未経験でもシステムエンジニアになれる!エンジニアになるためにやるべきこととは?

システムエンジニアという職種を聞いたことはありますか?エンジニアと聞くと難しそうに聞こえますが、実は近年は未経験の方でもシステムエンジニアを目指せるような環境ができてきています。では実際エンジニアになるためにはどんな事をすればいいのかを紹介していきます。システムエンジニアになりたいという方は是非最後まで読んで下さいね。

 

システムエンジニアについて知ろう

 

 

システムエンジニアという言葉を多くの人が聞いたことがあると思います。

名前だけ聞いているとかっこよさそうにも聞こえるのでやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にシステムエンジニアがどんな仕事をしているかを知っていますか?

近年のIT業界の成長は著しく、生活と切っても切り離せない関係になってきました。

システムエンジニアとして働いてくれている人たちが、私たちが普段使っているIT製品のシステムを作ってくれています。

つまりIT業界を支えているのがシステムエンジニアといっても過言ではないほどの存在です。

ちなみにシステムエンジニアはSEとも呼ばれており、求人募集などでは略称であるSEで表記されることも多いです。

 

システムエンジニアはどんな仕事をする?

 

 

具体的にどんな仕事をしているのかというと、取引先企業などからこういうことをしたいという要望を伺い、その要望をもとにシステムを構築することで実現するお仕事です。

実際のフローとしては「要望をヒアリング」→「どう実現するのかを設計」→「具体的にどんなシステムを組み込むのか設計」→「できたシステムの動作確認」といった感じで仕事をしています。

企業によってもシステムエンジニアのあり方も異なるので、一概には言えませんがこれが基本的なシステムエンジニアの仕事です。

では実際にシステムエンジニアになるためにはどんなフローを踏めばいいのか知っていますか?

 

システムエンジニアになるには① 学校に通う

 

 

最初に紹介するシステムエンジニアになるためにする事は「学校に通う」です。

これが一番わかりやすく、基本から学びたい方にはおすすめの方法です。

 

専門学校に入学する

 

 

学校に入って学ぶ中でも一番おすすめなのが専門学校で学ぶことです。

専門学校では自分が目指すところを専門的に学ぶことができるので、余計な時間をかけずに最短距離で知識を深めることができます。

多くの専門学校では現在も第一線で活躍しているベテランのシステムエンジニアの方などゲスト講師という形で、専門的な知識はもちろん業界の事、実際に現場で活きる能力等を経験から教えてもらうことができます。

卒業してからすぐにシステムエンジニアとして活躍できるような実践的な能力を学びたいと考えている方におすすめです。

 

大学に入学する

 

 

専門学校と比べると専門性が低い大学ですが、学校によっては高度な技術を学ぶこともできますし専門学校と比べると学歴も上になるので就職の上では有利に働きます

どの学科がシステムエンジニアに繋がるかというと、主に情報系の学科がシステムエンジニアになる学科になるのですが大学はシステムエンジニアになる事を強要するわけではないので、ただ通っていればシステムエンジニアになれるというわけではありません。

自主的に学んでいくことが非常に重要になります。

 

システムエンジニアになるには② 資格を取る

 

 

次に紹介するシステムエンジニアになる方法は資格を取るという方法です。

システムエンジニアはこの資格がないとなれないというものではないので、資格を取る必要はないのですが、パソコンを使いこなせなければシステムエンジニアになることはできません。

パソコンのスキルを上げるために資格の勉強をするのは非常にいい方法です。

資格を持っていることで就職をしようと考えた時も企業からいい印象を持ってもらえるので合格がしやすいですし、働きだしてからも手当てがもらえたり仕事を任せてもらいやすかったりとメリットがあります。

なので、資格を取得しておくことがシステムエンジニアになる近道といえます。

しかし先ほども話した通りシステムエンジニアには、弁護士になるには弁護士資格・医者になるには医師免許といったような直接的な資格があるわけではありません。

なので、システムエンジニアの実務に役立つ初心者におすすめの資格についても紹介しておきます。

 

情報処理技術者試験

 

この資格は国が委託しているIPA(独立行政法人情報処理推進機構)から取得することができる資格で、ITの活用や情報処理についての資格が12区分されており、レベルや自分が学びたいことに応じて資格取得を目指すことができる資格です。

IT初心者の方には知識を増やすために特におすすめの資格になります。

 

基本情報技術者

 

この資格はシステムエンジニアのほとんどの人が取得している国家資格で、こちらもIPAから取得することができます。

ITに関する知識を学べるという点では情報処理技術者試験と同じですが、この資格はより実践的で実務にも役立つ能力を養う事ができます。

 

マイクロソフト テクノロジ アソシエイト

 

この資格は国家資格ではなくマイクロソフトが独自に定めている資格です。

IT系のエンジニアを目指す人に向けて作られた資格で、情報ネットワークやセキュリティについて学ぶことができます。

マイクロソフトはエンジニアに向けて色んな資格を提供していますが、この資格はそのすべての元となる資格なのでまず取得しておけば基本的なことを学ぶことができます。

また、さらに初心者向けにマイクロソフト オフィス スペシャリストという資格もあり、これはマイクロソフトが出しているワードやエクセルといったオフィスの使い方を検定する資格です。

システムエンジニアなる以上マイクロソフトオフィスは使えて当然なので、パソコンに自信がない方はここから始めましょう。

 

オラクルマスター

 

日本オラクルという会社が認定している資格で、情報処理能力を検定する資格です。

比較的ポピュラーな資格なので取得している人も多く、システムエンジニアには情報処理能力が必要不可欠なのでとっておきましょう。

 

システムエンジニアになるには③ 転職する

 

 

最後に紹介するシステムエンジニアになるための方法は就職をするという方法です。

「えっ!今までそういう企業に勤めるために学校に入る、資格を取る事が必要なんじゃないの」と思う方もいるかもしれませんが、資格のところでも言った通りシステムエンジニアになるには特に資格が必要なわけではありません。

学校に行ったり資格を取ったりするのは、就職をしやすくするためや入社してから短期間で活躍するための下地作りみたいなものです。

なので、学校や資格を取らなくてもシステムエンジニアになることはできます。

実際近年は求人サイトなどでは未経験歓迎のシステムエンジニア募集が多く掲載されています

ただ未経験から何の下地もなくシステムエンジニアはとても大変です。

給与も資格がある人と比べるとかなり下がる傾向にあるので、下地作りができるのであればしておいた方が無難です。

 

多様化するシステムエンジニアの働き方

 

 

色んな方法でなることができるシステムエンジニアですが、ベンチャー企業を中心にその働き方も多様化してきているのでそちらも紹介していきます。

 

フレックスタイム制・コアタイム

 

 

フレックスタイム制・コアタイム制度は他の職種でも増えてきていますが、IT系の企業にはとても多いです。

今まで多くの企業が定時というのを設けて、1日8時間勤務というのを決めていました。

それに対して、1日の中でコアタイムと呼ばれる企業ごとが定める忙しい時間帯だけは会社に絶対出社して、残りの時間は帰ってもいいけど月合計○○時間は出勤してくださいといった出社する時間と退社する時間をある程度自由に決めることのできるといった働き方です。

 

リモートワーカー

 

 

会社には正社員として所属をしているのですが、出社義務がないといった新しい働き方です。

まだあまり多いわけではありませんが、システムエンジニアはパソコンさえあればある程度仕事を完結することができるので、家でも仕事ができるのです。

 

フリーランサー

 

 

フリーランサーは企業から委託を受けて仕事をします。

リモートワーカーとは違い正社員ではなく個人事業主として企業と対等な付き合いをしていきます。

一つの企業に縛られることなく色んな企業とプロジェクトを進めることができるので、常に新しい経験をする事ができます

もちろん実力ありきなのでまずは会社に勤めてエンジニアとしての能力を高めてから始めるのが無難です。

 

最後に

 

 

システムエンジニアになるにはどんな事をすればいいのか分かりましたか?

「大学や専門学校に通って一から丁寧に学ぶ方法」「資格の勉強でシステムエンジニアになる方法」「未経験から就職して会社で育ててもらう方法」と3つの方法を紹介してきました。

どの方法を選ぶにしろシステムエンジニアになるにはしっかりと勉強をする必要があります。

一から学んでいくという覚悟がないとなかなか続かないものなので、安易に考えるのではなくしっかりと考えてから決断してくださいね。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

未経験からゲーム業界へは転職できる?転職エージェントが徹底解説します!

未経験だけどゲーム業界に転職してみたい!今も昔も変わらず多くの人がゲームの仕事をすることにあこがれを持っています。社会人をある程度経験したけれども、やっぱりゲームの仕事をしてみたい!でも未経験だから転職できるのか?疑問に思うことでしょう。今回はそんな疑問を解消させるべく徹底解説していきます。

 

未経験でも憧れのゲーム業界の転職は可能か?

 

 

憧れのゲーム会社に転職したい!でも未経験だから採用されないのでは?と思うかもしれません。

ゲーム業界はスキルや実力主義の部分があるため新卒でもスキルを求められることがほとんどです。

しかし、中途採用でも狙う職種やスキル獲得で転職は可能です。職種別でどのようなスキルが必要か見ていきましょう。

 

プログラマーとして転職は可能か?

 

 

キャラクターの制御やゲームルールの構築を行うのがプログラマーであり、ゲーム制作のキモと言ってもいいでしょう。

結論から言いますとプログラマーとしてのスキルがない限り転職は難しいのが正直なところです。

ただし、ゲーム業界以外でプログラマーとして業務をしている場合はその限りではありません。

なぜプログラマーにスキルが必要かというとプログラム言語の知識が必要だからです。

プログラムスキルがある程度ないとゲーム制作はできません。

 

全くの未経験でもプログラムスキルと業務経験を身につければ転職は可能

 

業務経験やプログラム知識が0だからプログラマーとしての転職を諦める必要はありません。

現在では多くのプログラミングスクールが存在し、業務レベルまで教えてくれています。

ゲーム会社によっては業務レベルの作業経験があることも条件に入っていますが、業務を経験してからゲームプログラマーとして働くことは可能です。

 

しかもプログラムスキルを持っているとゲーム業界以外であるIT業界の転職にも目を向けることができます。

プログラマー求人率は2倍を超えるほどの売り手市場であることからも今のうちからスキルを身につけるのは将来に役立つことと断言できます。

 

必要なスキルは?

 

一口にプログラマーといっても細かい分野があります。

AIやグラフィックス制御などの専門分野があり、専門性が高いほど年収も大きく上がる傾向があります。

しかし、プログラム未経験の場合は専門性の高いところは最初に狙わないようにしましょう。

UIやゲームルールの構築ができるレベルになるのが望ましいです。

 

最近はアプリ開発がメインですのでUnityの知識があると採用されやすい傾向があります。

ハイエンドゲームを作りたい場合はUnrealEngineを学ぶようにしましょう。

これらはゲームエンジンと呼ばれるものであり、学んでおくと有利になります。

 

サーバーサイドエンジニアやフロントエンドエンジニアになるのも一つの手

 

 

プログラマーと聞くとゲームルールの実装やキャラクターの制御などを想像するかもしれません。

しかし、サーバーサイドのエンジニアも近年重宝されています。

最近はアプリゲームが主流であり、サーバーでプレイヤーのデータを管理したりしています。

 

サーバー側ではHTMLやCSS、Perl、Rubyなど多種多様な言語を知っておくと有利です。

鉄板としてはRuby On Railsによる業務経験があると多くの会社で重宝されやすいです。

フロントエンド側ではJavascript、HTML5、CSSなどの知識と業務経験があれば転職は可能です。

 

気になる年収は?

 

ゲームプログラマーの年収は300万円から400万円の間が相場となります。

雇用形態や企業により増減はありますが基本的にはこの年収となります。

ただし、スペシャリストの場合は1000万円以上の方も存在しています。

 

デザイナーとして転職は可能か?

 

 

デザイナーもプログラマ同様、スキルが求められます。

ゲーム開発経験はなくても必要スキルによる業務経験があれば転職は可能です。

 

デザイナーは大きく分けると2Dと3Dの仕事に分かれます。

2Dの場合は主にUIの作成ができるかどうかがポイントになるでしょう。

UIとはユーザーインターフェースのことを指し、わかりやすく言えばゲーム画面のデザイン(ボタン配置や情報表示など)のことです。

 

3Dの仕事の場合はモデルやモーション、テクスチャ、エフェクトなどの分野に分かれます。

大手の会社になればなるほど細分化されている傾向がありますが、基本的には1人で人間キャラクターを作成できるスキルがないと難しいでしょう。

 

必要なスキルは?

 

2Dデザイナーの場合はPhotoshopもしくはIllustratorを使えることが大前提です。

3Dの場合はMayaを多くの会社で採用されているのでMayaを使えるようになるのが大前提となります。

ゲーム制作経験は問われませんが企業が募集する必要スキルによる業務経験があることが条件になっていることが大多数です。

 

気になる年収は?

 

デザイナーの年収もおよそ300万円から400万円の間です。

3Dデザイナーの場合は400万円から500万円の間の場合もあり、スキルや業務により年収は変化します。

スペシャリストであればあるほど年収が高くなる傾向です。

 

プランナーとして転職は可能か?

 

 

プランナーとはゲームのルールを考えたり、ゲームの企画をする方のことを言います。

ゲーム業界未経験でも情熱やアイデアが認められれば採用される可能性はあります。

会社の風土にもよりますがプランナーからディレクターに昇格することが多いのも注目です。

 

必要なスキルは?

 

プランナーになるのに必要な資格はありません。

パソコンで仕様書や企画書の作成、データ入力などを行いますので一通りのパソコンスキルは求められます。

特にパワーポイントを扱えると魅力的な企画書を作成できるようになります。

 

気になる年収は?

 

プランナーの場合は会社によって年収が違ってきます。

プランナーを重視している会社や大手企業の場合は400万円から500万円ですが中小企業の場合は250万円から350万円あたりの相場になります。

プランナーはスキルよりも実績で年収が決まるので成果主義の人は適していると言えるでしょう。

 

ディレクターやプロデューサーとして転職は可能か?

 

 

ディレクターはゲーム開発のまとめ役であり、プロデューサーはゲーム開発をするためのプロモーションや資金繰りなどの対応をするのが主な役目となります。

ディレクターとプロデューサーのスキルがゲームの出来にかかわると言っても過言ではありません。

 

転職先の会社で実績を積むことでなれるのがほとんど

 

結論から言うとゲーム業界自体が未経験でどちらかになれることは皆無と思っていただいて結構です。

しかし、最初からなれなくてもゲーム業界で働きスキルが認められれば慣れる可能性はあります。

 

プログラマーからディレクターになっている方もいますし、プランナーやデザイナーからもディレクターになっている人は存在します。

ディレクターの場合はゲーム制作のかじ取りをする人なのでコミュニケーション能力や判断力が問われます。

プロデューサーの場合はディレクターから昇進する形が多いのでディレクター職を経験することから始まります。

 

未経験でも情熱でカバーはできる!

 

 

ゲーム制作に関連する知識と業務経験があれば転職をすることは可能です。

仮に知識も業務経験も0の場合はスキルを身につけるところからスタートするようにしましょう。

ここまで読んでいただいたのであれば気づいているかもしれませんがゲーム業界で働くのに資格が必須でないことです。

 

多くの募集要項を見ても資格の有無を条件にしていません。

これはスキルと業務経験さえあれば誰でも働くことができるということです。

会社によっては業務経験がなくても社員として採用する例もありますし、アルバイトから正社員になった例もあります。

 

難しいと思って諦めたりせず、自身に足りないものを一つずつ身につけることができれば必ず道は開けます。

夢に思い描いているのであれば、是非一度チャレンジしてみてください。

Geekly Media ライター

gibson

未経験でもプログラマーになれる!?気になる年齢の話から心構えまで徹底解説!

未経験だけど、IT業界でプログラマーとして働きたい!でも、フロントエンドってなに?サーバー?なにそれ美味しいの?年齢制限があるんじゃないの?そんな疑問を解消し、IT業界でプログラマーとして活躍できるための心構えをお伝えしていきます。

 

IT業界に年齢制限はあるの?

 

 

IT業界は比較的若いプログラマーが活躍しているイメージがありますよね、どこか先進的で、イケイケな若い人たちがギラついている……そんな想像を持っている方も多いと思います。

一口にIT業界と言ってもその内容は様々ですので年齢層やタイプも一概には言えません。

ですが一つだけ言えることとしては、未経験からプログラマーに転職する上で年齢による制限などは一切ありません。

確かに、web系と呼ばれる自社サービスを開発する会社は若い実力のあるプログラマーが多い傾向にありますが、そうした会社は実力主義であることが多いので年齢はあまり気にしません。

もちろん、若い人のほうが伸びしろがあったり、吸収が早かったりしますが、年齢を重ねていることがそのままハンデになるような業界ではないと断言できます。

 

年齢による制限はありません!

 

 

とはいえ、未経験からいきなり大手IT企業へプログラマーとして転職することは難しいです。これは年齢に限らず、スキルの問題として、です。

まずはSIerと呼ばれるシステム開発を他社から受注する企業へ入社し、プログラミングの基礎からみっちり勉強することをおすすめします。

そうした現場で経験を積めば業界内での転職もスムーズに進みますし、しっかりスキルが身についていれば年齢がネックになることもありません。

むしろ年を重ねたプログラマーはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーとして重宝される傾向にあるので、積極的にステップアップを目指すこともできます。

 

SIerなら門扉も広いのでおすすめ

 

 

いきなりweb系のプログラマーとして転職することは難しいので、まずはSIerへ転職することを目指しましょう。

多くの企業がプログラミング未経験でも歓迎しているので、門扉はかなり広いと思います。

というのも、今はIT業界も人手不足なので需要に供給が追いついていない状況です。

未経験でも手厚い研修を用意していたり、OJTを導入して即戦力を育てるなどの施策を行う企業が増えていますので、まずはこうした企業を足がけとして、プログラマーに転職することをおすすめします。

 

どんなキャリアがあるの?

 

 

さきほど、ちらりと触れましたがプログラマーにはその先のキャリアが開かれています。

ここからは実際にプログラマーとしてIT業界に飛び込んだ後、どんなキャリアがあるのか、イメージしやすく家の建築に例えて説明していきます。

 

プログラマーは現場の大工さん

 

 

プログラマーが行う作業はコーディングと呼ばれる、システムを実現するために必要なプログラムを実際に記述していく仕事になります。

家を建てる場合を想定してみるとわかりやすいのですが、プログラマーは現場で作業を行う大工さんです。木を削ったり、釘を打ったりして骨組みから細部に至るまで実際に組み立てを行います。

その一つ上の工程にいるのが、システムエンジニアと呼ばれる職業です。

 

システムエンジニアは建築士

 

 

システムエンジニアはお客様と実際に会話をしたりして家の設計を担当している工程です。家の建設に例えるなら建築士にあたります。

建築士はお客様の求めるニーズを正確に汲み取り、知識をフルに活用してその希望に応えられる住居を考えますが、これをシステム(仕組み)に当てはめたものがシステムエンジニアです。

クライアントの抱える問題をヒアリングし、どんなシステムを作れば問題が解決されるのか考え、必要なプログラムを導き出します。

こうして用意されたプログラムをコーディングして実装していくのがプログラマーになります。

実はシステムエンジニアのさらに上流工程にはプロジェクトマネージャーと呼ばれる責任者が存在します。

 

プロジェクトマネージャーは営業部長

 

 

家を建てるためにはどれくらいの予算や期間が必要で、どこから材料を調達してくるのか考えて立案する責任者が存在します。これを営業部長だと仮定します。

システムの構築でも、こうした納期の設定を行ったり、顧客と費用の折衝を行う責任者が存在します。これをプロジェクトマネージャーと呼びます。

システムの運用、保守まで責任を持って行う立場になりますので、経験が豊富で実力のある人が担当することが多いです。

 

上流工程を目指すのがセオリー!

 

 

こうした上流工程を目指してキャリアアップをしていくのがプログラマーのセオリーになります。

実際に多くのプログラマーがこうしたキャリアを実現し、最終的には独立したり起業したりしています。

しかし、IT業界の面白さは必ずしも上流工程を担当しなくても独立、起業を目指せる自由さにあります。

 

キャリアアップするためには?

 

 

キャリアアップするためには、まずプログラマーとしてスタートしコーダーとしての知識を取得します。

はじめはわけの分からない文字の羅列に思えるでしょうが、それも仕方ありません。

プログラム「言語」ですから、他国の言語をイチから勉強しているのと変わりません。

英語を勉強するのと同じように、何度も繰り返し使っていることで「この場面ではこれを使うべきだ」という感覚が身についてきますので、とにかくまずはコーディングを覚えます。

次第にプログラム全体が見えるようになってきますが、そのあたりで自分が欲しいサービスなどを開発してみると良いでしょう。

 

ニーズに合ったサービスを提供する

 

 

コーディングを身につけると「実現できること」が増えていきます。

つまり自分が欲しいものを自分で作ったり、ニーズを調査して誰かにウケるものを作ったりすることができます。

世の中にある全てのテクノロジーはこうした「技術」と「ニーズ」が出会った先にあるものでした。

まだここにないものを作るためにも、自分にできることを増やし、ニーズを調査する嗅覚を備えることは重要です。

そこでポイントになるのは自分の感覚です。

自分がほしいと思ったものは、他の誰かも欲しいと思っている可能性があります。

まずは自分が「あったらいいな」と思うものを想像し、作り上げる技術を身に着けましょう。

 

独立も視野に入れられる魅力的なIT業界、向いてる人は?

 

 

大体の案件では、プログラマーとして二年以上の経験を積めばフリーランスとして仕事を受注することができます。

こんなに早いスパンで独立できる仕事はなかなかありません、また実力次第では自分でプロジェクトを組み、システム設計からコーディングまで行うことも可能です。

高報酬も期待できる、夢のある業界と言えますが、技術の流行り廃りが早くたゆまぬ努力が必要な分野ですのでもちろん向き不向きがあります。

では、プログラマーに向いている人とは具体的にどのような人なのでしょうか。

 

好奇心旺盛な人

 

 

絶えずなにか新しいものを開発したり、知らないことを知って糧にしたいという好奇心を持っている人は向いています。

数年前は主流だった技術がすでに時代遅れと笑われてしまうほどサイクルが早い世界なので、いつでも高いアンテナを張って情報収集を続けられる人が好ましいです。

若い人のほうが吸収が早いので向いているといわれがちですが、歳をとっても好奇心を忘れずにいる方にとっては天職となるでしょう。

 

野心がある人

 

 

独立、起業がしやすい分野ですので野心を持った方にはかなり輝いて見える業界でしょう。

実際、エネルギッシュな方や野心家がおおくいる業界ですので、良い刺激を受けながら独立や起業に向けて動くことができます。

 

誰かのためになる仕事がしたい人

 

 

システムやプログラムはクライアントのためにあります。

使う人がこれまでよりも良い生活を送るためにテクノロジーは存在していますので、自分の力で誰かに良い変化を起こしたいという気持ちが強い方には向いている仕事です。

 

未経験からでも十分転職のチャンスがある

 

 

未経験では転職しづらいと思われがちなプログラマーですが、実はそんなことありません。

どうしてIT業界へ飛び込もうと思ったのか、どんな特徴があって、どんな仕事をするのか。

そこでどのような貢献がしたいのかをちゃんと自分の言葉で話せる人には門扉が十分に開かれている業界ですので、年齢を理由に諦めるのはもったいないです。

geeklyでは年齢不問で未経験でも就業可能な案件をたくさんご用意して、あなたが一歩を踏み出すことをお待ちしています。

Geekly Media ライター

未経験でもIT業界に転職するためには?身に付けておきたいスキルから心構えまで徹底解説!

未経験からでも転職可能なIT業界、でも完全に未経験な方はやっぱり不安に感じるものですよね。どんな能力が求められるのか、何が必要なのか分からないと対策も立てられません。
そこで、IT業界に完全未経験から飛び込むあなたに今すぐ持っておいてほしい心構えや、簡単にできる独学方法をご紹介します。役立つ情報満載ですので、IT業界への転職を検討している方はぜひ最後までご覧くださいね。

 

IT業界で求められるスキルって?

 

 

IT業界といっても、範囲は広く奥が深いので一概には言えません。

しかしどの職種にも言えることとしては「クライアントの期待に応える」ことができなければどんな優れたサービスもアプリも消えていく業界だということです。

素晴らしい知識や技術を持つエンジニアであっても、クライアントの希望通りのものが作れなければその技術は無価値になります。

あくまでもIT業界は、そのテクノロジーを使って「人を豊かにする」職種であることは忘れないようにしましょう。

人の話を聞いたり相手の要望を正しく理解するコミュニケーション力は必須になりますし、絶えず変化を続ける業界なので新しいことをどんどん吸収する貪欲さも必要になります。

逆に言えば風通しが良く、自分の技術や知識で人を助けたい、社会をよりよくしたいという意識が強い方にとっては天職にもなりうる業界です。

それでも、未経験であれば最低限のIT知識は持っておきましょう。

 

最低限ITに関する知識は持っておくべき

 

 

アプリにせよwebサイトにせよ、多くの人の手を通して作られるものです。

全体で工程を確認するフローチャート図を元に作業が進められていきますので、こうした図の意味を読み取ったり、専門用語を理解できる基礎知識は必須になります。

ITパスポート程度のIT知識は必須ですので、もし未取得の場合は積極的に取得することをおすすめします。

 

バックエンドとフロントエンドって?

 

 

バックエンドとはサーバーやデータベースなどを動かすための「目に見えない部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

フロントエンドとは、今あなたが目にしているwebサイトのように「目に見える部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

大きく分けてフロントエンドのほうが比較的とっつきやすく、初心者でもプログラミングしやすい分野だといわれています。

 

フロントエンドならHTMLやCSSがおすすめ

 

 

この記事は「HTML」と呼ばれるプログラミング言語で記述されています。

ハイパーテキストマークアップランゲージの頭文字を取ってHTMLと呼ばれており、私たちに馴染みの深い言語です。

webサイトの色や背景をいじりまわすためには「CSS」と呼ばれる言語を使います。

この二つは必ず使われることになりますので、セットで覚えておきましょう。

あとは「JavaScript」という動きをつけるための言語もありますが、大きくこの三つは初学者向けといわれています。

 

バックエンドならrubyかPHPがおすすめ

 

 

「ruby」や「PHP」はバックエンド、つまり目に見えないシステムなどを設計する際に用いられる言語です。

rubyは比較的新しい言語で、記述するための文法がかなり簡単なので初心者でも勉強しやすい言語です。

PHPは多くのサービスなどで利用されているメジャーな言語で、有名所で言えばツイッターなどはPHPで構成されています。

エンジニアとしての未来を考えると、rubyやPHPを中心に言語を習得していくと良いでしょう。

 

エンジニアのスキルはどこで学べばいいの?

 

 

初心者向けの言語はわかったけど、どこでどのように学べばよいのでしょう。

プログラミングのオンラインスクールは10万円近くかかってしまいますので、なかなか手が出ませんよね。

実は無料でプログラミングを勉強できるサービスがあります。

それがドットインストール、という超有名サイト。

こちらはブラウザ上で動画を見ながら実際にプログラミングを行えるウェブサイトで、無料で基礎知識を身につけることができます。

多くの初学者の強い味方として今日まで運営されてきた、信頼できるサイトです。

全くの初学者であればこちらから入門し、最後まで通してクリアしたら学習用に本を購入して実際に自分の作りたいものを作ってみるとよいでしょう。

いきなり本を買ってもちんぷんかんぷんになって挫折してしまいがちですので、まずは基礎からしっかり固めることをおすすめします。

 

選んだ言語で何か作ってみる

 

 

どの言語を選んだかにもよりますが、まずは簡単なアプリやサービス、webサイトなどを自力で作ってみましょう。

勉強するだけではわからなかったことがどんどん出てきますし、行き詰まってイライラすることもあるでしょうが、それはプロになっても同じです。

プログラミングは壁をひとつずつ乗り越えていく作業ともいわれていますので、まずは自分で壁を越える経験をしてみるとプログラミングの雰囲気がつかめると思います。

転職前にこうした経験をしてみることで、自分に適性があるかどうかを早い段階で知ることができます。

 

習得にはどれくらい時間がかかる?

 

 

コーディングをイチから学ぶにはいくつかの方法がありますが、選んだ学習方法によって習得にかかる時間には大きく差が出ます。

最も効率的なのはマンツーマン指導を受けられる学習塾やスクールを利用することでしょう。

こうした指導を受ける場合は、多くの場合半年程度でエンジニアとしてのキャリアをスタートできるようになります。

独学で取り組む場合は一年程度を見込んでおくとよいでしょう。

やはり壁にぶつかったときにすぐプロに聞ける環境と、自分で考えて取り組むしかない環境とでは大きな差が生まれてしまうのは仕方ありません。

自分のスタイルに合った学習方法を選びましょう。

 

エンジニア育成スクールってどうなの?

 

 

未経験からエンジニアを育成するスクールは多数ありますが、相場としては10万円〜20万円程度の費用がかかります。けっこう痛手ですよね。

その代わりに、現役のエンジニアなどがつきっきりで指導してくれるなど、本物の技術が身につくでしょう。就職支援も行っている場合が多いので、今後のキャリアを考えたときにはかなり有効な手段です。

分割払いを受け付けてくれるスクールもありますので、将来、本気でエンジニアになりたいという方はぜひ考えてみてください。

同じ志を持った方と出会える可能性もありますし、人脈を広げるという意味でもおすすめの方法です。

 

エンジニアは入社後も勉強が続く仕事って本当?

 

 

エンジニアはものを作るだけではなく「何を作るか」も重要になります。

そのため、刻々と変化する時代のニーズに合ったサービスを提供していく必要があります。

時流を読んで需要にあったものを作るには最新技術を取り込み続ける必要がありますし、勉強に終わりはないでしょう。

テクノロジーの最先端を走るエンジニア、好奇心旺盛でどんどん新しいことに挑戦したい方にはおすすめの職業です。

 

最先端の知識が求められ続ける

 

 

実際に、AI開発を手がけられるエンジニアには高い給与が支払われています。

他にもブロックチェーンに関する知識を持ったエンジニアは重宝されています。

こうした最新技術に対して知識を持つことでエンジニアとしての地位を確保することができますので、最先端の技術に対する勉強は欠かせません。

逆に、10年、20年と同じ言語のみでエンジニアを続けるのは難しく、新しいスキルの習得を通して時代に乗り続けていかなければ、エンジニアとしての仕事は務まらないのです。

 

異なる言語の習得を続ける必要がある

 

 

プログラミング言語は数多くありますが、生き物のように盛衰を繰り返しています。

現代はruby、PHP、Pythonが主流で、実際に言語別の年収を見てもこれらの言語は水準が高いことがわかります。

その時その時で使われている言語を適宜習得していく柔軟性を持つことで、どんな現場でも対応できるようになるため活躍の場が広がるでしょう。

 

今後はPythonがアツい

 

 

やはりAI開発が今後の柱になってきますので、機械学習で使われるPythonが扱えるエンジニアは将来性があるといわれています。

これからどんな言語を習得しようか迷っている初学者の方には頭の片隅にPythonという言語があるんだな、くらいにとどめておいてほしいです。

 

エンジニアという職業には無限の可能性が詰まってい

 

 

IoTはこれから更に拡大し、テクノロジーと融合していない道具はなくなっていくと考えられいます。

それはつまりIT業界にはまだ無限の伸びしろがあるということですし、イノベーションを起こす余地は十分に残っていることを意味します。

その担い手はあなたかもしれません。

また、二年ほど現場で就業すれば独立も十分考えられる自由な業界ですので、リモートワークやフリーランスといった働き方に憧れている方にも検討していただきたい業界です。

geeklyでは未経験でも応募可能な仕事をたくさんご用意してあなたの応募をお待ちしております。

無限の可能性が広がるIT業界で、あなたの未来を加速させてみませんか?

Geekly Media ライター