Webマスターってどんな職種?仕事内容からWebディレクターとの違いまで、徹底解説します!

Webマスターという職業をご存じでしょうか。名前だけだと具体的に何をする仕事なのかわかりにくいですよね。本記事では、Webマスターの仕事内容や必要なスキルを紹介します。また、Webマスターに似ている職業のWebディレクターと何が違うのかを実際の仕事内容や仕事の立ち位置を比較しながら解説していきます!

 

Webマスターとは?

 

 

Webマスターとは、Webサイトの運営と管理を行う職業です。ただし、実際にはWebマスターの仕事は明確に定まっておらず、会社の規模やサイトの種類によって変わります。

基本的には、サイトの情報更新、メンテナンス、コンテンツの編集、サイトの管理などが主な仕事です。

さらに、規模の大きいサイトになると、リニューアルや宣伝の際の販売業者とのマネジメントも仕事に含まれます。

 

サイトの目標を達成する役割

 

Webマスターは、運営しているWebサイトのかかげた目標の達成(会員登録、資料請求、商品の販売など)を目指します。

Webマスターはこのような目標を達成するために必要な仕事を滞りなく完遂する役割を課せられます。

 

サイトの目的や規模に応じて必要なスキルは異なる

 

先ほども説明したようにWebマスターには、明確な仕事内容というものはありません。そのため、必要なスキルや経験などもわからず、サイトの目的や規模に応じて企業の求める人材が異なります。

 

Webディレクターとは?

 

 

Webディレクターとは、Webサイトを作成するプロジェクトを監督する責任者のことを指し、クライアントからの要望に適したWebコンテンツを作成することが仕事となります。

Webディレクターの仕事は、スケジュールの管理、コンテンツの管理、プロジェクトメンバーの選定、クライアントの要望の聞き取りなど様々です。

 

プロジェクト全体の指揮をとる役割

 

WebディレクターはWebライター、Webプランナー、SEOエンジニア、Webデザイナーなどのプロジェクトメンバーをまとめ、意見を聞き、コンテンツの作成を滞りなく進めることが重要となります。

他にも、必要に応じてプロジェクトメンバーに対して、指導や指示を行うこともあります。

 

幅広いスキルが求められる

 

Webディレクターは、プロジェクトの進行、予算を管理するスキルを始め、コミュニケーションスキル、リーダーシップが求められます。

さらに、直接作成に関わりませんが、プロジェクトメンバーに指示を出すために最低限度のプログラミングやSEO、デザインの知識なども必要です。

 

Webマスターの具体的な仕事内容

 

 

WebマスターはWebサイト全体にかかわるため、仕事内容は多岐にわたります。以下が一例ですが、大まかな仕事内容です。

 

商品の仕入れと準備

 

・商品の仕入れと価格の設定

・仕入れ先ルートの交渉

・ラッピングや梱包の資材収集

・宅配業者との交渉

・代金回収、クレジット会社との交渉

・レンタルサーバーの選択

・マーケット調査

 

商品の販売促進・サイトの更新

 

・季節/目的に合わせた商品のキャンペーン計画

・商品.キャンペーンページ作成とアップロード

・掲示板やお問い合わせの対応

・SEO対策

・サイトにアクセスした顧客の動向分析

 

Geekly Media ライター

ib515

0

【徹底比較】転職理由 vs 志望動機!両者の違いから、履歴書への書き方や面接での話し方まで解説します。

転職理由と志望動機は、明らかに違うものであると認識することが重要です。転職理由と動機を混同していると、履歴書への書き方や面接における話し方にまで無意識に出てしまうのです。そこで今回は、混同しがちな転職理由と志望動機の違いを確認しながら、転職における履歴書の書き方や面接での話し方を解説します。

 

転職理由とは

 

 

転職理由とは、新しい職場や職種への転向を決めた理由です。例えば以下のような理由が考えられます。

 

・もっと高い給与を望みたい

・職場の人間関係に問題があった

・職場の体制に不満があった

・転勤をしたくない

・今の職種以上にやりたいことが見つかった

・基本的な技術を身につけたので、更に上流工程を経験したい

 

これらは全て、現職種や職場から離れて、自分の仕事に対する望みを叶えたい欲望で、転職する理由は基本的に、居場所やポジションを変える動機です。

転職を決意した理由には、ポジティブな内容が含まれないことも多いと思います。それは、今よりも良い条件を求めて転職を決意するのですから、当然ですね。

 

志望動機とは

 

志望動機と転職理由はリンクする部分がありますが、志望動機はこの企業なら思い描いた仕事ができると確信した理由です

例えば、転職する理由が「もっと高い給与を望みたい」や「職場の人間関係の問題」であったとしても、これらは転職先にその企業を選んだ動機にはなり得ません。

転職する理由となった原因を取り除くために別の企業を選ぶのですが、転職する理由をそのまま志望動機と捉えれば、それは“前の企業でなければどこでも良い”などといった考え方になってしまいます。

転職を決意したあとに、自分の望む条件に合った企業を探します。そして多くの企業の中から“その企業”を選んだ理由、“その企業でなければならない理由“こそ志望動機として明確にすべきことなのです。

 

転職理由と志望動機の明確な違いを意識する

 

転職理由と志望動機の明確な違いを意識すれば、前の会社でなければどこでも良いという気持ちを、志望動機にするという失敗を避けられます。

 

・転職理由:その他の企業を広く選ぶ決意をした理由

・志望動機:一つの企業に興味を持った明確な動機

 

より良い職に就くために視野を広げて企業をリサーチし、自分が求める条件を持った企業に興味を持つ流れですね。

 

履歴書への書き方

 

自分をプレゼンする

 

 

転職活動の中で、自分自身が望む企業を見つけたら、なぜその企業に注目したのかを書き出しましょう。

良いと感じた企業に対して志望動機を書くときには、あなたの経験はその企業で、どんなふうに役に立つのかをプレゼンする気持ちで書くことが大切です。

「前職が自分に合っていなかった」や「より高い給与を得たい」などの理由は、自身が転職したい理由にすぎず、その企業に興味を持っているとは言えません。

その企業で、自分が如何に実力を発揮し、企業の何に貢献できるのかを明確にするのが大切です。これはいわば、自分自身を売り込むプレゼンなのです。

 

経歴や経験は自分の武器と認識する

 

 

その企業でどのような働き方ができるか、その企業で何ができるかは、自分が培った自身の経歴や経験が武器となります。

全く違う分野へ転職する際にも、過去の経験で役に立つものが必ずあります。それら全ては志望動機に絡めることができます。

むしろ、これまでに得た知識や経験を活かし、満足できる仕事をしたい思いこそ、立派な志望動機となるのです。その企業をじっくりとリサーチし、自分自身の武器をどのように使いその企業で働くのかを考えてください。

ただし、これは自分自身を企業に捧げるという観点ではなく、その企業で自分が、納得のいく仕事ができることを証明する観点が含まれているのです

 

質問させる書き方

 

 

履歴書は、面接の場でも活用されます。そして、面接官が履歴書を見ながらあなたと対峙します。その時、面接官が知っていることは“履歴書の情報”だけですよね。面接の際には、履歴書に記載されている事項を中心に面接が進みます。

履歴書の志望動機に全てを詰め込んで書いていると、暗記したものを読むだけになってしまいますので、動機の記載は大まかな要点だけを記載しましょう。そうすれば、面接官もあなたに対して“もう少し知りたいこと”が出てきます

“あなたについて知りたい”と思わせることは、自分自身のプレゼンにとっては第一歩となります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

単体テストと結合テスト比較!技術的な違いからメリット・デメリットまで解説します。

システム開発で重要なのがテストです。システムの納品に至るまでには、ユーザーが望む機能が果たされていることや、エラーになってもシステムが止まらない作りになっているかを慎重にテストする必要があります。今回は、テストの中でも「単体テスト」と「結合テスト」について、技術的な違いやメリットとデメリットを交えてかいせつします。

 

単体テストとは

 

モジュールの動作テスト

 

 

ITシステムは、数々のプログラムの塊が集合することによって実現されています。ひとつひとつのモジュール(プログラムの部品)がしっかりと機能することで、システムとして成り立つのです。

自動車に例えるなら、ドアやタイヤなどの各パーツです。これらパーツのサイズや形が設計と違っていれば、組み立てても乗れない自動車になってしまいます。

システムも同じで、これらのモジュールひとつひとつに欠陥があれば、システムは動かない、あるいは誤動作を起こしてしまいます。

システムのモジュールに関しても、結合する前にモジュール単体でのテストを行います。ひとつひとつをしっかりとテストしておくことで、工程の手戻りを無くすことができるのです。

 

結合テストとは

 

モジュールを合わせた機能テスト

 

 

結合テストではモジュール単体でのテストをクリアしたモジュールと、その他外部モジュールを結合した状態でテストを行います。

自動車に例えると、本体やドア、タイヤといった部品をそれぞれ繫ぎ合わせ、設計通りにドアが開くのか、タイヤが連動して回るのか、それぞれに歪みがないかなどのテストです。

システムにおける結合テストも、モジュールを連携させた場合に、設計通り動くのか、あるいは想定外のオペレーションでのエラーでも、システムが止まることがないか(エラー処理や例外処理が入っているか)などをテストします。

結合テストを行うことで、ユーザーの業務に耐え得るシステムであることを確認します。

 

テストにも仕様書が必要

 

テストにも「テスト仕様書」が必要です。それは、テストパターンやその意味、テスト結果や原因までを記録していきます。

テストパターンでは、パターンに漏れがないように、全てのパターンを洗い出します。そして、パターンごとの結果も全て示しておく必要があります。

パターンについては、全てを網羅する必要があり、パターン漏れは許されません。ですので、ほとんどの場合マトリクスの表を作成します。

テスト仕様書は、ほとんどの場合作り手以外の人が読むことになります。他人が読み、実行することを意識して、読みやすく分かりやすいフォーマットと表現にしなければなりません。

テスト仕様書は、システムのテストが終了した後にも利用されるものです。何かしらの不具合が生じた時に、テスト仕様書を見ながら“問題のパターン”がテスト時点でどのような結果だったのか、また、どのようなアプローチでテストされたのかを確認し、根源を洗い出します。

単体テストや結合テストなどのテスト工程において、最も重要なモノがテスト仕様書なのです。

 

単体テストと結合テストの技術的な違い

 

単体テストではモジュールのプログラム把握が必要

 

 

単体テストで必要とされる技術は、その機能に特化した動作を把握していることと、動作するプログラムを熟知していることです。

単体テストでは、システムで使われる機能が細分化されたモジュールが完璧に機能していることを確認しなくてはなりません。

変数に入るべき値や、考え得る例外処理に至るまで、あらゆる角度からモジュールの機能をテストしますので、そのモジュールがどのように使われるのかを把握しておかなければなりません。

 

結合テストはモジュールを繋げた時の全体の把握が必要

 

 

単体テストを終えたモジュールを組み合わせた状態でテストを行います。この時必要な技術は、システムの全体的なデータの流れの把握です。

モジュール同士が繋がっているということは、システムに必要な機能は揃っているということで、ユーザーが行うオペレーションに近い動作で検証します。

モジュール単体では完璧に動くものでも、それらを結合すると不具合が起きる可能性があります。それはデータの受け渡しや、予期しないオペレーションによる例外処理などです。

また、結合テストでは、システムのセキュリティに及ぶまでを考慮してテストをする場合もあります。ですので、その業務に必要な技術の全てを把握しておくことも大切なのです。

 

単体テストを行うメリットとデメリット

 

メリット:ひとつのモジュールに特化して徹底したテストができる

 

 

単体テストを行う目的は、バグの無い完璧なモジュールを完成させるためです。そして単体テスト工程を行うことで、モジュールをしっかりとテストできるメリットがあります。単体テストが終わったモジュールの信頼性は高くなければなりません。

信頼性の高いモジュールを組み合わせることで、システムが機能するのです。結合テストにおいて、単体テストの信頼性はなくてはならないものなのです。

 

デメリット:コストがかかる

 

 

テストというイメージから、誰でもできてすぐに終わるという意識を持っている人が少なくありません。

しかし、単体テストでは、しっかりとシステムを把握しておかなければなりませんし、そもそも単体テストは非常にコストがかかるのです。

テスト仕様書やテストケースの作成でも工数がかかりますし、実際の単体テスト中にバグが見つかれば、その調査と改修を行わなければならないからです。

単体テストを見積もる際には、コーディングよりも大きなコストがかかることを意識しておかなければなりません。

 

結合テストを行うメリットとデメリット

 

メリット:品質が高まる

 

 

単体テストで信頼性のあるモジュールを結合しテストを行います。単体テストをクリアしたモジュールも、結合テストの段階で機能的な不具合や仕様バグが見つかることも少なくないのです。

結合テストで出た不具合は、最悪の場合モジュールの改修という手戻りを起こしますが、結合テストでモジュールバグや仕様バグといった致命的な不具合を洗い出すことが大切なのです。結合テスト経たシステムは、より品質を高めたシステムとなります。

 

Geekly Media ライター

佐久森

2+

【徹底比較!】UI vs UX!両者の違いから関係性まで、具体的な事例とともにご紹介します!

PCが普及したことにより、UIという用語は一般的になりました。そして近年ではUXという用語を合わせて頻繁に聞くようになりましたね。技術の進化とともに、ユーザーと仕組みを繋ぐUIは、より魅力的なデザインが求められています。そこで今回は、UIとUXの違いを確認しながら、その関係性や具体的な事例を紹介します。

 

UIとUXの違い

 

UIはユーザーと仕組みを繋ぐ

 

 

 UIはUser Interface(ユーザーインターフェース)の略称で、コンピューターや技術などとユーザーを繋ぐポジションを担います。特にPCやスマートフォン、公共のシステムなどを含むコンピューター操作の窓口です。

UIは、そのシステムの機能をユーザーが思い通りに利用するために、メニューに沿った画面遷移や、実行するためのボタンなどを設置します。

UIに一番重要な機能は、システムを使って目的を果たすために、できる限り分かりやすく、そして使いやすく設計することです。

 

UXはユーザーの体験

 

 

UXはUser Experience(ユーザーエクスペリエンス)の略称で、技術やモノを利用したユーザーの”印象に残る体験“を表します。モノを利用した時に”これが欲しかった“と思わせるデザインやUIなど、リピートしたい体験を提供するのがUXです。

一度使ったら離れられない使い心地や、また利用したくなるUIデザインは、ユーザーの喜びや、その時の状況にマッチしたものです。

安全面を考慮して利用すべきモノには、デザインやUIでユーザーを安全な利用方法へ導きます。これもまた、UXデザインによって実現されるのです。

 

UIとUXの関係性

 

UIUXで洗練される

 

 

UIとUXは、その目的とデザイン性から、非常に密な関係性を持っています。UXをデザインする上で、それを表現する舞台がUIになるからです。

ユーザーにモノを使った体験を提供するために、UXデザインを行います。それは、見た目であったり感触であったり、あらゆる感覚でオペレーションを体験してもらわなければなりません。そのためには、UIの在り方からデザインする必要がありますので、UXデザインはUIの設計にまで影響を及ぼします

また、UXはユーザーの状況や期待値を考慮してデザインされ、それがモノのUIとして可視化されますので、製品の普及にとっても重要な役割を果たすのです。

 

UIの具体的な事例

 

CUICharacter User Interface

 

 

CUIは、文字列を使ってコンピューターを利用するためのUIです。全てをキーボードだけで操作し、命令コマンドだけでプロセスを実行します。

映画やドラマなどで、IT技術者のスペシャリストやハッカーが、黒い画面に向かってものすごいスピードでコマンドをタイピングするシーンを見かけますが、その画面がCUIです。

現在のようにGUIが普及する前は、一般的なUIとして、ユーザーとコンピューターを繋いでいましたが、現在は主にサーバーエンジニアやネットワークエンジニアが、サーバーやネットワーク機器を操作する時に利用されています。

 

GUIGraphic User Interface

 

 

WindowsやmacOSを代表するOSは、全てGUIによって作られています。

私たちユーザーは、目的の処理をアイコンやファイル名を“クリック”や“タッチ”する事で、直感的に操作し、その結果を視覚的に判断しています。

ひとつひとつのコマンドやプロセスが、全て画で表現されているので、それらを直感的に道具として利用することができます。また、GUIというUIが、タッチパネル操作というUXを実現しているのです。

 

スマートフォンアプリのUI

 

 

スマートフォンでは、必ずアプリをインストールして、アプリを起動してからその機能を利用します。その時、私たちユーザーがタップする画面がUIです。アプリが提供するサービスに、アプリの画面を通して繋がります。

スマートフォンアプリのUIは、PCモニタよりもはるかに小さいスペースに、分かりやすい配置をする必要があります

機能が多いアプリでは、ボタンの配置や画面遷移などといった細かな動作ひとつが分かりにくいだけでも、ユーザーは離れてしまいますよね。このようなことを避けるための設計にもUXデザインが重宝されます。

 

UXの具体的な事例

 

クイックホイール

 

 

クイックホイールは、AppleのiPodに搭載されたUIであり、UXです。このクイックホイール は当時、ユーザーに新しい体験を提供した技術のひとつです。

ホイールの上を指でなぞるだけで音量の調整をおこなったり、そこにあるマークを押すと曲送りなどができ、音楽プレーヤーのUIにおける新しい体験でした。

また、クイックホイールをなぞる動作に合わせた“音”に惹かれるユーザーも多く、感覚をUXデザインしたと言っても過言ではありません。

 

Geekly Media ライター

佐久森

5+

【徹底比較!】ファームウェア vs OS!両者の「違い」を具体的な事例とともにご紹介します!

私たちが日常的に利用する電子機器に利用されている「ファームウェア」や「OS」は、機器を操作するためには欠かせないソフトウェアです。しかし、これらのソフトウェアの違いが明確にイメージできないという人も少なくありません。そこで今回は、ファームウェアとOSの両者の違いについて、具体的な事例を交えながら紹介します。

 

ファームウェアとOSの違い

 

ファームウェアとOSの大枠での違いは、ユーザーが操作するか否かです。ファームウェアにもOSが含まれている場合がありますので、言い切ってしまうと語弊が生まれてしまいますが、イメージとしてとらえると理解しやすくなります。

ファームウェアとOSを比べた場合、ユーザーに近いのは圧倒的にOSです。ファームウェアをユーザー視点から見れば、それは機器の一部と言っても過言ではありません。

 

ファームウェアは機器を制御するソフトウェア

 

 

ファームウェアは、機器の様々な機能を制御するために、ROMへ書き込まれた状態で製品として出荷されるソフトウェアです。ファームウェアが壊れると、機器が動作しなくなります。

ファームウェアは基本的に、ユーザーがインストールやアンインストールをおこなうことはありません。製品の一部として、特に意識することなく利用しているソフトウェアでもあります。

ユーザーがファームウェアを意識するのは、多くがファームウェアアップデート時のみです。

ただし、ファームウェア内にOSの機能を含めた機器も存在しますので、ファームウェアとOSが明確に分かれているとは断言できないモノでもあります。

 

OSはユーザーと機器をつなぐソフトウェア

 

 

OSは、ユーザーが機器を思い通りに操作するためのソフトウェアです。ユーザーが電子機器を扱う際に、直感的に操作する画面を備えたソフトウェアをOperating System(オペレーティングシステム)言い、その略称をOSと呼んでいます。

OSは、対応する機能を動かすためのソフトウェアを操作したり、それに接続される周辺機器を操作するためのソフトウェアを、ユーザー自身が自由にインストールやアンインストールをおこなうこともできます。

 

ファームウェアとOSの関係

 

ファームウェアは基本的に、ユーザーが意識するソフトウェアではありません。一方OSは、ユーザーが扱うために作られたソフトウェアです。

ユーザーがファームウェアに触れるのは、ファームウェアのアップデートをおこなう時です。特に通信機器では、ファームウェアのアップデートが比較的頻繁にあります。

最新のファームウェアを手動で更新するためには、ユーザーがOSを通して通信機器に接続し、アップデートボタンを押すなどといったことが想定されます。

ファームウェアとOSは、それらを通して機器とユーザーが繋がることのできるソフトウェアなのです。

 

ファームウェアの具体的な事例

 

BIOS

 

 

私たちが利用する機器の中で一番身近なファームウェアは、PCに利用されているBIOSでしょう。

BIOSは、PCにインストールされているOSを、メモリに読み込む役割などを果たします。PCの電源をONにした時、BIOSがOSの起動プログラムを読み込むことで、WindowsやLinuxが立ち上がるのです。

USBなどの外部デバイスからOSを起動したい場合には、BIOSで最初に読み込むデバイスの順序を変更することで、”HDDにインストールしてあるOSよりも先に外部デバイスにあるOSをブートする”などの制御が可能です。

 

通信機器(ルーター)

 

 

通信機器もファームウェアが制御しています。無線LANルーター(Wi-Fiルーター)などは、設置時に必ずファームウェアのアップデートをおこないます。

ネットワークの出入り口となるルーターのファームウェアは、セキュリティ面が重視されますので、常に最新のファームウェアへアップデートしておく必要があるのです。

ユーザーがルーターのファームウェアを意識するのはこの時です。OSを通してルーターに接続し、手動でファームウェアのアップデートをおこなうことになります。

 

携帯電話

 

 

携帯電話(スマートフォンなど)でもファームウェアが制御しています。通信機能をはじめとした様々な機能がファームウェアによって制御されており、私たちユーザーはそれをOSによって操作しています。

 

複合機

 

 

企業のオフィスに導入される複合機も、ファームウェアによって制御されています。複合機におけるファームウェアの更新もまた、ユーザーがメーカーの公式サイトから最新のファームウェアをダウンロードして、複合機へインストールするといった手順を踏む機種があります

ファームウェアの動きを確認するには、複合機が一番わかりやすいかもしれません。ファームウェアの不具合によっては、トレーを出した状態で印刷すると詰まってしまうなど、明らかな動作不良が含まれる時があるのです。

これらを、ファームウェアアップデートという方法で対処する場合ユーザーは、PCのOSを通して複合機に接続し、最新のファームウェアにアップデートします。

また、複合機をOSから操作するためには、ドライバーというソフトウェアが必要です。

 

ファームウェアとドライバーの違い

 

ファームウェアは機器に搭載されるソフトウェアならば、ドライバーはOSにインストールするソフトウェアです。

PCの周辺機器やPC自体にはファームウェアが搭載されています。そして、そのファームウェアを操作するために必要なソフトウェアがドライバーです。

ユーザーが周辺機器を使う時、まずOSにインストールされたドライバーに命令が渡ります。ドライバーがその命令をファームウェアに伝えることで、ユーザーは周辺機器を操作することが可能になるのです。

 

Geekly Media ライター

佐久森

3+

分散コンピューティングを徹底解説!グリッドコンピューティングとの違いからその将来性まで幅広くご紹介します!

情報量が年々増加していく現代社会において大規模な計算処理は社会の発展に必要不可欠になってきています。そういった際に大規模な計算処理を皆の力で解決しようという分散コンピューティングという技術が提起されてきました。本記事では、分散コンピューティングとグリッドコンピューティングの違い、及びその将来性などについてまとめました。

 

分散コンピューテヒング

 

分散コンピューティングとは?

 

 

分散コンピューティングとは、計算処理を行う際にネトワークを介して複数のコンピューターに分散し、同時平行的に計算処理を行うことです。

例えば宇宙の原理や細胞のメカニズム解析といった膨大な計算処理が必要な場合に、計算処理能力の高いスーパーコンピューターを作成しようとすると、制作費や維持費で莫大な資金が必要になってしまいます。

そう行った場合に世界中のコンピューターの余剰CPU (パソコンの中央演算処理装置)を間借りし、同時並行的に計算処理を行うことで大きな計算処理能力を生み出すことが出来れば、プロジェクトのために必要な資金の削減もできますし、計算処理も素早く行うことが出来るのです。

より簡単に説明すると、大人1人に仕事を任せるのではなく、10人の子供に任せることで早く作業を終わらせようという感じです。

 

グリットコンピューティング

 

グリットコンピューティングとは?

 

 

グリットコンピューティングとは分散コンピューティングのシステムを応用し、仮想的なスーパーコンピューターを作る技術です。

分散コンピューティング技術で複数のコンピューターにインターネットを介してグリット化(グループ化)することで、仮想のスーパーコンピューターを作ります。

コンピューターの所有者は自身のCPUを提供する代わりに、使用された自身のCPUに応じて報酬を受け取れる仕組みを作っています。これによってグリットに参加する人を増やすと共に、

大規模なデータセットの分析など計算処理を行いたい人は、毎回協力者にCPUの使用を確認することなく自由に複数のコンピューターを繋ぎ、同時並行的に計算処理を行うことが出来、費用も抑えることができるエコシステムを構築しています。

 

分散コンピューテヒングとグリットコンピューティングの違い

 

両者の違いは技術の根幹とその応用

 

 

両者の違いは大別すると大元の技術と、応用技術の関係になります。

分散コンピューティングが、複数のコンピューターをインターネットで繋ぎ同時並行的に計算処理を行う技術に対して、グリットコンピューティングは計算処理を手伝ってくれる協力者をグループ化することで利用しやすくした技術と言う点で違いが有ります。

一般的に分散コンピューティング技術を利用する目的は、大規模なデータ分析を安く、早く行うためです。そのため、分散コンピューティングとグリットコンピューティングが同じ意味で使用されることも多々あります。

 

セキュリティーについて

 

 

分散コンピューティングを利用する際の問題点としてセキュリティーの懸念が挙げられます。一般的には個人が所有しているPCのアイドル状態になっているCPUを計算処理の目的で使用するのですが、悪い企業が計算処理以外の目的で協力者を募集している可能性も0ではありません

善良な企業であれば、技術的に計算処理以外の目的で使用できないような仕組みにしてサービスを提供しているのですが、ユーザーがそれを全て判断できるかと言われると中々難しいのが現状です。そのため自身のCPUを貸し出す場合は、協力先の企業が信頼に足るかどうかに注意することが必要です。

 

グリットコンピューティングを利用した使用例

 

NTTデータによる分散コンピューティング実験

 

 


NTTデータは2005年~2009年までの間に個人が所有しているしているPCの計算能力を募集し、集めた余剰CPUを研究機関や企業に提供するサービスを行なっていました

 

CPUを提供してくれた人には、NTTで使用できるポイントを配布する形でサービスを行なっており、企業は100台分のCPUを一ヶ月しようするために月額130万円前後を支払っていました。

当時このサービスが始まった際はCPUを提供することで利益を得ることができると話題になりましたが、1h貸す毎に約2円の報酬になっていたようで、一月1440円前後の収益が得られるような計算だったようです。

 

電気代との兼ね合いもあってか、このサービスは2009年頃に終了しました。

 

ボランティア型のグリットコンピューティング

 

 

報酬とは関係なく人を魅了するような壮大的なプロジェクトに対しては、有志でCPUを募集するようなボランティア型のプロジェクトも複数誕生しました。その中でも一番初期で有名なものが「SETI@home」プロジェクトです。

アメリカのバークレー校が主導して行なったプロジェクトで、地球外から来る信号を抽出して地球外生命体の存在を探そうという、ロマンあふれる壮大な科学実験でした。

 

この実験には膨大な計算処理が必要なため、有志でCPUを提供してくれる人を募り、それを利用して膨大な計算処理を行なっていました。

こちらのサービスは2005年に終了したものの、その後「BONIC」というサービス環境に移動し、天文学や気候学、地質学、数学といった様々な分野でブランティアを募っている。面白いプロジェクトが多いので、興味がある方は調べてみると良いでしょう。

 

Geekly Media ライター

とげみ

0

【徹底比較!】Illustrator vs Photoshop!両者の違いから使い方まで分かりやすく解説します!

IllustratorとPhotoshopはどちらが優秀なのか?グラフィック関連のことについて学びたいと思ったら必ずどちらかは学ぶことになるでしょう。今回は双方の良いところや違い、使い方までを解説していきたいと思います。特にデータ形式に違いがあるため業種によって、使い分けされています。どっちも同じなんじゃないの?と思っている場合は読むことを推奨します。

 

Illustratorとは?

 

 

IllustratorとはAdobe社が提供しているグラフィック作成ツールであり、世界中のデザイナーから愛用されています。Adobe社はAdobe BridgeやAdobe Flash Proffesional、Adobe Flreworksなどのツールも提供しており、Illustratorとの連携が可能です。また、Microsoft Officeとの連携もでき、パワーポイントやワードなどの文書で表示・印刷が可能な点にも注目です。

Illustratorは1987年に初めて登場し、WindowsやMacを中心にリリースしてきました。バージョンは23まで進んでおり、バージョンアップごとに機能が追加され、現在のように多くのデザイナーから使われるようになっています

 

Photoshopとは?

 

 

Illustrator同様、Adobe社から提供されている画像編集ソフトウェアです。こちらも世界中のデザイナーから愛用されており、特に画像編集において強力なパワーを発揮します。2Dデザインを制作するうえで、なくてはならない存在ともいわれており、多くの業種・業界で使用されています。

Photoshopは1990年に初めてリリースされました。バージョン2.5からはWindowsにも登場し、以降はWindowsとMacを中心に対応されています。2017年ではバージョンが19となりました。類似ソフト(フリーソフト含む)がある中でも、多くのデザイナーから絶大な支持を得ており、Photoshopのソフトとしての強力さがわかります。

 

IllustratorとPhotoshopの違いとは?

 

 

同じAdobe社が提供していますが具体的な違いはどこにあるのでしょうか?代表的な違いとして画像のデータ形式にあります。Illustratorがベクター画像であるのに対し、Photoshopはピクセル画像です。まずはそれぞれがどのようなものかを知っていきましょう。

 

ベクター画像とは?

 

ベクターとはベクトルのことを指し、データ上でベクトル情報としてまとめているものをベクター画像といいます。情報量として必要なのは「点の位置」「どの点と結ぶのか?」「指定された色」になります。後述するピクセル画像よりも情報量が少ない利点があります。

ベクター画像の最大の特徴は拡大しても画像が荒くならないことです。ベクター画像の場合はベクトルによるデータ管理なので、拡大縮小しても画像が荒くなりません。この利点からIllustratorを使っている方も多く存在します。

 

ピクセル画像とは?

 

ピクセル画像とはピクセル1つ1つを管理しているデータ方式のことを指します。イメージとしては古いかもしれませんがファミコンのドット絵を思い浮かべれば想像しやすいかもしれません。ピクセルとは画素のことを指し、デジタル画像においての最小単位です。1ピクセルごとに色の情報を持つので、ベクター画像よりもデータ量が多い特徴があります。

また、1ピクセルごとに色の指定ができることから、陰影をつけたり繊細な色遣いをすることが可能です。ただし、拡大縮小には弱く拡大縮小をすると画像が荒くなる性質を持っています。

 

まとめると

 

拡大縮小するならIllustratorが有効であると覚えましょう!この項目ではIllustratorのほうが優れているようになってしまいますが、次の項目ではIllustratorとPhotoshopの得意なものについても言及しますので見ていきましょう。

 

IllustratorとPhotoshopのそれぞれの得意なものは何?

 

 

どちらも古くからリリースされており、多くの利用者が存在します。古くから愛されているということは何かしらのメリットがあるためです。それぞれの得意なものを見ていきましょう。

 

レイアウトを組みやすいのはIllustrator

 

それぞれの違いで出てくるのは画像のデータ形式だけではありません。Illustratorはレイアウトに関する機能や使いやすさに長けています。たとえばDTPデザインを例にします。DTPデザインとは紙面デザインとも呼ばれており、レイアウト技術が重要視されます。たとえば本の表紙を作成する場合などを想像すればわかりやすいのではないでしょうか?本のタイトルをどこに配置させるか?どんな大きさにするか?キャラクターやロゴをどこに置くのか?などを効率よくできるのがIllustratorなのです。

 

絵のタッチ感や加工ならPhotoshop

 

Photoshopの最大の特徴はピクセルごとに情報を持たせられることです。クレヨンや絵の具などの効果の機能もあり、さまざまな場面で使うことができます。また、加工技術にも長けており、写真を白黒にしたりセピアにしたりすることも容易にできます。アーティストや写真加工をする人から主に支持を受けていることもわかるかと思います。

 

Geekly Media ライター

gibson

3+

ソーシャルゲームって結局なに?その仕組みやアプリゲームとの違いまでわかりやすく解説します!!

スマホの普及によりゲームはより身近なものになり、多くの人がゲームをプレイしたことがあると思います。そんなゲームには色んな種類があり、その中でも近年増えてきているソーシャルゲームとはどういうものかについて知っていますか?今回はソーシャルゲームについてその仕組みなどについて紹介していきます。

 

ソーシャルゲームとは

 

 

近年ソーシャルメディアがスマートフォンの普及とともに急激に成長しています。

そんなソーシャルメディアは、社会生活だけではなくビジネスにも必要不可欠なものとなってきています。

それはゲーム業界も同じでソーシャルゲームというジャンルが大きく注目を集めており、市場もどんどん拡大していっています

 

ではそんなソーシャルゲームとはどういうものの事を言うのでしょうか?

 

そもそも「ソーシャル」とは?

 

 

LINEやTwitterなどが浸透したことによって、ソーシャルという言葉はよく聞くようになりました。

しかし、実際にソーシャルとはどういう意味を持っているかについて知っていますか?

連絡をしたり、友達の輪を広げるコミュニケーションツールであるという認識だけではブ十分です。

そもそもソーシャルとは「社会的な」「社交的な」という意味を持つ英語のことで、近年は社会的な人と人とのつながりから生まれる価値ある情報を見いだし、共有していくという意味で使われています。

 

つまり、単にコミュニケーションツールというだけではなく価値ある情報を見いだし、ビジネスなどに活かすという面もあるのがソーシャルという言葉なのです。

 

ソーシャルゲームとは?

 

 

では本題のソーシャルゲームについてですが、ソーシャルゲームが他のゲームと大きく違う点はプラットフォームがSNS(ソーシャルネットワークサービス)にあることです。

ソーシャルゲームをプレイするにはまず、LINEやFacebookなどそのゲームに対応したSNSに登録することが必要になります。

SNSをプラットフォームにしてゲームをする事によって、SNS上の友達と簡単に一緒に遊ぶことができるという点が大きな違いと言えます。

 

そのため、個人で遊ぶというよりはユーザー同士で遊ぶという要素が強く、ランキングを競う・アイテムを奪い合う・トレードするなど収集要素が強いゲームが多い傾向にあります。

 

アプリゲームとは違う?

 

 

アプリゲームもソーシャルゲームと同じでスマホの登場とともに急激に成長したゲームなので、同じものであると勘違いされている方も多いかと思いますが、実は違います。

その違いは、プラットフォームがSNSにあるか単一のアプリとしてゲームであるかの違いです。

ソーシャルゲームはプラットフォームがSNSにあるので、SNSにアクセスしてプレイをしますが、アプリゲームは端末に一つ一つゲームをダウンロードして遊ぶというイメージです。

 

アプリゲームはダウンロードするだけで、簡単にプレイすることができるので消費者が手軽にプレイすることができ、生産者側も流通コストや開発コストを抑えることができるので手軽に開発・提供する事ができるゲームとして爆発的に市場が拡大しました。

 

基本無料でプレイできるのは何故?

 

基本プレイ無料

 

ソーシャルゲームをプレイしたことがある人は知っていると思いますが、ほとんどのゲームが基本プレイ無料となっており、最初にソフトを買う必要がなく無料でプレイすることができるのです。

では何故無料でプレイすることができるのでしょう?

それは追加要素として課金システムを採用しており、一部のプレイヤーが課金をする事で利益を得ているためです。

 

無料でプレイできると発信する事でより多くの人にプレイしてもらうことができ、プレイしてから課金するかどうか決めることができるので、気に入ったものにお金を使うことができます。

 

Geekly Media ライター

1+

APIについて徹底解説!気になるWeb APIとの違いから実際の使い方まで分かりやすく説明します。

近年、実際に運用を想定したプログラミングを行う上で外す事が出来ないのがAPIの導入です。しかしAPIもプログラムの作り手が正しく理解していなければ、その効率を上手く引き出す事が出来ないばかりか思わぬ落とし穴に落ちてしまいます。今回は特によく聞くWebAPIとの違いや実際のAPIの使い方を解説していきます。

 

APIとは?

 

 

APIはApplication Programming Interface(アプリケーション プログラム インターフェース)の略称です。プログラムとソフトウェアを繋ぐ物という意味合いで使われる事が多いIT用語です。

少し噛み砕いた言い方をするととあるソフトウェアの機能の一部を公開して他の人でも利用出来るようにした物という言い方をする事が出来ます。

APIの機能自体はより深く追求していけば再現は可能である場合がほとんどですが、それには膨大な時間がかかり、プログラムもより複雑になっていきます。

APIを利用する事で該当するプログラムを簡略化でき、より見やすく使いやすいサービスを提供しやすくなります。

 

WebAPIとの違いは?

 

 

近年APIというとWebAPIと広義ではほぼ同義のように使われています。しかしより細かく分類するとAPIという分野の中の1つの括りがWebAPIという括りです。

APIはあくまでもプログラムとソフトウェアを繋ぐ物であるのでライセンス制であるなど一般には公開されていない物、またWebを介さない導入なども含めています。

例えばパソコンの機能自体を動作させるWindowsAPIなどはWeb上で動作するわけではない為、APIではありますがWebAPIには含まれません。

しかしWebAPIはより汎用的に一般的な人でも使えるようになっていてWeb上で公開され、Web上で動作しているのが明確な違いでもあります。

またプログラム言語的にはAPIは利用の際にAPI側の言語に合わせた設計をする必要がある場合もあるのに対し、WebAPIの場合はWebAPIと異なる言語でも使用出来るようになっている場合がほとんどです。

 

利用者にとっても身近な存在と言えるWebAPI

 

 

プログラムをする側にとっての説明は言葉にすると難しいですが利用者の視点に立ってみるとWebAPIの方がより身近なサービスで利用されている事が分かります。

例えば近年一般にも浸透し普及しているSNSとの連携機能をもたせる事は一番分かりやすいWebAPIの使用例です。ログイン機能や写真の共有などは今では多くのWebサービスに取り入れられています。

ログインを求める際にSNSのアカウントでもログインしておくようにするにはそのSNSを運営する会社が提供するWebAPIを利用する必要があります。

 

APIを利用するメリット

 

開発の効率化・開発コストの大幅な削減

 

 

APIの利用の大きなメリットの1つが開発の効率化にあります。全てのプログラムを1から作ると相応の時間がかかりますがAPIを利用する事でAPIを使用する部分のプログラムをする必要がなくなります。

開発が効率化出来るという事はその分、開発コストを抑える事にも繋がります。APIの種類にもよりますが無料で公開されているものも多いので利用を続ける事によるコストもありません。

また開発が効率的に行えれば残りの時間でよりサービスを便利にしたり、別の開発を行ったりと幅広い対応が出来るようになります。

 

セキュリティ面の向上

 

 

大手のサービスのAPIを使ったログイン機能の実装などの利用方法は自社でログイン機能を作るよりもセキュリティ面でも利用者の安心感が高くなります。

もちろんAPIでの他サービスで入力した情報の利用には利用者に許可を求める必要があります。

 

利用者にとっても便利

 

 

APIの導入は利用者にとってもメリットが大きいです。

特に色々なサービスで利用されるログイン機能はAPIを導入して他のサービスなどでも入力した情報を取得してくれるのであれば利便性が上がり結果的にサービスを利用する人の増加にも繋がります。

また使い勝手がサービスによって変わらない事で利用者が新しく覚える事を軽減させる事が出来るのもAPIを導入した際のメリットとなり、継続利用の可能性を高める事にも繋がります。

 

APIを公開するメリットは?

 

 

もちろんAPIを公開する側にもメリットはあります。APIを利用してもらえるだけで自社のサービスを知ってもらう機会が増えますし、使用データの総量を増やす事ができます。

使用データが増えればそれだけ細かい分析が行えるのでより利用者にとって有効な新たなサービスを提供出来るようにもなります。

また類似のサービスが増える事でより特化した物や汎用性に優れたサービスが増え、結果的にサービス全体の利用者が増える事を狙うという意味合いもあります。

 

APIを使うのに必要な知識

 

 

本格的なプログラムの知識が無くなても、最低限のHTMLやCSSの知識を有していれば利用出来るWebAPIもあります。

WebAPIの利用は簡単な物であれば最低限のHTMLやCSSの知識があれば本格的なプログラムの知識が無くなても利用出来る物もあります。

APIの多くは利用方法や条件を記した仕様書も同時に配布しているのでそれらを読んで理解出来るだけの知識があればその仕様書に従って埋め込むだけで動作するAPIも存在しています。

しかしそのAPIを利用してさらなるサービスへと発展させていく場合にはよりプログラム的な知識が必要になります。

特にAPIの中には特定の言語での利用が利用条件になっている場合もあるのでそうなってくるとその言語の知識は必須といえます。

またAPIの配信する形式にもいくつかの方式があるのでそれらの方式に対しての導入方法なども抑えておく必要があります。

APIを利用する際にはまず必要な条件や知識を確認した上で導入するのがおすすめです。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

10+

【IT】VBAについて徹底解説!マクロとの違いから多言語への応用性まで幅広くご紹介します!

Office製品を深く利用していくと目にする機会が多くなるのがVBAです。特にマクロを使い始めると頻繁に目にする事になる事からその違いが分からないという人も多いのではないでしょうか?今回はVBAについて、マクロとの違いからVBAの活用方法、VBAをこれから習得する事のメリット・デメリットなどを紹介していきます。

 

VBAとは?

 

 

VBAとはVisual Basic fot Applicationsの略称で、2つの物を指しています。

1つはマイクロソフト社が提供するOfficeソフトで動く拡張機能の1つで、簡易的なプログラムで処理を自動化する機能の事です。

2つにその機能を動かすプログラム言語を指してVBAという場合もあります。officeを使いこなすにはこのVBAを覚えるのが一番てっとり早い方法です。

元々はVisual Basicという立派なプログラム言語が使われていましたが、Visual Basicの習得は1つのプログラミング言語を覚える事になるので非常に大変で、officeを使いこなすのに高いハードルとなっていました。

その為VBAはVisual Basicを簡易化する事で入り口の敷居を下げる事を目的に制作されています。

 

VBAで行うのに向いている作業

 

 

VBAは一定の操作を連続して行うような単純作業、ファイルを跨いだデータの取得を行う際などに非常に向いています。

さらに複数の単純作業を1つのVBAで実行する事も可能で、データを取得して並べ替えるなども簡単に行う事ができます。

1度この作業を登録出来てしまえば2度目以降同様の作業を行う必要がなくなります。

 

VBAとマクロとの違いは何?

 

マクロとは?

 

 

VBAとセットで聞く機会が多いのがマクロです。VBAとセットで聞く場合のマクロとは事前に登録した操作を1ボタンで実行してくれるofiice製品に搭載された機能の事です。

マクロという言葉自体はoffice製品以外でも利用される場合も多く、11つのプログラムをどのような順番で実行するかを記した物と説明されます。

プログラムというと難しく感じますが、1度左クリックした時の処理もパソコンに置いては立派な1つのプログラムです。

普段使っているアプリの多くも内部では様々なマクロが登録されているのです。

 

VBAとマクロの違い!

 

 

VBAとマクロの説明を見ると益々その違いが分からないという人もいるのではないでしょうか?実はVBAとマクロはoffice製品においてはほぼ同じ役割を果たしているのです。

Office製品にはマクロを登録しておく機能が標準で搭載されています。この機能は実際にした操作を覚えさせる事で2度目以降その操作を自動で行ってくれる物です。

Office製品がこの「覚える」作業をする為にはマクロをプログラムに置き換える必要があります。この時のプログラムに使われている言語がVBAなのです。

つまりofficeに搭載されているマクロ機能はプログラム言語であるVBAを実際に操作を行う事で入力している機能なのです。

 

VBAを習得すればより高度な操作が出来るように!

 

 

Office製品のマクロ機能はプログラム言語を学ぶ事なく使う事が出来るので非常に便利な機能ですが、1つ問題があります。

それは1度操作を完璧に実行する必要があるという事です。間違った操作をしてしまうとその操作も登録されてしまいます。

間違った操作をした物をそのまま利用しているとその時は出来ているように見えても大事なデータが消えてしまったり、動作が重くなったりと不具合が出てしまったりする可能性もあります。

短い操作であればマクロ機能の方が素早く登録できますが、長くなり複雑になればなるほどVBAで直接プログラムを打ち込んだ方が早くなります。

操作1つ1つでマクロ化する事ももちろん可能ですがそれではせっかくマクロ化しても少ししか作業の効率を上げる事が出来ません。

さらに1度は実際に操作する必要があるマクロ機能では到底操作が出来ないような複数ファイルに渡った操作なども出来るのがVBAの大きな魅力の1つです。

 

VBAのメリットとデメリット

 

VBAのメリット

 

 

行う操作が複雑になればなるほど作業スピードが大きく異なるのがVBAの魅力です。機械的に動作するのでしっかりとしたプログラムを作れれば間違いが起きる事も絶対的にあり得ません。

間違いが起こらないという事は制作する時間はもちろん、間違いをチェックする時間も短縮出来るのでトータルすればかなりの作業量を削減する事ができます。

またVBAの実行自体は1ボタンで実行するようにする事も可能なので、操作をする人のスキルが異なっても大差ないスピードで作業をする事が可能なのも大きなメリットと言えます。

 

VBAのデメリット

 

 

簡易化されているといってもVBAも立派なプログラミング言語の1つです。しっかりと使えるようになるレベルになるまでにはそれなりに時間がかかるのは1つのデメリットといえます。

特に複雑な処理をさせたい、仕事で使えるレベルで習得したいという場合には相応の時間がかかります。プログラムの世界では別々では動作するプログラムが組み合わせるだけで動作しなくなるなんて事も頻繁に起こります。

もちろん習得期間中の中途半端な状態のものは仕事では使えないのでその間は他の時間を使って習得する勉強をしなければいけませんし、中途半端な状態では仕事では評価されません。

またVBAを使う前提としてある程度officeソフトに対しての知識も持っておく必要があります。officeソフトは標準で多くの機能を搭載しているのでそれらの機能をわざわざVBAで作ったでは意味がありません。

 

VBAを使えばAndroidの多言語対応も出来ちゃう!

 

 

VBAは簡易化されているとはいえ立派なプログラミング言語なのでVBAの知識を応用する事で様々なデータを作り出す事が可能です。

その中でも最近頻繁に行われているのが多言語対応ファイルの生成です。最近のアプリは言語ファイルを生成するだけで多言語対応出来る場合が多く、手軽に作れるVBAなら準備の手間が少ないと言われています。

VBA自体が登場してから長く、プログラミング言語全体で見れば利用されている場面は限定的ですが、使える場面では他の言語よりも圧倒的に使いやすい言語です。

特にスピードを求める必要がない場面ではその簡易性から十分に選択肢に入ります。

 

Geekly Media ライター

Lotus0

7+