ゲームデザイナーを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、プランナーとの違いまで幅広くご紹介します!

スマートフォンが発達して、より気軽にゲームを遊べるようになりゲーム市場は盛り上がりを見せています。そんなゲームを作成するときに必要な職種にゲームデザイナーという仕事があることをご存知ですか?今回はゲームデザイナーとはどんな仕事で、どんなスキルが必要なのかについて詳しく紹介していきます。

 

ゲームデザイナーとは

 

 

ゲームデザイナーとは、言葉通りゲームのデザインをするお仕事です。

大きく分けると以下2種類となります。

 

・CGデザイナー

ゲームにおけるステージやキャラクターを作るお仕事となります。アニメーションや背景グラフィック、デモムービーなど機能に合わせたデザインを心掛ける必要があります。

・UI/UXデザイナー

スムーズなゲーム「体験」を行ってもらうことを目的にデザインを行います。タイトル・メニュー画面の作成、ボタン・アイコンなどの最適化、フォントや文章などを中心にデザインしていきます。

 

以上が一般的に「ゲームデザイナー」と呼ばれて思い浮かぶものだと思います。ただ他にも挙げるとするならば、デザインとは元々「設計」や「意匠」という意味を持っているので、キャラクターなどのデザインだけにとらわれずゲーム作品全体の企画・構成を作っていく仕事でもあります。ゲームシステムや世界観など0からゲームを作っていきます。

「ゲームデザイナー」と一口に言っても業務内容が多岐にわたることは覚えておいていいかもしれません。

 

ゲームデザイナーは売り上げに大きくかかわる仕事

 

 

ゲームデザイナーの仕事は非常に重要です。

なぜならどんなに企画のゲームであっても、全体のバランスや世界観が良くないとお面白いゲームを作ることができないからです。

 

暇つぶしにやるという単純なゲームも増えてきていますが、ハマるゲームというのは感情移入することができたり、非日常を経験することができるゲームです。

ゲーム全体のバランスが悪いとプレイしていて違和感が出てきて感情移入しにくいですし、世界観が陳腐だとのめりこむことができません。

ゲーム作成はゲームデザインナーから始まる仕事なので、設計の良し悪しで売れるか売れないかというのは大きく変わってくるのです。

 

ゲームプランナーとの違いは?

 

 

ゲームデザイナーの仕事を調べているとゲームプランナーという仕事をよく見かけます。

ゲームプランナーはゲームをプランニング(立案・企画)する仕事なので、ゲームを0から立案し企画を作っていく仕事なので企画から完成まで携わります。

つまり、ゲームの全体的な設計をプランニングしていくわけです

 

先ほど言った通りゲームデザイナーはゲームをデザイン(設計・意匠)する仕事でもあるので、ゲームの骨組みを設計してため当然企画立案にかかわっていきます。

しかし、ゲームデザイナーは基本的には「CGデザイナー」「UI/UXデザイナー」が主な業務となるので、被る部分はあったとしても、基本的には違うものと捉えて問題ないでしょう。

 

ゲームデザイナーの年収は?

 

 

そんなゲーム作りにおいて非常に重要なゲームデザインナーの仕事ですが、やはり目指すならどれくらい稼ぐことができるのかというのも気になりますよね。

 

転職会議が統計を取っているデータからは、ゲームプランナーの平均年収は378万円だと言われています。

世代別だと20代前半は平均323万円・20代後半は平均355万円・30代は平均426万円・40代以上は平均406万円となっています。

しかし、これはあくまで平均年収であってこれ以上稼いでる方もいれば稼げない方もいます。ゲームデザイナーはゲームの核を作る仕事なため売り上げに直結する仕事なので、評価が分かりやすいです。

参考:https://jobtalk.jp/salary_matome/jobs/129

 

フルスタックエンジニアとは!?必要なスキルからこれからの需要まで徹底解説!

Webアプリケーションを開発するためにはフロントエンジニアやバックエンドエンジニア、インフラエンジニアなど様々な専門分野がありますが、全ての開発を行えるフルスタックエンジニアという超人的な存在がいます。本記事ではそんなフルスタックエンジニアについて必要なスキルや需要について徹底解説します。

 

フルスタックエンジニア

 

フルスタックエンジニアとは

 

 

フルスタックエンジニアとは全ての開発業務を一人で行うことができるエンジニアのことを言い、別名マルチエンジニアとも呼ばれます。

通常のエンジニアは、フロント部分とバックエンド部分に分かれてそれぞれの業務を行うことが一般的ですが、ベンチャー企業や人手が少ないところは一人のエンジニアが全ての業務を担当する事を想定して採用することがあるようです。

実際は業務や会社毎にフルスタックエンジニア の定義は異なるため明確にフルスタックエンジニア とは=◯◯といった表現が出来ないのですが、ここではWebアプリケーションを開発する上で全ての業務を担当できる人という定義で解説していきます。

 

フルスタックエンジニアの仕事内容

 

全ての仕事を担当

 

 

フルスタックエンジニアは要件定義、インフラ・ミドルウェアの設計・導入、開発、テスト、運用、保守まで全ての仕事を任される可能性が有り、それら全ての知識について精通していなければなりません

一人で全てを開発しないにしても、打ち合わせから納期まで俯瞰してどの様に作業すれば良いか分かるだけの知識は最低限必要になってきます。

 

フルスタックエンジニアに必要なスキル

 

フロント、バックエンド両方の言語知識

 

 

フルスタックエンジニアになるためにはフロントサイドとバックエンド両方のプログラミング能力を持ち合わせる必要があります

そのため、HTML/CSS/JavaScript/jQueryといったフロントエンドサイドの言語やRuby/Python/PHP/Javaなどバックエンドの言葉も理解しておきましょう。

もちろん働く現場や自身の開発環境によって言語は絞られる可能性はありますが、使える言語は多ければ多い方が良いでしょう。

合わせて言語別のフレームワークやライブラリーといった知識も必ず必要になります。

 

OS、ミドルウェアの知識

 

 

次に必要になってくる知識として、OSやミドルウェアの知識が挙げられます

OSはシステムの基盤となるWindowsやMac OSなどです。ミドルウェアはOSとアプリケーションを繋ぐ補完アプリケーションの様なもので、Apacheと呼ばれるWebサーバーソフトウェアや、データベースを管理するMySQLなどが代表的なミドルウェアです。

これらはバックエンドで必ず触る必要が有り、フルスタックエンジニアを目指すのであれば知っておくべき必須の知識です。

 

プロジェクトマネジメントのスキル

 

 

フルスタックエンジニアは時に全体を俯瞰してプロジェクトを指揮する様な立場になることが有ります。そういった際にどのように納期までの開発スケジュールの調整を行い、各担当との連携を行うためにどういったコミュニケーションを行うかといったマネジメント能力が要求されます

 

フルスタックエンジニアの年収

 

 

フルスタックエンジニアの年収はIndeedの求人情報を参照すると、450万〜1000万の幅で募集されることが多い様です。

全ての業務を一通り出来るスキルが求められるため優秀な人材が少なく、年収の中央値も自ずと高くなるようです。

希少価値が高いため、自身でフルスタックエンジニアだと自覚できるほどの能力が付いたら高収入を狙える立場になれるでしょう。

 

ITアーキテクトを徹底解説!気になる年収から求められるスキル、コンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!

本記事では、ITアーキテクトについて年収や仕事内容、資格、必要なスキルの開設や、役割の似ている職種であるITコンサルタントとの違いまで幅広くご紹介します!ITアーキテクトについてあまり知らない方に対してもわかりやすく解説していきます。是非、ITアーキテクトを目指している方はご参考にして下さい。

 

ITアーキテクトとは?

 

 

IT分野の設計・構築の役割

 

ITアーキテクトは、IT分野の中でクライアントの要望に応じたシステム・環境の設計・構築を行う役割を担います。

また、プログラマやエンジニアよりも上位の職種に位置付けられるため、システムを設計・構築するだけでなく現場のエンジニアに指示する重要な立場です。

また、業務内容の幅が広く、アプリ・ソフトウェアなどのシステム設計者やインフラ・ネットワークなどの設計エンジニアまで含みます。

 

資格の取得は有効

 

ITアーキテクトに有効な資格に、システムアーキテクト試験があります。

システムアーキテクト試験はスキルレベル4に指定されているため、難易度が高く合格率は15%と少なめです。そのため、価値の高い資格であると考えられます。

※スキルレベルは1~4まであり、情報処理推進機構により設定されています。

システムアーキテクトの資格を取得することにより、他の国家資格を受験する際に、試験の一部免除を得られる場合があるので、取得しておいて損はない資格です。

 

ITアーキテクトの仕事内容とは?

 

 

テクニカル調査

 

IT技術の動向を調査して、最適な技術を案件で使用します。この際、その技術が今後普及する技術なのか、人気が衰えるのかを判断します。

プロジェクトの発足時だけでなく、常々最新技術の動向を調査していく必要があります。

 

アーキテクチャ設計

 

クライアントからの要件定義を基本にして適切なアーキテクチャの構築やその代わりとなる解決策の調査を行い、その調査結果を元にしてシステムの基本を設計します。

 

問題解決

 

要件定義の段階やプロジェクトの進行中に発生した問題には、ITアーキテクトは責任者として問題の解決に導かなければいけません。

もし、問題を解決できない場合では、よりよい代替案を提案するなどクライアントに迷惑をかけない解決案の提案が求められます。

 

3つの専門分野に分かれる!

 

 

インフラストラクチャ・アーキテクト

 

インフラの安定運用、システム保守、リプレース計画、バックアップ戦略、負荷対策などの非機能要件を担当するインフラを専門としたアーキテクトです。

※非機能要件とは、システムの構成に当たり性能面やセキュリティ面において実現するべき用件です。

 

アプリケーションストラクチャ・アーキテクト

 

ビジネスフローを中心に置いた、アプリケーションの設計を専門としたアーキテクトです。

技術者だけでなく、案件の用件の深い理解が求められます。また、ビジネス上の課題の分析、それに基づく論理データモデル、基本設計を設計する必要があります。

 

インテグレーション・アーキテクチャ

 

単体の業務を専門とするのではなく、複数のシステムを合わせたサービスを作成することを専門とした分野です。

例をあげると、Google,Amazonなどのような多数のサービスを提供させるサイトでは、インテグレーション・アーキテクチャは重要な役割を担います。

 

ITアーキテクトの年収とは?

 

 

上記の説明でITアーキテクトは、プロジェクト内での重要性が高いことがおわかりいただけたでしょうか。

そのため、年収は他のIT関連職業の平均よりも高く設定されているケースが多く、約700万円程度です。また、大規模のプロジェクトを担当するITアーキテクトは1000万円を超えるケースも少なくありません。

 

参考元:http://www.meti.go.jp/press/2017/08/20170821001/20170821001-1.pdf

 

ITアーキテクトに求められるスキルとは?

 

 

サーバーサイドエンジニアを徹底解説!必要なスキルからその需要、気になる年収までご紹介します!

サーバーサイドエンジニアは普段私たちが利用しているWebアプリケーションの裏側処理を担当してくれているエンジニアです。裏側の処理がメインの業務になるためどのような仕事をしているのかあまりイメージが湧かないと思います。本記事ではサーバーサイドエンジニアの仕事内容や必要なスキルからその需要や年収まで徹底解説していきます。

 

サーバーサイドエンジニア

 

サーバーサイドエンジニアとは?

 

 

サーバーサイドエンジニアは、その名の通りサーバーサイドを担当するエンジニアのことを指しており、サーバーで行うためのプログラム開発やデータ処理を担当します

簡単に言うと、私達がWebサイトを操作して送られてくるデータを保管場所に保存するために処理したり呼び出したりする環境を作成し、メンテナンスを行ったりバージョンアップの際に対応したりする仕事です。

 

バックエンドエンジニアとの違い

 

 

Webサイトやアプリケーションの見た目や実際に操作することができる部分をフロントと言い、フロントの開発者をフロントエンジニアと呼んでいることから、バックエンドを担当するサーバーサイドエンジニアはバックエンドエンジニアと混同されることがよくあります。

実際行う業務はほぼ同じようなことが多いのですが、バックエンドエンジニアは主にWeb領域のサーバーやプログム開発を行う人のことを指していました。

 

そのことから敢えて分けるのであればWeb領域のバックエンドを担当するのがバックエンドエンジニアで、その他のバックエンドも担当するのがサーバーサイドエンジニアということになります。

 

具体的な仕事内容

 

バックサイドでのデータ処理環境構築・保守がメイン業務

 

 

サーバーサイドエンジニアの仕事内容は具体的にバックサイドでのデータ処理環境の構築と、新しいソフトウェアやバージョンアップに伴う環境の調整・構築などがメインになります。

例えばTwitterなどのWebアプリケーションの場合ユーザーは会員登録を行い個人のTweetという形で投稿を行います。それを実現するにはユーザーが会員登録を行った場合のデータを保存、ユーザー専用ページにアクセスするためのデータの呼び出しといった作業が必要になってきます。

 

そういった場合にサーバーサイドエンジニアはデータの保存・呼び出しを行ったり、ログインしていない人が不正にアクセスできないようにしたりする仕組みをRubyやPHPといった言語で構築します。

 

サーバーサイドエンジニアに必要なスキル

 

必要な言語

 

 

サーバーサイドエンジニアになるためには、まずは開発を行うためのプログラミング言語を覚える必要が有ります。サーバーサイドエンジニアに必須な言語は大きく分けてコンパイラ言語とインタプリタ言語の2種類です。

コンパイラ言語はJava,C,C++といった言語になります。コンパイラとは、プログラマーが記述したソースコードをパソコンが読めるように機械語に変換するコンパイル作業のことです。コンパイラ言語はコンパイル処理をしなければ実行することが出来ませんが、実行速度が速い特徴が有ります。

インタプリタ言語はPeal,PHP,Ruby,Pythonといった言語になります。インタプリタとはプログラマーが記述したソースコードをパソコンに逐次変換変換することでコンパイル処理の手間を省いた方式のことです。インタプリタ言語はコンパイル処理を行わなくて良いため作業が楽ですが、実行速度が遅いという特徴があります。

 

必要な知識

 

 

プログラミング言語を覚えたら次に言語別のフレームワークやデータベースの知識を備える必要が有ります

フレームワークは開発を効率よく行うために共通処理をまとめて雛形で、RubyであればRuby on Rails, JavaScriptであれば React.jsなどが有ります。

データベースの知識は例えば会員情報や投稿内容といったユーザー毎に表示する画面を変えるには、ユーザーの情報をデータベースに保管したり引き出したりする必要が出てきます。そういった際に必要になってくるMySQLやSQL Serverなどをどのように操作するのかを理解しておく必要が有ります。

 

また余力があればHTMLやCSSといったフロントエンドエンジニアが使用する言語も覚えておくと便利です。

小規模な職場によってはサーバーサイドエンジニアがフロントエンドを行うこともあり、両方できるとかなり需要が高まります。

 

サーバーサイドエンジニアの年収

 

 

過去3年のサーバーサイドエンジニアの給与情報を調べたIndeedの情報によると、平均年収は543万円と、比較的高い年収水準にあるようです。

サーバーサード周りを扱う仕事が増加する中、まだまだエンジニアが足りていなかったり優秀な人材が不足していたりすることが原因として考えれますが、逆に一度でもサーバー構築やサーバー周りのプログラミングを行なった経験があると高い給与を得られるようです。

 

Webディレクターとは?!仕事内容からなり方、年収、将来性まで徹底解説!

Webディレクターという職業をどの程度知っているでしょうか?Webディレクターはみなさんが利用しているWebサイトの作成を行っているクリエイター達の統率やクライアントの求めるWebサイトの制作を企画、クライアントへの提案などの責任者を担う重要な仕事です。今回は、Webディレクターの仕事内容や年収、将来性、なり方までご紹介します。

 

Webディレクターとは

 

 

Webディレクターとは、『ディレクター』の意味と同じく『監督/責任者』という役割を担う職業です。

主に、Web上のコンテンツ作成/編集を行う、スタッフやクリエイターの指揮を撮る立場の仕事となります。

 

Webプロジェクトの責任者

 

 

Webディレクターは、Webプロジェクトを一緒に行うプログラマー、ライター、デザイナーなどのクリエイターをまとめ、滞りなく作業を進行させてプロジェクトを成功させる責任者です。

そのため、記事を担当するライターやサイトの作成や画像の選出を行うデザイナー達をまとめ、サポートしつつ自分の仕事を中立的な立場から同時進行で行う必要があります。

 

クライアントとの架橋の役割

 

 

Webディレクターは外部のクライアントとの『サイトの作成/改修』などの依頼を受ける場合があります。

その際に、Webディレクターは商品やサービスの売り上げ数や課題をクライアントと相談して、課題の解決策を提案する必要があります。

また、解決策にはクライアントの予算、納期などの様々な要素を全て考慮して、デザイナーやプログラマー、ライターを統率してWebサイトの作成を行います。

 

仕事内容

 

Webサイトの製作スケジュール設定/進行管理

 

 

Webディレクターは個人のスケジュール管理だけでなく、Webプロジェクトのスケジュール管理を行う必要があります。

特に、クライアント先から依頼を受けたプロジェクトの納期を厳守し、それに伴う指示を各製作スタッフに行う必要があります。

また、Webプロジェクトは一つのみ担当する場合だけでなく、複数のWebプロジェクトを同時に進めていく場合もあります。

そのため、WebディレクターはWebプロジェクトの優先順位などを考慮した上でスケジュールの管理に勤める必要があります。

 

Webディレクターの年収

 

 

日本におけるWebディレクターの平均年収は『452万円』と言われています。中には、年収で1000万円を超える方もいらっしゃいます。

20代の平均年収は300~400万円と他の業種と比較するとやや高めの年収となっています。

また、30代では、450~500万円が平均年収で、これも他の業種と比較すると、高い年収となっています。

 

実績を積むことで収入が増加する

 

小規模の会社では、WebディレクターがWebプロデューサーの代わりの役割をこなします。

また、スキルを高めることでクライアントからの要望を受けるだけでなく、逆に提案できるレベルの人材は重宝されます。

昇給が期待できる会社に長期間勤めて、コンサルティングなどの他の分野まで、行えるようになるのが、収入を増加させる方法の一つです。

 

転職やフリーになって収入が増加させる

 

転職は収入を増加させるのに有効な手段です。中でも、未経験でWebディレクターとして採用された場合は、その環境でスキルを磨き、スキルアップを目指しましょう。

その後、自分のスキルが一定以上になったと実感できた際には、転職エージェント(※)などに登録して、新しく企業への転職や、フリーのWebディレクターの道を歩む方法があります。

中でも、同じ業界・職種への転職は、即戦力と歓迎されるため年収が増加するケースが多いと言われています。

※転職エージェントとは、人材紹介サービスの別称で、転職サイトとは違い登録者の一人一人に担当が付き様々な相談に乗ってくれるサービスです。

 

転職経験者が教える「希望年収は?」に対する回答はコレ!年収アップ額の相場から履歴書での書き方まで徹底解説!

転職の目的の一つに、年収アップがあります。
給料が上がればその分生活も豊かになるので当然のことです。
しかし、面と向かって「希望年収は○○円です!」とは言いにくいもの…。
面接の場で聞かれても、答えにくくて回答に困ってしまうところです。
今回はそんな希望年収の伝え方について、解説していきます!

 

転職最大の目的が年収

 

 

給料は様々な要因で決まってきます。

お金はあなたのライフプランにも大きな影響を与えますので、簡単に譲歩できるものではないです。

あなたが転職する最大の目的が、年収額のアップならば、年収が上がる環境を選ばなければなりません。

実際にはどうでしょう?

あなたの転職の最大の目的は何でしょうか?

今一度見つめ直してみて下さい。

 

転職で年収はUPする?実際には・・・

 

 

転職での年収UPの可能性はある!

 

転職すると年収が下がるというのは一般的に言われていることです。

実際に転職して給与が下がったというのはよくある話ですし、私自身も転職して給料が下がった経験があります。

では、どうして給料が下がったのでしょうか?

大きな要因は、転職してキャリアチェンジしたからです。

転職を機に、今までのキャリアとは別のキャリアを積むことを決めて転職活動をします。

そうすると未経験での採用という形になり、今まで積んできたキャリアとは別のキャリアを積むことになります。

言ってみれば「新卒よりいくらかマシな人材を採用した」ということです。

これでは年収のアップは望めませんね、

しかし、キャリアアップを目的の一つとしていけば、即戦力として見ていただくことができるため、給料のアップも望めます。

要するに境遇次第では、年収アップの可能性は十分にあるということです!

 

企業の原資によってはアップの可能性も

 

転職先の企業規模によっては、年収アップの可能性も十分にあります。

原資が潤沢にある企業に転職して、今までと同じ仕事でも年収が上がったという話はよく聞きます。

中小企業よりも大企業のほうが、人件費に費用を割けるというものです。

ただその分、選考はかなり厳しくなると思われます。

大企業はいい人材を確保するために様々な手法を使います。

さらには費用もかけています。

また、応募者の数も大変多いと予想されます。すなわちライバルの数も多いということです。

大企業を志望しているライバルたちに勝って、年収アップが実現するのかもしれませんね。

 

年収アップ、年収ダウンはどのようにして起こるのか

 

 

キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄い

 

先述した通り、キャリアチェンジでは年収アップの望みは薄いです。

今まで自分が積み上げてきたものの大部分が転職先で生かせないケースが非常に多いからです。

ビジネスマナー・ビジネススキルやパソコンスキルなどは前職で培ったものを活かせるのですが、仕事のノウハウなどは今までの経験とは違うものになるため、活かすことができないというケースが多いです。

キャリアチェンジしても企業の規模が大きく、原資がある場合には年収アップする可能性も十分にあります。

ただ、中途採用において採用した企業側が期待するのは、即戦力としての活躍が大きいです。

そのため、一般的にはキャリアチェンジでの年収アップは望みが薄いと言えます。