【職場スカウト】リクルートが2019年注目の新しい中途採用のカタチとは?

株式会社リクルートキャリアが2018年12月18日に発表した中途採用領域におけるトレンド予測を発表しました。【職場スカウト】です。トレンド予測された職場スカウトとはいったい何なのでしょうか?また、どのようなメリットがあるのでしょうか?従来のカタチとはどのように違うのでしょうか?新しい中途採用のカタチを紹介していきます。

 

従来の中途採用のカタチ

 

 

株式会社リクルートキャリアが発表した中途採用の新しいカタチである【職場スカウト】。

新しいカタチとはどのようなものなのでしょうか?

まずは従来の中途採用のカタチはどのようなものだったのかから紹介していきます。

 

人事任せで職場のリアルが見えない

 

従来の中途採用のカタチの一つは、人事が採用活動の主役であるということです。

人事の方が募集から選考を行い、最終決済は取締役などの決裁者が行うというケースでした。

そのため、人事の方が知りえる職場情報のみを求職者に対して伝えることしかできません。

人事の方が知りえない情報は求職者が知ることができないという状況です。

クローズされた状況で採用活動が行われているというわけです。

 

応募はハローワーク、転職サイトやエージェントの活用

 

従来の応募方法はハローワークや転職情報サイト、転職エージェントを活用して公募を待つという方法です。

仕事を探している人たちが仕事を探す際に活用する場所を選んで公募をしているというわけです。

人事の方がクローズされた状況で募集を行っている状況においては、当然の取組みですし、その他につてがないということからこれが限界の募集方法といえます。

 

【職場スカウト】って何?

 

 

前項では従来の中途採用の方法を紹介してきました。

従来の方法は当然と言えば当然の方法でしたね。

いよいよ今回は【職場スカウト】とはどういった中途採用のカタチなのかを紹介していきます。

いったいどのようなカタチなのでしょうか?

 

より良い人材を確保するために、会社一丸となって採用活動

 

従来は人事に頼ったクローズされた状況で採用活動を行ってきました。

会社内での情報共有は十分ではなく、求職者には人事の方が知っている情報のみが開示されていました。

いわば人事が人事だけで完結するようなカタチだったというわけです。

【職場スカウト】とは、会社内で配属を予定している部署の管理者や同僚などが主導となり採用活動を行うカタチのことを表します。

会社が一丸となって採用を成功させるカタチということになります。

従来の人事完結ではなく、会社全体でより良い人材を確保していくということですね。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

職場をあらわにして、リアルを知ってもらう

 

【職場スカウト】は、配属予定の部署の方が主導となる採用活動です。

そのため、求職者には職場のリアルな状況を伝えることができます。

一例ですが、職場の雰囲気はどうなのか、上司の方はどんな方なのか、部署内での仕事の進め方はどのようになっているのか、職場での慣習などを求職者は知ることができます。

従来の方法ではそこまで知り得ることができなかった職場のリアルを、求職者は知ることができるようになるということです。

求職者は入社後、どのように働くのかということがリアルにイメージできます。

従来の方法は『マッチング』を目指した方法でしたが、職場スカウトにおいては『フィッティング』を目指した採用方法ということになります。

(参考:https://www.recruitcareer.co.jp/news/pressrelease/2018/181217-03/)

 

【職場スカウト】の具体的な方法

 

 

職場スカウトがどのようなものなのか、概要は理解していただけたと思います。

では、具体的にはどのような方法で中途採用の活動を行うのでしょうか?

従来の方法では『待ち』の採用でしたが、職場スカウトではどのようにして『待ち』の採用を打開できたのでしょうか?

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

4+

Pythonってどんな言語?注目されているそのワケを徹底考察しました!

Pythonというプログラミング言語を聞いたことがありますか?なぜ最近、Pythonが注目されているかご存じでしょうか。それは、今注目されている人口知能や機械学習にPythonが深い関わりあいを持っているからです。本記事では、プログラミング言語Pythonの特徴や人工知能、機械学習との関係性をわかりやすく解説していきます。

 

Pythonの特徴は?

 

 

プログラミング言語のPythonとは、どのようなものなのでしょうか。

最近話題になっているから耳にはするけど、実際にどのような言語なのか知らない、という方にもわかりやすく説明していきます。

 

初心者にやさしい

 

Pythonの特徴として初心者にやさしいということがあげられます。

これは、Pythonがプログラミングの前提となっている文法を簡略化して、人間の感覚に近い言語となっているためです。

元々、1991年にPythonが登場しました。

その頃では、CやC++などのプログラミング言語が存在し、プログラムが徐々に複雑になっていきました。

その中で、Pythonはプログラマの作業効率を重要視されて開発されました。

そのため、Pythonは初心者にもわかりやすい言語と呼ばれるようになりました。

 

需要が高まっている

 

 

Pythonは最近注目されている『AI開発』『機械学習』『データ分析』などで欠かすことのできないプログラミング言語です。

特に、2010年以降から到来したAIブームにより、『AIに人は仕事を奪われる』と言われるほどの成長をAIの分野は遂げています。

そのAI開発を支えるだけでなく、多くのデータを分析する際や高度な技術が必要とされている機械学習を簡単に使えるPythonは人気が高まっています。

 

プログラミング言語の人気や利用度を調べてみると、

 

【2018年】

1位:Java

2位:C言語

3位:C++

4位:Python

 

【2019年】

1位:Java

2位:C言語

3位:Python

4位:C++

 

上記のようになっております。

JavaやC言語の人気も依然として高いですが、Pythonは2018年では4位だったのに対して2019年で3位とランキングをあげているため、将来性も高いと言えます。

(引用元:https://www.tiobe.com/tiobe-index/)

 

収入が高い

 

Pythonプログラマの平均年収は400万円~850万円と言われています。

これは、他の言語のプログラマの平均年収より高い数値となっています。

最近登場した、機械学習やデータ分析などの専門分野では、まだエンジニアの数が不足しているのが現状です。

 

また、Pythonプログラマの年収が他の言語と比較して高い理由は、AI分野で活躍しているためです。

Pythonは機械学習にも利用され、ソフトバンクによって提供されている人工知能ロボットのPepperの人工知能にはPythonが利用されています。

 

Pythonは初心者におすすめ

 

 

先ほど、Pythonの特徴に初心者にやさしいとご紹介しましたが、具体的にどのような点でおすすめできるのか説明します。

 

Geekly Media ライター

ib515

3+