SEの転職に資格は有利?そもそもどんな資格がある?資格を取るメリットを徹底考察しました!

近年、企業の人員不足が深刻になってきています。
その中でも成長著しいIT業界ではSEの人員が不足しており、経験者採用だけでは間に合わないので未経験者でも採用してから育てるという企業が増えてきています。
需要が急増するSEの転職で資格は有利に働くのか、そもそもどんな資格があるのか基本的なことから紹介していきます。

 

SEに転職しよう

 

 

SEという言葉を最近求人サイトはもちろん色んなところで目にする機会が増えてきました。

ここ数年でIT業界が飛躍的に成長したので、それに伴ってIT業界に必要不可欠なSEの募集というのが増えてきており、社会的認知度も上がってきているのです。

しかし、実際SEとは何でどういう仕事を知っていますか?

具体的にどんな事をしているのか転職にはなかなか踏み切れないと思うので、まずはSEについて簡単に説明していきます。

 

SEがする事とは?

 

SEとはシステムエンジニアの略称で、一言でいうとシステム開発をするお仕事です。

開発するのは社内管理・顧客管理・業務効率化・売上向上のためのシステムなど多岐にわたります。

また、実際にするお仕事は勤める会社によって異なるのでこの仕事をするとは断言しにくいのですが、基本的なお仕事の流れとしては「顧客から要求を聞き出し、それをもとに実現できる範囲で提案をする」「どういう機能を持たせるかを考える基本設計」「どう実現するのかを考える詳細設計」「システムがしっかり稼働するかのテスト」という上流工程と呼ばれるお仕事をします。

「顧客から要求を聞き出し、それをもとに実現できる範囲で提案をする」の部分に関しては会社によっては営業担当がほとんどやってくれる場合もあります。

 

 

SEに役立つ資格とは?

 

 

SEとはどんな事をするお仕事か分かったところで次はSEに役立つ資格について紹介していきます。

 

国家資格とベンダー資格

 

 

SEの仕事に役立つ資格には国家資格とベンダー資格というものがあります。

国家資格は皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、国もしくは国が委託した機関から取得することが可能な資格で比較的認知度が高く企業からも積極的に評価される可能性が高い資格です。

ベンダー資格というのは国ではなく一般企業が独自に定めている資格で、メジャーなものからマイナーなものまではが広くあり勤める会社によってはすぐに役立たせることができない物もあります。

 

SEで役立つ国家資格

 

 

まずはSEの実務に役立つ国家資格にはどんなものがあるのかについて紹介していきます。

 

・基本情報技術者

・応用情報技術者

・データベーススペシャリスト

・プロジェクトマネジャー試験

・システムアーキテクト試験

 

この資格は情報処理技術者試験というものに属する試験です。

情報処理技術者試験の属する試験は全部で12個ありますが、中でもこの5つはシステムを構築するための知識を学べるのでSEとして仕事をしていく上で役に立ちます。

 

上記の中でもこれからSEを始めるという人には基本情報技術者をおすすめします。

応用情報技術者・データベーススペシャリストは上記の2つよりかなり難しく初心者で基本的なことを理解していないと学ぶことすら難しいです。

プロジェクトマネジャー試験・システムアーキテクト試験に関してはさらに難しいので、SEを始めてからキャリアアップをしたいと考えた時に取得することをオススメします。

いきなり高望みをしても簡単なものではないのでいい結果を得ることはできません。

順序だてて勉強をしていきましょう。

 

ですので、ここでは初心者向けの情報処理技術者試験である基本情報技術者についてだけ簡単に説明しておきます。

そもそも、情報処理技術者試験は、IT業界に関するすべての職種の情報・知識を学ぶことができる試験で、12区分の試験内容に分かれています。

有名なところでいうとITパスポートと呼ばれる試験があります。こちらはITを学ぶという点においては有用な資格ですが、あまり実務に役立つとは言えません。

 

基本情報技術者はシステムエンジニアの多くの人が取得する資格で、IT系エンジニアの登竜門とも言われています。知識だけではなく現場で活きる能力も養えるのでおすすめです。

 

Geekly Media ライター

3+

転職時期って本当に大事?結局おすすめの時期っていつ?時期によって転職が有利にも不利にもなる背景を含め徹底解説!

労働環境を大きく変えることができる転職。現職の企業に不満がある方は考えたことがあるのではないでしょうか?そんな転職で希望通りの労働条件を獲得するためには下準備が非常に大切なのですが、転職活動をする時期によって有利にも不利にも働くことがあることを知っていますか?今回はそんな転職時期について徹底解説していきます。

 

転職時期は本当に大切なの?

 

 

結論からいうと転職時期というものは非常に大切です。

下調べをしてから転職する時期を決めるだけで、転職活動のやりやすさはもちろん転職先での勤務もスタートしやすくなります。

焦って転職活動を始めて後悔する転職にならないようにしっかり転職時期について知っておきましょう。

 

求職時期を決めている場合がある

 

 

転職活動をする上で時期が大切な理由としてあげられる理由の一つは、そもそも企業が求人をしているかどうかが時期によって変わるからです。

近年は人材難なのでどの時期に求人サイトを見ても求人であふれているように見えますが、その中でもやはり増減はありますし、条件がいい企業や人気がある企業というのは通年募集しているというよりはポイントで募集している場合も多くあるので注意が必要なのです。

特に長年続いている企業の場合は今まで行った求人結果の蓄積データがあるので、その企業によって一番いいと思える時期にポイントで求人をだすというのも多いです。

いざ転職活動を始めてみたら転職先候補があまりないなんてことにならないように、転職先の企業にある程度目星をつけている方や希望条件をしっかりと持っている人は、しっかり下調べをしておきましょう。

現職の企業がいくら劣悪な環境であっても焦った転職活動では後悔することになるかもしれませんよ。

 

現職企業の事も考えましょう

 

 

転職の時期については転職先の企業だけではなく、現職の企業の事もしっかり考える必要があります。

基本的には転職するに伴って引き継ぎ作業が必要になります。

どんな仕事をしていたかによって引き継ぎにかかる時間も異なりますが、余裕をもって引き継ぎができるように時期を見計らうことも必要です。

プロジェクトの途中で辞めるのではなくできる限り切りの良いところまで仕事をして引き継ぐというのが後任者への配慮です。

また繁忙期での転職も動きが制限される恐れがあります。

転職の面接などは平日の日中に行われることが多いので、多くの人にとって現職の業務時間とかぶるので有休などを利用しての転職活動になります。

しかし繁忙期の場合はなかなか有休をとるのは難しいですし、その分周りにも迷惑をかけることになるので思うように転職活動ができない場合があります。

また繁忙期に転職を告げると、「繁忙期をさけてほしい」と企業側からお願いされることもあります。

本当に転職を決意しているなら毅然とした態度で転職の意思を貫く必要がありますが、もめる場合も少なからずあるのでまだ迷っている段階の場合は繁忙期に告げるのは避けたほうがいいでしょう。

「立つ鳥跡を濁さず」スッキリした気持ちで新しい会社でのスタートを切るためにも現職の会社の事も考えてから転職をしましょう。

 

おすすめの転職時期は?

 

 

ここまで転職先の目星がついている方や現職の会社に迷惑がかからないタイミングで転職するのが良いと話してきました。

次は具体的にはどのタイミングで転職するのがいいのかを紹介していきます。

 

転職者が多いタイミング

 

 

転職のタイミングは人それぞれですが、一般的には3月・9月・10月・11月に求人が増えて4月・1月入社の方が多いです。

理由としては、日本の企業は3月を決算としている企業が多いので決算に伴って人事異動により欠員補充や新たな人事計画が立ち上がる時期だからです。

また、4月は新入社員が入社してきます。

人事のお仕事は人を入退社の管理をするお仕事だけだと思われがちですが、研修や育成などもしなくてはいけません。

そのため、新入社員が入ってくる4月はとても忙しく3月までに中途の募集を終わらせられるように動くため3月に求人が増えるのです。

9月・10月・11月に求人が増えるのは、夏と冬のボーナスをもらった後に転職する方に向けて求人を出すからです。

転職は新たなことを始める行為なので、区切りのいい年度替わりの4月や新年を迎える1月に新規一転して新しい会社でスタートを切る人が多いです。

 

Geekly Media ライター

3+