『スクリプト言語』とは何か?!代表的な言語の種類からそれぞれの言語の特徴までわかりやすくご説明します!

プログラミング言語の大まかな種類の一つであるスクリプト言語。簡単なプログラムの作成に使われることが多く、現在でも多くの企業で採用されているプログラミング言語です。とはいえ、言語の種類や特徴までわかる人というのは、意外にも少ないものです。今回は定番のプログラミング言語であるスクリプト言語について説明します。

 

スクリプト言語って何?

 

文法が簡単なプログラミング言語

 

 

プログラミング言語と言っても、その種類は様々存在します。しかし元をたどると、基本的には2種類のプログラミング言語に別れます。そのうちの一つが、このスクリプト言語です。様々な言語が出ていますが、基本的にはその種類の中のいくつかはこのスクリプト言語の一つです。

比較的プログラミング言語の中では簡単な言語のものが多く、開発についても簡単にできるため、小規模のプログラムであればすぐに作成して実行することができます。

 

プログラミングスクールでは人気?

 

最近では副業が解禁されたということもあり、様々な副業をする人が増えていますが、その影響で今プログラミングスクールがかなり人気となっています。プログラミングスクールでは様々な言語を学習することができますが、その中でもスクリプト言語を学ぶ人がかなり多いです。

スクリプト言語の多くは、人間がプログラムを書くときに簡単な文章でできるように、という理念の元作られたものが多いです。簡単な文章でできるということは、それだけ覚えやすく、初心者にとっても基礎を学ぶ上ではかなり都合が良いのです。

 

スクリプト言語とコンパイラ言語の違い

 

プログラミングの難易度

 

 

プログラミングについて学習していると、スクリプト言語と似たような言葉が出てきます。それがコンパイラ言語です。ではスクリプト言語とコンパイラ言語の違いは何なのかと言うと、先程少し触れましたが、プログラミングの難易度です。

 

コンパイラ言語というのは、基本的に機械語に予めコンパイルされているものを使用するため、難易度としてはかなり難しいです。

一方スクリプト言語の場合、この難しさが低減されているため、プログラムを書くときもスラスラと書くことができます。開発においてもスクリプト言語のほうが時間が短く、思い立ったらすぐに書くことができるのは、スクリプト言語の最大の特徴です。

 

実行速度の違い

 

スクリプト言語とコンパイラ言語の違いは難易度だけではありません。実際に作成したプログラムの実行速度も、それぞれ大きく異なります。コンパイラ言語の場合、書くときは難易度が難しいのですが、その分予め機械語にコンパイルされているため、実行速度はかなり早いです。

 

一方スクリプト言語の場合は、手軽にプログラミングできることに重点を置いているため、機械語にコンパイルする必要があり、その分実行速度は劣ってしまいます。

 

スクリプト言語のメリット

 

簡単で覚えやすい

 

 

スクリプト言語の最大のメリットは、簡単で覚えやすいことです。基本的には簡単な言語で構成できるようになっており、それぞれの言葉も覚えやすいものが採用されています。

もちろんプログラムを書くときは、最低限基本的なプログラミング用語を覚えていなければ意味がありませんが、それ以外の専門知識がなくてもできるのが、最大の特徴です。

 

覚えやすいため、プログラミングの経験が浅いという人や、これからプログラミングを学ぼうと考えている初心者にとっても扱いやすく、それでいてプログラミングの基礎をしっかりと覚えることができるため、かなりおすすめです。

 

すぐにできて修正も楽にできる

 

 

スクリプト言語のもう一つのメリットが、開発をしやすいことです。コンパイラ言語の場合、開発となると様々なものが必要になったりと、何かと大変なことが多いのですが、スクリプト言語の場合、思い立ったら一人ですぐに作るということが可能です。

また、こまめにコードを修正することも可能であり、作成したプログラムはすぐに実行することができます。小規模のプログラムや、個人でブログなどを運営している場合においては、スクリプト言語がかなり役に立ちます。

 

スクリプト言語のデメリット

 

使い道が限られる

 

 

初心者に扱いやすかったりと、何かと良いことづくしのように聞こえるスクリプト言語ですが、その代償として、使用できる場所が限られてしまうというデメリットがあります。コンパイラ言語の場合、比較的広い範囲で使用することができますが、スクリプト言語の場合はそうは行きません。

 

後ほど紹介するJavascriptの場合、ウェブサイトでしか使うことができないという制約があったりと、言語の種類によっては使うことができる場所が限られてしまうことが多いです。

 

小規模限定

 

 

使い道が限られると説明しましたが、それに関連して小規模のプログラムでしか使うことができないというデメリットもあります。つまり、中規模以上のプログラムとなると、スクリプト言語よりもコンパイラ言語のほうが役に立ちます。

 

先程の部分で実行速度について述べましたが、スクリプト言語の場合、コンパイラ言語よりも実行速度が遅くなってしまいます。

ある程度の規模になると、処理速度が求められる場面が多くなり、そのような場面で実行速度が遅いというのは致命的なことです。そのため、どうしてもスクリプト言語は小規模限定のプログラミング言語となってしまうのです。

 

Geekly Media ライター

どーばー

Androidアプリの開発フローを徹底解説!おすすめの言語の種類・特徴から勉強法もご紹介します!

普段、皆さんがスマホでインストールして使っているアプリ。どのようにして作られているか気になったことはありませんか?本記事では、Androidアプリの開発フローから開発におすすめのプログラミング言語の特徴までご紹介します。アプリを開発したいけど、どうしたらいいのかわからないと言った方は、是非参考にして頂きたいです。

 

Androidアプリの開発フローは?

 

 

開発までのスケジュールを把握する

 

Androidアプリをはじめて開発する方にとっては、アプリの開発から公開までに必要な時間や開発に当てられる一日あたりの時間を把握しておく必要があります。

また、アプリ開発は長期間モチベーションを保ち続ける必要があります。そのため、どのようなアプリを開発したいのか、という目標を立てておくことをおすすめします。

これにより、アプリ開発の動機や目標を立てることができるため開発途中でのモチベーションの低下などを未然に防ぐことができます。

 

アプリの企画

 

アプリの開発目標を定めたら、具体的にどのようなアプリを作るか考える必要があります。

主に、アプリのデザイン、アプリ内のコンテンツ構成、サイトマップなど一度実際に書いてみることをおすすめします。

これにより、開発したいアプリを可視化できるようになります。

また、アプリの企画する際には、今あるアプリの中から『似たアプリがあるか』『著作権は大丈夫か』『アプリの機能についての情報』などを調べる必要があります。

同時に、アプリにどのような機能を実装できるかを知っておく必要がありあす。アプリに基本的に搭載されている機能は『プッシュ通知』『アニメーションレイアウト』『SNS』があります。

このとき、『BaaS』というクラウドサービスを利用することで、アプリ開発を円滑に進めることができます。

 

※BaaSとは、スマホ向けのWebアプリに必要なサーバー側の機能をインターネットを通してサービスを提供するクラウドサービスです。

 

アプリの開発

 

 

Androidアプリ開発には、『Android Studio』を利用して進めます。

Android Studioは、Google公式の開発環境です。Android Studioを使うことでAndroidスマホアプリやAndroid Wear、Android TVなどの開発を行うことができます。

また、Android Studioには、『コード編集機能』『テストが容易』『ソースコード管理』『ビルドツール』が備わっており、開発に掛かる手間を省くことができます。

 

アプリのテスト

 

アプリの開発が完了したら、スマホの機種やOSのバージョンによってアプリが正常に動くかどうか、レイアウトの崩れがないか、などをテストする必要があります。

主に、アプリのテストは実機のAndroid端末エミュレータクラウド上でテストできるサービスを利用して行います。

この際、第3者にテストプレイを依頼することで、リリース直後のトラブル、バグを防ぐことが可能になります。

 

アプリを公開

 

 

最後に、Google Play Storeに自作のアプリを公開する手続きを行う必要があります。

Google Play Developer Consoleに手続きを行って25ドルの登録料を支払います。この際に、スクリーンショットとアプリの説明文を準備しておくと円滑に手続きが進みます。

手続きが完了すると、直ぐにストアへアプリがリリースされます。

 

その後

 

アプリを公開した後は、Googleアナリティクスなどでユーザーの利用状況を見ることができます。

さらに、ストアではユーザーからのレビューを随時確認する必要があります。

 

Androidアプリの開発コストは?

 

 

アプリは開発してリリースしたら終了というわけではありません。

アプリの不具合の修正、機能の改善、運営など、コストがかかります。

では、実際にどの程度のコストが発生するのか解説します。リリース当初のユーザーがまだ少ないアプリでは最低限のドメイン、サーバー費用だけで済みます。

 

それに対して、多数のユーザーが利用しているアプリでは、ドメイン、サーバーの費用が増加して、アプリの機能を追加するにはさらに多くのコストが必要となります。

下記に記載するアプリの開発費の見積もりができるサイトを参考にすると具体的な金額が分かります。(https://www.creativevillage.ne.jp/mitsumori/)

 

Androidアプリ開発初心者にはJavaがおすすめ!

 

 

Androidアプリの開発に使われる言語を調べてみると、Xamarin、Kotlinが出てきます。

しかし、それらの最近作られた技術では日本語に対応していない場合や安定性に欠けているなど、デメリットが存在します。

そのため、アプリ開発現場で実際に使用されている言語はJavaが大半を占めているため、初心者はJavaで開発することをおすすめします。

 

Javaがおすすめの理由

 

Javaは『プラットフォームに依存しない』『効率と保守性の高さ』『充実したライブラリ』など高い性能を誇っています。

また、Javaは仮想マシンが入っているためOSに依存することなく同じコードで動作することができます。

 

Javaの特徴は?

 

 

比較的学びやすい

 

Javaは多くの場面で利用され、多くのプログラマも利用している言語なため、参考書やネット上で学べるサービスなども豊富に存在しています。

また、コミュニティサイトも存在しているため、初心者でも独学で学ぶこともできます。

 

将来性が高い

 

Javaは多くの場面で利用されるプログラミング言語であるので、Javaを使えるプログラマの需要は高いです。

プログラミング言語の人気度を調査するサイトによると、

 

・2018年

1位:Java

2位:C言語

3位:C++

 

・2019年

1位:Java

2位:C言語

3位:Python

 

となっており、Javaは2018年、2019年共に1位となっています。

(引用元:https://www.tiobe.com/tiobe-index/)

よって、Javaは高い人気を保持していることから将来性が高い言語であると言えます。

 

オブジェクト指向型

 

現在利用されているプログラミング言語で取り入られているのが、オブジェクト指向型です。そのため、Javaでオブジェクト指向型プログラミングを学ぶことで他の言語でも活用できます。

オブジェクト指向型の説明を簡単に行うと、プログラムを全部モノとして考えるプログラミングのことを指します。

 

速い処理速度

 

Javaはコンパイラ型のプログラム言語です。

プログラミング言語には、インタプリタ型とコンパイラ型の2種類が存在します。コンパイルとは、人間が書いたプログラムを機械が読めるように翻訳することを言います。

インタプリタ型の言語の場合はコンピュータの実行処理と同時にコンパイルを行います。それに対してコンパイラ型の言語は実行処理を行う前にコンパイルを行います。

そのため、実行処理を行う際に同時進行でコンパイルを行う必要がないため、コンパイラ型であるJavaは高速な処理速度を出すことができます。

 

豊富なライブラリ

 

ライブラリとは、同じ関数を1つにまとめる仕組みのことを指し、行いたい処理に対して必要な分だけライブラリから読み込んで利用することができます。

Javaには豊富なライブラリが存在するため、アプリ開発を容易にしてくれます。

 

Javaの勉強法は?

 

 

Javaの勉強に役立つWebサービスをご紹介します。

以下はあくまで一例ですので、参考程度にご覧ください。

 

ドットインストール

 

ドットインストールは、動画を通してプログラミングを勉強できる初心者向けのプログラミング学習サービスです。

ドットインストールには、幅広いジャンル、3分弱の動画教材という初心者でも手軽に勉強することができるため、おすすめのサービスです。

 

Schoo(スクー)

 

Schooは、プログラミング言語のみならず、マーケティングやデザインなどの幅広いジャンルを動画で学ぶことができるサービスです。

授業形式なため、動画が放送される時間が決められています。(後から視聴することも可能)

Java初心者向けの講義では、基礎知識から応用レベルまで学ぶことができます。

 

Paiza.IO

 

Paiza.IOは、実際にブラウザ上にJavaのコードを書きその場で実行できるオンラインプログラムサービスです。

実際に、プログラミングを行うには、経験者でも手間がかかる開発環境の構築を行う必要があります。

しかし、Paiza.IOを利用することでその手間を全て省くことができます。

 

まとめ

 

 

本記事では、Androidアプリ開発のフローから、おすすめの言語をご紹介しました。

これから、Androidアプリを開発したいと考えている方は、どのような過程を経てアプリを開発できるのか、開発に必要な準備など参考にして頂けたら幸いです。

Javaは初心者にとって決して簡単な言語ではありませんが、習得する価値がある言語です。是非挑戦されてみてはいかがでしょうか。

Geekly Media ライター

ib515

有給が取れないのはなぜ? 有給を与えない会社の特徴とその対処法を徹底解説!

有給、取れてますか?企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。これは法律で決まっていることなので、例外はありません。有給は付与されているものの、取得できずにどんどん貯まっている、または有給が消滅してしまっている人はいないでしょうか?有給がとれない会社の特徴と、その対処法を紹介していきます。

 

有給とは、労働者がゆとりある生活を送るための権利

 

  

労働者の心身を癒やすための「有給」

 

有給は年次有給休暇といい、心身の疲れを癒やし、ゆとりのある生活をするために労働者に与えられる休暇のことです。

企業は、一定の条件を満たした労働者には、有給を与える義務があります。

これは法律で決まっていることなので、例外はありません。

有給が付与される条件は

 

・雇入れの日から6カ月経過していること

・算定期間の8割以上出勤していること

 

の2つです。

通常、勤続年数が経過するごとに、所定の日数の有給が付与されます。

付与される日数は、正社員とパートとでは異なります。

また、有給は制限があり、2年間で失効してしまいますので、

その間で取得できなかった有給はなくなってしまいます。

 

 

有給が取れないのは気持ちの問題?

 

 

有給は「罪悪感」がある?

 

「日本人は休み下手」ということを聞いたことはありませんか?

実は、日本の有給取得率は他の先進国に比べ、非常に低くワーストクラスとも言われています。

日本の有給取得率が低い理由として、「罪悪感」が関係しているようです。

つまり、会社を休むことによって周囲に迷惑をかけてしまうことが忍びない

もしくは嫌に思われたくないという心理が働いているのです。

 

しかし、1人が休んだことで業務に影響が出る環境というのはいかがなものでしょうか?

罪悪感が生まれてしまうのには、働いている環境にも問題があると言えます。

有給は労働者の権利として法律で定められていますので、

本来は自由に取得することができるものなのです。 

 

なぜ有給がとれないのか?

 

 

有給が取れない理由はさまざまだと思いますが、ここでは主な原因を挙げてみましょう。

 

 1.業務が属人化している

 

 

その人しか業務のことがわからないので、休まれると仕事が止まってしまう……

業務が属人化していると起こってしまう状況です。

そんな状況の中で有給を取りたいと思っても、躊躇してしまうのではないでしょうか。

業務が人に偏ってしまうことは、会社の運用としてあまりいい状況とは言えませんが、多くの企業で起こっているようです。

この状況では、有給を取りたいと思ってもなかなか休むことができません。

 

2.会社の風習

 

 

職場で有給を取る習慣がない、誰も有給を取っていないという状況

この状況下では、「自分だけ有給をとるのは気が引ける……」という思考になっても仕方ないでしょう。

Geekly Media ライター

小石川 あおい