【必見!】未経験からwebマーケティングへのキャリアパスを徹底解説!必要な素養や転職活動の方法を紹介します。

WebベースでのビジネスにはWebマーケティングが必要不可欠な要素です。ほぼ全てのWebビジネスはWebマーケティングのスキルがなければもはや生き残れません。仕事内容からキャリアパスでの転職活動方法まで徹底解説します。

 

【マーケティング】と【Webマーケティング】の違いとは?

 

 

マーケティングとは簡単に結論から言うと「ビジネスでの商品を売るための製造以外の全ての工程」のことです。マーケティングをする人を通称マーケターと呼びます

ビジネスの考え方でいくと商品が売れなければ成功とは言えません。なので、商品を買ってもらうためには何をしたらいいのかと言う視点から考え出された宣伝や、広告、営業など商品を造る以外の様々な商品を「売る=成功」にたどり着くために行動するすべての仕事がマーケティングと言うことです。

この時に忘れがちなのがビジネスであっても人と人との関係で成り立つビジネスです。

相手の感情を読み取って行くこともマーケティングの範囲内のため、商品を購入したい感情を作り出す考え方や行動もマーケティングに入ります

 

Webマーケティング

 

 

頭に「Web」と付いていることで「Web」ベースの集客が主な仕事になってきます。商品を販売するためにはお客さんに買ってもらわなければなりません。ですが、お客さんがいなければ商品も売れません。さらに言うとWeb広告やサイトを見てもらわないと集客することができないため商品が売れません。

結果Webマーケターの仕事内容は広告と販売サイトでのSEO検索で上位に食い込むと言う条件が1番最初に挙げられます。この時に注意しておかなければいけないことが、「Webベース」だと言うことです。

集客が全てWebで行わなければいけないため上記の「マーケティング」の相手の感情を読むスキルはあまり役に立たないことがあります。

理由としてはWebマーケティングにおいて感情は文章である程度表現できますが、対面した時と文章では読み取れる情報が圧倒的に違います。

実際対面すると文章では感じの「良さそうだった人」と思った人に対面して合ってみると、「思っていた人ではなかった」と感じるニュアンスや雰囲気が文章だけでは感じ取れないことが挙げられます。

そのため、感情のプロセスをそのままWeb上で感情を文章で表現する力が必要になります。

 

Webマーケターの仕事内容を大きく別ける

 

①【SEO調査から分析解析】

 

 

SEOとは「検索エンジン最適化」のことを示しており、検索エンジン上である特定のキーワードが検索された際に、サイトを検索結果の上位に表示させるために行うことです。

SEOが最適化されていなければ、サイトへのアクセスが激減し集客もだいぶ下がってしまうため、Webマーケティングの仕事として上位検索ヒットを狙うのはとても大切な仕事になります。SEOのために、自社のコンテンツに抜け穴はないか、どのキーワードを狙うべきかなどを分析して、成果をだすためにPDCAを回す必要があります。

 

②【宣伝内容を拡散し集客】

 

 

SEOである程度の集客が見込める順位にランクインしたら、集客したユーザーにどうしたら商品を買ってもらえるか考えます。どうすれば買ってくれるのかということを常に考えるため、サイト内のユーザー行動の分析などを行い、日々問題解決に取り組むこともとても大事な仕事になってきます。

さらに、インターネットでSEOに高い評価を受けサイトに呼ぶことができても、商品の良さを伝えられなければ利益には繋がりません。そのため商品の良さをLP記事や文章力などで集客と一緒に宣伝することにより、お客の購買意欲が促進され、初めて利益になります。

ですが、SEOに上位ヒットするためには圧倒的な技術と労力を使う必要があります。みんながみんなサイトの上位表示に記載されると言った事はありません。SEOの評価を受けられず全く上位に表示されない、そんな悩ましい状況を変える方法があります。それが今流行のSNSでの拡散と集客方法です。

SNSであればスキルや技術がなくても誰でもどこでも好きな時に投稿&視聴ができるため、見られやすいと言う点はありますが、それでもネット上で埋もれてしまうと言う場合はSNSの中ですでにフォロワーや登録者数など安定的に見てもらえる人達が鍵となります。

人数が多いほど集客率もアップするためブロガーやインスタグラマー、インフルエンサー、ユーチューバーなどといったWebメディアで既に集客済みの人達に自社の商品を紹介してもらうなどと言う企画を考え実行すると言うのも場合によってはWebマーケターの仕事に入ります。

彼ら単体では利益に関係ありませんがその人自身がブランドになるため商品とその人が有効的な意志や情報を発信することにより、信頼、信用、有名ブランドと言う観点から購入率も上がる傾向にあります。簡単に言ってしまうとテレビの芸能人と似た効果をもたらしてくれます。

 

Webマーケターで身に付く5つの力

 

①企画力&構成力&文章力

  

 

サイト最適化のためにはどのようなコンテンツを用意する必要があるのかや、コンテンツの全体的な構成を考えていくため、自然と企画力、構成力、文章力が身に付きます。そのため自然と客観的かつ冷静に状況判断ができ今自分のやるべき行動が見えてきて逆算する力が養われます。

 

②分析力&読解力

 

 

コンテンツ企画、構成、コンテンツ内の文章の構成等の作業を経て、今度はそれらの記事を同じ内容のSEO上位表示者と比較することにより、読解力も身に付けることが予想されます。大きく別けて企画力、構成力、文章力、に加えて分析力、解析力、読解力などのスキルが身に付きます

 

Webマーケターの2つの転職活動方法【未経験からのキャリアチェンジ】

 

 

①Web制作会社やコンテンツマーケティングを行う会社に就職【正社員】

 

Web制作会社でなおかつ宣伝や広告を取り扱っている会社に就職するのが手っ取り早い方法でしょう。多くのWebマーケティングの人はこの方法で活動し、未経験可能と書いてある求人も数多く見つけることができます

この方法が最も王道的でWebマーケターになる近道ともいえます。立場や所属部署によっては雑用やマーケティング以外の業務を任される場合もあるため純粋にこの仕事だけ特化してやりたい人ではなく集団で協力し協調性を持って仕事に当たれる人におすすめな職種と言えるでしょう。

 

②個人でのWebマーケティング【フリーランス】

 

個人のサイト運用やブログ更新での集客を見据えて運用しているビジネス面での視点の場合に限り、Webマーケターを名乗ることができるでしょう

SEO対策や個人でのサイト運用、ブログ更新等での利益を発生させるために行っている場合、ビジネス視点での戦略的運用、更新となるため、自然とマーケティングに必要な要素を抑えることができるようになります。すでに独学で学びきっている人や自分で力を身に付けたい人などにおすすめの働き方となっています。一番早く素養が身に付くのがこの2つの働き方になります。

 

Webマーケターになるには【未経験でキャリアパス】

 

 

Webマーケターになる人素養としてはWebで何かビジネスをする人であれば全ての人に当てはまります

やはり個人で何かビジネスを始める時になくてはならない素養がマーケティング能力です。そのためマーケティングを自然と行うことにより、Webマーケターとして働くことが可能ですが、すぐに収入に繋げることは難しいのが現実です。

Webマーケティング能力は未経験で働くことが可能ですが個人でやる場合収入に繋がることが難しく、かといって就職すればWebマーケティング以外の仕事やスキルをこなさないといけない場合も起きてきます。そこは自分の状況に合わせた判断が大事になりますので、しっかりと考えてから行動しましょう。

 

Webマーケターの将来性&今後のWebマーケティングを始める人へ

 

これからチャレンジする人にアドバイス

 

 

長い目線で、いつかWebマーケターとして仕事をしたいと言う人であればWeb業界に一方足を踏み入れることを推奨します。たとえいきなりマーケター職として入社しなくても、Web制作会社の営業からスタートしたりすることも可能です。

スキルをすぐに伸ばしたい方であれば、根気と並ならぬ努力は必要ですが、フリーランスとしてWebマーケターに特化して働くこともできます。

自信がない人であれば正社員となり考え方や知識、スキルを自分のペースで積み上げていくこともできるので自分のスタイルに合った立ち回り方をしましょう!

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!エンジニアじゃなくても大丈夫?

データサイエンティストを目指している方は、「エンジニアじゃなくてもなれる?」と疑問点が浮かびますが、そもそもデータサイエンティストとは何かについてもしっかりと解説。他にもデータサイエンティストになる方法や、未経験でキャリアパスする方法、この職業に向いている人などを解説しますので必見です!

 

データサイエンティストとは?

 

 

データサイエンティストとは、様々な職種の中から1つの職種に絞りその職種の膨大な過去と現在のデータを取り、どの様なビジネスプロセスで利益を出しているのか、損益を出しているのかを分析

分析したデータを更に解析することにより、その分野でビジネスを成功させるためのビジネスビジョンを想定しその理想像にどうすれば近づけるか、理論面、人的面からみても可能な範囲かを想定し実行

主に職業内容は決まっておらず、主な一つのビジネスにおいて膨大なデータを収集し効率よく仕事を出来るようにデータ分析、解析、整理し構成する仕事です。

データ収集、課題や解決法、幅広いプログラミング言語作業、その分野における知識と理解、分析、その分野の業務者とのコミュニケーション、様々な情報から導き出すビジネスの利益ポイントを発掘していく作業になります。

簡単な言い方にまとめてしまえばコンサルティングの仕事プラス専門的な業務もこなす必要がある仕事

 

主な仕事は、システムエンジニア、会計、営業、マーケティング、コンサルティング、など様々な主となる職業のスキルと掛け合わせて初めてそこで存在価値が見出せる職業となっています。

例えば「コンサルティング」×「データサイエンス」で「データ分析コンサルタント」になります。

なので、データサイエンティストはサポート業務と言うポジションになると思います。この「エンジニア」×「データサイエンス」の2つのスキルをかけ合わせたものが、「データサイエンティスト」になります。

結論、エンジニアでなくてもこの2つのスキルがあれば、データサイエンティストになることが可能。未経験からデータサイエンティストになる際に必要な要素と、その理由について詳しく説明していきたいと思います。

 

 

 

【エンジニア】と【データサイエンティスト】の

違い

 

【エンジニア】

 

 

エンジニアとは、技術者を示します。この意味は専門的スキルや専門知識などのスキルを兼ね備えた技術者のことを表しています。主にIT業界等で多くエンジニアと呼ばれる職業があります。

一般的に知られているのはIT業界全般のエンジニアですが、IT業界ではないエンジニアも存在します。

 

【データサイエンティスト】

 

 

すごく簡単に言ってしまえばデータサイエンティスト(統計などで技術者の成功へ導く者)はエンジニア(技術者)をサポートする職業

ビジネスで生き残るための最強のスキルとして、データエンジニアリングの能力(技術者)、データサイエンスの能力(科学者)、ビジネスの能力(経営者)の3つが主に必要なスキルと言われています。

エンジニアスキル(技術者)、数学&統計学のスキル(資料の分析や解決法を探る)、経営者視点のスキル(技術者と情報を合わせ運用する)をまんべんなく理解している必要があるのがデータサイエンティスト。

主な業務での知識とその業務を分析する能力と経営側のビジネスの視点が必要です。

 

データサイエンティストの仕事内容

 

データサイエンティストの業務の主な流れ

 

 

様々な知識と経験とスキルを掛け合わせることにより、初めて成り立つデータサイエンティスト。この仕事の全体的な流れを説明します。

データサイエンティストの業務内容的には、前の項目「データサイエンティストとは」でも話したように分析、解析、などをして仕事にその分析解析データで改善や問題解決に役立てる理論的なプロセスを導き出します

その導き出した結果で主な職種のサポート的な役目を果たしていく職業です。実はデータ分析以外にも多くの業務をすることになるため、そのデータを活用して業務にも貢献することを前提としているのがデータサイエンスと呼ばれます

データ収集から総合的に見て業務や対人関係などありとあらゆる状況下での仕事やその個人のスキルに合わせて的確なスケジュールを組むことがとても大事になってきます。

つまり、最終的には知識をまとめ、人材をまとめ、会社の未来の方向性をまとめる大事な職業です。

 

【必見!】未経験からWebデザイナーへのキャリアパスを徹底解説!転職活動の方法や身に着けるべきスキルを紹介します。

実績やキャリアが無くても未経験からのWebデザイナーになる事が実現可能です。資格いらず&キャリアパスが誰でもいつでもおこなえる理由を紹介します。一般的に知られている業務から知られていない業務まで、他にも転職&キャリアパスする上での働き方を3つ紹介。また、Webデザイナーを志す者が習得できるスキルを紹介致します。

 

そもそもWebデザイナーとは

 

  

Webデザイナーは法人、個人を問わず、集客と情報発信を目的としたWebサイトの制作を担う仕事です。

集客率向上の大きく貢献できるものとしてデザインが挙げられます。デザインの質でWebサイトの良し悪しが分かれるケースもあり、会社の顔となるWebサイト作成には専門的な知識を持った人しか作れません

Webサイトのページ、デザイン、レイアウト、テキストなどの品質の向上により、PV(ページビュー)などの集客率を向上させる目的を担っているのがWebデザイナーです。

 

Webデザイナーの業務内容を大きく分けると?

 

 

Webデザイナーの仕事は大きく分けて4つに区分できます。

「デザイン」「構成」「言語」「コーディング」です。

主にレイアウト、デザイン、言語習得&応用していく力、コーディング、仕事を依頼してもらうための営業など、Webデザイナーの仕事といっても業務内容が多く幅が広いことが伺えるでしょう。

そこで主な仕事を2項目にまとめてご紹介致します。

・業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

・業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

このように幅広い業務をまとめています。これから記載する内容がWebデザイナーに求められるスキルとなりますので、これらの業務内容を深掘りして一つ一つ簡単に説明していきたいと思います。

 

業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

 

デザイン

 

 

まず初めにWebサイトのデザイン、レイアウト、構成は最も重要な工程部分になってきます。Webサイトの色使いや装飾など全体的なイメージを作る工程です。

「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」などの画像編集ソフトウェアを使いデザインします。

クライアントのイメージ通りのサイトを作るために、希望通りの要素を加えながら自分自身の感性で画像加工やイラスト作成、バナー作成、配色やロゴ、アイコン類を自由にデザインし作成を行うのがデザイン作業です。

 

レイアウト

 

 

レイアウトはデザイン作業で作成したバナーやイラストなどをどこにどんな風に配置し、全体的な構成やロジックが正しくい作業かを確かめる工程です。

イラストやバナーなどのデザインした創作物の良さを発揮できず埋もれてしまい結果収益に繋がらずの結果になんてこともあり得るのでこの工程ももちろん重要な工程となります。

ここまでのクリエイティブ系業務はクライアント(サイトを依頼してきたお客)と吟味しながら進めていくのが一般的です。作業の変更や改善点、アイディア追加などを行えるのがこの工程になります。

わかりやすく言うと全体的な内容のボリュームなどの整理と把握、サイトテーマの要素にこの方向性で勧めた時、本当に適しているか、ビジュアル面やサイトのイメージが合っているかなどを吟味しまとまった内容にブレがないか共有する工程となります。

ここまでが一般的な人がイメージしやすい「Webデザイナー」の業務かと思います。次はプログラミング言語&コーディング作業に入っていきます。

 

業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

 

プログラミング言語とは

 

 

プログラミング言語とはPCの分かる言葉に翻訳する作業になります。イメージしやすい例えで言うと英語を日本語に翻訳するイメージに似ています

サイトのページを構築するためにはPCに司令を出しその通りに動いて貰う必要があります。そのために必要なのがプログラミング言語となります。

 

コーディングとは

 

HTMLやCSSなどのプログラミング言語を習得した後、習得した言語を打つために必要なスキルがコーディングです。

コーディングとはWebサイトを作る上で文字を打つライティングと意味は一緒で英数字を打つ作業を意味します。

・ライティングは文字を打つ(人に理解できる日本語&英語に英数字から変換)

・コーディングはコードを打つ(PCに理解できる言語に英数字から変換)

コーディングが早ければ早いほど仕事も報酬もそれに比例して増加する傾向にあり、正確にコーディングできる技術はWebデザイナーにとって重要な要素のスキルと言えます。

 

PM職を目指す方必見!未経験でも転職成功率を高めるための面接のポイント!

IT業界でのプロジェクトマネージャー(PM)職。プログラマー、SEと経験をした方が目指すキャリアパスの一つです。PMを目指すためにはどのような能力が必要なのか、面接ではどのようなポイントで選考をされるのかなどを実際に弊社ギークリーの実績から導き出したデータを基にご紹介します。

 

PM経験がなくてもPMにはなれる!

 

 

プログラマー、SEからPMにチャレンジできる

 

PM(プロジェクトマネージャー)というと、プロジェクトの責任者という役割になるため、非常にスキルが高そうに思われます。しかし実際には、未経験からPMを目指したいという方がチャレンジできる求人案件は存在しているものです。

PMは「プロジェクトの管理」が主な役割になっているため、適切な工数で適切なメンバーに仕事を振り、適切な納期・仕様を提案する必要があります。

「管理業務、マネジメントをする必要がある」というと、求められる基準が相当高いように見えがちですが、中には研修制度やOJTを充実させることで、未経験からでも活躍可能な企業も多数あるので、プログラマー、SEからPMを目指していきたい!」という方は積極的にチャレンジすることをオススメ致します。

 

面接官はどこを見る?

 

 

面接官は直近5年間の経歴で評価をする

 

経歴は「直近5年間」の経歴が評価されます。

10年前ですと技術環境、プロジェクトマネジメント手法など今と大きく違う点もあるためです。面接のはじめに経歴の説明をすることが多いですが、その際に経験したプロジェクトの全てをお話するのではなく、プログラマー・SEとして積んできた直近5年のご経験を中心に、

 

・どのような業界(ユーザー)向けのシステムか

・どのような役割か

・どのような技術環境か

 

上記ポイントをお話できると良いです。

経験年数が長い、ご自身が中心的な役割を担った、ご自身が主体的にプロジェクト遂行に関わったというプロジェクトを1~2つ話せるようにご準備頂くと良いと思います。

 

ここから、PM職の採用面接で企業が候補者を見極めるためのポイントを5つご紹介したいと思います。

 

ポイント①:主体的に関わり、提案・改善を働きかけた経験があるか

 

 

PMは「プロジェクトの管理者」という役割の中で主体的に関わり、自ら提案・改善を働きかけた経験があるかどうかがポイントとなります。

具体的には以下のようなポイントを面接官は見ています。

 

・どこまでの管理業務に携わっていたか

⇒スケジュール管理・品質管理・予算管理・メンバーマネジメントの中でどこまで経験をしていたか、を確認されます。それらを管理するために注力したこと・工夫したことを話せるとより評価が高まります。

・課題を見つけて解決する手立てを「自ら」考えられているか

・自ら周りを巻き込み、推進した経験を持っているか

・関わってきたプロジェクトで利用したツール、技術環境を理解しているか

 

ポイント②:システム開発経験、技術力を求められる

 

 

特にWebシステム、スマートフォンアプリの開発プロジェクトでは少人数でプロジェクトを進めるため、PMの役割を担う方でもプレイングマネージャーとして手を動かす機会もございます。そのため、過去携わったプロジェクトの技術力を図ることが多いです。

面接では以下の点に注意して、お話頂ければと思います。

 

・得意な言語、技術環境、ツールを話せるようにする

・最新技術、トレンドのキャッチアップをしているか

 

最近のトレンドワードとしては以下のものが挙げられます。

 

技術…AI・IoT・ブロックチェーン・RPA・クラウド・音声検索・5G

ビジネスモデル…サブスクリプション

業界…自動運転・HR Tech・スマホ決済・VTuber・eSports・セキュリティ・AR/VR

開発手法…スクラム、マイクロサービス

 

【必見!】未経験からデータサイエンティストへのキャリアパスを徹底解説!必要な素養から難しさまで分かりやすく解説します。

データサイエンティストは世界的に需要が高まっている職種のひとつです。グローバルに活躍できるスキルを習得できることもあり、未経験からでもデータサイエンティストを目指したい人もいるでしょう。そこで今回は、未経験からデータサイエンティストを目指すためのキャリアパスと必要な素養、そして難しさを解説します。

 

未経験でもデータサイエンティストを目指せる

 

 

データサイエンティストとは、企業が持っている多量のデータを整理・解析し、企業にとって有益な情報を導き出す職業です。近年では、AI(人工知能)やIoT(モノのインターネット)の発展により、インターネット上には膨大なデータ(ビッグデータ)が氾濫しています。

そんな膨大なデータも、きちんと整理し適切な分析を行うことで、企業の道筋を指し示す重要な情報となるのです。そのため、世界中の多くの企業が有能なデータサイエンティストが求めています。

「データサイエンティスト」になるには特別な資格は必要ないので、データサイエンスの経験がない人でもデータサイエンティストを目指すことは可能です。ただし、資格が必須でない代わりに重要なのが「経験」と「スキル」です。

 

データサイエンティストへのキャリアパス

 

まずは未経験からデータサイエンティストになるために必要な「経験」を紹介します。少し時間はかかりますが、データサイエンティストを目指せる経験をしっかりと積んでいきましょう。

 

データ分析の経験を積む

 

 

多量のデータを取り扱うデータサイエンティストには、データ分析のスキルは必須です。データ分析の経験を積むことで、データサイエンティストへ一歩近づくことは間違いありません。

データ分析の仕事内容は、業種によっても異なります。例えばウェブアンケートを実施しているメディアでは、アンケート結果の集計と分析が主な業務です。アンケート結果を分析することで、どんなユーザーがどのようなサービスを望んでいるかが分かります。

このようなデータ分析の仕事は未経験でも可能な場合が多いので、積極的に応募してみるとよいでしょう。簡単な業務からスタートして、徐々にデータサイエンティストが行うような高度なデータ分析の経験を積んでいくのが近道です。

 

エンジニアの経験を積む

 

データサイエンティストはプログラミングスキルを駆使してデータ分析を行う業務も多いため、エンジニアとしての経験も役に立ちます。もしもプログラミングスキルを持っているならば、まずはエンジニアの経験を積んでみましょう。

エンジニアが取り扱うプログラミング言語は多くありますが、データサイエンティストはAI(人工知能)を活用してビッグデータを解析します。そのため、AIの研究・開発の経験を積むと良いでしょう。

特に、AIの開発に使われる「Python」というプログラミング言語の勉強会や研修の充実している企業で業務実績を積むのがおすすめです。

 

データサイエンティストに必要な素養

 

データ分析のスキルは必須

 

 

未経験からデータサイエンティストを目指すには、データ分析のスキルが必要です。データ分析のスキルは実務経験がない場合でも、書籍やセミナーを利用して身につけられます。そして、データ分析の知識はデータサイエンティストだけではなく、ビジネス全般に役立つスキル

もしもキャリアチェンジしたいと思った場合でも、ビジネスパーソンであればデータ分析のスキルは必ず役立ちます。例えば、収益管理や在庫確認、新規事業の開発においても知識が活用できます。勉強しておくと自分の力となるスキルなので、積極的に学習を進めましょう。

 

プログラミングスキルは重要

 

 

データサイエンティストはビッグデータを扱うためにディープラーニングを活用する場合があります。ディープラーニングはAIの中でも大量のデータを処理する時に役立ちます。そして、AIのプログラミングによく使われる言語が「Python」です。

Pythonは書籍の他にも、オンライン学習サイトを利用して初学者でも楽しみながら学習が進められます。Pythonを扱えるようになると、AIの研究開発の仕事に携われるチャンスも増えるのでキャリアアップも見込めるでしょう。

 

統計学の知識は大きな武器

 

データ分析で非常に役立つスキルが統計学です。統計学とは、データの個数を数えたり、平均値を計算したりするデータ分析における基本のスキルのこと。統計学の知識を持っていると、バラツキのあるデータの性質を見出せるようになります。

つまり、あらゆる方法を用いてデータ分析を行えるわけです。この素養は、データサイエンティストの業務も非常に効率化できるので、書籍やオンライン講座を活用して必ず学習しておきましょう。

 

【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

未経験でもシステムエンジニアになれる!エンジニアになるためにやるべきこととは?

システムエンジニアという職種を聞いたことはありますか?エンジニアと聞くと難しそうに聞こえますが、実は近年は未経験の方でもシステムエンジニアを目指せるような環境ができてきています。では実際エンジニアになるためにはどんな事をすればいいのかを紹介していきます。システムエンジニアになりたいという方は是非最後まで読んで下さいね。

 

システムエンジニアについて知ろう

 

 

システムエンジニアという言葉を多くの人が聞いたことがあると思います。

名前だけ聞いているとかっこよさそうにも聞こえるのでやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にシステムエンジニアがどんな仕事をしているかを知っていますか?

近年のIT業界の成長は著しく、生活と切っても切り離せない関係になってきました。

システムエンジニアとして働いてくれている人たちが、私たちが普段使っているIT製品のシステムを作ってくれています。

つまりIT業界を支えているのがシステムエンジニアといっても過言ではないほどの存在です。

ちなみにシステムエンジニアはSEとも呼ばれており、求人募集などでは略称であるSEで表記されることも多いです。

 

システムエンジニアはどんな仕事をする?

 

 

具体的にどんな仕事をしているのかというと、取引先企業などからこういうことをしたいという要望を伺い、その要望をもとにシステムを構築することで実現するお仕事です。

実際のフローとしては「要望をヒアリング」→「どう実現するのかを設計」→「具体的にどんなシステムを組み込むのか設計」→「できたシステムの動作確認」といった感じで仕事をしています。

企業によってもシステムエンジニアのあり方も異なるので、一概には言えませんがこれが基本的なシステムエンジニアの仕事です。

では実際にシステムエンジニアになるためにはどんなフローを踏めばいいのか知っていますか?

 

システムエンジニアになるには① 学校に通う

 

 

最初に紹介するシステムエンジニアになるためにする事は「学校に通う」です。

これが一番わかりやすく、基本から学びたい方にはおすすめの方法です。

 

専門学校に入学する

 

 

学校に入って学ぶ中でも一番おすすめなのが専門学校で学ぶことです。

専門学校では自分が目指すところを専門的に学ぶことができるので、余計な時間をかけずに最短距離で知識を深めることができます。

多くの専門学校では現在も第一線で活躍しているベテランのシステムエンジニアの方などゲスト講師という形で、専門的な知識はもちろん業界の事、実際に現場で活きる能力等を経験から教えてもらうことができます。

卒業してからすぐにシステムエンジニアとして活躍できるような実践的な能力を学びたいと考えている方におすすめです。

 

大学に入学する

 

 

専門学校と比べると専門性が低い大学ですが、学校によっては高度な技術を学ぶこともできますし専門学校と比べると学歴も上になるので就職の上では有利に働きます

どの学科がシステムエンジニアに繋がるかというと、主に情報系の学科がシステムエンジニアになる学科になるのですが大学はシステムエンジニアになる事を強要するわけではないので、ただ通っていればシステムエンジニアになれるというわけではありません。

自主的に学んでいくことが非常に重要になります。

 

システムエンジニアになるには② 資格を取る

 

 

次に紹介するシステムエンジニアになる方法は資格を取るという方法です。

システムエンジニアはこの資格がないとなれないというものではないので、資格を取る必要はないのですが、パソコンを使いこなせなければシステムエンジニアになることはできません。

パソコンのスキルを上げるために資格の勉強をするのは非常にいい方法です。

資格を持っていることで就職をしようと考えた時も企業からいい印象を持ってもらえるので合格がしやすいですし、働きだしてからも手当てがもらえたり仕事を任せてもらいやすかったりとメリットがあります。

なので、資格を取得しておくことがシステムエンジニアになる近道といえます。

しかし先ほども話した通りシステムエンジニアには、弁護士になるには弁護士資格・医者になるには医師免許といったような直接的な資格があるわけではありません。

なので、システムエンジニアの実務に役立つ初心者におすすめの資格についても紹介しておきます。

 

未経験からゲーム業界へは転職できる?転職エージェントが徹底解説します!

未経験だけどゲーム業界に転職してみたい!今も昔も変わらず多くの人がゲームの仕事をすることにあこがれを持っています。社会人をある程度経験したけれども、やっぱりゲームの仕事をしてみたい!でも未経験だから転職できるのか?疑問に思うことでしょう。今回はそんな疑問を解消させるべく徹底解説していきます。

 

未経験でも憧れのゲーム業界の転職は可能か?

 

 

憧れのゲーム会社に転職したい!でも未経験だから採用されないのでは?と思うかもしれません。

ゲーム業界はスキルや実力主義の部分があるため新卒でもスキルを求められることがほとんどです。

しかし、中途採用でも狙う職種やスキル獲得で転職は可能です。職種別でどのようなスキルが必要か見ていきましょう。

 

プログラマーとして転職は可能か?

 

 

キャラクターの制御やゲームルールの構築を行うのがプログラマーであり、ゲーム制作のキモと言ってもいいでしょう。

結論から言いますとプログラマーとしてのスキルがない限り転職は難しいのが正直なところです。

ただし、ゲーム業界以外でプログラマーとして業務をしている場合はその限りではありません。

なぜプログラマーにスキルが必要かというとプログラム言語の知識が必要だからです。

プログラムスキルがある程度ないとゲーム制作はできません。

 

全くの未経験でもプログラムスキルと業務経験を身につければ転職は可能

 

業務経験やプログラム知識が0だからプログラマーとしての転職を諦める必要はありません。

現在では多くのプログラミングスクールが存在し、業務レベルまで教えてくれています。

ゲーム会社によっては業務レベルの作業経験があることも条件に入っていますが、業務を経験してからゲームプログラマーとして働くことは可能です。

 

しかもプログラムスキルを持っているとゲーム業界以外であるIT業界の転職にも目を向けることができます。

プログラマー求人率は2倍を超えるほどの売り手市場であることからも今のうちからスキルを身につけるのは将来に役立つことと断言できます。

 

必要なスキルは?

 

一口にプログラマーといっても細かい分野があります。

AIやグラフィックス制御などの専門分野があり、専門性が高いほど年収も大きく上がる傾向があります。

しかし、プログラム未経験の場合は専門性の高いところは最初に狙わないようにしましょう。

UIやゲームルールの構築ができるレベルになるのが望ましいです。

 

最近はアプリ開発がメインですのでUnityの知識があると採用されやすい傾向があります。

ハイエンドゲームを作りたい場合はUnrealEngineを学ぶようにしましょう。

これらはゲームエンジンと呼ばれるものであり、学んでおくと有利になります。

 

サーバーサイドエンジニアやフロントエンドエンジニアになるのも一つの手

 

 

プログラマーと聞くとゲームルールの実装やキャラクターの制御などを想像するかもしれません。

しかし、サーバーサイドのエンジニアも近年重宝されています。

最近はアプリゲームが主流であり、サーバーでプレイヤーのデータを管理したりしています。

 

サーバー側ではHTMLやCSS、Perl、Rubyなど多種多様な言語を知っておくと有利です。

鉄板としてはRuby On Railsによる業務経験があると多くの会社で重宝されやすいです。

フロントエンド側ではJavascript、HTML5、CSSなどの知識と業務経験があれば転職は可能です。

 

気になる年収は?

 

ゲームプログラマーの年収は300万円から400万円の間が相場となります。

雇用形態や企業により増減はありますが基本的にはこの年収となります。

ただし、スペシャリストの場合は1000万円以上の方も存在しています。

 

未経験でもプログラマーになれる!?気になる年齢の話から心構えまで徹底解説!

未経験だけど、IT業界でプログラマーとして働きたい!でも、フロントエンドってなに?サーバー?なにそれ美味しいの?年齢制限があるんじゃないの?そんな疑問を解消し、IT業界でプログラマーとして活躍できるための心構えをお伝えしていきます。

 

IT業界に年齢制限はあるの?

 

 

IT業界は比較的若いプログラマーが活躍しているイメージがありますよね、どこか先進的で、イケイケな若い人たちがギラついている……そんな想像を持っている方も多いと思います。

一口にIT業界と言ってもその内容は様々ですので年齢層やタイプも一概には言えません。

ですが一つだけ言えることとしては、未経験からプログラマーに転職する上で年齢による制限などは一切ありません。

確かに、web系と呼ばれる自社サービスを開発する会社は若い実力のあるプログラマーが多い傾向にありますが、そうした会社は実力主義であることが多いので年齢はあまり気にしません。

もちろん、若い人のほうが伸びしろがあったり、吸収が早かったりしますが、年齢を重ねていることがそのままハンデになるような業界ではないと断言できます。

 

年齢による制限はありません!

 

 

とはいえ、未経験からいきなり大手IT企業へプログラマーとして転職することは難しいです。これは年齢に限らず、スキルの問題として、です。

まずはSIerと呼ばれるシステム開発を他社から受注する企業へ入社し、プログラミングの基礎からみっちり勉強することをおすすめします。

そうした現場で経験を積めば業界内での転職もスムーズに進みますし、しっかりスキルが身についていれば年齢がネックになることもありません。

むしろ年を重ねたプログラマーはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーとして重宝される傾向にあるので、積極的にステップアップを目指すこともできます。

 

SIerなら門扉も広いのでおすすめ

 

 

いきなりweb系のプログラマーとして転職することは難しいので、まずはSIerへ転職することを目指しましょう。

多くの企業がプログラミング未経験でも歓迎しているので、門扉はかなり広いと思います。

というのも、今はIT業界も人手不足なので需要に供給が追いついていない状況です。

未経験でも手厚い研修を用意していたり、OJTを導入して即戦力を育てるなどの施策を行う企業が増えていますので、まずはこうした企業を足がけとして、プログラマーに転職することをおすすめします。

 

どんなキャリアがあるの?

 

 

さきほど、ちらりと触れましたがプログラマーにはその先のキャリアが開かれています。

ここからは実際にプログラマーとしてIT業界に飛び込んだ後、どんなキャリアがあるのか、イメージしやすく家の建築に例えて説明していきます。

 

プログラマーは現場の大工さん

 

 

プログラマーが行う作業はコーディングと呼ばれる、システムを実現するために必要なプログラムを実際に記述していく仕事になります。

家を建てる場合を想定してみるとわかりやすいのですが、プログラマーは現場で作業を行う大工さんです。木を削ったり、釘を打ったりして骨組みから細部に至るまで実際に組み立てを行います。

その一つ上の工程にいるのが、システムエンジニアと呼ばれる職業です。

 

システムエンジニアは建築士

 

 

システムエンジニアはお客様と実際に会話をしたりして家の設計を担当している工程です。家の建設に例えるなら建築士にあたります。

建築士はお客様の求めるニーズを正確に汲み取り、知識をフルに活用してその希望に応えられる住居を考えますが、これをシステム(仕組み)に当てはめたものがシステムエンジニアです。

クライアントの抱える問題をヒアリングし、どんなシステムを作れば問題が解決されるのか考え、必要なプログラムを導き出します。

こうして用意されたプログラムをコーディングして実装していくのがプログラマーになります。

実はシステムエンジニアのさらに上流工程にはプロジェクトマネージャーと呼ばれる責任者が存在します。

 

プロジェクトマネージャーは営業部長

 

 

家を建てるためにはどれくらいの予算や期間が必要で、どこから材料を調達してくるのか考えて立案する責任者が存在します。これを営業部長だと仮定します。

システムの構築でも、こうした納期の設定を行ったり、顧客と費用の折衝を行う責任者が存在します。これをプロジェクトマネージャーと呼びます。

システムの運用、保守まで責任を持って行う立場になりますので、経験が豊富で実力のある人が担当することが多いです。

 

未経験でもIT業界に転職するためには?身に付けておきたいスキルから心構えまで徹底解説!

未経験からでも転職可能なIT業界、でも完全に未経験な方はやっぱり不安に感じるものですよね。どんな能力が求められるのか、何が必要なのか分からないと対策も立てられません。
そこで、IT業界に完全未経験から飛び込むあなたに今すぐ持っておいてほしい心構えや、簡単にできる独学方法をご紹介します。役立つ情報満載ですので、IT業界への転職を検討している方はぜひ最後までご覧くださいね。

 

IT業界で求められるスキルって?

 

 

IT業界といっても、範囲は広く奥が深いので一概には言えません。

しかしどの職種にも言えることとしては「クライアントの期待に応える」ことができなければどんな優れたサービスもアプリも消えていく業界だということです。

素晴らしい知識や技術を持つエンジニアであっても、クライアントの希望通りのものが作れなければその技術は無価値になります。

あくまでもIT業界は、そのテクノロジーを使って「人を豊かにする」職種であることは忘れないようにしましょう。

人の話を聞いたり相手の要望を正しく理解するコミュニケーション力は必須になりますし、絶えず変化を続ける業界なので新しいことをどんどん吸収する貪欲さも必要になります。

逆に言えば風通しが良く、自分の技術や知識で人を助けたい、社会をよりよくしたいという意識が強い方にとっては天職にもなりうる業界です。

それでも、未経験であれば最低限のIT知識は持っておきましょう。

 

最低限ITに関する知識は持っておくべき

 

 

アプリにせよwebサイトにせよ、多くの人の手を通して作られるものです。

全体で工程を確認するフローチャート図を元に作業が進められていきますので、こうした図の意味を読み取ったり、専門用語を理解できる基礎知識は必須になります。

ITパスポート程度のIT知識は必須ですので、もし未取得の場合は積極的に取得することをおすすめします。

 

バックエンドとフロントエンドって?

 

 

バックエンドとはサーバーやデータベースなどを動かすための「目に見えない部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

フロントエンドとは、今あなたが目にしているwebサイトのように「目に見える部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

大きく分けてフロントエンドのほうが比較的とっつきやすく、初心者でもプログラミングしやすい分野だといわれています。

 

フロントエンドならHTMLやCSSがおすすめ

 

 

この記事は「HTML」と呼ばれるプログラミング言語で記述されています。

ハイパーテキストマークアップランゲージの頭文字を取ってHTMLと呼ばれており、私たちに馴染みの深い言語です。

webサイトの色や背景をいじりまわすためには「CSS」と呼ばれる言語を使います。

この二つは必ず使われることになりますので、セットで覚えておきましょう。

あとは「JavaScript」という動きをつけるための言語もありますが、大きくこの三つは初学者向けといわれています。

 

バックエンドならrubyかPHPがおすすめ

 

 

「ruby」や「PHP」はバックエンド、つまり目に見えないシステムなどを設計する際に用いられる言語です。

rubyは比較的新しい言語で、記述するための文法がかなり簡単なので初心者でも勉強しやすい言語です。

PHPは多くのサービスなどで利用されているメジャーな言語で、有名所で言えばツイッターなどはPHPで構成されています。

エンジニアとしての未来を考えると、rubyやPHPを中心に言語を習得していくと良いでしょう。

 

エンジニアのスキルはどこで学べばいいの?

 

 

初心者向けの言語はわかったけど、どこでどのように学べばよいのでしょう。

プログラミングのオンラインスクールは10万円近くかかってしまいますので、なかなか手が出ませんよね。

実は無料でプログラミングを勉強できるサービスがあります。

それがドットインストール、という超有名サイト。

こちらはブラウザ上で動画を見ながら実際にプログラミングを行えるウェブサイトで、無料で基礎知識を身につけることができます。

多くの初学者の強い味方として今日まで運営されてきた、信頼できるサイトです。

全くの初学者であればこちらから入門し、最後まで通してクリアしたら学習用に本を購入して実際に自分の作りたいものを作ってみるとよいでしょう。

いきなり本を買ってもちんぷんかんぷんになって挫折してしまいがちですので、まずは基礎からしっかり固めることをおすすめします。