ストレージエンジニアってどんな職種?職務内容からキャリアパス、求められるスキルまで徹底解説!

皆さんはストレージエンジニアという職種を聞いたことはありませんか。言葉では聞いたことがあるという人も少なくありませんが、どのような仕事をしているのかについてはあまり知られていません。しかし、密かに私達の生活を支えているのです。今回はそんな謎に包まれたストレージエンジニアという職種について解説します。

 

ストレージエンジニアってどんな仕事?

 

インフラエンジニアの一つ

 

 

エンジニアといっても、その種類は様々あります。特にITの世界では多くの種類のエンジニアが存在します。多くの人が考えるITのエンジニアといえば、システムやWebを制作する、いわばフロントエンドエンジニアです。しかし彼らだけではITの世界を支えることはできません。そこで今注目を浴びているのが、ストレージエンジニアです。

 

ストレージエンジニアはインフラエンジニアの一つであり、その名の通りストレージ管理に特化したエンジニアです。システムを動かしたりWebサイトを多くの人に公開するには、インフラ整備が重要です。そのインフラ整備において最も重要なものがデータベースです。ストレージエンジニアは、そのデータベースの構築から保守管理までを担います。

 

なぜストレージエンジニアって必要?

 

ストレージと聞くと、多くの人はスマートフォンのストレージを思い浮かべるはずです。スマートフォンのストレージは個人で管理することができますが、これが企業の経営や業務に関する大量のデータや、社会に大きな影響を与える膨大な量のストレージ管理となると、どうしても一人では管理することができません

 

ストレージエンジニアはその膨大な量のデータを管理し、必要なときに効率よくデータの出し入れができるように維持するのが大きな役割です。仕事などでほしいデータをすぐに出し入れすることができたり、必要な情報をすぐに手に入れることができるのは、ストレージエンジニアのおかげなのです。

 

ストレージエンジニアの仕事内容

 

データの管理や保守

 

 

ストレージエンジニアの仕事として最も大きいのは、データの管理や保守です。ITがこれだけ浸透している現在、データというのはかなり重要なものです。扱い方によっては重大な問題に発展することもあります。そのようなデータも含めて、適切に管理したり保守していくのが主な役割です。

 

エンジニアというと、何かを開発したりなどの生み出す職業だというイメージを持つ人が居ますが、ストレージエンジニアは生み出すというよりは、生まれたものの面倒を見ることがメインとなります。エンジニアらしくないと感じる人も多いかもしれませんが、このような仕事によって私達の生活は支えられているのです。

 

データベースの構築

 

 

ストレージエンジニアの仕事はデータの管理保守だけではありません。そのデータを扱いやすくするための環境を構築することも、ストレージエンジニアの大事な仕事です。きちんとした環境を構築することができれば、データの管理保守もかなり楽なものになります。

 

先程も少し述べましたが、データというのは保管するばかりではありません。必要なときに必要なものを出し入れして初めて役に立ちます。環境が整っていれば保守管理も楽になりますが、何よりも必要なデータを迅速に提供することができます。

 

ストレージエンジニアとビッグデータ

 

ビッグデータって何?

 

 

なぜストレージエンジニアがこれほど注目されるようになったのか、それはあるものが注目されているためです。そのあるものというのが、ビッグデータです。その名の通り非常に膨大な量のデータのことですが、実は今の生活においてビッグデータはかなり重要なものです。

 

鉄道の運行管理を例に説明します。例えばあるアーティストがコンサートを行うことになり、その会場の近くにある駅が多くのファンで混雑するとします。当然普段通りの運行スケジュールだと定時運行に支障をきたしてしまいます。そこで登場するのがビッグデータです。ビッグデータを用いてコンサートの動員数を元に運行スケジュールを管理することで、より利便性が向上するのです。そして定時運行に支障をきたしてしまうことを防ぐこともできます。

 

ビッグデータは誰が管理する?

 

ではそのビッグデータは一体誰が管理するのか、ということになります。そこで登場するのがストレージエンジニアです。膨大な量のデータを管理し、必要なときに必要な情報を提供したり保管できるようにするには、ストレージエンジニアの存在は必要不可欠です。

 

一見何の関係もないように見えるデータも、実は深く関係しているということはよくあります。特にビッグデータが注目されている現在、必要としている企業に効率よくデータを提供することができるのはかなり大切です。

 

ストレージエンジニアに必要なスキル

 

データベースのスキルは必須

 

データを管理するだけなら誰でもできるのではないか、そう考えていませんか。だからといって明日もじゃんけんで負けてしまうことはありませんが、ストレージエンジニアに必要なスキルというのはかなり多く、そして複雑で難しいものばかりです。最低限データベースのスキルは身につけておきましょう。

 

特に正規化のスキルは重要であり、第3正規化までは最低限できるようにしましょう。その他にもデータベースに関する知識は必須となるため、もしもストレージエンジニアを志望しているのであれば、まずはデータベースをマスターしましょう。

 

ネットワークやサーバーの知識も必要

 

 

ストレージエンジニアに必要なスキルとしてデータベースを上げましたが、最近のストレージエンジニアはデータベースのスキルだけでは足りません。ネットワークサーバーの知識も必要になっています。

 

ITの世界ではここ最近仮想化が進んでおり、その仮想化を支えているのも実はストレージエンジニアです。仮想化技術を支えるストレージエンジニアの場合、データベースのスキルはもちろん、ネットワークやサーバーの知識やスキルがなければ仕事になりません。

 

PG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)って何が違うの?職務内容や必要なスキルなどを徹底比較!

本記事ではPG(プログラマー)とSE(システムエンジニア)の違いについて解説していきます。PGとSEは似たような職種なので同じような仕事を行っているイメージを持っている方もいると思います。しかし、SEとPGは職務内容や必要なスキルなど様々な面で異なっています。今回は、両者の相違点を比較しながらわかりやすく解説していきます。

 

SE(システムエンジニア)ってどんな職業?

 

SEとは、簡単に言うとプログラムの設計を担当する役職のことを指します。

システム開発には、要件定義→システム設計→システム製造→テストの流れで進行します。この中でSEは要件定義からシステム設計を担当します。

他にも、SEは複数のプログラムを連携させたテストやシステム全体の動作をチェックするテストも行います。

そのため、要件定義や、テスト、システム設計を行うSEは、ITスキルだけでなく設計書・試験項目表を作成するドキュメント作成スキル、システム開発に関する知識が求められます。

また、クライアントと話し合う機会もあるためコミュニケーションスキルが必要です。

しかし、SEの仕事内容は曖昧となっており、PG(プログラマー)、Webデザイナー、コーダーなどの職種の人材を組み合わせ、チームとして構成する場合があります。

これらの仕事の分担は会社によって異なるため、SEが担う仕事の量も会社次第で変化するので注意が必要です。

 

PG(プログラマー)ってどんな職業?

 

 

PGとは、SEが作成したシステムの設計書通りにプログラミングを行う役職です。下流工程と言われる、システム開発の製造工程は、PGが担当している仕事です。

ただし、システムの設計書には最低限の内容のみ書かれているため、必要とされる動作をコードで実行するにはPGの腕が重要となります。

一見同じ動作のプログラムであっても、コードの出来不出来で動作の遅延の原因となったり、バグが発生しやすかったりします。

他にも、プログラマーはコーディングしたプログラムの単体テストまで担当しています。これは今後の作業の進行に重要な作業となっています。

これらのことから、プログラミングスキルだけでなく、自分のプログラムに責任を持ちきちんと細かな部分までチェックする必要があります。

 

SE(システムエンジニア)の仕事内容とは?

 

 

要件分析・定義

 

SEの基本的な仕事としては、システム開発全体の業務のマネジメントを行う必要があります。

その工程の最初に行われる、要件分析と呼ばれる作業工程では、クライアントの求めるシステムをヒアリングする役割を担う、重要なSEの仕事となっています。

また、要件定義はクライアントからの要求を分析して、システムやソフトウェアの開発の中で必要な機能を明確にする作業のことを指し、これも重要なSEの仕事です。

 

基本設計

 

基本設計とは、クライアントからの要求分析を行い必要な機能を明確化した後に、システムをどのように構成するかを定めるSEの仕事です。

 

詳細設計

 

詳細設計とは、開発するシステムを基本設計で大方決めた後に、実際に開発するプログラミングの工程に必要な詳細な設計を行う仕事です。

 

論理的思考力

 

担当している仕事内容にかかわらず、SEは物事を論理的に考えるスキルは重要です。

複数の物事の法則性を素早く読み解き、正しい方法で実行するスキルが求められるため、未経験者であっても論理的思考力があればSEとして採用されやすい傾向があります。