アイキャッチ画像-地球を視る人

【徹底比較】組織構造とは?3種類の解説とそれら違いを比較!

組織構造の代表的な3種類についてそれぞれの意味と違いについて解説します。3種類の他にどのような組織構造があるかについても紹介します。日頃務めている会社がどの組織構造に分類されるのかこの記事を読めば分かります!各組織構造のメリットとデメリットについて紹介し、デメリット要因に関しては軽減のメソッドまで徹底解説します。それぞれの違いを把握することで企業の仕組みが見えてきます!

 

組織の種類

 

3種類の組織構造とは?

 

イメージ画像-いろいろな人

 

企業の組織構造とは、企業内の業務や、その責任、権限の仕組を表すものになります。様々な組織構造が存在しますが、それぞれにメリットやデメリットが存在します。

組織構造の種類は「機能別」「事業部制」「チーム型」の3つが代表的な物として挙げられます。3種類以外にも、さらにいくつか挙げることができますが、今回はこの3種類を軸にして組織構造について徹底解説していきます。

 

3つの組織構造の説明

 

機能別

 

イメージ画像-プレゼンしている人

 

機能別組織とは業務の内容で分けて業務を遂行する形式をとる特化型のビジネススタイルと言えます。多くの企業は、この機能別組織構造をしています。

車を扱う会社を例をあげると、「営業」「販売」「製造」といったような業務が存在します。機能別組織とは業務別に能力を持ったチームを編成する組織の事です。

特定の業務に特化しているため、その分野では能力を発揮しやすく業績を上げることが可能です。

企業が大きくなるにつれて業績が上がるというメリットはありますが、同時にデメリットも増えてきます。

デメリットとしては、企業が大きくなるにつれて意思決定に時間がかかる点です。機能別組織の場合、事業の方向性や意思決定は上層部が決定します。そのため判断を下す必要があるときには機能毎の上層部と企業全体の上層部が話し合う必要があります。つまり、企業が大きいほど、その規模が大きくなるため意思決定に時間がかかってしまいます。

こういった理由から、現場で迅速に対応したい時、上層部の許可が降りなければプロジェクトや事業の進行に時間がかってしまいます

柔軟かつ臨機応変に対応できずにプロジェクトや事業の参入タイミングを見逃すといったマイナス面が発生してきます。

機能別組織は大きく業績に繋がりやすいが、大きな企業に成長した際、上層部の判断でしか動けないことにより、業績低下のリスクも予測されます。

 

事業部制

 

イメージ画像-図解します

 

事業部制組織とは各事業で部署を分けることにより、上層部での意思決定を待たずとも各部門での意思決定が可能であるため、業務を迅速に進める事が出来ます。トップに縛られない構造となっています。

家電メーカーで例えると「エアコン部門」「コーヒーメーカー部門」「ドライヤー部門」と言う形で部署を分ける組織構造です

この場合は上層部に許可を取ることなく各部門で1つのまとまった内容の仕事が行えるため、判断をする際に全て上層部と話し合う必要がありません。そのため、迅速な対応が可能になり、ビジネスチャンスを逃す事はありません

意思決定の判断は迅速に行うことが可能ですが、販売部と制作部などが重複してしまうデメリットがあります。また、軸となる考え方が全体の作業バランスの管理が優先されがちなため、専門性が低い傾向にあります。

事業部制組織の場合、買収などでトップが代わり蓄積した経験が無くても部署ごとに独立して判断ができるため、経営破綻しにくい組織づくりとなってきます。

つまり、トップが変わったとしても働き方を変えずにビジネスを継続していくことができるため、買収されても対応しやすい構造になっています

部署ごとにすべての業務が完結する用になっているため、1つの部署では一括の製品をはじめから終わりまで担当する事ができます

イメージで言うと会社の中に小さい会社がある様なイメージを持っていただければなお分かりやすくなります。

 

チーム型

 

イメージ画像-仕事できそうな人々

 

日本ではまだ少ない働き方ですが、海外ではプロジェクト事にチームを形成するといった働き方改革が進んでいます

プロジェクトチーム型はプロジェクトごとに違う職種の人を集め構造された短期構造型です。プロジェクトが終了するとチームを解散し、再度新たなプロジェクトを立ち上げる際に、新たな人材を集める手法を取り入れています。

この働き方では特化型の人が多く一人一人の能力が高いことが基本です。そのため、スピーディーかつクオリティーが高い仕事を完遂することが可能です。この組織は「プロジェクト・チーム」や「タスク・フォース」と呼ばれています。

基本的な3種類以外にもカンパニー制組織構造とマトリックス組織構造などが存在します。次にこの2つについて解説していきます。

 

カンパニー制組織構造

 

小さな会社

 

イメージ画像-色んなデバイスで表示

 

カンパニー制組織では、事業部制組織の特徴を強調したような仕組みになっており、完全に独立した事業形態として認識されます

事業部制組織の強調したと言いましたが、カンパニー制と事業部制の大きな違いは重要な意思決定を行う権限があるかないかです

つまり、事業部制組織には組織での大きく利益に直結する様な意思決定の権限がなく、上層部に問い合わせなければ組織内の最終決定ができません。一方、カンパニー制組織では組織での大きな権限を持つためそういった重要な判断が迫られた場合も即時に対応でき、事業部より自発的な意思決定が行なうことが可能です。

意思決定をする上で現場の状況で得たノウハウは必要な要素です。ビジネスで良い効果を生むためには、現場の決定権が重要になり、現場で働く人にとってもメリットがある構造です。

事業部制組織でも迅速に対応することが可能ですが、事業の意思決定は上層部に連絡しなければなりません。

決定権限を持つカンパニー制組織では、大きな決定ありきの迅速な対応が行えるメリットがあります。逆に判断を誤るというリスクもあり大きなデメリットになる場合もあります

 

マトリックス組織構造

 

機能別と事業制の双方を活かす

 

イメージ画像-会議風景

 

マトリックス組織の構造は機能別組織と事業部制組織を掛け合わせて構成された組織です。機能に特化したスキル面と迅速に対応できる事業部制のスピーディーさを掛け合わせたのがマトリックス組織です。双方の良い点を掛け合わせる事で結果的に効率が高まります。

機能別組織の考え方と事業部制組織の考え方を同時に持つことによりスピーディーで迅速に業務を行うことが可能です。

デメリットとしては機能別と事業部制の2つの組織の考え方があり、双方の考えで噛み合わない部分が確実に出てくる事が予測できます。その議論に時間をかけることで商品の品質にこだわる時間が減り、結果的に品質の低下に繋がる恐れもあります。

つまり、どちらの良さも始めは取り入れられるが徐々に時間や経験を積むことにより、それぞれの組織の考えで合わない部分が出てきてしまいます。結果として大きなリスクになることも想定できます。

そのため、大きなリスクを背負うことがないようにどちらかの組織の基準を高めに設定し、片方に大きな権限を持たせることにより、円滑に双方のメリットを効率よく調整することが可能です。

 

【徹底比較】テレワーク vs リモートワーク!違いやそれぞれのメリット・デメリットを解説!

「テレワーク」と「リモートワーク」の違いとなる比較ポイントやそれぞれのメリット・デメリットを解説していきます。最近は多くの人がこのような働き方を魅力に感じる傾向があります。他にも似たような働き方が存在し、今回はその代表的なテレワークとリモートワークを徹底比較します!

 

【テレワーク】&【リモートワーク】の違いは?

 

【テレワーク】と【リモートワーク】の簡単な説明

 

 

・テレワーク

テレワークとは、「(テレ)= (遠く)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としては「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「(遠い)場所から遠隔で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

・リモートワーク

リモートワークとは、「(リモート)=(遠隔)」と「(ワーク)=(仕事)」の単語が合わさった言葉になります。

意味としてはこちらも「遠隔で仕事をする」意味合いを表しています。もっと分かりやすく解釈するなら、「遠い場所から(遠隔)で仕事をして働く」と言った意味合いで認識すると分かりやすいでしょう。

上記のテレワークとリモートワークの意味を理解されたかと思います。ほとんど同じ意味ですよね。違うとしたら強調している意味合いが違うことです。

下記でもっとテレワークとリモートワークを深堀りしていきますので、詳しく情報を知りたい方は閲覧してくださると幸いです。

テレワークとリモートワークのメリット・デメリットや違いを分かりやすく比較します!

 

テレワークvsリモートワークをもっと詳しく徹底比較!

 

①【テレワーク】もっと詳しく!

 

 

テレワークは、テレコミューティングとも呼ばれることがあり、遠い場所から仕事をして働く意味を示す表現として用いられます。

主に会社に通勤して仕事に行くスタイルではなく、自宅やカフェと言った会社外で仕事をこなしていく形態での働き方を意味しています。テレワークで仕事をする人を「テレワーカー」と呼びます。

大きな違いとしては古い言葉か、新しくできた言葉かが比較して分かる違いになります。実際に古い言い方で言うとテレワークになり、最近できた言葉に直すとリモートワークとなります。

なぜテレワークが消えずリモートワークに統一しないかといいますと、国の法律で補助金制度があり、その補助金制度の名前が「時間外労働等改善助成金(テレワークコース)」と言う制度があります。

このように国の制度でテレワークと命名されていることにより、リモートワークと制度に記載されず、記載されている言葉がテレワークなため、テレワークが消えない理由の1つと言えるでしょう。

 

②【リモートワーク】もっと詳しく!

 

 

リモートワークの意味は遠隔操作で仕事し働くことを意味しています。「企業に所属した形式」で仕事ができる働き方としてリモートワークは注目されています。

ワーキングスペースや自宅など、様々な場所で遠隔で仕事をこなす事を基本とした働き方です。

企業に属している利点を活用しながら、好きな時間や好きな場所で働くといった形態が取れるのがリモートワークです。実は、正社員や業務委託が主に多い形態と言えます。

例えば、正社員でありながら1日の半分は会社で過ごし、残りの半分は自宅やカフェなどで働くことが可能です。

完全に出社せず遠隔での仕事を中心として働ける状況でも雇用状態は正社員の人もいます。企業や個人の状況やタイミングによって雇用状態や働き方は変わってきます。

業務委託の場合も同じように出社して働く条件や、出社せずに働く条件など企業によって様々な状態に対応できるのがリモートワークです。

多くの人が認知しているのは女性が出産や育児で会社にいけなくなった状態でも、働くことができる体制を整えている働き方として注目を集めた働き方です。

リモートワークと似たような働き方がさまざまあり、「在宅ワーク」や上記の「テレワーク」と比較されることが多く理解しづらいのも事実です。

テレワークは古い言葉で制度の名前に今も使われているため、未だ残って使われている言葉になります。

現代よりに言葉ができ、出社しないでも働ける、といった働き方がイメージとしてとても強いのがリモートワークです。

 

両者のメリット・デメリット

 

①【テレワーク】と【リモートワーク】のメリット

 

 

好きな時間と場所を好きなタイミングや、好きな事で働けると言ったイメージの方が多いのではないでしょうか。

始めはその通りですが、大半は生活の不安を抱えながら仕事をしている人が多く、その不安のデメリット要素を仕事への熱意に変化させていく事で大きなメリットとなります。

その不安から開放されるために日々努力をしていくマインドに思考が自然と切り替わります。大半の人は今までに観ていた光景や景色のさまざまな捉え方が変わり、楽しいと思える事が変わってきます。

好きな場所で働け、まとまった時間帯が取れない人でも収入が確保できる働き方です。仕事を完了すればどこにいても何も問題なくスムーズに仕事が可能です。

現在の通勤形態が生活スタイルに合わない人や向いていない人が、無理なく働ける働き方として近年は若者を中心にテレワークとリモートワークに変える人が急増しています。

 

②【テレワーク】と【リモートワーク】のデメリット

 

 

勤務態度や仕事をしている様子を伺う事ができず、出来高制での成果でしか大きな判断ができないのが、デメリットと言えます。

つまり、勤務態度やメールや通話などでの対応が悪いと仕事をする上でどうしても今後トラブルや大きな問題に発展しかねない火種を常に抱えることになります。

 

テレワークとリモートワークで活躍できる職種とは?

 

①職種

 

 

テレワークやリモートワークが採用されている企業が多い業界としては、IT業界があげられます。理由としては、主にIT業界はパソコンを使うためパソコン1つで業務の完遂が可能です。

そのため、テレワークとリモートワークのような好きな場所で働ける職種が幅広く存在します。他にも様々な職種がありますが大半はIT業界に傾いています。

代表的な職種に「Webエンジニア」や「Webデザイナー」などが挙げられますが、これらはいずれも「成果物」が非常に分かりやすい職種です。同じオフィス内にいようがいまいが、アウトプットを見れば仕事の進捗を判断することができるため、テレワーク、リモートワークとの相性が良い代表的な職種と言えるでしょう。

 

②【仕事する場所】

 

働く場所としては自宅やカフェなどの出先やビジネス専用のコワーキングスペースを活用するなど様々な場所で働けます。

仕事ができれば海外などでも働くことができるため、仕事環境が整っていればどこで仕事をしても問題ないのがこの2つのテレワークとリモートワークの働き方となります。

 

【テレワークとリモートワーク】の今後

 

 

現在の日本の状況は就職した新人の退職率は年々増加し、フリーで生活しようと考える人が増加傾向にある現代となっています。その時にテレワークとリモートワークは仕事をする上で多くの職種がこの働き方で可能となっています。必要不可欠になってくる時代もそう遠くはないでしょう。

 

これから利用していきたい人へ

 

どこで何をワークするかは自分次第

 

 

テレワークとリモートワークで働くかは自分次第です。実際は、会社に属して働く形態にさまざまな問題で働けなくなっているのも現実問題で事実です。

かといって、テレワークとリモートワークがおすすめできる働き方ということでもありません。タイミングや状況によって大きく変化します。

その変化は自分で作り出すこともでき、自然に変化していくこともあります。人それぞれで最終的には自分の決断が決め手となります。

職種によっては自分次第で、今の仕事をテレワークやリモートワークに変化させることも可能です!

 

まとめ

 

テレワークとリモートワークのメリット&デメリットを理解しつつ、仕事に活用していく際は、自分の考えで行動し人生を歩んでいくことが大切です。

振り返った時に未練や後悔をしないために日々の生活でさまざまな事に努めていく姿勢を意識して行くことをおすすめします。

自分の人生にテレワークとリモートワークを取り入れて自分のスタイルで仕事と向き合って行きましょう!

【まとめ】おすすめのテキストエディタを紹介!どれが何の言語に向いているかまで解説!

テキストエディタは何十種類も公開されており、多すぎて選ぶのが難しくなっています。それぞれ特徴が用途によって向き不向きがありますので、本記事では効率よく作業を進められるおすすめのテキストエディタを紹介します。また人気プログラミング言語を中心に、テキストエディタごとに向いている言語を合わせて紹介します。

 

テキストエディタとは?

 

 

テキストエディアは、文章を書くためのソフトで非常にシンプルな構造で多岐の用途があります。

例えば、メモ・プログラミング・ライティング・報告書などさまざまな使い方があり、エンジニアには必須のものです。

プログラミングに特化したテキストエディタでは入力補完する機能がついています。文章をひたすら書く用途(メモ・ライティング)では起動や動作の速度を高速化したエディタもあります。用途に合わせた選択をすることで効率化にもつながるため、重要になります。

最近のテキストエディタはインストール時は軽量で必要に応じて機能を追加するのが主流になります。そのため、IDE(統合開発環境)とのライン引きが曖昧になってきているため、本記事ではテキストエディタとIDEを区別せずに文章やプログラミングしやすいテキストエディタを紹介します。

 

テキストエディタの使い勝手はなにで決まる?

 

 

テキストエディタを選ぶ際のポイントは大きく4つあります。

1.高機能

2.速度

3.カスタマイズ性

4.視覚性

一般的には高機能であればその分、速度は落ちるため、用途によって使い分ける必要があります。また、自分好みの分かりやすいテキストエディタを選択することで更なる効率化につながります。

 

1.高機能

 

 

メモ帳などの標準のテキストエディタでは存在しない人気な機能性がいくつかあります。

 

1.高速な検索機能

「grep」という機能を使用して複数ファイルから特定の文字列を高速に抽出する機能です。

2.ファイル比較

2つのファイルの違いを抽出して表示する機能です。

3.入力補完

プログラミング言語では決まった命令文を呼び出すことが多々あります。その際にアルファベットを数文字打つだけで予測変換する機能です。

 

2.速度

 

 

メモ、ライティングの用途で使用する際にプログラミングほどの高機能である必要はありません。そのため、最低限の機能で高速に動作するテキストエディタが人気です。標準のテキストエディタよりも視覚的に見やすいうえに高速なエディタも存在します。

 

3.カスタマイズ性

 

 

最終的に自分好みのテキストエディタへとカスタマイズできるかどうかが効率化のポイントになります。

例えば、よく実施する手順がある場合、その手順を記録してショートカットコマンドですぐさま実行できるようにすることで、作業を高速化できます。

 

4.視覚性

 

 

文字数が多くなるほど、全体は読みにくくなります。そんなときは特定の文字を色分け・ハイライトの表示機能があり、文字数が膨大になったとしてもハイライトが目印となり読みやすくなります。

また、プログラミングをする際には、複数のファイルを同時に編集する場合があります。エディタ内のウィンドウに複数ファイルをタブ形式で表示できるものもあるので、コード入力がしやすくなるというメリットもあります。

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!市場規模や具体的な事例とともに分かりやすく解説!

O2O、Offline-to-Onlineって最近よく聞くけど、実際に理解している人はまだ少ないのではないでしょうか。「O2O」とよく一緒に出てくる「オムニチャネル」と「OMO」についても触れ、関連ワードもわかりやすく説明します。市場規模や具体的な事例にもコミットして行き、今後の日本のWebマーケティング事情についても切り込みます!

 

【O2O】Offline-to-Onlineとは!?

 

 

O2Oは「Online to Offline」の略した用語です。分解すると「online(オンライン)」「to(に)」「offline(オフライン)」と単語の意味を別けることができます。「仮想店舗に現実店舗」といった簡単なイメージに置き換えても問題ありません。

顧客を集客するマーケティング手法の1つで、現実世界に存在している「実店舗」に「オンライン」を活用して、あらゆる手段や方法を用いて誘導する意味を持つのが「Online to Offline(O2O)」の現代の言葉の意味です。

以前は「Click and Mortar」と言う言葉で、融合や連動と言った意味を持っていたとされていますが、今は名前が変わり、現在での意味では実店舗に誘導する手法として認識されています。よく似た手法として「【OMO】とは?」の下記の記事で紹介します。

Webマーケティング手法を上手く活用し効率的に集客を目的とした意味で認識が固まっています。

 

顧客誘導&市場規模

 

①【オンライン】顧客誘導

 

 

インターネットで実務店舗のクーポンを配信したり、ECサイトなどで集客し、購入などを実務店舗と連動しながら集客収益を見込める方法を目的としています。

他にもサービスによってはゲーム感覚で、集客を見込める方法で繋げるなど様々な集客誘導が挙げられます。

日本でも大人気でブームとなった「Pokémon GO」と言うスマートフォンアプリケーションゲームでは、GPSなどで店舗情報を活用して店舗誘導に繋げる方法があります。

ゲーム内で指定した場所に訪れるとゲームの内容やストーリーが進むなどし、プレーヤーが顧客となりポイントやクーポンなどを利用できる活用方法も存在しています。

1番身近でわかりやすいのはSNSを活用した集客方法が挙げられます。

「Twitter」や「Facebook」「Instagram」などコミュニケーションを中心としたプラットフォームでの投稿&口コミ情報を発信することにより集客と拡散が見込めます。

顧客が主体となって次の顧客に信頼を与え、同じ顧客と言う視点から見れば信用度が上がり、集客する方法としては現実的かつ効率の良い集客方法といえます。

 

②集客成功の事例

 

 

集客成功の事例として「無印良品」などが挙げられます

無印良品では運用しているアプリケーションがあり、O2Oから見ても運用に成功した事例として挙げられます。こういった店舗に集客するためにアプリケーションを活用してアプリから顧客を集客し、店舗に誘導するマーケティングスタイルが現代には必要不可欠です。

他にも様々な企業がWebマーケティング手法であるO2Oを利用しています。

上記でも説明したクーポン&SNSでの「集客&拡散&店舗誘導」が最も効果が大きくわかりやすい成功事例といえます。

 

③市場規模は2023年に1,616億円規模

 

 

日本国内のO2Oでの市場規模調査をした結果が、2018年の市場規模は135億円で2018年の市場規模から2023年には12倍の結果を予測され市場規模はなんと「1.616億円」と予測が発表されました。

この予測から見ても日本国内においてO2O広告のWebマーケティング手法は有効だと予測されており、日本では現在で1番収益が見込めるWebマーケティング手法として注目されています。

 

ナレッジマネジメントの意味を解説!言葉の定義やメリット・デメリットを紹介します!

今回はナレッジマネジメントの意味を解説します。ナレッジマネジメントの言葉の定義やメリット・デメリットを紹介していき、従来と現在に至る企業で導入されている理由まで記載しました。さらに、従来から現在にグレードアップした内容も解説。今後の予測や活動する際に導入する注意点も説明し、分かりやすく解説していきます!

 

ナレッジマネジメントとは?

 

【ナレッジマネジメント】の簡単な説明

 

 

「ナレッジマネジメント」という言葉を分解すると「(ナレッジ)=(知識)」「(マネジメント)=(経営や管理)」という意味の単語にそれぞれなります。掛け合わせると「知識経営」または「知識管理」となり、管理する意味の1つとされており、知識での経営を意味します。

企業の蓄積された情報や経験などの財産をアナログ・デジタル関係なしに「見て知った知識(知見)」を中心に組織をマネジメントします。

仕事内では知識があるが知識を創造性と組み合わせてマネジメントする発想が、このナレッジマネジメントです。

従来はアナログでの導入が主流でしたが、現代ではデジタルでの導入が活発になり、最近ではビジネスもナレッジマネジメントもデジタル化が進んでいます。

 

ナレッジマネジメントの定義

 

ナレッジマネジメントの定義

 

 

ナレッジマネジメントの考え方は、個人での知見を保有して用いるだけではなく、組織に有益な情報を提供し、一人一人の知見が組織全体に共有されます。この考え方を提唱したのが、一橋大学院に勤務している野中郁次郎教授とその関係者です。

1990年頃に発表された経営理論です。ここで強調して支持されていた内容が、ナレッジマネジメントの発生元でもあり定義とも言えます。

野中教授と関係者たちの発表した経営理論はビジネスのあり方を大きく進歩させる内容となっており、今でも経済理論の考え方はグレードアップされて導入され続けているビジネスのベース基盤です。

 

【旧】から【新】へ

 

 

ナレッジマネジメントは、既に日本の企業に採用され浸透しています。ですが、時代の流れから取り組み方や重視するポイントなどが変化してきているのが現状です。そのため、ナレッジマネジメントも時代の流れに合わせて変化してきました。時代の流れに対応すべくさまざまな理由が挙げられますが、代表的な分かりやすい取り組みを簡単に紹介します。

日本企業のピラミッド経営は日本の従来のナレッジマネジメントです。

現在は1つの企業に属し最後まで属し続ける事が困難になってきています。理由は2つあり、1つ目は組織経営の収益の伸び悩みです。2つ目が従来のピラミッド経営で優秀な結果と時代を観てきた多くの上司に当たる世代の一方的なピラミッド経営の押しつけです。

俯瞰してみるとこの2つの要因が1つの企業に社員として「とどまらない」「とどまれない」理由に挙げられます。

 

現在では自分で稼ぐことが本当の安定と思う人が増えてきている流れもあり、ナレッジマネジメントに見直しが必要になってきました。

個人で稼ぐ事を重視する思考の人口が増加しています。従来のビジネスモデルではあまり、考えられなかったグローバル化が主流になる動きも見せている時代です。その理由として、デジタルでのビジネスモデルが確実に力を付けていることが挙げられます

つまり、従来のナレッジマネジメントはアナログに特化していた所を時代の変化とともに、デジタルに特化することが現代でのナレッジマネジメントを最大限に活用する方法と言えます

 

ナレッジマネジメントのメリット・デメリット

 

ナレッジマネジメントのメリット

 

 

新人やベテランが入り交じる大手の組織内なら、ナレッジマネジメントがビジネスにおいて効率を高める影響が期待できます。

理由として知見情報の共有化を促進することで、1人の暗黙知(経験で得られた知識)の業務を共有し他の人にも理解可能にする事が目的だからです。もしも一人の優秀な人材を失ってしまうと企業に大きなダメージの影響が予想される組織もあります。

その組織が技術でのし上がってきた組織なら影響はサービスの低下を意味し、大きく深手を追うことになります。

つまり、優秀な人材を失った時その人しか持っていない知見や業務が出てくるリスクがあります。

ナレッジマネジメントを採用している組織にとってはこういったリスクが情報を共有し管理していることで軽減されます。全体的な総合力の底上げと安定を継続して行う事が実現できるのが、ナレッジマネジメントの最大のメリットです。

 

Fitness techを解説!IT×Fitnessで何ができる?具体例とともにわかりやすく紹介します!

ダイエットやトレーニングなどのフィットネスにおいて、管理することはとても重要です。そんな管理に最近はITの技術などが用いられています。ITとフィットネスという一見縁遠い両者ですが、実はさまざまなことに活用することができるのです。今回は今注目を集めているFitness techについて、具体例とともに紹介します。

 

Fitness techって?

 

Fitness×ITという新たな組み合わせ

 

 

クロステックの流れが流行っている現在、金融の世界などのITとはあまり関係のなさそうな業界とITがコラボする流れが広がっています。そしてその流れはフィットネスの世界にも来ています。Fitness techとはその名の通り、フィットネスとITという組み合わせによって生み出された技術なのです。

少し前までは活動量計で歩数や心拍数などを計測し、それをアプリなどで管理するのが流行っていました。しかし最近はそこからさらに奥に進んだサービスが人気です。普段の生活などで活動量を計測し、その上でその人にあったトレーニングプランなどを組み立てる、というサービスやアプリが今多く誕生しています。

 

ダイエットから本格的なトレーニングまで

 

フィットネスと聞くと、多くの人はダイエットをイメージするはずです。しかしフィットネスは決してダイエットだけではありません。毎日の健康のためにランニングをしたり、スポーツでよいパフォーマンスをするために日々ハードなトレーニングをすることも、立派なフィットネスです。

Fitness techもそれにあわせたサービスなどを行っています。ダイエットをサポートするアプリはもちろん、アスリートの本格的なトレーニングを支援するためのアイテムやサービスなども多くあります。ダイエットをする人からアスリートまで、フィットネスをするすべての人の支えとして活用されています。

 

Fitness tech実用例①:AIはダイエットの相棒!?

 

FINCというアプリ

 

 

自分でダイエットの計画を立てるのはかなり大変です。毎日の運動量や食事のカロリーなど、計算しなければいけないことは山ほどあります。かといってダイエットのためにジムに通うとなると、余計な費用がかかってしまいます。ダイエットはしたいけど、自分でいろいろ考えたり余計な費用はかけたくない、という人にはFINCというアプリがおすすめです。

FINCはダイエットアプリとして今最も人気があり、CMなども放映されています。最大の特徴は、なんとAIがトレーニングメニューなどを作ってくれます体重睡眠時間運動量などを基にトレーニングメニューなどを提案してくれるため、自分にあったダイエットができます。

 

自宅で本気でダイエットしよう

 

 

ダイエットにおいて最も大変なこと、それは継続です。始めた頃は意識して続けようとしますが、続けていくと怠けたいという気持ちがどうしても出てきてしまいます。そうして気づいたらダイエットをやめているという人も少なくありません。

FINCの場合、ダイエットに必要なものはすべて詰まっているため、アプリを入れるだけで大丈夫です。トレーニングの内容も、簡単でありながらも専門家監修のメニューとなっているため、効果も抜群です。FINCでもう一度、理想の自分になるために本気でダイエットするのも悪くありません。

 

Fitness tech実用例②:VRで姿勢矯正

 

Xenomaってどんな会社?

 

毎日の生活などで、姿勢というのはどんどん悪くなっているものです。肩こりや腰痛なども、姿勢が悪くなっているのが原因ということもあります。そしてそれはスポーツの世界でも同じです。そうした姿勢矯正に、VRやモーションキャプチャーなどの技術を用いている会社が、Xenomaです。

東大から生まれたスマートアパレルブランドであるXenomaは、モーションキャプチャーなどを用いたアイテムで姿勢などを矯正するという取り組みが、現在行われています。最近ではモーションキャプチャーのほかにも、VRなどを駆使した姿勢矯正やトレーニングなどにも力を入れています。

 

ゴルフなどの練習にもおすすめ!

 

 

スポーツの世界で姿勢が最も重要となる競技はゴルフです。スポーツとしてはもちろん、会社の接待などでゴルフをする人も多いです。ゴルフはボールを打つときの姿勢やフォームで、飛距離なども大きく変わってきます。とはいえ、自分がボールを打つときの姿勢やフォームというのは、なかなかわからないものです。

そこでXenomaのアイテムを使うことで、姿勢矯正などが簡単にできます。さらにVRなどを使うことで、自宅での本格的なゴルフの練習もできます。どうしても場所の制約などでゴルフの練習ができないという人でも、これがあればめきめきと上達すること間違いありません。

 

【大手企業/リストラ】実際にリストラは起こっている?現状とその要因を分かりやすく解説します!

映画やドラマなどでもよく描かれており、現実でもここ最近ニュースなどで言われているリストラ。最近では大手企業を中心に大量リストラが起こっているといわれていますが、実際にリストラが起こっているのか疑問を持つ人も少なくありません。今回は日本のリストラの現状と要因について、解説していきます。

 

リストラにらますいて考えよう

 

そもそもリストラって何?

 

 

ドラマや映画などでリストラを機に新たな人生を歩むような描写が多く描かれています。しかし現実でリストラにあったことのある人の多くは、そんな余裕はありません。最近では大企業を中心に大量のリストラ早期退職などが行われています。

リストラというのは、簡単に言うと企業が余剰となった人員を整理したり解雇したりすることです。ある日突然会社から伝えられ、まじめに働いている人に対しても起こりえることです。ではなぜ会社はリストラをするのでしょうか。

 

なぜ企業はリストラをするのか

 

企業はどんなときにリストラを行うのでしょうか。企業がリストラを行うタイミングとしては2つあります。ひとつは採算の取れていない部署などを整理するとき、そしてもうひとつは、企業が別の分野に進出するために体制を変えるときです。

リストラというのは、決して会社の経営が苦しいときにのみ行うわけではありません。別の分野に行くときも、既存の体制では対応できないことも当然ながらあります。そうしたときに抜本的な見直しとしてリストラをすることもあるのです。企業にとってリストラというのは決して悪いこととは限らないのです。

 

大企業のリストラの現状

 

嘘のようでノンフィクション

 

 

平成の時代から令和に突入するタイミングで、大企業を中心に大規模なリストラをする企業が多くありました。そのことはニュースなどでも取り上げられています。一見本当に起こっているのか疑う人もいるかもしれませんが、実は本当に起こっているのです

今回大量リストラを行った企業の多くは、採算が取れないためのリストラというよりは、若くて優秀な社員を多く取り入れるためにリストラをしたという企業が多いです。企業間の競争が激しい現在、企業としても若さと技術力のある社員で固めたいという気持ちがあるのです。

 

45歳以上は特に注意

 

 

今回のリストラで特に大きな影響を受けたのは、45歳以上の社員です。企業の中にはリストラと平行して早期退職を募集する企業もありましたが、それらの対象となっていたのは45歳以上の一般社員です。45歳以上の人ということは、まだ大企業で終身雇用されるのが一般的だった時代に入社した人たちです。

終身雇用といわれていた時代は、企業も技術力よりもとにかく人を募集していました。しかし時代が変わるにつれて企業間の競争も激しくなり、企業も次第に技術力を重視するようになりました。そうした企業の動きの第一歩として大量のリストラが行われ、そのターゲットとなったのが45歳以上の社員なのです。

 

なぜリストラが頻繁に行われるのか

 

安定神話の崩壊

 

 

大企業が突如大量のリストラを始めた背景として、大企業の安定神話が崩壊したことがあります。リーマンショック以降世界的に不景気となり、日本もその影響を受けています。最近、政府は景気は良くなっていると発表していますが、本当に良くなっているのであればこんなにリストラをしないはずです。

時代の流れとともに人々のニーズが変化するように、働き方というのも多様化してきました。そして現在では個人でも大企業と変わらないほどの売り上げを出す人も出てきています。そうしたことが重なり、徐々に大企業にあった終身雇用という名の安定神話が崩れてきているのです。

 

企業も40代をいじめたいわけではない

 

先ほどの部分で45歳以上の人を中心にリストラされていることを説明しましたが、ここで言いたいことがひとつあります。それは、企業は決して40代をいじめたいわけではないことです。企業としても、長年尽くしてきた社員を解雇したくはありません。しかし会社を残すためにはそうせざるを得ないのです。

人間というのはどうしても歳を取ってしまいます。当然歳を取るにつれて生産効率なども落ちてきてしまいます。リストラの対象となっている年代の人たちが入社してきた当時は、企業もそこまで専門的なことは教えていませんでした。その結果給料と生産効率がつりあっていない社員が出てきてしまったのです。

 

『XAMPP』について徹底解説!その特徴からできることまで、分かりやすく解説します。

Webのサーバサイド開発で頻繁に使用するApatchやPHPといった言葉を聞いたことはあるでしょうか。サーバの運用はApatchやPHPなどの複数のソフトウェアで成り立っています。そのため構築構築だけでも詰まると数時間かかることもあります。そこで、サーバサイド開発の環境を手軽に構築できる「XAMPP」を紹介します。

XAMPPとは?

 

 

XAMPP(ザンプ)とは、Webアプリケーションの実行環境を構築するソフトウェアです。

 

実行環境とは

・Webサーバー

・データベース

・プログラミング言語

などです。

 

環境構築するのは、1つのソフトウェアをインストールだけでしたら簡単です。しかし複数のソフトウェアとなると面倒です。XAMPPは、コマンド入力もなく詳細設定ファイルも変更せず、実行環境をボタンをクリックするだけで環境構築できます

そしてXMAPPはフリーソフトのため、全て完全無償です。

XAMPPはApache Friendsによって開発されました。Apache Friendsは、Apacheサーバーの振興を行う非営利プロジェクトでもあります。Apacheサーバとの親和性も高いと考えられます。2002年に初版リリースされ、10年以上の実績があるため安心して使用できます

 

XAMPPの意味とは?

 

 

5つの単語の意味を組み合わせてXAMPPと名づけられました。

 

X – クロスプラットフォーム

A – Apache

M – MariaDB(旧バージョンはMySQL)

P – PHP

P – Perl

 

これらのソフトウェアを使用することでWebアプリケーションが作成できます。

 

クロスプラットフォーム

 

クロスプラットフォームとはどのOS(Windows、Linux、macOS、Solaris)でも同じ仕様で動作することです。マルチプラットフォームとも言われることもあります。

 

Apache

 

Apacheとは世界で最も高いシェア(50%以上)を誇るWebサーバーソフトウェア(HTTPサーバー)です。

Apacheが人気の理由として

・OSに依存しない

・オープンソース

・動的コンテンツの処理速度が速い

・信頼性

・実績が多く開発者向け技術情報が多い

などが挙げられます。

更に他のサーバと比較してセットアップがすぐに完了できるメリットもあります。

 

MariaDB

 

MariaDBとはMySQLからから枝分かれしたデータベースシステムです。MySQLよりも高いパフォーマンスを提供しているのが特徴です。

注意点として、XAMPPを起動すると表示が「MySQL」の箇所がありますが、実際の中身はMariaDBに入れ替わっています。

 

PHP

 

PHPは「Hypertext Preprocessor」の略で、HTMLに埋め込むことができるため、Web開発でよく使用されるスクリプト言語です。PHPは特にサーバーサイドでコードを実行するためによく使用されます。

PHPはプログラミング初心者に人気があり、その理由は文法も分かりやすく基本的な文法を覚えてしまえば、簡単なプログラムをすぐに書くことができるためです。

 

Perl

 

PerlはC言語とシェルの良い所を備えたようなプログラミング言語です。

大きな特徴は、テキスト処理に対して非常に強力でライブラリモジュールが豊富であることです。

更にドキュメントやライブラリはオープンソースで公開されていて誰でも無料で自由に利用可能な上に、ほとんどのオペレーティングシステムで動作可能です。

しかし、現状はWebアプリケーション分野ではPHPが選択されることが多いです。

PHPが優位な点として

・ソースプログラムの分かりやすさ書きやすさ

・フレームワークの充実

・コンピュータの性能向上

などが挙げられます。

 

特徴① 学習・開発に最適なソフトウェア

 

 

特に初めての方であれば、環境構築に詰まる人が多いでしょう。インストール時にソフトウェアの詳細設定をいくつか変える必要があるためです。

しかし、XAMPPは面倒な詳細設定は飛ばして手軽にインストールし、実行できます。

もちろん、詳細設定は自由な変更できます。XAMPPを使用することで極力不要な手順を減らし、学習・開発に専念できます。

 

【知っておきたい!】ブラック企業の見分け方を徹底解説!押さえるべきポイントは!

正直ブラック企業には入りたくないものです。ニュースでもたびたび過労死や長時間労働などの話題は出てきます。働くこと自体は問題ありませんが厳しいノルマや長時間労働は避けたいのが本音ではないでしょうか。時代は今や自衛が当たり前になってきました。そこで今回はブラック企業の見分け方を身につけていきましょう!

 

そもそもブラック企業とは?

 

 

ブラック企業という言葉が出てから長い年月が経ちました。しかし、一言にブラック企業と言ってもどこからがブラックなのかを説明できる人はあまりいません。それもそのはず、厚生労働省でさえブラック企業を明確に定義しているわけではないのです。あくまでも「ブラック企業の特徴」として掲げているのが下記の3点です。

 

① 労働者に対し極端な長時間労働やノルマを課す

② 賃金不払残業やパワーハラスメントが横行するなど企業全体のコンプライアンス意識が低い

③ このような状況下で労働者に対し過度の選別を行う

引用元:厚生労働省HP

 

確かに具体的に●時間以上の残業といったように明記していないことがわかります。残業時間であれば定義はできるかもしれませんが業種によっては繁忙期もあり、判断が難しい事情もあるのかもしれません。またパワハラなどのハラスメントも個人の主観により、大きく違ってくるためこちらも定義するのは難しいと言えるでしょう。

 

ブラック企業に入るとどうなる?

 

 

あまり想像したくありませんがブラック企業に入ってしまった場合どうなるのでしょうか?多くの場合はあまりの作業量に忙殺され、上司から精神的に追い詰められてしまうことになります。終電で帰るのが当たり前になり、転職したくても忙しいため時間が取れないということも考えられるでしょう。最終的には体を壊してしまい、やむなく退職というパターンはよく耳にします。

さて、そんなブラック企業には入りたくないのが素直な本音でしょう。楽な仕事をしたいのではなく、健全な仕事をすることが大事であるためです。次の項目からはブラック企業の見分け方を募集要項、面接、データなどから洗い出してみようと思います。

 

ブラック企業の見分け方~募集要項編~

 

 

募集要項は企業を選ぶうえで重要な項目です。ブラック企業らしい謳い文句や表記がありますので確認しましょう。

 

アットホームな職場や若手が活躍!などの言葉は要注意

 

一見すると良い環境に見えますが実のところは会社の内部を隠している、もしくは過度に表現していることが多いです。距離が短く意見が通りやすいという謳い文句も結局は上司からの一方的な要求があるなんてパターンもあるくらいです。

もちろん、募集要項通りの会社も存在していますが不自然に甘い言葉を使っているところは注意が必要です。

 

給与が低いまたは高すぎる

 

給与が低いから仕事量はそこまで多くないだろうというのは間違いです。低くても馬車馬のように働かせるところもありますし、そもそも最低賃金以下の場合は違法労働にあたるので注意が必要です。

また、高すぎる給与にも注意してください。全てまで言いませんがこのパターンは厳しいノルマをクリアし、基本給にプラスされた成果給を足されている場合がほとんどのためです。給与の内訳を確認することをおすすめします。

 

残業代についての明記がない

 

 

残業代を支払わないこと自体が違法になりますので問題外なのですが、このパターンの場合は「みなし残業」や「年俸制」を取っていることが多いです。絶対に悪い制度とまでは言いませんが少なくとも残業代に関する会社の規定を確認してブラック企業であるかを見極めましょう。

 

募集期間が長い

 

募集期間が長いということは従業員が入っていないまたは入ってもすぐ辞めてしまう環境である可能性が考えられます。会社の経営が順調で規模を大きくしているのであれば、募集期間が長くても違和感ありません。会社の経営情報などを確認し、もし好調でなくて長期募集を行っている場合には、何かしらの理由があると考えたほうが無難でしょう。

 

ブラック企業の見分け方~面接編~

 

 

募集要項でもひょっとしたら上手くカモフラージュされている可能性があります。しかし、ブラック企業の内部をハッキリとするには面接が一番です。どんなポイントがあるのか見ていきましょう。

 

精神論を主張してくる

 

面接官が精神論のみを主張してくる会社は要注意です。根性やる気と言ったワードが過度に出る場合は社員に強要している可能性大です。根性ややる気がダメなわけではなく、スキルやノウハウに関することも話題に出てくるか確認しましょう。

 

【まとめ】IT転職で役立つ資格はコレ!分野別に分かりやすく解説します。

IT業界への転職を考えたとき、IT資格を取得しようと考える人もいるでしょう。しかし、IT関連資格は多くの種類があり、どんな資格を取得すればよいか悩んでしまう人は多いです。

まずは自分が目指したいIT分野を決め、その分野で必要となる知識やスキルが身につけられる資格を選択しましょう。今回は、IT転職に役立つ資格を分野別に紹介します。

 

Webエンジニアに役立つ資格

 

 

ITパスポート試験

 

IT分野への入門資格である「ITパスポート試験」。IT関連職に携わる人なら身につけておくべき基本的な知識が問われる試験です。そのため、IT業界未経験の方に人気のある資格で、資格取得に向けて学習を進めることで、IT関連の幅広い基礎知識を習得できます。

IT管理やIT技術に関する内容だけではなく、経営に関する問題も出題されるのでIT企業で働くエンジニア以外の職種の人も受験される方が多いです。それだけ、IT業界で重要な知識が網羅された資格です。

 

基本情報技術者試験

 

IT関連職に必要な基礎知識や情報処理に必須の論理的な考え方が問われる試験。ITパスポートと同様にIT分野への入門資格ですが、「基本情報技術者試験」ではプログラムに関する問題も出題されます。つまり、プログラミング言語の基礎知識を持っていることを証明できる資格です。

初めてIT転職を考えている方にとっては、試験内容はやや難しいと感じられるかもしれません。情報系の知識がまだ身についていない場合は、まずはITパスポートを取得してから基本情報技術者試験に挑戦するとスムーズに学習が進められるでしょう。

 

ゲームエンジニアに役立つ資格

 

 

Unity認定技術者

 

ゲームを開発において必要な「Unity」に関する知識とスキルを持ち合わせていることを認定する資格。Unityは多くのゲームの他、VRやARの開発にも利用されているツールです。そのため、「Unity認定技術者」資格の所持はゲームエンジニアとしてのIT転職において有利となるでしょう。

 

CGエンジニア検定

 

CG分野での開発や設計を行うエンジニアのための資格。CGエンジニア検定にはスキルに合わせて、ベーシックとエキスパートの2種類の検定があります。

どちらもアニメーション・映像・ゲーム・VR・ARなどの開発を行うための知識とスキルが問われます。CGエンジニアの他、ソフトウェアエンジニアやCADエンジニアにも役立つ資格です。

 

制御・組込み系エンジニアに役立つ資格

 

 

ETEC(組込み技術者試験制度)

 

スマートフォンや家電製品などのコンピュータを組み込んだ機器を構成する組込みソフトウェアに関する資格。スキルに合わせてエントリレベルとミドルレベルの2種類の試験を受けられます。

初学者向けのエントリレベルであっても、組込みソフトウェア開発に必要なプログラミングスキルが身につけられる資格です。

 

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

 

組込みシステム開発に関する知識とスキルを活用して、組込みシステムの設計・構築を行う技能を認定する資格。部下を指導できる程のスキルが要求されるため、比較的難易度の高い試験です。

資格取得に向けて学習を行うことで、組込みシステムに関する知識だけでなく、実践に活用できる能力が身につけられます。

 

OCRES(OMG認定組込み技術者資格試験)

 

組込みソフトウェア開発に必要なスキルを認定する資格。130ヵ国以上で同一問題が出題され、全世界に通用する資格です。組込みソフトウェアの規格となるオペレーティングシステムやプログラムデザインの原理などが出題されています。

OMG認定組込み技術者資格は世界的に認められているため、今後グローバルにIT技術者として活躍していきたい方におすすめの資格です。

 

ブリッジSEに役立つ資格

 

 

PMP試験

 

PMPとはプロジェクトをマネジメントする専門家。プロジェクトマネジメントは、決められた予算・期間・人材で目標を達成するためのプロジェクトを効率的に行うための管理手法です。

そんなPMPに必要なスキルが身につけられるのが国際資格であるPMP資格であり、PMPスキルを持った人材は、製造・化学産業など多くの業界で必要とされています。

 

サーバーエンジニアに役立つ資格

 

 

LPIC(Linux技術者認定資格)

 

Linux技術者としてのスキルを認定する資格。Linuxは、主にサーバー用に用いられるOSです。そのため、サーバーやデータベースに関わるエンジニアの他、システムの運用者にも需要があります。

Linux技術者認定資格はレベルごとに3種類の試験があります。まずはLinuxの基本操作とシステム管理のスキルが習得できるレベル1を受験すると良いでしょう。

 

ネットワークエンジニアに役立つ資格

 

 

シスコ技術者認定

 

ネットワークエンジニアのスキルを認定する資格。世界大手のネットワーク機器メーカー・シスコシステムが実施する認定試験です。シスコ社の製品に関する知識だけではなく、基本的なネットワークスキルが身につけられる資格なので、世界的にも人気があります。

試験のグレードは5種類あり、さらに試験範囲もデザイン・セキュリティ・サービスプロバイダーなど9つの分野に分かれています。自分が就きたい業務に最適な分野を選びましょう。

 

ネットワークスペシャリスト試験

 

ネットワークに関する技術を活用して、適切なシステムの企画・開発・運用を行えることを認定する資格。ネットワークの専門家として部下を指揮できるだけのスキルが必要な資格です。

ネットワーク技術やネットワークサービス、ネットワークシステムに関する専門的な知識を身につけられるので、すでにネットワークエンジニアとして活躍されている人がスキルアップのために取得することが多いです。

 

データベースエンジニアに役立つ資格

 

 

オラクルマスター

 

オラクルデータベースを取り扱うためのスキルを認定する資格ですが、オラクルデータベースだけでなく、データベース全般の基礎知識も身につけられます。データベースの管理・運用などIT業務に重要なスキルが習得できるので、多くのエンジニアが受験しています。

試験はレベルごとに複数のグレードが用意されており、一番簡単なグレードから順番に取得していきましょう。

 

OSS-DB技術者認定資格

 

オープンソースデータベースに関する知識とスキルを証明する資格。近年、多くの企業や組織が積極的に利用しているオープンソースデータベースについて出題される試験です。シルバーとゴールドの2種類のレベルがあり、シルバーはオープンソースデータベースの基礎知識が問われます。

ゴールドでは、さらにオープンソースデータベースに関して深い知識が問われ、合格を目指すにはオープンソースデータベースの内部構造やパフォーマンスチューニングなど専門的な知識が必要です。

 

ヘルプデスクに役立つ資格

 

 

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)

 

マイクロソフト製品に関する知識とスキルを有することを認定する資格。MCPには複数の分野の試験があり、1つ以上合格するつとMCPを名乗れます。

試験内容は、マイクロソフト製品の運用管理スキルの他、セキュリティ・プログラミングなど分野ごとに様々な内容が出題されます。試験レベルはユーザーサポートが行えるレベルですが、比較的取得しやすい資格です。

 

インターネット技術者認定資格(CIW)

 

インターネットを駆使してビジネスを行うためのシステム設計・運用技術者のための資格。ITビジネスの基礎・Webサイト制作・ネットワーク基礎に関する知識が認定される資格です。

習得スキルに合わせて3つのレベルが受験できます。中でもベーシックレベルは初級者レベルなので、IT業界へ初めての転職を目指されている方にもおすすめの資格です。

 

適切な資格を取得してIT転職を成功させよう

 

今回は、IT転職で役立つ資格を紹介しました。自分が転職したい分野・業種に合わせて最適な資格を選択して学習を進めていきましょう。まだITに関する知識がない場合は、ITに関する基本的な知識が幅広く学習できるITパスポートの取得を目指すのがおすすめです。

また、こちらではIT関連資格を紹介しましたが、グローバルに活躍できるITエンジニアを目指している場合、TOEICの勉強も同時並行で行いましょう。グローバル企業へのIT転職においては、英語力も選考基準になることが多いからです。

業務に役立つ資格を取得して、IT転職を成功させましょう。