【ネットワークエンジニア】将来性ってあるの?仕事内容から必要なスキル、そのなり方まで徹底解説!

IT化された社会において、ネットワークが止まることは許されません。ITサービスはもちろん、社内や家庭でも“繋がって当たり前”のネットワークを支えるのがネットワークエンジニアです。そこで今回は、ネットワークエンジニアの将来性や、その仕事内容や必要なスキル、そしてネットワークエンジニアのなり方を徹底解説します。

 

ネットワークエンジニアとは

 

IT技術としてのネットワークは、今や日常生活に必要なガスや電気、水道や公共施設と同等の重要性を担っているのです。ネットワークエンジニアとは、社会インフラの一つであるネットワークを支える技術者なのです。

ネットワークには、インターネットを代表するWAN(Wide Area Network)や、限定的な範囲繋げるLAN(Local Area Network)があります。

多くの場合、ネットワークエンジニアの業務は設計から構築、運用・保守に至るまで、LANを対象とした業務となりますが、スキルとしてはWANLANの両方の知識を習得しておかなければなりません。

ネットワークエンジニアは、企業の中でも”繋がっていて当たり前”という前提のインフラを担当しますので、一つの設定ミスが大規模障害を引き起こします

ですので、何よりも重要なものは経験であり、知識だけでは通用しない業種の一つでもあります。

 

ネットワークエンジニアの仕事内容

 

それでは、ネットワークエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

 

ネットワークインフラの把握

 

 

ネットワークエンジニアの仕事において大切なことは、TCP/IPを中心としたネットワークインフラを正確に把握することです。

新規にネットワーク構築をする業務もありますが、最初は企業内のネットワークインフラを把握することが第一段階となるでしょう。

社内に導入しているネットワーク機器や、そこに繋がるサーバーやPCの構成、IPアドレスの割り振りやルーティングの全体イメージから詳細設定までを把握する必要があります。

 

ネットワークの運用・保守

 

 

ネットワークインフラを把握したら、ようやく運用および保守を行うことができます。運用では、ネットワークが滞りなく機能していることを監視しなければなりません。

もちろん、障害が起こらないように、物理的なネットワーク機器(ルーターやLANケーブル)についても定期的にメンテナンスやチェックを行う必要があります。

それでも、ネットワークには障害がつきものです。ネットワークエンジニアの仕事内容の多くがネットワークのトラブルシューティングになるでしょう。

ネットワークに繋がる機器は、常に電源が入っているか、あるいはPCのように毎日電源をON・OFFするため、必ず劣化します。劣化すればトラブル発生率が高まるため、ネットワーク規模が大きい程トラブル原因は些細な機器故障(LANケーブルの断裂など)が起こりやすくなります。

これらを迅速に、またその他業務への影響を最小限に抑えることが、ネットワークエンジニアの重要な役割でもあるのです。

 

ネットワークの要件定義

 

 

ネットワーク要件定義では、ネットワークを繋げる上で実現したいインフラの把握、そこに存在する問題の洗い出しと解決方法などを把握し、ネットワークの全体像を作成します。この時点で、実現できること実現不可能なことをしっかりと区別しておくことが大切です。

利用規模によっては、WAN側回線の帯域幅にも気を配る必要があり、万が一規模を間違えてしまえばWAN回線が頻繁に途切れると言った、取り返しのつかない障害を起こしてしまいます。

 

ネットワーク設計

 

 

要件定義が固まったら、次はネットワーク設計です。新規にネットワークを構築したり、ネットワークの拡張をする際には、まず設計を行います。

ネットワーク設計では、全体のネットワーク図やIPの割り振り、必要なネットワーク機器の選定などを行い。更に保守体制もこの時点で決めてしまうことで、運用をスムーズにします。

VPNなどを利用する場合には、機器選定時にメーカーへの確認を怠らないようにしましょう。

 

ネットワーク構築

 

 

詳細設計までが終わったら、いよいよネットワーク構築です。

構築をする時点では、設計書はもちろん必要な機器は全て揃っている状態で、WAN側も事前に開通(プロバイダー契約など)していることが大前提となります。

作業は通常、業務時間外に行うことが主となるので、休日出勤もネットワークエンジニアの仕事内容に含まれるかもしれません。

どんなに詳細設計が完璧であっても、実際の構築時にはトラブルがつきものです。設計時には想定していなかった新品機器の故障やケーブルの断裂なども起こり得ます。

機器との疎通が上手くいかない場合には、構築をしながらトラブルシューティングを行うと言ったシーンも経験していかなければなりません。

 

ネットワークエンジニアに必要なスキル

 

それでは、ネットワークエンジニアに必要なスキルを詳しく見ていきましょう。

 

TCP/IPのスキル

 

 

ネットワークエンジニアに最も必要なスキルは、ネットワークの基本であるTCP/IPに関する知識です。これを習得しなければ、ネットワーク設計書などの資料を見ても理解することが出来ないからです。

IPアドレスを見た時に、瞬時にサブネットマスクが何なのかを判断できるようになり、「xxx.xxx.xxx.xxx/xx」の表記の意味を理解し、応用できるようになります。

このスキルが役に立つのは、設計時だけではありません。疎通ができないといったトラブル時にも、機器のIPを見直す時に原因を比較的早く見つけられる可能性が高くなります。VPNを利用しているネットワークなどでは、この知識は不可欠です。

 

Geekly Media ライター

佐久森

14+

ブリッジエンジニアを徹底解説!なり方から必要なスキル、将来性まで幅広くご紹介します!

ブリッジエンジニアという職業をご存じでしょうか?システムエンジニアと名前が似ていますが、少し違う職業です。ブリッジエンジニアはあまり聞き慣れない職業なため、どのような仕事を行うのか疑問を抱く人も多いと思います。本記事では、ブリッジエンジニアのなり方や必要なスキル、将来性までご紹介します。

 

ブリッジエンジニアとは?

 

 

ブリッジエンジニアとは、海外企業(オフショア開発企業)と日本企業との間に立ち、橋渡しの役割を持つシステムエンジニアです。

海外で仕事をする場合は、基本的にプロジェクトマネージャーのような管理業務がメインとなります。

それに対して日本で仕事をする場合は、プロジェクトの進捗管理をメールなどのやりとりで行います。

 

日本と海外との橋渡しの役割

 

時差や言語、文化の違いなどの垣根を越えて日本企業と海外企業との調整やコンサルタントを行うのが主な仕事です。

ブリッジエンジニアがいなければ、日本企業と海外企業の意見のすれ違いや目的のシステムソフトウェアとは違うものができてしまったり、はたまた納品が間に合わず打ち切りになってしまう恐れがあります。

そのため、ブリッジエンジニアはオフショア開発においては必要不可欠な存在となっています。

 

オフショア開発とは?

 

 

オフショア開発とは、海外の企業に情報システムやWebシステム、ソフトウェアの開発業務などを委託する開発方法です。

最近では、スマホアプリやソーシャルゲームの開発、テスティング、サポート業務などが行われています。

 

メリット

 

なぜ、オフショア開発を行うのでしょうか。それにはいくつかのメリットがあります。

・人件費の削減:オフショア開発先の国によって多少の差はありますが、同程度のスキルを持っていることにかかわらず日本のエンジニアの人件費と比較すると大幅な人件費の削減をすることができます。

・IT人材不足の解消:IT人材の需要は高まっているのに対して、日本国内ではIT人材が不足しています。しかし、ベトナムなどの国でオフショア開発を利用すると、安くて豊富なIT人材を利用することができます。

・素早い納品が可能:オフショア開発を利用することで、低い人件費で多くのエンジニアを確保できるため、素早い納品を行うことができます。

 

デメリット

 

・打ち合わせが困難:オフショア開発では、海外企業と打ち合わせをおこなうため簡単に打ち合わせを行うことができません。しかし、最近ではSkypeなどのツールの普及により以前より容易に打ち合わせすることができるようになりました。

・プロジェクト管理に時間がかかる:海外で開発されるためプロジェクトの管理に時間がかかってしまいます。しかし、『ラボ型開発』を採用することにより優秀な人材で専属チームを作成できるため滞りなく開発を依頼することができます。

 

ブリッジエンジニアに必要なスキルとは?

 

 

コミュニケーション能力

 

日本企業と海外企業との橋渡しを担う必要があるため、英語で会話する必要があります。

もし、大手の企業であれば海外企業にも日本語を話すことができる人がいるため、英語ができなくても支障はない場合もあります。

しかし、2つの開発現場での連絡役を担うため、聞く・伝えることを円滑に行う必要があるため、コミュニケーション能力が重要となっています。

 

技術力

 

ブリッジエンジニアには、仕様書や要件定義書を理解して伝える技術力が必要となります。開発経験を持っている方は、一緒に開発を行う場合もあります。

 

マネジメント能力

 

日本と海外の2つの開発現場の連絡、調整を行うため、具体的に開発内容、納品日などのマネジメントを行います。

そのため、ブリッジエンジニアでありながらプロジェクトマネージャーと同じような仕事をこなす必要があります。

他にも、日本の品質を保つために品質管理のマネジメントも必要となるため、PMPの資格を所持しておくことをおすすめします。

 

Geekly Media ライター

ib515

6+

【データベースエンジニア】仕事内容から資格の種類、その将来性まで徹底解説!

皆様は「データベースエンジニア」という職種に対してどんなイメージをお持ちでしょうか?専門的なスキルや知識が必要とされる職種のようですが、その分、企業からの需要が高く、将来性も高い職種でもあるようです。ですので今回は、そんな「データベースエンジニア」という職種に関して徹底的に解説をしていこうと思います。

 

データベースエンジニアとは?

 

 

概要

 

データベースエンジニアは、数多く存在しているエンジニア職の内の一種で、主にデータベースの開発や設計を行うエンジニアのことを指します。また、データベースの運用や管理を行うのもデータベースエンジニアの業務に数えられます。

情報システムやビッグデータ等を取り扱う際にデータベースは必須の存在になってくる為、そのデータベースを管理するデータベースエンジニアというのは重要視されることが多いです。その為、期間を問わず、かなり需要が高いエンジニアの一種とも言え、今のところは将来的に見ても需要が途切れる可能性が低い職種、と言っても過言ではないでしょう。

 

データベースエンジニアの主な仕事

 

 

大きく分けると3種類

 

先程、データベースエンジニアという職種がどんなものなのか、について軽く触れさせていただきましたので、続けて具体的な仕事内容に関してご紹介をしていこうと思います。

データベースエンジニアの業務は、大きく分類すると3種類の業務に分けることができますので、それぞれに関して簡潔にご紹介をしていきます。

 

データベースの開発業務・設計業務

 

顧客から挙げられたニーズや意見を元に、データベースの開発や設計を行う業務になります。

主に、PostgreSQL、MySQL、Microsoft SQL Server、Oracle、 DB2等のアプリケーションを活用して、開発、設計を進めていくケースが多いです。

 

データベースの管理業務

 

データベースを動作させる為の管理を行う業務になります。

長期間、大量のデータを保存する為に必要なストレージサーバーの最適化業務、ストレージサーバーを効率的に活用する為の調整業務、といったハードウェアに関係する業務が多いです。

 

データベースの運用業務

 

データベースの運用に携わる業務になります。

具体的な業務としては、データベースの運用方法を検討、稼働しているデータベースの運用、不正介入やデータの流出を防ぐ為のセキュティ設計、万が一の際のデータのバックアップ等が該当します。

 

その他の業務に関して

 

 

基本的には上記でご紹介した3種類の業務が、データベースエンジニアの主な業務になります。

ですがそれ以外にも、関係各所から挙げられた問い合わせへの対応、データベースに運用上の問題や課題等が無いか関係者間でのミーティングの実施、関係書類の作成や担当者との打ち合わせ、といった業務業務も担当することがあります。

こちらについては、そういったこともあるという参考情報として、認識しておいていただければ良いかと思いますが、念の為ご紹介しておきます。

 

年収はどれくらい?

 

 

平均年収は500~600万円程

 

データベースエンジニアの業務内容を説明し終えたところで、恐らく多くの方が気になっているであろうと思われる、年収に関する話題に入っていこうと思います。

年収に関してですが、当然、経験やスキル等の各条件によって異なってはきますが、平均的には500~600万円位になるケースが多いようです。金額として見ると、IT業界に存在する職業の中では高めに設定されているように感じますね。また、専門的なスキルや知識を有していて、バリバリ活躍をしている人の中には、1000万円を超える高額な年収を手にしている人も存在するようです。

 

高額な年収を手にすることも夢ではない職種ですので、目指してみる価値は十分にあるのではないでしょうか?

参考URL:https://mynavi-agent.jp/it/jobindex/08.html

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

4+

セキュリティエンジニアを徹底解説!必要なスキルからその将来性まで幅広くご紹介します。

皆様は「セキュリティエンジニア」という業種を耳にしたことはありますでしょうか?現在、エンジニアと呼ばれる職業はかなりの数存在しますので、耳にしたことはあっても、どのような職業かについては意外と知らない方も居られるようです。そこで今回は、そんな「セキュリティエンジニア」に関して徹底的に解説をさせていただきます!

 

セキュリティエンジニアとは?

 

 

概要

 

「エンジニア」という単語を聞いた時、皆様はどんなエンジニアを思い浮かべたでしょうか?

エンジニアと言われる職業には色んな種類があるので、恐らく人によって回答は違ってくるかと思われます。そして、今回ご紹介する「セキュリティエンジニア」もそんな数あるエンジニアの内の一種類になります。

 

セキュリティエンジニアを簡単に一言で表すならば、情報セキュリティに関する業務を専門的に取り扱うエンジニアのことを指します。

現代の社会において、パソコンやインターネットを使用していない企業や組織というのは存在しません、と言うのは少し大げさかもしれませんが、そう言ってもいい程ITが普及しているのも事実です。

 

そんな、今となっては身近な存在になっているITですが、当然、業務で使用する際にはいくつか注意しなければならないことがあります。

具体的な例を挙げると、サイバー攻撃からの保護、機密情報の漏洩防止、コンピューターウイルスの感染防止等が挙げられるでしょう。そういった業務を専門的に行うのが、今回ご紹介するセキュリティエンジニアです。

 

セキュリティエンジニアの主な仕事

 

 

主な業務は5種類

 

セキュリティエンジニアの大まかなイメージは掴めましたでしょうか?よりイメージが付きやすいよう、続けてセキュリティエンジニアの具体的な業務内容について触れておきましょう。

セキュリティエンジニアの主な業務は、大きく分類すると5種類に分けることができますので、それぞれに分けてご紹介いたします。

 

企画・提案

 

この業務を担当するセキュリティエンジニアは、業務内容的にセキュリティコンサルタントと呼称されることもあります。

業務内容としては、クライアントのITシステムの現状や構成等を把握し、それに対してどういったセキュリティが必要なのかを検討し、クライアントに企画・提案を行う、といった業務になります。

個人情報保護法が施行されてから取得する企業が増えてきた、ISMSやプライバシーマークの取得の支援業務もここに分類されます。

 

設計

 

サーバー機器やアプリケーション、ネットワークの運用や管理状態等を踏まえて、セキュリティに配慮したシステム設計を行う、といった業務になります。

全体を考慮したうえで、セキュリティに配慮した設計を行う必要がある業務の為、幅広い知識が必要とされる業務でもあります。

 

実装

 

設計した内容を元にプログラムの構築・実装を受け持つのがこちらの業務になります。上でご紹介した設計の業務と同様に、全体を考慮したうえで業務を行う必要がある為、幅広い知識が必要とされる業務になります。

また、それと併せて、セキュリティに関する専門的な知識や情報も有しておく必要があり、必然的にシステムを問題なく動作させられるプログラムの構築が要求されます。

 

テスト

 

脆弱性診断やセキュリティ検査を実施し、システムに脆弱性が無いかをチェックするのがこちらの業務になります。

表面的にわかる脆弱性だけでなく、潜在リスクの観点も併せてチェックを行う必要がある為、必要に応じて疑似的なサイバー攻撃を実施し、より深くチェックや対策を行う場合もあります。

 

また、ソースコードのチェックもここで行うことになり、確認した結果、問題点等が発覚した場合は、設計段階まで戻って対応をし直すことも珍しくありません。

 

運用・保守

 

構築したセキュリティシステムの運用と保守を受け持つのがこちらの業務になります。

システムの運用を開始した後に障害等が発生することもあるので、その際の対応を行うことはもちろん、状況に合わせてシステムのアップデート等の管理を行うのも業務の一環です。

 

また、サーバー攻撃を受けた際の対処や、不正な侵入等がされていないかチェックを行うのも、こちらの業務の代表的な業務と言えるでしょう。

 

気になる年収は?

 

 

平均年収は500万円程

 

セキュリティエンジニアの主な業務内容に関しての理解を深めたところで、一番気になっている人が多いであろう、年収に関する話題にも触れさせていただきます。

その時の経済状況や個人が有しているスキル・経験等によって変わってくる可能性もありますが、結果から申し上げますと、平均年収は500万円位が相場と言われています。平均年収として見るとさほど高くない様に見えますが、高いスキル等を持っていれば、年収1000万円を目指すこともできるようです。

 

また、全体的な傾向として、日本の企業より外資系企業の方が高い年収になるケースが多いようですので、こちらも参考情報としてお伝えしておきます。

(参考URL:https://www.internetacademy.jp/it/management/security.html)

 

需要は多い

 

 

上でも説明した通り、セキュリティエンジニアは専門的な知識やスキルが求められる職種になりますので、人材が不足気味になることが多いです。

 

また意外な関連性として、東京オリンピックの開催により、セキュリティエンジニアの求人がより一層高まることも予想されていますので、かなり需要が高い業種とも言えるでしょう。

(参考URL:https://persol-tech-s.co.jp/hatalabo/it_engineer/368.html)

 

Geekly Media ライター

クラウドマン

3+

【サーバーエンジニア】仕事内容から必要なスキル、その将来性まで徹底解説!

PCやスマートフォンでインターネットを利用する時、無意識に接続しているのがITサービスを提供するサーバーです。そして、そのサーバーを構築して運用や保守を行うのがサーバーエンジニアと呼ばれる技術者です。今回は、サーバーエンジニアの主な仕事内容や必要スキルを、将来性を含めて徹底解説します。

 

サーバーエンジニアとは

 

ITサービスを提供するサーバー機器は、Webサービスやメール、その他サービスによって必要なミドルウェアが違います。それぞれのサーバーを用途に合わせ、構築から運用・保守に至るまでを手がけるのがサーバーエンジニアです。

また、サーバー構築における最初の過程となるサーバー選定や、用意したサーバーのキッティング、ラックへのマウントやLANケーブルをはじめとした配線の取り回しもサーバーエンジニアの業務範囲に含まれます。

 

ITサービスが稼働する前段階、プログラミング開発が行われる環境構築から始まり、サービス稼働後の運用や保守を行うサーバーエンジニアは、プロジェクトの全体像を把握しておく必要があるのです。

保守作業については、基本的には他のプロジェクトメンバーが休みの時を狙って作業をする必要がありますし、サーバールームに数十時間居続けることが日常茶飯事という現場もあります。

 

サーバーエンジニアの仕事内容

 

それではサーバーエンジニアの仕事内容を詳しく見ていきましょう。

 

サーバー選定

 

 

ITサービスを提供するにはサーバーが必要です。サービス内容ある程度決まると、必要スペックを算出してサーバーの選定を行います。

サービス規模にもよりますが、サーバーにはプログラマー達が開発に使うサーバーと、サービスを稼働させる本番サーバーが必要です。

サーバーエンジニアは、開発用と本番用それぞれが滞りなく稼働できるスペックのCPUやメモリーを導き出し、プロジェクトの予算も考えながらハードウェアを選定します。

ですので、サーバーエンジニアはサービスが稼働した時にかかる負荷なども考慮する経験が必要となるのです。

 

ハードウェアキッティング

 

 

サーバー選定を終えて、実際にサーバー機器が手元に届いたらサーバー構築が始まります。

キッティングが終わっていないモノならば、CPUやメモリーを実装するといった作業から、キッティング済みのサーバー機器ならばラッキング(電源やLANケーブルの接続および取り回し)を行います

 

サーバー構築

 

 

キッティングを終え電源を入れたら、次はOSのインストールです。サーバーで使われるOSは主にLinuxですが、Windows Serverの場合は既にOSがインストール済みの場合が多いでしょう。

例えばWebサーバーを構築する場合には、以下のような手順になります。

 

➀ OSのインストール

➁ ネットワーク設定

➂ ファイアウォールの設定

④ Webサーバー(Apacheなど)を含めたミドルウェア設定

⑤ 疎通確認

 

大まかな手順ですが、ここまでを構築してからプログラマーに引き継ぐのが一般的です。

 

サーバー運用および保守

 

 

サービスに必要な開発が終わり本格的に稼働を始めたら、次は状況に応じた運用です。

想定以上にアクセスがあればコンフィグのチューニングが必要ですし、帯域が足りなければネットワーク回線の見直しも必要でしょう。

サービスは定期的にバックアップを世代管理で行いますので、バックアップデータを捌くことも必要になります。

 

何かしらのトラブルがあれば、別サーバーにサービスを逃し、トラブル解決をしなければなりません。

もちろん、全てをサーバーエンジニアだけで行うわけではなく、プログラマーやネットワークエンジニアと連携しながら安定した運用・保守を実現していきます。

 

サーバーエンジニアに必要なスキル

 

それでは、サーバーエンジニアに必要なスキルを具体的に見ていきましょう。

 

ハードウェアに関するスキル

 

 

サーバーの選定から任されるサーバーエンジニアには、ハードウェアに関するスキルは必須です。

それは、CPUやメモリー性能にとどまらず、設置場所(ラック幅など)や電源の確保など、モノの設置にまで及びます。

データーセンターなどを見学し、配線の取り回しなどを学ぶことも一つのスキルとして重宝されるのです。

 

サーバー構築スキル

 

 

サーバー構築スキルには、サーバー機器の物理的な知識やOSについてはもちろんのこと、各サービスに必要なソフトウェア全般の知識が必要です。

代表的なサーバーとしては以下のようなものがあります。

 

・Webサーバー

・メールサーバー

・ファイルサーバー

・FTPサーバー

・プロキシサーバー

・DHCPサーバー

・DNSサーバー

・DBサーバー

 

など。

WordPressを使うようなメディアサービスを行うにはWebサーバーが必要ですし、プログラマーが開発する環境にはファイルサーバーやFTPサーバーも必要になるでしょう。

特定のネットワーク接続が必要なサービスならばプロキシサーバーを建てる必要がありますし、ネットワークをコントロールするためにDNSサーバーを自ら建てる環境も少なくありません。

サーバー機器は1台でも、その中には複数のサーバーを立ち上げ、それらを安定稼働させるのがサーバーエンジニアのスキルです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

5+

【Webデザイナー】仕事内容から将来性まで徹底解説!これから先に求められるスキルまで幅広くご紹介します。

近年IT業界の発展が著しく、ビジネスを成功させるにはWebをうまく利用していかないといけない時代になりました。そんな現代社会でますます需要が高まっているのがWebデザイナーというお仕事です。今回はWebデザイナーとはどんな仕事をしているのか、将来性や求められるスキルまで様々なことを幅広く紹介していきます。

 

Webデザイナーとは

 

 

IT業界の発達とともにWebの重要性も増してきており、一昔前までは新聞などの紙媒体を利用することが当たり前だったのですが、今ではニュースなどはWebを利用すれば素早くほしい情報だけを手に入れることができるなど、アナログな媒体からハイテクな媒体に多くのモノが変わってきています。

日常生活を便利にしてくれるWebは利用者も非常に多いため、ビジネスの世界でもどの産業もWebを有効活用しないとなかなか成功することは難しいという時代になっています。

Webデザイナーは、Webのノウハウがない企業さんがWebを有効活用できるようにお手伝いする仕事です。

では具体的な仕事の例を上げていきます。

 

Webページのデザイン

 

 

Webデザイナーの代表的な仕事に、Webページを魅力的かつ使いやすいページにデザインするというものがあります。

多くの人はWebデザイナーと聞くとこの仕事をイメージするかと思います。

 

Webページは会社や個人を紹介するうえで非常に重要なコンテンツです。

どんなデザインなのかによってその会社や個人のイメージが決まりますし、使いやすいかどうかによって利用してもらえるか、読んでもらえるかも決まってきます。

ロゴ・アイコン・キャラクター・画像などを加工したり、レイアウトを決めていくことでオシャレなWebページを作っていきます。

 

Webページのコーディング

 

 

Webページをデザインすると言っても、ただレイアウトを考えてイラストや画像などを配置していけばいいというわけではありません。

何故なら多くの場合、加工した画像などはWeb用には適さないからです。

一般的にWebページを作成するときは、Photoshopやillustratorを使って加工やレイアウトを作っていくのですが、このデータをそのまま使うとWebページでは表示できないのです。

なので、Webページでも表示できるようにコーディングという作業もWebデザイナーの仕事なのです。

 

スクリプト作成

 

 

スクリプトとは気軽にプログラムを実行できる簡易的なシステムです。

簡単にいえば、ここをクリックすると何が起きるのかというのを設定していく作業になります。

Webページは1ページで終わりという事はあまりないので、この作業もよく行う作業になります。

具体的には、アラートを出したり、新しいウィンドウを表示したりなどを設定していきます。

スクリプトでは色んなことができるので、複雑なものを作成する場合はエンジニアの力を借りる場合もあります。

 

フラッシュ作成

 

 

フラッシュの作成はマウスの動きに合わせてアニメーションを付けたり、動画や音声を流すなどWebページをより華やかにするために必要不可欠な作業です。

グラフィックを加工するスキルと動作を制御するアクションスクリプトというものを書くスキルが必要な工程です。

 

Webデザイナーの働き方

 

 

Webデザイナーの働き方は大きく「インハウス」「制作会社」「フリーランス」の3つに分けることができます。

 

インハウス

 

インハウスとはいわゆる社内Webデザイナーの事を指します。

クライアントから依頼をもらってWebデザインをしていくのではなく、自社のWebページを作成・運用・改善をしていくお仕事です。

一つのサイトを長い目で運用していくので、運用によっての効果を発揮しやすいお仕事です。

好きなジャンルなどのWebページ運用を追求したいという方におすすめです。

 

Geekly Media ライター

4+

【Webデザイナー】仕事内容から将来性、初心者の学習法まで徹底解説!

Webデザイナーという響きから「かっこ良さそうな仕事だな」と思われる方は多いと思います。しかし実際にはどういう仕事をしているのでしょうか?また、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのでしょうか。今回はその仕事の内容、Webデザイナーになるためにはどうしたらいいのか、勉強法や将来性を解説していきます。

 

Webデザイナーってなに?

 

 

Webデザイナーとは、『Web』領域における『デザイン』をする人のことを言います。その他にも、グラフィックデザイナー、DTPデザイナー、ゲームデザイナーなど、様々な種類があります。

 

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを行ったりすることを生業としています。法人・個人問わず、クライアントから依頼を受けてWebサイトのデザインを行います。

クライアントの期待に応え、クライアントのイメージを形にするために、構成やデザインをしていきます。

 

Webデザイナーの仕事

 

 

簡単に言うと、WebデザイナーはWebサイトを作る人だということはご理解いただけたと思います。

しかし、WebデザイナーはWebサイトの構成やデザインを行うだけではありません。実際には多くの領域を担当することになります。

 

この項目では、Webデザイナーの細かな仕事の内容を紹介していきます。

 

Webページのデザイン

 

 

デザインソフトを用いてビジュアルイメージを作っていきます。「これぞデザイナー!」というイメージをお持ちの方も多いと思います。

一口にWebページのデザインといっても、様々な事柄を検討してデザインをしなければなりません。

 

サイトの大体のレイアウト、メインユーザーであるターゲットを想定したデザイン、見やすさや使いやすさを考えたデザイン、配色、ロゴ・アイコン・リンクボタンなどの位置や大きさなどなど。

 デザイナーは、クライアントの期待に応えられるように、狙いとする効果を得られるようなサイトのデザインを作っていきます。

 

この工程は、クライアントと打ち合わせを重ねながら、サイトのビジュアルを完成させていきます。

当然クライアントの承認を得ないことには、先の工程に進めません。

この工程、実はかなり大変な工程で、何度もリテイク(やり直し)になることもあるので、デザイナー泣かせな工程でもあります。

 

しかし、それ以上にサイトが出来上がったときの達成感や、そのサイトによって効果が得られた時の喜びは、デザイナーとしてやりがいを感じる瞬間だそうです。

 

Webページのコーディング

 

 

Webデザイナーの仕事の一つに『コーディング』というものがあります。コーディング』とは一体何なのでしょうか?

コーディングとは、WebサイトをWebの形式に適するようにする作業です。『HTML』や『CSS』、『JavaScript』という言語を使用して、Webサイトを構成していきます。

 

簡単に言うと、Webサイトを構成するためのプログラムです。

このプログラムがなければ、先ほど作ったビジュアルデザインはWebサイトにはなりません。例えば『HTML』。これはWebページを作るために開発されたプログラム言語です。

基本的にはこの『HTML』でWebページを作るのですが、『HTML』だけでは動きのあるWebページを制作することができないため、『CSS』や『JavaScript』なども用いて動きのあるWebページを制作していきます。

 

『コーディング』もWebデザイナーの仕事の一つではありますが、『コーディング』を専門で行う仕事もあり、『コーダー』と呼ばれたりします。

高度なプログラミングを要するものであればプログラマーが行いますが、簡単なものはWebデザイナーが行うこともあります。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+

【Ruby/Python比較】将来性があるのはどっち?似ているようにも見える両者の特徴の違いまで徹底解説!

現在、RubyやPythonといったプログラミング言語が注目されています。どちらもシンプルなコードでプログラミンできるため、初心者でも学びやすい言語ではありますが、それぞれどのような特徴や将来性があるのでしょうか。そこで今回は、いま注目のRubyとPythonについて、その特徴と将来性について比較していきます。

 

Rubyの特徴とは

 

Rubyの特徴① Web開発で使用されている

 

 

Rubyは、日本人が開発したプログラミング言語で、Webサーバー上で動作するプログラムを作るときに使用されています。例えば、有名なTwitterやCOOKPADもRubyを使って開発されてきました。

Rubyを使用すると、Twitterのような投稿機能やログイン機能をWebサービスに設置できます。なぜならRubyは、Webサービスにおけるユーザー情報などの操作が可能だからです。

また、分かりやすく説明すると、HTMLがWebサイトの見た目をプログラミングするのに対して、Rubyは見た目では分からないサイトの内部での処理をプログラミングする言語といえるでしょう。

 

Rubyの特徴② 初心者が学習しやすい

 

Rubyの大きな特徴のひとつが、プログラムの記述や実行が容易にできるスクリプト言語である点です。そのため、英語を書くような感覚でコードの記述を行えるため、初心者でも学習しやすい言語であるといえます。

例えばJAVAだと数行書かないと実行できないプログラムがRubyだと一行で実行できるため、直感的にコーディングでき、予期せぬエラーを避けられます。

ほとんどのプログラミング言語は海外で開発されているため、最新技術を取得するためには英語スキルが不可欠ですが、Rubyは日本で開発されたプログラミング言語であるため、日本の参考書も多く最新情報も手に入りやすいです。

また、HTMLやCSSと一緒に使用することで、Webサイトを比較的簡単に作られるため、初心者でもスムーズにスキルアップを図れるでしょう。

 

Pythonの特徴とは

 

Pythonの特徴① 多くのWebサービスで利用されている

 

 

Pythonは、Webシステムの開発に使用されるプログラミング言語のひとつで、世界的に有名なYouTubeやInstagramもPythonを使用して開発されています。

また現在、多くのWebサイトやWebアプリがLinuxというサーバー上で動作していますが、LinuxではPythonが使用されています。

このように、多くのWebサービスやWebアプリケーションに使用されているため、Pythonは需要の高いプログラミング言語といえるでしょう。

 

Pythonの特徴② コードが読みやすい

 

 

Pythonはソースコードが少ないため、C言語など他のプログラミング言語と比較しても簡単コードが書け、見た目もすっきりとシンプルです。

さらにインデント(字下げ)のルールもあるため、後から見直してもコードが読みやすく、誤字脱字やエラーの発生も防げます。

そして、シンプルで文法が非常に分かりやすいため、プログラミング初心者でも学習しやすい言語といえるでしょう。そして、汎用性の高いプログラミング言語なので、他の言語からも乗り換えも容易です。

また、Pythonではコンパイラ(人間が書いたコードを機械が実行しやすいコードに変換する作業)が必要ないため、プログラムの実行が速いという特徴もあります。ちなみにRubyもコンパイラの必要のないインタプリタ言語です。

 

Rubyの将来性とは

 

Rubyの将来性① Ruby on Railsが使える

 

 

Rubyでは、Ruby on RailsというWebアプリケーションフレームワークが使用できます。Ruby on Railsというのは、プログラミング言語のRubyと、フレームワークのRailsが組み合わされたものです。

そして、Ruby on Railsでは、少ないコマンド入力によってWebサイトが簡単に制作できるため、効率よくWeb開発が行え、開発工程の大幅な短縮が可能なのです。

そのため、開発コストの削減のためにRuby on Railsを使用している企業が増加しています。

 

Rubyの将来性② ベンチャー企業で注目されている

 

特にベンチャー企業がRuby on Railsを積極的に使用しています。なぜなら、ベンチャー企業はスピードも重視するため、素早いWebサービスやWebシステムの開発を求めているからです。

そのため、ベンチャー企業ではRuby on Railsを扱え、素早くWeb開発を行えるプログラマーが必要とされています。

また、ベンチャー企業ではWeb開発のリモートワークの求人も多く、高単価の案件も比較的多く存在するため、フリーランスのエンジニアや子育て中の人が働きやすい環境が整っているともいえるでしょう。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

3+

データサイエンティストとは?!仕事内容から将来性、勉強法まで徹底解説!

近年、AI(人工知能)の発展と共に、データサイエンティストという職業に注目が集まっています。企業の持つ大量のデータ(ビッグデータ)を整理し分析を行うデータサイエンティストに興味を持たれている人もいるでしょう。そこで今回は、データサイエンティストとはどんな仕事を行うのか、その将来性や勉強方法まで解説いたします。

 

データサイエンティストとは?

 

 

データサイエンティストについて簡単に言うと、その名前の通り、「データを科学する人」です。もう少し詳しく説明すると、データサイエンティストとは、企業が持っている大量のデータを収集し整理し、そして分析することによって企業が実行可能な事業戦略をたて、マーケティングにつなげる仕事です。

 

現在、多くの企業が大量のデータを所持していますが、そのほとんどが整理されていない乱雑なデータです。その中には間違った情報も含まれている場合もありますが、企業にとって非常に重要な情報も含まれています。

 

データサイエンティストは、それらの膨大なデータの整理を行い、企業が事業戦略を立てるために必要な重要なデータを導き出す仕事で、現在のビジネスにおいて需要の高い職種のひとつです。

 

データサイエンティストの仕事内容

 

 

データサイエンティストは、数学・統計学・プログラミングなどの知識を活かしてデータを整理し分析するのが重要な仕事です。その中には、プログラミング言語を使って文字列データを定量的に分析する仕事も含まれます。

 

例えば、企業が新しいキャンペーンや新規事業を立ち上げようとした場合は、消費者やカスタマーが何を欲しいと思い、どんなサービスを求めているかを考える必要があります。

 

この時、データサイエンティストがプログラミングの知識を活用して過去の消費者の行動に関するデータを取り出し、分析することで、現状の把握と共に新しい事業の方向性を導き出せるのです。

 

このようにデータサイエンティストの仕事は、企業が現状把握し、さらに改善点を見つけ、競争力を高めるために非常に重要な役割を果たします。

 

ところで先ほど、データサイエンティストは企業の持つ大量のデータを整理して重要なデータを導き出すとお伝えしましたが、ただ単にデータを分析して取り出すだけの仕事ではありません。

 

AIの機械学習やディープラーニングを用いた分析方法の把握や、他の部署との連携などもデータサイエンティストにとって必要不可欠な業務です。

 

データサイエンティストの将来性

 

将来企業にとって必要不可欠に

 

 

まだ日本では、データサイエンティストという職業はあまり知られていませんよね。実はアメリカでは、有能なデータサイエンティストが企業において重宝されており、企業からのスカウトも日常的です。

 

AIやIoTの発展に伴い、より大量のデータを取り扱うようになるため、近い将来、日本でもデータサイエンティストは企業にとって必要不可欠な職業となるでしょう。

 

人間らしい「ひらめき」が必要

 

 

ところで将来、AIの発展により単純作業やルーティンワークなどの属人的な仕事がAIに取って代わられると言われています。データサイエンティストの仕事もデータを取り扱う業務が多いので、データの分析・管理が得意なAIに代わられてしまうのでは心配になりませんか?

 

実はデータサイエンティストの仕事は、企業のキャンペーンや新規事業の立ち上げに有用なデータを導き出し利用するので、マーケティングのセンスも必要不可欠です。つまり、現在のAIにはまだ難しい「ひらめき」が重要なのです。

 

そのため、当たり前のようにAIが働く時代がやってきても、データサイエンティストという仕事は人間が創造力とひらめきを持って行う仕事となるでしょう。

 

データサイエンティストに必須のスキル

 

データ分析・統計学の知識は必須

 

 

データサイエンティストは先ほどお伝えした通り、企業の持つ膨大なデータを整理し分析することで、貴重な情報を導き出す仕事を行います。

 

そのため、データ分析やデータ解析、統計学の知識は必要不可欠です。これらの知識があることで、より正確にデータを取り扱えるため、より確実な事業戦略を導くことが可能です。

 

プログラミングの経験は必要不可欠

 

 

近年、ますます多くのデータが企業に蓄積されていくため、機械学習やディープラーニングによる分析方法の確立が必要です。

 

つまり、データサイエンティストには、機械学習やディープラーニングに使用されるプログラミング言語のスキルが求められます。例えば、Python、R、SQL、Hadoopなどのプログラミング言語を取り扱えると良いでしょう。

 

コミュニケーション能力の高さ

 

 

企業内でも部署や部門によって所持しているデータや情報が異なる場合が多いため、データサイエンティストは他部署との連携が求められます。

 

また、データの分析結果をデータ分析やプログラミングの知識がない人にも分かるように説明しなければなりません。

 

そのため、日ごろから意思伝達を積極的に行い、難しい専門的なことを優しく説明できる能力がデータサイエンティストには必要不可欠です。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

2+

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。

 

Geekly Media ライター

ib515

3+