SEの転職に資格は有利?そもそもどんな資格がある?資格を取るメリットを徹底考察しました!

近年、企業の人員不足が深刻になってきています。
その中でも成長著しいIT業界ではSEの人員が不足しており、経験者採用だけでは間に合わないので未経験者でも採用してから育てるという企業が増えてきています。
需要が急増するSEの転職で資格は有利に働くのか、そもそもどんな資格があるのか基本的なことから紹介していきます。

 

SEに転職しよう

 

 

SEという言葉を最近求人サイトはもちろん色んなところで目にする機会が増えてきました。

ここ数年でIT業界が飛躍的に成長したので、それに伴ってIT業界に必要不可欠なSEの募集というのが増えてきており、社会的認知度も上がってきているのです。

しかし、実際SEとは何でどういう仕事を知っていますか?

具体的にどんな事をしているのか転職にはなかなか踏み切れないと思うので、まずはSEについて簡単に説明していきます。

 

SEがする事とは?

 

SEとはシステムエンジニアの略称で、一言でいうとシステム開発をするお仕事です。

開発するのは社内管理・顧客管理・業務効率化・売上向上のためのシステムなど多岐にわたります。

また、実際にするお仕事は勤める会社によって異なるのでこの仕事をするとは断言しにくいのですが、基本的なお仕事の流れとしては「顧客から要求を聞き出し、それをもとに実現できる範囲で提案をする」「どういう機能を持たせるかを考える基本設計」「どう実現するのかを考える詳細設計」「システムがしっかり稼働するかのテスト」という上流工程と呼ばれるお仕事をします。

「顧客から要求を聞き出し、それをもとに実現できる範囲で提案をする」の部分に関しては会社によっては営業担当がほとんどやってくれる場合もあります。

 

 

SEに役立つ資格とは?

 

 

SEとはどんな事をするお仕事か分かったところで次はSEに役立つ資格について紹介していきます。

 

国家資格とベンダー資格

 

 

SEの仕事に役立つ資格には国家資格とベンダー資格というものがあります。

国家資格は皆さんも一度は聞いたことがあると思いますが、国もしくは国が委託した機関から取得することが可能な資格で比較的認知度が高く企業からも積極的に評価される可能性が高い資格です。

ベンダー資格というのは国ではなく一般企業が独自に定めている資格で、メジャーなものからマイナーなものまではが広くあり勤める会社によってはすぐに役立たせることができない物もあります。

 

SEで役立つ国家資格

 

 

まずはSEの実務に役立つ国家資格にはどんなものがあるのかについて紹介していきます。

 

・基本情報技術者

・応用情報技術者

・データベーススペシャリスト

・プロジェクトマネジャー試験

・システムアーキテクト試験

 

この資格は情報処理技術者試験というものに属する試験です。

情報処理技術者試験の属する試験は全部で12個ありますが、中でもこの5つはシステムを構築するための知識を学べるのでSEとして仕事をしていく上で役に立ちます。

 

上記の中でもこれからSEを始めるという人には基本情報技術者をおすすめします。

応用情報技術者・データベーススペシャリストは上記の2つよりかなり難しく初心者で基本的なことを理解していないと学ぶことすら難しいです。

プロジェクトマネジャー試験・システムアーキテクト試験に関してはさらに難しいので、SEを始めてからキャリアアップをしたいと考えた時に取得することをオススメします。

いきなり高望みをしても簡単なものではないのでいい結果を得ることはできません。

順序だてて勉強をしていきましょう。

 

ですので、ここでは初心者向けの情報処理技術者試験である基本情報技術者についてだけ簡単に説明しておきます。

そもそも、情報処理技術者試験は、IT業界に関するすべての職種の情報・知識を学ぶことができる試験で、12区分の試験内容に分かれています。

有名なところでいうとITパスポートと呼ばれる試験があります。こちらはITを学ぶという点においては有用な資格ですが、あまり実務に役立つとは言えません。

 

基本情報技術者はシステムエンジニアの多くの人が取得する資格で、IT系エンジニアの登竜門とも言われています。知識だけではなく現場で活きる能力も養えるのでおすすめです。

 

SEで役立つベンダー資格

 

 

次にSEの実務で役に立つベンダー資格です。

・マイクロソフト オフィス スペシャリスト

・マイクロソフト テクノロジ アソシエイト

・オラクルマスター

・シスコ サーティファイド ネットワーク アソシエイト

・ドットコムマスター

・シスコ サーティファイド ネットワーク プロフェッショナル

・XMLマスター

この7つがおすすめのベンダー資格です。

企業が定めている資格という事もあり、何となく聞いたことがあるワード資格名に入っているのではないでしょうか?

こちらも国家資格同様レベルがあり、初心者におすすめなのはマイクロソフト オフィス スペシャリスト・マイクロソフト テクノロジ アソシエイト・オラクルマスターの3つで、下に行くにつれて難しい資格です。

マイクロソフト オフィス スペシャリストはパソコンを使う上でほとんどの人が使うであろうワードやエクセルといった、マイクロソフトが出しているシステムを使う技能を認める資格です。システムエンジニアが基本的なことができないのは問題外なので、パソコンに自信がない人はここから始めるといいでしょう。

マイクロソフト テクノロジ アソシエイトについてはマイクロソフトが認定している多様な資格の礎的な存在の資格なので、取得しておくことで今後の幅が広がります。

オラクルマスターは情報処理に関する資格で、ベンダー資格の中でも比較的知名度の高い資格なので取得しておくことで評価されやすい資格といえます。

先程ベンダー資格は幅広くすぐに役に立たない物もあると話しましたが、ここで紹介している物はIT業界にいる人なら必ず役に立つものなので取っておいて損はないですよ。

 

資格はSE転職に有利なのか?

 

 

資格を取ることが転職の上で有利に働くのかといえば、これは間違いなく「YES」です。

近年SEの募集は未経験での採用も積極的にするようになりましたが、即戦力が欲しいというのも企業の本音です。

なので、資格を持っているという事はSEの事について基本的には理解をしてくれているという事が認識できるので書類選考の部分で通りやすくなります

また、資格を取るという事はしっかりと勉強をしないとできない事なので勉強する姿勢がある人であることと積極的に学ぶことできる人だと思わせることができるので印象も良くなります。

また、実務経験者より能力がある未経験者を重宝する会社もあります。

なぜなら、実務経験者はある程度型が決まってしまっており転職先の会社のやり方になじめない場合があるので、まだ何にも染まっておらず資格を持っている人なら喉から手が出るほど欲しい人材ともいえるかもしれません。

 

資格を取るメリットとは?

 

 

資格を取ることで転職の時に有利に働くことは分かったと思います。

では次は実際に働き始めた後にはどんなメリットがあるのかについて紹介していきます。

 

手当が支給される

 

 

資格を取得するメリットとして一番実感しやすいのはやはり給与面での優遇です。

これは企業によって異なるので一概には言えませんが、多くの企業では対象資格を持っていることによって資格手当というのが発生します。

金額は資格によって様々ですが、難しいものほど高額になる傾向があります。

転職先にどんな手当制度があるか確認してその資格取得を目指す事で収入をアップさせることができます。

 

 

仕事を任せられやすい

 

 

あなただったら仕事を割り振るときにその仕事に合った資格がある人とない人どちらに振り当てますか?

おそらく多くの人が資格のある人に振ると答えるでしょう。

資格というのは持っていることで名刺代わりになるので、どんなことができる人ということが分かるので相手からの信用を得やすいです。

信用を得ることができれば未経験でも早いうちから仕事を振ってもらえるようになるので、活躍も成長もしやすい環境づくりをする事ができます。

 

資格は取っておくべき?

 

 

結局のところ資格は取っておくべきなのかどうか?

それはやはり実務にも活きますし様々なメリットを得ることもできるので取って損はないと思います。

しかし、転職というのはタイミングが重要です。

資格をとっても行きたい企業が求人を出していなければ思い通りに転職することは難しいですし、働きながら資格の勉強をするというのは非常に大変で時間もかかることなので転職をしてから学ぶという選択も間違いではありません。

先ほども話した通りシステムエンジニアになるのに必要な資格はないので、未経験でも雇ってくれる企業は沢山あります。

そういう企業の多くは資格取得支援をしてくれており、資格取得にかかるお金の援助をしてくれるので仕事をしながら学べますし金銭的な不安も少ないです。

資格を取ることだけにとらわれていると自分に合った転職ができない可能性もあるので、資格を取ることは選択肢の一つとして理解しておきましょう。

 

最後に

 

 

SEに役立つ資格やメリットについて分かりましたか?

SEには国家資格とベンダー資格に複数役立つ資格があり、自分のレベルが上がる毎に上の資格を目指していけます。

しかも資格を取っていくことで、もらえる手当てが増えて給与が増えるというメリットや周りからの信頼度も上げていくことができます。

SEを目指すという方は是非資格取得を目指してみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

転職時期って本当に大事?結局おすすめの時期っていつ?時期によって転職が有利にも不利にもなる背景を含め徹底解説!

労働環境を大きく変えることができる転職。現職の企業に不満がある方は考えたことがあるのではないでしょうか?そんな転職で希望通りの労働条件を獲得するためには下準備が非常に大切なのですが、転職活動をする時期によって有利にも不利にも働くことがあることを知っていますか?今回はそんな転職時期について徹底解説していきます。

 

転職時期は本当に大切なの?

 

 

結論からいうと転職時期というものは非常に大切です。

下調べをしてから転職する時期を決めるだけで、転職活動のやりやすさはもちろん転職先での勤務もスタートしやすくなります。

焦って転職活動を始めて後悔する転職にならないようにしっかり転職時期について知っておきましょう。

 

求職時期を決めている場合がある

 

 

転職活動をする上で時期が大切な理由としてあげられる理由の一つは、そもそも企業が求人をしているかどうかが時期によって変わるからです。

近年は人材難なのでどの時期に求人サイトを見ても求人であふれているように見えますが、その中でもやはり増減はありますし、条件がいい企業や人気がある企業というのは通年募集しているというよりはポイントで募集している場合も多くあるので注意が必要なのです。

特に長年続いている企業の場合は今まで行った求人結果の蓄積データがあるので、その企業によって一番いいと思える時期にポイントで求人をだすというのも多いです。

いざ転職活動を始めてみたら転職先候補があまりないなんてことにならないように、転職先の企業にある程度目星をつけている方や希望条件をしっかりと持っている人は、しっかり下調べをしておきましょう。

現職の企業がいくら劣悪な環境であっても焦った転職活動では後悔することになるかもしれませんよ。

 

現職企業の事も考えましょう

 

 

転職の時期については転職先の企業だけではなく、現職の企業の事もしっかり考える必要があります。

基本的には転職するに伴って引き継ぎ作業が必要になります。

どんな仕事をしていたかによって引き継ぎにかかる時間も異なりますが、余裕をもって引き継ぎができるように時期を見計らうことも必要です。

プロジェクトの途中で辞めるのではなくできる限り切りの良いところまで仕事をして引き継ぐというのが後任者への配慮です。

また繁忙期での転職も動きが制限される恐れがあります。

転職の面接などは平日の日中に行われることが多いので、多くの人にとって現職の業務時間とかぶるので有休などを利用しての転職活動になります。

しかし繁忙期の場合はなかなか有休をとるのは難しいですし、その分周りにも迷惑をかけることになるので思うように転職活動ができない場合があります。

また繁忙期に転職を告げると、「繁忙期をさけてほしい」と企業側からお願いされることもあります。

本当に転職を決意しているなら毅然とした態度で転職の意思を貫く必要がありますが、もめる場合も少なからずあるのでまだ迷っている段階の場合は繁忙期に告げるのは避けたほうがいいでしょう。

「立つ鳥跡を濁さず」スッキリした気持ちで新しい会社でのスタートを切るためにも現職の会社の事も考えてから転職をしましょう。

 

おすすめの転職時期は?

 

 

ここまで転職先の目星がついている方や現職の会社に迷惑がかからないタイミングで転職するのが良いと話してきました。

次は具体的にはどのタイミングで転職するのがいいのかを紹介していきます。

 

転職者が多いタイミング

 

 

転職のタイミングは人それぞれですが、一般的には3月・9月・10月・11月に求人が増えて4月・1月入社の方が多いです。

理由としては、日本の企業は3月を決算としている企業が多いので決算に伴って人事異動により欠員補充や新たな人事計画が立ち上がる時期だからです。

また、4月は新入社員が入社してきます。

人事のお仕事は人を入退社の管理をするお仕事だけだと思われがちですが、研修や育成などもしなくてはいけません。

そのため、新入社員が入ってくる4月はとても忙しく3月までに中途の募集を終わらせられるように動くため3月に求人が増えるのです。

9月・10月・11月に求人が増えるのは、夏と冬のボーナスをもらった後に転職する方に向けて求人を出すからです。

転職は新たなことを始める行為なので、区切りのいい年度替わりの4月や新年を迎える1月に新規一転して新しい会社でスタートを切る人が多いです。

 

掘り出し物があるかも

 

 

一般的に求人が多い時期と転職者が多い時期を紹介していきましたが、その時期が正解というわけではありません。

あえてその時期を外して転職活動をするという方法もあります。

なぜなら、企業側もあえて求人が多い時期を外してきている場合があるからです。

大企業など求人データが蓄積されている会社や大量に人員を募集したい場合は求職者が多いタイミングに求人が集中する傾向にあります。

しかし、大企業・有名企業相手だと名前負けしてしまう企業や急な人員募集などの少人数募集の場合は求職者が多いタイミングを外して、ライバルの少ないタイミングで求人する場合があります。

大企業・有名企業ではなくてもいい会社は沢山あるので、そういう掘り出し物を探しながら転職活動をするというのも一つの手ではあります。

ただ、確率論的にいえば求人が多い時期に転職活動をしたほうが転職できる確率は高いのでここは考え方次第です。

確実に転職をしたいと考える方は、一般的な転職時期に合わせる方が無難です。

しかし、狙っている企業がある場合はや条件のいい掘り出し物の企業を探したいという方は、あえて一般的に転職時期をずらして条件のいい企業を探すというのもいいかもしれません。

 

転職時期が有利に働く場合 人事評価

 

 

転職時期が有利に働く場合の一つに人事評価があります。

これは転職先での人事評価ではなく、現職の会社での人事評価の部分です。

中途入社は今までどんな事をしてきて、どんな成果を出してきたのかという部分を職務経歴書に記載させられ、そこを判断基準とされることが多いです。

そのため、できるだけ悪い評価というのは転職志望の企業には渡したくないですよね。

そんなの書かなければいいのではと思われる方も多いと思いますが、評価が良かった時の事だけ書いてあると書いてない時期は悪かったのだと理解されてしまう恐れがあります。

転職を考えている方の中には最近仕事がうまくいかなくなってしまったからという方も多くいると思います。

職務経歴書で仕事がうまくいっていないことがばれてしまうと逃げの転職という悪いイメージを与える可能性があります。

人事評価というのは決算期に出されることが多いので、今までの成績は良かったけど今回の成績は芳しくないという方は、評価が出る前に転職活動をする事で転職先企業に良い情報だけを与えることができるのです。

また、成績が悪くなっていない人も転職活動をする事で成績が悪くなる場合があります。

現職の仕事も転職活動も両方全力で取り組むことが理想ですが、やはり複数の事に集中するのは非常に難しいのでそこも予測して動くと時期をうまく利用することができます。

 

転職時期が不利に働く場合① お金

 

勤続期間に比例するお金

 

 

転職する理由の一つに年収を上げたいと考える人は多いと思います。

確かに転職の際に過去の経験や能力によって年収を上げることは可能ですが、転職時期によっては初年度の年収や生涯収入が減ってしまう可能性があるので注意が必要です。

初年度年収が下がってしまう要因の一つが賞与です。

賞与は対象期間の成果などに比例して支給するお金なので、対象期間の一部にしか勤続していないとその分賞与も下がってしまいます。

なので、いくら月収が上がったとしても年収は下がってしまう場合があります。

もちろん2年目以降は満額もらえる可能性が高いですが、初年度の年収が下がってしまう可能性があることを理解しておきましょう。

また、転職をすると退職金など勤務年数と比例してもらえる金額が伸びていく福利厚生はリセットされてしまいますし、転職活動に戸惑って離職期間ができてしまう場合は失業手当が出るのですが、雇用保険の加入期間が10年未満かどうかでもらえる期間に差が出るので注意が必要です。

 

昇給のタイミング

 

 

転職をするときは昇給のタイミングも気にかける必要があります。

転職してすぐ昇給するのは難しいのでそんなに気にしなくてもいいような気がしますが、自分の昇給ではなく周りの昇給が自分の給与に関係してくる可能性があるのです。

転職の時は今までの経験や能力から給与面を相談しながら決定していくことができるのですが、転職先の会社に同じような年齢で長い期間勤務している方がいる場合は、その方を基準に考えられる場合が多いのです。

いくら中途とはいえ同じよう

 

な年齢の人が成果もまだ出していないのに自分より高い給与をもらっていたら気分がよくないですよね。

人事の方は社内の環境も整えないといけないので、よほどの経験や資格を持っている方ではないと高い給与を提示しにくいのです。

そのため、昇給直前に入社すると昇給のタイミングでみんな給与が上がるのに自分だけ上がらないということになる場合があるので、昇給のタイミングもチェックしておきましょう。

 

転職時期が不利に働く場合② 入社のタイミング

 

 

どのタイミングで入社するかもあなたにとって不利に働く場合があります。

それはどんなタイミングかというと、「繁忙期」と「新卒入社期」です。

 

繁忙期

 

 

繁忙期が入社のタイミングとどう関係するかというと、みんなが忙しいので研修などがおろそかになりいきなり現場に出されてしまう可能性が高くなってしまうというところです。

今までの経験があるから大丈夫と思われる方も多いと思いますが、会社というのは会社ごとに色があり同じ業界・職種で転職してとしても、アプローチの仕方や処理の仕方などが異なります。

なので、同じ調子で仕事をしているとミスにつながる危険性が高くなってしまい結果を出しにくいです。

現場で失敗を繰り返しながらでも学んでいきたいという方には良いかもしれませんが、まずはしっかり会社に慣れたいという方には不利な要素となるでしょう。

 

新卒入社期

 

 

同じように新卒が入社するタイミングも中途入社の方にとっては不利になる場合があります。

それは新卒と同じように教育される可能性があるからです。

新卒はこれから始めて社会に出るということで、基本的な挨拶の仕方から研修を始める会社が多いです。

20代の中途入社だとまだ経験も浅いという事やばらばらに研修をするのが手間になるということで、同じように基本的なことからやり直すことになります。

もちろんそれが良いと思う方もいるとは思いますが、ある程度自分のやり方というものを確立している方にとってはその研修が苦痛になる事もあります。

 

最後に

 

 

転職というのは行う時期によって有利にも不利にも働きます。

その時期というのもどういう転職活動がしたいのかによっても変わってきますので、これが正解というものはありません。

しかし、しっかり下調べをするのとしないのでは結果が大きく異なってきます。

希望通りの転職・後悔しない転職をしたいという方は是非転職時期にも気を使って転職活動を成功させてくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター