【必見!】未経験からインフラエンジニアへのキャリアパスを徹底解説!どう準備をすればいいかまで分かりやすく解説します!

IT化された現代の根底を支えているのは、インフラエンジニアというIT技術のスペシャリストです。そんなインフラエンジニアという職業を目指したいと思った時、まず何から始めたら良いかが分からない人も少なくありません。そこで今回は、未経験からインフラエンジニアを目指す準備とキャリアパスについて、分かりやすく解説します!

 

インフラエンジニアはITサービスを支える

 

 

インフラエンジニアとは、ITシステムのサーバーやネットワークの設計や構築、保守や運用に至るまでを司るITエンジニアです。非常に専門性の高い業務でもありますので、いきなり「インフラエンジニアになる」ことは難しいかもしれません。

それはサーバーやネットワークの仕組みや役割を深く理解し、システム全体を把握するスキルが必要だからです。

インフラエンジニアは、大きく以下のように分類できます。

 

・サーバーエンジニア

・ネットワークエンジニア

・データベースエンジニア

 

全てインフラエンジニアの範疇にあり、それぞれの異なる技術が連携し一つになって、ITサービスを支えているのです。インフラエンジニアは、想像するよりも幅広い知識が必要とされます。

 

サーバーエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるインフラエンジニアと聞けば、まず思い浮かぶのがサーバーエンジニアではないでしょうか。ITサービスのほとんどは、サーバーに置かれたプログラムが、サーバー機能と連携して提供されています。

その役割には次のようなものがあります。

 

・サーバー選定

・サーバーキッティング

・サーバー設計

・サーバー構築

・サーバー運用・保守

 

などです。

 

ネットワークエンジニアの役割

 

 

ITシステムにおけるほとんどのサービスは、ネットワークを通じて提供されています。このネットワーク通信が効率よく利用できるように設計・構築を行い、ネットワークトラブル時にも通信障害を最小限に抑えるのがネットワークエンジニアです。

その役割には次のようなものがあります。

 

・ネットワーク機器選定

・ネットワーク機器設定

・ケーブル配線

・ネットワーク設計

・ネットワーク構築

・ネットワーク運用・保守

 

などです。

どれか一つでもミスや障害が起これば、通信障害が起こり、大規模な事故に発展してしまいます。

 

データベースエンジニアの役割

 

 

データベースエンジニアは、ITシステム上のデータを効率よく運用するため、サーバー上にあるデータベースの設計や設定過負荷に合わせたチューニングなどを行います。

その役割には次のようなものがあります。

 

・データベースの選定

・データベース設計

・データベース構築

・データベースチューニング

 

などです。

データベースエンジニアは、特にソフトウェア開発との連携も多いエンジニアです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

1+

未経験でもシステムエンジニアになれる!エンジニアになるためにやるべきこととは?

システムエンジニアという職種を聞いたことはありますか?エンジニアと聞くと難しそうに聞こえますが、実は近年は未経験の方でもシステムエンジニアを目指せるような環境ができてきています。では実際エンジニアになるためにはどんな事をすればいいのかを紹介していきます。システムエンジニアになりたいという方は是非最後まで読んで下さいね。

 

システムエンジニアについて知ろう

 

 

システムエンジニアという言葉を多くの人が聞いたことがあると思います。

名前だけ聞いているとかっこよさそうにも聞こえるのでやってみたいと思う方も多いのではないでしょうか?

しかし、実際にシステムエンジニアがどんな仕事をしているかを知っていますか?

近年のIT業界の成長は著しく、生活と切っても切り離せない関係になってきました。

システムエンジニアとして働いてくれている人たちが、私たちが普段使っているIT製品のシステムを作ってくれています。

つまりIT業界を支えているのがシステムエンジニアといっても過言ではないほどの存在です。

ちなみにシステムエンジニアはSEとも呼ばれており、求人募集などでは略称であるSEで表記されることも多いです。

 

システムエンジニアはどんな仕事をする?

 

 

具体的にどんな仕事をしているのかというと、取引先企業などからこういうことをしたいという要望を伺い、その要望をもとにシステムを構築することで実現するお仕事です。

実際のフローとしては「要望をヒアリング」→「どう実現するのかを設計」→「具体的にどんなシステムを組み込むのか設計」→「できたシステムの動作確認」といった感じで仕事をしています。

企業によってもシステムエンジニアのあり方も異なるので、一概には言えませんがこれが基本的なシステムエンジニアの仕事です。

では実際にシステムエンジニアになるためにはどんなフローを踏めばいいのか知っていますか?

 

システムエンジニアになるには① 学校に通う

 

 

最初に紹介するシステムエンジニアになるためにする事は「学校に通う」です。

これが一番わかりやすく、基本から学びたい方にはおすすめの方法です。

 

専門学校に入学する

 

 

学校に入って学ぶ中でも一番おすすめなのが専門学校で学ぶことです。

専門学校では自分が目指すところを専門的に学ぶことができるので、余計な時間をかけずに最短距離で知識を深めることができます。

多くの専門学校では現在も第一線で活躍しているベテランのシステムエンジニアの方などゲスト講師という形で、専門的な知識はもちろん業界の事、実際に現場で活きる能力等を経験から教えてもらうことができます。

卒業してからすぐにシステムエンジニアとして活躍できるような実践的な能力を学びたいと考えている方におすすめです。

 

大学に入学する

 

 

専門学校と比べると専門性が低い大学ですが、学校によっては高度な技術を学ぶこともできますし専門学校と比べると学歴も上になるので就職の上では有利に働きます

どの学科がシステムエンジニアに繋がるかというと、主に情報系の学科がシステムエンジニアになる学科になるのですが大学はシステムエンジニアになる事を強要するわけではないので、ただ通っていればシステムエンジニアになれるというわけではありません。

自主的に学んでいくことが非常に重要になります。

 

システムエンジニアになるには② 資格を取る

 

 

次に紹介するシステムエンジニアになる方法は資格を取るという方法です。

システムエンジニアはこの資格がないとなれないというものではないので、資格を取る必要はないのですが、パソコンを使いこなせなければシステムエンジニアになることはできません。

パソコンのスキルを上げるために資格の勉強をするのは非常にいい方法です。

資格を持っていることで就職をしようと考えた時も企業からいい印象を持ってもらえるので合格がしやすいですし、働きだしてからも手当てがもらえたり仕事を任せてもらいやすかったりとメリットがあります。

なので、資格を取得しておくことがシステムエンジニアになる近道といえます。

しかし先ほども話した通りシステムエンジニアには、弁護士になるには弁護士資格・医者になるには医師免許といったような直接的な資格があるわけではありません。

なので、システムエンジニアの実務に役立つ初心者におすすめの資格についても紹介しておきます。

 

Geekly Media ライター

2+

未経験からゲーム業界へは転職できる?転職エージェントが徹底解説します!

未経験だけどゲーム業界に転職してみたい!今も昔も変わらず多くの人がゲームの仕事をすることにあこがれを持っています。社会人をある程度経験したけれども、やっぱりゲームの仕事をしてみたい!でも未経験だから転職できるのか?疑問に思うことでしょう。今回はそんな疑問を解消させるべく徹底解説していきます。

 

未経験でも憧れのゲーム業界の転職は可能か?

 

 

憧れのゲーム会社に転職したい!でも未経験だから採用されないのでは?と思うかもしれません。

ゲーム業界はスキルや実力主義の部分があるため新卒でもスキルを求められることがほとんどです。

しかし、中途採用でも狙う職種やスキル獲得で転職は可能です。職種別でどのようなスキルが必要か見ていきましょう。

 

プログラマーとして転職は可能か?

 

 

キャラクターの制御やゲームルールの構築を行うのがプログラマーであり、ゲーム制作のキモと言ってもいいでしょう。

結論から言いますとプログラマーとしてのスキルがない限り転職は難しいのが正直なところです。

ただし、ゲーム業界以外でプログラマーとして業務をしている場合はその限りではありません。

なぜプログラマーにスキルが必要かというとプログラム言語の知識が必要だからです。

プログラムスキルがある程度ないとゲーム制作はできません。

 

全くの未経験でもプログラムスキルと業務経験を身につければ転職は可能

 

業務経験やプログラム知識が0だからプログラマーとしての転職を諦める必要はありません。

現在では多くのプログラミングスクールが存在し、業務レベルまで教えてくれています。

ゲーム会社によっては業務レベルの作業経験があることも条件に入っていますが、業務を経験してからゲームプログラマーとして働くことは可能です。

 

しかもプログラムスキルを持っているとゲーム業界以外であるIT業界の転職にも目を向けることができます。

プログラマー求人率は2倍を超えるほどの売り手市場であることからも今のうちからスキルを身につけるのは将来に役立つことと断言できます。

 

必要なスキルは?

 

一口にプログラマーといっても細かい分野があります。

AIやグラフィックス制御などの専門分野があり、専門性が高いほど年収も大きく上がる傾向があります。

しかし、プログラム未経験の場合は専門性の高いところは最初に狙わないようにしましょう。

UIやゲームルールの構築ができるレベルになるのが望ましいです。

 

最近はアプリ開発がメインですのでUnityの知識があると採用されやすい傾向があります。

ハイエンドゲームを作りたい場合はUnrealEngineを学ぶようにしましょう。

これらはゲームエンジンと呼ばれるものであり、学んでおくと有利になります。

 

サーバーサイドエンジニアやフロントエンドエンジニアになるのも一つの手

 

 

プログラマーと聞くとゲームルールの実装やキャラクターの制御などを想像するかもしれません。

しかし、サーバーサイドのエンジニアも近年重宝されています。

最近はアプリゲームが主流であり、サーバーでプレイヤーのデータを管理したりしています。

 

サーバー側ではHTMLやCSS、Perl、Rubyなど多種多様な言語を知っておくと有利です。

鉄板としてはRuby On Railsによる業務経験があると多くの会社で重宝されやすいです。

フロントエンド側ではJavascript、HTML5、CSSなどの知識と業務経験があれば転職は可能です。

 

気になる年収は?

 

ゲームプログラマーの年収は300万円から400万円の間が相場となります。

雇用形態や企業により増減はありますが基本的にはこの年収となります。

ただし、スペシャリストの場合は1000万円以上の方も存在しています。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+

未経験でもプログラマーになれる!?気になる年齢の話から心構えまで徹底解説!

未経験だけど、IT業界でプログラマーとして働きたい!でも、フロントエンドってなに?サーバー?なにそれ美味しいの?年齢制限があるんじゃないの?そんな疑問を解消し、IT業界でプログラマーとして活躍できるための心構えをお伝えしていきます。

 

IT業界に年齢制限はあるの?

 

 

IT業界は比較的若いプログラマーが活躍しているイメージがありますよね、どこか先進的で、イケイケな若い人たちがギラついている……そんな想像を持っている方も多いと思います。

一口にIT業界と言ってもその内容は様々ですので年齢層やタイプも一概には言えません。

ですが一つだけ言えることとしては、未経験からプログラマーに転職する上で年齢による制限などは一切ありません。

確かに、web系と呼ばれる自社サービスを開発する会社は若い実力のあるプログラマーが多い傾向にありますが、そうした会社は実力主義であることが多いので年齢はあまり気にしません。

もちろん、若い人のほうが伸びしろがあったり、吸収が早かったりしますが、年齢を重ねていることがそのままハンデになるような業界ではないと断言できます。

 

年齢による制限はありません!

 

 

とはいえ、未経験からいきなり大手IT企業へプログラマーとして転職することは難しいです。これは年齢に限らず、スキルの問題として、です。

まずはSIerと呼ばれるシステム開発を他社から受注する企業へ入社し、プログラミングの基礎からみっちり勉強することをおすすめします。

そうした現場で経験を積めば業界内での転職もスムーズに進みますし、しっかりスキルが身についていれば年齢がネックになることもありません。

むしろ年を重ねたプログラマーはシステムエンジニアやプロジェクトマネージャーとして重宝される傾向にあるので、積極的にステップアップを目指すこともできます。

 

SIerなら門扉も広いのでおすすめ

 

 

いきなりweb系のプログラマーとして転職することは難しいので、まずはSIerへ転職することを目指しましょう。

多くの企業がプログラミング未経験でも歓迎しているので、門扉はかなり広いと思います。

というのも、今はIT業界も人手不足なので需要に供給が追いついていない状況です。

未経験でも手厚い研修を用意していたり、OJTを導入して即戦力を育てるなどの施策を行う企業が増えていますので、まずはこうした企業を足がけとして、プログラマーに転職することをおすすめします。

 

どんなキャリアがあるの?

 

 

さきほど、ちらりと触れましたがプログラマーにはその先のキャリアが開かれています。

ここからは実際にプログラマーとしてIT業界に飛び込んだ後、どんなキャリアがあるのか、イメージしやすく家の建築に例えて説明していきます。

 

プログラマーは現場の大工さん

 

 

プログラマーが行う作業はコーディングと呼ばれる、システムを実現するために必要なプログラムを実際に記述していく仕事になります。

家を建てる場合を想定してみるとわかりやすいのですが、プログラマーは現場で作業を行う大工さんです。木を削ったり、釘を打ったりして骨組みから細部に至るまで実際に組み立てを行います。

その一つ上の工程にいるのが、システムエンジニアと呼ばれる職業です。

 

システムエンジニアは建築士

 

 

システムエンジニアはお客様と実際に会話をしたりして家の設計を担当している工程です。家の建設に例えるなら建築士にあたります。

建築士はお客様の求めるニーズを正確に汲み取り、知識をフルに活用してその希望に応えられる住居を考えますが、これをシステム(仕組み)に当てはめたものがシステムエンジニアです。

クライアントの抱える問題をヒアリングし、どんなシステムを作れば問題が解決されるのか考え、必要なプログラムを導き出します。

こうして用意されたプログラムをコーディングして実装していくのがプログラマーになります。

実はシステムエンジニアのさらに上流工程にはプロジェクトマネージャーと呼ばれる責任者が存在します。

 

プロジェクトマネージャーは営業部長

 

 

家を建てるためにはどれくらいの予算や期間が必要で、どこから材料を調達してくるのか考えて立案する責任者が存在します。これを営業部長だと仮定します。

システムの構築でも、こうした納期の設定を行ったり、顧客と費用の折衝を行う責任者が存在します。これをプロジェクトマネージャーと呼びます。

システムの運用、保守まで責任を持って行う立場になりますので、経験が豊富で実力のある人が担当することが多いです。

 

Geekly Media ライター

3+

未経験でもIT業界に転職するためには?身に付けておきたいスキルから心構えまで徹底解説!

未経験からでも転職可能なIT業界、でも完全に未経験な方はやっぱり不安に感じるものですよね。どんな能力が求められるのか、何が必要なのか分からないと対策も立てられません。
そこで、IT業界に完全未経験から飛び込むあなたに今すぐ持っておいてほしい心構えや、簡単にできる独学方法をご紹介します。役立つ情報満載ですので、IT業界への転職を検討している方はぜひ最後までご覧くださいね。

 

IT業界で求められるスキルって?

 

 

IT業界といっても、範囲は広く奥が深いので一概には言えません。

しかしどの職種にも言えることとしては「クライアントの期待に応える」ことができなければどんな優れたサービスもアプリも消えていく業界だということです。

素晴らしい知識や技術を持つエンジニアであっても、クライアントの希望通りのものが作れなければその技術は無価値になります。

あくまでもIT業界は、そのテクノロジーを使って「人を豊かにする」職種であることは忘れないようにしましょう。

人の話を聞いたり相手の要望を正しく理解するコミュニケーション力は必須になりますし、絶えず変化を続ける業界なので新しいことをどんどん吸収する貪欲さも必要になります。

逆に言えば風通しが良く、自分の技術や知識で人を助けたい、社会をよりよくしたいという意識が強い方にとっては天職にもなりうる業界です。

それでも、未経験であれば最低限のIT知識は持っておきましょう。

 

最低限ITに関する知識は持っておくべき

 

 

アプリにせよwebサイトにせよ、多くの人の手を通して作られるものです。

全体で工程を確認するフローチャート図を元に作業が進められていきますので、こうした図の意味を読み取ったり、専門用語を理解できる基礎知識は必須になります。

ITパスポート程度のIT知識は必須ですので、もし未取得の場合は積極的に取得することをおすすめします。

 

バックエンドとフロントエンドって?

 

 

バックエンドとはサーバーやデータベースなどを動かすための「目に見えない部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

フロントエンドとは、今あなたが目にしているwebサイトのように「目に見える部分」を形作っているシステムやプログラムを指します。

大きく分けてフロントエンドのほうが比較的とっつきやすく、初心者でもプログラミングしやすい分野だといわれています。

 

フロントエンドならHTMLやCSSがおすすめ

 

 

この記事は「HTML」と呼ばれるプログラミング言語で記述されています。

ハイパーテキストマークアップランゲージの頭文字を取ってHTMLと呼ばれており、私たちに馴染みの深い言語です。

webサイトの色や背景をいじりまわすためには「CSS」と呼ばれる言語を使います。

この二つは必ず使われることになりますので、セットで覚えておきましょう。

あとは「JavaScript」という動きをつけるための言語もありますが、大きくこの三つは初学者向けといわれています。

 

バックエンドならrubyかPHPがおすすめ

 

 

「ruby」や「PHP」はバックエンド、つまり目に見えないシステムなどを設計する際に用いられる言語です。

rubyは比較的新しい言語で、記述するための文法がかなり簡単なので初心者でも勉強しやすい言語です。

PHPは多くのサービスなどで利用されているメジャーな言語で、有名所で言えばツイッターなどはPHPで構成されています。

エンジニアとしての未来を考えると、rubyやPHPを中心に言語を習得していくと良いでしょう。

 

エンジニアのスキルはどこで学べばいいの?

 

 

初心者向けの言語はわかったけど、どこでどのように学べばよいのでしょう。

プログラミングのオンラインスクールは10万円近くかかってしまいますので、なかなか手が出ませんよね。

実は無料でプログラミングを勉強できるサービスがあります。

それがドットインストール、という超有名サイト。

こちらはブラウザ上で動画を見ながら実際にプログラミングを行えるウェブサイトで、無料で基礎知識を身につけることができます。

多くの初学者の強い味方として今日まで運営されてきた、信頼できるサイトです。

全くの初学者であればこちらから入門し、最後まで通してクリアしたら学習用に本を購入して実際に自分の作りたいものを作ってみるとよいでしょう。

いきなり本を買ってもちんぷんかんぷんになって挫折してしまいがちですので、まずは基礎からしっかり固めることをおすすめします。

 

Geekly Media ライター

3+