派遣社員から正社員になることは出来るのか?!転職する時に押さえるべきポイントを解説!

不安定な働き方の代表例として語られがちな派遣社員。
正社員になりたくてもなかなか正社員雇用が望めないことが問題視されています。
派遣から正社員になるにはどのような取り組みが必要なのでしょう。
正社員と派遣社員の待遇の違いや制度について解説していきます。
本気で正社員になりたい人はぜひご覧ください。

 

転職するときに気をつけたいポイント

 

 

派遣でも正社員でも共通して、転職時に気をつけたいポイントは三つあります。

転職する理由、時期、場所です。

それぞれ見ていきましょう。

 

なぜ転職するのか、理由を明確にする

 

 

正社員になればローンも通りやすくなりますし、クレジットカードも持ちやすくなります。

契約更新に怯えなくても良いですし、風邪で数日休んだくらいで白い目を向けられることもなくなります。

でも、代わりにプレッシャーも大きくなります。

いざという時にプレッシャーをはねのけるためには、正社員でありつづける「理由」が必要になります。

転職前に、そうした理由や計画をしっかり立てておかないと、辛いことがあったときに崩れてしまうでしょう。

 

いつ転職するのか、時期を明確にする

 

 

転職時期はかなり重要になります。

あなたの年齢や景気、業界の雰囲気によっても変わってきますが、ある程度の計画を立ててから転職に踏み切らなければ、転職後に後悔することになります。

時期を定めるというのはそうした計画を立てることにもつながりますので、まずはそのあたりをはっきりさせましょう。

結婚を考えているのであれば◯歳までに彼女と籍を入れる……という計画のために◯年以内に正社員を目指す!

という逆算思考ができますよね。

逆に時期が明確でない転職というのは、その先にあるはずの目標がぶれている可能性が高いので危険です。

時間軸も交えた具体的な計画を立ててみましょう。

 

どこへ転職するのか、場所を明確にする

 

 

仕事をする場所、というのは本当にたくさんあります。まさに無限です。

勤務地、役職、雇用形態、どれも重要ですが、本当に大切なのはあなたのライフスタイルです。

QOLが重要視されはじめてからもうかなり経ちますが、未だに東京や大阪などの大都市で就業するのが一般的である状況は変わっていません。

本当は自然の中で暮らしたい、と考えていながらも仕事がないからしぶしぶ都会へ働きに……という方もいらっしゃるでしょう。

それはあなたのライフスタイルが仕事に負けていることを意味します。本当に自分がとりたいスタイルが取れていないのです。

エンジニアなどは経験を積めば独立していける風通しの良い業界です。

それこそ田舎でリモートワークをしながら開発を手がけるSEだってたくさんいます。

つまり勤務地だけでなく立場、という意味も含めて「場所」が重要になるのです。

自分が将来どのような場所で働きたいのか。

役職や立場、勤務地も合わせて希望のライフスタイルを思い浮かべてみましょう。

ここからは特に派遣から正社員への転職を望む際に気をつけたい部分について解説していきます。

 

派遣社員からの転職を目指すためには?

 

まず、派遣社員について理解を共有しましょう。

実は派遣社員には二種類のパターンが存在します。

常用型派遣と、登録型派遣です。

 

常用型派遣の特徴

 

 

ある会社に直接雇用されている労働者が、一定期間他の企業に派遣されて業務を行う形態です。

期間が満了すればまた元の会社に戻り、次の派遣先へ向かったり、自社内で仕事をしたりします。

基本的に給与や有給などの制度面で正社員との違いはありません。

問題となっているのは登録型派遣、もう一つの方ですね。

 

Geekly Media ライター

3+

アルバイトでも正社員に転職できる? アルバイトの評価のされ方から転職成功までのポイントを徹底解説!

アルバイト生活から抜け出したくて正社員を目指す方は多いと思います。アルバイトでは収入も安定しないし保証もありません。
一般的に、就職せずにアルバイトで生計を立ててきた方の転職活動は厳しい、という意見も見受けられます。
しかし、本当にそうでしょうか?今回はアルバイトから転職して正社員になるためのポイントを徹底解説していきます!

 

アルバイトからの転職 一般的な評価は?

 

 

学校を卒業してアルバイトをしていた人への評価は厳しいものがある、というのが一般的な意見のようです。

大学で自己研鑽をしてこなくて、結局就職できなかったという見方をされてしまうこともしばしば・・・。

また、いざ働くとなったときにビジネスマナーをはじめとした基本的なビジネススキルを持ち合わせていないことから、選考の際には不利と言わざるを得ないようです。

 

就職しなかった理由を整理

 

 

ここまでだと、「就職しなかったことで大きなハンデを背負ってしまった」という印象ですが、本当にそうでしょうか?

就職しなかった理由が明確ならば一概にそうも言えません。

例えば、「音楽の道をあきらめられず、音楽活動を中心にしたいため、就職はしなかった」というケースもあると思います。

このケースから就職できた方は実際にいます。

要するに、就職しなかった、できなかった理由が大事なんです。

もちろん、その活動の中である程度の成果を上げていることも大事ですが、その夢ないし目標があったから就職しなかったということが大事です。

ただ、純粋に就職できなかったという方は、『できなかった』事実と、なぜ自分ができなかったのか、その反省ができているのかということが大事です。

 

転職成功への道 自分とはどういった人間なのかを知る

 

 

こういった経歴の方が転職を成功するために、何をしたらいいのでしょうか。

アルバイト経験だけで、正社員や派遣などとしても働いてこなかった方にとっては、自身の強みなども把握できていないと思われます。

まずは自身はどういった人間なのかを知ることから始めてみましょう。

 

長所や短所を知ろう

 

まずは自身の長所・短所を知ることから始めましょう。

実は長所・短所は、就職活動をしている方にとって把握しておかなければならない内容とも言えます。

面接で聞かれる場合もありますので、長所・短所の内容と共に、それを裏付けるエピソードを用意しておきましょう。

一例を紹介します。

営業志望で、長所は「コミュニケーション力」の場合の例です。

「コミュニケーション力には自信があります。私は傾聴することが本当のコミュニケーションだと思っています。接客時には、常にお客様の求めていることを傾聴し、最適なものを提案してきました。コミュニケーション力を活かし、店舗内のアルバイトでは、トップの売り上げを上げてきました。このコミュニケーション力を活かし、貴社の営業としてお客様に信頼される営業になり、貢献していきたいと考えています。」

上記のように、「長所→エピソード→どう生かすか」が大切になります。

短所の場合には「短所→エピソード→そこからどのように対策をしているのか」でまとめてみましょう。

 

有している専門知識や資格を整理

 

学校で学んだ内容や、取得した資格を活かせることもあります。もちろん応募した職種にもよります。

一例ですが、法学部出身の場合には、企業の法務部で活躍することもできます。

その他にも経済学部や商学部を卒業している場合や、簿記3級などを取得している場合には、未経験でも企業の経理担当として活躍できることもあります。

上記のように、まずは自身の有している専門知識や、保有している資格などを整理しましょう

十分アピールの材料になります!

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

3+