【必見!】未経験からWebデザイナーへのキャリアパスを徹底解説!転職活動の方法や身に着けるべきスキルを紹介します。

実績やキャリアが無くても未経験からのWebデザイナーになる事が実現可能です。資格いらず&キャリアパスが誰でもいつでもおこなえる理由を紹介します。一般的に知られている業務から知られていない業務まで、他にも転職&キャリアパスする上での働き方を3つ紹介。また、Webデザイナーを志す者が習得できるスキルを紹介致します。

 

そもそもWebデザイナーとは

 

  

Webデザイナーは法人、個人を問わず、集客と情報発信を目的としたWebサイトの制作を担う仕事です。

集客率向上の大きく貢献できるものとしてデザインが挙げられます。デザインの質でWebサイトの良し悪しが分かれるケースもあり、会社の顔となるWebサイト作成には専門的な知識を持った人しか作れません

Webサイトのページ、デザイン、レイアウト、テキストなどの品質の向上により、PV(ページビュー)などの集客率を向上させる目的を担っているのがWebデザイナーです。

 

Webデザイナーの業務内容を大きく分けると?

 

 

Webデザイナーの仕事は大きく分けて4つに区分できます。

「デザイン」「構成」「言語」「コーディング」です。

主にレイアウト、デザイン、言語習得&応用していく力、コーディング、仕事を依頼してもらうための営業など、Webデザイナーの仕事といっても業務内容が多く幅が広いことが伺えるでしょう。

そこで主な仕事を2項目にまとめてご紹介致します。

・業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

・業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

このように幅広い業務をまとめています。これから記載する内容がWebデザイナーに求められるスキルとなりますので、これらの業務内容を深掘りして一つ一つ簡単に説明していきたいと思います。

 

業務内容①【全体のデザイン&レイアウト】

 

デザイン

 

 

まず初めにWebサイトのデザイン、レイアウト、構成は最も重要な工程部分になってきます。Webサイトの色使いや装飾など全体的なイメージを作る工程です。

「Illustrator(イラストレーター)」や「Photoshop(フォトショップ)」などの画像編集ソフトウェアを使いデザインします。

クライアントのイメージ通りのサイトを作るために、希望通りの要素を加えながら自分自身の感性で画像加工やイラスト作成、バナー作成、配色やロゴ、アイコン類を自由にデザインし作成を行うのがデザイン作業です。

 

レイアウト

 

 

レイアウトはデザイン作業で作成したバナーやイラストなどをどこにどんな風に配置し、全体的な構成やロジックが正しくい作業かを確かめる工程です。

イラストやバナーなどのデザインした創作物の良さを発揮できず埋もれてしまい結果収益に繋がらずの結果になんてこともあり得るのでこの工程ももちろん重要な工程となります。

ここまでのクリエイティブ系業務はクライアント(サイトを依頼してきたお客)と吟味しながら進めていくのが一般的です。作業の変更や改善点、アイディア追加などを行えるのがこの工程になります。

わかりやすく言うと全体的な内容のボリュームなどの整理と把握、サイトテーマの要素にこの方向性で勧めた時、本当に適しているか、ビジュアル面やサイトのイメージが合っているかなどを吟味しまとまった内容にブレがないか共有する工程となります。

ここまでが一般的な人がイメージしやすい「Webデザイナー」の業務かと思います。次はプログラミング言語&コーディング作業に入っていきます。

 

業務内容②【プログラミング言語&コーディング】

 

プログラミング言語とは

 

 

プログラミング言語とはPCの分かる言葉に翻訳する作業になります。イメージしやすい例えで言うと英語を日本語に翻訳するイメージに似ています

サイトのページを構築するためにはPCに司令を出しその通りに動いて貰う必要があります。そのために必要なのがプログラミング言語となります。

 

コーディングとは

 

HTMLやCSSなどのプログラミング言語を習得した後、習得した言語を打つために必要なスキルがコーディングです。

コーディングとはWebサイトを作る上で文字を打つライティングと意味は一緒で英数字を打つ作業を意味します。

・ライティングは文字を打つ(人に理解できる日本語&英語に英数字から変換)

・コーディングはコードを打つ(PCに理解できる言語に英数字から変換)

コーディングが早ければ早いほど仕事も報酬もそれに比例して増加する傾向にあり、正確にコーディングできる技術はWebデザイナーにとって重要な要素のスキルと言えます。

 

【まとめ】IT転職で役立つ資格はコレ!分野別に分かりやすく解説します。

IT業界への転職を考えたとき、IT資格を取得しようと考える人もいるでしょう。しかし、IT関連資格は多くの種類があり、どんな資格を取得すればよいか悩んでしまう人は多いです。

まずは自分が目指したいIT分野を決め、その分野で必要となる知識やスキルが身につけられる資格を選択しましょう。今回は、IT転職に役立つ資格を分野別に紹介します。

 

Webエンジニアに役立つ資格

 

 

ITパスポート試験

 

IT分野への入門資格である「ITパスポート試験」。IT関連職に携わる人なら身につけておくべき基本的な知識が問われる試験です。そのため、IT業界未経験の方に人気のある資格で、資格取得に向けて学習を進めることで、IT関連の幅広い基礎知識を習得できます。

IT管理やIT技術に関する内容だけではなく、経営に関する問題も出題されるのでIT企業で働くエンジニア以外の職種の人も受験される方が多いです。それだけ、IT業界で重要な知識が網羅された資格です。

 

基本情報技術者試験

 

IT関連職に必要な基礎知識や情報処理に必須の論理的な考え方が問われる試験。ITパスポートと同様にIT分野への入門資格ですが、「基本情報技術者試験」ではプログラムに関する問題も出題されます。つまり、プログラミング言語の基礎知識を持っていることを証明できる資格です。

初めてIT転職を考えている方にとっては、試験内容はやや難しいと感じられるかもしれません。情報系の知識がまだ身についていない場合は、まずはITパスポートを取得してから基本情報技術者試験に挑戦するとスムーズに学習が進められるでしょう。

 

ゲームエンジニアに役立つ資格

 

 

Unity認定技術者

 

ゲームを開発において必要な「Unity」に関する知識とスキルを持ち合わせていることを認定する資格。Unityは多くのゲームの他、VRやARの開発にも利用されているツールです。そのため、「Unity認定技術者」資格の所持はゲームエンジニアとしてのIT転職において有利となるでしょう。

 

CGエンジニア検定

 

CG分野での開発や設計を行うエンジニアのための資格。CGエンジニア検定にはスキルに合わせて、ベーシックとエキスパートの2種類の検定があります。

どちらもアニメーション・映像・ゲーム・VR・ARなどの開発を行うための知識とスキルが問われます。CGエンジニアの他、ソフトウェアエンジニアやCADエンジニアにも役立つ資格です。

 

制御・組込み系エンジニアに役立つ資格

 

 

ETEC(組込み技術者試験制度)

 

スマートフォンや家電製品などのコンピュータを組み込んだ機器を構成する組込みソフトウェアに関する資格。スキルに合わせてエントリレベルとミドルレベルの2種類の試験を受けられます。

初学者向けのエントリレベルであっても、組込みソフトウェア開発に必要なプログラミングスキルが身につけられる資格です。

 

エンベデッドシステムスペシャリスト試験

 

組込みシステム開発に関する知識とスキルを活用して、組込みシステムの設計・構築を行う技能を認定する資格。部下を指導できる程のスキルが要求されるため、比較的難易度の高い試験です。

資格取得に向けて学習を行うことで、組込みシステムに関する知識だけでなく、実践に活用できる能力が身につけられます。

 

OCRES(OMG認定組込み技術者資格試験)

 

組込みソフトウェア開発に必要なスキルを認定する資格。130ヵ国以上で同一問題が出題され、全世界に通用する資格です。組込みソフトウェアの規格となるオペレーティングシステムやプログラムデザインの原理などが出題されています。

OMG認定組込み技術者資格は世界的に認められているため、今後グローバルにIT技術者として活躍していきたい方におすすめの資格です。

 

ブリッジSEに役立つ資格

 

 

PMP試験

 

PMPとはプロジェクトをマネジメントする専門家。プロジェクトマネジメントは、決められた予算・期間・人材で目標を達成するためのプロジェクトを効率的に行うための管理手法です。

そんなPMPに必要なスキルが身につけられるのが国際資格であるPMP資格であり、PMPスキルを持った人材は、製造・化学産業など多くの業界で必要とされています。

 

サーバーエンジニアに役立つ資格

 

 

LPIC(Linux技術者認定資格)

 

Linux技術者としてのスキルを認定する資格。Linuxは、主にサーバー用に用いられるOSです。そのため、サーバーやデータベースに関わるエンジニアの他、システムの運用者にも需要があります。

Linux技術者認定資格はレベルごとに3種類の試験があります。まずはLinuxの基本操作とシステム管理のスキルが習得できるレベル1を受験すると良いでしょう。

 

ネットワークエンジニアに役立つ資格

 

 

シスコ技術者認定

 

ネットワークエンジニアのスキルを認定する資格。世界大手のネットワーク機器メーカー・シスコシステムが実施する認定試験です。シスコ社の製品に関する知識だけではなく、基本的なネットワークスキルが身につけられる資格なので、世界的にも人気があります。

試験のグレードは5種類あり、さらに試験範囲もデザイン・セキュリティ・サービスプロバイダーなど9つの分野に分かれています。自分が就きたい業務に最適な分野を選びましょう。

 

ネットワークスペシャリスト試験

 

ネットワークに関する技術を活用して、適切なシステムの企画・開発・運用を行えることを認定する資格。ネットワークの専門家として部下を指揮できるだけのスキルが必要な資格です。

ネットワーク技術やネットワークサービス、ネットワークシステムに関する専門的な知識を身につけられるので、すでにネットワークエンジニアとして活躍されている人がスキルアップのために取得することが多いです。

 

データベースエンジニアに役立つ資格

 

 

オラクルマスター

 

オラクルデータベースを取り扱うためのスキルを認定する資格ですが、オラクルデータベースだけでなく、データベース全般の基礎知識も身につけられます。データベースの管理・運用などIT業務に重要なスキルが習得できるので、多くのエンジニアが受験しています。

試験はレベルごとに複数のグレードが用意されており、一番簡単なグレードから順番に取得していきましょう。

 

OSS-DB技術者認定資格

 

オープンソースデータベースに関する知識とスキルを証明する資格。近年、多くの企業や組織が積極的に利用しているオープンソースデータベースについて出題される試験です。シルバーとゴールドの2種類のレベルがあり、シルバーはオープンソースデータベースの基礎知識が問われます。

ゴールドでは、さらにオープンソースデータベースに関して深い知識が問われ、合格を目指すにはオープンソースデータベースの内部構造やパフォーマンスチューニングなど専門的な知識が必要です。

 

ヘルプデスクに役立つ資格

 

 

マイクロソフト認定プロフェッショナル(MCP)

 

マイクロソフト製品に関する知識とスキルを有することを認定する資格。MCPには複数の分野の試験があり、1つ以上合格するつとMCPを名乗れます。

試験内容は、マイクロソフト製品の運用管理スキルの他、セキュリティ・プログラミングなど分野ごとに様々な内容が出題されます。試験レベルはユーザーサポートが行えるレベルですが、比較的取得しやすい資格です。

 

インターネット技術者認定資格(CIW)

 

インターネットを駆使してビジネスを行うためのシステム設計・運用技術者のための資格。ITビジネスの基礎・Webサイト制作・ネットワーク基礎に関する知識が認定される資格です。

習得スキルに合わせて3つのレベルが受験できます。中でもベーシックレベルは初級者レベルなので、IT業界へ初めての転職を目指されている方にもおすすめの資格です。

 

適切な資格を取得してIT転職を成功させよう

 

今回は、IT転職で役立つ資格を紹介しました。自分が転職したい分野・業種に合わせて最適な資格を選択して学習を進めていきましょう。まだITに関する知識がない場合は、ITに関する基本的な知識が幅広く学習できるITパスポートの取得を目指すのがおすすめです。

また、こちらではIT関連資格を紹介しましたが、グローバルに活躍できるITエンジニアを目指している場合、TOEICの勉強も同時並行で行いましょう。グローバル企業へのIT転職においては、英語力も選考基準になることが多いからです。

業務に役立つ資格を取得して、IT転職を成功させましょう。

【転職】気になる研修の種類を徹底解説!気になるあの企業にはどの研修がありますか?!

会社によっては、入社して間もない社員に対して研修を行うことがあります。いずれもこれからの業務において、必要な知識などを学ぶためには必要なことです。しかし実は、同じ研修でも会社や仕事内容によって種類が変わっているのです。今回は意外にも知られていない研修の種類と、それぞれの特徴について解説していきます。

 

意外と知らない研修の基礎

 

研修という言葉の意味

 

 

研修と聞くと、多くの人は新入社員を対象に行われるという印象を持っているはずです。転職の際に未経験者歓迎と書かれている仕事の多くは、充実した研修が用意されています。しかし、研修というのは決して新入社員に対して行われるものではありません。実は入社から1年以上経過している社員に対しても行われています。

 

研修という言葉の本来の意味は、知識や技術を研ぎ修めるという意味です。実際にエンジニアの新入社員向けの研修は、仕事をする上で欠かせないプログラミングの知識が中心となっています。このように、研修というのは仕事で必要な知識などを身につける場でもあります。しかし同時に、これから仕事をする上で必要となるスキルを磨く修行の期間でもあります。

 

研修は大きく2種類に分かれる

 

研修といっても、企業や業種によって様々なものがあります。また、同じ業種でも企業の目的によっては、独自の研修を行っている企業もあります。基本的に研修は2種類に分かれています。一つは役職ごとの研修、そしてもう一つは目的別の研修です。

 

役職ごとの研修は、その役職の仕事をする上で必要となるスキルを身につけるための研修です。立場が異なれば必要となるスキルは異なってきます。そして目的別の研修というのは、その名の通り仕事をする上で欠かせない知識やスキルを身につける研修です。これは役職に関係なく、その分野の仕事をする人は役職などに関係なく必ず受ける研修となっています。

 

若手社員向けの研修

 

研修は多くの企業で行われています。もちろん研修の中身は仕事内容によって様々ありますが、若手社員や新入社員に一番教えたいことはどの企業も一緒です。ここではそんな入社して間もない若手社員向けの研修をいくつか紹介します。

 

マナー研修

 

 

仕事といっても、その種類は様々です。デスクワークを中心とした仕事もあれば、工場での仕事がメインとなる仕事もあります。しかし、たとえ仕事の内容や種類が異なるとはいえ、社会人としてのマナーは共通しています。マナー研修というのは、社会人として知っておくべきマナーを学ぶ研修です。ほとんどの会社では新入社員向けに行われている研修です。

 

会社によってはマナー講師を招いたり、自社の社員が教えているところもありますが、基本的にはマナー講習会という形で会社が費用を負担して参加させていることが多いです。名刺交換の仕方挨拶の仕方、そしてお辞儀の角度などが主な内容となっています。

 

キャリア研修

 

 

研修というのは新入社員のためのものではありません。入社して1年以上経った若手の社員も受けます。とはいえ、先程紹介したマナー研修ではありません。若手の社員が受ける研修として、キャリア研修というものがあります。

 

入社してからある程度経過すると、仕事内容や作業の流れが身に付いてきます。しかし同時に、自分はなぜこの仕事をしているのだろう、何のための今ここで働いているのだろう、という思いが強くなります。キャリア研修というのは、そのような思いに対して自分自身を見つめ直したり、今後の人生においてどのような技術を身につけるべきなのかを考える研修です。キャリアデザインも、実はこのキャリア研修の一つなのです。

 

研修を受けるのは若手だけではない

 

研修は若手社員を対象に行われているもの、そう考えていませんか。実はそうでもありません。最近では実績や経験が備わっている中堅社員に対しても研修が行われています。では中堅社員が受ける研修はどのようなものか、ここではその一部を紹介します。

 

OJTトレーナー研修

 

 

新入社員に対して行われる研修の中には、より実践的な内容を教える研修もあります。そしてその実践的な内容を教えるための教え方もまた、いくつかの方法があります。その中でも今最も主流となっているのが、OJTという実際の仕事環境で実践的なことを学ぶ研修方法です。そしてそのOJTをするにあたり、中堅社員を対象に行われるのがOJTトレーナー研修というものです。

 

簡単に言うと、トレーナーをする上で知っておきたい知識を学習する研修です。実践的なことを教えるとはいえ、わかりやすく教えなければ意味がありません。そこでどういう教え方をしたらわかりやすいか、そしてOJTトレーナーとしてどのように振る舞えば良いのか、ということをこの研修で学びます。

 

フォロワーシップ研修

 

中堅社員となると新入社員に仕事を教えることも増えてきますが、場合によってはリーダーや上司をサポートする役割も増えてきます。そのサポートの仕方などを学ぶ研修が、フォロワーシップ研修というものです。

 

上司の指示で作業したり、チームで開発などをする場面では当然上司やリーダーが指揮をとります。とはいえ上司やリーダーも同じ人間です。当然間違えたりすることもあります。そんなときこそ中堅社員がしっかりと修正したりなど、上司やリーダーをサポートしていく必要があるのです。

 

管理職も実は研修を受ける?

 

管理職になるには、ある程度仕事で実績を上げる必要があります。しかし管理職という使命を全うするには、今までの仕事での実績だけでは足りません。もちろん仕事でのスキルや知識も必要になりますが、その他にも必要なスキルが増えてきます。そんな管理職のための研修をここでは紹介していきます。

【転職・失敗しない】プログラマーが転職を失敗しないための4つの方法を徹底解説!

転職は人生の中でも大きな決断の一つと考える方も多くいらっしゃると思います。一つの会社で最後まで勤め上げることが当たり前ではなくなってきています。今回は、プログラマーに焦点を当て、失敗しない転職のための方法を解説していきます。IT業界は転職が多い業界という方もいらっしゃいます。プログラマーの方は参考にしてください。

 

その一 自分を知る

 

 

プログラマに限らずに、自分のことを知るということは、転職活動においては重要な作業になります。

この作業を『する』と『しない』とでは、とても大きな差が出ます。

では、自分のどういったことを知っていればいいのかから、解説していきます。

 

プログラマーとしてのスキルを整理

 

 

まずは、プログラマーとしてのスキルから整理していきましょう。

IT系の企業は、現在人手不足に陥っているというデータがあります。

(参考:http://www.meti.go.jp/press/2016/06/20160610002/20160610002.html)

 

各企業は、様々な手段で人材を確保しようとしています。

ただ、その方法は、新卒採用で可能性がある人材を確保し、時間をかけて育成していくという、とても時間のかかる方法をとっていたりする企業もあります。

 

しかし、この方法では、数年後を見据えた人材確保の方法であり、直近の人手不足を解消できるようなものではありません。

既にプログラマーとして、ある程度の経験を有しているのであれば、遠くない未来の戦力として計算をできるため、中途採用を検討している企業としては、大変喜ばしいものです。

 

そのためにも、自分が習得している言語や、どのようなポジションで、どのように働いてきたのか、どのようなプロジェクトに関わっていたのか、などを明確にしておく必要があります。

 

これらを明確にすることで、自身がどのような人材であるかを応募企業にはっきりと伝えることができ、転職がスムーズにいきます。

それだけ、自身のスキルを整理することは大事です。

 

+αについて整理

 

 

プログラマーとしてのスキルをどれだけ持っていても、それだけでは十分な武器にはなりません。

プログラマーとしてのスキル以外の武器をアピールすることで、ほかの候補者と差をつけることも重要になります。

 

一例ではありますが、コミュニケーション力は非常に重要になります。+αとしては十分なアピール内容になると思います。

プログラマーは、チームで動く仕事になります。そのため、周囲との円滑なコミュニケーションが重要になります。

 

プログラミングのスキルがいかに高くとも、実務の中で独りよがりになってしまっては意味がありません。

IT企業の採用担当者は、そういったところを見ている人もいます。

「将来的にSE(システムエンジニア)として活躍できるのだろうか」、「周囲と協力して仕事を進めていくことができるのだろうか」など、気にしている企業は多くあります。

そういった意味でも、プログラミングスキル以外の+αが重要になります。

 

その二 なぜ転職したいか

 

 

転職で解決したいことがあるはず

あなたはなぜ転職したいのですか?

きっと、転職することでしか解決できないことがあるはずです。

 

人間関係?

やりたい仕事をできる環境を求めて?

それとも給与?

 

どんなことでもいいと思います。でも必ず、「転職したい」と思ったからには理由があるはずです。

それを書き出してみましょう。

 

【必見!】第二新卒での転職を失敗しないために!抑えておきたいポイントを徹底解説!

今多くの企業で第二新卒の人を募集しています。とはいえ、多くの企業で欲しがっているとはいえ、必ず採用してくれるとは限りません。抑えておくべきポイントを抑えておけば、転職で失敗することはありません。今回は、今多くの企業で欲している第二新卒での転職で、失敗しないためのポイントを解説していきます。

 

第二新卒ってどのような人?

 

学校卒業から1年〜3年経過した状態

 

 

就活ルールの廃止や働き方改革など、いま日本では雇用という社会において大きな部分が変わろうとしています。その影響か企業が募集する人にも変化が訪れています。外資系企業の日本進出により新卒が集まらない企業の多くは、第二新卒の人を積極的に募集し始めました。

そもそも第二新卒とはどういう人なのか、疑問を持った人も多いはずです。第二新卒というのは一般的に、学校を卒業してから1年以上3年以下経過している若い人たちのことを指します。この場合の卒業というのは、その人の最終学歴からカウントされています。

 

年齢で言うと25歳前後の人

 

とはいえ、一般的に第二新卒と言われる人たちというのは、基本的に大学を卒業していることが前提となります。そのため第二新卒を募集している企業の多くは、平均して25歳前後の若い人を中心に募集しているということになります。

現在新卒の大学生の多くは外資系企業に流れてしまい、就活シーズンの時点で新卒として入社してくる若者というのはかなり少なくなっています。そこで新卒ではなく第二新卒の人を積極的に募集しているのです。

 

なぜ第二新卒を企業は欲する?

 

新卒よりも常識を持っている

 

 

新卒と第二新卒、一見似ているように聞こえてしまう両者ですが、実は大きな違いがあります。そもそもなぜ多くの企業が最近になって第二新卒を欲するようになったのでしょうか。その要因の一つとして、新卒よりも社会的な常識を持っているという理由があります。

第二新卒の多くは、大学を卒業した後、企業に正社員として働いていた経験があります。そのため新卒と比べると社会的な常識やマナーという部分ではかなり優れています。企業にとっても社会的常識を持っていない人よりはあったほうが好ましいです。

 

柔軟性と伸びしろに優れている

 

第二新卒を募集するのであれば、既卒と呼ばれている人でも良いのでは、と考える人もいるはずです。確かに既卒も第二新卒と同じように社会的常識などを持ち合わせています。しかし既卒の場合、明確な定義というものがありません。たとえ既卒であっても、正社員としての経験が無いということもあります。

第二新卒の場合、先程紹介したように社会的常識を持っています。そして何より若いということもあるため、今後の社内教育次第で伸びる可能性を秘めています。社会的常識を持っていて、柔軟性や伸びしろに優れているとなると、企業にとってはかなり良い人材となります。

 

第二新卒のメリット・デメリット

 

社会性の部分でメリット多し

 

 

では改めて第二新卒のメリットはどのようなものがあるのか、ということについてここでは解説していきます。まずは何よりも社会経験をしており、それでいて柔軟性や伸びしろに優れているところです。そして若いということもあり、企業側も入社意欲が強いという印象を持たれます。

さらに、柔軟性に優れているということもあり、異業種への転職もかなり有利というメリットがあります。転職についてはいつでもできますが、長い人生で一番転職で失敗しないタイミングというのは、実は第二新卒と呼ばれる時期なのです。

 

一方でデメリットも

 

 

企業が第二新卒の人に対して抱く印象というのはかなり良いものです。しかしその良い印象というのが逆にデメリットでもあります。企業が良い印象を持っているということは、面接でもそのように見られてしまうということになります。そのため実際に転職をする際は、企業の抱く好印象を壊さないようにする必要があります。

そしてもう一つのデメリットは、すぐに辞めてしまうのではないかと警戒されやすいことです。時代の流れによって様々なものが変わりましたが、それでも企業によっては一昔前の常識を貫いている企業も多いです。万が一そのような企業にあたった場合、入社できたとしても当分の間は企業に警戒される恐れがあります。

 

第二新卒として転職する理由

 

スキルアップをしたい

 

 

そもそもなぜ第二新卒と呼ばれるタイミングで転職をするのか、という疑問を持つ人も少なくありません。一般的に25歳になると、自分の人生について考え始めるという人が多いのです。例えば新卒として就職した会社の場合、25歳になるとある程度企業の業務などに慣れてくる時期です。人によってはもっと高みを目指したいと考える人も増えていきます。

このまま今の会社にいても飽きてしまうと考える人もいれば、この会社で得られたスキルを活かしてさらなる高みを目指したいという人もいます。そのようなことを考えた上で、若いからこそ転職に有利な第二新卒のタイミングで転職をするという人が、最近では増加しているのです。

 

今の会社に不満がある

 

 

スキルアップなどの意識の高い人がいる一方で、逆に今の職場に不満があるという理由で転職をする人も多いです。これも先程のスキルアップと似たような状況です。新卒で入社して最初は良かったものの、次第に会社の悪い部分が見えはじめて不満が出てきた、ということはよくあります。

今後の人生を考えた上で今の会社にいたら体調不良になると考えたり、この先ずっとこの企業に居たいと思えない、という人がこのタイミングで転職をするという人も多いのです。よく会社に3年いたらできるようになる、ということを言う企業が多いです。しかし3年近くいると、企業の悪いところが見えてしまうのが現状です。

 

【キャリアアップ】社内で?それとも転職で?キャリアアップにおいて知っておくべき点を徹底解説!

企業に勤めていると、「キャリアアップしたい」と考えることがあると思います。では、キャリアアップとはどういったことなのでしょうか?昇進?昇給?どういったことなのでしょうか?また、キャリアアップを目指すにはどのようにしたらいいのでしょうか?今勤めている会社で頑張るのか、転職してキャリアアップを目指すのか…。解説致します。

 

キャリアアップとは?

 

キャリアアップの定義

 

 

『キャリアアップ』と一口に言っても、実際には明確にどういったことを指すのか理解されている方は少ないのではないでしょうか?

「何となくこういうことだと思う」という方はいらっしゃると思います。

まずは『キャリアアップ』とは「こういうことだ!」ということを明確にしていきましょう!

 

『キャリアアップ』の意味は複数あります。

 

・今勤めている会社での地位の向上や給料が上がること

・高待遇を得られる会社へ転職すること

・能力を上げて経歴を高めること

 

これらがキャリアアップの定義の一例として挙げられます。

『キャリアアップ』の実例としては、以下の様な例が挙げられます。

 

・アルバイトから正社員へキャリアアップした

・成果を上げて昇進・昇給した

・転職して以前より高い給料をもらえるようになった

 

このような例がキャリアアップの実例です。

あなたが考えていた『キャリアアップ』の意味は合っていましたか?

合っていたのなら問題はありません。

しかし、もし意味が違っていたのであれば、これを機会にきちんと覚えておくことをお勧めします!

 

キャリアアップに似た言葉とその違い

 

 

 

『キャリアアップ』の意味はご理解いただけたと思います。

しかし、似た言葉に『スキルアップ』や『キャリアチェンジ』などと言った言葉があります。

この言葉、『キャリアアップ』と同様に、ビジネスにおいて使用される言葉ですが、これらの意味は把握していますか?

「いまさら聞けない!」とそのままにしておかずに、ここでしっかり覚えておきましょう。

 

スキルアップ

 

 

まずば、『スキルアップ』です。

これは『スキル』能力を、『アップ』上げるという、読んで字のごとくの意味です。

スキルアップの目的は、個人の能力を上げることになります。

経験を積むことや、資格を取得することで実現可能です。

仕事をしているということは、それだけでも様々な経験をしますので、『スキルアップ』といえるのかもしれません。

ただし、漫然と仕事をしているだけでは、有益なスキルアップとは言えません。

仕事での経験を、自身の中に蓄積をしていく必要があります。

得た経験を糧にして、自身の仕事の能力に変換していくことで、スキルアップは実現されます。

キャリアアップとは違い、自身の行動一つで実現可能なものです。

また、スキルを上げていくことで、キャリアアップにもつながります。

能力を上げて、成果を上げ、上長に認められてキャリアアップへとつながっていきます。

 

転職診断!適職で転職を成功させるためには何が必要なのか?

転職活動をしているとよく様々な診断を目にする機会が多いと思います。特に適職診断・自己分析はよく見かけるのではないでしょうか?適職診断においては「適職なんてわかってるよ」という方も多いとは思いますが、適職診断を本当に上手に使いこなせているのでしょうか?では、その活用法は?詳しく解説していきます。

 

適職診断の目的

 

 

自分自身を今一度知ることが目的

 

適職診断は自分がどういった人間なのかということを知る重要なツールの一つになります。

 

「自分のことなんか自分が一番よく知っている」という方もいるかもしれませんが、本当にそうでしょうか?

自分のことを100%理解できている人はどのくらいいるのでしょうか。

ましてや弱点など、自分で理解するのは難しいことですし、あまり自覚したくないので、行いたい作業ではないと思います。

 

そんな作業を行ってくれるのが適職診断です。

そもそも診断は、自分が気付かない自分の強みや弱みを教えてくれるツールです。

潜在的に持っているものも顕わにしてくれるので、重宝したほうがいいと思います。

『あなた』が、思っている通りの『あなた』ならばいいのですが、そうではないことが多いです。

今一度自分を知るツールとして適職診断をしてください。

 

あなたの知らない仕事が沢山!それを知るチャンス!

 

世の中には沢山の仕事があります。

あなたはそのすべてを知っていますか?

 

すべて知っていることなんて実は無理なんです。

もし知らない仕事があなたの適職だった場合に、どうやってその仕事を知るのでしょうか?

 

そうです。

その仕事を知るための一つのツールとしても、適職診断は最適です。

「こんな仕事あるの?」という一例ですが、ドローンフォトグラファーという職業があるのをご存知でしょうか?

高い場所や危険な場所もドローンがあれば撮影は簡単なように思えますが、これが実は専門的なスキルが必要とのことです。

ドローンが墜落して人に怪我を負わせてしまったりする危険性をはらんでいるため、専門の仕事といえるようです。

 

他にも今では一般的に知れ渡っていますがyoutuberなども昔は知っている人もいなかったと思います。

「こんな仕事あるの?」っていう仕事は世の中には沢山あります。

時代が変わればそれに伴い新たな仕事も出てきます。

そういった仕事を知るチャンスとしても適職診断には大きな意味があるのではないでしょうか?

 

適職診断をする前に 自分のことを見つめ直す

 

 

さて、それでは早速適職診断をと診断を始めたいのですが、実はそれだけでは転職成功にはなりえません。

そもそも転職成功とはどのような形なのでしょうか?

そういう面も含めて自分自身のことを見つめ直す必要があるのです。

 

選ぶ職業に応じてライフプランを変える必要性もある

 

 

あなたはどのようなライフプランを描いていますか?

そのライフプランはどのような条件の職業を選べば遂行できますか?

転職とは人生の一大転機です。

転職することで当初描いていたライフプランとは異なるプランを描く必要性があるかもしれません。

 

ただ、仕事に合わせてライフプランを修正するのは本末転倒になってしまいます。

ライフプランを第一優先して職業を選ぶ必要があります。

しかし、ライフプランを全く修正せずに転職するということは大変難しいことです。

「転職したいけどライフプランも変更したくない」ということだと、どちらもうまくいかない恐れがあります。

そうならないためにも必要に応じてライフプランの一部を修正する必要があります。

 

そのためには、ライフプランの優先順位をつける必要があります。

そうすれば選択する職業に応じて優先順位の低いライフプランは変更していくことができ、満足のいく転職ができるようになります。

 

適職があってもスキルがなければ転職できない

 

自分のスキルや保有している資格の整理をしましょう。

 

例えば適職診断の結果で、弁護士が適職だと出た場合に、あなたが法学部を卒業していても弁護士資格を持っていないのであれば弁護士への転職は大変難しいでしょう。

 

また、機械設計の仕事が適職となった場合においても文系卒で、今まで全く機械に触れることがないのであればこちらも機械設計職への転職は難しいと言えます。

 

適職診断を行う前に、自分の保有している資格と自分のスキルを整理しておき、適職診断の結果と擦り合わせて転職実現可能な適職を選択できるようにしていきましょう。

 

一部例外ではありますが、一念発起して大胆なキャリアチェンジをする際には時間をかけてスキルを身に着けたり、資格を取得するという方法もあります。

上の例で言えば、弁護士資格を取るために法律を勉強し弁護士資格を取得すること。

機械設計で言えば機械設計のノウハウを取得するために製造現場で経験を積むなどをすることが考えられます。

ただし、これらの方法はとても時間がかかることなので、それなりの貯蓄が必要だったりします。

 

【転職のコツ5選!】「成功させる転職」を専門家が徹底解説!まずはこの5つから始めるべし!

「転職したい!」そう思っている人は多いと思います。しかし「どうしたらいいのかわからないし、とりあえずいい企業がないか調べて、応募してみようか」と始める方も多いと思います。実は「成功させる転職」にはコツがあるんです。今回はそのコツを紹介するとともに、転職活動の進め方も解説していきます。

 

成功させる転職のコツは入念な準備から

 

準備をして万全の態勢で転職活動をする

 

 

「転職したい」と思い、本格的に転職活動を始めるとなったときに、多くの人たちが転職情報サイトで求人の情報を集め始めます。

転職活動にとっては大事なことですが、実は一番最初にすべきことはそこではありません。

実は一番最初にすべきことは、入念な準備です。

 

「求人情報サイトで情報を集めることも準備じゃないか」と言われるかもしれませんが、それよりも先にしなければならない準備があります。

 

あなたは自分のことをどこまで理解していますか?

あなたは応募に必要な書類作成はできていますか?

あなたは転職するにあたってのあなた自身の軸や希望が明確になっていますか?

あなたは求人情報を収集する術を把握していますか?

 

こういった準備が整っているのであれば今回の記事は読む必要ありません。

「えっ!?そんなことがあるの?」と思った方は今回の記事を読んで入念な準備をしてください。

 

成功させる転職のコツ 診断で自分を知る

 

 

まずは『自分を知る』ところから始めたいと思います。

『自分を知る』というのが実は一番難しい作業になります。

自分を客観視できるのであれば問題なくできるのでしょうが、これが中々に困難なことです。

ではどのようにして自分を知っていくのでしょうか?

紹介してきます。

 

自己分析で自分を知る

 

転職活動をしていて、インターネットで関連するようなワードを検索していると『自己分析』というワードをよく目にすると思います。

この自己分析が転職活動にどう関連しているのでしょうか。

 

就職活動全般に言えることなのですが、応募先企業に対して「自分はこういった人間です。きっとあなたの会社の役に立ちますよ」というアピールをしていくことが重要になります。

そういったアピールをするために自分のことを理解し、強みを発見、理解していくことで、転職活動を有利に進められるようになります。

 

では、自己分析はどこで行えばばいいのでしょうか?

インターネットの大手転職情報サイトで無料で行えますので、これを活用していきましょう。

 

適職診断で可能性を探る

 

次に適職診断です。これもなぜ必要なのでしょうか?

理由は二つあります。

 

一つ目は、自分の天職を知るためです。

もう一つは、自分の可能性を探るチャンスになります。

 

適職診断は自分の性格特性に合った職業を提示してくれます。

中には突拍子もない職種を提示してくることもありますが、複数の職種を提示してくれるため、自分自身が気付かなかった可能性を示してくれる場合もあります。

 

一例ではありますが、営業職経験者が制作関係の職種についたりするキャリアチェンジという方もいらっしゃいます。

営業職として、ご自身が伸び悩んでいた際に、転職を考えだしたとのこと。

その際に適職診断を受け、制作職の適性もあると診断結果に出たため、思い切ってキャリアチェンジをすることに決めたそうです。

 

ただし、制作職の経験はなかったため、転職活動は苦労したとのことでしたが、制作としてキャリアを積んだことにより、自分の可能性が拡がったと感じることができたそうです。

 

上記の方のように、適職診断を受けることによって、自身の可能性が拡がることがあります。

このような例もありますので転職活動には欠かせない診断の一つになります。

 

転職面接の質問を徹底解説!回答方法のお手本とともに公開!

転職するのに面接でされる質問って緊張しますよね。ある程度質問を予想して面接にのぞみますが、結局考えていたことを上手に話せなかったなんて結果も。採用する側の企業の質問にも型があって、回答にも型があるのをご存じですか?そこで本稿では、転職の面接について、民間企業で人事採用経験がある筆者が徹底的に解説します。

 

転職面接で悩みやすい質問を上手に答えるには?

 

 

短い時間であなたの印象を決定づけるのが転職面接です。転職の面接にはどう答えて良いのかわからない質問もたくさんあります。どのような回答が正解なのか迷ってしまいますよね。

実は、企業が行う転職の面接にはある程度の型があるのです。短い時間のやり取りで採用するかどうかを決めるのですから、1つ1つの質問には意味があります。

そこで今回の内容は、転職の面接で良くある質問を序盤と中盤、終盤、最後に分けての解説です。答えにくい質問にはどう対処すれば良いのでしょうか?ぜひ参考にしてみてください。

 

転職面接の序盤にされる良くある質問

 

 

転職の面接序盤にほとんどの企業が行うであろう、代表的な質問について解説します。筆者も、全国展開をしている大手量販店での人事採用面接で必ずしていた質問です。

当たり障りのない質問のように感じますが、転職面接の序盤の質問は意外と重要なポイントになります。ここでのアピールの仕方次第で、転職の結果が変わるかもしれない大切なものです。

転職面接の序盤では、「自己紹介とPR」の質問は必ず聞かれます。採用側ではこれらの質問に、どのような意味を込めているのでしょうか。

 

自己紹介とPRは最高のチャンス!

 

「自己紹介とPR」は緊張をほぐすためのさわりの質問だと考えていませんか?実はさらっと序盤にされていますが、転職の採用の合否に関わるウェイトが大きい質問です。

面接自体が採用する企業の担当者から質問される流れであって、自ら積極的にアピールできるのは「自己紹介とPR」の質問のときだけです。

こんな絶好のチャンスを逃す訳にはいきません。対策をしっかりと練って、採用担当者の心を動かす「自己紹介とPR」にしたいものです。

 

自己紹介とPRに含まれる意味は何?

 

 

転職の面接で質問される「自己紹介とPR」では、簡潔にまとめる力と提案力、具体化する力をみています。「この質問でそこまで判断する?」と感じるかもしれませんが、これは事実です。

仕事ではクライアントや協力会社、社内に対しての連絡事項や重要な約束事を短く、わかりやすく伝えなければなりません。

また、企画や商品を売り込む提案力も求められます。採用側の企業は、あなたの現時点における能力を判断しているのです。

さらに、これら2つの能力が高ければ、面接のやり取りにも説得力が増します。これが最後の具体化する力ということです。自社でどのような働きをみせるのかを想像しやすいですよね。

 

上手な自己紹介とPRの仕方

 

あなたのことをアピールできる時間なので、たくさん内容を盛り込みたくなりませんか?しかし、あまりにもたくさん内容を盛り込んでも、採用担当者には伝わりにくくなってしまいます。

上手な「自己紹介とPR」の仕方にも型があるのです。その型は①アピールポイントを明確に、②どのような経験をしたか、③転職先にどう活かせるか、の3つになります。

まず転職先の状況を踏まえた、あなたのアピールポイントを1つまとめてください。そこに経験を話すことで説得力を高めて、企業に貢献できる内容で締めくくります。

 

転職面接の中盤にされる良くある質問

 

 

「自己紹介とPR」が一段落すると、企業の採用担当者が主導となる質問が開始されます。転職の面接の中盤にする回答は、あなたがアピールした内容に説得力を高める要素となるのです。

序盤のアピールが上手にできても、話を聞いていく内に首をかしげてしまうこともあります。あんなに上手にアピールできていたのに勿体ないと感じたケースが多々ありました。

そこでここからは、転職の面接中盤で核となる「志望動機」の質問について解説します。どうすれば上手に「志望動機」を話せるのでしょうか?

 

転職の面接では志望動機を必ず聞かれる!

 

「志望動機」も転職の面接では必ず聞かれる質問の1つです。必ず聞かれる質問だとわかっているのに、しどろもどろになってしまう人って意外とたくさんいます。

この質問にしどろもどろだと、本当に応募している企業の業種で仕事をしたいのか疑われても仕方ありません。仮に異業種から申し込んでいるなら尚更です。

申し込んでいる企業につながるように話をまとめると説得力のある回答ができるでしょう。質問の回答はあまり広い視野で考えてしまうと失敗します。

 

どうして自社なのかを知りたがっている

 

 

筆者が民間企業で面接官をしているときに、採用面接ってなんだか恋愛と似ていると感じていました。応募してくる人達は、好きな人に告白しようとしている姿と重なるのです。

告白相手になる企業は、「なんで私なの?」と不安に感じています。告白されたから「どこが好きなの?」と聞いてみて、「何となく…」といわれたらどう感じるでしょう。

恋愛も付き合うのだったらなるべく長く関係を保ちたいもの。採用する企業も長く勤めて欲しいと考えているのです。決め手に欠く回答だとガッカリしてしまいます。

 

上手な志望動機の答え方

 

「志望動機」の上手な答え方を伝える順番は「自己紹介とPR」と同じで構いません。ここではどこに着地点を置くのか、ということをテーマにします。

まずは業界全体の動向から分析していき、次第に狭めていく手法が効果的でしょう。なぜなら面接している企業は1つであったとしても、業界の動向がわからなければ説得力がないためです。

業界全体から申し込んでいる企業の立ち位置や状況などを踏まえて、最終的に1つのポイントを強調すると上手くいきます。このポイントが「自己紹介とPR」で説明した順序の①です。

あとは業界全体からみた、申し込みをする企業の話を交えて肉付けします。

 

転職するとしたら就労ビザはどうすればいいの?届出の場所から手続きの流れまで徹底解説!!

日本で働く外国籍の方が転職する場合、就労ビザの更新が必要です。転職先の職務や在留期限により手続きが異なるため、自分の在留カードを事前に確認しておきましょう。手続きを怠ると在留期限が短縮されたり、更新ができなくなることもあります。ここでは、就労ビザ更新の手続きについて、徹底解説していきます。

 

そもそも「就労ビザ」とは?

 

就労ビザとほかのビザとの違い

 

ビザには、日本に滞在する目的や期間により、種類がいくつかあります。

「就労ビザ」とは、労働を目的として滞在する場合に必要なビザです。

就労ビザ(在留資格)は入国管理法において定められており、外国籍の方が日本で行う活動内容から、日本が受け入れる外国籍の方の活動を分類して設定されています。

日本で長期間働きたい場合には就労ビザの取得が必須です。

就労ビザは日本に滞在する目的を示し、在留する資格を与えられ入国が許可されます。この資格を「在留資格」と言い、そのビザの中で活動できる範囲を示しています。この在留資格は現在16種類設定されており、就労できる職種を定めるものでもあります。

90日以上の観光に際は「長期観光ビザ」が取得する必要がありますが、このビザで就労をすることはできません。

 

他にも、留学のための「学生ビザ」、日本とワーキングホリデー協定を結んだ国だけで申請できる「ワークングホリデービザ」、その国に永住することができる「永住ビザ」があります。

 

外国籍の方は、転職によって就労ビザを更新する必要がある

 

 

就労ビザの更新は必須

 

先に述べた外国籍の方が日本での就労を目的として、90日間以上の長期滞在をする場合「就労ビザ」を取得する必要があります。

就労ビザでは、1人につき「在留資格」が1種類のみ認められています。

つまり、転職により在留資格が変わるということになれば、就労ビザ変更の手続きが必要になるのは当然といえば当然です。

しかし、在留資格が変わらない場合の転職であっても、就労ビザを更新する必要があります

詳しく解説していきましょう。

 

在留資格にかかわらず、転職の際にやるべきこと

 

 

転職する外国の籍の方が必ず届け出るもの

 

まず、転職をする外国籍の方自身が必ず行わなければならない手続きが「所属機関変更の届出」です。

転職後14日以内に入国管理局に「届出」をしなければなりません。*1

この届出を怠ると、就労ビザ更新や変更の際に在留期限を短縮されたり、罰金を支払うことになったり、不利な立場に立たされることになります。必ず届出をするようにしましょう。

*1 ただし、この届出を行うのは平成24年7月9日以降に上陸許可、在留資格変更許可、在留期間更新許可等を受けた者に限ります。

 

事業主がやること

 

外国籍の方を雇い入れている雇用者側でも手続きが必要です。

あわせて解説しておきましょう。

外国籍の労働者を雇い入れる際、そして離職させる際には、ハローワークへ届け出ることが義務付けられています。

届出を怠ったり、虚偽の届出を行った場合は30万以下の罰金対象になるので、注意しましょう。

 

転職で「在留資格」が変わらない場合の手続き

 

 

勤務先は変わったけれど、職務が同じ場合。

例えば、転職前も転職先でも同じ「エンジニア」として従事する場合は在留資格は変わっていないことになります。

その場合には、在留期限により有効な手続きが分かれます。