【知っておきたい!】マーケティングオートメーション(MA)とは?その内容からできることまで徹底解説!

マーケティングオートメーション(MA)の内容からできることまで解説。今回はこのテーマでお話をしていきますが、マーケティングの枠を超えて、実は身近なSNSにも関わってきます。これからの時代では収益の最大化を測る方法&手法として注目されているのがMAです。これからのマーケティングを支えるMAについて徹底解説していきます!

 

マーケティングオートメーション(MA)とは?

 

 

「マーケティングオートメーション(MA)」とは、別けて考えると「マーケティング(顧客を集客する多くの工程)」&「オートメーション(自動、制御)」と2つに意味を大きく別けることができます。

2つの要素を合わせると「(マーケティングオートメーション)=(顧客を集客する工程を自動&制御)」といった意味合いになります。

顧客のニーズに合わせた集客をさまざまなプロセス(工程または方法)を活用して集客を制御し、自動化すると言った意味合いになります。

 

内容

 

【機能】

 

 

いかに、情報を最適にかつ的確に顧客に届けられるか、と言う視点思考を凝らしたマーケティングがMAでは可能になります。ここではMAで使用するツールの中で代表的なものをいくつか挙げて行きます。

 

・ページ作成、リード管理、スコアリング

LP (ランディングページ)や登録フォームなどの簡単なウェブページを作成することが可能です。関連履歴のメールやリードのHPを保存&管理することが可能です。

 

・メールマーケティング、アクセスログ取得、SNS機能

最も有名でわかりやすいのが、マーケティングでお馴染みの「メール自動配信機能設定」をすることが可能です。他にもスコアリング活用やアクセス上などのサイトの詳細解説などもできます。

現代では定着したSNS上での情報拡散も行うことができます。

 

【なぜMAが必要?】

 

 

事業が拡大してくると、それに伴い膨大なマーケティング業務を行わなければならなくなります。

少人数でこなせていたマーケティング業務作業を事業拡大や成長とともに、仕事量が増え、こなせなくなるような時間と作業が膨大に増えていき負担になっていきます。

そこで、その作業を軽減化して効率化してくれるのがMAです。MAツールを導入することで、あらゆるマーケターの業務作業が効率化することができます。例えば1人にメールを送るのと1000人にメールを送るのとを同等の作業量&作業時間に収めることができ、マーケターの負担が軽減されます。

このように大きく業務を軽減することにより、生産性も高まり商品価値も高まることで、さらに成長していける効果をもたらしてくれます。

 

導入効果&最大化

 

①  【導入する効果】

 

 

マーケティング業務にかかる工数の削減とともに、顧客の求めるニーズの割合情報の数値傾向を明らかにすることができます

例えば、大量のメール配信によって顧客ニーズを情報として取得することで、大量のデータが企業に蓄積されます。

さらに、蓄積されたデータを元にさらなるマーケティングを行う際の、顧客ニーズを絞る情報として活用することができます。

他にもMAを利用することにより、会社全体の顧客ニーズの発生要素や原因などがはっきりします。

様々なツールの機能をいっぺんにまとめることができる利点もあるため、バラバラなツールを使い無駄なツールの切り替えや、その切り替えによって発生するミスや遅れ等を1つのツールでまとめることで軽減できます。

顧客ニーズの方法を知れることにより、効率よく集客できるさまざまな方面からのメリット効果が大いに期待できます。

 

②【最大限活用するには】

 

 

マーケティングをする部署だけではなく、そのマーケティングを活用する他の部署とのコミュニケーションや連携を通じて、効果を最大限に発揮することができます。

まずは冷静になり、一旦立ち止まって現場の状況を把握することが肝になります。しっかりと目的を明確にして問題解決をするのが、最も基本的で最大限にMAを活用できる方法となります。

例としては、一見遠回りに感じてしまうような、検証して検証の結果が効果あるのかどうか確認する作業を、何度も繰り返して良い結果を探していくと言う方法が、実はとても効果的です。

このマーケティング方法の検証作業や検証後の顧客ニーズに合った情報を届けることも、効率よくこなせるのがMAで可能です。

その近道として、マーケティングの自動化が最も有効的で最大限に活用し、効果発揮ができるのがMAになります。

 

システムコンサルタントを徹底解説!仕事内容から求められるスキル、今後の動向まで幅広くご紹介します!

システムコンサルタントの仕事内容からスキル&今後の仕事の動向まで徹底解説していきます。ほかにも年収やシステムコンサルタントを目指す人へアドバイスなど独自の視点から動向まで幅広く記載しています。システムコンサルタントとよく似た上流階級エンジニアやシステムアナリストの区別などもまとめてご紹介します。

 

システムコンサルタントとは?

 

  

簡単にいってしまうとコンサルタントとはアドバイスする人です。個人や法人などさまざまな企業のビジネス面でのサポート及び戦略方法に特化し、専門知識で助言することを主な目的とする職業です。

コンサルタントは、頭に何か業界用語を付け足すことによって、その分野に特化した知識を持っているアドバイザーの人という意味を示します。そして「システム」コンサルタントとなってくると、IT技術に関する深い知識と経験が必要になってくるため、おのずと「エンジニア」や「プログラマー」などの「下流工程」の人をまとめる「上流工程」の立場とよく似ている役職になります。

上流工程を担当する上で「システムコンサルタント」と「上流工程エンジニア」の区別する明確な決まりは実際にはなく、どちらか一方が「最上流工程(優れている)」を担当することになります。

双方が同じ会社に存在する場合はどちらか一方が最上流工程を担当し、その担当者は「システムアナリスト」と呼ばれます。今回はシステムコンサルタントについて徹底解説していきます。

 

仕事内容

 

①【企業の売上向上】

 

 

システムコンサルタントは提示された依頼の企業情報を元に企業の売り上げを向上させることを目的としています。高度な細かいアドバイスをすることがシステムコンサルタントのおおまかな役割になってきます。

簡単にいうとビジネスの利益向上のために深い知識と情報と思考力で成功の道を探求するのがシステムコンサルタントです。

知識を活用して売上向上を主軸に他の要素にも触れていき仕事をしていく万能な職種といえるでしょう。

 

②【企業の悩み解決】

 

 

もっとピンポイントに仕事を割り振るとヒアリングやプレゼンテーションなどの業務をおこなって企業の売り上げを伸ばすための重要ポイントと課題ポイントを割り出し提示します。それに加えて必ずデメリットなども割り出し、「ハイリターンハイリスク」の明確なビジョンを示し、「ハイリターンノーリスク」に近づけるための問題となるポイントの解決策を提示します

提案した仕事内容が上手く軌道に乗っているか確認し、上手くいかない場合は状況によって柔軟に判断を切り替え、売上向上のルートにシフト移行する事も業務として入ってくる内容になります。

企業の売上が伸びない悩みを解決していく事がシステムコンサルトの役割になるので、企業の先行きに大きく関わってくる責任重大な仕事と言えます。

 

③【仕事内容のまとめ】

 

 

提示内容を理解した企業が課題などを解決していき悩みを解消し、ビジネスを軌道に乗せることが目的とした役割となっています。

上記のまとめとして企業の仕事をこなす仕事案件の始まりから終わりまでをサポートし、場合によってはアドバイスや助言以外にも業務などを積極的にこなしていく職業となっています。

 

求められるスキル

 

①専門知識と論理思考力

  

 

論理的思考能力や物事を整理したりまとめたり構成するなど、情報をいかに一括にまとめ効率良く回せるかというPCでイメージすると分析解析ツールのような役割を果たすのがこの職種になります。

取得したさまざまな情報をもとに仕事成功の企画やビジョンを見出し、的確で効率の良い仕事の構成スケジュールを設定します。

設定した専門的な情報を違う分野のエンジニアやプログラマーたちにもわかりやすく説明しないといけません。そのため、インプットした情報をアウトプットする力も必要になってくるため、相手に伝える力も必要なスキルとなってきます

 

②アウトプットとリーダーシップ

 

 

システムコンサルタントは企業の仕事が成功するための道筋を論理的かつ明確なビジョンをイメージしてもらうためにプレゼンテーションなどで、「知識」「思考」「仕組み」などを共有しなければなりません。

そのためコミュニケーション能力やプレゼンテーションなどの人前に立ちスピーチする能力も必要となり、協調性も比較的必要な職種となってきます。

論理的思考能力は身に付けているが、論理的思考能力を人に伝えるすべがなくてはコンサルできません。システムエンジニアはクリアしたもののコンサルタントとしてはいまいちとなってしまいます。コンサルの肩書は伊達ではありません。

インプットした情報をだれもが理解しやすい明確なビジョンにアウトプットし、その情報を伝えていくリーダーシップ性も必要になる高度な職業です。

 

【IT業界・働き方】女性が働きやすい環境なの??メリット・デメリット含めて徹底解説!

現代のIT業界では、男性比率が高く心理的先入観から女性が心理的不安を覚えやすい職業と思われているのは確かです。しかし最近では、むしろ女性こそ効率よくかつ収入も良いとされ、働きやすい環境や制度が他の業種よりも見直されています。人手不足ということもあり、スキルを身に付けてしまえば女性にとって有利な働き方が可能となっているのです!

 

IT業界【女性目線】

 

 

女性目線から見たIT業界は男性の割合が多く女性の割合が非常に少ないのが現実。現場はその通りですが、実はIT業界こそ女性が最先端的に働きやすい環境に整備された数少ない職業です。

その理由の背景には人材不足、スキル不足、女性目線のアイディア不足などが大きく挙げられます。

日本人の昔の考え方により、女性は適していないと思われる人が多かった時代から変化し、男性女性共に切磋琢磨していく事が好ましい時代です。女性が活躍できる時代に突入。

スマホなどが出てからはIT業界は急速に変化しその影響は数知れません。新しい時代を作る第一線がIT業界といってもいいくらいに最新技術&ビジネスのアイディアが生まれ競争が加速しています。

最先端の技術が詰まったアプリ、最新技術のロボットやAI、ARゲーム、3Dアニメ、配信サービス、最新家電製品などありとあらゆる日本の技術はIT業界が関わっている現代。自然と需要は急激に加速する一方、その技術や需要の加速の速さにIT業界以外の人たちにはそんな危機的状態を把握できる者はごく少数で、その中でやる気がある女性たちがIT業界に参入しています。

結果それでも人材不足が解決しないため、スキル不問でやる気があれば一から育てると言った育成求人が多くなる業界です。

それはIT業界では求人バブルと言っても良いかもしれません。IT業界が成長を続ける限りこのバブルは崩壊しないため、実は今美味しい話にもかかわらず難しそうというだけで手を出さない人が大半です。少し前までは男性達の職業で、スキル不足の女性は起用されなかった傾向にありました。ですが今はスキルを教えてもらいながら稼げる業界がIT業界です。

スキルが付けば女性のアイディアや感性は今までにないアイディア商品を開発できる事が見込めることが予想されます。

業界全体の問題点は男性のアイディア(男性脳での理論や分析面)は比較的IT業界には豊富に揃っており、一方女性のアイディア(女性脳での対話スキルや感性)はIT業界でも需要が増加しつつ人材不足と言う問題点がはっきりと明確になりました。そこで女性がスキルを身につければIT業界で活躍できる優秀な人材になると考えられ、以降女性の制度や支援が数多く見直されスキルも1から教えてくれると言ったIT企業が増えました。

IT業界が他の業界よりも先に先陣を切って女性の働き困難とされる問題をいち早く解決しようと動いている業界なのです。

IT業界は参入しやすく収益を出すことも早いため法人、個人、企業問わずに多くの人が参入しています。ですがその分撤退する企業も星の数にいます。ですが主に女性が働く環境としては企業に勤める正社員や期間社員、フリーランスとして企業からお仕事をもらう受注者側に立つことが多いと思います。

なので、事業に参入せずとも仕事をこなすことができ、その仕事を取ることにより生計を立てることができるため、長い目で見ても個人ではスキルが身に付き安定した業界と言えるでしょう。

見方を少し変えてみることで以外にも雇用形態関係なく安定して仕事ができ、なくならない業界と言えるでしょう。

 

IT業界の職種

 

女性が働きやすい職業

 

 

 IT業界は女性の働く割合が2015~2019年まで上昇している傾向にあり、これからも上昇すると推測されています。正社員やフリーランスとして女性が働く場合には以下の職種が臨機応変に立ち回れる主な職業が挙げられます。

・Webライター

Webライターは文字を書く事なため主婦の女性に比較的働きやすいと言われる職業。ある程度の文章力や経験がないと受注するのに苦労するかもしれません。ですが他の上げた職業と比較すると一番始めやすい仕事と言えると思います。

 

・Webデザイナー

Webデザイナーは女性が働きやすい職業といえます。スキルを身に付けるのも他のIT職と比べ簡単で覚えやすいジャンルとなります。

比較的理論や分析理論よりもクリエイティブ側の仕事で、打ち合わせなどのコミュニケーションやしゃべる機会が多く取れ比較的女性が働きやすい職種と言えるでしょう。

・システムエンジニア

ソフトウェアの中身のシステムを作る職業になります。様々なプログラム可能な電子機器を中心に開発や運用のシステム作りをする職種です。

職業によって開発するソフトは様々ですが例えるなら家電製品の中身のシステム作りなどの開発。もっと分かるように説明するとスマホの中のシステムを作ると言う職種になります。

・インフラエンジニア

主な仕事内容はインフラ機器の構築、設定を行う職種となります。次に挙げるとセキュリティー対策、予防対策、運用、などインフラ側の幅広い業務が主な仕事内容となっています。

 

 

女性が働きやすい環境

 

環境①女性が会社で働く環境

 

 

上記でもお話しした通り育児や出産などの女性の立場になった制度が導入されているのがIT業界で比較的女性優遇に積極的な業界です。アルバイトの一部に見られる自由な縛りのない条件に近く、働く環境下においてとても働きやすい環境になっています。

求人情報の詳細を見ると学歴不問、未経験可能、研修教育制度あり、残業なし、転勤なし、私服で勤務可能、育児との両立可能、女性管理職あり、など様々な待遇があり他にも職種により異なってきます。

 

環境②フリーランスで働ける環境

 

上記にも話したとおり働き方は様々あり、フリーランスで自宅やカフェで働くと言う方法も挙げられます。この方法は比較的女性が働きやすい環境だと思います。

フリーランスで働くメリットを挙げるとしたら自分で案件を選択できやりたい時間にやりたくなった時、主婦であれば家事の空いた時間になど納期期限を守れば自由に働くことができます。

場所や時間にとらわれず自由な働き方を実現でき、早く実現しやすいことから多くの人に選ばれている働き方です。スキルを生かし成長していくことにより給料アップが見込めるので将来の不安も軽減されます。

 

メリット・デメリットを解説

 

メリット

 

 

女性がIT業界で働くメリットをいくつか挙げていきます。

男女の違いや差別的な上下関係がなく、仕事で見られるのはスキルのみです。なので、おしゃれな格好や派手なメイクをしていたとしてもスキルがあれば大抵のことは問題ありません

しかもスキルがあれば勤めている会社を辞めたとしてもそのスキルが欲しい企業は多く存在し、転職を機会に給料アップの確率は確実性が非常に高いことからも注目される点です。手に職を持つことが可能ということです。誰だって始めは未経験、実績なし。スキルや経験が無くても受け入れてくれる業界が現代のIT業界とも言えます

IT業界は何も知らない状態でも正社員として雇ってもらいやすく、その見返りとしてスキルアップが求められることが多いため誰でもチャンスがあります

雇う側、雇われる側双方にメリットがあり、学びながら給料がもらえるのが最大のメリットです。

出産などの女性ならではの悩みや問題点を考慮した企業がIT業界には多く、育児をしながらでも働ける体制の完備も充実。リモートワークや在宅ワークを実現しやすく柔軟に働く事ができる環境があります

さらに実力があれば男性以上の高収入を得ることも可能。性別は一切関係ないと言うところがIT企業の強みだと思います。

結婚や出産の理由でいちど会社を退職しても何年後かに会社に復帰または再就職でのブランクがあったとしても仕事に復帰しやすいでしょう。

リモートワークや在宅ワークなら自宅やカフェで、海外旅行のホテル先でも仕事ができ、海外旅行好きの人にもとても良い働き方となります。とても魅力的なメリットが数多くあります。

 

デメリット

 

 

IT業界に慣れないうちは男性の比率が多く女性の割合が少ないこともあり、孤独を感じる可能性もあるのがデメリットと言えるでしょう。

ですが慣れるうちにだんだんとその環境にも適応していくためそこまで気にする必要はありませんもし気になるようであればフリーランスとしてカフェや自宅で働く方法もあります

IT業界は移り変わりが激しく変化に合わせてスキルや対応を柔軟に変更していかなければなりません。なので、マルチに対応できる人が優れていると言えます

一つのことに集中力を発揮する人でも前もってタスクを決めとくことにより柔軟に対応が可能なので、マルチ力に自信がなくても問題ありません

むしろ作業効率面で見ると優れているのでIT業界の変化に注意するだけでスキルや立場はアップすることが可能で適しています

 

今後のIT業界

 

女性のIT業界参入が今後の業界発展に繋がる

  

先ほど話したようにIT業界は変化が早い業界です。技術やトレンドが急速に変化する中、変化に応じて柔軟に対応できる人材が今後IT業界で生き残っていける人材として求められてくるスキルとなります。

IT業界に女性が入ってくる流れは増加し増え続けています。ですがまだまだ女性のIT業界不足とされています。今後の業界発展にも繋がる女性採用や優遇制度は揺るがない社会にますますなっていくことでしょう。

 

IT業界に挑む女性へアドバイス

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

マルチ力に自信がある方はいちどスキルを見つけ挑戦してみるのも良いのではないでしょうか。もちろん人見知りで人と合うのが苦手という方や子育出て忙しくて子供の面倒を見ないと行けない人でもフリーランスやリモートワークで働くことが出来る業界は嬉しいですよね

育成採用&手に職が持てる仕事としてIT業界は今バブル状態にあります。この機会を逃さずチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

まとめ

 

 

お子さんがいる主婦の方なども自宅で勉強でき、独学で学んだスキルでIT業界に転職する方法もあります。クラウドソーシングなどを用いて自由な働き方を目指してはいかがでしょうか

フリーランスであれば女性でも男性でも関係なく今後の働き方の最先端として注目されるのは間違いありません。いまさら遅いと言う人もいるかもしれませんがいつ始めても遅くはない職業です。10代~60代でも年齢は不問で誰でも始められる業界です。

【徹底比較!】オープン系 vs 汎用系!両者の違いを分かりやすく解説します!

システム開発の世界では、汎用系システムとオープン系と呼ばれる種類のシステムがあります。そもそもなぜそれぞれが区別されているのか、またそれぞれどのような特徴があり、どう違うのかわからないという人も多いはずです。しかし両者の間には、決定的な違いがあるのです。今回はオープン系と汎用系の両者の違いをわかりやすく解説します。

 

汎用系ってなに?

 

一つの汎用機でいろいろな開発をする

 

 

ソフトウェア開発には種類が存在することをご存知でしょうか。一つはオープン系、そしてもう一つは汎用系です。汎用系はオープン系の対義語としてクローズドと呼ばれることもあります。汎用系はその名の通り汎用機を基軸としてシステム開発を行うというものです。

一昔前までは、用途に応じて専用機と呼ばれる計算機を用いていました。当然これだとコストもかなりかかってしまいます。そこで登場したのが汎用機というものです。従来の専用機として用いられる計算機よりも性能が良く、それでいて異なる分野での使用も汎用機でまかなうことができるようになりました。

 

汎用機さえあればなんでもできる

 

 

なぜ専用機ではなく汎用機が選ばれるようになったのか、という疑問を持つ人も多いはずです。専用機というのは用いる分野に特化した計算機です。とはいえ、他の分野の専用機であっても共通する部分は存在しています。その共通する部分をまとめたものが汎用機です。

共通する部分は汎用機にまとめられているため、あとは分野に適したソフトウェアを導入すればシステム開発が可能になります。そうした汎用機を用いたシステム開発が汎用系です。わざわざシステム開発のために専用機を導入する必要がなくなったので、大幅にコストを下げることができます

 

オープン系とは何なのか

 

パソコンを基軸としたシステム開発

 

 

そんな汎用系に対して登場したのが、オープン系です。オープン系というのは、基本的にパソコンを基軸としたシステム開発です。汎用系との大きな違いは、ホストとなる機械が汎用機ではなくパソコンであるというところです。

パソコンを使用するため、WindowsなどのOSを使用することができる他、システム開発に用いることができるプログラミング言語も大幅に増えるため、より柔軟性に優れたシステム開発を行うことができます。現在のシステム開発においては、このオープン系が主流となっています。

 

コストが安くて能力低下も起こりにくい

 

 

オープン系も汎用系と同じくなんでもできるという性質がありますが、それでも汎用系と大きく違うのは、コストパフォーマンスの良さです。汎用機というのは基本的に24時間稼働し続けるのが基本です。これはオープン系のシステム開発でも同じです。

しかし、時代とともに汎用機と同じぐらいの性能を持った高性能パソコンが登場したことにより、オープン系のシステム開発が大きく普及しました。さらにパソコンの場合、OSなどは常にアップデートが行われているため、能力が低下していくということも起こりにくいです。

 

両者のコストの違いとパソコンの進化

 

時代とともにコストの高さが問題に

 

 

では両者の違いはどのようなものかについてここからは解説していきます。まずはオープン系の部分でも少し触れましたがコストの部分で比較していきます。汎用系とオープン系の大きな違いは、導入や維持にかかるコストです。

オープン系が急速に普及した要因として、汎用系の導入や維持にかかるコストの高さがあります。汎用機というのは価格が高価なものであり、パソコンと比べるとその差は歴然です。また維持費も高いため、時代とともにこの汎用系というのはコストの高いシステム開発だという事実が露呈してしまいます。

 

パソコンの性能向上と低価格化

 

汎用系のコストパフォーマンスの悪さが露呈し始めた一方で、パソコンの性能は飛躍的に向上していきました。そして同時に、パソコンの価格というのも性能向上に合わせてどんどん低価格化が進んでいきました。

その結果どうなったのかと言うと、汎用機と同等の性能を持った高性能パソコンが、汎用機よりも格段に安い値段で手に入るという状況が出来上がりました。性能は汎用機と同等であり、さらにはパソコンであるためOSを使用することが可能であり、対応するプログラミング言語も多いとなると、相対的にパソコンのほうが圧倒的に良いとされます。

 

扱う言語とエンジニア不足

 

COBOLを扱うエンジニアは減少傾向に

 

汎用系とオープン系はコストの部分で大きく違うということを説明しましたが、実はシステム開発において扱うプログラミング言語も違うということをご存知でしょうか。汎用系の場合、基本的用いるプログラミング言語はCOBOLに絞られてしまいます。COBOLという言語を初めて聞いたという人も多いはずです。

実は汎用系が減少している理由として、このCOBOLを扱うことができるエンジニアが減少しているからなのです。汎用系でしか扱うことがなく、その汎用系も徐々に減少している現在では、特に今から学習する必要は無いとされてしまうため、COBOLを扱う人というのはどんどん減ってきているのです。

 

Kubernetes とは?その利点や、何ができるかまで、分かりやすく徹底解説!

アプリ開発を中心に今注目されているKubernetes。開発や運用を自動化させることにより、バージョンアップなどの様々な作業の効率化を図ることが容易になり、信頼性などの部分でも向上します。とはいえ、利点やできることまでは意外にも知られていません。今回はそんなKubernetesについて徹底的に解説していきます。

 

Kubernetesって何?

 

アプリ管理に必要なものが詰まったプラットフォーム

 

 

技術の進歩により、様々なアプリが生まれています。そしてアプリ開発についても、現在ではだれでも気軽にできる環境が整っています。手軽にアプリ開発をするためのアプリやサービス、そして格安のプログラミングスクールなど、アプリ開発の敷居は日々低くなっています。しかしアプリというのは、開発して公開すればそれで終わりではありません。公開後もユーザーの利便性を上げるためにアップデートしたり不具合を修正しなければいけません。

Kubernetesは、そんなアプリ運用に関係するあらゆる工程を自動化するための、オープンソースプラットフォームです。アプリ運用に必要な工程などを自動化することにより、開発したアプリの信頼性や利便性が向上することはもちろん、開発サイドにとってもかなり良い環境で作業をすることが可能です。

 

実はGoogle生まれ

 

このKubernetesというプラットフォーム、元々はGoogleで設計してGoogle内で使用していました。現在は別会社が運用しています。そのため、Kubernetes自体の完成度はかなり高く、効率化を図るための工夫が至るところに散りばめられています。

アプリ運用のツールは多く出回っていますが、Kubernetesはその複数のツールと連携して動作し、より効率よく運用ができるものとなっています。現在では多くの会社で実際に用いられていたり、また今後運用の部分で導入を検討しているという企業も多いです。

 

Kubernetesのメリット

 

信頼性や利便性が大幅に変わる

 

 

Kubernetesがもたらすメリットとはどういうものか、ということについてここでは解説していきます。Kubernetesの最大のメリットは、開発したアプリなどの信頼性や利便性が大きく変わるということです。特に機能の追加や不具合の修正など、アプリ運用において重要となる部分で大きく改善することが可能です。

機能の追加については、アプリが稼働中にロールアウトをすることが可能であるため、わざわざアプリを止める必要もなく新機能を追加することが可能です。そしてKubernetesにはデバックをサポートする機能もついているため、不具合の修正や検知も容易に行うことが可能です。

 

大幅なコストダウンにも貢献

 

 

アプリの運用を自動化することができるということは、それだけコストダウンも可能ということになります。今まではアプリの運用となると、ユーザーの意見などを収集したり新機能を実装させるためには、必ず人の手で行うというのが一般的でした。当然人の手が必要になるということは、それだけ人件費がかさんでしまい、コストもそれだけ増えてしまいます。

しかしKubernetesを導入することで、余分な人員を削減することができることはもちろん、自動で行ってくれることにより、開発サイドがより良いアプリ開発に集中することも可能です。コストを大幅に削減できてアプリ開発に集中できる、これこそがKubernetesの最大の利点です。

 

アプリやコンテナの運用の現状

 

アプリは作って終わりではない

 

 

Kubernetesのメリットを言われても、そもそも従来のアプリ運用などの現状がわからなければ、Kubernetesの良さはわからないものです。そこで一旦今までのアプリやコンテナ運用のスタイルなどを知っておきましょう。

現在出回っているアプリというのは、基本的にアップデートや不具合の修正が日々行われています。最初の部分でアプリ開発の敷居が低くなっていると言いましたが、確かにアプリ開発の敷居は低くなっています。しかし、アプリというのは決して開発して公開して終わりというわけではありません。日々の不具合の修正やアップデートをすることにより、より多くの人に使われるのです。

 

運用が最も重要

 

 

アプリは開発をするよりも運用することが最も重要です。特に運用というのは、不具合を出来る限りなくすということはもちろんですが、使用するユーザーの声を反映させる必要が出てきます。ユーザーの声を反映させることによりアプリの利便性が向上し、その結果さらにユーザーが増えていくのです。

ではその不具合やユーザーの声はどうやって見つけるのか、ということになります。結論を先に言いますとそれは人の手で見つけます。SNSやブログ、お問い合わせなど様々なところからユーザーの声を聞き出し、そしてその声を元に新機能などを実装する、それがアプリ運用の本来の仕事なのです。

 

Kubernetesで何ができる?

 

アプリ運用の自動化が可能に

 

従来のアプリ運用を知った上で、Kubernetesはどのようなことができるのかということについて書いていきます。Kubernetesで用いられるツールの多くは、自動化のツールが多いです。例えばログを取ったり、不具合を見つけるという運用において必須となる工程を、Kubernetesのツールが代わりに行ってくれます

機械であるため当然ながら人の手で行っていた場合よりも作業効率が大幅に向上し、さらに得られる情報量も倍以上となるため、開発サイドはより的確な機能の開発や修正が可能となります。そして結果的にアプリの機能性もそれだけ向上させることが可能になります。

 

マルウェアについて徹底解説!ことばの定義やその種類は?

パソコンなどの通信機器に害をもたらすマルウェア。ウィルス対策ソフトなどで一度耳にした事のある人も多いマルウェアですが、具体的にどういうものなのかは意外にも知られていません。現在でもマルウェアによる被害は増えており、そして日々厄介なものとなっています。今回は今こそ知っておきたいマルウェアについて徹底解説します。

 

そもそもマルウェアって何?

 

悪意のあるプログラムや処理の総称

 

 

ある日何気なくパソコンやスマートフォンを使用していると、突然知らない人からメールが来たり変な画面が出てきたことはありませんか。自分は何も気にせずにWebサイトなどを見ているだけでも、実は知らない間にマルウェアに感染しているということはあるのです。

マルウェアという言葉はウィルスソフトなどで聞いたことがある人も多いはずです。しかし具体的にどういうものかを知っている人はかなり少ないのです。マルウェアの定義としては、コンピュータなどに害をなすソフトやプログラムのすべてのことです。ここで言う害というのは、勝手な動作をしたり、場合によってはシステムそのものを破壊してしまうことを言います。

 

マルウェア=ウィルス?

 

 

先ほどの説明で多くの人は、それってコンピュータウィルスのことではないのか、と考えたはずです。確かにコンピュータウィルスはマルウェアと同じくコンピュータに害をもたらすものです。しかしマルウェアの中には、ウィルスのように他のコンピュータやシステムに影響を及ぼさないものも含まれています。

つまりコンピュータウィルスというのは、マルウェアという悪質なプログラムなどのひとつなのです。たとえ他のシステムなどに影響を及ぼさなくても、ひとつのシステムなどに影響を与えるものはすべてマルウェアとなるのです。

 

マルウェアの種類を知ろう

 

マルウェアの代名詞ワーム

 

 

マルウェアといってもその種類はさまざまなものがあります。その中でも最も有名なものがワームです。コンピュータウィルスといわれているもののほとんどは、実はワームなのです。現在出ているマルウェアの被害の多くは、ワームによるものが多いです。

ワームの特徴はウィルスと非常に似ています。パソコンやシステムに感染し、そこから増殖してより多くのプログラムなどに感染します。さらにそれがネットワークに移ってしまうと、そのネットワークに接続しているほかのパソコンにも感染するため、かなり厄介です。

 

トロイアではなくパソコンを壊滅させるトロイの木馬

 

トロイの木馬と聞くと、ギリシャ神話でトロイアを陥落させた装置を思い出す人もいます。しかしこちらのトロイの木馬は、トロイアではなくシステムなどを壊滅させてしまいます。明確な名称などはありませんが、動き方などはまさしくトロイの木馬です。

本来のトロイの木馬では木馬の中に兵士を紛れ込ませ、敵が完全に油断するタイミングを見計らって攻撃を仕掛けるのですが、こちらも最初は普通のプログラムとして潜入し、徐々に不正な動作を始めるのです。ワームのように増殖はしませんが、場合によっては他のマルウェアが進入しやすくなるようにすることもあるため、もし見つけた場合は早めに対処しましょう。

 

パソコンの誘拐犯ランサムウェア

 

 

あるサイトを何気なく閲覧していると、突然画面が変わって高額な料金を請求されるという経験をしたことは多くあるはずです。その請求を見て思わず支払ってしまったという人も少なくありません。しかしだまされないでください。これはランサムウェアというマルウェアが勝手に出した架空請求なのです。

ランサムというのは身代金であり、その名の通り料金を請求するかなり悪質なソフトウェアなのです。最近では金銭を要求する代わりにアプリをダウンロードさせるタイプのものもあり、その巧妙さも日々進化しているのです。

 

マルウェアはどこから来る?

 

基本はメールなどから

 

 

マルウェアはどこから来るのでしょうか。一昔前まではメールがきっかけで感染してしまうということが多かったのですが、最近ではメールに限らずさまざまな場所で感染します。特に最近では、何気なくWebサイトを閲覧しているだけでも感染してしまうことがほとんどです。

何気なくWebサイトを閲覧していたら、突然知らないメールアドレスからメールが来るようになったということが発生している場合、マルウェアに感染している可能性が高いです。これは会社の業務はもちろん、私たちの普段の生活でもありえます。

 

スマートフォンも実は狙われている?

 

コンピュータウィルスなんてパソコンのものだからスマートフォンは関係ない話だ、そう考えていませんか。実はスマートフォンでもウィルスなどのマルウェアに感染するリスクはあるのです。特にスマートフォンの場合、Webサイトやメールからはもちろん、LINEなどのSNSのメッセージアプリがきっかけで感染するため、感染経路が増えているのです。

例えば仲の良い人からいきなり卑猥な内容のリンクが送られてきたり、知らない人が勝手にLINEの友達に登録して訳のわからないメッセージを不特定多数に送信していたりなど、さらに悪質なケースが増えているのです。スマートフォンだから大丈夫というのは、今ではもう通用しません。

 

「プロダクトマーケットフィット(PMF)」とは!定義や必要性、PSFとの違いまで徹底解説!

PMFの定義と必要性を説明し、PMFと関係があるPSFとの違いや、そこから2つの考え方の用途を解説。PMFに欠かせない「企業側の考え方」と「顧客側のニーズ」を分かりやすく徹底解説していきます!他にも今後や利用する上でのアドバイスも記載しています。ビジネスに必要不可欠な考え方を分かりやすく徹底解説!

 

プロダクトマーケットフィット(PMF)とは?

 

 

PMFとは「プロダクトマーケットフィット(Product Market Fit)」の頭文字を取ってPMFという略語になります。

単語の意味を分けて考えると「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」の3つに分けられます。繋げると「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。会社で主にこのPMFが中心の考え方として求められます。

自社の商品をターゲットや、市場に適しているかと言った観点を1つのこの言葉に集約したのがこのPMFです。このPMFの考え方を活用しビジネスを進めていくことが、成功に繋がると言う解釈から定義された言葉になります。

マーケティングの1つのメソッドとしてビジネス業界では定着しています。

 

発生源【2つの定義】

 

定義1

 

 

アメリカ合衆国を拠点とする創業やソフトフェア開発、投資家で有名な「マーク・アンドリーセン」が提唱したと言われています。新しいビジネスを始めるスタートアップで用いられるのがPMFです。

PMFの一般的な定義としてスタートアップ等のベンチャー(新たなビジネスを始める)企業に用いられ、仕事の考え方や概念として定着しています。

 

定義2

 

立ち上げ事業での定義で知られるPMFですが、立ち上げでないビジネスにも当てはまり、どんなビジネスモデルでもこのPMFの考え方が当てはまるため、多くのビジネスが取り入れている概念になります。

ビジネスの基本となる顧客のニーズを分析し、分析した情報から製品を作り出してそれを提供すると言う流れになるため、この考え方はビジネス継続する際にも役立つ概念になります。

つまり、1つ目の定義としてスタートアップでの用途になります。2つ目の定義はビジネスの基本的な考えとして常に用いられます

 

スタートアップする時に必要な概念

 

企業側

 

 

ベンチャー企業が成功する概念として定義されるのがPMFです。事業を開始・継続・成功する上でPMFの考え方が必要不可欠となってきます。ビジネスの考え方として顧客のニーズに合った商品を提供するのが基本的な考え方です。さらに、顧客ニーズに合った商品を顧客に効率よく届けられる市場選びも、非常に重要な要素となります。

この市場を選ぶ事は意外にも着目せずに見過ごしてしまう事が多く、たとえ商品が優れていたとしても市場が適していなければ商品は顧客に届かず情報の波にのまれてしまいます

そのため、「プロダクト(製品)」「マーケット(市場)」「フィット(ピッタリ合う)」のマーク・アンドリーセンが提唱したPMFは、最も重要でビジネスにおいて必要な考え方を集約した言葉になり、あらゆるビジネスにおいて必要不可欠な考え方となります。

 

顧客側

 

 

顧客側もこの考えからすると満足行くサービスや製品を受け取れる概念であり、企業側も顧客側も双方ともに利点がある考え方のため、この提唱したPMFと言う考え方は消えてなくなりません

起業する際に情報を収集して、その情報を元にビジネスを開始するための考え方ですが、上記の「定義2」でも説明したとおり、事業が成功を収めたとしてもPMFの考え方をキープしてビジネスを継続します。

その継続時でも顧客の満足度を変えずにビジネスを進める事が最も大切なポイントとなってきます。

 

PMFとPSFの違い

 

PMF

 

PMFは説明した通り、「製品が市場にピッタリ合う」と意味を理解できると思います。

単純にいってしまえば大きな違いとして「PMFが工程」で「PSFが結果」です。これからその意味や理由について解説していきます。

 

PSFとは

 

 

PSFは「プロブレムソリューションフィット(Problem Solution Fit)」の頭文字を取った略語になります。

単語の意味を分けると「Problem(問題)」「Solution(解決)」「Fit(合う)」と言う意味に分けて解釈できます。

これを合わせると「問題を解決し合う」と言う意味になり、この言葉もビジネス用途で用いられる考え方です。

ビジネスの目的は収益を出すことが最大の目的ですよね。そのために顧客にアプローチを掛けニーズを理解し、それに合った商品を提供していくのがPMFです。

このPMFとは違いPSFはビジネスにもっと深く関係しており、「問題(お金)」「解決(利益が上がる)」「合う(顧客ニーズと企業の提供商品)」=「有料商品を購入する顧客の満足度が高く、有料商品から得られる収益が見込める」状態を示します。

段階的に「PMF」の次に「PMF」を継続しつつ「PSF」を追加し、「PMFとPSF」の継続がビジネスにおいてベストな状態と言えます。

イメージで例えるなら、無料商品を顧客に配布し、顧客が満足するのがPMFで、その無料商品を有料商品に変化させても顧客の満足度があり、有料商品の利益が企業に入ってくる状態がPSFと例えられます。

 

PSFのまとめ

 

  

まとめると下記の内容にまとめられます。

 

・「問題&解決」=「顧客の満足度(商品)」と「企業の満足度(利益)」を満たす事

・「合う」=「顧客と企業のステークホルダー(利害関係)が合うこと(意見が合う)」

上記の様な状態がビジネスにおいて最もベストな状態になり、本来の説明となるPMFとPSFの違いに繋がり、結果は根本的に内容や目的が違います

さらに、簡単にまとめてビジネス用途で解釈すると「PMF」は「2つの意味のマッチング(工程)」であり、「PSF」は「2つの意味で問題解決(結果)」となるため似て非なるものです。

 

プロダクトマーケットフィットの今後

 

 

既にビジネス業界では当たり前の考え方の工程として定着している概念です。ですが、今後はPMFの概念を基づきビジネスを始める個人が増加していくと予想されます。

理由としては、これからの日本は海外に遅れているものの、個人でビジネスをしていくフリーランスや個人事業主(自営業)が急増してくと、現在の経済状況や雇用率の統計から見て推測できます。

充実した生活を送るためには資金力を手に入れることが必要になり、一般的な賃金では充実した資金を貯められなくなってくる時代が、近い未来に訪れると現状の社会の流れから推測できます。

海外で社会問題にもなっている社会での格差問題が日本にも訪れた時には、今後個人でビジネスを始める人が急増するでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

PMFの概念を今後活用する人へアドバイス

 

 

PMFを用いて行動に移す方は、「PMF」を継続しつつ「PSF」を取り入れるステップアップを想定して行動に移していきましょう!

理由としては、何かビジネスに繋がる事を始めて、提供側になる事があるかも知れません。その提供サービスなどが無料だった場合は次のステップとしてPSFの概念を取り入れて邁進して下さい。

その無料提供して生み出す労働をした結果として、対価がない状況では継続したくても貯蓄がない限り、近い内にできなくなる状況に陥ります

そのため、リスクを回避する策として、次の段階であるPSFを頭の片隅に置いておくと、成功した次に成功を継続させる考え方となります。

『.NET フレームワーク』を徹底解説!!その特徴からできることまで、分かりやすくご紹介します。

『.NET フレームワーク』の本来の意味合い(過去の意味合い)と現在の意味合いまでわかりやすく解説。.NET フレームワークの特徴&できることまで徹底解説!難しいIT用語をある程度意味合いが伝わるように変換!知識ゼロから.NET フレームワークの知識、理解、関心が得られ、IT世界の仕組みが見えてきます!

 

.NET フレームワークとは?

 

過去と現在で意味合いが異なる

 

  

『.NET フレームワーク』とは、「Microsoft .NET Framework(マイクロソフト ドットネット フレームワーク)」と言うアプリケーションです。

Microsoft社が提供している開発&実行ができるプラットフォームになります。Windowsのプログラム実行環境などとして推進します。

当時は「Microsoft.NET」と呼ばれていましたが現在では意味が少し異なり、「.NET」をテーマにして専門的な人と対談する場合話が噛み合わないといった状態が現在では発生してるため、過去と現在の.NETを説明します。

簡単に要約すると「Microsoft.NET」 の過去のビジョンが失われ、現在は異なったビジョンになっていることが理由に挙げられます。

XML Webサービスに力を入れていたMicrosoftは経済の流れ乗るために、代わりにRESTスタイルへの力を注ぐ様になったことにより意味合いが変わりました。

過去の呼び名「Microsoft .NET(マイクロソフト ドットネット)」から現在の呼び名「.NET Framework(ドットネット フレームワーク)」に呼び名が変わりました。

結果的に「Microsoft .NET」と「.NET Framework」では意味が異なり「.NET」は「.NET Framework」の略語で現在の意味合いも「.NET Framework」を示しています。

開発&実行環境をアプリケーション経由でサービスを提供するプラットフォームを開発したのがMicrosoftです。

他にも主にXML、ウェブサービス、ウェブアプリケーションなどインターネットのウェブをベースにした環境にも対応しており様々な開発&実行が可能な環境を提供

.NETフレームワークで対応している言語は数多くあり23カ国に対応しています。

 

開発者側とユーザー側

 

 

.NET フレームワークは開発者側とユーザー側で知識や経験、理解度の度合いが大きく関わってきます。つまり、立場が変化するだけで見方、操作性や使用用途も変わってくるのが.NET フレームワークです。

簡単に下記で開発者とユーザー側で説明します。

・開発者側

.NET フレームワークで使用できる開発言語を活用し、アプリケーションの開発ができます。開発で使用した言語以外にも後から対話が可能なため、さまざまなコンピュータ機器やソフトウェアと連携して開発が可能です。

・ユーザー側

.NET フレームワークでの言語開発を行わなくても利用することが可能なため、多くのユーザーは知識や経験、スキルがなくても利用が可能です。

上記のような開発側とユーザー側で.NET フレームワークの認識や知識の有無などが大きく変動します。2つの味方ができる事により、これから話す内容は開発者側の内容を深堀りして解説して行きます。

 

システムの論理的構造

 

共通言語基盤

 

 

.NET フレームワークにおいて主に使用される行動の流れについて解説します。

この行動の中で最も本質をしめているのがCLI(共通中間基盤)です。この意味を簡単に説明すると開発環境で実行環境時の単体言語に依存しないと言う意味です。

Microsoftで主に用いられているのがCLR(共通語ランタイム)と呼ばれている5つの項目です。

・CTS (共通型システム)

定義は様々ありますが、Microsoftが開発した人とネットフレームワークに対応したプログラミング言語でデータを統一するためのシステム。

・CLS (共通言語仕様)

共通言語ランタイムでサポートされている言語機能のサブセットに該当します。CLSはCTSのサブセット。 結果、CTSにもCLSは適用されます。ただし厳しい制限が設けられていない場合に限ります。

・CIL (共通中間言語)

人間が解読可能なプログラミング言語に変換。様々な言語をCIL (共通中間言語)で特定のOSや機種に依存しないプログラミング「マネージドコード(CLRに対応できる形式に変換)」にします

・JIT (ジャストインタイムコンパイラ)

結構環境のOSや機種に依存しない中間コードをプログラム実行する時点の工程で実行可能な言語にソースコードからオブジェクトコードに変換することができるのがJIT (ジャストインタイムコンパイラ)。

・VES (仮想実行システム)

メタデータを活用して動的要素を持つプログラミング言語を生成することができるシステム。CIL (共通中間言語)で読み込みと実行を実現することが可能なシステム。

 

ユニケージ開発手法とは!その特徴やメリット・デメリットを徹底解説!

ユニケージ開発手法はどんな特徴があるのか、この手法のメリット・デメリットを分かりやすく解説。難しい専門用語を極力使わず説明しています。なので、他のサイトの説明が専門的な用語ばかりで、理解に時間が必要だと思っている方に読んでい頂ければ幸いです!ユニケージ開発手法の内容を分かりやすくまとめました!

 

ユニケージ開発手法とは!

 

 

「ユニケージ開発手法」とは、オペレーティングシステム (OS)でのUnix系コンピューター(コマンド)とスクリプト言語(シェルスクリプト)でシステムを開発する意味を持つ開発手法の1つです。

ユニケージ開発の一般的な考え方は、コード修正が少なくて済む場合の考え方を保持します。更に、経年劣化しないハードウェアを起用し、その仕組の基本的な物事の核を選択し実行しているのが、基本となります。

この方法により、ソフトウェアのクッション性と、ハードウェアのスピードの特徴を一緒に得ることができるのがこのユニケージ開発の手法になります。

 

特徴3つ

 

【幅広い対応性】

 

 

1つ目は、開発環境はさまざまなUnix系統OSであればスクリプト言語と組み合わせて開発可能です。理由はUnix系のOSとスクリプト言語で開発可能なのが「ユニケージ開発手法」です。

つまり、スクリプト言語とUnix系OSと言う条件でなければいけませんが、この条件下であればさまざまなUnix系のOSでの開発が可能となるため、幅広い開発がおこなえることが特徴として挙げられます。

 

【難しくない開発】

 

 

2つ目は、スクリプト言語を活用するソフトウェアを使用するためには、コンピューター(コマンド)が必要になります。従来のコンピューターの言語処理では、現代の情報社会についていけず機能や操作性に衰えが生じてきます。

その問題を解消するのがUnixとなり、独自のコンピューター内部で作成ができると言う点で楽しめます。効率的に単純化したシステムを作り上げることができ、作れるコマンドの個数は開発する人により無限に作成が可能です。

ユニケージ開発手法で開発したコンピューター内部のスクリプト言語を、数十個にまとめ集約することが基本となります。

大きな特徴としては、単純に見える簡単なソースプログラムを使用します。ソースプログラムを用いて多くの人が独自に書き換えることが可能です。

 

ですが、単純な見た目だからといって、はじめの段階から簡単に作成することができたということでもありません。長年の経験の中からシンプルで簡単な形式に纏め上げることができるようになりました。

長年の積み重ねで簡単に快適に言語を扱えるシステムが生まれ、その後の開発が誰でも簡単に利用することができるのが現代です。

つまり、ユニケージ開発の本質は、開発者の高度な技術による開発システムではありません。複雑なコードを構成したり、といった難しい開発手法で行うことをせずに開発できます。

結論、アイディア次第では誰でもシンプルな技術とシンプルな理解で開発を実現できることがユニケージ開発の特徴になります。

そこに経験を加えることによって、磨き上げられ高い技術や知識が身に付くのがユニケージ開発手法です。

 

【正しく証明できる】

 

 

3つ目は、ユニケージ開発の特徴として、一般的な人でも理解しやすいテキスト形式での実行を中心として開発できます。単純明確な基本的な機能の行列形式、ヘッダー、タグ形式など幅広い範囲をサポートしています。

Unixの構成に従って配置することが可能な、一般的なテキストファイル類を小さい単位に1つずつ置き換えます。そして、大きいデータで一括して蓄積すること無く、小さいデータ単位の積み上げで構成保存できます。

このような形式でデータを処理することにより、小型のデータで簡単に取り扱いができ、効率よく処理することが可能となります。

発生したデータをそのままファイルに保存する手法をとり、データを消去する事はありません。つまり、入力作業を行った場合1エディターにつき1ファイルが生成されます。

ファイル数の数は膨大になり、増え続けることが懸念されますが、現代ではその心配はありません。最近のデータの扱える機能性はとても優秀で無限に保存や管理が可能です。

それにより、修正されていない無修正のデータでしっかり信用性での評価となる重要点からこのような手法をとっています。

理由としては、データを正しく証明できるため、小さいファイルを生成することが、基本的な考えとその考え処理方法となります。

上記の信頼性や情報データの正式な証明を軸に置いているのがユニケージ開発の特徴になります。

 

内容

 

【内容の作業手順】

 

 

・手順1

非同期で発生することが多くあり、テキスト形式とは限らないことが特徴に挙げられます。

・手順2

手順1のデータを秒、分、時、日のように期間的にシステムを情報処理します。この時にイレギュラーデータが取り除かれ、一般的に手順2がテキストデータ化されます。

・手順3

業務上で行うようなファイルに分類や整理したデータなどを時系列に処理します。この時手順2のデータを発生種類ごとに項目を分類して整理します。

・手順4

データは、アプリケーションと呼ばれることもあり、単位、出力に便利な構成されたファイルで構築する作業が手順4です。

・手順5

出力データを扱います。システムをユーザが操作したときに、動作する発生データを示しています。この発生データを保存しておくことにより、出力データの検査やシステムを管理する業務などにも利用されることがあります。

 

【完全分散処理】

 

 

ユニケージのシステムはサーバー、ソフトウェア、データ配置に反映されます。この時サーバー内では「理解」と「分類」が同じ意味として認識されます。

サーバー、ソフトウェア、データ配置を分けることにより、各役割事に明確な役割に特化し、他の無駄な機能の処理を行わないことにより、シンプルで無駄のない早い処理が可能となります。

単純特化された機能を積み上げることにより、良いものができると言う発想から生まれたシステムです。

また各サーバーごとに自立可能なシステムを採用しているため、必要に応じて違う場合にもシステムを実行することが可能。つまり、自立可能な各サーバーは出た結果を交換し合い仕事をしていくことが可能です。

このような形式でのサーバーネットワークを表す言葉として「コンピューターズ・コミュニティー」と呼ばれています。

ユニケージ開発の特徴として、データ加工やアレンジを加えることができる自由で現代に対応できる開発システムのことを可能にしたのがユニケージ開発手法になります。

 

【まとめ】プロモーションは4種類!戦略の立て方からその効果まで徹底解説!

マーケティングにおいて重要な要素であるプロモーション。商品をより多くの人に広めるには、マーケティングの戦略と効果を理解するのが一番です。とはいえ、どのような方法があるのかについては意外にも知られていません。今回はそんなプロモーションの種類や効果、そして戦略の立て方まで徹底解説していきます。

 

プロモーションについてまずは知ろう

 

プロモーションはマーケティングに重要な要素のひとつ

 

 

私たちの生活において必要な食べ物や家電製品、服や車などは基本的にお店で購入します。しかしただお店に並べるだけでは商品は売れません。より多くの人に購入してもらうためには、広告を出さなければいけません。こうした商品を多くの人に届ける一連の流れのことをマーケティングといいます。そしてその中でも広告などを出して宣伝することを、プロモーションといいます。

マーケティングというのは基本的にマーケティングミックスという4つの要素でできています。この4つの要素はすべてPから始まっており、商品という意味のProduct、価格を意味するPrice、販売チャネルを意味するPlace、そして広告宣伝活動を意味するPromotionから成り立ちます。したがってプロモーションというのは、マーケティングにおいて商品を多くの人に広めるという重要な役割があるのです。

 

プロモーション=PRではない?!

 

さてこのプロモーションという言葉、多くの人はPRと混同して考える人が多いはずです。確かにPRはプロモーションと似ていますが、実はまったくの別物です。プロモーションといってもその種類はさまざまであり、広告や販促、人的販売などを総称してプロモーションというのです。

PRというのはこのプロモーションの種類のひとつであり、パブリックリレーションズという言葉の略称なのです。本来のパブリックリレーションズの意味は、企業とそこに住む人々の間で良好な関係を築く、という意味です。しかし最近では広告と同じ意味と捉える企業などが増え、結果的にプロモーションとPRが混同してしまうようになったのです。プロモーションは広告宣伝活動、PRは企業とそこに住む人々でよい関係を築くこと、この違いがあることを忘れないようにしましょう。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:試用手法

 

 

商品の魅力をフル活用できる!

 

ではここからは、プロモーションによく用いられている種類について紹介していきます。たまに化粧品などで無料サンプルをプレゼント、というような宣伝を見かける人もいるはずです。このように無料サンプルをプレゼントしたり無料モニターを募集してプロモーションする方法を、試用手法といいます。家電量販店などでたまに行われる実演販売も、実はこの試用手法の一つなのです。

この手法の最大の効果は、商品を実際に見て触れて実感できるところです。百聞は一見に如かず、ということわざがあるように、実際に見たり使ったりしないとわからない商品も当然ながらあります。そのような商品を実際に使用しているところを見せたり自分で使ってみる機会を与えることで、購買意欲をあげたりリピーターをつけたりすることができるのです。

 

ターゲットと方法さえ気をつければ問題なし!

 

試用手法は商品を使ってみたり実演することがメインとなります。そのため商品ごとに適切な方法を取る必要があります。店頭でサンプルを手渡しするか郵送するかで、必要な費用は大きく変わってきます。広めたい商品に適した適切な方法をとることで、コストを抑えつつも顧客を獲得することができるのです。

そしてこれは試用手法に限ったことではありませんが、ターゲットを決めることが何よりも大切です。この商品はどのような年代の人に使ってほしいか、どのようなことをしている人にすすめたいかをしっかりと決めましょう。ターゲットと無料体験などの機会を与える方法を間違えなければ、確実に効果を発揮することができます。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プレミアム手法

 

 

お得をプラスして顧客を増やす!

 

プロテインやダイエット食品などの健康食品で、今なら便利なシェーカーをプレゼントします、というようなキャンペーンをすることがあります。食べ物の場合は高級数の子に今なら塩辛もおつけします、というようなこともします。このように一番購入してほしい商品に何かをプラスして、お得感を出す手法のことをプレミアム手法といいます。

健康食品やダイエット器具、さらには食べ物など幅広い商品で使う事ができる手法であり、新規の顧客を獲得したりリピーターを増やしたりなど、やり方次第でさまざまな効果を出すことができる手法です。幅広い商品で活用することができ、食品系や家電製品、健康用品などでは特に多く用いられている手法です。

 

事前準備は入念に

 

多くの企業などで用いている手法なら簡単にできるのでは、という甘い考えを持つ人もいるかもしれません。しかし、そう簡単にいかないのがプレミアム手法です。いくら良い特典や景品をつけても、場合によってはその景品目当てで購入する人が出てきてしまいます。

そのため、特典として付ける景品のチョイスや内容など、事前の準備や計画が最も重要となります。プロテインとシェーカーの組み合わせであれば、必然的にプロテインを購入するリピーターを作ることができます。このように一番売りたい商品は何かをしっかりと確認し、あえて新規顧客を取り入れることに重点を置いた特典のチョイスをすることが最大のコツです。シェーカー目当てでプロテインを購入するという人はそうそういないはずです。

 

最低限知っておきたいプロモーション手法:プライス手法

 

手軽さでは圧倒的に有利!

 

 

スーパーなどのタイムセール、ショッピングモールなどのバーゲンセールの特徴といえば、普段より値段が安いことです。この値段を下げるという安易な方法も、実はプライス手法という立派なプロモーション手法の一つなのです。

プライス手法の最大の効果は、新製品だけでなく既存の製品でも効果があるところです。プロモーションをするのは決して新しい製品とは限りません。既存の製品でもプロモーションをすることもよくあります。何よりどこでも手軽にすぐできる手法のため、臨機応変に対応できるのもメリットです。

 

値段の下げすぎに注意

 

 

手軽にすぐできる手法であるプライズ手法。しかしその分、注意しなければいけないことは多くあります。その中でも特に注意すべきことは、値段を下げすぎないことです。確かに値段は下がれば下がるほど多くの人が手に取りやすくなります。だからといって下げすぎてしまうと逆効果です。あまりにも安すぎる商品は裏に何かあるのではないのかと消費者が感じてしまい、その結果売れなくなってしまうのです。

また価格を下げるということは、それだけお店に入る利益も減ってしまう可能性もあります。薄利多売のスタンスは一見良いことのように聞こえますが、一歩間違えると売り上げが減少してしまうというリスキーな面もあります。最悪の場合原価割れを引き起こすこともあります。プライス手法をするときは、自重するということを意識して行いましょう。