入した場合、法定労働時間で定められている1週間に40時間まで」というルールの範囲内であれば、従業員の意思で自由に労働する時間帯を決められる、という制度です。

ですので、月曜日に3時間しか労働しなければ、その他火曜日〜土曜日において、計40時間になるように調整するという働き方ですね。

もちろん、コアタイムという出勤しなければならない時間帯が設けられていますが、それ以外の時間は、出勤や退勤は自由ということです。

ちなみに、自由に労働できる時間帯をフレキシブルタイムと言います。

 

みなし労働時間制

 

 

みなし労働時間制とは、企業が従業員の労働時間を把握しにくい業務において適用する制度です。簡単に表現すると、条件に合った職務に対して定められた時間分労働したこととみなすルールです。

社内で勤務する従業員に対しては、労働時間を組織単位で管理することが可能ですが、社外で勤務する従業員に対しては、労働時間を把握することは困難ですし、従業員自身に時間管理を任せた方が効率の良い業務も存在します。

 

変形労働時間制

 

 

繁忙期や年度末などは、どうしても業務負担が多くなりがちです。そんな時適用されるのが変形労働時間制です。

例えば、1週間の変形労働時間制適用された場合には、月曜日に10時間労働を行い、火曜日は4時間労働など、変則的な労働時間を1週間に40時間を超えない労働を行います。

ただし、月曜日に10時間労働をしたからといって、ここに残業代は発生しません。1週間に法定労働時間を超えない限り、時間外労働とはみなされず、企業は残業代を支払う必要が無いという制度なのです。

雇用契約に変形労働時間制が明記してある場合は、この制度を理解しておくことが大切ですね。

 

労働時間とみなされるもの

 

 

雇用契約において、労働時間とみなされるものを把握しておくことは重要です。業務を開始するには準備も必要ですし、業務が終われば退勤準備の片付けも必要ですよね。”常識“的な行動は大切ですが、それが労働時間に含まれるのか否かをしっかりと把握しておくことも重要ですので、まずは労働時間とみなされるものについて見ていきましょう。