長所・短所の答え方を徹底解説!自分のエピソードを振り返ることがポイントだった…

「なぜ面接で長所と短所を聞くのだろう?」なんて、疑問に感じたことがありませんか?しかも、どんなふうに答えればよいのか考えてしまいます。そこで今回はなぜ面接で長所と短所を質問するのか、面接での注意点、上手なまとめ方についての解説です。長所と短所を回答するのに、どのような注意点があるのでしょうか?

 

なぜ長所と短所を面接で聞かれるの?

 

 

面接で必ずといって良いほど聞かれる長所と短所。

どんな意味があるのか不思議に思いませんか?

長所と短所なんて聞いても、採用に影響しないと考えてしまいがちです。

この考えは正しいとはいえません。

ただ漠然と質問されているような気がしますが、採用に大きく影響する大切なものです。

この質問は、あなたの適性を判断しています。

あなた自身を冷静に分析できる能力と、伝える能力を確認しているのです。

自分のことを冷静に判断できれば、強みや弱みを活かして今後の課題を見いだせます。

伝える能力に長けていれば、プレゼンなどの提案する説得力があるということです。

面接の短い時間で長所と短所を質問することで、かなり深いところまで確認しています。

 

面接の短所で注意したい3つのこと

 

 

面接でとても大切な質問であることがわかると、自分の欠点である短所をどう伝えたら良いのか心配になります。

あなたの回答次第で採用の合否にかかわる重大なことです。

「欠点である短所は、なるべくいわないほうが良いのでは?」と考えがちですが、短所も冷静に判断できなければなりません。

この世に短所がない人など存在しないからです。

そこでここからは、面接で短所を質問されたときの3つの注意点を解説します。

テーマはイメージ・マッチ・心配の3つです。ぜひ、面接の対応の参考にしてみてください。

 

面接の短所で注意したいこと① 企業からのイメージを悪くする!

 

冷静に自分を分析するといっても、応募している企業からのイメージを悪くするようではいけません。

一般的な常識で考えて、人としてどうなの、というような短所のことです。

たとえば、手癖が悪いや約束事を守れないなどがあてはまります。

どう考えても、応募する企業からの良い印象とはならないですよね。

いくら短所といっても、これらはNGです。

短所だとしても、仕事につながる裏の意味が込められているべきでしょう。

応募する企業からのイメージが負となる回答は控えるべきです。

短所もよく考えて回答しましょう。

 

面接の短所で注意したいこと② 募集背景にマッチしない

 

 

応募する企業が求める人物像とあまりにかけ離れる回答も避けるべきでしょう。

嘘をつく必要はありませんが、積極的に採用したい気持ちをなくさせる原因となりかねません。

営業職の募集に対して、仮にあなたが「口下手で人見知りなのです。」と回答したら、採用する気持ちがわくでしょうか?実際にそうだとしても、転職の面接には向きません。

転職における、短所に対する質問への回答は、なぜ募集をかけているのかを考えるべきでしょう。

企業が募集する背景を考えることで、自然と正しい短所かどうかの判断ができます。

 

面接の短所で注意したいこと③ 入社後が心配になる

 

企業は個人で成り立つものではなく、たくさんの人とのかかわりによって運営されています。

これは社外とのかかわりは当然ですが、社内においても各部署との連携が必要です。

これまで勤めてきた企業でもめ事を起こして退社するなど、コミュニケーション能力に疑問を感じる内容ではいけません。

また同じようなもめ事を起こすと考えられます。

社会人にとってコミュニケーション能力というのは大切なもの。

その大切なものが疑わしくなるような回答は、極力控えるのが賢明といえるでしょう。

 

面接の長所で注意したい3つのこと

 

 

長所だからといって、面接でプラスになるとは限りません。

採用側は長所でも確認している項目があります。

これを安易に答えてしまうと、マイナス要素ともなり得るのです。

ここからは転職の面接における長所の回答で注意したい、整合性・紙一重・無意味がテーマになります。

採用側は、どのようなことを長所で確認しているのでしょうか?

 

面接の長所で注意したいこと① 履歴書や職務経歴書と違う!

 

一生懸命に書いた履歴書や職務経歴書。

書き終えてから日にちがそんなに経っていなければ、その内容も覚えているでしょう。

しかし、大抵の企業では書類審査があります。

履歴書や職務経歴書を書いてから、しばらく経って面接になることも珍しくありません。

意外と多い回答は、書かれている内容と全く違う内容を返されることです。

書類選考の段階で、採用側もある程度回答される内容を予測します。

記載されている内容が全く反映されていない長所は、不採用に導く落とし穴のようです。

 

面接の長所で注意したいこと② 長所と短所は紙一重

 

 

面接される方からすると長所として回答しているケースでも、他人からすると短所であることもあります。

どんな物事にも相反する性格があって、言い方次第で真逆の意味に。

一生懸命に説明しているのはわかるのですが、ツッコミを入れ始めると最終的に短所が着地点になりかねません。

長所は短所にもなり得ると考えて話をするのがポイントです。

場慣れしている面接官だと、いつの間にか短所と入れ替わる可能性があります。

回答する内容がブレないように、あらゆる質問を想定して面接に向かいましょう。

 

面接の長所で注意したいこと③ 会社で活かせない

 

昔大学の入試で一芸があると合格する仕組みがありました。

他者よりも目立ちたい気持ちから出る回答だと思われますが、仕事に全く関係のない特技を返されることもあります。

たとえば、「食事を済ませるスピードが速いです。」と真顔で回答した方もいるくらいです。

どのようにして仕事に活かせるのかを質問すると、「業務に早く取り組める」でした。

その方は矢継ぎ早に突きつけられた質問で、最後はしどろもどろになります。

長所は特技を披露することではありません。仕事につながる長所であるべきです。

 

面接の長所と短所の上手な3つのまとめ方

 

 

長所と短所をまとめるのは、意外と大変な作業です。

あなた自身を冷静に客観視しなければなりません。

人のことはわかっても、自分のことはなかなか気づきにくいものです。

そこで転職の面接に役立つ、長所と短所の上手なまとめ方について3つ解説してみましょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方① 結論からわかりやすく伝える

 

人に伝えるコツには、極力短くてわかりやすい必要があります

短い面接時間で採用担当者にインパクトを残す方法は、話し始めに結論を話すことです。

これはどのようなコミュニケーションにも通用する、重要なアウトプット方法になります。

普段とは異なり緊張が伴う面接では、あなた自身にも有効な方法です。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方② たくさんのアピールは逆効果!

 

 

アピールは多いほど良いと考えるのは、正しい判断ではありません。

話を聞いている側からすると、何を伝えたいのかがわかりにくいです。

長所と短所は紙一重と前述しました。

長所に含まれている、短所の側面もあわせて1つの軸で話を展開するのがおすすめです。

この手法で話を進めると、聞き手もわかりやすく印象に残りやすいでしょう。

 

面接の長所と短所の上手なまとめ方③ 具体的なエピソードを交える!

 

面接時に長所と短所の質問をすると、淡々とその項目の回答だけをする方がいます。

わかりやすさを印象づけようとしているのでしょうが、逆に聞き手の印象に残りません。

せめて長所と短所での具体的なエピソードを、1つや2つ程度交えるべきでしょう。

なぜ長所なのか、なぜ短所なのかの根拠が示せないためです。

 

面接の長所と短所の質問はとても大切

 

 

転職の面接で必ず聞かれる質問である長所と短所。

採用側からすると、この返答次第で合否を決めても良いほどの比重の高い質問です。

丁寧に自らをしっかりと見つめ直して、明確な説得力のある回答を心がけましょう。

そうすることで採用側のあなたの印象は、強烈に残ることになります。

長所と短所に該当する1つの項目を結論から話して、具体的なエピソードで根拠を示してください。

この方法であなたの顔と回答内容が採用担当者の頭に残るようになります。

 

最後に

 

 

面接の長所と短所の質問は、採用側からしても人物像を特定しやすく、あなたからしても印象を残すチャンスです。

簡単にされる質問ですが、採用の合否を決定づけるもの。

転職の面接で決してあなたが後悔しないように、念入りに対策をして実りのある結果をつかみ取りましょう。

あなたの転職活動が有意義で実りのあるものでありますように!

Geekly Media ライター

SHIN