ニューラルネットワークを徹底解説!その仕組みからAI・機械学習との関係性まで分かりやすくご紹介します。

AIや機械学習において必ず出てくるニューラルネットワーク。AIや機械学習について学ぶ上ではニューラルネットワークは基礎の基礎です。この部分がわかることによって、機械学習などの理解もかなりしやすくなります。今回はそんなAIや機械学習の基礎であるニューラルネットワークについてわかりやすく解説します。

 

ニューラルネットワークとは?

 

脳の機能を数値化したもの

 

 

AIや機械学習、ディープラーニングについて調べる上で必ずといってもよいほど出てくるニューラルネットワークという言葉。聞いたことはあるものの、それがAIなどとどういう関係にあるのか、そもそもニューラルネットワークってどういうものなのかがわからないという人も多いはずです。

ニューラルネットワークというものは、人間の脳の機能を数値化したものです。つまり、コンピュータで用いられる数値や計算式などを使って人間の脳機能を再現して作られたもの、と考えるほうが簡単に理解できます。

 

AIや機械学習においてはなくてはならない要素

 

 

AIや機械学習においてニューラルネットワークはどのくらい重要なのかということになりますが、その重要度はかなり高いです。AIも機械学習も、基本は学習するところから始まります。その学習をするに当たり必要となるのが、機械にとっての脳であるニューラルネットワークです。

このニューラルネットワークというものがあるからこそ、AIや機械学習というものができるようになり、機械自体も多くのことを学習することができます。ニューラルネットワークは、機械学習においては必ずといっても良いほど用いられるツールなのです。

 

脳の仕組みについて知ろう

 

ニューロンって何?

 

 

ではニューラルネットワークはどのような仕組みになっているのか、ということを説明していきますが、それにはある程度脳の仕組みについて理解しておく必要があります。とはいえ、ここから脳の仕組みについて書いてしまうと、話が長くなってしまいます。そのためここでは、ニューラルネットワークと深く関わる部分のみ説明します。

人間の脳というのは前頭葉などの様々な部分によって構成されています。しかしいずれの部分でも共通して言えることは、ニューロンというものがあることです。人間が考えたり覚えたりすることができるのは、このニューロンというものがあるからこそ実現するのです。

 

なぜ学習するほど頭が良くなる?

 

 

人間というのは新しいことを学習するたびに、様々なことができるようになったり、さらには学習したことを元に新たなことを学習したり生み出したりしています。普段の生活では、このような現象のことを頭が良くなると表現していますが、なぜ人間は学習すればするほど頭が良くなるのでしょうか。

その理由は、ニューロンが新しく増えているためです。人間が何かを見たり聞いたりして感じた事というのは、様々な神経を通してニューロンに伝わります。そしてなにかを発信したり記憶するときには、その情報が入ってきたニューロンから別のニューロンへと伝わります。これらのことを繰り返すうちにニューロンが増加し、結果的に頭が良くなるということになるのです。

 

ニューラルネットワークの仕組み

 

3つの層で構成されている

 

 

簡単に人間の脳の仕組みを理解したところで、いよいよニューラルネットワークの仕組みについて解説していきます。ニューラルネットワークというのは、先程もいったように人間の脳の仕組みを数値化したものです。つまりは数値化されているとはいえ、行っていることはニューロンと一緒ということなのです。

一見難しそうに聞こえる仕組みですが、実はかなりシンプルです。基本的には情報が入力される入力層、情報を発信するための出力層、その中間に位置する隠れ層の3つでニューラルネットワークは構成されているのです。

 

隠れ層がニューラルネットワークの肝

 

3つの層で構成されているということがわかったのですが、ここで多くの人がこんな疑問を持つはずです。それはなぜニューラルネットワークで機械学習が実現するのか、そしてなぜ対話型AIのように人間と会話できるのかという疑問です。

 

実は機械学習や対話型AIに用いられるニューラルネットワークというのは、先程紹介した3つの層の一つである隠れ層がいくつも存在しているのです。この隠れ層によって複雑な機械学習をすることができるようになり、結果的には対話型AIなどが誕生するのです。機械学習などではニューラルネットワークが重要視されていますが、厳密に言うとニューラルネットワークの隠れ層が最も重要なのです。

 

ニューラルネットワークと機械学習

 

ディープラーニングには必須

 

ニューラルネットワークと機械学習にはどのようにして関係しているのかということですが、ディープラーニングなどの高度な機械学習においては、非常に深い関係にあります。機械学習にも様々なものがあり、正解と一緒にどの部分に注目すべきかというヒントも与えられているものもあれば、ディープラーニングのように正解しか与えられない学習もあります。

特にディープラーニングのような正解しか与えられない学習の場合、ニューラルネットワークがなければ到底不可能です。機械というのは基本的に入力と出力しかできません。そのためニューラルネットワークの肝である隠れ層は人工的に用意する必要があり、結果的にニューラルネットワークが必要になるのです。

 

Geekly Media ライター

やまりえ

0

【あなたは知っていますか?】「労働時間の定義ってなに?」を徹底解説!

昨今では、就職先の労働時間に疑問を持つ人も多いようです。あまりにも理不尽と思える働き方についても、インターネット上のSNSなどでは、いわゆるブラック企業という通名で表されていますね。そこで今回は、労働環境が正しいのか否かを判断するための指標の一つである「労働時間の定義」について徹底解説します。

 

労働時間の定義

 

労働時間には、大きく分けて以下の2種類を意識しておく必要があります。

 

・法定労働時間

・所定労働時間

 

労働時間は、労働者の時間を法的に定められた「法定労働時間」を基準に企業が作った「所定労働時間」があり、基本的に労働者は雇用契約で定められた「所定労働時間」に沿って労働を行います。

 

法定労働時間は18時間で1週間に40時間まで

 

 

労働時間は、労働基準法によって定められています。

まず、原則としては以下が定められています。

 

使用者は、労働者に、休憩時間を除き一週間について四十時間を超えて、労働させてはならない。(労働基準法32条1項)

 

これは、雇用する企業側が原則として守らなければならない規則です。

もちろん、これを超える労働環境は存在しますが、企業ごとの雇用規約は、上記を基にその他のルールも絡めた形で守られています。

規則を無視して、明らかに労働者に負担となる労働時間を“強いられる環境”が、いわゆるブラック企業と言われています。(もちろん、その所以は長い労働時間だけが原因ではありませんが、その一端となり得るものです。)

 

所定労働時間は雇用契約で定められた労働時間

 

 

所定労働時間とは、雇用する側の企業が法定労働時間の範囲内で独自に決める労働時間のことです。

あくまでも法定労働時間に従う形での規約となりますが、どうしても法定労働時間内では足りない場合は、“変則的な労働時間”として厚生労働省が示すルールに沿った労働時間を決めることができます。

私たちが企業に就業する際、雇用契約書に記載されている労働時間は所定労働時間としてとらえましょう。

万が一、雇用契約において明らかに法定労働時間を逸脱している場合は、しっかりと契約前に確認する必要がありますので、私たちも法定労働時間のルールをしっかりと把握しておく必要があるのです。

 

変則的な労働時間

 

フレックスタイム制

 

 

多くの企業に適用されている労働時間に対する制度の一つが「フレックスタイム制」です。既にフレックスタイムを日常的に適用している人も多いのではないでしょうか。

フレックスタイム制とは、例えば一週間と決められた範囲でフレックスタイム制を導入した場合、法定労働時間で定められている1週間に40時間まで」というルールの範囲内であれば、従業員の意思で自由に労働する時間帯を決められる、という制度です。

ですので、月曜日に3時間しか労働しなければ、その他火曜日〜土曜日において、計40時間になるように調整するという働き方ですね。

もちろん、コアタイムという出勤しなければならない時間帯が設けられていますが、それ以外の時間は、出勤や退勤は自由ということです。

ちなみに、自由に労働できる時間帯をフレキシブルタイムと言います。

 

みなし労働時間制

 

 

みなし労働時間制とは、企業が従業員の労働時間を把握しにくい業務において適用する制度です。簡単に表現すると、条件に合った職務に対して定められた時間分労働したこととみなすルールです。

社内で勤務する従業員に対しては、労働時間を組織単位で管理することが可能ですが、社外で勤務する従業員に対しては、労働時間を把握することは困難ですし、従業員自身に時間管理を任せた方が効率の良い業務も存在します。

 

変形労働時間制

 

 

繁忙期や年度末などは、どうしても業務負担が多くなりがちです。そんな時適用されるのが変形労働時間制です。

例えば、1週間の変形労働時間制適用された場合には、月曜日に10時間労働を行い、火曜日は4時間労働など、変則的な労働時間を1週間に40時間を超えない労働を行います。

ただし、月曜日に10時間労働をしたからといって、ここに残業代は発生しません。1週間に法定労働時間を超えない限り、時間外労働とはみなされず、企業は残業代を支払う必要が無いという制度なのです。

雇用契約に変形労働時間制が明記してある場合は、この制度を理解しておくことが大切ですね。

 

労働時間とみなされるもの

 

 

雇用契約において、労働時間とみなされるものを把握しておくことは重要です。業務を開始するには準備も必要ですし、業務が終われば退勤準備の片付けも必要ですよね。”常識“的な行動は大切ですが、それが労働時間に含まれるのか否かをしっかりと把握しておくことも重要ですので、まずは労働時間とみなされるものについて見ていきましょう。

 

Geekly Media ライター

佐久森

1+

【必見!】第二新卒での転職を失敗しないために!抑えておきたいポイントを徹底解説!

今多くの企業で第二新卒の人を募集しています。とはいえ、多くの企業で欲しがっているとはいえ、必ず採用してくれるとは限りません。抑えておくべきポイントを抑えておけば、転職で失敗することはありません。今回は、今多くの企業で欲している第二新卒での転職で、失敗しないためのポイントを解説していきます。

 

第二新卒ってどのような人?

 

学校卒業から1年〜3年経過した状態

 

 

就活ルールの廃止や働き方改革など、いま日本では雇用という社会において大きな部分が変わろうとしています。その影響か企業が募集する人にも変化が訪れています。外資系企業の日本進出により新卒が集まらない企業の多くは、第二新卒の人を積極的に募集し始めました。

そもそも第二新卒とはどういう人なのか、疑問を持った人も多いはずです。第二新卒というのは一般的に、学校を卒業してから1年以上3年以下経過している若い人たちのことを指します。この場合の卒業というのは、その人の最終学歴からカウントされています。

 

年齢で言うと25歳前後の人

 

とはいえ、一般的に第二新卒と言われる人たちというのは、基本的に大学を卒業していることが前提となります。そのため第二新卒を募集している企業の多くは、平均して25歳前後の若い人を中心に募集しているということになります。

現在新卒の大学生の多くは外資系企業に流れてしまい、就活シーズンの時点で新卒として入社してくる若者というのはかなり少なくなっています。そこで新卒ではなく第二新卒の人を積極的に募集しているのです。

 

なぜ第二新卒を企業は欲する?

 

新卒よりも常識を持っている

 

 

新卒と第二新卒、一見似ているように聞こえてしまう両者ですが、実は大きな違いがあります。そもそもなぜ多くの企業が最近になって第二新卒を欲するようになったのでしょうか。その要因の一つとして、新卒よりも社会的な常識を持っているという理由があります。

第二新卒の多くは、大学を卒業した後、企業に正社員として働いていた経験があります。そのため新卒と比べると社会的な常識やマナーという部分ではかなり優れています。企業にとっても社会的常識を持っていない人よりはあったほうが好ましいです。

 

柔軟性と伸びしろに優れている

 

第二新卒を募集するのであれば、既卒と呼ばれている人でも良いのでは、と考える人もいるはずです。確かに既卒も第二新卒と同じように社会的常識などを持ち合わせています。しかし既卒の場合、明確な定義というものがありません。たとえ既卒であっても、正社員としての経験が無いということもあります。

第二新卒の場合、先程紹介したように社会的常識を持っています。そして何より若いということもあるため、今後の社内教育次第で伸びる可能性を秘めています。社会的常識を持っていて、柔軟性や伸びしろに優れているとなると、企業にとってはかなり良い人材となります。

 

第二新卒のメリット・デメリット

 

社会性の部分でメリット多し

 

 

では改めて第二新卒のメリットはどのようなものがあるのか、ということについてここでは解説していきます。まずは何よりも社会経験をしており、それでいて柔軟性や伸びしろに優れているところです。そして若いということもあり、企業側も入社意欲が強いという印象を持たれます。

さらに、柔軟性に優れているということもあり、異業種への転職もかなり有利というメリットがあります。転職についてはいつでもできますが、長い人生で一番転職で失敗しないタイミングというのは、実は第二新卒と呼ばれる時期なのです。

 

一方でデメリットも

 

 

企業が第二新卒の人に対して抱く印象というのはかなり良いものです。しかしその良い印象というのが逆にデメリットでもあります。企業が良い印象を持っているということは、面接でもそのように見られてしまうということになります。そのため実際に転職をする際は、企業の抱く好印象を壊さないようにする必要があります。

そしてもう一つのデメリットは、すぐに辞めてしまうのではないかと警戒されやすいことです。時代の流れによって様々なものが変わりましたが、それでも企業によっては一昔前の常識を貫いている企業も多いです。万が一そのような企業にあたった場合、入社できたとしても当分の間は企業に警戒される恐れがあります。

 

第二新卒として転職する理由

 

スキルアップをしたい

 

 

そもそもなぜ第二新卒と呼ばれるタイミングで転職をするのか、という疑問を持つ人も少なくありません。一般的に25歳になると、自分の人生について考え始めるという人が多いのです。例えば新卒として就職した会社の場合、25歳になるとある程度企業の業務などに慣れてくる時期です。人によってはもっと高みを目指したいと考える人も増えていきます。

このまま今の会社にいても飽きてしまうと考える人もいれば、この会社で得られたスキルを活かしてさらなる高みを目指したいという人もいます。そのようなことを考えた上で、若いからこそ転職に有利な第二新卒のタイミングで転職をするという人が、最近では増加しているのです。

 

今の会社に不満がある

 

 

スキルアップなどの意識の高い人がいる一方で、逆に今の職場に不満があるという理由で転職をする人も多いです。これも先程のスキルアップと似たような状況です。新卒で入社して最初は良かったものの、次第に会社の悪い部分が見えはじめて不満が出てきた、ということはよくあります。

今後の人生を考えた上で今の会社にいたら体調不良になると考えたり、この先ずっとこの企業に居たいと思えない、という人がこのタイミングで転職をするという人も多いのです。よく会社に3年いたらできるようになる、ということを言う企業が多いです。しかし3年近くいると、企業の悪いところが見えてしまうのが現状です。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

【知っておきたい!】IT内部統制を徹底解説!具体的な内容から評価方法まで分かりやすくご紹介します!

会社の不祥事の多くは財務会計が原因の不祥事です。その不祥事を防ぐために必要な財務会計の透明性などが盛り込まれたものが、内部統制です。会社を上場させるにはこの内部統制が必要不可欠です。そしてそれはITも例外ではありません。今回はぜひ知っておきたい内部統制について、わかりやすく解説していきます。

 

そもそも内部統制って何?

 

上場するには必要なもの

 

 

昨年の日産のカルロス・ゴーン氏が逮捕された事件をはじめ、ここ最近では会社の不祥事などが多くニュースに取り上げられています。その多くは財務会計の不正が多いです。会社の売上というのは、消費者である私達が企業の商品と引き換えに支払ったお金です。そんな消費者から頂いたお金を適切に管理する財務会計をはじめ、リスクなどを低減させるために企業内部で整備するものが内部統制です。

会社の中にある様々な部署は基本的に内部統制を元に作られています。この内部統制というのは、会社が東証市場に上場するには必要不可欠であり、内部統制が整備されていないと上場すらできません。そのため多くの大企業はこの内部統制をしっかりと整備しているのです。

 

内部統制がないとどうなる?

 

内部統制なんて実際の仕事とかに関係ないのでは、と多くの人は考えるはずです。確かに会社で仕事をしていても、内部統制がきちんとされているということは実感できません。しかし、内部統制がしっかり整備されているからこそ、会社の信頼性というのはそれだけ高くなるのです。そしてその分、万が一不祥事などを起こした場合に失う信頼もそれだけ大きくなります

昨年の年末から話題となっている日産のカルロス・ゴーン氏の逮捕、あの事件こそ内部統制がしっかりとしていないという良い例です。内部統制がしっかりとされていないため、トップの経営者が不正に利益を搾取する仕組みを密かに構築し、そして利益を自分の懐に入れるという仕組みを作ってしまうのです。このように、内部統制をしっかり整備し、そして継続的に監視することで会社というのは存在し続けるのです。その監視がしっかりとしていない場合、このような事件が起きてしまうのです。

 

内部統制を義務付けるSOX法って?

 

企業に対して内部統制を義務付ける法律

 

 

自分たちは不正な財務会計なんてしないから内部統制はしない、というわけにも行きません。内部統制というのは法律で義務付けられているのです。アメリカの場合、内部統制を義務付けるSOX法という法律があります。

内容としては正確な財務会計重大な欠陥の報告はもちろんですが、メインは内部統制の整備や維持、そして内部統制の報告書の提出の義務化です。当然これらのどれか一つでも破ってしまった場合は、罰金もしくは禁固刑に処されてしまいます

 

日本版SOX法はどんな法律?

 

 

一方で日本ではそのような法律はあるのか、ということになります。実は日本にもSOX法に似た法律が2つあります。それが金融商品取引法会社法です。これらの言葉はおそらくニュースでも聞いたことがあるはずです。ちなみに昨年12月カルロス・ゴーン氏が逮捕されたのは、会社法違反の特別背任罪という罪で逮捕されました。

金融商品取引法、通称金商法は多くの人が一度は聞いたことがあるはずです。内容としてはインサイダー取引の禁止や情報開示制度など、金融取引の場面において正確で透明な取引をすることを定めた法律です。会社法はその名の通り会社の設立や組織、運営など、会社の基礎に関わる部分の禁止事項などをまとめた法律です。これら2つの法律をまとめて日本版SOX法と呼ばれています。

 

ITと内部統制

 

内部統制とITは酷似?

 

 

内部統制とはどういうものかについてわかったところで、なぜITと深い関係にあるのかということについてここでは書いていきます。実は内部統制の内容というのは、ITのシステムとかなり似ているのです。それも具体的な内容一つ一つが、ITシステムの開発や運用と瓜二つなのです。

内部統制において重要なことは、きちんとした目的と方法が定められているか、ということです。システムというのは、目的がしっかりと定まっており、どのような方法でほしいものや答えが得られるか、ということが最も重要です。内部統制も同じであり、企業がどのような目的を持っており、そのためにどのような業務を進めているかが最も重要です。

 

内部統制のためのフレームワーク?

 

企業の内部統制というのは、基本的に早い段階で整備しなければいけません。実際に多くの大企業は、会社の設立から1年もしくは2年で内部統制を整備しています。とはいえ、1から内部統制の整備をするのはかなり大変です。そして時間もかなりかかってしまいます。

実は内部統制を整備している企業のほとんどは、内部統制のためのフレームワークを用いています。内部統制のフレームワークを元に、自分たちの会社に合ったものを取り入れ、時には自分たちの会社に合わせて改変することで、1年もしくは2年以内の内部統制を実現しています。これはシステムも同じであり、フレームワークがあるからこそ、開発期間を短縮することができるのです。

 

内部統制って何をする?

 

忘れてはいけない4つの基準

 

 

では内部統制を整備するには、どのようなことをすれば良いのでしょうか。基本的に内部統制には4つの基準が決められており、これらをしっかりとクリアしなければ内部統制がしっかりしていると評価されません。内部統制を整備するためにクリアしなければいけない要素としては、業務の有効性と効率性財務管理の信頼性法令をきちんと遵守しているか、資産そのものや資産の管理体制がきちんとしているか、という要素です。

内部統制を整備するには、この4つの基準をクリアする必要があります。もちろんその整備した内部統制というのは、整備したあともきちんと継続しなければいけません。時代の流れや会社の売上などによって、内部の業務体制などは変わります。そして体制などを変えるときにも、この4つの基準をクリアしなければいけません。

 

日本版SOXはITが必須?

 

 

先程紹介した日本版SOXである金融商品取引法と会社法。これらの法律の中には、ITを盛り込むことも義務化されています。技術やITが進歩している現在、内部統制の策定や整備はもちろん、企業が整備した内部統制を監査する場合にもITの技術が取り入れられています

そのような状況において、企業がITを効果的に取り入れているかどうかというのも、内部統制においては必要不可欠となっているのが現状です。単に効率的に業務を進められているかということはもちろん、財務管理などの部分がITによって明朗になっているかどうかというのも、内部統制においては必要なのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

【2019年】ゲーム市場の動向を徹底解説!気になる市場規模から今後の動きまでわかりやすく解説します。

IT業界の中でも特に盛り上がっているゲーム市場。年々その規模は拡大しており、特に2019年は、ゲーム市場を大きく変えるニュースもあるなど、その勢いは衰えることがありません。今回はそんな今一番盛り上がっているゲーム市場の市場規模や、今後の有名企業の動きなどについて徹底解説していきます。

 

2018年のゲーム市場の規模は?

 

世界全体では7兆円超え

 

 

子供から大人までだれもが楽しむゲーム。そんなゲーム市場は年々拡大しています。特にここ最近は、スマートフォンの普及もあり、スマートフォンでできるモバイルゲームが急激に増えました。SNSなどで話題になっているものからマイナーなものまで、その種類は膨大です。

今年の1月末に発表されたファミ通の調べによると、世界全体でのモバイルゲーム市場は約7兆円であり、国内の家庭用ゲームでも約4300億円と、昨年よりも規模が拡大されているということを発表しました。

出典元:https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000005495.000007006.html

 

アジア圏の市場規模は年々拡大

 

 

世界全体での市場規模も拡大されていますが、実際に全ての地域で市場規模が拡大されている、というわけではありません。しかし、それでも世界市場では7兆円を超えるほど拡大されています。具体的にどの地域が拡大されているのかということになりますが、それは日本や中国などのアジア圏です。

昨年と比べるとあまり増加していませんが、2015年の市場規模と比べると大幅に規模が拡大しています。特にモバイルゲームの市場規模の拡大が著しく、日本や中国などのアジアで生まれたモバイルゲームが大半を占めています。

 

2018年はモバイルゲームがすごい

 

3年で2倍近くも拡大

 

 

先程の市場規模でもわかるとおり、ここ数年でもゲーム市場の規模は年々拡大しており、特にモバイルゲームについては、3年で2倍近くも拡大されています。ではなぜアジア圏を中心に、これほどまでにモバイルゲームが盛り上がっているのでしょうか。

モバイルゲームがこれほど盛り上がっている要因として、手軽にゲーム開発ができる環境にあるためです。スマートフォンの普及により、自分で開発したアプリを簡単に公開できる環境が整い、さらにはアプリ開発にも対応しているプログラミング言語やフレームワークにより、個人でも手軽にゲーム開発をすることが可能になったため、モバイルゲームの市場もそれだけ一気に拡大したのです。

 

家庭用ゲームはどうなの?

 

 

モバイルゲームの市場規模が拡大する一方で、家庭用ゲームの市場規模はどうなっているのかと気になる人も多いはずです。やはりゲームといったら、任天堂やPS4などの家庭用ゲームを思い浮かべる人も少なくありません。

実は家庭用ゲームの市場規模も、モバイルゲームほどではありませんが拡大しています。スマッシュブラザーズやモンスターハンターなどの、家庭用ゲームの代名詞とも言えるゲームの人気も未だ根強いです。また、家庭用ゲームとモバイルゲーム両方に言えることですが、最近話題となっているeSportsの普及も相まって、市場規模が拡大していたり売上が出ているということもあります。

 

2018年人気だったゲームは?

 

ディズニーツムツムが一番人気

 

昨年日本で話題になったゲームといえば、多くの人は荒野行動PUBGポケモンGOなどを挙げる人が多いはずです。確かにこれらのゲームはSNSでも話題になり、特にポケモンGOについては、昨年は特に大きなニュースにはなっていませんでしたが、登場した当時は様々な問題を引き起こすほどの人気ぶりでした。

しかしそれらを差し押さえて人気だったゲームが、ラインから出ているディズニーツムツムです。話題にはなっていませんが、それでも根強い人気があり、登場から3年以上たった現在でも多くの人にプレイされています。

 

課金額ではモンストがトップ

 

 

モバイルゲームの醍醐味とも言える課金。人によってはゲームに月十万円以上課金する人もいるほどです。特にテレビCMで放映されているようなモバイルゲームに課金をしているという人は、かなり多いはずです。

そんな課金額の多いゲームとして最も多いゲームが、モンスターストライク、通称モンストです。こちらに関しては2年連続でトップです。ちなみに先程少しだけ出てきた荒野行動ですが、昨年登場したにもかかわらず、課金額では4位となっています。

 

2019年起こりそうな動き:ゲーム市場に激震?!

 

Stadiaの誕生

 

市場規模が拡大していることについてここまで触れてきましたが、果たして2019年のゲーム市場はどうなるのか、ということについてここからは解説していきます。単刀直入に書きますと2019年のゲーム市場はかなり大きな革命が起こります。

先日Googleが新たなゲームのプラットフォームとして、Stadiaというプラットフォームを発表しました。このStadiaの発表によって、ゲーム市場に激震が走りました。そのStadiaとは一体どういうものなのでしょうか。

 

ゲームはストリーミングの時代へ

 

 

通常ゲームというのは、使用する機器が限定されてしまいます。例えばPS4のゲームはPS4がなければできません。PS4のソフトをスイッチに入れても何も起きません。モバイルゲームについても、OSなどの推奨環境が決まっているため、全てのスマートフォンでプレイすることができるわけではありません。

Stadiaというのは、ゲームをストリーミング配信するという特徴があります。つまりYoutubeで動画を見たり音楽を聞くように、パソコンなどの通信機器に縛られる事なくゲームをプレイすることができる、というのがStadiaのメリットです。すでにプレイヤー向けのホームページはもちろん、開発者向けのページなども用意されており、今年中には正式にリリースされるのではないかとされています。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

【BPR/BPO】具体的な業務改善の進め方からITとの関係性まで徹底解説!

働き方改革やグローバル化が進む現在注目を集めているBPR。IT関連の企業を中心に実行している企業が増えています。そもそもBPRとは何か、ITとはどういう関係性があるのかという部分から、具体的にどのように進めるべきかについて、今回は徹底解説していきます。企業の運命を左右するBPRについて、今一度知っておきましょう。

 

BPRとは何か

 

業務プロセスの抜本的な改革

 

 

政府が推進する働き方改革によって、副業が解禁となったり長時間労働に対する罰則が厳しくなるなど、私達の生活において大きな変化が起きようとしています。一方で企業の業務プロセスも、その働き方改革によって大きな変化が求められています。そのような現状において今最も注目を集めているのが、BPR(Business Process Re-engineering)です。

BPRというのはつまり業務改革です。今までは業務改善が主流でしたが、働き方改革によって根本的な変化が求められているため、業務改善よりもBPRで根本的に変えるべきだとされています。特にIT業界においては、BPRを行う企業が増加しています。

 

ITとの関連性

 

 

ではなぜIT企業を中心にBPRを行う動きが出てきているのか、ということになります。IT業界はここ最近急速に進化を遂げています。そしてその進化は働き方という部分においても影響しています。フレックスタイム制度在宅ワークなどは、ITの進化によって実現しました。

とはいえ、全ての企業がそのような制度を設けているのかというと、そうでもありません。中には従来のような経営スタイルや業務を採用している企業も多く存在します。そんな企業を中心に、ここ最近ではBPRが進められているのです。BPRがこれほど注目された背景には、ITの進化があるのです。

 

BPRのメリット

 

業務改善はBPRの一つ?

 

BPRを進めることによって、どのようなメリットが得られるのか気になる人も多いはずです。まず挙げられるメリットとしては、生産性や効率が大幅に向上するということです。しかし、単純に生産性や効率が上がるのであれば業務改善で十分ではないか、と考える人もいます。

確かに生産性や効率を上げるだけであれば、業務改善で十分です。しかし業務改善では、社員の働き方などの部分を変えることができません。業務改善というのはBPRを進める上での改革の一つにすぎません。業務改善の他にも、社員の働き方などの内部的な部分も見直す改革、それこそがBPRなのです。

 

顧客に重点をおいたプロセスになる

 

 

BPRというのは業務を大きく改革することです。一見これだけ聞くと、消費者である私達にはあまり関係のないことなのではないのか、と考えてしまいます。しかし実はそうでもありません。確かにBPRは業務改革のことを指しますが、最終的にどのように変化するのかという部分が重要です。

先程も述べたとおり、BPRは生産性や効率を上げるだけでなく、企業内での働き方も大きく変わります。これにより社員のモチベーションも上がり、そして生産性などが向上することにより、企業はより先進的な商品開発などが可能となります。そしてその動きによって、消費者により良い商品などを提供することができるようになります。つまりBPRというのは、単に企業の業務そのものの革命ではありますが、同時に顧客に重点をおいた業務プロセスに変えるための革命なのです。

 

BPRを進める上で覚えておくべき言葉

 

BPOって何?

 

BPRといっても、基本的には業務の改善や企業内の働き方などの改革が主なことです。もちろん企業内で完結することもありますが、あえて業務プロセスをを外部に委託するということもあります。この動きも実はBPRを進める上では重要なのです。この業務プロセスを外部に委託するということを、BPO(Business Process Outsourcing)といいます。

BPOといってもそのやり方は様々です。例えば人事管理や経理などの特定の業務のみを外部に委託するという流れや、企業の業務プロセス全てを外部に委託するということもBPOなのです。こうしたことでも、企業内での働き方や生産性などの部分で大きく変えることができます。

 

シェアードサービスとは

 

 

BPOに似ていることで、シェアードサービスというものがあります。その名のとおり、特定の業務プロセスを共有することです。こちらは主に大手企業や、関連グループがいくつも存在する企業がBPRをする際に使われるものです。

異なる企業とはいえ、それぞれ共通している業務というのは存在します。そこで共通する業務を一つの部門に集約してしまう、というのがシェアードサービスです。これによりスマートな業務プロセスとなり、様々な部分で大きく改革できます。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

SREに関して徹底解説!これまでのシステム運用との違いからDevOpsとの違いまで分かりやすく解説します。

近年なにかと話題になるSRE。Googleが提唱したエンジニアの役割であるSREは今までのシステム運用のやり方、そしてDevOpsとはどのような違いがあるのかについては、未だにわからない人も多いです。SREによってどのようなメリットを得られるのか、そしてどういうものなのかについて今回は解説していきます。

 

SREってそもそもどんなもの?

 

Googleが提唱したエンジニアの役割

 

 

なにかと最近話題になるSRE。言葉では聞いたことがあるものの、果たして自分たちには関係があるのか、そう考えていませんか。実はSREを知っておくことで、システム運用において生産性と信頼性を良くすることができるのです。

SREというのはGoogleが提唱したエンジニアの役割です。サイト、信頼性、エンジニアリングの3つの頭文字をとってSREと名付けられています。現在ではGoogle以外にも様々な企業で採用されていますが、それでもまだ実際に採用している企業は少ないです。

 

開発者にとって理想的な運用チーム

 

SREと従来のシステム運用やDevOpsとどう違うのか、という疑問を持つ人も多いはずです。SREと従来のシステム運用の違いは、開発担当が運用チームを依頼するかどうかです。SREの場合は、開発担当が自分たちの理想を実現するために、自分たちで運用チームを設計しようという思想から生まれています。

これにより開発者の理想通りに運用が行われ、作業効率はもちろん、信頼性や運用面において確実で柔軟なシステム運用が実現できます。SREがどのようなことをするか、そしてSREによってどんなメリットが生まれるのかについては後ほど解説します。

 

従来のシステム運用の仕組み

 

開発担当と運用担当は別物

 

ではそもそも今までのシステム運用とはどのような仕組みだったのか、ということについて説明していきます。基本的にはシステムを開発する開発担当と、開発されたシステムを安定的に稼働させるための運用担当というチームが存在します。

そして、それぞれのチームというのは独立しています。つまり開発担当はひたすら開発を、運用担当はひたすら安定的なシステムの稼働に努めていたということになります。これが従来のシステム運用の仕組みなのです。

 

開発担当と運用担当の食い違い

 

 

しかしこの従来のシステム運用というのは、最近になって徐々に減ってきています。一体なぜなのでしょうか。その理由は開発担当と運用担当が異なるチームの場合、どうしても新機能の導入などの部分で不都合が起こってしまうためです。現代のような速いスピードで動く社会において、従来のようなシステム運用では遅れを取ってしまいます。

システムというのは日々新しくなっています。開発担当は日々新しい社会の流れに対応すべく、機能などを追加したりしています。しかし運用担当はあくまで安定した稼働に重点を置いています。そのためもしも新しい機能を実装するとなると、場合によっては不具合などが発生してしまいます。そうなってしまうと運用担当の負担も大きくなるため、どうしても開発担当と運用担当の間に亀裂が生じてしまいます。

 

DevOpsって何?

 

開発担当と運用担当が連携してソフトウェアを作ること

 

 

開発担当と運用担当の間に亀裂が生じてしまっては、システムの進化は到底不可能になってしまいます。そこで登場した手法がDevOpsです。こちらは開発の時点で開発担当と運用担当が連携して開発をする手法です。これによりシステム運用などの部分において、大幅な生産性の向上をすることができました。

開発担当はシステム開発をする時点から安定した運用に重点を置いたシステム開発をすることが可能になり、そして運用担当も実際に運用させた上での改善点などを伝えることが容易になりました。結果的にどうなるのかというと、システム運用などの部分において柔軟性が生まれ、新機能の実装なども容易に行うことができるようになります。

 

生産性向上と穏やかな人間関係

 

 

DevOpsによるメリットは柔軟性が生まれるだけではありません。DevOpsは密接な連携を実現させるために、様々なツールを用いて自動化を取り入れます。自動化を取り入れることによって、従来のシステム開発よりも大幅に作業効率が向上します。

また、開発担当と運用担当が連携するには、コミュニケーションも重要になります。お互いを尊重し、そして支え合うことをしなければ開発が進みません。そのためDevOpsで開発をすることにより、穏やかな人間関係を構築した状態で作業を進めることができます。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+

Webサービス開発の言語は5種類押さえておこう!3大Webフレームワークとともに徹底解説!

IT業界の中でも特に活発な業界であるWebサービス開発。日々新しいサービスが誕生しており、エンジニア不足になるほど活発な業界です。そんなWebサービス開発に必要な言語として、どのような言語を抑えるべきか、そしてどのようなフレームワークをマスターすべきかについて今回は徹底解説していきます。

 

HTML・CSSは基礎の基礎

 

HTML無くしてWebサービスあらず

 

 

現在では様々なWebサービスやアプリが出ています。そしてそれらのWebサービスはプログラミング言語によって作られています。プログラミング言語は様々な種類があり、Webサービス開発に適した言語も多く存在します。その中でも基礎の基礎とも言える言語がHTMLとCSSです。

言語自体はそれぞれ異なりますが、基本的にはHTMLとCSSはセットで用いることが一般的です。主な役割としてはWebサービスの表示とシンプルですが、そもそもせっかく良いWebサービスを開発しても、表示ができなければ何も始まりません。

 

セットでマスターしよう

 

 

ではなぜHTMLとCSSはセットで覚えなければいけないのか、ということになります。確かにHTMLのみでもWebサービスなどを表示させることは可能です。しかし、HTMLだけだとどうしても殺風景なページとなってしまいます。そこで活躍するのが、CSSです。CSSは基本的にHTMLの補助役として使われています。

背景の色や文字のフォントや大きさ、写真のサイズや配置などは基本的にCSSによって指定されています。これにより、ページなどが見やすくなります。HTMLで基本的な骨格を形成し、CSSでアレンジを加えているからこそ、普段私達が見かけるホームページが出来上がるのです。

 

Javaは早いうちに習得しよう

 

Webサービス開発でも根強い人気

 

HTMLとCSSは基礎の基礎ですが、同じぐらい覚えておくべき言語がJavaです。コンパイラ言語であるJavaとスクリプト言語であるJavascriptさえ覚えておけば、一通りWebサービスを開発することができます。

特にJavascriptはWebサービスにおいては必要不可欠な言語であり、HTMLやCSSとセットで覚えておきたい言語の一つとされています。そしてJavaについても、Webサービス開発の世界では根強い人気があり、エンジニアについてもJavaを扱うことができるエンジニアの人気も高いです。

 

Javaさえ覚えておけばプログラミングも怖くない

 

 

プログラミング初心者の多くは、HTMLは理解できたもののJavaでつまづいてしまう人が多いです。確かにHTMLとは違いプログラミングらしい言葉などが出てくるため、初心者にとってはある意味鬼門です。しかし、Javaさえマスターしておけばそれ以外の言語も簡単にマスターすることが可能になります。

Javaの文法などはプログラミングの基礎が詰まっています。つまりJavaを覚えておくことで、他の言語の学習をするときも文法さえマスターすればすんなりと習得することができます。Javaについては登場から年数が経っているため、わかりやすく説明されている記事などの情報が多く出ています。そのため初心者にとってもマスターしやすい環境が整っています。

 

Webサービス開発の王道を征く言語Ruby

 

日本生まれのプログラミング言語

 

 

ここ最近登場するWebサービスやアプリの多くは、Webフレームワークというものを使用して開発されたものが多いです。現在でもWebフレームワークはいくつか存在しますが、その中でも王道とも言えるWebフレームワークがRuby on railsです。そしてそのRuby on railsに用いられている言語がRubyです。

Rubyは日本生まれのプログラミング言語であり、楽しさとわかりやすさを兼ね備えたプログラミング言語です。日本生まれであるため日本語で解説された記事なども多く、日本人にとっては非常に扱いやすい言語とされています。

 

Ruby on railsもマスターしよう

 

 

Rubyを用いてWebサービスを開発するのであれば、Ruby on railsは必須となります。一見使い方は難しそうに感じますが、基本的にこちらは設定よりもルールが重視されており、そのルールに従って開発することで、簡単にWebサービスを開発することができます。早い場合だと15分で開発できます。

使いやすさも他のWebフレームワークと比べるとかなり扱いやすいのも特徴です。これから初めてWebフレームワークを用いてWebサービスを開発するのであれば、まずはRuby on railsから始めてみるのがおすすめです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

0

【徹底比較!】Sier vs SES!2つの違いはそもそも何?業界事情から将来性まで徹底解説!

企業などで扱うシステムというのは、ただ導入すれば良いというわけではありません。要件定義から始まり、開発が終わったとしてもその後の運用や保守も必要になります。その企業がシステムを導入する際に出てくる言葉が、SierとSESです。どちらも似たような業種ですが、今回はその両者の違いを様々な視点で解説します。

 

Sierとはどういう仕事?

 

複数のシステムをまとめる企業

 

 

企業の業務の効率化には、システムは必要不可欠です。しかし、企業がシステムのみを購入した場合、そのシステムを管理する人や何か異常が起きた際の保守のために、その分野に精通している人員を確保しなければいけません。そこで多くの企業がシステムを導入する際に利用する企業のことをSierといいます。

システムと言っても、単一で稼働するものばかりではありません。場合によっては複数のシステムを一つにまとめて運用することもあります。Sierというのはその複数のシステムを統合してシステムを開発したり、また運用や保守までを一括して請け負う企業です。

 

システム開発から保守まで一括で請け負う役割

 

Sierの良いところは、システム導入からその後の保守までを委託することができるところです。これにより企業は、システム導入のためにわざわざ余計な人員を確保する必要もありません。その分会社のコストも低く抑えることが可能になります。

システム開発から保守まで請け負うとなると、Sier側の仕事というのは多岐に渡ります。システムの要点定義から始まり、実際にシステムを開発したり複数のシステムを統合するなどして開発をすすめます。場合によっては運用保守も任されることもあります。

 

SESってどういうもの?

 

必要な期間や人数に応じてエンジニアを雇うサービス

 

Sierに似たような企業やサービスは、他にもSESというものが存在します。基本的にSierとSESは業務内容としては非常に似ていますが、SESはSierとは大きく異なる点が一つだけ存在します。それは、システム導入が主な目的ではなく、あくまでエンジニアを雇うという部分が主な目的となります。

なぜエンジニアを雇うことがメインになるのかというと、エンジニアを雇うことで、システムの開発や運用保守などの部分において柔軟に対応することができるためです。例えば一定の期間だけ開発のためにSESを利用し、その後の運用や保守などは自社の社員などに任せる、というようなことができるのは、SESだからこその強みです。必要な期間に必要な人数だけエンジニアを雇う、これがSESの主なスタイルです。

 

派遣と混同されがち

 

 

先程の説明を読むと、あることに気づくはずです。それは、ただ単にエンジニアを雇っているのであれば派遣と同じなのではないのか、ということです。確かにこの説明だけを読むと、派遣契約と似たようなスタイルです。実際にエンジニアのみを派遣するという部分では、通常の派遣会社と同じです。

しかし、あくまでSESというのは、派遣契約のようでそうではありません。これは後ほど説明しますが、指揮命令権がどちらにあるのかという部分が、派遣会社と異なります。基本的にSESの場合、クライアントとは派遣契約ではなく請負契約をするのが一般的です。派遣契約と請負契約の違いは、この指揮命令権がどちらにあるかです。

 

SierとSESの違い

 

SierとSES、業務内容は似ていますが企業が欲しているものによって異なっているということを説明しました。実はそれ以外にもSierとSESでは違いがあるのです。

 

報酬の対象となるもの

 

 

Sierの場合は、開発から運用保守まで一括して請け負っています。とはいえ、あくまで企業が欲しているものはシステムそのものです。つまりいくら開発から保守まで一括請負したとしても、実際にその報酬となるものは、開発などに携わった人ではなく、システムなどの成果物が報酬の対象となってきます。

一方でSESの場合は、一定の期間や人数に応じてエンジニアを雇うことをメインとしています。その間にシステムを開発したり運用や保守などを任せるなど、企業によって依頼することは様々です。システムそのものではなく、あくまでエンジニアを雇っているだけということになるため、SESの場合はエンジニアの勤務時間がそのまま報酬となるのです。

 

システム導入を依頼する企業の負担

 

SierとSESで提供するものが異なるということは、それだけシステムに関することを依頼するときの企業の負担も異なるということなのです。企業によっては、IT関連の部署が無いという会社もあれば、きちんとIT関連の部署がある会社もあります。また、同じIT関連の部署がある会社でも、あくまでシステムの運用や保守がメインとなるところもあれば、開発から運用保守まで万能にこなすことができる部署など、会社の部署の人員によっても異なります

企業が新しいシステムを導入する際、まずは自社の人員を元に検討します。そしてSierを使うかSESを利用するかを決めます。自社にIT関連の部署がない場合はSierを利用することで、余計な人員を確保することなく安定したシステムを手に入れることができ、SESについても自社のIT関連の部署の足りない部分をSESで補うということもできるのです。

 

SierとSESの業界事情を見てみよう

 

Sierで得られるチャンスは規模による?

 

Sierと言っても、依頼された会社の規模によってどのような規模のシステム開発を請け負っているかで、Sierそのものの規模も異なります。当然大きな会社のシステム開発などを請け負っている企業であれば、それだけ大きなシステム開発に携わることができるため、エンジニアなどを志望している人にとっては、きちんとした知識や実績などを身につけることができます。

企業にも大企業と中小企業があるように、Sierにも規模によって大小様々あります。中小Sierの場合は、独自のシステム開発案件を取る他にも、大規模なSierの請負をするということもあります。同じSierでも、会社の規模によっては得られるものも大きく異なるというのが現状です。

 

SES偽装請負問題

 

先程SESについての説明をした際、派遣に似ているようで実は全く違うということを説明しました。そしてその説明の中で、派遣と大きく異なるのは指揮命令権がどちらにあるのか、ということを説明しました。請負契約の場合、基本的に指揮命令権はクライアントではなく請負した事業主になります。今回のSESの場合は、指揮命令権はクライアントではなくエンジニアを送り込んだSES会社にあるということです。

しかし実際は多くのSES会社でこの部分を理解していない会社が多く、指揮命令権がクライアントにある状態が多いです。このような状態の場合、労働者派遣法においては偽装請負ということになり、法律上NGとなります。当然このことが発覚した場合、厳しい罰則を受けることとなります。

 

SierとSESの行く末やいかに

 

物事を捉える上でいい点だけでなく多面的に捉えることで、より客観的な判断が可能になります。

将来性についてもしっかり抑えておきましょう。

 

Geekly Media ライター

どーばー

2+

【徹底比較!】CVC vs VC!何が違うの?その内容からITとの関係性まで徹底解説!

ここ最近多くの企業で設立されているCVCファンド。ベンチャー企業への投資はVCが行っていたのですが、最近は自社の資金をCVCファンドに託して投資をするというスタイルが増えています。ではそれぞれの内容とITとの関連性はどういうものなのか、今回はCVCとVCについて徹底解説していきます。

 

CVCって何?

 

自社の資金を用いてベンチャー企業に投資する

 

 

CVCとは、Corporate Venture Capital(コーポレートベンチャーキャピタル)の略称です。

企業というのは単体でも大きくすることはできますが、当然多大な労力と資金が必要になります。特に新しい分野などに挑戦するとなると、その分野に関する知識などがなければ難しいです。そのため企業はその分野に長けた企業と提携したりします。その際に企業に投資をすることや、企業への投資を運営する会社のことをCVCといいます。

投資ということで当然目的としては財務的リターンがメインとなりますが、同時に投資先の企業との関係を良くすることができれば、今まで以上に会社を活性化させることもできます。最近では大手企業の内部留保が過去最大となっていることから、CVCを設立する会社が増えています。そしてその数は現在でも増え続けています。

 

オープンイノベーションにおいては必要不可欠

 

 

ではなぜCVCが急激に増えたのでしょうか。それは、経済の中でオープンイノベーションの動きが活発になったからです。時代とともに人々のニーズも多様化し、そして人々が求めるものも変わってきます。今までは企業単体でも十分対応できましたが、最近ではどうしても単体では対応できなくなりつつあります。

そこで他のベンチャー企業に投資し、その投資をきっかけに新たなイノベーションを生み出す、という動きが出始めました。この動きこそがオープンイノベーションです。自分たちで努力しつつも、企業にとって新たな切り口を見出してくれる企業と手を組んだほうが、急速な成長につながるとしてオープンイノベーションが活発化しているのです。

 

そもそもVCってどんなもの?

 

ベンチャー企業への投資に特化したファンド

 

企業がCVCを設立する際、自社の中でCVCファンドの部門を設けたり、別会社を設立するという方法が多いのですが、一方で外部のVCに委託するという企業もあります。そもそもVCとはどういうものなのか、わからないという人も多いはずです。

VCというのは、基本的にベンチャー企業への投資がメインである投資ファンド会社です。多くのベンチャー企業や新しい技術を用いている会社の資金元は、このVCからの投資金を自社の資金としているところが多いです。当然投資専門としているため、CVC設立に際して委託するときの安心感も違います。

 

どうやって資金調達するの?

 

 

VC投資専門の投資ファンド企業と説明しましたが、そもそもその投資金はどうやって調達するのでしょうか。投資ということなので、当然お金がなければ意味がありません。この会社は今後伸びる可能性があると考えたとしても、手元にお金がなければ何もできません。

VCの場合はCVC設立で委託された企業はもちろん、機関投資家個人の投資家から資金を調達しています。またVCの場合はCVCとは違い、あくまで財務的リターンのみに目的を絞っているため、投資先はCVCよりも幅広いというのも特徴です。

 

両者の得られるものの違い

 

VCは財務的リターンのみ

 

 

先程の部分でも少し触れましたが、VCは基本的に財務的リターンのみを求めています。VCはベンチャー企業に投資し、投資先が大きく成長して売上が大きく増えたタイミングを狙い、その売上の何割かをリターンとして受け取ります。そして受け取ったリターンのさらに何割かを資金調達先である投資家などに還元しています。

VCの投資先はCVCよりも幅広いと説明しましたが、だからといってひたすらベンチャー企業に投資しているわけではありません。あくまでVCは投資家などから集められた資金で投資をしているため、その投資家の意見を取り入れた上で投資先を決めます。財務的リターンのみを求めている分、投資先の選び方というのはかなりシビアになってしまいます。

 

CVCのほうが得るものが多い?

 

一方でCVCはVCとどう違うのか、ということになります。もちろんCVCでも財務的リターンが目的であることには変わりません。しかし全てのCVCが財務的リターンがメインであるかというと、そうでもありません。

CVCによっては、財務的リターンよりも投資先とのパイプが構築されるかどうかをメインとしているところもあります。CVCでベンチャー企業に投資し、もしその投資先の売上が上がれば、当然そのCVCを持つ会社への信頼は高くなります。そうすることにより、技術提携などで確実に自社を活発化させることができます。会社としては、VCで得られるものよりも実はCVCで得られるもののほうがかなり有益なのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

1+