【知っておきたい!】IT先進国「北欧」を徹底解説!その実情からなぜ先進国となれたのかの背景まで分かりやすく解説します。

ITと聞くと、アメリカや中国をイメージする人が多いかもしれませんが、実は北欧が今IT先進国といわれています。伝統的な文化を重んじるイメージのある北欧ですが、なぜ先進国といわれるほどまで成長したのか、そしてそんな北欧のIT事情はどうなのか、今回はそんなITとしての北欧について紹介していきます。

 

北欧がITに強いって本当?

 

IT先進国ランキングでは常に上位

 

 

私たちの生活をはじめ、いまや社会のすべてを支えているIT。一見日本はIT大国のように見えますが、実は他の国と比べるとかなり遅れています。IT先進国というイメージの強いアメリカや中国と比べても、その差は歴然です。しかしそんなアメリカや中国よりもITが進んでいる地域があります。それが北欧です。

スウェーデンやノルウェーなどの北欧諸国と聞くと、多くの人はおしゃれな家具や雑貨、特にフィンランドの場合はムーミンという印象が強いはずです。しかし2016年に発表されたIT先進国ランキングでは、トップ5に北欧の国がすべてランクインしているのです。

 

技術力よりも知識量

 

なぜこれほどまでにIT先進国と呼ばれるようになったのか、気になる人も多いはずです。アメリカや中国がIT先進国というイメージをもつ理由としては、ITに関する技術を持ったエンジニアが多いためです。しかしいくらエンジニアが多くいたとしても、その国の住民すべてがITに関する知識を持っているとは限りません

一方北欧の場合、エンジニアの数はそこそこ多いのですが、ほとんどの国民がITに関する知識を持っています。そのため北欧の人たちは老若男女問わず、普段の生活からスマートフォンなどの機器を扱っており、IT技術を容易に使いこなしているのです。技術力で言えばアメリカや中国などの大きな国が有利ですが、国民一人ひとりのITの知識については、圧倒的に北欧の人たちが有利です。

 

実は北欧生まれのアプリ

 

Skype

 

 

私たちが普段の生活で利用しているアプリやサービスは、国内で生まれたものやアメリカなどで誕生したものが多いです。そんな多くの人が利用しているアプリやサービスの中にも、実は北欧生まれのものもあります。日本で無料通話アプリが広まるきっかけとなったSkypeも、実は北欧生まれのアプリなのです。

北欧エストニアで生まれたSkypeは、無料でビデオチャットができることはもちろん、ファイル送信などの機能も付いています。最近では個人での利用だけでなく、企業の面接のときや企業間でのやり取りのツールとしても利用されています。

 

Spotify

 

 

皆さんは普段、好きな音楽をどうやって入手していますか。最近では定額制の音楽ストリーミングサービスのおかげで好きなだけ聴くことができますが、少し前まではお金を払って曲をダウンロードするのが一般的でした。そんな常識を大きく破ったのが、このSpotifyです。こちらも北欧スウェーデンで生まれたサービスです。

アクセスできる楽曲数は約4000万曲と、ここまでは他の音楽ストリーミングサービスと変わりありません。しかしSpotifyの場合、無料会員でも有料会員と同じく4000万曲にアクセスできるのです。さらにはいくつかのDJ関連のアプリなどとも連携が可能であるため、通勤通学のときはもちろん、DJとして活躍する人にとってもかなり便利なアプリです。

 

なぜ北欧はIT先進国になれたのか

 

少ない人口だからこその俊敏さ

 

北欧の人たちはITに関する知識を多くもっている、ということを最初の部分で説明しました。ではなぜそれが実現できたのでしょうか。それは、北欧の国は人口が比較的少ないからです。人口が少ないと一見良くないと考える人が多いかもしれませんが、人口が少ないからこそ有利になることもあります。

例えば新しいサービスなどを開始する際、すべての国民にその旨を伝えたいですよね。当然人口が多ければ多いほど、周知されるまでの期間は長くなります。しかし人口が少なければその周知期間が短くなり、より早く国民がそのサービスなどに適応します。特に北欧諸国は参加型社会が基本であるため、多くの国民が積極的にITに関するサービスに適応します。そうした繰り返しが先進国へと成長するきっかけとなったのです。

 

ITが社会の基盤となっている

 

 

ここ最近日本では携帯などの契約におけるペーパーレス化や、キャッシュレス化が進んでいます。しかしそれでも行政での手続きや企業間での取引は、未だに紙の書類などが主流です。では北欧の場合どうなっているのでしょう。伝統的な文化などを尊重するイメージの強い北欧ですが、実はITが社会の基盤となっているのです。

生活のいたるところでITが用いられており、特に行政での取引に関しては電子取引が主流となっています。公共交通などのインフラの部分でもITが取り入れられていたりと、既に北欧ではITと社会は深い関係となっているのです。

 

北欧のIT事情

 

プログラミングの英才教育?

 

 

ここまで北欧がIT先進国といわれるまで成長した理由などについてまとめましたが、ここからは具体的にどんなことをしているのかについて紹介します。ムーミンで知られるフィンランドは、既に教育のひとつとしてプログラミングが取り入れられています。

日本でも最近授業のひとつとしてプログラミングを取り入れ始めましたが、それよりもかなり前からフィンランドでは始まっています。こうした子供のうちからプログラミングなどのITに触れる機会を増やすことが、国民全体のITに関する知識の深さの所以なのです。

 

数手先のことを既にやっている

 

 

最近になって急速に広まっているキャッシュレス決済。こちらも北欧では既に当たり前のものとなっています。特にエストニアでは、キャッシュレス決済が基本といっても良いほど広まっています。エストニアは今最もキャッシュレス決済が進んでいる国であり、何かと話題になる仮想通貨についても、実はエストニアが一番普及しているのです。

エストニアの首都であるタリン北欧のシリコンバレーと呼ばれており、多くのIT企業が集まっています。先ほど紹介したSkypeもタリンで生まれており、そうしたタリンでの活発な動きが北欧諸国に広まっているのです。北欧諸国が数手先のIT社会となっている裏には、タリンをはじめとするエストニアの人たちがいることを忘れないようにしましょう。

 

【知っておきたい!】「法定雇用率」を徹底解説!気になるその現状から罰則内容まで分かりやすく解説します。

皆さんは法定雇用率という言葉を知っていますか。すべての企業を対象に、雇用する労働者の中で障がいのある人の割合のことです。とはいえ、具体的にどういうものなのかは意外にも知られていません。罰則の内容や現状など、多くの人が知らない部分が多いです。今回は今こそ知っておきたい法定雇用率について解説します。

 

法定雇用率について知ろう!

 

全従業員のうち障がいのある人の割合

 

 

最近では働き方改革としてさまざまな働き方や法律が制定されています。しかしそれよりも前から、障がい者も安定した雇用を促進できるための法律があります。その法律のもと決められているものが、法定雇用率です。

法定雇用率は、パートなどを含めたすべての従業員のうち障がいのある人をどのくらい雇っているかという割合です。民間企業はもちろん、国や地方公共団体も対象となっています。例えば従業員を10人雇っている場合、その従業員のうち最低でも2人は障がいのある人でなければいけない、ということなのです。

 

障がい者雇用促進法ってどんな法律?

 

障がい者雇用促進法というのは、その名の通り障がい者にも安定した雇用を確保するための法律です。健常者とは違いハンディキャップのある障がいのある人は、どうしても雇用をはじめさまざまな部分で不利となってしまうことが多いです。

特に雇用というのは、生活に必要なお金を稼ぐためにも必要不可欠な要素です。そこで障がいのある人でも健常者と同じように雇用を確保できるようにするのが、この障がい者雇用促進法です。働き方改革に関連する法律よりも前から施行されており、平等な社会を目指すために生まれた法律のひとつです。

 

法定雇用率ってどのくらい?

 

事業主区分によって変わる

 

法定雇用率は基本的に障がい者雇用促進法に基づいて定められています。しかしすべての企業で一律というわけではありません。民間企業の場合は2.2%、国や地方公共団体は2.5%、都道府県の教育委員会は2.4%となっています。

国の人口や障がいを持つ人の人口というのは常に変化しています。そして企業の従業員の数もめまぐるしく変化しています。そうした変化があるため、法定雇用率は定期的に見直す必要があるのです。ではどうやって法定雇用率を越えているかを確認するのでしょうか。

 

あなたの会社は大丈夫?実雇用率の算出方法

 

 

自分の会社はきちんと障がいのある人の雇用を確保できているかどうか、気になる人もすくなくありません。すべての会社が実際に法定雇用率以上に障がいのある人を雇っているとは限りません。会社で障がいのある人を実際にどのくらい雇っているかどうかは、実雇用率でわかります。この実雇用率がその会社で障がいのある人をどのくらい雇っているのかを算出し、雇用状況の報告の際に提出します。

実雇用率は対象障がい者である常用労働者、つまり普段フルタイムで勤務している対象障がい者の人数を、現時点で在籍しているフルタイム労働者で割った数です。この数値がその会社の実雇用率となります。

 

法定雇用率の対象となる人は?

 

対象障がい者って?

 

障がいを持つ人といっても、人それぞれです。身体的な障がいを持つ人もいれば、知的障がいを持っている人もいます。特に最近は精神障がいを持っている人が急増しています。対象障がい者というのは、そうした障がいを持つ労働者すべてのことです。障がい者雇用促進法が施行された当初は身体障がいや知的障がいを持つ人が対象でしたが、最近では精神障がいを持つ人も対象となっています。

また、同じ障がいを持つ人でもその症状の度合いはかなり異なります。重度の障がいを持っている人もいれば、あまり人に気づかれない軽度な障がいをもつ人もいます。そのため実際に計算する際は、症状の度合いによって少し変わってきているのです。

 

症状の度合いでカウント方法が変わる

 

 

対象障がい者である常用労働者をカウントする際の方法も、実は法律で定められたルールがあります。ひとつは、週の労働時間が20時間から30時間の短時間労働者ではない重度の身体障がいや知的障がいを持つ人は、一人でも計算上は2人としてカウントします。例えばフルタイムで勤務している重度の身体障がいや知的障がいを持つ人が一人いる場合は、計算上では2人となります。

もうひとつは、重度ではない知的障がいや身体障がい、そして精神障がいを持つ人で短時間労働で勤務している人は、計算上では0.5人としてカウントします。重度ではない身体障がいを持つ人をアルバイトやパートとして雇っている場合、計算上では0.5人としてカウントします。

 

罰金などは発生する?法定雇用率の罰則事情

 

虚偽の申告や報告を怠ったら30万円以下の罰金

 

 

法律で定められている法定雇用率は、当然ながら破ると違反していることになります。ではもしも法定雇用率を破った場合はどうなるのか、今のうちに知っておきましょう。基本的に虚偽の実雇用率を申告したり、毎年の雇用状況の報告を怠った場合は、罰金として30万円以下支払わなければいけません。

そしてもうひとつ支払わなければいけないものがあります。それが障がい者雇用納付金です。こちらはフルタイム勤務をする労働者が101人以上いる事業主が対象であり、実雇用率が法定雇用率を下回っている場合、納付金を納付しなければいけません。納付金の使い道としては、障がい者の雇用を促進するための環境整備などに使われます。

 

罰金だけでは終わらない

 

 

法定雇用率に関する罰則は、決して罰金や納付金を支払うだけで終わりません。罰金や納付金を支払った後は、ハローワークから再発防止や実雇用率の向上のための指導が入ります。それでもまだ法定雇用率に達していない場合は、法定雇用率に達していない企業として、企業名が公開されてしまいます。

このような納付金やハローワークの指導などは、いずれも障がいを持つ人が健常者と同じように雇用の機会を与えられるようにするための取り組みです。こうした取り組みがきっかけで法定雇用率を達成する企業が増えれば、それだけ障がいをもつ人にとっても生活しやすい社会となるのです。

 

【2019年まとめ】SNSの進化の流れを徹底解説!これまでの人気SNSからこれから来るSNSまで、幅広くご紹介します。

SNSは現代社会の革命とも呼べる程進化したアプリ、このアプリにより暮らせる程の経済力を生み出す人が出てくる中、面白い機能、生活に役立つ機能、ビジネス特化型などSNSによりサービスの幅は様々です。そんな人気のSNSから次に「来る」と予想される優れたSNSの発掘など、様々なジャンルのSNSを幅広く紹介します。

 

SNSとは? 基本的な機能とビジネスモデル

 

  

簡単に説明するとSNSの魅力とサービス内容は「情報の発信、共有、拡散」といった機能が主に強調される機能です。

「ソーシャル・ネットワーキング・サービス」の略で「SNS」と良います。ソーシャルは社会的、ネットワーキングは繋がり、と言う意味で社会的な繋がりを提供するのがSNSの本当の意味。

SNSではあらゆることができ、プロフィール作成、文章公開、コメントを付ける、写真公開、グループを作る、友達を紹介するなどサービスはSNSにより様々挙げられます。

 

 

代表的な3つのSNS

 

①Twitter

 

 

わかりやすく簡単に言うと顔も名前も非公開で言葉を発言できるアプリです。「Twitter(ツイッター)」は若者層で流行し、現在は幅広い年齢層で受け入れているSNSの代表的アプリの1つ。

Twitterにはツイート機能と言う短い文で投稿できる短い文章を書き投稿できる気軽なシステムになっており、その手軽さから若者に人気

SNSの中でも気軽に投稿できるSNSでは上位にランクインし、また拡散しやすいメリットが非常に魅力的なSNSとなります。

しかし、いい意味でも悪い意味でも拡散が効率よく可能なため、炎上といった問題も多く挙げられるのもTwitterです。

 

②Facebook

 

  

わかりやすく簡単に言うと自分の魅力を発信できるアプリです。「Facebook(フェイスブック)」は名前や顔写真などを公開でき自分の自己紹介自己表現をするためのSNSとなっています。

多くは30代から40代が社会的に利用されています。ビジネス面での需要が活発で現実社会での影響力が非常に高いのも特徴

上記で紹介したTwitterより慎重に発言しなければならないことがメリットでもあり、重要性やプライバシー面から見るとデメリットになることもあるSNS

 

③Instagram

 

わかりやすく簡単に言うと写真を投稿するアプリです。「Instagram(インスタグラム)」は「インスタ」とも呼ばれ写真を中心にしたサービスが魅力的なSNS。

上記の2つはSNSの中でも文字を書くことが多いですが、こちらの「Instagram」では写真投稿が中心のサービスを売りとしており、おしゃれ写真を投稿するため美的センスが問われ、優れている者はインスタグラマーとして仕事にもなりワクワク感が楽しめるSNSです。

利用者の多くが女性で海外でも人気なため、日本語や英語など言語に問わず世界中の20代から30代の女性を中心として人気のあるSNSの一つです。

 

 

仕事やプライベートまで使えるSNS

 

Skype

 

 

簡単にわかりやすく言うと音声通話やビデオ通話ができるアプリ。「Skype(スカイプ)」は世界中の会話を可能にするSNSです。

ユーザは世界個人様々な人が利用しているのでもちろんビジネスにも使用することが可能。一対一の通話やグループ通話が可能。通話方法も選択でき携帯電話ではなくPC、スマホ、タブレットからでも使用可能です。

使い方も簡単で大人から子供まで楽しめるビデオ通話サービスに特化したSNSとなります。

 

Pinterest

 

 

簡単に言うと画像がメインのSNSと言うイメージです。こちらの最大の魅力はただ好きなものを集めるだけで良いSNSと言う点が魅力

今では膨大な画像データを元に画像検索ツールとしても注目されています。画像検索の最先端といった所でしょう。

「Pinterest(ピンタレスト)」は画像共有ウェブサイトで趣味や興味のあるテーマの画像を好きなだけコレクションしたり作成したり管理することが可能。

「Instagram」は自分の画像を発信&文字を書いたりと自己表現ができます。

一方、「Pinterest」では「画像発信」+「画像共有」+「画像収集」ができ美しい画像だけではなく様々な用途に用いられる画像を集めることが可能なのが最大の特徴です。

 

LINE

 

「LINE(ライン)」は電話やメッセージ、スタンプなど手軽にコミュニケーションができるツールです。

特にスタンプなどを用いてコミュニケーションをとるサービスが特徴的で、多くのユーザがLINEを使っています。

ユーザ数を世界で1億5000万人とも言われ今の日本人でLINEを使わない人はあまりいないといった現状にあります。

他にも「line@(ラインアット)」と言うビジネス専用アプリケーションもあり集客するアプリケーションとしてビジネス界でも徐々に有名となっているSNS。

 

LinkedIn

 

 

こちらのアプリは世界最大級のビジネス特化型SNSです。

主に利用者はビジネスで利用しプロフィール作成、ビジネスでの内容のやりとり、ビジネスパートナーなどの人材発掘、専門家とコンタクトなど本格的なビジネスの場として用いられています。

世界登録メンバーは5億4000万超えるほど希望はかなり大きいですが、日本ではまだ盛んではなく世界のユーザが中心となっています。今の所は海外ビジネス向けSNSです

 

 

【知っておきたい!】「時短勤務」に関して徹底解説!その制度・法律面から、現状まで分かりやすく解説します。

勤務とは、1日の労働時間を減少させて育児に時間を回すための制度です。今回はその制度、法律視点から注目してまとめて紹介。さらに、制度の現場までわかりやすく徹底解説しています。他にも制度のメリット、デメリットなどを紹介。現状とこれからのどのようにすればいいかの対策などの流れも徹底解説しています。

 

時短勤務とは?

 

 

時短勤務とは、「子育てする際に適用される制度(3歳未満)」で、労働を規定以下に減らして仕事ができる子育て「お助け制度(1日6時間勤務以内)」

多くの労働者は8時間労働、この制度は休憩と勤務時間込みの合計6時間以内。実際は5時45分~6時間以内とされています。

この時短制度により子供を保育園に送り迎えが快適にでき、制度で空いた時間に子供との時間を過ごせたり、子育ての強い味方の制度です。

 

知っておきたい制度について

 

 

制度には、時間外労働制限、深夜業制限、幼児養育労働者に関する努力義務といった義務や制限により認められた者が利用できます。

この制度は会社で義務付けられている制度なのでほとんどの会社に導入されていますが、念のため利用する際は会社の規則を確認することが大切です。

定められているとは言え育児制度の認知は全体に広がっているわけでは無いため、円滑に利用するためには上司のサポートと理解が必要になってきます。

上司の立場に立つと労働戦力が減ってしまうことになり、他の社員にしわ寄せの形で業務が行く場合などがあるため早めの相談が大切になってきます。

一般的には制度申請予定日からの1ヶ月前までには申告するようにしましょう

 

導入されている会社

 

制度を利用するには? 【注目点3つ】

 

 

制度の申請では、大きく別けると「申請時の注意点」「不利益取り扱い禁止」「周囲の理解」の3つに分けて注目するべき内容を説明します。

 

・申請時の注意点

下記の項目をチェックしておきましょう。

他の会社内の制度を見直して、必要であれば調整し手続きを進めることになります。

そういった面倒な調整や申請で諦めてしまうこともおおく現実問題時間がかかるので申請準備を早めにすることをおすすめします。

 

・不利益取扱い禁止

不利益取り扱い禁止とは、制度を利用者に勤務中に上司からの扱いや利用者に対して嫌な雰囲気や状態など不利益な扱いをすることを禁止する制度です。

制度を利用したことにより、不利益な契約内容変更&給料減給や昇進妨害などが不利益取り扱いに該当します。

 

・周囲の理解

本人や周囲の同僚や上司などにしっかりと説明し理解してもらう必要があります。理解してもらう事ができなければ仕事を続けることが困難になるトラブルが起こる可能性があります。

制度を円滑に利用するためには会社内の理解してもらう工夫が必要になってきます。

 

制度のある会社

 

 

・SONY

時短制度やフレックスタイム制度などがあり、男性と女性どちらでも申請可能。子供が小学生で6年生3月末までが制度が適用される期間です。

他にも育児代行にかかるお金の補助を受けられる制度や、テレワークなどでの仕事が可能となる制度が長い期間働いてもらうための充実した制度を受けることができます。

 

・トヨタ

小学生が卒業する期間だけ勤務時間の選択が可能な制度があり、8時間から一時間ずつ引いていく時間帯を3時間まで引いた時間から選んでその時間だけ仕事ができ、双方により良い働き方が可能。

 

・サントリー

一日の業務の時間の削減できる制度があります。他にもフレックス勤務やテレワーク勤務などが利用可能。育児代行サービスの補助あり。

 

 

スポーツ×ITで何ができる?市場規模から具体的な事例まで徹底解説します!

ITが人々の生活を支えているのは皆さん既にご存知のはずです。しかし最近、そのITがスポーツの分野で活用されていることをご存知でしょうか。人々に感動を与えるスポーツをより楽しく便利なものにするために、ITとスポーツを組み合わせた取り組みが行われています。今回はスポーツとITで何ができるか徹底解説していきます。

 

今スポーツ×ITが熱い!

 

市場規模は15兆円へ?

 

 

ITによって私たちの仕事や生活は大きく変わり、より豊かで多様性溢れる社会へと変化しました。それでもITの進化は止まらず、活用される場所はさらに広がっています。そしてその波はついにスポーツの世界にも到来しています。

日本でもついに、2025年までにスポーツITビジネスの市場規模を15兆円にまで拡大させるべく、さまざまな取り組みがされています。選手のトレーニング管理や戦術管理はもちろん、スポーツ観戦やフィットネスなどの分野でもさまざまな取り組みが行われており、今スポーツの世界では革命が起こっています

 

世界では既に広まっている

 

ここ最近日本のスポーツ業界でITによる革命が行われていますが、実は世界では既に広まっています。特にアスリートの健康管理や戦術管理は、もはやITを取り入れることそのものが常識となっています。サッカーやバレーボールなどの、チームワークが重要となるスポーツにおいて、ITはかなり強力な武器となります。

そのほかにもAIを駆使して過去の試合などを解析し、選手のすごさを分析するというユニークなことをしています。例えば、かつてNBAで絶大な人気を誇ったプレイヤーであるマイケル・ジョーダン氏の過去の試合映像をAIで解析し、それをもとに現在のスタープレイヤーと比較をする、ということも行われています。このように、AIをはじめとするITの技術でスポーツの面白さはさらに向上しているのです。

 

スポーツ×ITでできること:トレーニング編

 

市場規模が拡大しつつあるスポーツITビジネス。とはいえ具体的にどんなものがあるのかはあまり知られていません。ここからはスポーツに深く関係している4つの分野において、ITがどのように活用されているのか解説していきます。

 

疲れは数値に表れる時代

 

 

スポーツに限らず、人間というのは疲れるものです。肉体的な疲れはもちろん、精神的な疲れというのもあります。当然疲れというのは目に見えるものではなく、その人の行動などによってようやくわかるものです。しかし最近は、その疲れが数値として表されるようになっているのです。

最近ではアスリートの身体データ遺伝子情報ビッグデータとして保管し、そのデータを基にアスリートの疲労度などを数値化するという活用法が広まっています。疲労度などが数値としてわかれば、選手を適切に休ませることが可能になり、結果的にアスリートの怪我を防止することも可能となります。

 

筋トレをより効率よく

 

 

ITの活用によって得られるものは、決して怪我の防止だけではありません。効率よく筋トレをすることも可能になります。人間は鍛えることによって筋肉がつきますが、筋肉量やどのくらいのスピードで筋肉が付くかは人それぞれです。しかし最近は、遺伝子情報によってそれが数値として現れるようになっています。

東北の社会人サッカーチームであるいわきFCでは、選手の遺伝子情報を怪我の予防や改善に用いています。そして、選手もその遺伝子情報などを選手も見ることができるようになっており、これにより効率よく筋力を最大にするためのトレーニングをすることができます。ITによって怪我の早期改善や予防はもちろん、選手を効率よく成長させることも可能なのです。

 

スポーツ×ITでできること:戦術編

 

経験と勘は時代遅れ

 

 

今までのスポーツというのは、基本的に自分の経験とそれに基づいたがすべてでした。しかしITが普及した現在、その自分の経験と勘だけでは太刀打ちできないことが多いです。そのため、戦術に関しては早い段階からITが取り入れられました

とはいえITが取り入れられた当時は、選手のパフォーマンスをデータ化させたものをプロの分析家が分析するというのが一般的でした。しかしITの進歩によって、監督はもちろん選手でも気軽に見ることができるようになりました。これにより、実戦を戦う選手の意見も取り入れやすくなりました。

 

これからのスポーツは実戦+情報戦

 

 

選手のパフォーマンスなどの情報を選手自身が見られるようになるということは、自分のパフォーマンスも客観的に見られるようになるということです。これにより自分の課題などを見つけやすくなり、その課題を克服するためにトレーニングメニューなどを考えることも容易になります。

また、実戦を戦う選手の意見を取り入れやすくなることで、より相手の攻略が容易になります。このように、今までは自分の経験と勘がすべてだと言われたスポーツも、ITによってより詳しいことまでわかるようになり、戦略においてもより効果的な戦略を編み出すことができるようになるのです。

 

スポーツ×ITでできること:観戦編

 

放送時間とはおさらば

 

 

スポーツ観戦をする方法といえば、一昔前まではテレビ放送が主流でした。しかしテレビ放送には大きなデメリットがあります。それは放送時間です。よく野球中継でもかなりいいところであるにもかかわらず、放送時間の関係で中継が終わってしまうということがあります。

しかし最近、そんな問題を解決するサービスが増えています。特に最近は、スポーツ中継に特化した動画サービスや、スポーツに特化したチャンネルが開設されているなど、放送時間に縛られないで最後まで試合の模様を見られることが増えています。

 

データ放送と映像革命でよりエキサイティングに

 

そして最近では、スポーツ中継そのものが変わりつつあります。例えばAmazonではスポーツ観戦にAIを取り入れ、リアルタイムでサッカーなどのプレー成功率を予測するという面白い取り組みが行われています。さらに現在、ライブビューイングもITによって大きく変わっています。

日本のバスケットボールのリーグであるBリーグは、今年の1月にライブビューイングを開催しました。そのライブビューイングもただ映像を見るものではなく、8K映像臨場感溢れる要素を積極的に取り入れており、そこにもITの技術が用いられています。

 

【転職】気になる研修の種類を徹底解説!気になるあの企業にはどの研修がありますか?!

会社によっては、入社して間もない社員に対して研修を行うことがあります。いずれもこれからの業務において、必要な知識などを学ぶためには必要なことです。しかし実は、同じ研修でも会社や仕事内容によって種類が変わっているのです。今回は意外にも知られていない研修の種類と、それぞれの特徴について解説していきます。

 

意外と知らない研修の基礎

 

研修という言葉の意味

 

 

研修と聞くと、多くの人は新入社員を対象に行われるという印象を持っているはずです。転職の際に未経験者歓迎と書かれている仕事の多くは、充実した研修が用意されています。しかし、研修というのは決して新入社員に対して行われるものではありません。実は入社から1年以上経過している社員に対しても行われています。

 

研修という言葉の本来の意味は、知識や技術を研ぎ修めるという意味です。実際にエンジニアの新入社員向けの研修は、仕事をする上で欠かせないプログラミングの知識が中心となっています。このように、研修というのは仕事で必要な知識などを身につける場でもあります。しかし同時に、これから仕事をする上で必要となるスキルを磨く修行の期間でもあります。

 

研修は大きく2種類に分かれる

 

研修といっても、企業や業種によって様々なものがあります。また、同じ業種でも企業の目的によっては、独自の研修を行っている企業もあります。基本的に研修は2種類に分かれています。一つは役職ごとの研修、そしてもう一つは目的別の研修です。

 

役職ごとの研修は、その役職の仕事をする上で必要となるスキルを身につけるための研修です。立場が異なれば必要となるスキルは異なってきます。そして目的別の研修というのは、その名の通り仕事をする上で欠かせない知識やスキルを身につける研修です。これは役職に関係なく、その分野の仕事をする人は役職などに関係なく必ず受ける研修となっています。

 

若手社員向けの研修

 

研修は多くの企業で行われています。もちろん研修の中身は仕事内容によって様々ありますが、若手社員や新入社員に一番教えたいことはどの企業も一緒です。ここではそんな入社して間もない若手社員向けの研修をいくつか紹介します。

 

マナー研修

 

 

仕事といっても、その種類は様々です。デスクワークを中心とした仕事もあれば、工場での仕事がメインとなる仕事もあります。しかし、たとえ仕事の内容や種類が異なるとはいえ、社会人としてのマナーは共通しています。マナー研修というのは、社会人として知っておくべきマナーを学ぶ研修です。ほとんどの会社では新入社員向けに行われている研修です。

 

会社によってはマナー講師を招いたり、自社の社員が教えているところもありますが、基本的にはマナー講習会という形で会社が費用を負担して参加させていることが多いです。名刺交換の仕方挨拶の仕方、そしてお辞儀の角度などが主な内容となっています。

 

キャリア研修

 

 

研修というのは新入社員のためのものではありません。入社して1年以上経った若手の社員も受けます。とはいえ、先程紹介したマナー研修ではありません。若手の社員が受ける研修として、キャリア研修というものがあります。

 

入社してからある程度経過すると、仕事内容や作業の流れが身に付いてきます。しかし同時に、自分はなぜこの仕事をしているのだろう、何のための今ここで働いているのだろう、という思いが強くなります。キャリア研修というのは、そのような思いに対して自分自身を見つめ直したり、今後の人生においてどのような技術を身につけるべきなのかを考える研修です。キャリアデザインも、実はこのキャリア研修の一つなのです。

 

研修を受けるのは若手だけではない

 

研修は若手社員を対象に行われているもの、そう考えていませんか。実はそうでもありません。最近では実績や経験が備わっている中堅社員に対しても研修が行われています。では中堅社員が受ける研修はどのようなものか、ここではその一部を紹介します。

 

OJTトレーナー研修

 

 

新入社員に対して行われる研修の中には、より実践的な内容を教える研修もあります。そしてその実践的な内容を教えるための教え方もまた、いくつかの方法があります。その中でも今最も主流となっているのが、OJTという実際の仕事環境で実践的なことを学ぶ研修方法です。そしてそのOJTをするにあたり、中堅社員を対象に行われるのがOJTトレーナー研修というものです。

 

簡単に言うと、トレーナーをする上で知っておきたい知識を学習する研修です。実践的なことを教えるとはいえ、わかりやすく教えなければ意味がありません。そこでどういう教え方をしたらわかりやすいか、そしてOJTトレーナーとしてどのように振る舞えば良いのか、ということをこの研修で学びます。

 

フォロワーシップ研修

 

中堅社員となると新入社員に仕事を教えることも増えてきますが、場合によってはリーダーや上司をサポートする役割も増えてきます。そのサポートの仕方などを学ぶ研修が、フォロワーシップ研修というものです。

 

上司の指示で作業したり、チームで開発などをする場面では当然上司やリーダーが指揮をとります。とはいえ上司やリーダーも同じ人間です。当然間違えたりすることもあります。そんなときこそ中堅社員がしっかりと修正したりなど、上司やリーダーをサポートしていく必要があるのです。

 

管理職も実は研修を受ける?

 

管理職になるには、ある程度仕事で実績を上げる必要があります。しかし管理職という使命を全うするには、今までの仕事での実績だけでは足りません。もちろん仕事でのスキルや知識も必要になりますが、その他にも必要なスキルが増えてきます。そんな管理職のための研修をここでは紹介していきます。

ストレージエンジニアってどんな職種?職務内容からキャリアパス、求められるスキルまで徹底解説!

皆さんはストレージエンジニアという職種を聞いたことはありませんか。言葉では聞いたことがあるという人も少なくありませんが、どのような仕事をしているのかについてはあまり知られていません。しかし、密かに私達の生活を支えているのです。今回はそんな謎に包まれたストレージエンジニアという職種について解説します。

 

ストレージエンジニアってどんな仕事?

 

インフラエンジニアの一つ

 

 

エンジニアといっても、その種類は様々あります。特にITの世界では多くの種類のエンジニアが存在します。多くの人が考えるITのエンジニアといえば、システムやWebを制作する、いわばフロントエンドエンジニアです。しかし彼らだけではITの世界を支えることはできません。そこで今注目を浴びているのが、ストレージエンジニアです。

 

ストレージエンジニアはインフラエンジニアの一つであり、その名の通りストレージ管理に特化したエンジニアです。システムを動かしたりWebサイトを多くの人に公開するには、インフラ整備が重要です。そのインフラ整備において最も重要なものがデータベースです。ストレージエンジニアは、そのデータベースの構築から保守管理までを担います。

 

なぜストレージエンジニアって必要?

 

ストレージと聞くと、多くの人はスマートフォンのストレージを思い浮かべるはずです。スマートフォンのストレージは個人で管理することができますが、これが企業の経営や業務に関する大量のデータや、社会に大きな影響を与える膨大な量のストレージ管理となると、どうしても一人では管理することができません

 

ストレージエンジニアはその膨大な量のデータを管理し、必要なときに効率よくデータの出し入れができるように維持するのが大きな役割です。仕事などでほしいデータをすぐに出し入れすることができたり、必要な情報をすぐに手に入れることができるのは、ストレージエンジニアのおかげなのです。

 

ストレージエンジニアの仕事内容

 

データの管理や保守

 

 

ストレージエンジニアの仕事として最も大きいのは、データの管理や保守です。ITがこれだけ浸透している現在、データというのはかなり重要なものです。扱い方によっては重大な問題に発展することもあります。そのようなデータも含めて、適切に管理したり保守していくのが主な役割です。

 

エンジニアというと、何かを開発したりなどの生み出す職業だというイメージを持つ人が居ますが、ストレージエンジニアは生み出すというよりは、生まれたものの面倒を見ることがメインとなります。エンジニアらしくないと感じる人も多いかもしれませんが、このような仕事によって私達の生活は支えられているのです。

 

データベースの構築

 

 

ストレージエンジニアの仕事はデータの管理保守だけではありません。そのデータを扱いやすくするための環境を構築することも、ストレージエンジニアの大事な仕事です。きちんとした環境を構築することができれば、データの管理保守もかなり楽なものになります。

 

先程も少し述べましたが、データというのは保管するばかりではありません。必要なときに必要なものを出し入れして初めて役に立ちます。環境が整っていれば保守管理も楽になりますが、何よりも必要なデータを迅速に提供することができます。

 

ストレージエンジニアとビッグデータ

 

ビッグデータって何?

 

 

なぜストレージエンジニアがこれほど注目されるようになったのか、それはあるものが注目されているためです。そのあるものというのが、ビッグデータです。その名の通り非常に膨大な量のデータのことですが、実は今の生活においてビッグデータはかなり重要なものです。

 

鉄道の運行管理を例に説明します。例えばあるアーティストがコンサートを行うことになり、その会場の近くにある駅が多くのファンで混雑するとします。当然普段通りの運行スケジュールだと定時運行に支障をきたしてしまいます。そこで登場するのがビッグデータです。ビッグデータを用いてコンサートの動員数を元に運行スケジュールを管理することで、より利便性が向上するのです。そして定時運行に支障をきたしてしまうことを防ぐこともできます。

 

ビッグデータは誰が管理する?

 

ではそのビッグデータは一体誰が管理するのか、ということになります。そこで登場するのがストレージエンジニアです。膨大な量のデータを管理し、必要なときに必要な情報を提供したり保管できるようにするには、ストレージエンジニアの存在は必要不可欠です。

 

一見何の関係もないように見えるデータも、実は深く関係しているということはよくあります。特にビッグデータが注目されている現在、必要としている企業に効率よくデータを提供することができるのはかなり大切です。

 

ストレージエンジニアに必要なスキル

 

データベースのスキルは必須

 

データを管理するだけなら誰でもできるのではないか、そう考えていませんか。だからといって明日もじゃんけんで負けてしまうことはありませんが、ストレージエンジニアに必要なスキルというのはかなり多く、そして複雑で難しいものばかりです。最低限データベースのスキルは身につけておきましょう。

 

特に正規化のスキルは重要であり、第3正規化までは最低限できるようにしましょう。その他にもデータベースに関する知識は必須となるため、もしもストレージエンジニアを志望しているのであれば、まずはデータベースをマスターしましょう。

 

ネットワークやサーバーの知識も必要

 

 

ストレージエンジニアに必要なスキルとしてデータベースを上げましたが、最近のストレージエンジニアはデータベースのスキルだけでは足りません。ネットワークサーバーの知識も必要になっています。

 

ITの世界ではここ最近仮想化が進んでおり、その仮想化を支えているのも実はストレージエンジニアです。仮想化技術を支えるストレージエンジニアの場合、データベースのスキルはもちろん、ネットワークやサーバーの知識やスキルがなければ仕事になりません。

 

【あなたは知っていますか?】「職業安定法改正」について徹底解説!そもそも職業安定法って何?

日本には様々な法律が存在しており、中には就業に関する法律も多くあります。その一つである職業安定法がここ最近改正されたことをご存知でしょうか。中には職業安定法そのものを知らないという人も多いはずです。今回は職業安定法とはどういうものか、そしてどの部分が改正されたかについて解説していきます。

 

職業安定法って何?

 

職業の安定と経済の発展に貢献するための法律

 

 

日本には様々な法律があります。法律というのは憲法に記された国民が持つ権利や義務を元に作られたものが多いです。職業安定法というのは、日本国憲法に記されている働く権利に基づいた法律です。国民一人ひとりが能力に合う安定した職業に就き、同時に企業や職業安定所などでも求職者に合った職を紹介したりするための法律が書かれています。

 

刑法や民法などは聞いたことがあるものの、職業安定法という言葉はあまり知られていません。それ故に現在求職詐欺を始め、職を求めている求職者が不利な結果になるという状況が増えています。そんな職業安定法がここ最近改正されました。具体的な内容については後ほど改めて解説します。

 

他の労働に関する法律とセット

 

憲法で言われている労働の権利や労働の義務に関する法律というのは、職業安定法以外にも様々あります。その中でも中心的な法律が職業安定法です。そしてその職業安定法の他にもいくつか労働に関する法律があり、それらとセットで扱われることが多いです。

 

元々は職業安定法という法律とセットで雇用対策法という法律がありました。しかし昨年の7月に、政府の働き方改革により、雇用対策法の内容が大幅に変わりました。そして現在は働き方改革を推進するための法整備に関する法律という、少々長い名前に変わっています。

 

今回の改正の背景にあるもの

 

多様化する働き方

 

 

今回なぜ職業安定法が改正されたのか、ということについてまずは解説していきます。ここ最近は働き方という根本的な部分で大きく変わりました。従来のような正社員という働き方や派遣労働に加え、フリーランスという新しい働き方が出てきました。

 

このように時代の流れとともに様々な働き方が生まれ、私達にとっても多様な働き方をすることが可能となりました。しかしその一方で、多様化する働き方とともに求職者が損をしてしまうという事例も増えてきました。

 

求人詐欺の横行と電通の件

 

 

今回の改正のきっかけにもなった電通社員の長時間労働。この一件で政府は雇用に関する部分の抜本的改革に本腰を入れ始めました。政府が本腰を入れて働き方改革を進める一方、長時間労働をしている企業がどんどん出てきました。

 

企業による長時間労働が問題となる一方、新しい働き方であるフリーランスにも問題が出ています。フリーランスの場合は個人と企業が直接やり取りすることが多いのですが、その際に不利な条件を言い渡されたり、挙げ句の果には案件そのものが詐欺だという、いわゆる求人詐欺が増えてきました。このようにニュースでは電通の話題しか当時は取り上げませんでしたが、その裏ではさらに悪質なことが横行していたのです。

 

職業安定法のポイント

 

労働条件の明示範囲の拡大

 

 

職業安定法とはどういうものか、そして今回なぜその法律が改正されたのかという部分を知った上で、今回の職業安定法改正でどの部分が変わったのかということについて解説していきます。今回の改正で最も変わった部分は、ずばり労働条件の明示範囲です。

 

今回の法改正では、従来の給料や会社名などの基本的な情報の他に、労働時間残業及び時間外労働の有無試用期間の他にも募集者の氏名などの明記も義務化されました。ではこの改正によって、企業はどのように対応することになるのでしょうか。

 

企業は労働条件を明確にしなければいけない

 

労働条件で最低限記載しなければいけないことが増えたということは、それだけ企業はより詳しい労働条件を書かなければいけないということになります。人を雇うとはいえ、その企業で働く社員にもそれぞれの人生があります。労働の義務があるとはいえ、社員一人ひとりに家族はいます。だからこそ企業の情報や業務状況はできる限り労働条件に記載しなければいけない、ということが今回の改正の大きな目的です。

 

求職者といっても、決して全ての人が収入メインで企業を選んでいるわけではありません。中には自分の時間を確保することができる環境を求めていたり、自由なライフスタイルを送ることができる環境を重視しているという人も居ます。

 

【必見!】企業がもとめる即戦力とは?!その意味から身に付け方まで幅広く徹底解説!

多くの人が履歴書の志望動機や面接のときに使ったり、さらには企業の採用担当者も使うことが多い即戦力という言葉。しかし皆さんは即戦力とはどういうものか理解していますか。即戦力といっても、会社の思う即戦力は企業によって様々です。今回はそんな即戦力の意味から、本当の意味での即戦力を身につける術まで解説していきます。

 

その即戦力の使い方合ってる?

 

即戦力の意味

 

 

多くの人は、即戦力という言葉を聞いたことがあるはずです。特に転職の際、履歴書などに即戦力という言葉を使ったり、面接のときに貴社の即戦力となるよう全力を尽くしたい、というようなことを言ったことのある人も多いはずです。しかし中には、その即戦力の使い方は本当に合っているのか、と感じてしまう使い方をする人も少なくありません。

本来即戦力という言葉の意味は、特別な訓練を受けなくてもすぐに戦力となる存在、という意味があります。つまり、あれこれ教えなくても参加したその日に周りと同じように仕事をこなし、あっという間に成果を上げてしまう人のことを言います。

 

戦力とはどういう意味か

 

とはいえ今働いている全ての人が即戦力であるのかと言うと、そうでもありません。中には入社して間もない頃は即戦力とは言えない人でも、仕事をこなしていくうちに会社を支える大きな戦力として君臨している、という人も居ます。

戦力というのは、戦争に関わる全ての作業を総合的に遂行する能力を言います。現在は昔ほど戦争は起こっていないため、主にスポーツの世界や仕事などにおいて、会社やチームに大きく貢献してくれている人のことを戦力としていることが多いです。

 

企業の求める即戦力とは

 

企業にとっての即戦力の意味

 

 

なぜ多くの人が志望動機や面接のときに即戦力という言葉を使用するのか、それは企業が即戦力となる人を募集しているためです。この即戦力という言葉は、多くの企業でも求人を出す際などに用いています。では企業が求める即戦力とはどういうものでしょうか。

結論から言いますと、先程説明した意味と同じような人材です。つまり、研修などをしなくてもすぐに仕事を任せることができる人を企業は募集しています。ではなぜ企業はそのような人材を欲しているのでしょうか。その理由については次の部分で解説します。

 

なぜ企業は即戦力を求めるのか

 

なぜ多くの企業は即戦力となる人材を求めるのか、その理由は主に2つあります。一つは会社の負担を最小限に抑えたいためです。企業によっては未経験者のために研修期間を設ける企業もあります。しかし研修を設けるとなると、時間や手間、そして人員を研修に割く必要が出てきてしまうため、それだけ企業にとっては負担となってしまいます

そしてもう一つの理由は、企業間の競争が激化しているためです。IT業界を始め、毎年多くの企業が参入しています。当然参入する企業が増えれば増えるほど、競争も激化していきます。そのような時代において、入社してすぐ戦力となる人材というのは企業にとってかなり強力な武器となるのです。

 

即戦力となるものは?

 

資格や実務経験

 

 

即戦力となるよう全力を尽くします、と言って本当に即戦力となった人というのはかなり少ないです。そもそも即戦力となる要素としてどのようなものがあるのか、知っている人はかなり少ないのが現状です。

即戦力となるものとして最も多いものが、資格や実務経験です。よく資格は持っているといろいろ有利になるということが言われています。それは資格があるということは、専門的な分野についてかなり詳しいという証明になるためです。そして実務経験は、実際にその業務を経験したことがあるという証になります。これら2つの要素があるだけでも、かなり差をつけることができます。

 

基本的な人間力

 

 

しかし、資格と実務経験だけでは即戦力とはなれません。その他にも根本的に必要なものがあります。それこそが人間力です。具体的に説明しますと、コミュニケーション能力適応性が最も重要です。資格や実務経験もかなり強力な武器とはなりますが、最終的にはこの基本的な人間力が最も重要です。

例え資格取得のために学んで来たことが、全ての企業の業務で通用するのかというと、残念ながらそうでもありません。実務経験もいくら経験があるからと言っても、企業ごとに業務の進み方というのは異なるものです。そのため、最終的にはその企業に適応する力とコミュニケーション能力が必須となるのです。

 

【知っておきたい】「就活ルール廃止」に伴う影響とは?!メリット・デメリット含めて徹底解説!

今まで経団連が制定していた就活ルールが、この度廃止となりました。これについて現在様々な懸念がされていますが、そもそも就活ルールとはどういうものなのか、そして就活ルール廃止によってどのように変化するのかが注目されています。今回は就活ルール廃止のメリットやデメリットなどについて徹底解説していきます。

 

そもそも就活ルールってどんなもの?

 

内定日や面接日などが決まっていること

 

 

昨年10月、経団連会長である中西宏明氏就活ルールの廃止を発表しました。この発表は多くの企業はもちろん、就活を控える大学生にとっても大きな影響を与えました。そもそも就活ルールというのはどういうものなのでしょうか。

就活ルールというのは、経団連の会員となっている企業に対して、経団連が定めた内定日や面接日、解禁日などを元に就活を進めるというルールです。大学生の就活というのはこの就活ルールを元に就活をし、企業はこの就活ルールを元に新卒を一括で採用しています。

 

罰則とかある?

 

 

就活ルールという名前になっていますが、万が一そのルールを破ってしまったらどうなるのでしょうか。実はこの就活ルールというのは、必ず守らなければいけないというわけではありません。あくまで対象となっているのは経団連に加盟している企業であり、逆に加盟していない企業についてはルールは遵守しなくても良いということになっています。

また会員として加盟している企業でも、あくまで内定日などは決まっていても、それ以外の日程などについては会社独自で決めても問題ありません。あくまで企業団体として、新卒の大学生を一括で募集するための一環として企業間の足並みを揃えるためのルール、という表現が正しいです。

 

なぜ就活ルール廃止となったのか

 

若者が少ない

 

 

経団連が就活ルールを制定してから60年以上たった現在、この就活ルールそのものを廃止することとなりました。ではなぜ廃止となったのか気になる人も多いはずです。いくつか原因はあげられますが、最も多いものとしては若者の人口が少ないという理由です。

ここ数年で日本は少子高齢化が進んでおり、高齢者が増えていく一方で若者の人口というのは年々減少しています。そのため就活ルールを元に新卒を一括採用するとなっても、そのタイミングで入社してくる若者が年々少なくなっている、というのが一番の原因です。

 

外資企業の日本進出

 

就活ルールが廃止となった原因は、決して若者が少なくなったからというわけでもありません。外国企業がどんどん日本に進出しているというのも理由の一つです。アマゾンGoogleをはじめとする外資系企業の多くは、経団連が定めた就活ルールに関係なく、独自のスケジュールで採用をしています。

その結果早い段階で外資系企業が新卒の学生などを取り込んでしまい、結果的に就活シーズンに入社する学生がさらに少なくなっている、という事態になっています。就活ルールというのは、外資系企業が日本進出し始めた時点ですでに機能していなかった、ということになるのです。

 

就活ルール廃止のメリット

 

通年採用が可能に?

 

 

では就活ルールが廃止となった場合、どのようなメリットが出てくるのかということについてここでは解説します。就活ルールが定められていた今までは、どのような企業でも採用時期というのは決まっていました。しかし就活ルールが廃止されることにより、企業によっては通年採用をする企業も出てくるのではないかと言われています。

通年採用するということは、それだけ好きなタイミングで面接を受けたりすることが可能になるということです。そのため、就活シーズンのピークが過ぎてしまったという人や、早い段階で内定がほしいという人にとっては大きなチャンスとなります。

 

自由な採用活動ができる

 

先程の通年採用になるということに関連していますが、就活ルール廃止によって、企業独自の採用活動をすることが可能となっています。内定日はもちろん、採用開始時期や面接日も企業で決めることができるため、企業にとってはより有利に採用活動を進めることができます。

また、外資系企業に多いインターンシップということも容易にできます。実際に働きながらその人の仕事ぶりなどを見て、その上で採用するかどうかを決めるインターンシップは、世界的な企業の採用活動ではスタンダードとなっています。