面接の準備を徹底解説!面接の準備には2種類の準備が必要だった!

ただでさえ緊張してしまう面接には、準備を万全にしておきたいですよね。いくら準備をしても安心できません。実は、面接の準備にはとても大切なポイントがあるのをご存じですか?この大切なポイントを知っているかどうかで採用の合否に大きく影響するのです。そこで本稿は面接での大切なポイントについて解説します。

 

面接を上手に「こなす人」と「こなせない人」

 

 

持っている資格や仕事の出来具合もあまり変わらないのに、妙に面接に強い人って周りにいませんか?

というよりも、実際の仕事の出来具合は自分のほうが上、なんてケースもあるでしょう。

 

履歴書をみても出身大学は上だし職務経歴書もひけを取らない内容なのに、面接に通過できないジレンマ。

少し嫉妬してしまうくらいの差が生まれています。

 

面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」の原因があるとしたら知りたくありませんか?

今回は面接で差が出る原因と準備するコツを解説します。

 

面接を上手に「こなせない人」のあるある

 

 

筆者が民間企業で勤めている時代に、総数でいうと2,000程度の人達を面接してきました。

1次面接の時もあれば、2次面接の時もあります。

 

これだけの面接をする件数を重ねていくと、次第に入室した瞬間に合否がわかるようになっていたのです。

不思議ですよね。まだ話もしていないのに内定を貰う人がわかるのです。

 

一瞬超能力でも身についたのかと考えましたが、そんなことがあるはずもなく単純に面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」にはある傾向がありました。

まずは、面接を上手に「こなせない人」の特徴から解説します。

 

本当に面接しに来たんだよね…

 

人の印象は初めて目にした姿で大半が決まるのは有名な話。

この有名な話は特に面接ではとても大切なことなのです。格好良い、可愛いなどの見た目のことではありません。

 

面接官も採用する立場の役割を演じて、応募する人達を迎え入れます。

筆者が民間企業で面接をしていた当時は、入室した瞬間に頭から足下まで一通りチェックしていました。

ここ最近はラフな服装でもOKである企業も出始めていますが、まだまだ日本はアメリカ式のビジネスマナーが重視されています。

一言でまとめると清潔感ある見た目が重要です。

2次会に来たわけではないのですから、髪型やネクタイ、シャツのボタン、靴で好印象を与えなければなりません。

 

採用担当者も面接する前は自分の身なりをチェックしているのですよ。

 

ガチガチの優等生回答

 

 

良く面接のマニュアル本などでとても勉強してきたのはわかるのですが、採用担当者が知りたいのは素のあなたです。

最低限のマナーさえあればマニュアルはかえって邪魔になります。

 

本人からしたら上手に受け答えしているつもりなのでしょうが、面接官からしたら音声録音を聞いているようなもの。

どの本で勉強したのかもわかってしまいます。

企業で働くようになれば、その組織のルールに従うのは当然のこと。

しかし、面接は人間性を確かめる場でもあります。決まり文句ほど面接官を退屈にさせるものはありません。

 

書類と異なる大きなギャップ

 

面接前に書類選考がありますよね。

この書類選考でチェックしている箇所は誤字脱字や経歴はもちろんのこと、如何に読みやすい書式であるかもみられています。

 

あなたが面接のアポイントをゲットできたのは、自信を持って良いことなのです。

それだけ上手な書式を作れているのに、問題になるのは履歴書の写真のこと。

 

これだけは覚えておいて欲しいのですが、履歴書の写真と面接時の印象を変えないでください

なぜかというと、履歴書の写真も書類選考の大切な判断要素だからです。

履歴書の写真は一般的に3か月程度の期間内に撮影されたものを使用するといわれています。

 

しかし、本命の企業なら履歴書を送付する直前に撮影した写真を送るのが無難です。

なるべくなら履歴書の写真とギャップを感じない気遣いをしましょう。

 

面接を上手に「こなせる人」のあるある

 

 

それでは面接を上手に「こなせる人」の特徴を解説します。

そんなの当たり前であるということの中にも、とても大切なポイントが隠されているのです。

 

採用担当者の心証を良くするためには、人とのかかわりにおける当たり前であることにしっかりと対応しなければなりません。

基本は人とのコミュニケーションということです。

 

そこで面接を上手に「こなせる人」となれるように、「清潔感」・「言葉」・「情報」をキーワードにしてお伝えします。

どのようなことがポイントなのか気になりますね。

 

清潔感のある見た目

 

あなたが面接する前に十分に気をつけて欲しい点が「清潔感のある見た目」です。

「清潔感のある見た目」となるために、具体的なポイントを紹介します。

 

まずは頭髪ですが七三分けにしろというわけではなくて、あなたの表情を面接官がしっかりと確認できるスタイルにまとめてください。

良い表情をみせると心証がグッと良くなります。

 

次は服装になります。スーツのシワはもちろんのこと、男性であればシャツのボタンを全てつけてネクタイの曲がりをチェックして、三角のバランスを研究してください。

 

最後は靴です。

新しい靴である必要はありませんが、キラキラと光るくらいに磨き上げてください。また靴下はビジネスでは黒が基本です。

間違ってもカラフルな靴下は避けてください。

 

自分の言葉で話せる

 

 

面接を上手に「こなせない人」では、音声録音を聞いているようだと表現しました。

採用担当者はあなたの人間性を確認するのに面接をしています。

マニュアル通りの受け答えでは、あなたという1人の個性が失われてしまいますよね。

マニュアル本は参考程度に確認して、それを元にどのような言葉に置き換えられるかを考えてください。

面接を上手に「こなせる人」は型にはまっているような受け答えだとしても、必ずその人の主張を感じられます。

この主張が採用担当者の心を動かすのです。

 

面接中の情報もプラスアルファ

 

募集要項には求めるスキルが書かれているケースがあります。

しかし、一体どの程度までの力量を求めているかまではわかりません。この点は面接のやり取りで判断できるでしょう。

 

たとえば「○○の営業経験者求む!」と募集要項にあったとします。

この1文では募集背景までは掴めません。もしかしたら新規事業の立ち上げの管理まで求めているかもしれないからです。

 

面接を上手に「こなす人」はこのような情報収集のアンテナを面接中でも敏感に張り巡らせています。

企業が求める人物像に近づくように、面接中で話の内容を変化させていきましょう。

 

面接は「1次」と「2次」で大きく変わる!

 

 

書類選考を通過して面接に入ると、規模の大きな会社であれば「1次」と「2次」が行われます。

これら2つの面接を同じように考えていませんか?

実は、同じように感じる2つの面接は、同じ企業であっても全く別物なのです。

この差を見誤ると大失敗してしまう可能性が高まります。

 

はたして2つの面接にはどのような差があるのでしょうか?

 

面接官の立場

 

まず2つの面接で大きく違う点は、面接官の役職の違いです。

「1次」で登場する面接官は、大抵課長クラスの人でしょう。「2次」では重役と呼ばれる人達が面接官です。

仕事には権限と裁量があるために、立場によっては答えられない質問もあります。

面接で張り切る気持ちもわかりますが、1次面接で核心に迫る質問は控えたほうが良いでしょう。

 

質問内容も違う?

 

 

実は、2つの面接でされる質問内容も違うのです。

たとえるならば「1次」は世界全体で、「2次」は日本という位に質問の質が変わります。

「2次」では、あなたがどれだけ自社に貢献できるのかという深い質問もされるでしょう。

「1次」よりも「2次」では、一層説得力のある回答が求められるということです。

 

「2次」はくせ者ぞろい

 

「2次」面接を担当したことがある筆者がいうのも何ですが、相当なくせ者ぞろいであると認識してください。

「2次」の面接官は自社や取引先などの、あらゆる人達を相手にしています。

うわべだけの回答は一瞬で見破られてしまうでしょう。

「1次」よりも「2次」の面接では、さらに熱のこもった回答を用意しておかなければなりません。

 

面接官の表情はあなたの表情

 

 

面接での感触を判断する方法として、採用担当者の表情をしっかりと確認しておくのがおすすめです。

面接中のあなたの気持ちは、採用担当者の表情に映し出されています。

たとえ上手に言葉が出なかったとしても、あなたの気持ちが熱ければ伝わるでしょう。

面接の大切な最後のポイントは、あなたのハートです。

 

最後に

 

 

ここまで面接を上手に「こなせる人」と「こなせない人」、「1次」と「2次」の面接の違い、「ハート」について解説してきました。

上手に話ができるよりも大切なのは「ハート」です。

Geekly Media ライター

SHIN

転職のイロハを徹底解説!気になる年齢の話から準備の仕方、押さえておくポイントまで!

「転職したい。」そう考えている方はたくさんいると思います。
しかし「どうやってやったらいいのかわからない。」、「もう30歳超えてるけど転職ってできるの?」などという疑問を抱えている方は多いと思います。
今回は気になる年齢について、転職の準備の仕方、抑えておくポイントを解説していきます。

 

気になる転職の年齢制限について

 

 

まずは気になる年齢に関して解説していきます。

転職において年齢は大きなファクターになります。

例えば、20代前半の応募者と40代後半の候補者がいたとします。

どちらにも採用するメリット・デメリットが存在するのは確かです。

それぞれのケースで確認していきましょう。

 

年齢制限はない だが年齢が高くなるとキャリアチェンジは難しい

 

転職するにあたって年齢制限はありません。50代でも転職している人は転職しています。

転職が多い職種の代表例としてはSE(システムエンジニア)ですね。

転職が当たり前の職種ですので、十分あり得ます。

では年齢制限があるという考えはどこから来たのでしょうか?

一昔前に35歳転職限界説という説がありました。

 

実際に20代のほうが企業には好まれます。

扱いやすさ、安価な人件費で済むことや、ジョブチェンジなどにも柔軟に対応できるというところなども企業にとっては魅力的に見えるでしょう。

また、募集職種未経験の場合でもポテンシャルを感じてもらえれば採用に至るケースが多くあります。

40代後半だとポテンシャルというよりは、実務経験で残してきた成果に注目されます。

そういった意味ではキャリアチェンジは非常に難しくなります。

また、人件費が高額になる分、スペシャリストとしての採用でない限りは敬遠されてしまうことが多々あります。

ただ、今までの経験を生かして、ステップアップするという意味では経験を積んでいますので40代後半の方のほうが有利と言える面は大いにあります。

 

キャリアチェンジが目的の転職であれば早いほうがいい

 

先述した通り、歳を重ねるとキャリアチェンジは大変難しくなります。

ですので、今キャリアチェンジをしたいとお考えの方は早めに行動を起こすことをお勧めします。

いまより若い時はありません!

この機を逃すとずるずるとキャリアチェンジできないままという可能性もあります。

ただし、単純に「今の仕事に飽きたから転職してみようかな」という程度ならそこは踏むとどまることをお勧めします。

自身がしたいこと、自身がどういったキャリアを描いていきたいのかをじっくり考えた上で行動をしてください。

早いほうがいいのですが、「やっぱり合わなかった」では済まないのが転職です。

ここは慎重に!

 

転職するにあたっての希望を定めよう!

 

 

転職するにあたってのあなたの希望はどんな内容でしょうか?

あなたの希望を明確にすることは重要なことです。

ただなんでもいいから転職するでは、転職した甲斐がありません。

ではどのように明確にしていけばいいのでしょうか?

確認していきましょう。

 

職種は?待遇は?勤務地は?

 

ではどのように希望を定めていけばいいのでしょうか?

主に定めたい内容は以下の通りです。

職種/待遇/勤務地などです。

他にも細かく定めなければなりませんが、主な部分ではこういった内容になります。

それでは確認していきましょう。

 

まずは職種です。

今までのキャリアを生かしてステップアップしたいなら、今までの職に近いものを選びましょう。

例えばIT業界です。プログラマとして経験は積んできたのだが、なかなかSEにステップアップできないという方はSEを目指して希望職種はSEと定めましょう。

IT業界は領域によって言語や開発方法などが異なるので、そういったことも考えるともっと細かく見なければいけませんが、あくまで一例です。

次に待遇です。

ざっくりいうと給与ですね。

仕事の対価です。希望額はいくらでしょうか?現在もらっている額と同等かそれ以上を目指したいですね。

ただし、キャリアチェンジをすると、未経験スタートのケースが多いので、そういった場合には希望額に幅を持たせることをお勧めします。

そして、勤務地です。

現在住んでいる環境を変えたくないならば、勤務地は現住所から通勤可能な場所にしましょう。

ただ、最初の配属先は現住所付近でも将来的に転勤などもあります。

転勤がない会社であれば問題あありませんが・・・。

このような点にも注意が必要です。

 

希望が明確になったら優先順位をつけて!

 

主に定める内容が決まったら次は優先順位をつけていきましょう。

先に定めた希望がすべてかなうのがベストですが、そんなに都合よく自分の希望通りの企業なんて見つかりません。

そうなった際に、自分が譲れない希望を明確にしておくと、転職も少しはしやすくなります。

例えば職種は簡単に譲れるものではないと思います。

これは譲ってはいけない項目になると思います。

しかし、現在勤めている会社の業績が不振で将来性に不安を抱えて転職を検討しているのであれば、職種も多少妥協する項目になるのかもしれません。

その他にもUターン転職を考えている方は勤務地は譲ってはいけませんね。

このように、自身の境遇に合わせて優先順位を定めていきましょう。

 

転職のための準備 転職理由を整理

 

 

さて、いよいよ転職の準備を始めていきます。

では、何から始めればいいのでしょうか。

まずは『なぜ転職したいのか』をきちんと見定めることです。

本音の部分では「職場環境に問題があるから解消できる環境を求めて」や、「給料が安いから少しでも高いところへ」などネガティブなものかもしれません。

 

なぜ転職したいのかが重要なのは企業選びの軸になるから

 

転職理由を明確にする必要性は、企業選びの重要な軸になるからです。

転職したい人は、現状に問題を抱えていると思います。

その問題を解決するために「転職をしたい」と考えるものです。

その解決したい内容をきちんと把握しておくことで自身にマッチした企業選びを行ってください。

 

転職のための準備 応募書類を作る

 

 

次に応募書類を作成していきます。作成する書類は履歴書と職務経歴書です。

この書類、応募するにあたってとても重要になります。

一番最初に企業が自分を判断してくれる書類になります。

重要な書類なだけにしっかりと作りこんで、自分をアピールしましょう。

 

履歴書の作り方 重要なポイントは志望動機

 

履歴書作りから始めていきましょう。

まずは経歴の記載から。学歴は高校卒業年次から記載していきます。

これだけ記載されていれば十分です。稀に小学校入学年次から記載をされる方がいますが、小学校、中学校は義務教育で、自身で選ぶことができないので記載は不要なケースが多いです。

しかし、いわゆるお受験をして小学校から有名私立などに入学されている方は小学校入学年次から記載しましょう。

履歴書作りで一番重要なのは志望動機です。

自身が応募企業でどのようになりたいのか、どうしてその会社で働きたいのかをアピールするところになります。

なぜこの企業を志望したのか、転職したいと思った理由を踏まえて記載していきましょう。

唯一履歴書の中で自身をピールできる箇所なので、ここも作りこみが必要な個所です。

 

職務経歴書は成果と強みのアピール

 

職務経歴書は何を記載すればいいのかわからないという方が多くいます。

最近ではネット検索したら職務経歴書の雛型の資料があります。

大枠はネットで検索すると用意できるので、参考にしましょう。

職務経歴書で大事なことは成果と強みのアピールです。

成果は、つとめて勤めてきた会社で上げてきた成果を記載します。

例えば、営業であれば売上額や粗利額を、人事で採用を担当していたのなら採用した人数などが成果になります。

比較対象として、年間予算や採用目標人数を記載して、達成率や会社内での順位なども記載するとわかりやすく、簡単に理解していただける書類になります。

強みは自己PRになります。

コミュニケーション力に自信があるのであれば、実際にコミュニケーション力を活かして成果を上げたエピソードを記載してどのように強みが活かされたのかをアピールします。

自己PRは複数記載してもいいですが、2~3つにしておきましょう。

多すぎると、「何をアピールしているのかわからない」、「アピールポイントが矛盾している」などといったことが生じてしまいます。

注意して記載しましょう。

 

転職のための準備 いざ、応募!

 

 

いよいよ応募です!

どう応募していけばいいのでしょうか?ハローワークはもちろん、転職情報サイトや転職エージェント、情報はたくさんあります。

では、どの情報をメインで使えばいいのでしょうか。

確認していきましょう。

 

ハローワークだけではない!転職情報サイトやエージェントも活用

 

ハローワーク、転職情報サイト、転職エージェントとたくさんありますが、どこを選べばいいのでしょうか?

まずはハローワークから。

ハローワークは公共の施設なだけあって、求人数、就職決定率も高いです。

ただし求人数が多いので検索の手間もかかります。

転職情報サイトはハローワークに比べて求人数が少ないですが、様々な検索軸がありますので、『なぜ転職したいのかが重要なのは企業選びの軸になるから』で記載した通り、優先順位をつけて検索して、希望に合う企業を見つけられます。

また、採用にお金をかけている企業ですので、経営も安定していることを表しています。

転職エージェントは求職者には費用が掛かりませんので、安心して使用してほしいと思います。

転職エージェントはキャリア面談も行ってくれるし、自分の希望に合った企業を推薦してくれます。

ただし、転職情報サイトと比較すると、求人数は少ないのでご注意ください。

すべてのサービスを使う方法もありますので、使いながら自分に合った方法を見つけてください。

 

転職活動でおさえておきたいおきたいポイントはコレ!

 

書類を作成した内容は面接でも答えられるように準備

 

 

入念に準備をして作成した書類ですが、面接の際に自身の言葉で答えられないと意味がありません。

応募書類はあくまで書類上での自己紹介です。

面接は、自分の言葉で、熱意を伝える場です。企業側も書類を見て気になることを聞きたいし、応募者も企業側に聞きたいことを聞くことができる場でもあります。

面接では、書類上で気になったことを聞かれますので、記載したことを覚えておき、面接の準備を行ってください。

 

転職活動を開始したら現職での引継ぎ準備を

 

 

意外と忘れがちですが、転職活動を開始してあっという間に転職先が決まるというケースがあります。

そうなったときに現職の職場に迷惑をかけないように、自身の仕事を後任に引き継げるように準備をしておきましょう。

意外と早く退職をしなければならないというケースになることもあります。

有休消化なども含め、退職までの期間は意外に短いものだと思ったほうがいいでしょう。

 

最後に~年齢に左右されずに入念な準備で慎重に!

 

 

転職には年齢は関係ありません!

しかし、キャリアチェンジを考えている場合にはなるべく若いほうが採用されやすいというのが実情です。

転職の目的を考えて慎重に行動をしてください!

また、転職を成功させるには入念な準備が必要になります。

アピールできるポイントを確認して入念な準備を行い慎重に転職活動をしてください。

Geekly Media ライター

Terrace Factory