【まとめ】Webマーケティングとは!?基礎知識から分析手法、おすすめの資格の種類まで徹底解説!

「Webマーケティングって良く聞くけども、いったい何?どういうこと?」「そもそもマーケティングって何?」という方、多いのではないでしょうか?実際に聞かれると答えられないものですよね。ビジネス用語的にも使われていますので、知っておいたほうがいいです。というわけで、今回はWebマーケティングについて解説していきます。

 

Webマーケティングとは一体なに?

 

Web上で製品を買ってもらうための活動

 

 

Webマーケティングという言葉は、『Web』と『マーケティング』という言葉がつながった言葉です。

Web上で、マーケティングをするということです。

Webという領域に関しては、ご存知の通り、『インターネットにおいて』ということになります。

 

では『マーケティング』という言葉の意味が分かれば、Webマーケティングという言葉について理解ができるということになります。

マーケティングとは、製品を購入してもらうための活動です。

わかりやすく言うと、宣伝や市場調査などのことを総称して『マーケティング』といいます。

 

Webマーケティングとは、Web上で製品を購入してもらうための活動のことを言います。

 

Webマーケティングの重要性

 

インターネットが当たり前になったから重要

 

 

現代の買い物び方法は、大きく分けて2つの方法があります。

お店に行き、実物を見て購入する方法と、インターネットのサイト上で購入する方法です。

上記の方法は双方にメリットがあります。

 

お店に行き買い物をする方法は、実物を見て買い物できるという点がメリットです。

イメージとのズレを少なくして、購入後の不満を減らすことができます。

また、専門知識を持っいる店員の方に直接聞くことができ、不安を解消できます。

 

インターネットのサイト上で購入する方法は、荷物を自宅まで届けてくれるという点がメリットです。

また、購入したいときにいつでも購入できるという点でも店舗で買い物するよりもメリットがあります。

 

ただ、近年需要が増えているのは、インターネット上で購入する方法です。

総務省が発表したデータによりますと、ネットでの取引などをはじめとした電子商取引は毎年その市場が大きくなっており、その成長の余地も計り知れないものになっているとのことです。

(参考:http://www.soumu.go.jp/johotsusintokei/whitepaper/ja/h28/html/nc122210.html

 

インターネットが当たり前になっている現代において、ネットショッピング市場は拡大していくと予想されます。

そのため、これからのマーケティングはWeb上での活動を無視しては行えないということが読み解けます。

 

Webマーケティングって何するの?

 

 

『Webマーケティングとは、どういうものなのか』についてはご理解いただけたと思います。

では実際にどのようなことを行うのでしょうか?

宣伝や市場調査などということは理解できたのですが、実際にどうすればいいのでしょうか。

また、Webマーケティングの目的とは一体どのようなものなのでしょうか?

 

まずは基礎知識から 目的は集客

 

 

Webマーケティングの最大の目的は『集客』です。

 

例えば、販売促進用にホームページを制作したとします。

製品を売れる仕組みも作ったし、そのホームページもオープンしたということで、準備は完璧です。

しかし、ホームページにアクセスしてくれる人がほとんどいません。

これではせっかく作ったホームページも、意味を成しません。

 

ホームページを作るということも、Webマーケティング活動の一環ですが、最大の目的は『作ったホームページにアクセスしてくれる人を増やす』ということになります。

いわゆる『集客』です。

 

Geekly Media ライター

Terrace Factory

営業職にも種類がある!それぞれの職種を分かりやすく解説します!

営業という職業があることは多くの人が知っていると思います。
会社のために仕事を取り、売り上げを作ってくる会社経営の上で非常に重要な職種ですが、そんな営業にも色んな種類があることはご存知ですか?
今回はそんな知ってそうで、意外と知られていない営業の種類について分かりやすく説明していきます。

 

営業職の種類① 企業形態

 

 

メーカー営業

 

営業職の種類は勤めている企業の形態によって変わってきます。

最初に紹介するのはメーカー営業です。

メーカー営業はその名の通りメーカーの営業の事で、自社が開発した商品やサービスなどを直接営業する事を言います。

自社が開発している商品を販売するわけですから、商品知識をしっかり付けておく必要があります。

開発元であるという事で、後で紹介する代理店営業や商社営業の方と同行して営業に行く場合もあります。

 

代理店営業

 

代理店営業は、他社が開発した商品やサービスを代理で販売する営業です。

開発は優れているが営業がいない会社や営業数を増やしたい会社と契約して、代理で商品を紹介してマージンで利益を得ています。

代理で契約先の商品を紹介していくので、契約先の会社に迷惑をかけるような事はしていけません。

そのため、人一倍礼儀作法に気を付けて販売していく必要があります。

 

商社営業

 

商社営業は基本的には代理店営業と同じで、他社が開発した商品やサービスを販売していきます。

代理店営業との違いは商社であるという点です。

代理店は基本的には得意なジャンルの商品やサービスの代理店として活躍しています。

しかし、商社営業はいろんな商品を取り扱っています

その点が代理店営業との大きな違いです。

多様な商品やサービスを扱うので、幅広い知識と対応力がより求められる営業職といえます。

 

営業職の種類② 営業展開

 

 

新規開拓営業

 

どういう展開をしていっている会社なのかによって営業もやることが変わってきます。

最初に紹介するは新規開拓営業です。

多くの会社がやっている営業活動で、新しい顧客を獲得するために営業をしていきます。

「会社を設立した」「営業所を開設した」「事業を大きくしたい」といった会社の規模を大きくするために行われる営業で、自社の商品やサービスを世間に浸透させるためにPR活動という一面もあります。

自社の商品やサービスを使ったことないのはもちろん、知らないという人に向けても販売していかなくてはいけない営業なので断られることが多いです。

そのため、知らない相手に一から説明して納得してもらえるように具体的に説明をする事が重要です。

 

ルート営業

 

ルート営業は、すでに取引がある顧客を回って現状を聞きながら販売をしていく営業です。

同じお客さんに何回も会いに行くお仕事で、お客さんとの信頼関係を築いて今何に困っているのかを聞きだし、自社のサービスでどのように解決することができるのかを常に考えることが重要な営業です。

お客さんに同じ商品を使い続けていくために丁寧なフォローをする事と新しい商品が出た時に使ってもらえるように交渉する提案力が必要です。

 

反響営業

 

反響営業は新規の顧客獲得ができる営業方法ですが、先に紹介した新規獲得営業とは少し違いお問い合わせ頂いたお客様に対しての営業活動になります。

例えば引っ越しのお見積り依頼や商品カタログの送付依頼等を頂いたお客様に向けて、自社の紹介をしてサービスを利用していただくように動きます。

またご連絡いただいた商品だけではなく、別の商品も一緒に紹介してそれも買ってもらうという営業も必要になります。

新規開拓営業と比べると一度お問い合わせをいただいている分ハードルは低いですが、相手を選ぶことができないという難しさがあります。

 

営業職の種類③ 対象顧客

 

 

法人営業

 

営業はアプローチをかける相手によっても種類が変わってきます。

法人営業は主に企業を相手に営業をかけるお仕事で, B to B(Business to Business)とも呼ばれます。

Geekly Media ライター

【ロボット/種類】どれだけ知ってる?家庭用ロボットから産業用ロボット、そしてAIロボットまで幅広くご紹介します!

テクノロジーの進化と共に、これから私たちの社会にはあらゆる役割を持ったロボットが登場するでしょう。既に、家庭用ロボットと生活している人もいますし、お店に行くとロボットが接客をしている姿も見かけるようになりましたね。そこで今回は、私たちの生活に大きな影響を及ぼす3つのタイプのロボットを紹介しますので、ぜひ参考にしてください!

 

ロボットの役割

 

ロボットと言えば、アニメや映画などで見る人間型の機械を想像する人も少なくありませんが、実際に私たちが目にするロボットには様々な形があり、それぞれが役割に合った形態となっています。

ロボットに期待できる役割には、大きく分けて「単純作業」「危険作業」「生活支援」「家族」があります。

 

単純作業

 

 

製品の組み立てなど、ルーティーン化された業務を受け持つのが単純作業を行うロボットです。

マニュアル通りの動きで、ひたすら同じ作業を繰り返す業務へのロボット導入は加速しています。

ルーティーンはプロブラミングで賄うことが容易ですし、ロボットならば24時間365日休まずに作業を繰り返すことができるというメリットがあります。ロボットの役割として最も適した作業が「単純作業」なのです。

 

危険作業

 

 

人間にとって危険な場所や入り込めない場所などで活躍するロボットも存在します。

高い放射線を発する場所の調査を行うロボットが印象に残っている人も少なくないでしょう。

水中や狭い場所でも、ロボットならば形を現場に合わせることができますし、人間がそのロボットを遠隔で操作することで、「危険作業」を回避することができます。

 

生活支援

 

 

お掃除ロボットを代表するのが「生活支援」を行うロボットです。

また、日常生活の中でも駅の自動改札機、自動車の追突防止機能や自動運転機能もロボットに含まれます

 

私たちはずいぶん前からロボットに「生活支援」を受けているのです。最近では、音声で電気やテレビのスイッチを入れるなど、生活の一部としても定着しています。

今後、IoTが普及することによって、“ロボットと共存する”社会がまもなく訪れるでしょう。

 

家族

 

 

生活支援と近い位置にありますが、コミュニケーションを取れるロボットも存在します。

以前にはイヌ型ロボットも人気でしたね。コミュニケーションの取れるロボットは、家族として迎えられ、ひとりのパートナーとして人間と一緒に暮らします。

 

会話をしたり情報を聞いたり、生活における様々なシーンで「家族」のような立ち位置でロボットと接することも多くなるでしょう。

 

ロボットの種類

 

ロボットの種類を大きく分けると以下の3種類になります。

 

・家庭用ロボット

・産業用ロボット

・AIロボット

 

それぞれ、役割や形が異なりますが、全ては私たち人間の生活に繋がるものです。

ロボットの種類によって重視されるものは異なり、目的を果たすために最適な形と機能を備えます

 

家庭用ロボット

 

掃除

 

 

家庭用ロボットとして最も普及しているのはロボット掃除機ではないでしょうか。国内外のメーカーが参入しているロボット掃除機の中でも、よく耳にするのは「ルンバ」です。

外出している時に、自動的に部屋を隅々まで掃除してくれるロボットは、部屋の壁や障害物を認識し、掃除が終われば自動的に充電位置まで戻ることができます。

 

また、掃除機だけではなく、床やテーブルの拭き掃除を行うロボットなども登場しており、家事をサポートする家庭用ロボットはますます活躍の場を広げています。

 

話し相手

 

 

ペットロボットやヒト型ロボットは、人の言葉を認識し行動します

中でも、1999年にSONYから発売されたペット型ロボットの「AIBO」は爆発的な人気となりましたね。

 

また、ヒト型ロボットも人気があり、高齢者福祉施設用に開発された「PALRO(パルロ)」や、家庭用おもちゃとして開発された「こっちむいて!Robi(ロビ)」も見たことがある人も多いと思います。

簡単な言葉を理解し実行できるロボットは、一人暮らしの多い日本人にとって、家族のようなポジションになろうとしているのです。

 

産業用ロボット

 

組み立て

 

 

工場などの製造現場に導入されている産業用ロボットは、関節を持つアーム型が多く、ルーティーン化された細かな作業を素早く処理します。

組み立て部分によって稼働が異なり、垂直多関節型や水平関節型など、多様な形が存在するのです。

 

運搬

 

 

物流倉庫などで活躍するのが運搬作業を専門とするロボットです。

無人でのライン走行や、目の前のロボットを追従する機能などを備え、強大な物流倉庫内でも衝突することもなく効率的に稼働します。

 

仕分け

 

 

仕分けロボットも、倉庫や物流センターなどで活躍し、物流における仕分け作業の自動システムとして稼働しています。

大手ECサイトAmazonの物流倉庫内部がテレビや動画で紹介されていますね。

 

AIロボット

 

コミュニケーション

 

 

AIロボットの魅力は、何と言っても人間とのコミュニケーション能力です。

上述した家庭用ヒト型ロボットである「PALRO(パルロ)」や「こっちむいて!Robi(ロビ)」も、完全な人工知能とは言えませんが、AIロボットの先駆けと言えます。

 

お店などの受付

 

 

また、ヒト型ロボットとしてはソフトバンクの「pepper」が大きな話題となりました。会話はもちろんネット接続も可能で、店舗来客時には自ら対応します。

また、ヒト型ロボットが企業の受付で活躍するイメージもテレビなどで見かけるようになりましたね。人の言葉を理解し、柔軟に対応するロボットは今後ますます増えていくでしょう。

 

AIロボットは様々な分野で活躍中

 

AIロボットは人とのコミュニケーションだけではありません。

近年では、農業や飲食店、医療現場などでも導入されています。

 

例えば、農地の害虫を駆除するドローン型のロボットや雑草を除去するロボット、飲食店で料理をするロボットやホテルのデリバリーロボットなど、ロボットは次々とAIを搭載しているのです。

 

その他のロボット

 

 

上記で挙げたロボットは、いわば代表的なロボットですので、イメージできると思いますが、ロボットは様々な形で人体をもサポートするものになっていきます。

まだまだ認知度の低いロボットには、以下のようなものがあります。

 

・パワーアシストロボット

・セキュリティロボット

・ナノロボット

 

などです。

 

パワーアシストロボット

 

パワーアシストロボットは、手足の運動をサポートするロボットです。基本的には人が体に装着して利用し、重量のある物を運ぶサポートなどを行います。

また、義足や義手といった分野でも、パワーアシストロボットは活用できる見込みがあるのです。

 

セキュリティロボット

 

セキュリティロボットは、AIやビッグデータを用いた警備用のロボットが主な用途です。顔認識や音声認識を利用することで、人の挙動や声色を識別し警戒することで、不審人物を察知し通知します。

また、道に迷った人を誘導したり、体調不良の訴えを係員に知らせるなどの機能も搭載します。日本の空港や駅では実証実験も行われており、2020年を目標に実用化を目指しているのです。

 

ナノロボット

 

ナノロボットは、0.1〜100nmサイズのロボットで、人体に取り込むことができます。

人体の血中を移動して癌細胞を攻撃したり、眼球組織内を泳ぐナノロボットも研究されています。主に医療分野での癌治療への効果が期待されており、日々研究が進んでいる分野でもあります。

また、ナノテクノロジーの未来展望では、人体内で機能するナノロボットがネットワークに接続し、人間の脳とAIとの接続による“不老不死”が実現すると言った話まで出ていることも驚きです。

 

ロボット産業の市場規模

 

世界中のあらゆる産業をはじめ、人間社会に導入されているロボット産業は、その市場規模にも大きな期待を寄せられています。

国際ロボット連盟(IFR)によると、2013年から2017年にかけての産業用ロボット出荷台数は114%増加しており、2017年の販売額が過去最高の162億ドル(米ドル)を記録したとのことです。

また、2021年には約630,000台への到達が見込まれています。業務用ロボットをはじめ、個人や家庭用ロボットの需要は増え続け、それに伴いAIシステムも進化を続けています。

 

まとめ

 

 

産業用ロボットと家庭用ロボットでは、求められる要素に違いがありますが、搭載されるAIが進歩することで、いずれの分野でもロボットの存在感は大きくなることは間違いありません。

ロボット技術とAI技術の融合は、今後の私たちの暮らしには必要不可欠な存在となるでしょう。

Geekly Media ライター

佐久森

PHPフレームワークならコレ!人気フレームワークの種類からその内容まで徹底解説!

PHPフレームワークというものを聞いたことはありますか?近年アプリ開発を行うのに必要不可欠なアイテムとして、開発者に重宝されているシステムなのです。今回はそんなPHPフレームワークの人気種類の紹介や、そもそもPHPフレームワークとは何の事なのかという基本的なところから徹底に解説していきます。

 

アプリ開発にはPHPフレームワーク

 

 

PHPフレームワークとは?

 

プログラミングをするときに言われるフレームワークとは、アプリを開発する際の土台のようなものです。

 

アプリを開発する際にすべての動作を自分で書いていたら膨大な作業量になり、時間がいくらあっても足りません。

そこで、あらかじめ必要なコードが用意されているフレームワークと呼ばれる土台を使えば、あとはオリジナルのコードを書いていくだけで良いので、スムーズに作業を進めることができます。

 

アプリを開発する際は、このフレームワークを大量に使って業務の効率化を図っています。

 

PHPフレームワークでできる事

 

PHPフレームワークを使うことで、「開発時間の短縮」「多人数開発が可能」「フリーランスとしての活動に活かせる」といった3つのメリットが生まれます。

まず「開発時間の短縮」に関しては先ほどフレームワークの説明で話した通りです。

あらかじめ必要なコードを用意しておくことで、効率的に仕事ができるような状況を作っています。

 

次に「多人数開発が可能」になる事については、考え方の統一ができるためです。

アプリによって作り方が全く違ったり、人によってもコードの書き方が変わってきます。

そのため、まっさらな状況からアプリを開発するとなると統率するのが難しく、どのようにコードを書いていくのかルール作りをして共有するという手間がかかってしまいます。

 

しかし、PHPフレームワークで基礎の部分をあらかじめ作っておくことで、コードの書き方をプログラマー全員と共有することができます。

そのため、ルール作りや共有するという手間をかけることなく、コードを統一することができます。

 

最後に「フリーランスとしての活動に活かせる」については、先ほども話した通りフレームワークはアプリ開発の場面で多用されます。

しかし、プログラミング言語とフレームワークは全く別の知識になるので、プログラミングしかできない人ではなくフレームワークも使える人になれば、業界から重宝されるのです。

 

PHPフレームワークの種類

 

一口にPHPフレームワークといっても、その中にはいくつか種類があります。

 

・CakePHP

・Symfony

・CodeIgniter

・ZendFramework

・Phalcon

・Slim

・Laravel

・Yii

・FuelPHP

・Flight

・Silex

・BEAR.Sunday

・Kohana

・Ethna

・Ice Framework

 

主なフレームワークは記載した15種類であり、その中でも有名なのは「CakePHP」と「Codelgniter」でありよく使われているフレームワークです。

 

しかし、これだけPHPフレームワークがあるとどれを使っていいか分かりませんよね。

なので次はおススメのPHPフレームとその特性について紹介していきます。

 

おすすめPHPフレーム①

 

Symfony

 

 

フランスのシステム会社Sensio Labsが中心になって開発が進められているフレームワークで、2005年にリリースされました。

Symfonyは企業の重要なシステム開発を担うことのできるフレームワークとして作られました。

機能テストやでバックの為の多様なツールが最初から装備されており、毎年2回リリースアップされ、サポート体制も充実しているため常に最新の状態にあるフレームワークといえます。

大人数で規模の大きな開発をするときに向いているフレームワークです。

 

おすすめPHPフレーム②

 

FuelPHP

 

 

FuelPHPは2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークで、MVCモデルという高速かつ軽量なフレームワークを採用しているため、簡単なWEBサービスやアプリケーションの開発に向いている小規模で手早く開発をしたいという方におすすめです。

軽量なので、まずはPHPフレームワークを触って試してみたいという方にもおすすめなのですが、経験の浅いエンジニアだとソースコードにバグを埋め込んでしまうリスクがあるフレームワークです。

 

おすすめPHPフレーム③

 

Codelgniter

 

 

Codelgniterは2006年に登場したフレームワークで、ベテランエンジニアから圧倒的な支持を得ているフレームワークです。

Codelgniterがなぜベテランエンジニアに指示されているかというと、それはコーディング規約制限が緩く自由度の高いソースコードを書くことができるので、すべて自分でできるベテランには支持されているのです。

また動作速度も速く、FuelPHPほどではないにしろPHPフレームワークの中ではトップクラスの速さを誇ります。

 

おすすめPHPフレーム④

 

cakePHP

 

 

cakePHPはcakeの名が冠されている通り、ケーキを焼くように簡単にPHPで開発できるフレームワークというコンセプトで作られたフレームワークです。

初回リリースは2005年と歴史の古いPHPフレームワークですが、半年に1度位のベースでリリースアップを重ねているので、常に最新の状態を保ち続けています。

日本国内外問わず最重要PHPフレームワークとしての地位を築いてきており、採用実績が多いので使ったことがある人も多く分からないことをネット上で質問すれば、大抵答えが返ってきます。

軽量だがしっかり作りこめるフレームワークであり、日本でのシェアは非常に高いので日本でフレームワークの仕事をするときは、使えた方が良いPHPフレームワークといえます。

 

おすすめPHPフレーム⑤

 

ZendFramework

 

PHPでZendといえば、PHP実行プログラムであるZend Engineが有名です。

ZendFrameworkはそのZend Engineの開発者であるアンディ・ガトマンズとゼーブ・スラスキーが創設したゼンド・テクノロジーズの支援で開発されているフレームワークです。

IBM・Google・マイクロソフトなど世界的なIT企業がバートナーとして参画している事も有名で、拡張性が高く大規模な開発に強みを発揮するフレームワークとして人気が高いです。

 

おすすめPHPフレーム⑥

 

Laravel

 

 

Laravelは2011年にリリースされた比較的新しいフレームワークで、今最も勢いのある書きやすいフレームワークとして注目されています。

GitHubというシステムエンジニアがよく利用する世界的な作品の旧友ウェブサービスでは、PHPフレームワークの中で最高評価を受けており、新しいトレンドとなっています。

動作が重いという指摘も上がって来ていますが、初心者でも美しいソースコードがかけると評価されています。

今後日本でも1番使われるフレームワークになる可能性もある程勢いがあるので、勉強しておいて損はないと思いますよ。

 

おすすめPHPフレーム⑦

 

Phalcon

 

 

とにかく早く最速のフレームワークと呼ばれるのがPhalconです。

初回リリースが2012年と新しいフレームワークで、速度が速いだけではなく自由度が非常に高いことからベテランエンジニアからの支持も得ているフレームワークです。

その点から初心者には扱いが難しく、日本語での情報も少ないのでベテランが使うフレームワークと言ったところです。

 

おすすめPHPフレーム⑧

 

Slim

 

 

マイクロフレームワークとして有名なのがSlimです。

マイクロフレームワークとは、他のフレームワークと比べるとスリムで必要最低限の機能だけ残したフレームワークの事で、入力に対してのレスポンス表示をするだけのものです。

開発に使われることはほとんどありませんが、プロトタイプ作成では簡単に素早くできる事から使われることもあるので、知っておいて損はないフレームワークといえます。

 

最後に

 

 

いかがでしたか?

アプリ開発を効率的にすすめるために必要なPHPフレームワークについて分かりましたか?

PHPフレームワークには紹介した通り多様な種類があり、どれを使うか迷ってしまうという人も多いかもしれません。

そういう人はひとまずいろいろ試してみるのがいいです。

 

長年CakePHPとCodelgniterがシェアを占めてきたPHPフレームワークの業界ですが、近年はLaravelとFuelPHPのシェアが伸びてきており、今後メインで使われるPHPフレームワークは変わっていくかもしれません。

是非色んなPHPフレームワークを試してみて使用感や効率を感じ取ってみて下さい。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

Geekly Media ライター

アフィリエイト広告ってなに?仕組みから活用方法、その種類まで徹底解説!

「アフィリエイトっよく聞くけど何?」って思っている方多いと思います。簡単に言うとインターネット上の自分のページに企業の広告を出して、報酬をもらうというものです。「本当に大丈夫なの?」「どういう仕組みなの?」「そもそもアフィリエイトって何?」と思っている方のために、今回はアフィリエイトについて紹介していきます。

 

アフィリエイト広告って何?

 

インターネットの広告を掲載して報酬を得ること

 

 

アフィリエイトとは、インターネット上の自分のページを用いて、企業の製品などを紹介し、その見返りとして報酬を得るというものになります。

簡単に言うと紹介=広告という形になり、自分のページを閲覧してその製品を購入した第三者がいた場合、その契約内容に応じて掲載しているページの持ち主に対して報酬を支払われます。

自宅でできる副業として注目を集めています。

中には本業アフィリエイターと言って、アフィリエイトの収入のみで生計を立ている方もいます。

 

アフィリエイトの仕組み

 

 

アフィリエイトが企業の製品を紹介して報酬を得ることができるインターネットビジネスの一つということはご理解いただけたと思います。

そうするとここで新たな疑問が生まれると思います。

「その広告は勝手に出していいの?」という疑問ですね。

 

簡単に言うと勝手に出しても何の意味もありませんし、報酬なんてものは一向に入ってきません。

ではどういう仕組みで広告を掲載し、報酬が得られるのでしょうか?

解説していきます。

 

広告を出したい企業と広告を掲載したい人が集まる場所

 

 

簡単に言うと、インターネット上に広告を出したい企業と、インターネット上の自分のページに広告を掲載して報酬を得たい人の仲介役がいます。

その仲介役のことをASPといいます。

正式名称はアフィリエイトサービスプロバイダといいます。

このASPに登録することで、ASPに登録している企業の製品を紹介することができるようになります。

しかし、その製品を取り扱えるかは審査があったりするため、その審査に通らない限りはその製品を紹介することはできません。

 

識別はクッキーで

 

 

アフィリエイトで報酬が発生する仕組みは理解していただけたと思います。

でもここでまた新たな疑問が生まれてしまいますね。

「自分が紹介した製品の成約とか、どうやって識別しているの?」

もしかしたら横取りされてしまうこともあるのではないかと心配してしまいますよね。

でもそんなことはありません。

ASPで取得した企業広告のURLがあります。

このURLをアフィリエイトリンクといいます。

このアフィリエイトリンクにはパソコン内のクッキーに記録が残ります。

このクッキーで識別しているのです。

 

「Aさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

「Bさんが掲載した広告で成約した人は○○人」

 

この仕組みがあるから、インターネット上での広告ビジネスというものが成立するということになります。

 

報酬が発生するまでの流れ

 

 

実際に報酬が発生するまでにはどのような流れが必要になるのでしょうか?

 

[1]ASPで掲載する広告を選択する

Geekly Media ライター

Terrace Factory

VRの仕組みを徹底解説!動画が立体的に見える理由からゴーグルの種類まで分かりやすくご紹介します。

ITが加速する現代、私たちが普段暮らす世界の中に、もう一つの世界が誕生しました。それが、VRの世界です。
VRの世界ではなぜ全てが立体的に、まるでそこに存在するかの様に表現できるのでしょうか。そこで今回は、動画が立体的に見える理由をはじめ、VRを体験するためのゴーグルの種類について、VRの仕組みを徹底解説します。

 

VRってどういう意味?

 

 

VRは「Virtual Reality(バーチャル・リアリティ)」の略称です。

VR技術におけるVirtualとは「仮想の」という意味で、主にコンピューターが作り出した世界の事を表します。また、Realityとは「現実感」を意味しており、VRとはコンピューターによって作られた仮想現実というニュアンスで捉えることが一般的です。

もう少し踏み込んだ言い方をすると、VRは「コンピューターが仮想空間に作り出した実質的な映像を現実だと錯覚させる技術」ということになります。

VRを実際に体験すると、目で見ている映像であることを認識しているにもかかわらず、自分の手で触ることができるのではないか、と錯覚するほど「Reality」を感じてしまうのです。

 

3DとVRにおける視覚的な違い

 

VRと聞いた時、立体的な映像を想像する人も多いと思います。

確かに3DやVRでは、どちらも立体的な映像を見ることで「触れるのではないか」と錯覚しますが、この2つには錯覚の程度に圧倒的な違いがあるのです。

 

3Dは浮き出る画面

 

 

3Dは一般的に、映し出された平面の映像が飛び出して見える、いわば浮き出る画面です。

映画館などで上映される3D映画などは、スクリーン上に放映される映像が自分めがけて飛び出してくるのですが、それは正面の映像だけです。

 

VR360度の視野で仮想現実を体験

 

 

VRは、正面の映像が飛び出してくるのではなく、映し出される世界の中に入り込むというイメージです。

VRゴーグルを装着すれば、見渡す限り360度の景色全てがコンピューターが作り出す世界に囲まれます。

自分が見る方向全ての映像がVRの世界ですので、自分自身がその世界に入り込んだという錯覚を起こしてしまうでしょう。

 

VRの仕組み

 

体験する人に現実だと錯覚させるVRは大きく2つの仕組みが利用されています。

 

両眼視差を利用する

 

 

人間の左右の目でモノを見る場合、常に両眼視差というものが生じています。

両眼視差とは、左右の目片方ずつで見た時のモノの見え方の違いです。

普段両目でモノを捉えているのでその違和感はありませんが、片目ずつ順番にモノを見てみるとその違いが分かるはずです。

例えば、両目で見た状態で、目の前に人差し指を立て、右目と左目を交互閉じて見ると、指の見え方が違うはずです。

真ん中に捉えていた指は、片目ずつで見ると左右にズレが生じます。

しかし、両目で見るとそのズレは感じられません。これは、視差のある左右の目でモノを見たとき、脳がブレを補正するためです。

そして、この両眼視差を脳が補正を行うことで、奥行きを知覚し、立体的に見えるのです。

VR技術の一つとして、この両眼視差を利用しています。

VRで見る映像には2種類あり、右目用と左目用に分かれています。この映像をVRゴーグルを通して見ることで、右目と左目で見る映像をコントロールして、脳内で奥行きある立体的な映像に組み立てさせるのです。

端的に言えば目の錯覚を利用した技術となります。

 

人の動きに合わせて映像を見せるトラッキング技術を利用する

 

 

VR技術では、作られた世界にも関わらず、まるでその世界に入ったような錯覚に陥ります。

これを実現しているのが、以下のような技術です。

 

・ヘッドトラッキング

・ポジショントラッキング

・モーショントラッキング

・アイトラッキング

 

ヘッドトラッキング

 

ヘッドトラッキングは、頭を動かすとその動きを感知する機能です。360度の動きに対応しており、頭の動きに合わせて映像も動きます。

これにより、現実世界と同じ動作でVRの世界を360度見渡すことができます。VRゴーグルを着用し、現実の世界で右を向けばVRの世界でも右側の映像が映し出されますし、振り向けば背後の世界を確認することができるわけです。

 

ポジショントラッキング

 

人間は、頭を動かした時だけではなく、身体を動かした時にも頭が動き、視界が連動します。

この身体の動きと視界の動きを連動させるため、ヘッドマウントディスプレイの位置を認識する機能がポジショントラッキングです。

前進したり後退したり、屈んだ場合の視点を認識するのもポジショントラッキングという技術で補正されています。

 

モーショントラッキング

 

モーショントトラッキングは、VRの中で身体の動きをシミュレーションする技術です。

自分の身体を動かすことで、VRの中に映し出された身体も同じように動かすことができ、視覚だけではなく身体ごとVRの世界に入り込むことができるのです。

 

アイトラッキング

 

アイトラッキングは、身体の動きではなく目の動きを認識する機能です。

頭や身体を動かさなくても、目の動きだけで映像が動くことで、現実世界での認識と比べても違和感の無い映像を見ることができるのです。

また、アイトラッキング機能によって、VRで酔うことを防ぐことにも繋がっています。

 

VRを体験するゴーグルの種類

 

 

VRを体験するためには、VRゴーグルを装着する必要がありますが、ゴーグルには大きく分けて以下の4つの種類があります。

 

・スマートフォン用のVRゴーグル

・PC用のVRゴーグル

・ゲーム機用のVRゴーグル

・スタンドアローン型のVRゴーグル

 

スマートフォン用のVRゴーグル

 

スマートフォン用のVRゴーグルは、その他のVRゴーグルよりも安価で、試しにVRを体験してみたい人には一番手軽なゴーグルです。

 

・価格帯:約1,000円〜約3,000円

 

ゴーグル以外に必要なものはスマートフォンと、VRに対応したコンテンツのみで、スマートフォンをゴーグルにセットし、ゴーグルのレンズを通してスマートフォンの画面を観ることで、VRの世界を体験できます。

 

PC用のVRゴーグル

 

PC用のVRゴーグルは、PC用のVRコンテンツを楽しむためのゴーグルです。PCでのVRコンテンツにはゲームコンテンツも多く、ゲームの世界に入り込むにはうってつけです。

 

・価格帯:約50,000円〜約100,000円

 

PCと接続することでPCコンテンツを存分に楽しむことができます。

 

ゲーム機用のVRゴーグル

 

ゲーム機専用のVRゴーグルは、PSVRをはじめとしたゲームの世界をVRで楽しむことに特化しています。

 

・価格帯:約50,000円〜約80,000円

 

PlayStation VRなど、ゲーム機としてVRゴーグルが販売されています。

 

スタンドアローン型のVRゴーグル

 

スタンドアローン型のVRゴーグルは、外部機器への接続は不要で、ゴーグル単体でVRを楽しむことができます。

 

・価格帯:約15,000円〜約50,000円

 

スタンドアローン型のVRゴーグルは、リアリティについても評価が高いため、本格的なVRを体験したい場合はスタンドアローン型を利用すると良いでしょう。

 

VRの活用分野

 

VRは現在、ゲームや動画コンテンツが主な用途になっていますが、実は様々な分野での活用が期待されている技術でもあります。

 

VRには様々な活用方法がある

 

 

VRは、リアリティのある仮想空間に、コンピューターによる立体的な映像を映し出すことができます。

これを活用する分野は、以下のような様々なビジネスに広がっているのです。

 

・医療

・スポーツ

・旅行

・教育

・不動産

・建築

 

などです。

例えば、メディアでも特集された医療分野の一例としては、手術前のシミュレーションや、VRによる錯覚を利用した痛み緩和といった方法が紹介されています。

このように、様々な分野でVRが活用され、今後も発展していく可能性の極めて高い分野でもあります。

 

まとめ

 

 

VRの世界は、主に人間の視覚を利用して錯覚を起こすことで、仮想空間にリアリティのある世界を作り出します

それは、映像の世界やゲームの世界を実際に体験するための入り口でもあるのです。

体験するためには、用途に合わせてVRゴーグルを選ぶ必要がありますが、ほとんどの人が利用しているスマートフォンでVRを試してみるのが最も簡単な方法でしょう。

VR技術について、更に詳しく理解するためには、実際にVRの世界を体験してみることが最初の一歩となります。

Geekly Media ライター

佐久森