ロボティックスとは??注目される背景から現状、未来のあり方まで徹底解説!

ここ最近よく聞かれるロボティックス。元々はロボット工学のことを指していましたが、最近ではロボットに関する産業全般を指すことが多いです。なぜここまで注目されるのか、そしてロボティックスの現状や、これからの未来はどうあるべきかが日々議論されています。今回はロボティックスについて徹底解説していきます。

 

ロボティックスとは何なのか

 

元々はロボット工学を指す言葉

 

 

世界には様々な産業があります。その中でも現在最も耳にする言葉の一つとして、ロボティックスという言葉があります。

言葉としてはよく聞くものの、意味まではわからないという人も少なくありません。しかしロボと付いているため、ロボットに関連する言葉であることは間違いありません。

元々ロボティックスというのは、ロボット工学を意味する言葉として使われました。

ここで言うロボットというのは、コンピューター制御を元に、センサーなどを取り付けて、自立して動くことができるロボットのことを指します。

工場などで活躍する産業ロボット業界は、このロボティックスに関する業界の一つでもあります。

 

最近ではロボットに関する産業の総称に

 

 

一昔前までは、産業ロボットを中心とした製品を作る業界のことをロボティックス業界と言っていました。

しかし最近では、そのロボティックスという定義も徐々に変わりつつあるのです。最近では産業ロボットはもちろん、AIを駆使したロボット業界や、ドローンなどの業界についても、ロボティックス業界の一つとして数えられています。

ロボットについても時代とともに姿を変えており、産業ロボットはもちろん、ソフトウェア型のロボットや、小型のロボットなど、現在の産業には必ずと言っても良いほどロボットが絡んでいます。

ロボティックスが現在のようなロボットに関する産業の総称という意味に変化したのも、このような物の登場がきっかけです。

 

ロボティックス業界の現状は?

 

市場規模は年々増加傾向に

 

 

IT業界が年々市場規模が拡大しているということは、皆様既にご存知のはずです。ではロボティックス業界はどうなのかということになりますが、こちらも年々増加傾向にあります。特にここ最近は、かつてないほどの伸びを見せています。

世界的にも市場規模が拡大しており、特に日本や中国などをはじめとするアジア太平洋地域が大幅に増加しています。毎年約20%のスピードで成長しており、2021年には25兆円にまで広がると言われています。

 

だれでも手軽にできる時代?

 

ではなぜこれほどまでに市場が急成長しているのかということになりますが、それには技術の進歩以外にも、純粋にロボットの需要が増えたということや、量産化することで価格が下がったことが挙げられます。

ロボティックス業界とともに、ロボティックスに関連する業界の成長も著しく伸びており、それらのおかげで技術が向上しています。

そしてそのきっかけとなる部品についても、多くが量産化されており、そのため価格が下落し、それにより参入しやすい状況になっています。

需要についても増加しているため、もしもロボティックス関連の会社を今作ったとしても、十分利益を見込める状態にあります。

 

ロボティックスはなぜここまで注目されたのか

 

きっかけはAIの発達にあり

 

 

なぜ多くの企業や人がこれほどロボットを欲しているのか、それにはAIが重要な鍵となっています。

元々AIというのはインターネットと深いつながりがありました。しかし、今ほど性能は良くなかったため、使用される場所が限定されていました。

技術の進歩とともにAIも進化し、やがてロボットにAIが搭載されたことにより、活動範囲が広がりました。そしてそのことを聞いた企業がAIに目をつけ始め、現在のような注目される存在となりました。

ロボティックスが注目され始めたのも、このAIの発達がきっかけです。つまりロボティックスがここまで注目されるようになった理由としては、AIが進歩してロボットに搭載されたことが要因なのです。

現在では工場などで活躍する産業ロボットはもちろん、オフィスワークにもRPAなど、ロボティックスというものは多くの企業において欠かせない存在とされています。

 

生活密着型ロボの活躍

 

 

ロボティックスによる影響は産業だけでなく、私達の生活にも影響しています。お掃除ロボットのルンバなども、ロボティックスによる産物の一つなのです。

掃除機というロボットにAIなどを搭載することで、人間の代わりに部屋を掃除してくれるというのは、紛れもなくロボティックスによる産物です。

ルンバよりも影響力のあるものとして、ドローンがあります。最近では自動で飛行するドローンも増えており、撮影機材として購入する人も少なくありません。

また、ドローンは宅配業界消防、医療などの分野でも活躍しています。災害などで人間が立ち入ることができない場所での撮影や作業にドローンを使用するということは、徐々に定着しつつあります。

このように、ロボティックスの影響は、私達の生活を密かに支えているのです。

 

ロボティックスと人間の生活

 

AIが仕事を奪う時代

 

 

何かと話題になるAIですが、AIもロボティックスを解説する上では欠かせない存在です。

実際にAIに関する業界も、ロボティックス業界の一つとなっています。そんなAIですが、最近ではある噂が出ています。それが、AIが人間の仕事を奪う、ということです。

その噂についても、AIとともに普及しつつあるビッグデータによって、実現しつつあります。

多くの経営者が口を揃えて言っており、10年後には人間の仕事の約半分がなくなると言われています。

実際にロボティックスの発展によって、工場での仕事はほとんどロボットであり、オフィスワークについてもRPAの普及によって、大幅に減らされつつあります。

最初はそんな時代が来るわけがないと考えていた人も、このロボティックスの注目度とAIの普及により、本当にそうなるのではないかと考えている人がいるのも事実です。

 

ロボットは良き相棒?

 

人間の仕事を奪う、というと確かに聞こえは悪いです。しかし良く言えば、使い方次第では良き相棒になるということです。

確かにAIなどのロボットが仕事を奪うのは事実ですが、それは奪っているのではなく、人間の代わりに仕事をしてくれているということになるのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなす人」と「こなせない人」

 

 

持っている資格や仕事の出来具合もあまり変わらないのに、妙に面接に強い人って周りにいませんか?

というよりも、実際の仕事の出来具合は自分のほうが上、なんてケースもあるでしょう。

 

履歴書をみても出身大学は上だし職務経歴書もひけを取らない内容なのに、面接に通過できないジレンマ。

少し嫉妬してしまうくらいの差が生まれています。

 

面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」の原因があるとしたら知りたくありませんか?

今回は面接で差が出る原因と準備するコツを解説します。

 

面接を上手に「こなせない人」のあるある

 

 

筆者が民間企業で勤めている時代に、総数でいうと2,000程度の人達を面接してきました。

1次面接の時もあれば、2次面接の時もあります。

 

これだけの面接をする件数を重ねていくと、次第に入室した瞬間に合否がわかるようになっていたのです。

不思議ですよね。まだ話もしていないのに内定を貰う人がわかるのです。

 

一瞬超能力でも身についたのかと考えましたが、そんなことがあるはずもなく単純に面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」にはある傾向がありました。

まずは、面接を上手に「こなせない人」の特徴から解説します。

 

本当に面接しに来たんだよね…

 

人の印象は初めて目にした姿で大半が決まるのは有名な話。

この有名な話は特に面接ではとても大切なことなのです。格好良い、可愛いなどの見た目のことではありません。

 

面接官も採用する立場の役割を演じて、応募する人達を迎え入れます。

筆者が民間企業で面接をしていた当時は、入室した瞬間に頭から足下まで一通りチェックしていました。

ここ最近はラフな服装でもOKである企業も出始めていますが、まだまだ日本はアメリカ式のビジネスマナーが重視されています。

一言でまとめると清潔感ある見た目が重要です。

2次会に来たわけではないのですから、髪型やネクタイ、シャツのボタン、靴で好印象を与えなければなりません。

 

採用担当者も面接する前は自分の身なりをチェックしているのですよ。

 

ガチガチの優等生回答

 

 

良く面接のマニュアル本などでとても勉強してきたのはわかるのですが、採用担当者が知りたいのは素のあなたです。

最低限のマナーさえあればマニュアルはかえって邪魔になります。

 

本人からしたら上手に受け答えしているつもりなのでしょうが、面接官からしたら音声録音を聞いているようなもの。

どの本で勉強したのかもわかってしまいます。

企業で働くようになれば、その組織のルールに従うのは当然のこと。

しかし、面接は人間性を確かめる場でもあります。決まり文句ほど面接官を退屈にさせるものはありません。

 

書類と異なる大きなギャップ

 

面接前に書類選考がありますよね。

この書類選考でチェックしている箇所は誤字脱字や経歴はもちろんのこと、如何に読みやすい書式であるかもみられています。

 

あなたが面接のアポイントをゲットできたのは、自信を持って良いことなのです。

それだけ上手な書式を作れているのに、問題になるのは履歴書の写真のこと。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、履歴書の写真と面接時の印象を変えないでください

なぜかというと、履歴書の写真も書類選考の大切な判断要素だからです。

履歴書の写真は一般的に3か月程度の期間内に撮影されたものを使用するといわれています。

 

しかし、本命の企業なら履歴書を送付する直前に撮影した写真を送るのが無難です。

なるべくなら履歴書の写真とギャップを感じない気遣いをしましょう。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

Geekly Media ライター

SHIN

転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接で悩みやすい質問を上手に答えるには?

 

 

短い時間であなたの印象を決定づけるのが転職面接です。転職の面接にはどう答えて良いのかわからない質問もたくさんあります。どのような回答が正解なのか迷ってしまいますよね。

実は、企業が行う転職の面接にはある程度の型があるのです。短い時間のやり取りで採用するかどうかを決めるのですから、1つ1つの質問には意味があります。

そこで今回の内容は、転職の面接で良くある質問を序盤と中盤、終盤、最後に分けての解説です。答えにくい質問にはどう対処すれば良いのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接の序盤にされる良くある質問

 

 

転職の面接序盤にほとんどの企業が行うであろう、代表的な質問について解説します。筆者も、全国展開をしている大手量販店での人事採用面接で必ずしていた質問です。

当たり障りのない質問のように感じますが、転職面接の序盤の質問は意外と重要なポイントになります。ここでのアピールの仕方次第で、転職の結果が変わるかもしれない大切なものです。

転職面接の序盤では、「自己紹介とPR」の質問は必ず聞かれます。採用側ではこれらの質問に、どのような意味を込めているのでしょうか。

 

自己紹介とPRは最高のチャンス!

 

「自己紹介とPR」は緊張をほぐすためのさわりの質問だと考えていませんか?実はさらっと序盤にされていますが、転職の採用の合否に関わるウェイトが大きい質問です。

面接自体が採用する企業の担当者から質問される流れであって、自ら積極的にアピールできるのは「自己紹介とPR」の質問のときだけです。

こんな絶好のチャンスを逃す訳にはいきません。対策をしっかりと練って、採用担当者の心を動かす「自己紹介とPR」にしたいものです。

 

自己紹介とPRに含まれる意味は何?

 

 

転職の面接で質問される「自己紹介とPR」では、簡潔にまとめる力と提案力、具体化する力をみています。「この質問でそこまで判断する?」と感じるかもしれませんが、これは事実です。

仕事ではクライアントや協力会社、社内に対しての連絡事項や重要な約束事を短く、わかりやすく伝えなければなりません。

また、企画や商品を売り込む提案力も求められます。採用側の企業は、あなたの現時点における能力を判断しているのです。

さらに、これら2つの能力が高ければ、面接のやり取りにも説得力が増します。これが最後の具体化する力ということです。自社でどのような働きをみせるのかを想像しやすいですよね。

 

上手な自己紹介とPRの仕方

 

あなたのことをアピールできる時間なので、たくさん内容を盛り込みたくなりませんか?しかし、あまりにもたくさん内容を盛り込んでも、採用担当者には伝わりにくくなってしまいます。

上手な「自己紹介とPR」の仕方にも型があるのです。その型は①アピールポイントを明確に、②どのような経験をしたか、③転職先にどう活かせるか、の3つになります。

まず転職先の状況を踏まえた、あなたのアピールポイントを1つまとめてください。そこに経験を話すことで説得力を高めて、企業に貢献できる内容で締めくくります。

 

転職面接の中盤にされる良くある質問

 

 

「自己紹介とPR」が一段落すると、企業の採用担当者が主導となる質問が開始されます。転職の面接の中盤にする回答は、あなたがアピールした内容に説得力を高める要素となるのです。

序盤のアピールが上手にできても、話を聞いていく内に首をかしげてしまうこともあります。あんなに上手にアピールできていたのに勿体ないと感じたケースが多々ありました。

そこでここからは、転職の面接中盤で核となる「志望動機」の質問について解説します。どうすれば上手に「志望動機」を話せるのでしょうか?

 

転職の面接では志望動機を必ず聞かれる!

 

「志望動機」も転職の面接では必ず聞かれる質問の1つです。必ず聞かれる質問だとわかっているのに、しどろもどろになってしまう人って意外とたくさんいます。

この質問にしどろもどろだと、本当に応募している企業の業種で仕事をしたいのか疑われても仕方ありません。仮に異業種から申し込んでいるなら尚更です。

申し込んでいる企業につながるように話をまとめると説得力のある回答ができるでしょう。質問の回答はあまり広い視野で考えてしまうと失敗します。

 

どうして自社なのかを知りたがっている

 

 

筆者が民間企業で面接官をしているときに、採用面接ってなんだか恋愛と似ていると感じていました。応募してくる人達は、好きな人に告白しようとしている姿と重なるのです。

告白相手になる企業は、「なんで私なの?」と不安に感じています。告白されたから「どこが好きなの?」と聞いてみて、「何となく…」といわれたらどう感じるでしょう。

恋愛も付き合うのだったらなるべく長く関係を保ちたいもの。採用する企業も長く勤めて欲しいと考えているのです。決め手に欠く回答だとガッカリしてしまいます。

 

上手な志望動機の答え方

 

「志望動機」の上手な答え方を伝える順番は「自己紹介とPR」と同じで構いません。ここではどこに着地点を置くのか、ということをテーマにします。

Geekly Media ライター

SHIN

転職のタイミングを徹底解説!年齢だけでは一概に語れない理由とは?

転職するのに情報を集め始めると、やけに目にする「28歳」と「32歳」、「35歳」。どうもこれらの年齢が転職ではかなりネックになっているようです。そんな情報ばかりが気になってしまい不安を感じてしまいますよね。そこで今回は、まるで都市伝説のようにささやかれる噂を検証します。どうしてこのような噂が流れるようになったのでしょうか?

 

転職するタイミングを年齢で判断するのは正しい?

 

 

何歳までに転職するのが良いという、都市伝説のような噂をよく耳にします。

こんな噂を聞いてしまうと、転職して大丈夫なのか不安になりますよね。

 

そこで今回は都市伝説となっている「28歳」と「32歳」、「35歳」の転職がテーマです。

さらに、転職するのに大切な2つのスキルについても解説します。

 

はたして転職に年齢が関係しているというのは本当なのでしょうか?

そして、転職に大切な2つのスキルとは一体どのようなものなのでしょう。

どうぞ転職の参考になさってください。

 

転職するのは28歳が限界なの?

 

 

人生において1つの節目となるのが30歳です。

この時期になると結婚したり、責任ある仕事を任せられたりするので、20歳代の環境とは全く異なります。

このまま同じ仕事を続けて良いのかと1番迷う世代かもしれません。

仕事に対しても向上心が芽生え始めてきて、あらゆるスキルを手に入れたくなるでしょう。

 

しかし、若さでいえば20歳代前半のほうが転職に有利だと感じてなりません。

噂で耳にする「28歳」というキーワードは、本当に厳しい転職タイミングなのでしょうか?

 

転職するのに20歳前半よりは20歳後半が良い!

 

28歳という年齢も勤め人としては十分に若い部類に入ります。

しかし、企業が若さを求めているのであれば、20歳代前半のほうが魅力的ではないでしょうか。

実は20歳代を前半と後半で分けたとすると、後半のほうが転職には断然有利なのです。

確かに給料も安く企業の色に染めやすい20歳代前半は魅力もあります。

 

ただし、給料の安さ以上に人材を育てるのは企業にとって大きな負担でもあるのです。

若手を育成する時間や経費などの資産を大量に奪う世代といえます。

 

企業が中途採用者に求めるのは、これまでの経験です。

20歳代後半であれば何年間か勤めてきた経験を活かして、自社に貢献してくれるだろうと考えます。

 

転職しながら20歳代で可能性を追求する!

 

 

「20歳代で臆病になる必要はない!」これが筆者の考えです。

あなたが今思い描く全てのことに、全力でチャレンジしてください。

 

たとえチャレンジした結果が失敗に終わったとしても、それは成功に1歩近づいたのと同じこと。

年を重ねてやらなかった後悔よりも、失敗して悔やむほうがまだマシです。

人を成長させる栄養は成功よりも失敗に隠れています。

 

履歴書真っ黒なんて最高じゃないですか。

それだけたくさんの経験をして、移り変わった企業でも順応性がある証です。

 

転職では28歳の需要はたくさんある!

 

28歳の転職という都市伝説のような噂は、限界ではなくとても大きなチャンスであるといえます。

社会人としてのスキルも高まり始めている絶好のタイミングです。

 

チャンスというのは長い人生のうちに何度も訪れるものではありません。

30歳代という節目を目前にして、これからのことを冷静に考える時期です。

Geekly Media ライター

SHIN

2019年注目の『MaaS』を徹底解説!車を持たない社会が来る日も近い!

皆様は「MaaS」という単語を耳にしたことはありますか?関係各所で密かに注目され始めているのですが、実は皆様の現状の生活環境を大きく変える可能性のある、とても興味深いサービスの名称なんです!そこで今回はそんな「MaaS」というサービスがどんなものなのか?徹底的に解説をしていこうと思います。

 

MaaSとは

 

 

概要説明

 

MaaSは、正式名称「Mobility as a Service」の略語で、日本語で直訳をすると「サービスとしてのモビリティ」という意味の言葉になります。

内容を一言で簡単にご説明させていただくとしたら、各種交通手段の利便性を飛躍的に向上させるサービス、といった感じです。

これだけではどんなサービスか、イメージが付きにくいかと思われますのでもう少し具体的に説明をさせてください。

現在運用されている公共交通機関(電車・バス・飛行機等)や、タクシー・レンタカーといった交通サービスをまとめて利用することができるようになる、というのが、MaaSというサービスの概要です。

 

運用された際のイメージ

 

例えばの話ですが、マイカーを持っていない、もしくはマイカーが使えない状況で海外旅行を検討している、といった場合をイメージしてみてください。

各々の状況によって、細かい点は違うかもしれませんが、目的地に行くまでの流れとしては、バスを使って駅まで行き、駅から電車で空港に向かい、飛行機で海外に出立、といったようなイメージになる方が多いと思われます。

上記の流れで旅行に行こうとした場合、各交通機関のお支払いに関しては、事前に飛行機のチケット代金を支払う、バスの利用時に運賃を支払う、電車の利用時に運賃を支払う、といった感じで個別に清算を行うのが一般的ですよね。

その個別に行う必要があった清算を、まとめて支払うことができるようになるサービス、それがMaaSというサービスなんです!

 

MaaSの導入状況

 

 

現時点での日本での導入状況

 

先ほどの説明を踏まえてこちらの話に移行すると、そんなサービス日本では見かけたことがない、と感じた方も居られることでしょう。

こちらに関してはその通りです。海外の国の中には、すでにMaaSを取り入れて実践している国もいくつか存在します。

ですが、皆様もご存知の通り、日本ではまだ実現されておりません

もちろん日本でもMaaSを実現するための対応は進められています。

ですが、先程のイメージを読んでいただいても想像できる通り、実現させる為には複数の企業の連携が必須、利用する為の環境を1から構築しなければならない、といったような課題が多いのも事実です。

ですので、大変残念ではありますが、日本でMaaSを利用できる日が来るのはもう少し先になってしまいそうです。

 

MaaSを導入するメリット① マイカーが不要になる

 

 

マイカーの所持が必須ではなくなる

 

お住まいの地域によって多少の差はあると思いますが、一家で一台、もしくはそれ以上の台数のマイカーを所持している、という方も多いですよね。

車を所持されている方の中には、必須ではないが車が好きだから所持している、という方もいるとは思います。

ですが、会社への通勤や普段の買い物の際に車が無くてはならない、等の理由で車を所持している方が多いのも事実でしょう。

MaaSが導入され、公共交通機関の利用が容易になれば、生活をする上でマイカーの所持が必須ではなくなる可能性も出てきます。

そうなれば、生活をする上で必要だからマイカーを所持していた、という方は、マイカーを手放すことも検討できるようになるのです。

 

環境汚染防止

 

マイカーの所持率が低くなれば、それに伴って利用される車の台数も減るので、排出される排気ガスの総量も減ってきます。

そうすれば、世界的に問題になっている、地球温暖化問題や大気汚染問題等の環境問題の緩和にもつながるでしょう。

 

渋滞緩和

 

 

車の利用者が多い地域であったり、平日の通勤時・帰宅時の時間帯棟は、渋滞に悩まされている方も多いのではないでしょうか?

遅刻しない為に、毎日出勤時間の30分、または1時間前には家を出るようにしている、なんて話も珍しい話ではありませんよね。

また、決まった時期の話にはなりますが、毎年長期連休の時期になると、高速道路の長い渋滞もよくニュース等で報道されています。

中にはそういったことがあるので、長期連休中は外出をしない、外出する日をずらしている、という方も居られることでしょう。

マイカーの所持率が少なくなれば全体的な交通量が減少しますので、そういった問題の緩和が予想されます。

そうなれば、普段の通勤にも余裕が生まれ、長期連休の際も気軽に外出できるようになるでしょう。

 

維持費用の削減

 

 

マイカーをお持ちの人にとって、切っても切り離せない問題がこちらです。

当然のことですが車を所持していると、税金・保険料・車検費用といったお金の支払いが発生します。

また、車に何か不具合が発生した際はメンテナンスの費用、普段利用をする際にもガソリン代、といった費用がかかり、維持するだけでもそれなりの費用が発生します。

こういった維持費用の支払いが無くなれば、浮いたお金を他の事に使えるようになりますので、これは大きなメリットの一つと言えるでしょう。

 

交通事故の減少

 

近年、危険な運転による事故、高齢者の方による事故、持病をお持ちの方による事故等が増えてきています。

こちらに関しては、連日ニュース等でも取り上げられていますので改めて説明する必要もないでしょう。

マイカーの所持率が減ったからといって交通事故の発生件数が0になる、とまではさすがにいきません。

ですが、マイカーの所持率が減ることで、

・渋滞が緩和されたことで危険運転が減少

・ドライバーの数が減ったことで事故件数が減少

といった効果も見込めるでしょう。

また、高齢者の方や持病をお持ちの方の中には、車が無いと生活が成り立たないのでやむを得ず車を運転している、という方も見受けられます。

MaaSが導入されれば、車を所持しなくても問題無く生活を送ることが可能になりますので、そういった方達も安心して車を手放すことが出来るでしょう。

 

MaaSを導入するメリット② 予約が簡単になる

 

 

最初の説明の際には、支払い方法に関する件しか触れておりませんでしたが、支払いを一括で行えるということは、

複数の交通機関の予約も一括で行えるようになる、ということを意味します。

イメージとしては、出発地と目的地を設定すると、それに適した交通機関の候補が表示されるので、お好みの方法を選択してまとめて予約を行う、といった感じになるかと思われます。

個別の交通機関に対して、それぞれ予約手続きをしなければならない現状の方法と比べると、かなりの簡略化になりますよね。

 

MaaSを導入するに当たっての課題① アプリが使えないと利用が困難

 

 

すでにMaaSを導入している他国の利用環境を見てみると、アプリの利用を介してサービスを運用しているケースがほとんどです。

これと同様の方式で日本でもMaaSの運用を行うとしたら、アプリが使えない環境にある人達は、利用を開始する為の準備が必要になります。

その中でも、高齢の方の場合、機器やアプリの使用方法を理解するところから入らないといけないケースが多いと予想できます。

ですので、そういった対応をどう進めていくか?という点を導入前に検討しておく必要があるでしょう。

 

MaaSを導入するに当たっての課題② 利用者の増加に対応できるか?

 

 

MaaSが問題無く導入できたと仮定し、多くの人がマイカーを所持しなくなった場合、必然的に公共交通機関やタクシー・レンタカーの利用者が増加することになります。

そうした時に、今まで通りのキャパシティや運用範囲だと、利用希望者に対して交通機関の対応が追いつかない状況になることが予想されます。

ですので導入に際して、交通機関の稼働量を増やす、稼働エリアを拡張する、といった対策を事前に検討する必要性も出てくるでしょう。

 

MaaSを導入するに当たっての課題③ 自動車メーカーへの打撃

 

 

こちらは利用者の方に直接関係する課題ではありませんが、マイカーの所持率が減ると仮定すると、こちらの問題も無視することはできません。

MaaSが導入されたとしても車の販売台数が全く無くなるわけではありませんが、販売先が交通機関や所持を希望する人のみになると、今より販売台数が減る可能性が高くなります

そうすると、車の製造や販売を行っているメーカーや関係部品を製造している会社に与える打撃は大きいので、何か対策を講じる必要が出てきます。

 

まとめ

 

ここまでMaaSに関して、いろいろとご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか?

記事の中でも触れている通り、MaaSが日本に導入されるのはまだ先の話になりそうです。

ですが、導入された場合は、

・会社への通勤に車が必須。

・自宅付近から徒歩で行ける範囲に食料品店等が無い。

・車の維持費用を少しでも減らしたい。

・車の運転に不安がある。

・普段から複数の公共交通機関をよく利用している。

といった項目に該当する方たちにとっては、かなりの恩恵が得られることでしょう。

MaaSの実現は簡単なことでは有りませんが、ぜひ各交通機関の企業間で協力し、早急に導入してもらいたいですね。

Geekly Media ライター

クラウドマン

長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

なぜ長所と短所を面接で聞かれるの?

 

 

面接で必ずといって良いほど聞かれる長所と短所。

どんな意味があるのか不思議に思いませんか?

長所と短所なんて聞いても、採用に影響しないと考えてしまいがちです。

この考えは正しいとはいえません。

ただ漠然と質問されているような気がしますが、採用に大きく影響する大切なものです。

この質問は、あなたの適性を判断しています。

あなた自身を冷静に分析できる能力と、伝える能力を確認しているのです。

自分のことを冷静に判断できれば、強みや弱みを活かして今後の課題を見いだせます。

伝える能力に長けていれば、プレゼンなどの提案する説得力があるということです。

面接の短い時間で長所と短所を質問することで、かなり深いところまで確認しています。

 

面接の短所で注意したい3つのこと

 

 

面接でとても大切な質問であることがわかると、自分の欠点である短所をどう伝えたら良いのか心配になります。

あなたの回答次第で採用の合否にかかわる重大なことです。

「欠点である短所は、なるべくいわないほうが良いのでは?」と考えがちですが、短所も冷静に判断できなければなりません。

この世に短所がない人など存在しないからです。

そこでここからは、面接で短所を質問されたときの3つの注意点を解説します。

テーマはイメージ・マッチ・心配の3つです。ぜひ、面接の対応の参考にしてみてください。

 

面接の短所で注意したいこと① 企業からのイメージを悪くする!

 

冷静に自分を分析するといっても、応募している企業からのイメージを悪くするようではいけません。

一般的な常識で考えて、人としてどうなの、というような短所のことです。

たとえば、手癖が悪いや約束事を守れないなどがあてはまります。

どう考えても、応募する企業からの良い印象とはならないですよね。

いくら短所といっても、これらはNGです。

短所だとしても、仕事につながる裏の意味が込められているべきでしょう。

応募する企業からのイメージが負となる回答は控えるべきです。

短所もよく考えて回答しましょう。

 

面接の短所で注意したいこと② 募集背景にマッチしない

 

 

応募する企業が求める人物像とあまりにかけ離れる回答も避けるべきでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、積極的に採用したい気持ちをなくさせる原因となりかねません。

営業職の募集に対して、仮にあなたが「口下手で人見知りなのです。」と回答したら、採用する気持ちがわくでしょうか?実際にそうだとしても、転職の面接には向きません。

転職における、短所に対する質問への回答は、なぜ募集をかけているのかを考えるべきでしょう。

企業が募集する背景を考えることで、自然と正しい短所かどうかの判断ができます。

 

面接の短所で注意したいこと③ 入社後が心配になる

 

企業は個人で成り立つものではなく、たくさんの人とのかかわりによって運営されています。

これは社外とのかかわりは当然ですが、社内においても各部署との連携が必要です。

これまで勤めてきた企業でもめ事を起こして退社するなど、コミュニケーション能力に疑問を感じる内容ではいけません。

また同じようなもめ事を起こすと考えられます。

社会人にとってコミュニケーション能力というのは大切なもの。

その大切なものが疑わしくなるような回答は、極力控えるのが賢明といえるでしょう。

 

面接の長所で注意したい3つのこと

 

 

長所だからといって、面接でプラスになるとは限りません。

採用側は長所でも確認している項目があります。

これを安易に答えてしまうと、マイナス要素ともなり得るのです。

ここからは転職の面接における長所の回答で注意したい、整合性・紙一重・無意味がテーマになります。

採用側は、どのようなことを長所で確認しているのでしょうか?

 

面接の長所で注意したいこと① 履歴書や職務経歴書と違う!

 

一生懸命に書いた履歴書や職務経歴書。

書き終えてから日にちがそんなに経っていなければ、その内容も覚えているでしょう。

しかし、大抵の企業では書類審査があります。

履歴書や職務経歴書を書いてから、しばらく経って面接になることも珍しくありません。

意外と多い回答は、書かれている内容と全く違う内容を返されることです。

書類選考の段階で、採用側もある程度回答される内容を予測します。

記載されている内容が全く反映されていない長所は、不採用に導く落とし穴のようです。

 

面接の長所で注意したいこと② 長所と短所は紙一重

 

 

面接される方からすると長所として回答しているケースでも、他人からすると短所であることもあります。

どんな物事にも相反する性格があって、言い方次第で真逆の意味に。

一生懸命に説明しているのはわかるのですが、ツッコミを入れ始めると最終的に短所が着地点になりかねません。

長所は短所にもなり得ると考えて話をするのがポイントです。

場慣れしている面接官だと、いつの間にか短所と入れ替わる可能性があります。

回答する内容がブレないように、あらゆる質問を想定して面接に向かいましょう。

 

面接の長所で注意したいこと③ 会社で活かせない

 

昔大学の入試で一芸があると合格する仕組みがありました。

他者よりも目立ちたい気持ちから出る回答だと思われますが、仕事に全く関係のない特技を返されることもあります。

たとえば、「食事を済ませるスピードが速いです。」と真顔で回答した方もいるくらいです。

どのようにして仕事に活かせるのかを質問すると、「業務に早く取り組める」でした。

その方は矢継ぎ早に突きつけられた質問で、最後はしどろもどろになります。

長所は特技を披露することではありません。仕事につながる長所であるべきです。

 

面接の長所と短所の上手な3つのまとめ方

 

 

長所と短所をまとめるのは、意外と大変な作業です。

あなた自身を冷静に客観視しなければなりません。

人のことはわかっても、自分のことはなかなか気づきにくいものです。

そこで転職の面接に役立つ、長所と短所の上手なまとめ方について3つ解説してみましょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方① 結論からわかりやすく伝える

 

人に伝えるコツには、極力短くてわかりやすい必要があります

短い面接時間で採用担当者にインパクトを残す方法は、話し始めに結論を話すことです。

これはどのようなコミュニケーションにも通用する、重要なアウトプット方法になります。

普段とは異なり緊張が伴う面接では、あなた自身にも有効な方法です。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方② たくさんのアピールは逆効果!

 

 

アピールは多いほど良いと考えるのは、正しい判断ではありません。

話を聞いている側からすると、何を伝えたいのかがわかりにくいです。

長所と短所は紙一重と前述しました。

長所に含まれている、短所の側面もあわせて1つの軸で話を展開するのがおすすめです。

この手法で話を進めると、聞き手もわかりやすく印象に残りやすいでしょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方③ 具体的なエピソードを交える!

 

面接時に長所と短所の質問をすると、淡々とその項目の回答だけをする方がいます。

わかりやすさを印象づけようとしているのでしょうが、逆に聞き手の印象に残りません。

せめて長所と短所での具体的なエピソードを、1つや2つ程度交えるべきでしょう。

なぜ長所なのか、なぜ短所なのかの根拠が示せないためです。

 

面接の長所と短所の質問はとても大切

 

 

転職の面接で必ず聞かれる質問である長所と短所。

採用側からすると、この返答次第で合否を決めても良いほどの比重の高い質問です。

丁寧に自らをしっかりと見つめ直して、明確な説得力のある回答を心がけましょう。

そうすることで採用側のあなたの印象は、強烈に残ることになります。

長所と短所に該当する1つの項目を結論から話して、具体的なエピソードで根拠を示してください。

この方法であなたの顔と回答内容が採用担当者の頭に残るようになります。

 

最後に

 

 

面接の長所と短所の質問は、採用側からしても人物像を特定しやすく、あなたからしても印象を残すチャンスです。

簡単にされる質問ですが、採用の合否を決定づけるもの。

転職の面接で決してあなたが後悔しないように、念入りに対策をして実りのある結果をつかみ取りましょう。

あなたの転職活動が有意義で実りのあるものでありますように!

Geekly Media ライター

SHIN