ERPを徹底解説!導入するとどんなメリットがある?今更聞けない基礎知識!

ITシステムの一つERP。よく耳にするシステムの一つだとは思いますが、皆さんERPのこと説明できますか?「基幹システムの一つだということは理解しているけど…。」という方は多いのではないでしょうか?今更恥ずかしくて聞くことができないという方のために、基礎知識と導入のメリットを紹介します。

 

基幹システムと業務システムの違い

 

 

ERPのことを理解するために、まずは業務システムや基幹システムについて理解していますか?

業務システムや基幹システムと深いつながりがあるため、知っていないとERPについて知ることが大変になります。

というわけで、ERPのことを説明する前に、業務システムと基幹システムについて理解していただきたいと思います。

それでは業務システムとはなにか、基幹システムとはなにか、説明していきます。

 

業務システムとは

 

簡単に言うと、顧客管理システムや在庫管理システムなどのことです。

人が業務を行うときにその業務を効率的に行うためのシステムのことを業務システムといいます。

もちろんその他にも、販売管理や生産管理などのシステムも含まれます。

一例です。

営業担当者は顧客の情報を管理するのに、会社で挿入されている顧客管理システムを使うことで、社内の人間が一元管理することができます。

営業担当者が外出中に顧客から急なトラブルがあり、助けてほしいと連絡がきたとき、社内の人間がその顧客のことを知らずに、その対応ができないとなってしまったら顧客は怒りますよね。

単なる外出であればまだ対応できるかもしれませんが、その営業担当者がインフルエンザになってしまった場合は全く対応ができません。

その他の社内の人間が顧客の情報を理解して、代理で対応をすることが企業の業務を効率的に行うことで、業務をサポートしてくれます。

このように、業務をサポートしてくれるシステムのことを業務システムといいます。

 

基幹システムとは

 

では基幹システムとはどういったものなのでしょうか。

基幹システムとは様々な業務システムを一元管理しているシステムのことです。

もっと詳しく言うと、顧客管理、在庫管理、生産管理、財務管理、購買管理、販売管理など、企業の業務における基幹となる部分を一つのシステムで管理しているシステムです。

基幹システムが出る前は、各部署が各々業務に必要なシステムを導入して、個々に管理をしていました。

しかし、業務には様々な部署の連携が必要になってきます。

そのたびに、各々のシステムに同じような項目を入力しなければならないという手間がかかっていました。

また、人の手で入力する機会が増えてしまうことで、人的ミスも多くなってきていました。

そういった問題を解決するために開発されたのが、業務システムを一元管理できる基幹システムというものになります。

基幹システムは業務システムの一つの種類であり、業務システムを包括しているシステムです。

 

ERPとは何?

 

 

業務システムと基幹システムについては理解していただけたと思います。

ERPとはいったい何なのか。

まず、業務システムの中の一つのシステムが基幹システムであり、その基幹システムの中の一つのシステムだと思ってください。

 

ERPは経営を手助けする考え方のこと

 

 

ERPは、『Enterprise Resources Planning』の略です。

企業の経営には『ヒト・モノ・カネ』がなくては成り立たないとされています。

企業の資源と言われているものです。

その資源を有効に活用する計画を立てることを『Enterprise Resources Planning』、略してERPといいます。

簡単に言うと企業経営を効率的に行うための考え方のことを言います。

ただ、ERPが浸透した現在においては基幹システム=ERPという考えは間違っていませんが、システムのことを指すというよりは、概念的なものだと理解してください。

 

ERP導入のメリット 情報の一元管理

Geekly Media ライター

Terrace Factory

こんな福利厚生もあるの!?企業が導入するユニークな福利厚生を徹底解説!

少子高齢化や転職市場の活性化に伴い、「人材不足」に頭を抱える企業は年々増えています。そのため優秀な社員をいかに自社に留めておくかは、もはや経営課題。そこで注目されているのが福利厚生です。今回は他社と差を付けるユニークな福利厚生を導入している企業を紹介します。社員流出を止めたい経営者の方は必見ですよ!

 

福利厚生のメリット

 

 

最大のメリットは「従業員のモチベーション向上」

 

福利厚生と言っても様々な導入目的がありますが、最大の目的は「従業員のモチベーション向上」と言えるでしょう。

やはり人間、快適な職場環境で働くとやる気はアップするもの。

逆に劣悪な環境だと、どんなに優秀な社員であってもそのパフォーマンスは下がってしまいます。

社内の環境、と言う点で福利厚生が果たす役割は計り知れません。

無料のコーヒースペースがあるだけで仕事中の息抜きにもなりますし、他の社員と気兼ねない会話をすることで疲れた頭をリフレッシュすることができます。

「働き方改革」がそこかしこで叫ばれていますが、その目的は「生産性を上げること」。

日本人は働きすぎにも関わらず生産性が低いことから、いかにして生産性を上げるかが日本の至上命題です。

そこで注目を浴びているのが、「息抜き」。

働き詰めでは頭の回転が遅くなることから、適度なリフレッシュを挟みつつ仕事をすることが推奨されてきています。

 

優秀な社員の流出を抑制する役割も

 

大企業と言えど安心できる環境とは言えなくなっている昨今、より安定した企業を求めて転職する人が増えています。

そこで彼らが気にするのが福利厚生の充実度。

仕事だけではなく、私生活も充実させたいと考える方が増えていることがその背景にあります。

ワークライフバランスの充実を求める社員の増加に伴い、福利厚生の充実度が社員満足度に大きく関係してきました。

そのため社員の流出を食い止めたい企業は、こぞって福利厚生の改革に乗り出しています。

 

福利厚生は採用でアピールする材料に

 

 

採用活動で福利厚生をアピールする企業が増えています。

今や学生の注目は「働きやすさ」。

ブラック企業に関するニュースが世間を騒がしていますが、快適な環境で働きたいと考える若手は多いものです。

そこで企業の新卒採用担当者はこぞって自社の福利厚生の充実度をアピールしています。

中途採用のホームページにも福利厚生の文字が並びます。

今は企業の評価サイトなどでそこで実際に働く社員の社員満足度が簡単に分かる時代。

転職者も働きやすい職場を求めています。

そこで重要になるのが福利厚生の充実度。

福利厚生の満足度がイコール社員満足度に繋がる面もあり、企業の中途採用担当者も福利厚生のアピールに必死になっています。

 

福利厚生のデメリット

 

 

導入コストがかかる

 

福利厚生の導入にはコストが発生します。

設備の拡充には投資費用が発生しますし、福利厚生担当者を専任で置いた場合には人件費も乗っかってきます。

更に社員により福利厚生への満足度に差があるため、効果を検証できないという側面も

福利厚生費が年間の予算で最後に承認されるという企業も多いのではないでしょうか?

特に一度導入した福利厚生が社員に支持されずに廃止することは、導入費用をペイできなくなることから避けたいところ。

そこで実施前には必ず従業員にヒアリングをしたりアンケートを取るようにしましょう。

従業員の生の声を聴くことで、効果的な福利厚生の導入が可能になります。

 

実は福利厚生の管理は骨が折れる業務

 

福利厚生導入のデメリットとして次に挙げられるのが、その管理がとても煩雑なこと。

従業員に制度を周知徹底し、年ごと、時には月ごとの利用者数を集計。

そして利用率が少ないものに関してはその原因分析や、時には廃止の検討をすることもあります。

福利厚生はどうしても社内業務の優先度としては低くなってしまうため、大企業であっても福利厚生担当が1人というところも珍しくありません。

そのため必然的に1人にかかる業務量が増えてしまいます。

そこで検討したいのが福利厚生のアウトソーシング。

専門の業者が社員アンケートの実施から社員への周知、また利用率の分析まで行ってくれる便利なサービスです。

他の企業がどのような福利厚生施策をしているのかというリアルタイムの情報が入る点も魅力。

福利厚生担当がそもそもいない、または少人数で回しているという場合には検討してみることをおすすめします。

 

福利厚生の種類

 

 

福利厚生は「法定福利制度」と「法定外福利厚生」に分けられます。

前者は健康保険や労働保険など法律で企業に義務付けられているもの。

後者は法的な義務はなく、企業が自由に設計できるものを指します。

一般的に福利厚生は後者の「法定外福利厚生」に該当し、「ソフト施策」と「ハード施策」に分けられます。

 

一般的な福利厚生(ソフト施策)

 

ソフトな福利厚生の例として挙げられるのが、住宅手当や家賃補助といった制度。

給与・賞与以外に別途支払われるものであり、企業によっては支給されないところもあります。

出産祝いや慶弔見舞金などの制度を導入している企業は多いですよね。

また社内サークルや部活動が盛んな企業は、その活動費が福利厚生費として支給される場合もあります。

 

一般的な福利厚生(ハード施策)

 

ハードな側面としては社宅や保養所の設置、また社員食堂などが挙げられます。

社員の余暇の充実や休息を目的に導入されることが多いですね。

しかし維持費用がかかるなど、近年ではこれらを廃止する企業も増加しています。

また最近は従業員のメンタルヘルス対策の重要性が叫ばれており、その対策として産業医や心理カウンセラーを常駐させる企業も出てきています。

 

ユニークな福利厚生導入例(Chatwork)

 

 

業務効率化と会社の成長を目的にしたサービスを次々と送り出す「Chatwork(チャットワーク)」。

導入企業数が20万社を超えた主力サービス「Chatwork」を利用している方も多いのではないでしょうか?

業務効率化を掲げている企業なだけあり、福利厚生も業務効率を上げるユニークなものが並びます。

 

ゴーグローバル制度

 

社員の知見を広げるために、海外旅行の費用を支援する制度。

1人につき14,000円まで会社が補助してくれます。

世界進出を目指している企業ゆえに、社員がグローバルな視点を持って働いてくれることは会社としても大きなメリット。

福利厚生施策ではありながら、社員に対して会社の方針をメッセージングしている点でも好例と言えます。

 

社員同士で食事をとる時に4,000円を支給

 

社員同士のコミュニケーションを活性化させることを目的に導入された制度。

社員同士のランチに4,000円が会社から支給されます。

これまで以上に不透明になる世の中を企業がサバイブしていくためには、社員同士のこれまで以上の連携が不可欠。

ランチで息抜きをしてほしいという会社の想いと、情報交換を活発化してほしいという願いが込められています。

 

チャット保健室

 

チャットで専門機関に医学相談ができるサービスです。

健康不安やメンタル不調などの際に、社員がすぐに相談できる場所があるのは嬉しいところ。

「健康経営」が叫ばれて久しいですが、社員が健康に働いてくれることは会社の健全な成長に繋がります。

 

ユニークな福利厚生導入例(ウェディングパーク)

 

 

式場探しの口コミサイトとして有名な「ウェディングパーク」を始め、ウェディングに関する様々なサービスを展開。

2018年に「働きがいのある会社」ランキングにノミネートされ、新入社員定着率が9割を超える社員満足度の非常に高い企業として知られています。

 

8活(はちかつ)

 

朝の時間を有効活用するために導入された制度。

朝早く出勤した社員には無償で朝食が振る舞わられます。

この制度を導入することで必然的に退勤時間を早めることができ、仕事終わりのプライベートな時間を充実させることができるというメリットも。

8活」というネーミングも、社員が呼びやすいフレンドリーな名前になるように工夫されています。

 

カレーファミリー制度(カレファミ)

 

社員同士の懇親を深めるために部署横断で「家族」を作る取り組み。

社員が「親」と「兄弟」の担当に分かれ、一緒にカレーを食べる会が半年に3回催されます。

主に新入社員が日々の不安な気持ちを先輩社員に相談できる場として設定。

直属の上司には言えない悩みであっても気軽に相談できることで、結果的に若手人材の流出抑制にも一役買っています。

 

ユニークな福利厚生導入例(バンダイ)

 

 

玩具を専門に扱う国内最大手メーカー。

ガンダムなどの有名コンテンツを多数保有しており、就職活動中の学生からも高い人気を誇っています。

人気の秘密は扱っている商材だけではありません。

その福利厚生も充実しており、他社にはないユニークなものとして社員からの評価も上々です。

 

ファミリーイベント

 

社員の子供や親が参加できるイベントを年に1回開催しています。

玩具メーカーらしく、ヒーローショーなどを社内で開催。

子供を親に持つ社員に優しい福利厚生が充実し、社員のプライベートも充実させてくれる制度となっています。

 

記念日を会社から祝福

 

社員やその家族の誕生日、また夫婦の記念日などに会社からプレゼントが贈られる制度。

社員の家族も「従業員」として捉える企業姿勢で満足度を高めています。

子供の誕生日には会社でお父さん、お母さんからの写真と社長からのメッセージが届きます。

社員の家族のために社長が一役買うとは、バンダイ恐るべし・・・です。

 

福利厚生は今や「経営課題」

 

 

社員がモチベーション高く働ける環境を作ることが、これからの会社の成長には不可欠。

社員同士が顔を突き合わせて会話できる空間や、業務効率を上げる施策などが今後更に求められてきます。

もちろん導入に当たっては効果検証がなかなか難しいというデメリットも。

しかし、これだけ福利厚生への注目度が高まっている社会において、福利厚生の充実度が会社の成長に貢献することは疑いの余地がありません。

また制度が形骸化しないように、積極的な社員への働き掛けも必須。

例えば社員に自社オリジナルの制度を考えてもらう機会をセッティングしたり、呼びやすいネーミングにしてみるなどの工夫をしてみても良いでしょう。

今回は福利厚生導入のメリットを挙げ、ユニークな制度を導入している企業を詳しく解説してきました。

他社と同じような制度を導入しても差別化には繋がりません。

この記事を参考に、社内外から注目を集める福利厚生を考え、導入してみてはいかがでしょうか?

Geekly Media ライター

heytaku7