【2019トレンド】サブスクリプションモデルが人気の理由は?!事例から考えるメリット・成功のための条件を徹底解説!

NetflixやHuluの動画配信サービスやSpotifyやLINE Musicといった音楽サービスを普段使う機会も増えてきているのではないでしょうか?定額で利用料金を払って使うサービスを一般的にサブスクリプションサービスと言います。2019年には様々な企業が参入してくるサブスクリプションサービスのビジネスモデルについて徹底解説します。

 

サブスクリプションとは

 

 

サブスクリプションを直訳すると『寄付』や『予約』という意味になるのですが、最近では商品やサービスの利用権を定額で支払い一定期間借りて利用するビジネスモデルを指すことが多くなりました。

今現在、先程挙げた動画や音楽を体験するサブスクリプション以外にも様々な商品やサービスがサブスクリプションで利用出来ますので、以下幾つかの事例を紹介させて頂きます。

 

サブスクリプションモデル事例

 

 

個人利用のサブスクリプション

 

個人で利用するエンターテイメントに関するサブスクリプションモデルとしては映画やドラマを定額で観れるVODという動画配信サービスがあります。NetflixやHulu、国内発ではdTVが有名です。音楽を定額料金で聴けるサブスクリプションはSpotifyやApple Music国内発ではLINE MUSICが人気を追い上げています。動画や音楽のサブスクリプションには多数の業者が参入しており、サブスクリプションモデルの中でも最も活気のある市場と言えます。

また、雑誌や本をデジタルで読み放題になるサブスクリプションも人気です。動画、音楽、本と全てを定額で利用出来るサービスはAmazonがAmazonプライムとして展開しておりAmazonはサブスクリプションサービスを展開することにより業績が伸びていきました。

 

サービスを定額で利用出来るサブスクリプション以外でも車や家電を定額で利用出来たり居酒屋や飲食店でもサブスクリプション利用出来るところも増えてきています。また企業ではなく一個人が情報やコンテンツを定額で発信する、個人発信のサブスクリプションモデルも出てきています。

個人で利用出来るサブスクリプションは2019年もっともっと増えてくると予想出来ます。

 

ビジネス利用のサブスクリプション

 

個人で利用して楽しむサブスクリプションモデル以外でもビジネスで利用するサブスクリプションのサービスも比較的増えてきています。

代表的なものはwordやExcelのOfficeのソフトも定額で利用出来ますし、フォトショップやイラストレーターといったデザイン系のソフトを利用できるAdobeのサービスもサブスクリプションで利用する事が出来ます。

また、ビジネスシステムのSalesforceもサブスクリプションサービスになり人気が上昇しました。会計ソフトや経費清算ソフトもサブスクリプションサービスで売り出した企業も増えてきています。

 

何故こんなにもサブスクリプションが人気になり参入する企業が増えてきたのか、ここからはその理由を解説していきます。

 

サブスクリプションが人気の理由

 

 

サブスクリプションがここまで人気が出てきた理由は、今までコストがかかっていたモノやサービスが安い定額料金で使えるようになったところにあります。

仮にCD1枚10曲3000円していたものが毎月1000円払えば、5000万曲以上聴くことが出来るようになります。CDアルバム1枚に10曲として計算すると500万枚のCDアルバムを聴けることになるのです。500万枚のアルバムを買うと3000円×500万枚=150億円かかります。

個人で150億円もかかるものを毎月1000円で利用出来たら毎月1000円のほうを選ぶ人がほとんどでしょう。

 

またCDやDVDを置く場所もいらなくなります。お金やモノの場所から開放される手軽さを売りにサブスクリプションサービスは一気に普及していきました。

このように身近に普及してきたサブスクリプションのサービスですがこれからサブスクリプションモデルを始めていくと気になるメリットやデメリットについて解説していきます。

 

サブスクリプションモデルのメリット

 

 

売上の確保や予測が立てられる

 

サブスクリプションは定額料金を払ってもらうビジネスモデルです。従って企業側としては毎月一定額の売り上げが入ってくるということになります。

毎月一定の売り上げが確保されれば安定した売り上げを基にある程度売り上げの予測が立てられるので他の事業や商品の展開を考える事も出来ます。

 

データや情報収集が出来る

 

サブスクリプションは定額で顧客に多くのモノやコンテンツを利用してもらいますのでその分沢山のデータや情報が取得出来ます。

企業側がその情報を活かし新たな商品の開発も出来ますし、サブスクリプションサービスの運営継続への施策も打つ事が出来てそれが顧客に対しても新たなサービス提供に繋がります。

 

データや情報収集が出来る事は企業側顧客側の両方のメリットにもなるのです。

 

顧客のファン化が出来る

 

 

今までは商品やコンテンツ、サービスを販売して関係が終わりだったものも、サブスクリプションで定額の一定期間での付き合いになると顧客を自社のサービスのファンになってもらえる事が今までより容易になります。

顧客は買いきりの商品と比べて定額で料金を払ってしまっているので自然とサブスクリプションを利用する頻度が高くなります。その機会を利用し企業側のサービスのファンになってもらい競合に奪われないように顧客を囲い込む事も出来るのです。

 

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

 

アルバイトでも正社員に転職できる? アルバイトの評価のされ方から転職成功までのポイントを徹底解説!

アルバイト生活から抜け出したくて正社員を目指す方は多いと思います。アルバイトでは収入も安定しないし保証もありません。
一般的に、就職せずにアルバイトで生計を立ててきた方の転職活動は厳しい、という意見も見受けられます。
しかし、本当にそうでしょうか?今回はアルバイトから転職して正社員になるためのポイントを徹底解説していきます!

 

アルバイトからの転職 一般的な評価は?

 

 

学校を卒業してアルバイトをしていた人への評価は厳しいものがある、というのが一般的な意見のようです。

大学で自己研鑽をしてこなくて、結局就職できなかったという見方をされてしまうこともしばしば・・・。

また、いざ働くとなったときにビジネスマナーをはじめとした基本的なビジネススキルを持ち合わせていないことから、選考の際には不利と言わざるを得ないようです。

 

就職しなかった理由を整理

 

 

ここまでだと、「就職しなかったことで大きなハンデを背負ってしまった」という印象ですが、本当にそうでしょうか?

就職しなかった理由が明確ならば一概にそうも言えません。

例えば、「音楽の道をあきらめられず、音楽活動を中心にしたいため、就職はしなかった」というケースもあると思います。

このケースから就職できた方は実際にいます。

要するに、就職しなかった、できなかった理由が大事なんです。

もちろん、その活動の中である程度の成果を上げていることも大事ですが、その夢ないし目標があったから就職しなかったということが大事です。

ただ、純粋に就職できなかったという方は、『できなかった』事実と、なぜ自分ができなかったのか、その反省ができているのかということが大事です。

 

転職成功への道 自分とはどういった人間なのかを知る

 

 

こういった経歴の方が転職を成功するために、何をしたらいいのでしょうか。

アルバイト経験だけで、正社員や派遣などとしても働いてこなかった方にとっては、自身の強みなども把握できていないと思われます。

まずは自身はどういった人間なのかを知ることから始めてみましょう。

 

長所や短所を知ろう

 

まずは自身の長所・短所を知ることから始めましょう。

実は長所・短所は、就職活動をしている方にとって把握しておかなければならない内容とも言えます。

面接で聞かれる場合もありますので、長所・短所の内容と共に、それを裏付けるエピソードを用意しておきましょう。

一例を紹介します。

営業志望で、長所は「コミュニケーション力」の場合の例です。

「コミュニケーション力には自信があります。私は傾聴することが本当のコミュニケーションだと思っています。接客時には、常にお客様の求めていることを傾聴し、最適なものを提案してきました。コミュニケーション力を活かし、店舗内のアルバイトでは、トップの売り上げを上げてきました。このコミュニケーション力を活かし、貴社の営業としてお客様に信頼される営業になり、貢献していきたいと考えています。」

上記のように、「長所→エピソード→どう生かすか」が大切になります。

短所の場合には「短所→エピソード→そこからどのように対策をしているのか」でまとめてみましょう。

 

有している専門知識や資格を整理

 

学校で学んだ内容や、取得した資格を活かせることもあります。もちろん応募した職種にもよります。

一例ですが、法学部出身の場合には、企業の法務部で活躍することもできます。

その他にも経済学部や商学部を卒業している場合や、簿記3級などを取得している場合には、未経験でも企業の経理担当として活躍できることもあります。

上記のように、まずは自身の有している専門知識や、保有している資格などを整理しましょう

十分アピールの材料になります!